記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
前のページへ 次のページへ
 ・体験談:初めて車を運転して姉ちゃんを職場に迎えに行った [ほのぼの] (4)
 ・体験談:アニメだろ?いいよそんなの、NHKニュース見ようよ [ほのぼの] (10)
 ・体験談:うちには孫の手が3本あった [ほのぼの] (7)
 ・体験談:嫁は大学時代ミスコンに推薦されるくらい容姿端麗だった [ほのぼの] (7)
 ・体験談:近所の整備工場を兼ねた販売店で買った [ほのぼの] (8)
 ・体験談:DQ…いや、マイルドヤンキーな方々が降りてきた [ほのぼの] (6)
 ・体験談:土偶と埴輪の違いは解るか? [ほのぼの] (17)
 ・体験談:煮え切らない態度に女の子はすぐ離れていく [ほのぼの] (5)
 ・体験談:パートから帰宅したトメさんが足血まみれ [ほのぼの] (5)
 ・体験談:べそをかきながら「応援して」と言った [ほのぼの] (5)
 ・体験談:姉が重度のオタクでしかもラブライブやプリキュアとか、そういうのが好き [ほのぼの] (7)
 ・体験談:旦那に全力でヨシヨシされた [ほのぼの] (6)
 ・体験談:「○○さんが言ってたんだけどね」が口癖の義母 [ほのぼの] (3)
 ・体験談:俺の両親の出会いについて聞くことになった [ほのぼの] (7)
 ・体験談:後ろから「キャー!ドロボー!」って叫び声が… [ほのぼの] (15)
 ・体験談:近所の小料理屋で忘年会中のウトさんにお迎えコールされて家を出る [ほのぼの] (3)
 ・体験談:嫁はペンギンに目がない [ほのぼの] (9)
 ・体験談:嫁と晩酌しつつやっぱ娘も一人くらい欲しかったな〜 [ほのぼの] (6)
 ・体験談:日曜学校の後の英会話教室 [ほのぼの] (5)
 ・体験談:うちの嫁は何かスイッチが入ると語尾にコマネチがつき始める [ほのぼの] (6)
 ・体験談:最近無言でボケるのにハマっている [ほのぼの] (4)
 ・体験談:ヒールの折れた女とそれを見捨てた男はこの度無事に結婚しました [ほのぼの] (6)
 ・体験談:俺と嫁の馴れ初めは俺が中3、嫁が中1のときだった [ほのぼの] (9)
 ・体験談:いつもありがとう、愛してるぞって口からツルンと出てきた [ほのぼの] (8)
 ・体験談:今日親子3人で買い物に行った時、何故か3歳が突然号泣 [ほのぼの] (5)
 ・体験談:息子)ママ、パパに壁ドンされたことある?? [ほのぼの] (7)
 ・体験談:お父さんお母さんに伝えて欲しいことはない? [ほのぼの] (5)
 ・体験談:凍ってツルツルの道路を走り帰宅中、田んぼに落ちた車を発見 [ほのぼの] (8)
 ・体験談:石鹸の香りを漂わせて帰宅 [ほのぼの] (8)
 ・体験談:茂みからニャーニャーニャーニャーと子猫の泣き声が [ほのぼの] (4)
 ・体験談:俺「あ、あの・・・ 俺、あのステージアの者です」[ほのぼの] (8)
 ・体験談:今秋、体を壊して働けなくなった [ほのぼの] (8)
 ・体験談:もしもし!仕事中はかけてく… [ほのぼの] (10)
 ・体験談:幼児期の自分の勘違いが生んだ修羅場 [ほのぼの] (6)
 ・体験談:学歴と頭の良し悪しは直接関係しない、が俺の持論 [ほのぼの] (18)
 ・体験談:俺は会社に入ってからずっと会社の寮に入っていた [ほのぼの] (13)
 ・体験談:友人夫婦の娘がグレたという話を聞いた [ほのぼの] (9)
 ・体験談:ネコ拾ったら嫁も拾えた [ほのぼの] (15)
 ・体験談:俺に気付くなりニヤニヤした顔で「今日面接なんだよ」と一言 [ほのぼの] (1)
 ・体験談:全部「どーぞ(どーじょ)」で済ませる息子1歳 [ほのぼの] (4)
 ・体験談:私の友達でホラー映画にすごく詳しい子がいるんですよ [ほのぼの] (10)
 ・体験談:都内のパン屋さんの外で黒人の夫婦?を見かけました [ほのぼの] (7)
 ・体験談:甥とヽ( ・∀・) ノ ウンコー [ほのぼの] (10)
 ・体験談:ちちんぷいぷい、ほーらとれた! [ほのぼの] (9)
 ・体験談:いまから嫁いびりしにいくわよ!![ほのぼの] (7)
 ・体験談:コトメ(旦那妹)は気が利いて面白いし美人なのに喪女 [ほのぼの] (10)
 ・体験談:俺は嫁に拾われたwww [ほのぼの] (9)
 ・体験談:プレミアム塩おむすび(仮) [ほのぼの] (6)
 ・体験談:グループのボスが嫁だった [ほのぼの] (9)
 ・体験談:上流からピンクの物体が流れてきて・・・ [ほのぼの] (9)

