記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
次のページへ
 ・テキスト:剣士「依頼があれば……この剣でなんでも斬る!」 [おもしろ] (4)
 ・テキスト:フリーザ「私の戦闘力は5です」 [おもしろ] (5)
 ・テキスト:男「事故って異世界転生?」 [おもしろ] (6)
 ・テキスト:お見合い勇者 [おもしろ] (3)
 ・テキスト:勇者「お前もはぐれたのか…」 [おもしろ] (6)
 ・テキスト:王「では託宣の勇者よ、装備を受け取り魔王討伐に旅立つがよい!」勇者「チェンジで」 [おもしろ] (4)
 ・テキスト:勇者「伝説の剣が増殖しまくってるぅぅぅぅぅ!!!」 [おもしろ] (3)
 ・テキスト:スライム「魔王に反逆する。勇気ある者は俺についてこい」 [おもしろ] (4)
 ・テキスト:魔王「ふぇぇ……勇者が来たよぉ……」 [おもしろ] (6)
 ・テキスト:悟空「い!? こりゃどういうことだ・・・?」 [おもしろ] (4)
 ・テキスト:フリーザ「ここがナメック星ですか、さて、ドラゴンボールを探しに行きますよ」 [おもしろ] (7)
 ・テキスト:王「本気で魔王倒す」勇者「えっ?」 [おもしろ] (4)
 ・テキスト:魔法使い♀「私に何をした!!」 魔物A「魔法を封じる呪いをかけたガウ……」 [おもしろ] (6)
 ・テキスト:ドラえもん「久しぶりだね、のび太くん」 [おもしろ] (6)
 ・テキスト:べジータ「俺の一生」 [おもしろ] (3)
 ・テキスト:魔王「四天王を増やして、百天王にしよう」側近「ええっ!?」 [おもしろ] (7)
 ・テキスト:刃牙「親父ィ……サラリーマンやってくんね!?」 [おもしろ] (5)
 ・テキスト:ビルス「こい、ゴッド……え、違うの?」 [おもしろ] (3)
 ・テキスト:魔王「ふざけんな」 [おもしろ] (7)
 ・テキスト:老勇者(60)「魔王城は目の前なんだが・・・、もう死にたい・・・」 [おもしろ] (2)
 ・テキスト:悟空「10人目の戦士はおめぇだ」セル「よろしく」 [おもしろ] (3)
 ・テキスト:勇次郎「探偵になりてェ」コナン(ハァ?) [おもしろ] (1)
 ・テキスト:魔王「この世界に魔法など存在しない!」 [おもしろ] (4)
 ・テキスト:魔王「この世界に魔法など存在しない!」 [おもしろ] (11)
 ・テキスト:魔王「……来ちゃったっ」 勇者「えっ」 [おもしろ] (15)
 ・テキスト:幼女勇者「今のはメラではない!メラゾーマだ!」 [おもしろ] (10)
 ・テキスト:魔王はなかまをよんだ!しかしだれもあらわれなかった!! [おもしろ] (8)
 ・テキスト:悟空「ブルマじゃねぇか。今日はやけに若作りしてんなあ」 [おもしろ] (6)
 ・テキスト:悟空「ドラゴンボール縛りでニューゲーム」 [おもしろ] (1)
 ・テキスト:悟空「なんだぁ、この白い粉。うめぇのか?」 [おもしろ] (2)
 ・テキスト:ヤムチャ「天下一武道会か・・・」 [おもしろ] (6)
 ・テキスト:ベジータ「は…働かせて…くれ…」 [おもしろ] (1)
 ・テキスト:フリーザ「お前は・・・俺に殺されるべきなんだ・・・」 [おもしろ] (3)
 ・テキスト:のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」 [おもしろ] (6)
 ・テキスト:のび太「ドラえもんがいなくなってから10年か……」 [おもしろ] (4)
 ・テキスト:イギリスの食い物に関する注意点 [おもしろ] (8)
 ・テキスト:のびた「ボクは未来を変えられる……」 [おもしろ] (3)
 ・テキスト:幼女「待ちくたびれたぞ勇者」 [おもしろ] (9)
 ・テキスト:お嬢様勇者「欲しい物は必ず手に入れる」 [おもしろ] (5)
 ・テキスト:勇者「すごい美人で有能な僧侶と魔法使いをお願いします」 [おもしろ] (12)
 ・テキスト:勇者「もう勇者なんてやめたい」 [おもしろ] (7)
 ・テキスト:魔王ちゃん「最近の人間は歯ごたえがなくて困る」 [おもしろ] (4)
 ・テキスト:スネオ「僕は・・・神様になるんだ・・・」 [おもしろ] (5)
 ・テキスト:トランクス「父さんは、いつ王子から王様になるのさ?」 [おもしろ] (3)
 ・テキスト:魔王「なに?!勇者がまだハジマリの村にいるだと?!」[おもしろ] (1)
 ・テキスト:勇者の像「…」[おもしろ] (2)
 ・テキスト:カカロット「強くてニューゲーム」 [おもしろ] (2)
 ・テキスト:勇者「ここが500年後の世界か……」[おもしろ] (2)
 ・テキスト:卑怯勇者「魔王討伐? 行くわけねーだろ、そんなもん」 [おもしろ] (5)
 ・テキスト:魔王「勇者に追われている 匿え」男「なにそれ怖い」 [おもしろ] (3)

