記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
前のページへ 次のページへ
 ・体験談:そのときに、ようやくパンツが見えた。 [萌え] (17)
 ・体験談:手のひら(時々竹刀)でほっぺたをグリグリされてた [萌え] (13)
 ・体験談:地方の公立進学校としては創立以来最高の頭脳 [萌え] (13)
 ・体験談:嫁のPCのスクリーンセーバーを「愛してる 俺」にする [萌え] (4)
 ・体験談:弟なんて可愛くないぞ [萌え] (8)
 ・体験談:嫁「ねぇ、日本人の男ってレディーファーストが出来ないって思わない?」 [萌え] (13)
 ・体験談:服を脱ぎインナー姿になる嫁 [萌え] (13)
 ・体験談:殺すお( ^ω^)おっおっおっ [萌え] (4)
 ・体験談:満員電車で当時高2の嫁がいつも抱きついてきた [萌え] (17)
 ・体験談:キャ、キャバクラ、誘われて、でも浮気したら離婚だから [萌え] (3)
 ・体験談:俺んちに泊まりに来てくれたけど些細なことからケンカしてしまった [萌え] (5)
 ・体験談:日本における中国人のあるべき姿 [萌え] (16)
 ・体験談:地味なメガネっ娘(中1)がいる [萌え] (11)
 ・体験談:飯はうまいが魚を捌くのが苦手な嫁 [萌え] (9)
 ・体験談:俺の嫁の日記を盗み見しちゃった時の話 [萌え] (18)
 ・体験談:いやーんえっち [萌え] (5)
 ・体験談:忠犬ならぬ忠猫になってた [萌え] (6)
 ・体験談:ダブルの部屋は空いていますかと言ってきた [萌え] (10)
 ・体験談:嫁が何故か俺のTシャツ・短パンを着てスヤスヤ寝ているw [萌え] (9)
 ・体験談:さては娘とサプライズだな… [萌え] (8)
 ・体験談:うちの嫁は「超」のつく程の方向音痴 [萌え] (10)
 ・体験談:最近ますみさんのところ通ってるんだって? [萌え] (8)
 ・体験談:床の間とかはお考えですか? [萌え] (10)
 ・体験談:なによ、おかしいぞ!好きな女でもできた? [萌え] (6)
 ・体験談:その、嫁に伝えたい事があるんだけどさ・・・ [萌え] (9)
 ・体験談:女「うん…あのね?」 [萌え] (8)
 ・体験談:はい、温めますか? [萌え] (5)
 ・体験談:は?意味わかんない、ひとを勝手に殺すな [萌え] (8)
 ・体験談:…水筒の中はアイスティーなのです、アールグレー、です。 [萌え] (10)
 ・体験談:6つ年下で長身美人、料理も結構美味い [萌え] (13)
 ・体験談:実家に帰る! [萌え] (7)
 ・体験談:ペッッッ(`・д・)、ペロンティノーウって奴食べてみたいねぇ [萌え] (7)
 ・体験談:うちの秋田犬(♀5歳) [萌え] (21)
 ・体験談:ローソンのリラックマ欲しいの [萌え] (8)
 ・体験談:俺の嫁はハイスペック。ルックスも良く、背は俺よりも高い。 [萌え] (14)
 ・体験談:女の先輩のみっともない姿をみちゃった [萌え] (13)
 ・体験談:嫁に買い物を頼んで一万円札を渡した [萌え] (9)
 ・体験談:中学生の時からずっと一緒で、2年前に結婚した嫁 [萌え] (10)
 ・体験談:うちの嫁は、出会ってから今までずっと敬語 [萌え] (14)
 ・体験談:美男美女の打ち上げか何かの待ち合わせ場所での会話 [萌え] (14)
 ・体験談:俺は女の子をなかすような事をしたら責任取るよ [萌え] (7)
 ・体験談:風呂場に行くと嫁も後ろからトコトコついてくる [萌え] (22)
 ・体験談:…そ、そうですよ、私もてないって訳じゃないんですよ? [萌え] (18)
 ・体験談:店に米用の計量カップ買いに来た女の子が嫁だった [萌え] (12)
 ・体験談:彼女が「やだ」とか「面倒くさい」とかとにかく彼氏の意見をことごとく却下 [萌え] (18)
 ・体験談:嫁にバッグでもアクセサリーでも何でも好きなもの買ってやるって言った [萌え] (17)
 ・体験談:今日は抱っこするものなくていいの? [萌え] (6)
 ・体験談:嫁は高2の時の同級生 [萌え] (9)
 ・体験談:普段クールだけど寝起きだけ超甘えたがりな彼女 [萌え] (11)
 ・体験談:ふと力んだ瞬間、結構派手に彼女がおならした [萌え] (14)