前のページへ 次のページへ
この前実家に帰ってるときに、初めて車を運転して姉ちゃんを職場に迎えに行った
実は俺が車の免許とっていたことは父以外には内緒にしてたんだ

ずっと父と結託して家族を驚かせる機会を窺ってて、いい機会だったのでいつも父が迎えに行く役を俺が買って出たわけ
このときまで母親にも内緒だったので、母のリアクションに気分は上々だった
次は姉ちゃんがどんな顔するのかwktkしながらでてきた姉ちゃんに声をかけた
頑張ってバイトで金貯めて、自分の金で自動車学校にも内緒で通った(父親には相談したが
全てはこの瞬間のために!!


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2年くらい前にテレビで「となりのトトロ」をやった時、9時になって妹が

「トトロ見る」

ってチャンネルを変えようとした時アニメ嫌いの父が

「アニメだろ?いいよそんなの、NHKニュース見ようよ」

と反対した。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
うちには孫の手が3本あった。
居間と寝室と俺の部屋。
カミさんは、普通一家に1本だから捨てろと言う。
掻きたい時に掻けない辛さを訴える俺。
口論になる。
その後、カミさんも俺も、誰かと話すたびに孫の手が家に何本あるか聞くようになった。
結果、友達やら親戚やらがお土産にくれ、6本に増えた。
どうせならと集めはじめ、今では22本を数える。
あの時口論しなければ…とカミさんは悔しがっている。

でもね、元々あった3本はみんな君からもらったものだよ。
幼馴染の君は覚えてないかもしれないけど。
1本目は小学校の修学旅行のお土産、
2本目は中学校の修学旅行のお土産、
3本目は中学の時の家族旅行のお土産。
なんで孫の手ばかりと思ったよw

まあ、いいんだけどさ。
捨てるならこの3本以外にしてくれな。

コメントの数(7)│ コメントを書く
嫁は大学時代ミスコンに推薦されるくらい容姿端麗だった
白人と日本人のクォーター(四分の一が日本人)で、透き通った肌と赤茶色の髪が印象的
対して俺は天パなタレ目ヒョロ男
そのせいか既婚者と知ってるのに嫁を口説いてくるやつは少なくない
でも嫁はフクシソウタやミズシマヒロばりのイケメンにもなびかない
なぜなら嫁のタイプは
温水洋一と酒井敏也だから・・・
あの雰囲気が好きらしい


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
車を買い換えるとき、地元の経済に貢献しようと思って
近所の整備工場を兼ねた販売店で買った。
新車なんて数年ぶりに売れたらしく、お店の人も嬉しそうだった。

そして納車の日。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
深夜のドラッグストアで自販機横に車を止めたところ
複数のDQ…じゃなくてカスタムカーから
DQ…いや、マイルドヤンキーな方々が降りてきた。
嫌な予感がしたのでいつも飲んでる缶珈琲を買って
急いで車に乗り込んで退出。

…すると、何故か先ほどの車が後方から迫ってきた。
訳判らず逃げようとしたが信号で停止した所で
先ほどの方がやってきて運転席の窓をノックしたので

「な…何でしょうか…?」

と震え声で聞いてみたら

「当たってたぞ!」

との一言と共に俺が先ほど買ったのと同じ缶珈琲。

実は自販機で珈琲を買った直後、もう1本が当たったらしく届けてくれてた…けど、爆音を轟かせて追い掛けて来たら誰でもビビるわw

コメントの数(6)│ コメントを書く
妹の勉強を見てる時

俺「土偶と埴輪の違いは解るか?」

妹「解るよ!土偶はこう(土偶のポーズ)で埴輪はこう(埴輪のポーズ)でしょ!」

そういう話じゃねえんだよ

コメントの数(17)│ コメントを書く
バイトに一日先に入ってたのが嫁
俺が始めてバイトのシフト入った日にご対面で、俺が一目惚れ
でも、話の中で向こうの好きなタイプとは俺はかけ離れてたし、さっさとあきらめて友人として接するようにした
彼氏がいないと聞けば、大学のイケメン、高身長、しかもめっちゃ性格良い奴を紹介したりもしてた
俺は合コンばっかだったけど、嫁に惚れてたもんでせっかく良い感じになってもつきあえず、煮え切らない態度に女の子はすぐ離れていく