次のページへ
剣士「依頼があれば……この剣でなんでも斬る!」

スパンッ! スパンッ!

剣士「はい、斬れましたよ」

妻「ありがとう! 助かったわぁ〜」

剣士「スイカぐらい自分でも切れるでしょうに」

剣士「こないだはキャベツの千切り、その前はリンゴをウサギさんにする、でしたっけ」

妻「でも、あたしって料理が下手なのよ〜」

剣士(ウソつけ……少しでも手を抜きたいだけだろう)

剣士「だったら……さっきのお代はいりませんから、俺に料理を作ってくれませんか?」

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
これは色々な事情があって戦闘力が急激に下がってしまったフリーザの戦いの物語である

フリーザ「・・・?スカウターの故障ですかね?」カチカチ

ピッ 戦闘力 5

フリーザ「・・・・・・!?こ、これはわたしの戦闘力ですよね?」

フリーザ「そもそもわたしの部下にこんなゴミのような戦闘力を持った奴はいないはず・・・」

フリーザ「やはり故障ですね。新しいものを用意させましょうか」カチカチ

ピッ 戦闘力 5

コンコン

フリーザ「入りなさい」

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
男「…はぁ」

男(また月曜日がきてしまった…学校いきたくない)

男(クラスでは底辺カースト。友達もいない。昼飯時にはDQNたちに席取られるから便所飯)

男(勉強も運動も特に得意という訳でもないし部活もしてない)

男(家に帰ってネットとアニメで時間が過ぎる。そんな毎日だ)

男「…はぁ」

男「いっそのこと、全然違う世界に行けたりしたらいいのになぁ…」フラフラ

通行人「お、おい君!信号赤だぞ!?」

男「…え?」

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
王様「緊急に呼び戻してしまってすまなかった。」

勇者「いえ、しかしどうしたのですか?」

王様「勇者よ、旅はどのあたりまで進んだ?」

勇者「現在魔王城の手前の村でいつ攻め込むかと会議を行っていたところです」

王様「そうか。タイミング的にはちょうどよかったな」

勇者「?」


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
はぐれメタル「………」

勇者「俺と同じだな…来るか?」

はぐれメタル「………」

勇者「僕は人間の敵なのにいいのかって?ははっ嫌なら最初から誘わないさ」

はぐれメタル「………」

勇者「気にしすぎだよ。さ、一緒に行こう?」

はぐれメタル「…………コクッ…」

はぐれメタルが仲間に加わった

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
勇者「これから魔王討伐に出るのに渡される装備が『革鎧』と『棍棒』って。
普通に町の武具屋にお手頃価格で売ってますよ」

王「しかし、初期装備なのだからそんな物であろう?」

勇者「だったら尚の事強力なの下さいよ。
この装備だと、旅立っても暫くは町の近くでスライム相手にレベル上げの毎日ですよ?」

王「うーむ……」

大臣「王よ、勇者様の言う事も尤もかと。
…それに、これは他国への政治的な牽制にもなるやも知れません」

王「ふむ、それもそうじゃな…よし。
勇者よ、新しく武具を用意するとしよう。
明日もう一度ここへ来るがよい」

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
パラパラ…

魔法使い「だけど、肝心の切れ味はどうなんでしょうか?」

妖精「あそこにある岩で試してみたら?」

勇者「そうだな!」

勇者「とりゃあ!!!」

ズバッ!