前のページへ 次のページへ
自転車通勤してたころ、よく、同じく自転車通学のポニーテールの女子高生が走ってることがあった。
いつも、きちんとスカートをお尻の下に敷いてたけど、その日、あわててたのか彼女は、サドルに直にお尻をつけた状態で乗ってた。
 

続きを見る


コメントの数(17)│ コメントを書く
うちの嫁は剣道の先輩だった
真面目で活発で小さかったので部内でマスコット的な扱い
一方俺はダラダラと手抜き練習してて、よく嫁に

「(俺)ちゃん、やるきだせー!」

と手のひら(時々竹刀)でほっぺたをグリグリされてた

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く

全国模試でも常に二桁台前半という、地方の公立進学校としては創立以来最高の頭脳で、更に、開校以来初の女生徒会長という最強の優等生様と、更正のために雑用として生徒会に放り込まれた不良という
どこの萌えマンガだよ、てな感じの関係だったが、紆余曲折あってツンがデレたw

俺はある競技で全国レベルの選手だったんだけど夜遊びが面白くてね、深夜徘徊でとっ捕まったせいで公式戦出場禁止になりかかって、顧問に

「もっとうまくやれ!」

と、しこたまブン殴られた上で、反省の姿勢を示すために生徒会に所属して雑用を仰せ付かる事になったわけ。

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く

最近俺が朝早く夜遅いから顔を殆ど合わせない、ってのもあるんだが、やっぱり恥ずかしいんで面と向かっては愛してると言えなかった。

なので、嫁のPCのスクリーンセーバーを「愛してる 俺」にする、なんていう消極的方法を取ってしまった。
これ、一週間程前。

今日気付いたんだが、俺のPCのスクリーンセーバーが「私も 嫁」になってた。
今日は嫁が起きてるうちに帰るよう努力して、直接言えるよう頑張ろう。

 

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く

弟なんて可愛くないぞ。

あっち向いてホイをやって負けたらデコピンの刑ってとき、まんまと負けた弟が
(´>з<)←こんな顔して待ち構えてたけど
可愛くなんてないぞ。

お出かけ中に一人お留守番の弟が電話してきたとき

私「もしもしどうしたー?」

弟「まだ帰ってこない?」

私「あーもうちょっとかかるー」

弟「そっか、分かったー」

私「何だお前、お姉ちゃんいなくて寂しいのかwwwww」

弟「うん」

超素直だったけど
可愛くなんてないぞ。

もう少し経ったら身長が抜かされそうなんだ。
可愛くなんてないぞ。
可愛くなんてないんだから(*´・ω・`)

 

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く

嫁「ねぇ、日本人の男ってレディーファーストが出来ないって思わない?」

俺「…」

嫁「若い女性が困ってるとしたら自分から助けるのが海外では常識だよね?」

俺「…」

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く

嫁と出会ったのが大学1年の時だった
嫁は他の大学に行ってたのを中退して入り直したので
出合った時が俺18歳、嫁21歳
大学の時間割をガッチリ組んで初めて出た講義に嫁と隣同士になった
マジメに取り組む俺と横で眠たそうにしている嫁
しばらくして嫁がノートを写させて欲しいと言ってきた