1年ほどすると、嫁とはかなり親しくなってお互いいろんな相談をするようになってた
で、ある時俺が他のバイトの女の子から積極的なアプローチを受けた
ギャルだったけど、性格は明るくて、スタイルも良かったw
俺もいい加減、嫁への気持ちも吹っ切ってつきあってみようかなーぐらいに考えてて、そのことを嫁に相談した
もちろん嫁への気持ちは隠したままで
嫁は同じバイトでギャルの俺への気持ちも知っていたようだから、なおさら話しやすかった


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
今日(昨日)の同居トメ

自転車と電車を乗り継いでパートから帰宅したトメさんが足血まみれ。

「自転車で転んじゃった(´・ω・`)嫁子ちゃんから借りたあいぽっどが壊れちゃった」

を連発。

「そんなことより手当て手当て!結構傷がふかそうだから病院行きましょうか!?」

と言っても

「それより嫁子ちゃんのあいぽっど(´・ω・`)」

・・・このやり取りを数回繰り返した後、

「iPodなんてどうでもいいですから!」

と怒鳴ってしまった。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
息子(4才)が耳が痛いというので耳鼻科に行った
普通小さい子は母親が抱っこして診てもらうんだが
あいにく自分は妊娠中で抱っこできないので
ガタイのいい看護婦さんががっちりホールド
小心者の息子は案の定暴れようとしたがビクともしない
ひとしきり抵抗して無駄だと判ったらしく
べそをかきながら

「応援して」

と言った
そこにいる看護婦さん3人位が

「頑張れ!頑張れ!」

の大合唱
お医者さんが吹き出して中座するハプニングがあったが
無事診察完了
優しい看護婦さん、どうもありがとう

コメントの数(5)│ コメントを書く
姉が重度のオタクでしかもラブライブやプリキュアとか、そういうのが好き

「一応彼氏いるからいいでしょ♪」

とか言っているけど、姉はとうとうドールに手を出してしまった
姉は元々コスプレイヤーなので少しぐらいは知識があり、どんどんのめり込んでいく模様
レイヤーとは言え、殆ど友人が趣味で作ったのを着ていた為、改めて本やネットで調べて四苦八苦していた
もちろんこの異常事態に母と父は困惑していた
女の子だから人形が好きっと言うのは分かるらしいけど、流石にドール(とは言え人間に近くないアニメ寄りのドール)はモヤっとするものがあったらしい
ちなみに俺と彼氏さんはお高いフィギュアもっているので(ry
そんなある日、突然新潟の祖母から電話がかかってきた


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く


仕事で失敗をしてしまって、自分が情けなくて家でちょっと泣きながら落ち込んでいたら、旦那に全力でヨシヨシされた。


旦那「よしよし大丈夫だよー」


嫁「(´;ω;`)(旦那にへばりついてる)」



続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く

「○○さんが言ってたんだけどね」が口癖の義母。

○○には近所の人から誰それ?みたいな人までいろいろ入る。

内容はだいたい私に対する嫌味。

(○○さんが言ってたんだけどが全部頭につく)嫁子さんの料理は味が濃くて健康に悪いとか、一歳から保育園に入れると子どもが可哀想とか。

正直、義母の嫌味なんて直属の女課長の嫌味に比べたら屁でもなかったので、全部スルーしていた。



続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く

俺と今の彼女との出会いは、彼女が通う高校の門の前に待ちぶせして告白すると言うものだった。
しかも時代錯誤もいいところの花束を持っての告白。
それがウケたのと、彼女が花が好きだったのもあり、見事にお付き合いまで発展した。

それで今年成人式を迎えたお祝いのホームパーティの席でその話が出てきた。
彼女の友人や俺の友人、高校時代の恩師まで居るパーティで、やたらとみんなに褒められまくってた。

そんな中、どういう流れだったか俺の両親の出会いについて聞くことになった。

最初照れながらも母親は

「○○さん(親父)も中々男前でしたよ……w」

と意味深な発言。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く

当時仕事で関わってたプロジェクトが行き詰まってて早くても帰宅は終電…終電間に合わない時は会社に泊まって徹夜で仕事を繰り返して心身共にボロボロだったんだけど
見かねた上司から

