記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
次のページへ
 ・体験談:夫が実家の味が恋しい、実家の味に寄せろと煩い [おもしろ] (6)
 ・体験談:前の職場は小さい家族経営のとこだった [おもしろ] (5)
 ・体験談:妹は今、中3なのだが働きながら定時制高校に行きたいと言い出した。 [おもしろ] (7)
 ・体験談:女は枕で仕事取れるからいいよなwwうらやましいww [おもしろ] (10)
 ・テキスト:男「憧れのギャンブル学園に入学したのはいいけれど……」 [おもしろ] (0)
 ・体験談:幼馴染みが竹林持ち。 [おもしろ] (7)
 ・体験談:家の近くのコンビニで適当な弁当とワンカップ酒を買って、家で酒を飲んで、くう〜と言いながらダラダラ飯を食べる癖 [おもしろ] (7)
 ・体験談:新人は一人前になるまでトイレで休憩しろ [おもしろ] (3)
 ・体験談:令和の時代に結婚を 永久就職 という昭和の概念で捉えている人 [おもしろ] (12)
 ・テキスト:勇者「嫌だ……もう死にたくない…… [おもしろ] (1)
 ・体験談:制作を担当する新人のM君がやらかしてしまった。 [おもしろ] (8)
 ・体験談:めっちゃ嫌味な上司を「推す」というやり方で懐柔した同期がいた。 [おもしろ] (9)
 ・体験談:他県で一人暮らししていた兄が、恋人を連れて実家に帰ってきたことがあった。 [おもしろ] (5)
 ・テキスト:魔王「諦めて余のものとなれ」姫「触らないで!」パシッ 姫「……あら?」 [おもしろ] (3)
 ・体験談:義父からいつも絵皿と金皿銀皿はNGにされている。 [おもしろ] (9)
 ・体験談:みんな事務さんって呼んでたけど、仕事内容は全然事務じゃなかった [おもしろ] (9)
 ・体験談:務め始めて三年目にはじめて後輩ができた。 [おもしろ] (19)
 ・体験談:同じ店で働いている受付嬢兼営業のAちゃんから聞いた神経わからん客の話。 [おもしろ] (10)
 ・体験談:娘は塾無しの通信教育と夏期・冬期講習、定期的な模試だけで併願なしで公立高校単願受験した。 [おもしろ] (11)
 ・体験談:別部署の人なんだけど親切なAさんがいる。 [おもしろ] (8)
 ・体験談:他の社員の私物にメチャクチャ詳しくて、すぐに使ってみたがるという面倒くさいタイプ [おもしろ] (15)
 ・体験談:最近虫についてハマりだして自分で色々調べてる息子 [おもしろ] (9)
 ・体験談:勝手に自滅してくれてスカッとした話。 [おもしろ] (10)
 ・体験談:おやつにほうれん草かブロッコリー、もしくは芽キャベツを食べる。 [おもしろ] (13)
 ・体験談:年末のココ○コ田中の苦労がわかった気がしたお話 [おもしろ] (8)
 ・体験談:知りあった当時から夫はレーズンが嫌いだった。 [おもしろ] (10)
 ・テキスト:ヤムチャ「そうだ、サイヤ人になればいいんだっ!」 [おもしろ] (14)
 ・テキスト:勇者「お、お前何者だ!」悟空「オラか?オラ孫悟空だ」 [おもしろ] (5)
 ・体験談:自分が勤めてる会社の社長はいい人なんだけど息子がドラ息子だった。 [おもしろ] (9)
 ・体験談:タトゥーを入れてから変な男に絡まれなくなった [おもしろ] (22)
 ・体験談:先輩という緩衝材が居なくなって、管理体制が崩壊した。 [おもしろ] (11)
 ・体験談:なんで、夏になると太陽は夕方になってもいるの?! [おもしろ] (11)
 ・体験談:数年前、ある大手ホームセンターで店長代理まで出世したときのこと。 [おもしろ] (14)
 ・体験談:旦那は、同じ会社だけど異なる部署に勤めてた。 [おもしろ] (9)
 ・体験談:割と仲の良い義姉とコサックダンスの話になった。 [おもしろ] (9)
 ・体験談:大学4年の時に付き合ってた男の冷め話。 [おもしろ] (23)
 ・体験談:25ぐらいのときに住民票とりに里帰り [おもしろ] (13)
 ・体験談:ド田舎もド田舎の会社での話。 [おもしろ] (9)
 ・体験談:義弟嫁の神経わからん話だが、先日無事“元”がつくようになった。 [おもしろ] (7)
 ・体験談:事情があって先週からトメを期間限定で我が家で引き取ってる。 [おもしろ] (4)
 ・体験談:基本伝聞なので間違いがあるかもしれないけど妙に納得した話 [おもしろ] (17)
 ・体験談:日曜日に会社の同期のA子から「久しぶりに話さない?」と連絡が来た。 [おもしろ] (10)
 ・体験談:私はアラフィフでもうお婆さんと呼ばれてもおかしくない年齢に到達しつつある。 [おもしろ] (14)
 ・体験談:この前親戚のばあちゃんが90過ぎの大往生で亡くなった [おもしろ] (4)
 ・体験談:義母を迷惑電話登録してたのがバレて修羅場です。 [おもしろ] (9)
 ・体験談:後ろから急に後頭部をバーン!と叩かれた [おもしろ] (11)
 ・体験談:やたらと水道水を嫌うA [おもしろ] (8)
 ・体験談:義妹が俺の悪評を周りに流したらしいので謝りたいと [おもしろ] (11)
 ・体験談:新しく入った派遣さんがなんか面白い。 [おもしろ] (7)
 ・体験談:学校が再開し、今年高校一年生の弟がようやく学校へ行きはじめた。 [おもしろ] (12)