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く

当方結婚5年目32歳。
嫁と普通にベッドにねる。(キングベッドで一緒にねてる)
んで、隣接して寝ようって思って俺はいっつも嫁のほうによっていくんだけど

「ちかよってくるなー!」

って言って近寄らせてくれないんだ。
俺が

「あまえさせろあまえさせろ」

とか言っても

「殺すお( ^ω^)おっおっおっ」

みたいな感じで跳ね返してくる。

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く

朝通勤の際、満員電車で当時高2の嫁がいつも抱きついてきた
痴漢冤罪が怖いので、両手はつり革にしてた
ある時、暇潰しに読んでた本が彼女とたまたま同じでその辺から、話すようになった

なぜくっついてくるのか聞いたら、痴漢みたいのがいたので、友達に彼氏がガードしてると来ないと聞いたが、いないので俺にくっついたとのこと

彼氏ができるまで、俺にくっついてていいよって話になる

メアド交換して、二人でよく遊びに行くようにはなった
嫁には彼氏は出来ず、通勤時はくっつくのが続き、そんな感じで高校卒業

嫁が大学に入ると、俺の部屋までくっついてくるようになり、そのままいつかれて、嫁の卒業とともに結婚した


コメントの数(17)│ コメントを書く

今日の夫

毎日帰るコールをする夫
今日は

「あのさ…あの…飲み会、誘われて…」

とおどおど
飲み会?行けば良いじゃん、どうしたの?と不思議に思ってたら

「キャ、キャバクラ、誘われて、でも浮気したら離婚だから、上司が付き合いだから黙ってれば良いとか、
 でも俺離婚したくないしキャバクラとかそんな浮気したくないし…」

と泣きそうな声で言い出すので何かもう可愛くて可愛くてたまらんくて吹き出してしまった
大丈夫だよ、浮気は嫌だけどキャバクラぐらいなら許すよ。
でもお触りしたり連絡先交換したら家出するね、と伝えると

「絶対、絶対裏切らないから!嫁ちゃん以外いらないから!」と

熱弁
いつも愛してると言って切るけど、今日はいつも以上に愛してるを連呼されたww

あー、この人に愛してもらえて幸せだ!


コメントの数(3)│ コメントを書く

明日から日曜日まで彼女が九州へ出張。
そんで昨日俺んちに泊まりに来てくれたけど些細なことからケンカしてしまった。
今朝仲直りしたんだけどちょっと気まずい感じで俺はそのまま仕事に出掛けた(彼女は休み)。
謝罪のメールを送ったが反応がなく、まだふくれてるのかなと思いながら夕方帰宅したら彼女はいなかった。
あぁこりゃまだ怒ってるな、今すぐ電話して謝ろうとソファーに腰を下ろした時、目の前のテーブルに手紙が。

『(俺)さんへ
 昨日は楽しく過ごせなかったけど、日曜日は(俺)さん家めざして帰ってくるから待っててね。
 今日はいい天気だから洗濯しちゃった!洗剤切れたから買ってきてね。
 冷蔵庫に食材テキトーに突っ込んであるけどちゃんと自炊するんだよ。
 (俺)さんの好きなマンゴーもアイスモナカもあるから食後のデザートに食べてね。
 いつも私のためにいろいろ優しくしてくれてありがとう。(俺)さん大好きだよ。
 愛してるよ。ずっと一緒にいようね。
 今日も何事もなく帰ってきますように。
 (彼女)より』

手紙を読み終えて感激のあまり彼女に電話したら

『明日の準備で忙しいからあとでね、短気でスケベな(俺)さんwww愛してるよバーカ!』

とすぐ切られてしまった。

…彼女が出張から帰ってきたらプロポーズしようと思う。


コメントの数(5)│ コメントを書く
俺の中国の思い出を聞いてくれよ、というか中国人のなんだけど。 
交換留学でやってきた中国人学生の話なんだけど、やたら「日本における中国人のあるべき姿」を意識していてウザかった。 
要するに、ウケる為に中国人らしくあろうとしすぎていた。 
まず、語尾にムリヤリ「〜アルね」ってつける。 
激昂したり感動したりすると、母国語で何やらまくしたててから 