「今日は帰ってゆっくりしろ」

との有難いお言葉をもらいその日は定時で仕事をあがったんだ
電車に揺られながら寝不足でウトウトしちゃって降りる駅を一駅乗り過ごしてしまった
「ついてないな〜」とか思いながら改札を出て家路へ戻るかっこうで歩いてたんだけど疲れ過ぎててフラフラ歩いてたんだよ

そしたら後ろから

「キャー!ドロボー!」

って叫び声が…

続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く

昨夜のトメさん
夕食後、近所の小料理屋で忘年会中のウトさんにお迎えコールされて家を出る
20分後、トメさんから電話で「嫁ちゃん、息子と一緒にこっちに来てちょうだい」と呼び出される
ウトさん酔っ払いすぎたかーと二人で小料理屋へ行くとウトさん同僚はいなくてカウンター席にウトメさんがお揃い

「ウトさんがねえ、誕生日だから奢ってくれるって!だから皆で飲もう!ねっウトさん?(*・∀・*)」

トメさんにっこにこ
ウトさんは

「お、おう!皆で飲めば楽しいしな!嫁ちゃんは何が食べたいかい?」

って陽気に言ってたがそこはかとなくしょんぼりしてた
たぶんウトさんはデートするつもりだったんだと悟って旦那と心の中でウワァァアってなった
トメさんはウトさんの心中に気付かず我々夫婦と飲めて楽しそうだった
でも帰りはウトさんとふたりっきりで手を繋いで遠回りして帰宅して幸せそうだった
頼むから肝心なところに気付いてあげて欲しかったw

 

続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く

嫁はペンギンに目がないのでお願い事するときにはペンギン的な何かを用意すると円満に済む

この前ちょっとしたことで嫁の機嫌を損ねてしまったので、お詫びに手のひらサイズのペンギンの起き上がりこぼしを買っていった
嫁は

「ペンギンに釣られると思うなよー!」

と言ったので、かばんにしまっておいた
深夜、嫁がゴソゴソしてるなと思ったら、俺の鞄からペンギンを取り出して本棚の一画につくったペンギンコレクションに追加してた

また別の日に飲み会で帰りが遅くなるからとガチャガチャであったペンギンのキーホルダーをお土産にした

「ペンギンに釣られると思うなよー!」

と言ったので、イタズラ心でガチャガチャの中身をすり替えて鞄にしまっておいた

案の定深夜ゴソゴソ俺の鞄を漁り、ガシャのカプセルを取り出してわくわくしながらあける嫁
中はハズレと書いた紙だけ
こっそり鞄探ってたのも忘れて

「ガーン!!」

と言いながら_| ̄|○ il||liのポーズをとっていた
ベッドの中から吹き出したら

「見たな!バカにしたな!猫パンチするぞ!」

って言いながらグーパンされた

 

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く

昼休み中だがニヤニヤしてたまらん

うちは息子ばっかり三人、上は中3で下が小4
先日同僚が娘さん作の弁当を自慢げに広げてて
嫁と晩酌しつつやっぱ娘も一人くらい欲しかったな〜
今から作っちゃう?w
定年までには弁当作ってくれるかなw
って与太話してたんだが、今日上の息子がぶっきらぼうに
包みを渡してくれたわけ
で、昼にそれ開けたらラップに包まったおにぎりと
やっぱりラップに包まったおかず
うちは弁当が一人もいないから弁当箱が無かったんだな
で、裏が白紙のチラシを切ったやつに

妹とかいらん 長男

って書かれてたw
くっそ可愛いwww
父ちゃん午後の仕事も頑張るわ

 

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く

日曜学校の後の英会話教室。
強制的に参加させられてただけなのでつまらなくて弟とチョロQで遊んでた。

嫁母「ぺらぺーら ぺらぺらペーらぺーら」

俺&弟「( ゚д゚)ポカーン 」

嫁「ウルサイ。カエレー(・へ・)」

俺「ごめんなさい。」

嫁「オモチャオイテケー」

プチかつあげ。
それが嫁との出会い。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く

嫁「洗濯済みましたコマネチ」

歩きながらコマネチポーズで止まる

俺「…」

嫁「…」

俺「…お疲れ様」

嫁「んむ」

未だにどういった切り返しが正解なのかが分からない

答えは嫁の中にある。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く

旦那の笑顔が大好き。
というか旦那にかまってもらうのが大好き。
というのもあいまって最近無言でボケるのにハマっている。

今日はダンボールを活用。
リビングでテレビを見ている旦那の目の前にダンボールを無言&無表情で置いて、無言&無表情でその中に入り、無(ry で事前に開けておいた丸い穴から首だけ出して、晒し首ごっこ。