次のページへ
夫が実家の味が恋しい、実家の味に寄せろと煩いので、義実家に突撃して分けてもらったおかずを出したらなんて言ったと思う?
「これじゃない」だって

そ れ だ よ

男は過去を美化する傾向があると言うけれど、まさにその瞬間に立ち会った気がしたわ
速攻で義母にチクって夫を締め上げてもらったよ
義母からの怒涛の説教LINEがさっきから止まらなくて笑うw 
 

コメントの数(6)│ コメントを書く
前の職場は小さい家族経営のとこだった
私は事務だけど取引先への挨拶とか電球変えたりとか雑務だけじゃなく図面引いたりとか発注とか色々やってた
去年、社長の娘が帰ってくるってことでやめてくれないかって言われた
拒否したらひどいいじめにあったから退職金もらってやめた
引き継ぎは「腹いせに娘いじめられたら嫌だから」って意味不明な理由で断られた
あーあって思ってたけど案の定、一ヶ月もしないうちに会社は回らなくなったらしく問い合わせのメールとか電話がどっさり来た
全部無視してたら家まで来るようになった
めんどくさいけどちょっとざまあって思ってしまう 


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
私は三姉妹の真ん中。

妹は今、中3なのだが働きながら定時制高校に行きたいと言い出した。
親が

「まだ働かなくていいでしょう。」
「好きなところに進学しなさい」

と説得したところ妹は

「だって私は養女なのにこれ以上お父さんとお母さんに迷惑かけられない。」
「私はお父さんとお母さんの本当の子じゃないんでしょ!もう知ってるよ!」

と泣きじゃくった。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
同じく営業の同僚Aに

「女は枕で仕事取れるからいいよなwwうらやましいww」

と草生やして言われたから

「あ、じゃあT社のDさんの担当明日からよろしくね」

とすかさず言いかえしてしまった。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
男「ギャンブル好きが高じて、ついに憧れのギャンブル学園に入学したぞ!」

男「ここで手強いギャンブラーたちと勝負しまくって、最強のギャンブラーになってやる!」

生徒「お、お前新入りか?」

男「ああ、そうだとも」

生徒「よし……だったらさっそく“ポーカー”で勝負しようぜ」

男「受けて立つ!」


続きを見る


コメントの数(0)│ コメントを書く
幼馴染みが竹林持ち。
毎年春先になるとタケノコを掘った状態のまま
山ほど送ってくれる。
その年も同じように下ゆでしようと準備してたら、
保育園で顔だけしか知らない程度のママが6人訪問してきた。
玄関口で何か聞くと、その中の一人のママが自分の家の持ち物である
小さい竹林にタケノコドロボウが出ると言う。

私の娘が保育園で

「たけのこ、いっぱいことこと(煮る)するの!」

と言ってたのを聞いて、犯人見つけた!となって訪問してきたらしい。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
自分の神経が分からん話なんだけど

自分は三十路手前の独身男なんだけど、仕事の帰りが遅いときは疲れて自炊する気力なんて沸かず、家の近くのコンビニで適当な弁当とワンカップ酒を買って、家で酒を飲んで、くう〜と言いながらダラダラ飯を食べる癖があった。
これを新卒の頃から何年も続けてた。