「ホニャララララ…!アルね!ホニャララ…アル!ゼタイ〇〇アル!」

とかすげー強調する。 

続きを見る


コメントの数(16)│ コメントを書く
近所に長い黒髪をポニーテールにした、地味なメガネっ娘(中1)がいる。 
先日学校から泣きじゃくりながら帰ってきたので、近所が大騒ぎになったんだが、よくよく話を聞いてみると 

「不良3人に、お金を出せって言われて、連れて行かれそうになったから、お父さんの言う通りにしたら、
 みんな動けなくなっちゃって、怖くて逃げてきた。警察につかまっちゃうかも。どうしよう〜。」 

実はこの娘、小学生の時2年連続某打撃系空手道全日本チャンプ。 
何したの?と聞いてみると、 

「男は膝に下段蹴り、女は鼻に思い切り正拳突き入れた」 

自宅のガレージに吊ってあるサンドバッグを、朝夕30分以上蹴りまくるのを知っているご近所全員、その

惨状が理解できて

「うわ・・・・www。」 

さめざめと泣いているその子を見て、町内は皆その子に萌えた。

コメントの数(11)│ コメントを書く
飯はうまいが魚を捌くのが苦手な嫁。
今日の晩飯は魚だと予め聞いていたので
いつも通り俺が捌くつもりでリビングに行ったら
腕まくりに謎のハチマキ姿の嫁登場。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
この前俺の嫁の日記を盗み見しちゃった時の話。 
まったく何も書いてない大学ノートが台所にあったから
「なんだ?」 
と思って中身を見たら、最初のページに「俺の好きなところ」って書いてあるわけ。 
思わずちょっとニヤッとしちゃってさ、ちょうど嫁も買い物でいないし、 
じっくり読んでしまったわけよ。 
まだ結婚半年目なんだけどもうかなりのページが消費されてて 
「昨日夕飯にチーズオムレツを作った。反応はまずまず」とか 
「真剣にテレビ見てる時あごに手を当てる癖がある」とか 
殴り書きだけどすげー色んな事が書いてあった。 

続きを見る


コメントの数(18)│ コメントを書く
父親は風呂場とかで着替えの最中に遭遇すると

「いやーんえっち」

と言って、人を外に追い出す人だった。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
ウチから従兄の家に婿入りして行ったちょっと暴れっ子のオス猫がいたんだが、この間従兄の家に行ってみたらすっかり忠犬ならぬ忠猫になってた。
従兄の家から逃げ出して十日ほど外をさ迷い歩いたらしく、それまで箱入りだった猫は外の厳しい現実と自分の待遇の良さを知ったらしく
特に可愛がってくれる従兄のお父さんにぴったりつき従ってる。
朝お父さんが仕事に行く時は玄関の外まで出てお座りでお見送り、帰ってくる時車の音がするのでその音がしたらすぐに玄関の外まで行ってお出迎え。
お風呂に入っている間は風呂の前で待機、庭に出ている時は一緒に出て行って邪魔にならない場所で待ってる。
で一緒に家の中に入ってくる。
仕事で居ない間はお父さんの指定席を譲ってもらってそこでしょんぼりして寝てる。
従兄の家にあげるまでの猫を見ている所為かはじめて見たときはびっくりした。
でも正直そんな姿を見るたびに凄く和むw
猫は薄情じゃないよ(*´∀`*)

コメントの数(6)│ コメントを書く
ホテルのフロントとして働いてるんだが、先日上品な老夫婦が来て、ダブルの部屋は空いていますかと言ってきた。
ちょうど空きがあったのでチェックインし、部屋に行ったかと思ったら
すぐお婆さんのほうが顔を手で覆いながら小走りで戻ってきた。