ちなみにダンボールには「この者、(旦那名前)に家庭内ストーカー等をし、尻を撫で回すなどのわいせつ行為をした罪により晒し首に処する」と書いてある。(文章適当)

無言で見つめ合って数秒後にブフッと吹き出した。
旦那が。
つられて吹き出しそうになるがこらえて、無(ry でダンボールをガタガタ揺らす。

私「祟りじゃ〜!チューすればお祓いできるぞい!」ガタガタ旦那「そうなの?w」

私「チューしないと祟るぞ!」ガタガタ

旦那「www」

私「早くチューしろよおおお!」ガタガタガタガタ

旦那「はいはいwww」チュ-

私「ありがとうございます。(旦那)さんが幸せになる呪いをかけておきますね」

少ししてダンボールで遊ぶのも飽きたので出てトイレに行って帰ってきたら、今度は旦那がダンボールかぶって無言でスネークごっこやってて笑った。
動くスピードが凄まじく早くて、そのまま玄関前まで行って戻ってきたら息切れしててさらに笑った。
毎日が楽しくてたまらん!


コメントの数(4)│ コメントを書く

嫁と仲良くなれたきっかけは東日本大震災
帰宅困難者の俺と嫁は自宅まで20km近くの道中親切なご夫婦に助けて頂きました

この場を借りてお礼を述べさせてください
その節はお世話になりました
ヒールの折れた女とそれを見捨てた男はこの度無事に結婚しました

震災当時、俺24歳、嫁26歳
震災までは俺と嫁はただの会社の後輩と先輩、全く親しい間柄ではありませんでした

震災当日の夕方、東京では帰宅困難者で溢れかえっていました
帰宅しようにも電車が動いていない、タクシーも捕まらない、道路や歩道は大渋滞
そんな中、俺と嫁(当時は先輩)は変える方向が同じだったため徒歩で一緒に帰る選択をしました
俺の自宅までは会社から20km弱、嫁の自宅は俺と同じ沿線の1駅先でした

特に話したことがない間柄だったので道中はもっぱら仕事の話ばかり
そんなこんなで数キロ歩きましたが、嫁のヒールが根元から折れるアクシデント発生
嫁が瞬間接着剤を常備しているタイプだったので、その場で修復したのですが、こんな時に肝心の接着剤の量が足りない
嫁はなんとか騙し騙し歩きました


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く

俺と嫁の馴れ初めは俺が中3、嫁が中1のときだった
俺も嫁も剣道部で先輩後輩関係だったんだが、嫁は他の一年生と比べると下手というか運動音痴で他の一年生よりも覚えが悪かった
俺の方は小学校一年生から剣道をやっていて、部内No.2だった

したがって俺が嫁の指導係になった

指導係となったがどうすればいいかよくわからん
よくわからんが俺がどうにかしないと嫁は何も成長しないし同級生と比べて自分だけ弱いままじゃ楽しくないことは明らかだな、俺の国語の勉強として頑張ろうといった動機で指導係をやっていたが、嫁は頑張り屋さんだった

細かいとこは省くけど、俺が「適当な素振りを1000本するより本気の素振りを100本やれ」といえば本気の素振りを何時間かけても1000本やるような頑張り屋さんだった

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く

昨日仕事から帰ってテーブルに晩飯お膳してるの見て思わず、いつもありがとう、愛してるぞって口からツルンと出てきたんだよ
まー嫁さんすんげーにやけるのね

で、普段飯食うときはテーブルで向かい合わせなんだけど、昨日と今日は隣にべったりだ
あーんなんて付き合って頭お花畑の時ですらやったことないぞ…拷問に近いなアレ。
ハメ外しすぎて今日の仕事休むハメになったしな…

まぁ、ありがとうとかメールやLINEでしか言ってなかったからよかった

一緒に風呂入って、ベッドで体拭いてたら嫁さんに頂きますって言われてな、ハメにハメ外して朝までコースして、朝七時に職場に熱出たって突休連絡した

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く

今日親子3人で買い物に行った時、何故か3歳が突然号泣

「1個だけね?」

と2人と約束をし、お菓子売り場に向かうと選んできたのが棒のついたアンパンの人のチョコ

「○○ちゃん(1歳半)の!○○ちゃんの!」

と2つ差し出してきた
ここで母は悩む
1個だけを貫くか、下の子を思える優しさを褒めるか…
まぁそんなのは一瞬で、キラキラとした瞳に負け即座に褒めた

1歳半に

「良かったね!にーにが○○ちゃんにもって!」

と振り返ると何故か1歳半も棒のついたキャンディを2本持っていた

結局2個ずつ買わされてしまい、可愛いような、騙されたような、複雑な気持ちで帰路につきました


コメントの数(5)│ コメントを書く
最近流行りの「壁ドン」
TVで特集していたのを子供(小1男子)と見ていたら突然、

息子)ママ、パパに壁ドンされたことある??