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
――魔物のどうくつ――

壇上に上がったスライムはそう言うと、集まった魔物たちの顔を見回した。
目をそらす者もいれば、力強くうなずく者もいる。

ももんじゃ「でもよお、勝算はあるのか? 仮にここにいる奴がお前について行っても、相手があの魔王じゃ分が悪すぎるぜ」

この場で最古参の魔物、ももんじゃは訝しげに首を振った。


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
魔王「まだ心の準備ができてないよぉ……」

勇者「な、なんだ……子供……?」

勇者「……いや」

勇者「こんな場所に子供がいるわけがない」

勇者「誰だお前は、名乗れ」ジャキッ

魔王「ふぇぇ……やる気満々だよぉ……」 

勇者「名乗れと言っている」

魔王「ふぇぇ……魔王だよぉ……」

勇者「魔王?」


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
ラディッツ「やはりこの星のものはいきていたか・・・」

ラディッツ「戦闘力たったの5・・・ゴミめ・・・」

おっさん「わーーっ!! ひっ!!! ひいいいっ!!!」

ラディッツ「なんというもろい民族だ・・・」

チチ「悟空さーー! 今日はカメハウスに遊びにいくんでねーだかー?」

悟空「ん・・・あ、あぁ・・・い“! チチ! どうしちまったんだおめぇ!」

チチ「まだ寝ぼけてるだか? 悟飯ちゃんをカメ仙人様の所に挨拶へいかせるって昨日いってただよ?」

悟空「あ、あぁ・・・」

悟空(オラはたしかウーブん家で寝てたはずだ・・・なんでチチがこんなに若返ってんだ・・・?)

悟飯「おとうさん!」

パタパタ


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
フリーザ「ほっほっほ、私はフリーザと言う者です、貴方方のドラゴンボールを頂きに参りました」

長老「なんと…そうですか、誰かドラゴンボールを持ってきてくれんか」

フリーザ「ずいぶんと素直ですね、何か企みでもあるんでしょうか?」


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
王「本気で魔王倒す」勇者「えっ?」

――ルイーダの酒場

ルイーダ「王様からお話は聞いてるわ〜」

勇者「仲間はどちらに」

賢者「初めまして勇者様。賢者です」


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
魔法使い♀「私に何をした!!」 魔物A「魔法を封じる呪いをかけたガウ……」

勇者の会心の一撃!魔物Aをたおした!

魔法使い♀「ふぅ…これでようやく魔法が使えるようになったわね……」

しかし魔法は呪いにより使えなかった!

魔法使い♀「な……!?」

勇者♂「えっ?もしかして魔法使えなくなったの?」

魔法使い♀「ご、ごめん…まだ呪い解けないみたい…」

勇者♂「いや、仕方ないし、呪いだもんね。大丈夫大丈夫、気にしなくて良いよ!」

魔法使い♀「………」

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
ドラえもん「久しぶりだね、のび太くん」

のび太「そうかな?…そうだね。久しぶりだね、ドラえもん」

ドラえもん「まさか一番乗りがのび太くんだとはね、驚いたよ。いつも遅刻していたくせに」

のび太「小学生のころの話だろ?…やめてくれよ」

ドラえもん「違うよ、中学生も…高校生も!よく遅刻してたなぁ」

のび太「そうだっけ?…そういえばそうだったかな。何してるの?」

ドラえもん「昔の映像を見てるんだよ。…見てみるかい?」

のび太「うん、見ようか。…どれどれ」


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
べジータ「俺の一生」

俺は、サイヤ人の王子だった。

ベジータ王「ベジータ、お前は将来わしを継ぐ、サイヤ人の王子なのだ。それにふさわしい強さとカリスマを持たなくてはいかん」

ベジータ王「そのために、お前にはこの星と同じ、ベジータの名をつけてやったのだ。わしを失望させてくれるなよ」

王の言う、サイヤ人を統べる器などに興味はなかった。
ただ、強さ、それだけを求めていた。


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
魔王「四天王を増やして、百天王にしよう」側近「ええっ!?」

側近「はっ、あの四人はいずれも魔王様によって」

側近「彼らを象徴する“二文字”と」

側近「自ら下級魔族に命令を与えられる“王”の称号が与えられております」


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
刃牙「親父ィ……サラリーマンやってくんね!?」

〜 回想 〜

<刃牙ハウス>

刃牙「褒美?」

勇次郎「うむ……」


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
ウイス「おっほっほっ。あ、そういえば、フリーザが殺されたみたいですよ」