「やだやだ、違うのよっツインとダブルって、ツインのほうが寝床が二つなのね?
 間違えちゃったわ、やだやだわ、こんなお婆さんとお爺さんがあんな部屋に入ったらおかしいわよね、
 やだやだ、言ってくださればいいのに〜」

とずっと、やだやだ、と顔を真っ赤にしてツインにルームチェンジ。
その後ろをお爺さんが

「いいじゃないか、ホッホッホッ」
「私は気にしないがねホッホッホッ」

とついて歩いてた。


コメントの数(10)│ コメントを書く
嫁と喧嘩にした。
嫁のがヒートアップし、俺も頭冷やしたかったんで、喧嘩の途中で嫁おいて出て行った。
3時間程してからソーッと帰宅したら、あれ程怒ってた嫁が何故か俺のTシャツ・短パンを着てスヤスヤ寝ているw

嫁いわく、

「最初は怒ってたけど出ていかれて時間たったら淋しくなってきて、
 〇〇君の匂いする服着てみたら安心して、そのまま寝ちゃった」

速攻で仲直りした。
バカだけど何か憎めん‥

コメントの数(9)│ コメントを書く
俺の誕生日
家に着くと部屋が真っ暗。
さては娘とサプライズだな…なんて思いながら居間に入る。
案の定明かりが一斉についてクラッカーが鳴り響く。
だがホントのサプライズは嫁の言葉

「ハッピーニューイヤー!…じゃないや間違ったぁ…!」

…我が家はとっても平和です


コメントの数(8)│ コメントを書く
うちの嫁は「超」のつく程の方向音痴。
立駐に停めた時は1階から屋上まで探してまわる始末。
先週の日曜日、嫁がクリスマスプレゼントを買いにデパートへ行った。

3時間後携帯で

J( ;_;)し >車どこに停めたかわかんなくなっちゃった。

(・_・)   >隣にどんな車があったとか覚えてない? (いつも目印は隣の車)

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く

このあいだ、ふとした拍子で携帯を覗いたら、嫁友とのやり取りが気になった。 


友「ふっふっふw」 


嫁「何よその不穏な笑いは…」 


友「○(嫁の名前)ちん、最近ますみさんのところ通ってるんだって?」 


嫁「どこから聞いたのよ(汗) うん、通ってるよ」 

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く

マイホーム相談に行ってきた。

簡単な間取りの話が始まって、営業のオッチャンが


「床の間とかはお考えですか?」


って言った。

俺は普通にウーンて考えたけど、なぜか嫁がソワソワモゾモゾ。

一応


「床の間ほしいの?」


と聞くと


「みなさん必要と言うんですか?」とか

「必要といえば必要だけど使わなくなったらどうするのか」とか

「今話すことじゃない」とか


よくわからないこと言いながら興奮気味。

オッチャンも半分困っている。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く

自営業なんでいつも嫁といる。
話は仕事の話ばかりで、夫婦と言うより 同僚。
甘い話なんて全くない。

で、夕食の準備をしてる嫁に言ってみた。

「なあ、子供や家のことで忙しいのに仕事も一人前させてごめんな」

そしたら 顔を私に向けてニヤリ!

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く

俺「なぁ・・・。」

飯を作っている嫁を手伝いながら(皿出しぐらいだけど)声をかけた。

俺「その、嫁に伝えたい事があるんだけどさ・・・。」

嫁「・・・!?え、なに、どうしたの・・・?」

不安そうな顔になる嫁。
昔からの癖と言うか、嫁は「別れる時は自分からは絶対にない。あるとしたら私が捨てられる方」という強迫観念みたいなものを持っていて、恋人の時からこうやって話を振るとその考えが頭を過るとかなんとか。
惚れた方の弱み、みたいなものらしい。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く