そして、2年ほど前に会社が入っているビルにコンビニが入った。
近所にあるコンビニと同じ大手のコンビニでかなり品揃えも良かった。
今までオフィス周辺にコンビニが無かったから、ちょっとしたものを買うのにかなり便利になって、俺を含め皆、大喜びした。


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
随分昔の初バイトの時の出来事ですが
バイト初日に先輩バイトに

「新人は一人前になるまでトイレで休憩しろ」

と言われた。
初めてのバイトだったから(そんなルールもあるんやな)って思って律儀に従ってた。
ある日個室が埋まってたから掃除用具入れのスペースに入って弁当食ってた。
食い終わって用具入れから出てきた所でスーツの社員さんと鉢合わせた。
向こうは大層驚いたらしく

「何をしていたんだキミは」

と怒られた。

続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
令和の時代に結婚を 永久就職 という昭和の概念で捉えている人

「女の子が結婚しても働くのって・・・・」
「女の子は男の人みたいに働けないから・・・」
「だから男の人って尊敬するぅ」
「女の子と違ってずっと働くし・・・」
「男の人は女の子を守ってくれるし・・・」
「家のこととか、ちゃんとやりたいから中途半端になるといやだから・・・」

そういって婚活していた人がいた


続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
勇者「嫌だ……もう死にたくない……

王様「……なーんてこと考えてたらどうしようかのぅ」

大臣「何の話ですか? 王様」

王様「いやあ、最近勇者が死んで戻って来ないじゃん? だから心配になって」

大臣「ああ、そういえば……」

王様「文字通り死ぬような痛みを受けてる勇者に、いっつも『死んでしまうとは情けない』とか言っちゃってたからなあ。嫌になったんじゃろか」


続きを見る


コメントの数(1)│ コメントを書く
勤務先である建材の工場には三つのチームがあって、
現場で活動する測量部門、大きいものを加工する部門、細かいものを製作する部門がある。
パワー系の俺は二番目の部門で活動するが時にはほかの部署の手伝いにも入る。

細かいものを製作する部門は肉体的には大したことないが精神的に大変なところ。
ここで制作を担当する新人のM君がやらかしてしまった。
彼が作った建材100パーツのうちほとんどが不良品だというクレームが現場から入り、
部長と測量担当の一人が大慌てでその現場に向かった。
工場では真っ青になり意気消沈するM君。
俺らもなんて声をかけていいのかわからない。
戻ってきた測量担当のT君の話だと、現場の職人が相当凶暴な人だったらしく、全部作り直せと怒鳴りまくったそうだ。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
めっちゃ嫌味な上司を「推す」というやり方で懐柔した同期がいた。

ミスしなくとも成果を出していても

「そんなの当たり前だよ?」

などチクチク嫌味を言ってくる上司がいてみんなから嫌われていた。

ところがうちの部署に今年から異動してきた同期(女)が

「上司さん、イケメンとまではいかないものの陰がある感じの顔の整った優男…と見せかけてからの嫌味を言って嫌われるというこのギャップ!
 最高!怒鳴らないのも最高!それでコミュニケーション取れてると思ってるところも可愛い!!
 個人での営業成績は良いってところも推せるー!!」

と、仲良くなった私の前でだけ狂喜乱舞していた。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
数年前、他県で一人暮らししていた兄が、恋人を連れて実家に帰ってきたことがあった。
兄は当時28歳。
結婚相手を両親に紹介しに来た、ってやつ。
恋人さんは両親には普通に挨拶したんだけど、私が挨拶するとじっと顔を見てきた。

恋人「(私に)妹さん?」

私「はい、そうです」


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
魔王「クックック……」

姫「!」ビクッ

魔王「何をしていたのだ?」

姫「もちろん……勇者様の無事を祈ってたのよ」

魔王「勇者はここへはたどり着けんよ。もう諦めろ。諦めて余のものとなれ」

姫「触らないで!」パシッ

ボキッ


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
数年前の丁度今頃あった修羅場(但し結果オーライ)。
義実家は車で10分ほどの距離だった。

私たちは当時結婚して2年になるが子供がおらず、義父母と私たち夫婦の4人でたまに回転寿司に行っていた。
(義姉は県外に嫁いでいる)
ある日、夫が同僚と飲み会で晩御飯要らないと言うし、私も年度末でずっと忙しかったから
たまには贅沢しようと思ってひとりでその回転寿司に出掛けて行った。
そして食べてる最中に義父母が入ってきた。