私)えっ・・(汗)いや、パパそういうキャラじゃないからされたことないよ
(夫はいわゆる草食系です)

息子)ふーん、じゃあ△△(息子)がやってあげようか?

私)ふぇっ!???


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く

この前、小2長男の個人懇談に行ってきた。
先生が長男に、

「お父さんお母さんに伝えて欲しいことはない?」

と聞いたところ、長男は先生に手紙を託したそうで、懇談の際に見せてもらった。

「どうしても、からあげがたべたい気持ちを分かってほしい」と書いてあった。

今までも何度かリクエストがあったが、揚げ物は面倒だから先伸ばしにしていた。
まさかこんなに思い詰めているとは。

今週末はからあげを作ってやるつもり。


コメントの数(5)│ コメントを書く

冬の夜、凍ってツルツルの道路を走り帰宅中、田んぼに落ちた車を発見。
取り敢えず脇道に車を停めて、

「大丈夫かー?」

と大きな声をかけてみたら、俺と同い年位の女が車から降りてきて泣きながら

「すいません。大丈夫です。警察には連絡しました。」

と言われた。

怪我や痛いところはないが車のエンジンが掛からなくなったと聞き、凍死したら大変だし、外も寒いからと成り行き上、俺の車の中で警察を待つことに。
ヒーター最強にしたら車の中が泥臭くなる。
足元見たら泥だらけ。
それに気付いて寒いだろうし、ジム用の上履きもあるから靴脱げば?と言おうとしたところ、二人同時に

「あの〜」

と言ってしまう。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く

昨日の夫

ここ半年くらい帰宅時間が遅く、土日もふらっと3時間くらい居なくなる。
更に石鹸の香りを漂わせて帰宅
これはもう、あれだろ。
いやでも子供も成人して今更?とモヤモヤ

昨日ついに

「最近、なんか変わった?」

と聞いてみると

夫「フフフッ、ついに気付いたか。見ろこれを!」

とパジャマを脱ぐ

腹 筋 バ キ バ キ

実は一年前から近所の健康増進センター(公営のジム+プール)に通っていた模様。
私が気付くまで続けるつもりだったらしい。
今年定年したジジイが何やってんだ、、、


コメントの数(8)│ コメントを書く

犬の散歩中、茂みからニャーニャーニャーニャーと子猫の泣き声が。
見ると手のひらサイズの子汚い子猫が。
うーん、かわいい。
親の姿もないし、捨て猫か野良猫か…

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く

 TUTAYA駐車場にて


俺「あ、あの・・・ 俺、あのステージアの者です」


嫁「あっ、これ私のヴィッツです。初めまして」


お互いの車を先に覚えた俺と嫁の初めての会話でした。



続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く

今秋、体を壊して働けなくなった。

今は自宅療養中。

一人暮らしで失業支援(?)や貯金で行きている。

体も思うように動かず、食料はネットスーパーで賄っている。

部屋も荒れ放題。

仕方ない。

しかも、ほぼ横になっていないといけないので、スマホ弄るか睡眠とるかしか出来ない。

心も荒んできていた。



続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く

今日商談の詰めとして上司と客先へ向かってる途中

その上司ってのは筋が通ってて俺は尊敬してるけど、竹内力の様な威圧感のある外見と渋い声で俺含め部下から凄く恐がられている

そんな上司に電話が掛かってきたけど舌打ちしながら出たのね



続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く

幼児期の自分の勘違いが生んだ修羅場なんだけど…


小さい頃の思い出を遡ってみると、母親との思い出しか浮かんでこないんだよね

母は専業主婦で一緒にいる時間が圧倒的に長いから仕方ないんだけど

父は早朝に出勤して、自分が寝た後に帰ってくる事が多かったので

朝家を出る時しか顔を合わせることがなかった

そのせいで自分は父を家族と認識してなかったらしい

『パパ』と呼んでるおじさんはママと一緒に住んでるマンションに

毎日遊びに来て、朝帰っていってしまう人だと思ってた


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く

学歴と頭の良し悪しは直接関係しない、が俺の持論だったが

最近は少し崩れかけている。

 