駅前で友人を待ってたら、一緒に改札を出て来たらしい高校生男女が隣に来た。

男「付き合ってくれてありがとう」

女「ううん、今まで行く機会なかったから新鮮だったよ」

男「そっか、よかった。じゃあ、また明日」

女「うん…あのね?」

もじもじしながら、男の子に近づいて、

女「デートみたいで楽しかった」

男「えっ」

女「バイバイ!また明日ね!」

照れ隠しのように小走りで離れる

男「俺も楽しかった!」

女の子が立ち止まって笑顔で手振って走っていった。
男の子は女の子が見えなくなるまで、耳まで真っ赤にして立ってた。
可愛すぎるだろ、ちくしょーめ!あり得ないくらい動揺したわ。
そうか、ではチッスだ!とならない純情さに幸あれ。

 

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く

お使いで行った和菓子屋さんで

お客さん「この金つばと落雁を6つづつ下さい」

20歳前後の女性店員さん「はい、温めますか?」

お客さん「えっ?」

店員さん「え?」

お客さん「え?え?温め・・・?」

店員さん「あ!すみませ!あたあたしコンビニでバイトしていて」

お客さん「あ!○○ちゃんか大きくなったねー。今日はお手伝い?」

どうやら和菓子屋さんの娘さんだったらしい
土日だけ家を手伝っているとか話してた
リアル「え?」「え?」を聞いて、笑いをこらえるのに夢中で塩大福買い忘れた


コメントの数(5)│ コメントを書く

こないだ帰宅直後に愛してると言ってみた

そしたら

「は?なに?急に」

と訝しむような目線を向けてきた

「あ、会社で、妻が死んだらどうするみたいな話してて、
 もしそうなったときのためにもこういうことちゃんと言っとかないとなーって」

「は?意味わかんない、ひとを勝手に殺すな」

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く

嫁「(俺の名字)さん?ですよね?」

俺「(嫁のフルネーム)さんですか?」

嫁「はい、乗って良いですか?」

俺「ええ、もちろん」

助手席に座った嫁、タオル地のハンカチで汗をぬぐった。

嫁「凄く小さい赤い車っていうからもっと小さいかと思っていました」

俺「ええ?この車(KPスターレット)は小さいですよ」

嫁「だって、ナンバープレートの色が黄色くないじゃないですか」

俺「え?」

嫁「友達に聞いたんですよ、私、車の種類なんか全く知らないから」

俺「ナンバープレートが白くてもこれは小さいと思いますよ」

嫁「え、でも、お父さん、お母さん、子供2人の四人家族なら充分じゃないですか」

俺「…そうですか?」

嫁「…私が身長低いから、そう思うだけかもしれません、、」

20代の気の利いた社会人男性はみんなデートカーを持っていた80年代の事。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く

二ヶ月前見合いで結婚した

6つ年下で長身美人、料理も結構美味いし、仕事柄頭も良いし、何よりコミュ障の俺と違って愛嬌もあって、話術も巧いので、俺の母と妹にも好かれてる

何で俺みたいな年収以外は中の下の男と結婚してくれたんだろうなーと毎日不安に思ってる

せめて金銭的な苦労はさせまいと、色々欲しい物があれば遠慮せずに買えと
去年末から言い続けてきたんだけど、先月ぽつりと猫が飼いたいと言いだした

俺のマンションペット不可だったんで、慌ててメゾネットタイプ庭付き物件にw
職場からは遠くなったし家賃もアップしたけど、嫁が喜んでくれるならと喜んで引っ越した

そして事件は一昨日起きた

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く

幼馴染みと結婚したんだが、喧嘩すると

「実家に帰る!」

って言って、俺の実家に帰る嫁にいつも萌える
俺の両親は嫁派だから実家では肩身が狭いwww
嫁の実家では逆だけどwww

 