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
もう10年くらい前の話だけどそこの会社は古株の事務さんがいて、みんな事務さんって呼んでたけど、仕事内容は全然事務じゃなかった。
事務って言ったら普通は書類整理とか伝票発行とか発注とかのイメージだけど、PMやらデザインやら若いのによくもまぁそんなにいろいろできるモンだって感心するくらい手広くやってた。
その人は大卒で入社してからも資格を取りたいからって通信制の学校にも通ってたくらい勉強熱心で、会社に足りなさそうな知識とか制度とかを仕入れてくる人だった。
あれとこれを組み合わせたら今までの作業を半分にできるとか、よく人の仕事を見ててアドバイスをくれるのがすごくうまかった。
以前と比較して作業効率もクオリティも段違いに上がった。
実際事務さんのサポートのおかげで自分の業務に集中させてもらえてた人はセクションの半分以上いた。
正直、その人が辞めたら会社潰れんじゃないのってくらい会社の要だったと思う。
管理職は入ってきた仕事を事務さんに丸投げして

「うまいこと回しといて。あとよろしく」

って感じ。


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
務め始めて三年目にはじめて後輩ができた。
後輩は二人いて、対照的。
一人は理屈っぽくて不器用で理解力がちょっと怪しい。
1から10まで言わないと理解できない。(A)
もう一人は容量が良くて理解も早い。
1から5までいえば何となく言いたいことをつかめるタイプ。(B)
入社当初は皆してBの方を重宝したし、むしろAはなんか扱いにくくて、試用期間で切ろうか?という話も出てた。
実際Aだけ試用期間が倍に伸びた。


続きを見る


コメントの数(19)│ コメントを書く
田舎の中古車販売店で経理のパートやってる30代主婦ですが、同じ店で働いている受付嬢兼営業のAちゃんから聞いた神経わからん客の話。
フェイク入れてます。

Aちゃんは20代前半、明るく染めた巻き髪でスタイル抜群の美女で、明るくてサッパリしたいい子。
自分では

「中卒だから頭悪いんですよ」

とか言ってるけど話してるとめちゃくちゃ頭の回転早くて鋭いのがわかる。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
ママ友が神経わからん。

娘 中3→4月から高校生

私達夫婦が受験に対してリサーチ不足(これは本当に申し訳なかった)もあって娘は塾無しの通信教育と夏期・冬期講習、定期的な模試だけで併願なしで公立高校単願受験した。
偏差値52前後の高校だったけど娘も思いの外、問題が難しかったのと苦手教科(社会科)の中でも一番苦手な単元が問題に出た+内申点が少し足りないとかで半分諦めモードだった。
しかし合格発表を見ると娘の受験番号があって家族で泣いて喜んだ。

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
転職して去年の10月から働き始めてる会社で、別部署の人なんだけど親切なAさんがいる。
彼女は4月から入社してるらしくて、同じ新人だからと俺のことを気にかけてくれてた。
そのため別部署でお昼のときくらいしか接点がないのに、今でも話しかけてくれる。
彼女は背がとても小さいんだけど、堂々としているせいか隣に並ぶまで身長の低さをあまり意識させない人だった。

食堂にいった際、偶然にも20代の若い女性ばかりだった
アラフォーの俺からするとなんともアウェー感が半端ない。
見回してみるとAさんが先に食べていたので、隣にお邪魔した。


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
前職の同僚から電話があって思い出したので書く。

その会社に勤めていた頃、1人強烈な女性社員がいた。
Aとする。
他の社員の私物にメチャクチャ詳しくて、すぐに使ってみたがるという面倒くさいタイプ。
なんというか、Aの外見の印象は森ガール?みたいなちっちゃくて可愛くて、なんかホワッとしてそうなんだけど、貸して貸してがもんのすごい。
私なんか他人の変化に気が付かない方だから、ちょっとそのアンテナ感度分けてほしいくらい。
入口で畳んだ傘とか、髪でほぼ隠れてるピアスとかも気付く。
数百円の電卓でさえ新調したらなんやかや理由をつけて

「貸して」

ってくる。

続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
最近虫についてハマりだして自分で色々調べてる息子(中学生)と交流したくてちょっかいをかける夫の会話

夫「知ってるか?昆虫って宇宙から来たんだぞ。大昔に突然地球に今と同じ姿で現れたんだ」

息子「遺伝子解析によるとカニやエビの先祖から分岐進化したことが分かってるよ
        細胞や遺伝子の仕組みも脊椎動物とほとんど同じだから昆虫だけ宇宙生物とは考えにくいよ」