ビルス「なに?フリーザが?あいつより上のやつが下界にいたのか」

ウイス「どうやら倒したのは、孫悟空というサイヤ人のようです。とどめを刺したのはまた別のサイヤ人のようですが」

ビルス「サイヤ人?サイヤ人がフリーザを倒せるとはね……」

ウイス「どうやらサイヤ人は、スーパーサイヤ人という形態に変化する術を身につけたようです。それがフリーザを倒すに至ったのかと」

ビルス「ふーん。スーパーサイヤ人か、どっかで聞いたことが……うーん、サイヤ人、サイヤ人、スーパーサイヤ人……そう、ゴッドだ!」

ウイス「スーパーサイヤ人ゴッド?なんですかそれは」

続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
魔王「ふざけんな」

(勇者が生まれる前)

側近「それでは、これが注意事項になります魔王さま」

魔王「おいおい、随分あるじゃないか」

側近「仕方ありませんよ。決まりは決まりなんですから・・・」

魔王「妙なルールが多いな。・・・例えばなんだこの『中ボスを蘇らせるのは1回まで』ってのは」

魔王「生き返せるんだったら、何回でも生き返らせたらいいじゃないか」

側近「決まりは決まりなもんでして・・・」


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
老勇者(60)「魔王城は目の前なんだが・・・、もう死にたい・・・」

老勇者(60)「もう死にたい。魔王城が目の前だというのに敵がスライムすら出てこない・・・」

−時は45年前にさかのぼる−

王様「おお、新たなる選ばれしものよ、魔王を討伐して何としても世界に光を取り戻すのだ。先代勇者が四天王を討ち果

たし、魔王との壮絶な戦いの末敗れてしまった今、その一粒種であるお前に世界の命運がかかっているのだ。未だ13歳で


続きを見る


コメントの数(2)│ コメントを書く
悟空「10人目の戦士はおめぇだ」セル「よろしく」

老界王神「おめぇ、セルって知っとるか?」

界王神「少し…前に悟空さんがおっしゃっていたダーブラに匹敵するという」

天津飯「悟空、一つ聞きたい。何故フリーザでなくセルを?」

天津飯「いくらあいつが強いと言っても、今のお前やベジータなら軽く倒せる相手だろう?フリーザに比べればという考えはわからなくはないが、わざわざ奴を選ぶ理由は…」


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く

勇次郎「探偵になりてェ」コナン(ハァ?)


小五郎「探偵になるったってアンタ──」


勇次郎「ほんの少しの間だけだが、キサマらの探偵業に協力してやろう」


勇次郎「むろん、報酬は一切不要だ」


小五郎「お、おい、勝手に話を進めるなよ。こっちにも都合ってもんが──」


勇次郎「……キサマ、柔道をやっていたな?」


小五郎「!? なんで、んなこと知ってんだ!?(新聞にでも出てたか……?)」



続きを見る


コメントの数(1)│ コメントを書く

魔王「この世界に魔法など存在しない!」



側近「お、おい。ワーウルフ」


ワーウルフ「へ?」


側近「魔法をお見せしろ」


ワーウルフ「ここででっすか?」


側近「早くしろ」



続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く

魔王「この世界に魔法など存在しない!」


側近「お、おい。ワーウルフ」

ワーウルフ「へ?」

側近「魔法をお見せしろ」

ワーウルフ「ここででっすか?」

側近「早くしろ」

ワーウルフ「は、はいっす!はぁぁ…」ゴゴゴゴゴ

ワーウルフ「闇に堕ちし地獄の太子よ…獄炎となりてすべてを滅ぼせ!」

魔王(何言ってんだ?こいつ…)