嫁:地方公立高校卒業-->地方中小企業就職、俺と結婚後退職。

俺より7才年下の幼馴染。

俺:地方公立大学卒業-->宮廷院卒-->某有名化学メーカー就職、技術系。

現在、部長職。



続きを見る


コメントの数(18)│ コメントを書く

俺は会社に入ってからずっと会社の寮に入っていた。

入社して12年で歳も34になって会社の上司からもうそろそろ寮を出ろって言われてさ。


寮は会社まで歩いて5分で楽だし、月から金まで朝晩の賄い付きで6万で安くて気に入っていた。

酒タバコもやらないので、部屋はきれいに使っていた。

土日は、寮の外国人や新人に料理を作ってふるまったりして、仲良くやっていたのに。

そこそこの役職ついて寮生活はおかしい、役職に合った住まいや車を買えって言われた。

貯め込むだけじゃなく、使えってさ。



続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く

友人夫婦の娘がグレたという話を聞いた。


きっかけは、家族で外食したときにケンカにまきこまれて、奥さんと子供にまで被害が及びそうになったときに


「妻と女房に何をする!!!」


と叫んだことだったそうだ。

とりあえずその場を逃げ出して、あらためて中華料理屋に到着。


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く

ネコ拾ったら嫁も拾えた

雨降りの帰宅時もう少しでマンションってところで聞こえてきた子ネコの声

辺りを探すと道端に置かれた傘、傘を退かすとダンボールに入れられてた子ネコちゃん発見

ネコ好きの俺…見てしまったからには放っておけず

俺『とりあえず連れて帰るか』と濡れてヨレヨレになったダンボールからQPTを抱き上げたんだ


嫁『あっ…そのネコ…』


後ろから声をかけられて振り返るとずぶ濡れの嫁がネコ用ミルク持って立ってた



続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く

 出会った時の年齢 俺21歳 嫁22歳

出会い系にハマりまくっていたA男という女遊びの派手なやつがいた

A男とはサークルが同じ

ある祝日、駅前に買い物にいくと駅近くの橋でA男を見かけた

俺に気付くなりニヤニヤした顔で


「今日面接なんだよ」


と一言


続きを見る


コメントの数(1)│ コメントを書く

全部「どーぞ(どーじょ)」で済ませる息子1歳


両手をコッチに差し出してどーじょ!(抱っこして!)

抱き上げられたら行きたい方向を指差してどーじょ!(あっち行って!)

テーブルの赤ちゃんせんべいを見つけてどーじょ!(それ食べる!)

渡されたせんべいをカーチャンに突き出してどーじょ!(コレ美味しそうでしょ〜)

せんべいを齧ってニッコリ笑顔でどーじょ!(美味しい〜)


()内は勝手に翻訳してるだけだけどきっと合ってると思う


ちなみに

せんべい突き出された時に「ありがとう」って食べちゃうと、すっごいショック受けた顔して泣き出すので

「どーぞ!」言われたからといって食べてはいけないのである

 

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く

嫁と出会った当時は暇さえあれば家で好きな音楽かけて

レンタルした映画見て過ごしてた

仕事柄人と接する機会も多かったんだが

その反動なのか一人になる時間もかなり欲してた

いま思えば面倒くさがりで無気力で自分の時間が大事なだけだったんだが

そんなんだったし自分には恋愛は絶対無理だろうと


ある日の仕事休憩中、私用のノートPCで映画のHP眺めていたら

後ろから同期の社員Aに


「あ…それ怖そうなシリーズですよね。前に映画館で予告みました」


と話しかけられた


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
昨日、都内のパン屋さんの外で黒人の夫婦?を見かけました。
旦那が凄い勢いでレーズンパン?をもりもり食ってて、隣で奥さんが
一口頂戴とパンをむしりっ

夫「やばい、パンが旨すぎる。もう一個買ってくる」

妻「もう少しで晩御飯の時間でしょ、レストランにいくんでしょ、もーーーっ」

夫、パン屋店内に。世に言うワクテカ状態で念入りに吟味、トレイに一個だけのせてレジへ。
で妻の待つ外へ。


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
姉の子供がトイレに行きたがらないらしいので我が子ではない気安さで

「いいかい、ウンコに行きたいときはちゃんとヽ( ・∀・) ノ ウンコーって言うんだよ」

と、携帯顔文字に登録していたヽ( ・∀・) ノ ウンコーを見せながら言うと
ウンコに行きたいことを宣言するのが恥ずかしいことと思っていたらしい甥は、
ヽ( ・∀・) ノ ウンコーの顔のすがすがしさに感銘を受けたらしく
腕を上げる姿勢などもこだわってウンコーウンコー連発してああよかった
これで母ちゃん(姉)に怒られることもないなと思って帰宅。
だが、家に帰って母から