夫「虫って蛹になると中身が全部ドロドロに溶けちゃうんだって」

息子「蛹のCTスキャンによる研究だと溶けるのは一部の筋肉だけだそうだよ」

夫「クマムシって不死身で宇宙でも死なないんだぞ」


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
勝手に自滅してくれてスカッとした話。

会社にA子と取り巻きがいて、取り巻きが私達よりちょっと若い子達。
そして私達アラサーオバサン小集団。
私達アラサー世代は特に苦もなく、会社の備品が無くなりかけると発注をかけたり、電球やトイレが詰まってたら管理会社呼んだりを気が付いた人がやってた。
そんな私達についたアダ名が、お茶請けオバサン、トイレオバサン、電球オバサン。
もちろん陰で言われてた。


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
うちには小4娘と中1息子がいるけど、2人とも好き好んでおやつにほうれん草かブロッコリー、もしくは芽キャベツを食べる。
ただ湯掻いただけで、マヨネーズもドレッシングも無し。
元々私がおやつに食べていたものを真似たのがきっかけ。
友人がいる時は合わせてスナック菓子を食べるけど、家にいる時は基本上記の野菜。
それを旦那が快く思っていなくて、止めさせろとうるさい。
別に変なものを食べているのでは無いし、好きで食べているのだから止めさせないと言ったら、俺が言い聞かせると無駄に張り切っている。
とにかく言い聞かせなくて良いと念を押したのに
私が仕事に行っている間に子供達に説教したらしく、小4娘の方はボロ泣き、中1息子は反抗したらしく旦那と言い合いになった。


続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
年末のココ○コ田中の苦労がわかった気がしたお話、文章力とか語彙力が無いのは勘弁してくれ

数年前、俺の職場に新人が入ったんだが、身長低くて顔はのび太くんなのに身体は体脂肪?何それ美味しいの?って感じのがっしり細マッチョ
特に脚はムキムキで、何かスポーツやってたんだろうなというのは一目で直ぐにわかった

新人君がきて半年たったある日、俺・新人君・同僚数名で休憩中に話の流れで新人君がキックボクシングをやっていたことが判明

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
知りあった当時から夫はレーズンが嫌いだった。
レーズンパンとか、サラダに入ったレーズンとか。
その程度の好き嫌いなら気にならなかったし、他のもので補える栄養素だし、私も特に好きじゃないので
ふーんと思って、特に気にせず暮らしてきた。

子供が生まれ、現在三歳。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
未来トランクス、フリーザ撃破後

ピッコロ「人造人間が3年後にくる。言っておくが自信のないやつは来るな!足手まといになるような者にいられちゃかなわんからな」

ヤムチャ「そ…そうだ来るなよ」

クリリン「は…はは…」

ヤムチャ帰宅後

「そうは言ってももう限界まで鍛えてきたからな。どうすれば………そうだ!強くしてもらえるように神龍に頼もう!」

プーアル「ヤムチャ様すごいです!」

神龍「さぁ願いを言え、どんな願いも一つだけ叶えてやろう」

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
勇者「たあっ!」ザシュ!

賢者「勇者様、おみごと!」

武道家「これで全部ね」パンパン

僧侶「はふぅ……疲れましたぁ」

賢者「確かに疲れましたね……勇者様、そろそろ街に戻りましょうか」

勇者「そうだなーゴールドも貯まったし、戻って休むか! 武道家の装備も新調しなきゃだし」


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
自分が勤めてる会社の社長はいい人なんだけど息子がドラ息子だった。
三流大学出て何か夢があったらしいけど、それを口実に働かず遊んでる。
夢に向かって努力するわけでもない。(本当に夢なの?)
見るに見かねた社長が息子を無理やり会社に入社させ、俺に鍛えてやってくれと言われたけど
ドラ息子全くやる気がない。
どうしたもんかと思ってた。
俺には高校生の娘(長女)がいるんだがは進学しない、働きたいと言うんで社長に頼んで入れてもらった。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
タトゥーを入れてから変な男に絡まれなくなった
自分では分からないけど見た目が大人しそうに見えるらしく(地味にはしてないけど)、
遊びに出かけたり趣味の集まりに出るとオタク臭い男から絡まれてた