ワーウルフ「ファイアーボール!」ゴゥ

側近「どうです!この威力!壁が吹き飛んでしまいました」

魔王「そんなものは見えんぞ」

側近「へ?」

魔王「ふんっ、前魔王のジジイといい、お前たちといい、こんな下らんごっこ遊びをいつまで続けるつもりだ」

ヴァンパイア「おい、こら。言っていいことと悪いことがあるぞ!」

魔王「む?」

ヴァンパイア「あんたが倒したとはいえ、魔道王と呼ばれた前魔王様を侮辱することはゆさねぇ!」

魔王「あのもうろくジジイのことか。ボケもあそこまでいけば奇跡だな」

ヴァンパイア「貴様ー!」


続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
魔王「……来ちゃったっ」 勇者「えっ」

魔王「へへ」

勇者「いや……えっ?」

魔王「……どうしたの?」

勇者「ど、どうしたのって……ま、まさか」

魔王「何?」

勇者「ま、まままま、まお、まま、まお、魔王!?」

魔王「……そうだけど?」

勇者「えええええええええっ!?」


続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
幼女勇者「今のはメラではない!メラゾーマだ!」  

幼勇「だから負けないもん…ふぇぇ…」

男「おい倒れてやれ」

モンスター「ひっ! ぐ、ぐはぁっ!」

幼勇「あれ? 倒したよ!」

男「さすがです勇者様!」

スライムがあらわれた!


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
魔王はなかまをよんだ!しかしだれもあらわれなかった!!  

魔王「くっ・・・やるな勇者め・・・」

魔王「だがこんなところでやられる私ではないわ!!」

魔王「手下達よ!集え!!」

魔王はなかまをよんだ!

しかしだれもあらわれなかった!!


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
悟空「背までちっちゃく見えっぞ」

ブラ「ブルマ? アハハッ! 違うわよー」

悟空「あ? 違うんか? ブルマじゃなかったらおめえ誰だ?」

ブラ「ブルマはブラのママだよ」

悟空「あ、おめえブルマとベジータの娘かあ。ナハハ、そういえばそんなのもいたなあ」

ブラがあまりにも可愛いんだが知名度低すぎるんで俺が布教活動してやんよ

ブラ「キミ、ママとパパ知ってるの?」


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
悟空「えーと、今エイジ何年だっけ?」

悟飯「761年ですよ、お父さん」

悟空「もうちっとでラディッツがくるな……」

悟飯「対策を練らないといけませんね」

ヒューイ シュタタタッ

クリリン「よー悟空」

天津飯「久しぶりだな」

餃子「こんにちは」

続きを見る


コメントの数(1)│ コメントを書く
悟空「なんだぁ、この白い粉。うめぇのか?」  

悟空「ちょっと舐めてみっか」

ペロッ

悟空「何も味しねえなあ…」

ペロペロ

悟空「ああ…?」

モヤモヤ


続きを見る


コメントの数(2)│ コメントを書く
ヤムチャ「天下一武道会か・・・」

クリリン「ええ、悟空達も出るらしいですよ」

ヤムチャ「そうかァ・・・ じゃあ俺も出てみるよ」

クリリン「そうですか お互い頑張りましょう」

ヤムチャ「おう」

クリリン「ではこれで俺は失礼します 帰って怠った体を鍛えなおさないと」

ヤムチャ「当日には万全にしとけよ」

クリリン「分かってますよw じゃあ」 シューーーーーーン・・・


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
ブルマ「ベジータ?アンタいい加減働きなさいよね!」

ベジータ「なにっ…?俺はサイヤ人の王子だぞっ!?」

ブルマ「トランクスがね……パパはお仕事何してるのって聞いて来て……私は……私は何て答えたら良かったのよ!?』

ベジータ「……すまん……」

俺は聞こえない様な小さな声で呟く事しか出来なかった。

だが、俺は決めた。

明日から働く。

とりあえず働くには面接と言うものをしなければならないらしい。


続きを見る


コメントの数(1)│ コメントを書く
崩壊寸前のナメック星

ボウッ!
フリーザ「!」

悟空「俺の気を少しお前にわけてやった・・・これなら飛行ぐらいは出来るだろう・・・とっととこの星から逃げるんだな・・・」

フリーザ「・・・何処へ行く気だ」

悟空「お前達がこの星に来る時に乗っていた宇宙船を使う」

フリーザ「はっはっは!無駄だ!そいつはベジータが既に壊してしまった!」

フリーザ「皮肉だな・・・俺との戦いには勝利したが、勝ったお前だけが死に俺が助かるんだ・・・!」


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」

学生「どうかしました?野比先生」

のび太「ううん、何でもないよ。それより研磨は終わったかい?」

学生「はい。これでもうバリはないはずです」

のび太「本体側のインターロック回路も大丈夫?」

学生「はい、動作確認済みです」

のび太「よし。じゃあモータを駆動してみようか」

青い球体の中にギアボックスを収められるのを、のび太は少し離れて見守っていた。

中学卒業と同時に、ドラえもんが未来に帰った。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
野比のび太は橋の下で、青い猫型ロボットと過ごした日々の記憶を反芻していた。
――もう10年も前。
のび太はこの10年で何もかも失ってしまった。父も、母も、友人も。そして、
ドラえもんも。