「あんた、たっくんがウンコウンコばっかり言ってるってお姉ちゃんから電話があったよ!」

でも、母も半笑い

コメントの数(10)│ コメントを書く
娘1才10ヵ月。
おもちゃが絡まってとれない時とか、

「ちちんぷいぷい、ほーらとれた!」

なんて言いながら直してあげてたら、一人の時に困ったことがあると、自分で

「ちちんぷいぷい!ちちんぷいぷい!(・∀・)」

と言うようになった。
もちろん言うだけじゃ解決する訳もなく、だんだん泣きながら

「ちちんぷいぷーい!ちちんぷいぷいぷーい!!(ノд<。)゜。」

と絶叫してくるw
かわいいから、ちょっと眺めてから助けに行くかーちゃんを許してwww

コメントの数(9)│ コメントを書く
今日のトメ
妊娠3ヶ月の私のもとに、朝もはよ(10時)から電話で

「いまから嫁いびりしにいくわよ!!」

と言ってきたトメ。
やってきてそうそう私のおもてなしを見て

「まー嫁子さんお姑様にこんなものを出すなんて!せめてこれくらい用意しなさい!!」

となかなかお目にかかれない高級なケーキを渡される。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
コトメ(旦那妹)は気が利いて面白いし美人なのに喪女。
結婚とかもうどうでも良いし男もそんなに好きじゃない。
実家(私にとっては義実家ね)も裕福で両親はコトメが大好き。
だからコトメは、私もうこのまま好きな仕事続けるから良いって。
勿体ないなあ〜って思ってた。
モテるだろうと思うけど、ちょっと特殊な仕事で、年頃の異性と出会わない&女友達たくさんで寂しくないのコンボ。
ところが、私が出産してから激変。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く

俺は嫁に拾われたwww

俺が嫁に拾われた話しなんだが。

中学の夏休みの早朝に新聞配達終えてその帰り道にある港の岸壁で釣りしてたんだわ。
そこそこ釣れたし腹も減って来たので家に帰ろうかと思っている時に大物がヒットした。
今までに無い強い引きに興奮しつつ足元まで魚を寄せたらでかいカンパチだった。
そして気がついた。タモ網(魚を取り込む網)を持って来てない事に。

誰かにタモ網を借りようにも運の悪い事に今日に限って常連のじいさん達も来ていない。
そこで俺は岸壁から手を伸ばしてカンパチを掴み上げようとして海に落ちた。
岸壁から這い上がろうとしたがだめだった。
小型船が停泊している場所まで泳ごうとしたが潮の向きが逆でだめだった。
誰か助けてくれと叫んでも意味がなかった。


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
数年前の話。
喪女、某コンビニへ買い物へ。
そこでは『プレミアムおにぎり』みたいなシリーズが売ってる。

コンビニに若いママさん(*´▽`*)、8歳くらいの兄(*゚д゚*)、5歳くらいの弟(`・ω・´)がいた。


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く

高校2年の時にクラスで女子がほぼ3つの位のグループに別れていて
そのグループのボスが嫁だった
クラスが理数特進のクラスだったんで、医歯薬希望の人間も多く
実家もその関係でプライドの高い奴の集まりだった
俺の家は一般のサラリーマン家庭で高い私立や下宿するような金もない事がないので、駅弁医学部の地元推薦枠を狙っていた
その時も俺は自分の事だけで必死で、他人を気にしている余裕がなかった
女子内で大きなトラブルがあったらしく嫁のグループは瓦解し、嫁は女子に無視されていたらしい
修学旅行での自由行動の時に、同じ班から無視されて置き去りにされていた
俺の班は行きたいところがバラバラだったんで、集合場所だけ決めて解散した。
残された女一人で動くよりいいだろうと単純な理由で嫁に声を掛けた

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く

嫁を釣ったんじゃなくて釣られたんだが・・・

登場人物
俺(当時高3年の受験生)
嫁(当時中1)
A君 本家の長男、俺の従兄

父親の田舎へA君と鮎釣りに行って、腰位の水深まで入って鮎釣りしてたの
そしたら、上流からピンクの物体が流れてきて・・・

俺「なんじゃあれ?」とよく見たら腕用の浮輪?と人肌が見えて、竿を放り投げて助けに行ったの。

うつ伏せ状態の嫁を抱かかえながら少し下流で釣っていたA君に

「人じゃぁ〜」

と叫んだけど・・・。


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く

前のページへ TOPへ戻る 次のページへ

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング

前のページへ TOPへ戻る 次のページへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