例えばだけど趣味がバイクだとすると、髪の毛ボサボサでムサくて地味な男がニチャニチャと

「君ねぇ初心者さん?wまたバイクのバの字も知らなさそうだねぇwなのにこんな集まりに来てwボクがいろいろ教えてあげるよw」

という旨の絡み方をしてくるんだよね、どいつもこいつも
趣味自体は好きなんだけど見た目で判断して決めつけて挙げ句に初対面なのに優位に立とうとしてくるのにうんざりしてた


続きを見る


コメントの数(22)│ コメントを書く
後輩「これ壊しちゃいました」
先輩「会社の金だからいーじゃん」
上司「会社の備品でも財産でガミガミガミ!!」

後輩「これ出来ませんでした残業して良いですか?」
先輩「会社の金だからいーじゃん」
上司「計画のスケジュールをちゃんと立ててガミガミガミ!」

上司「会社の金だからといって勝手に備品追加したり残業ばっかするからガミガミガミ」
先輩「会社の金だからいーじゃん」
上司「お前使えないから飛ばすわ」


続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
息子が「なんで、夏になると太陽は夕方になってもいるの?!」って叫んだのが去年の夏の終わりの時期。

じゃあ調べてみようよと話し、マンションの西と東のベランダのそれぞれ同じ位置で
毎朝6時と、夕方17時に写真を撮るようになった。
朝はそんなに変わりはしなかったけど、夏と冬で日没の時間が違うと気づいた息子。
それは寒さと暑さに関係がある。というところまで自力で気づき、ストーブに近いと暑い、離れると丁度いいというアドバイスすで、太陽が近いのと遠い!とまで気づいたのが今年の4月。
息子が小学1年生になった時だった。


続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
数年前、ある大手ホームセンターで店長代理まで出世したときのこと。

出世に伴いパートさんや学生バイトの採用責任者にもなった。
デブだろうが痩せだろうがブスでもブ男でも、明るく元気な人を採用するようにしていた。
そのおかげで店も明るくなって、売り上げも毎年5%以上は上がって、
毎月のように本部からも誉められた。
店内ポップも社員、パート、バイトみんなで工夫して、年寄りにも分かりやすくした。
店長と自分に転勤の話があり、他県への打診があったが、
2人目妊娠中の妻や小さな街も気に入っていたので断った。
一応、断っても良い事になっていたが、なんだか急に本部が冷たくなり、
店長と2人で辞めようかと話した。


続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
旦那は、同じ会社だけど異なる部署に勤めてた。
とあるプロジェクトで、私の部署とその部署とが一緒に仕事をすることになって、親睦を深める飲み会がひらかれた。
そこで初めて言葉を交わした旦那に、翌日から猛アプローチされて、結婚までたどり着いたんだけど。
結婚するってことを会社で発表した日の退社時刻ごろ、旦那の部署の女子社員3人に囲まれて、何故かフフンとどや顔された。
言われたことを要約すると「Aさん(旦那)と結婚するなんて今後苦労するわよ御愁傷様pgr」だった。
なんか、その女子トリオ、みんなかつて旦那にアタックして、
そのとき旦那の掲げた理想の結婚生活にドン引きして前言撤回した人たちだったらしい。
その旦那が掲げた理想ってのが、昔ながらの亭主関白宣言みたいな感じでね。
働きたいなら共働きでもいいけど家事育児は全部君ね、
食事は当然手作りでしょ?冷食惣菜なんて論外、
朝は自分より早く起きて、夜は自分が寝てから寝てね、妻のつとめだよ、
化粧品や服に無駄遣いするのはもっての他だけどいつも綺麗にしてなくちゃ浮気するからファイト☆
…などなど。女子トリオはそれらを滔々と述べて、奴隷生活頑張ってねpgr〜、して去ってった。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
数年前、義実家に行った時、割と仲の良い義姉とコサックダンスの話になった。
何の話の流れだったか忘れたけど、義姉が

「コサックダンスみたいな〜」

って言いだして
当時それを知らなかった私が(どんなダンスか見た事はあったけど名称を知らなかった)

「コサックダンスってなに?」

って聞いたら

「ほら、こんな感じの・・・」

って踊ろうとしてアキレス腱をぶっち切った。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
大学4年の時に付き合ってた男の冷め話。
ランチしてたら、沖ノ鳥島を守るためのプロジェクトみたいな番組がお店のテレビで流れてて
騒がしくて音声はあまり聞き取れなかったんだが、なんとなくそれを一緒に見てた。
その時彼が