10年前、のび太が中学3年生の秋。
その日、ドラえもんは何処か変だった。のび太にはその時のドラえもんの状態を的確に表現する
語彙が見つからなかったが、とにかくその日のドラえもんはおかしかった。

「どうしたのドラえもん?」

黒い機械の画面を真剣な面持ちで見つめていたドラえもんが顔を上げた。

「え――いや、何でもないんだ。ちょっと用事が出来たから、これから22世紀に行かなくちゃならない」

そう言ってドラえもんは不自然な笑顔を見せた。

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
イギリスの食い物に関する注意点

1)味が無い
2)おいしいと思われるお菓子には大量のバターと砂糖が使われている
3)19世紀に発明された人工香料が今でも伝統として使われている(ex.サロンパス風味)
4)量が異常なのでLサイズは頼んではならない(店員に笑われる)
5)食い物はエネルギー源として考える。それ以上は考えない
6)ケバブを買って公園で食ってる際、隣でケバブを犬のえさにしてる奴がいても無視すること
7)イギリス人も自国の食い物は不味いと自覚しているので馬鹿にしても問題ない
8)食う物がなかったらとりあえず果物を食えば死なない

コメントの数(8)│ コメントを書く
のびた「ボクは未来を変えられる……」   

いったい、どれだけの時間が経ったのだろうか
ボクはたまに机を見てしまう

また、ビックリ箱のように飛び出して
挨拶をしてくるロボットを待ち続けている

ボクは間違えてしまった、
だからこそ、未来を変えられるし
だからこそ、最大の友を失ってしまったんだ……

のびた「ドラえもん……」


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
勇者「ついにここまで来た……魔王!今日がお前の命日だ!!」

勇者「この海の向こうにある孤島が魔王城みたいだ。場所を特定するのに大分時間がかかってしまったな」

勇者「迷いの森を抜ける途中で仲間とはぐれてしまったが……いつ合流できるかもわからない、魔王城で会えることを期待しよう」

勇者「よしっ!!魔王城に乗り込むぞ!!」

勇者「くっ!なんておぞましい妖気なんだ!こんな恐ろしい城は見たことがない。さすがは魔を統べる者の住まう地か」

勇者「ん、結界が張ってあるな?しかしこんなもの、勇者の力をもってすれば」

パキンッ


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
「貴方、私の仲間に加わりなさい」

剣士「…は?」

今日の仕事を終えて飯屋で1人夕飯をとっていた時、執事を連れたお嬢ちゃんが俺に近づくなりそう言った。
身なりはいいが気の強そうな雰囲気のお嬢ちゃんで、俺が無愛想に聞き返しても怯む様子は無かった。

剣士「俺は傭兵だ。仕事の依頼かいお嬢ちゃん」

?「仲間になれと言ったのよ。ま、お金で仲間になってくれるなら、交渉させてちょうだい」

剣士「言っておくが俺は安くはないぞ。で、内容を聞こうか」

?「魔王討伐に付き合って」

剣士「…は?」

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
傭兵登録受付「え?」

勇者「ですから、魔王を倒すためにすごく美人で有能な僧侶と魔法使いをお願いします」

受付「あの……魔王を倒すのにすごく美人なのは関係あるんですか?」

勇者「あります」

受付「どのような?」

勇者「僕のヤル気が上がりますよね?じゃあ、魔王を倒す可能性もあがります」

受付「……」

勇者「この際、すごく美人な僧侶と魔法使いでも構いません」

受付「ちょっと待っていてください」

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
16歳の誕生日、私の体に勇者の証である紋章が浮かび上がってきた。
それまで普通の村娘として生活をしていた私の生活は一変、私は勇者として魔王討伐を命じられたのだけど――