「なーんか無駄だよね、ああいうの。あんな何の役にも立たない島を
 何億も税金掛けて維持する必要がどこにあるんだか」

って言ったんだ。


続きを見る


コメントの数(23)│ コメントを書く
25ぐらいのときに住民票とりに里帰り
窓口の人が友人だった

「今日同窓会だからおまえも来いよ」

と言われ参加した
会場行ったら、すごい可愛い子がいたけど、なかなか話せず
電話番号だけ押しつけたら、翌日ぐらいに電話かかってきて
それからちょっと遠距離だったけど、頑張って付き合って結婚した
ちなみに嫁は同窓会が開かれた店の店員



コメントの数(13)│ コメントを書く
ド田舎もド田舎の会社での話。

ある日

「お電話ありがとうございます。〇〇会社の〇〇でございます」

電話をとると、

「ワシじゃ!!!佐々木(仮名)じゃ!!!」

となぜか、喧嘩腰の第一声。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
義弟嫁の神経わからん話だが、先日無事“元”がつくようになった。

昨年、iPhone8からiPhone11proに機種変したいなーって迷ってた時に
義弟とちょうどそんな話になって、義弟が詳しいので色々聞いてたら
やっぱり機種変することにした。
その場には義弟嫁さんもいたんだが、それから何日か経って

「もう買うことに決めたんですか?」

って聞かれたので

「うん」

と答えたら
だったら8を譲ってほしいって言うんだ。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
事情があって先週からトメを期間限定で我が家で引き取ってる。

朝ご飯を食べようと思ったらご飯が無かったから
新たに炊いて食べてたらトメが、

「まぁ!!!!嫁の癖に炊き立てご飯に一番に手をつけるなんて!!!!何様なのかしら!!!!」

と喚き散らすもんだから、

「◯さん(トメ)こそ何様ですか?居候様ですか?穀潰し様ですか?出て行きますか?」

って聞き返したらまさか言い返されるとは思ってもみなかったようで泣きながら

「ごめんなさい、申し訳ありませんでした。馬鹿な事を言いました。」

と謝ってきたけど、
この程度で頭下げるくらいなら初めからふざけた事言ってんじゃねーよ。


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
基本伝聞なので間違いがあるかもしれないけど妙に納得した話
私はアラフォーで渋谷まで電車で30分というエリアで生まれ育った
のでガングロギャルとかヤマンバギャルとかリアルタイムで見てきた
ミニスカ+ルーズソックスで通学してたけどさすがにヤマンバは同世代から見ても「あれはないわおかしいわ」だった
けど最近になってヤマンバたちの本音を知った

「この格好していると男が性的な目で見てこないからすごく楽〜」

って
ヤマンバたちの大部分にいわゆる性犯罪の被害経験があった
大人しい恰好してれば痴漢されるし
コギャルしてればナンパされる、断れば罵倒されたりトラブルに発展することもある
でも家に引きこもっているのは辛い(家庭環境が悪い)
だから夜も街に出て仲間とつるみたい
じゃあ男から見向きもされない格好してればいいじゃん!とだんだんエスカレートしてああなったらしい
ヤマンバやってても関りができる男は単純に性目的じゃないこと多いから普通に付き合うこともできたと
そういう子ばっかりだからヤマンバ仲間は気も合って本当に楽しかったと
もちろん単なるアホの子もいたんだろうけどなんか切なくなっちゃったよ
アフリカのとある部族が「!!???」ってレベルで顔面改造してるのも奴隷として売られないためだったと知ったのと同じ感覚
コメントの数(17)│ コメントを書く
ちょっとやらかしてしまったかもしれない…。

日曜日に会社の同期のA子から「久しぶりに話さない?」と連絡が来た。
A子とは新人研修の時は仲良かったけど、最近会う機会もなかったし、私も夫が休日出勤で一人暇してたから二人でオンライン飲み会をすることにした。

最初は互いに酒を飲みながら画面越しに近況を和やかに語り合ってたのだけど、そのうちA子が

「私子ちゃんにだから打ち明けられるんだけど…」

暗い表情で悩みを打ち明けてきた。


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
私はアラフィフでもうお婆さんと呼ばれてもおかしくない年齢に到達しつつある。

昔から会社の同僚と必要以上に仲良くすることもなく、ぼっち上等でマイペースで仕事をしてきた。誤解の無いように書いておくと業務上の報連相はきちんとやったけど、
プライベートで必要以上に関わることは避けていた。

終業後のご飯一緒に、とか飲み会、ぐらいまではお付き合いするけど、同僚の家に遊びに行ったり泊まったり一緒に旅行に行ったりとか濃い付き合いは全くやってこなかった。
そんな感じなので、どうでもいい噂話というか社内のゴシップ話に盛り上がることもほとんどなかった。実際自分は人から聞いた話を無暗に広めなかったので口が固いと言われていた。


続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
この前親戚のばあちゃんが90過ぎの大往生で亡くなった
葬式はコロナの影響もあって近い身内だけで済ませたらしい
特にこれといった関わりはなかったんだが、一度だけ子供の頃に法事で集まったとき何故か二人きりになった瞬間があった
たぶん法事に飽きてしまったのを一番手の空いてたばあちゃんが連れ出してくれたとかそういうのだと思う
前後の会話は全然覚えていないけど、
ばあちゃんが分けてくれたみかんを食べながら、

「おばあちゃんは墓まで持っていく話ってある?」

って聞いた

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
義母を迷惑電話登録してたのがバレて修羅場です。
召使い(わたし)に電話がつながらないってヒステリー起こしているのは知っていたけれど、わたしも登録したのをすっかり忘れてしまってました。
ガラケーが壊れたから新しいのを買いに行く!連れてけ!と騒がれて、仕方なく連れて行きました。
義母は80すぎなので、1人では契約できないんだとかなんとか。
家族が一緒に説明を聞く必要があるらしいんですが、なら家族である実の娘に頼めばいいのでは?あーハイ断られたんですね。立派な娘ですね。あなたそっくりです。
で、付き添っていたら店員さんに「おたくの商品は役立たず」などとギャンギャン騒ぎまして。非常に恥ずかしかったです。店員さんには後から謝り倒しました。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
籍を入れて初めて義実家へ行ってきた。
義母と2人でお昼の準備をしてたんだけど、

「棚の◯段目にあるお皿出して〜」

と頼まれたんで

「これでいいですか?」

と確認したら、

「それじゃないわよ〜!センスないわね〜!」

と言いながら後ろから急に後頭部をバーン!と叩かれたから反射的に思わず叩き返してしまった。

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
やたらと水道水を嫌うA
味が嫌い、市販のミネラルウォーターじゃないと許せないと普段から言っていた
水道水アンチアピールは少し面倒だったけど、水道水の味が苦手で飲む気にならないというのは私も同じなので、水の好き嫌いに関しては何とも思わなかった
けど、共通の友人宅に行った時に出された水を水道水だと気付かずに飲んで(濾過されてないものをエビアンのペットボトルに詰め替えてる子だった)

「やーやっぱ水はミネラルウォーター一択だね!」
「新鮮さが違う!さすがエビアン!」

と上機嫌なA
いや全然違い分かってないじゃん
普段病的なくらい水道水を毛嫌いしてるのに何だったんだあれは
友人に

「それ水道水だよ」

と返されてスルーしてる時の表情、何ともいえなかった 


コメントの数(8)│ コメントを書く
義実家から連絡があり義両親が急きょ来ることになった
義妹が俺の悪評を周りに流したらしいので謝りたいと
話を聞いてみると俺が浮気をしていて息子が托卵だと吹聴したらしい
男の俺が托卵?逆じゃないか

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
新しく入った派遣さんがなんか面白い。
30代前半なのにぶりっ子でド天然。
最初はうわ〜と思ったけど気にしないように接して1週間くらい経った頃

「私の口調やっぱり気になりますかぁ?」

て派遣さんから切り出してきた。
派遣さんが言うには以前の職場にぶりっ子を可愛いと思っている人がいたらしい。
その人は自分が可愛いと感じたぶりっ子の仕草を観察して可愛い仕草のみ取り入れているぶりっ子だったと。
真面目にぶりっ子してるその人が面白くて派遣さんもそのぶりっ子してる人の真似をしていたらぶりっ子が移ってしまって戻らなくなってしまったと。


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
学校が再開し、今年高校一年生の弟がようやく学校へ行きはじめた。
弟は小6あたりからやたらイキがるようになって、同時に女叩きを併発。
最近めっきり聞かなくなった「ま、ま、ま、ま〜〜〜〜ん」というアホ丸出しのフレーズがネットで流行った時
これを肉声で、しかも家庭内で毎日のように披露してくれた。
母や私が叱っても

「ま〜んがヒスってるw」

とニヤニヤするだけで効果なし。
父はお察しの空気。
しょうがないから放置して、たまに動画だけ撮っておいた。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く

TOPへ戻る 次のページへ

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング

TOPへ戻る 次のページへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
タグ