戦士「動きが遅いっ!そんなんじゃこの先やっていけないぞ!!」

魔法使い「いつまで休んでるわけ?こうしている間にも魔王軍は活動しているのよ?」

勇者「ご、ごめんなさい、今行きますから!」

僧侶「ふぅ…こんなお嬢さんのお世話を丸投げされるなんて、王様の命令とはいえいい迷惑です」

勇者「…」

半ば強制的に旅立たされた私が満足に剣など扱えるはずがなく、王様から派遣された強者が集まるパーティーで、私は肩身の狭い思いをしていた。


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
魔王ちゃん「やれやれ・・・」

勇者「まったくで・・・」

魔王ちゃん「うおっ!?おまっ、どこから入った!?」

勇者「かわいいなー。なでなでしたいなー」

魔王ちゃん「やめろ馬鹿者。気安く触るでない」

勇者「いいじゃないか。減るものじゃないし」

魔王ちゃん「減るのだ!だから触るな!」

勇者「えー」


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
いつもの空き地で、その二人は対峙していた。

のびた「ドラえもんを放せよスネオ」

スネオ「嫌だね、ほら、喋れよ狸」

スネオは足で踏み潰すようにドラえもんの頭部を踏みつけた

ドラえもん「のびた君・・・逃げて・・・」

そこには顔だけになったドラえもんが居た。


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
魔人ブウとの激戦が終わり、数年が経った。

悟天・トランクスは中学生となり、悟飯はビーデルと婚約していた……。

そんな中、彼らは……。

〜カプセルコーポレーション内・強化訓練ルーム〜

ベジータ「ハアアアアアアアアアアアアアッッッ!!!」ドンッ!

悟空「!やべえっ!」ババッ!

バジッッ!!

ベジータ「……よく避けたな、カカロット」


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
側近「はい。報告によるとそのようです」

魔王「何故だ?!何故、勇者はまだそのような場所にいる?!」

側近「魔王様、落ち着いて下さい」

魔王「落ち着いていられるか!10年だぞ!」

魔王「勇者が旅に出て、もう10年が経つ!なのにどうして、勇者はハジマリの村からでない!!」

側近「ハジマリの村は魔界からも距離が遠く、比較的平和な村と聞きます」

側近「勇者はそこが気に入り、魔王退治とかどうでもよくなったんじゃないですか?」

魔王「そんな勇者がこの世にいる訳ないだろ!!」


続きを見る


コメントの数(1)│ コメントを書く
勇者の像「…」

ポタッ

勇者の像「…」

ポタッ

勇者の像「…」

ピチョン

勇者の像「…」

ポタッ


続きを見る


コメントの数(2)│ コメントを書く
少女ブルマ「こ、こんにゃろ!!」

パンパンッ

ピチピチ

少年悟空「?なんか当たったかぁ?今?」

少年悟空「(あぁ、あれブルマか〜若くてわかんなかったぞ)」

少女ブルマ「な、なにこの子!?」

少年悟空「(ここでもしオラがブルマ殺してたら未来はどうなってたのかなぁ〜気になるぞぉ〜)」

グッ


続きを見る


コメントの数(2)│ コメントを書く
魔王城──

夜明けとともに戦いが終わりを告げた。

一人の戦士が、魔王を滅ぼしたのである。

魔王「ぐわぁぁぁぁぁ……! ワシの体が朽ちてゆくぅ……!」

戦士「やった……ついにやったぞっ!」

魔王「しかし……なぜだ!? なぜキサマが伝説の剣を持っている!?

たしかにこのワシが破壊したはずなのに……!」


続きを見る


コメントの数(2)│ コメントを書く
─ 王国城 ─

玉座に座る国王に、ひざまずく勇者。

国王「おおっ、勇者よ!」

国王「今までは修業中とのことで、なかなか要請に応じてくれなかったが……」

国王「ついに魔王討伐の旅に出る決心を固めてくれたのだな!」

勇者「はい」

勇者「必ずやこの私が、魔王討伐を成し遂げてみせます!」

国王「うむ……そうか!」


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
男「道で倒れている子を拾ったら電波でした」

魔王「デンパ? なにを言っておるのかわからんが とにかく匿え」ヒレフセ

男「追われてるのはわかったし 匿うのはいいけど その格好はなんとかならない?」

魔王「なにを言う むしろこれが正装だ」

男「ビキニ全開の格好が許されるのは高校生から 幼稚園児は回れ右をして帰りなさい」ナデナデ

魔王「撫でるな笑うな!! お前まで余を馬鹿にしておるだろう 余は魔王陛下であるぞ!!」

男「へー」

男「魔王ね だったら証拠とかあるの?」

魔王「証拠? 角があるだろう人間」ハテ?

男「精巧な作り物じゃないの?」


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く

TOPへ戻る 次のページへ

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング

TOPへ戻る 次のページへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