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く

大トメに

「嫁子ちゃん、ペッッッ(`・д・)、ペロンティノーウって奴食べてみたいねぇ」

と言われたのでナイス発音と思いつつペペロンチーノ作ってみた。
そしたら大トメが

「ペッッッ(`・д・)、ペロンティノーウは西洋ソバだったのかい」

と喜んで食べてくれたが、トメが

「おばあちゃんの口には合わないでしょ。でもちゃんとしたお店の奴ならいいかもね。
 何だかいまいちだわぁ。今日は楽だったでしょ、ご飯作るの」

と嫌味言われた。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く

うちの秋田犬(♀5歳)
いままではリビングの犬用ベッドで寝てたんだけど
弟が、狆(♀3歳)を連れて実家に戻ってきてから
「狆はいつもどこで寝てるんだろう?」と疑問を抱いたようで
ある朝、狆を探して家の中を歩き回り、狆が弟のベッドで一緒に寝ているのを発見。

それからは、夜になると私の抱き枕をベッドから持ち去って、父の布団に隠してから
「私があなたの抱き枕です」という感じで私のベッドに潜り込んでくるようになった

父が

「俺の布団にも犬が入ってきてほしいのに」

と朝からぶつぶつ言ってるww
実は私の子のほかにもう一頭、秋田の妹犬♀がいるんだが
妹犬はガレージの寝床が定位置で、人間用の敷物とかを踏みたがらない。
板張りの廊下とかは大丈夫だけど、畳や絨毯は避ける。
リビングのラグの上にのせたとき、

「申し訳ございません私めがこのようなところへ参上するなど!
 私めはベニヤと古布古タオルで十分でございますドビーは悪い子!!」

といわんばかりに一目散にガレージに引っ込んでた。
そういうわけで、父の布団に入れたりしたら
「上様のお布団に、私めの抜け毛がっ?! 犬道不覚悟につき切腹つかまつる」かもしれない。
父の畑のためなら牡鹿も一撃で仕留める子なんですが…

 

続きを見る


コメントの数(21)│ コメントを書く

姉1「ローソンのリラックマ欲しいの」

姉2「うはwクマだって。ウッゼww」

姉1「だってリラックマかわいいんだよ。欲しい。欲しいよう。ポイント集めるの手伝って下さい」

姉2「ウッゼwいー歳こいてクマw寝言こいてないで会社行け」

姉1「(´・ω・`)」

ショボンな姉1が出勤した後、姉2からローソン祭に参加するように強要された。

姉2「姉1ちゃんの気が済むまで昼飯もおやつも全部ローソンで済ませろ。

姉1ちゃんクマ欲しいんだってよ」

俺「協力する気があるなら何であんな言い方するん」

姉2「姉1ちゃんのあのショボン顔が見たいから」

先生、家の中にドSがいます


コメントの数(8)│ コメントを書く

俺の嫁はハイスペック。
ルックスも良く、背は俺よりも高い。
会社では管理職にあり、毎朝スーツで出掛ける姿を見て惚れ惚れしてしまう。
方屋、俺はちっぽけな自営業で、年収でいったら嫁の半分ちょいしか稼げていない。
お互いに初婚で俺は50才、嫁は29才と周囲から散々冷やかされつつ結婚した。

「ホントに俺でいいのか?」

「俺ちゃんがいいの。そうじゃなきゃ嫌なの」

交際中に何度も繰り返した会話だ。
だってそうだろ?才色兼備に料理上手だぜ。
引く手数多に決まってるだろ。
それが、なんだってこんな冴えないおっさんにくっついて来るんだよ。


続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く

僕より少し年上(20代後半くらい)の女の先輩のみっともない姿をみちゃった。

二人で一日外を回る仕事をしてた時、途中で公園のトイレに寄った時のこと。
僕がトイレから出て先に車に戻ろうとしたら、女子トイレから先輩のすごい悲鳴。
なんだろうと思ってると、キャーキャーとまだ悲鳴が続くため、

「どうしたんですか?」

って外から声をかけても返事がない。
もしかして痴漢に襲われてる?と思って、こわごわ少し中に入ってみると、ちょうど先輩が個室から飛び出して来た。

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く

嫁に買い物を頼んで一万円札を渡した。

「3300円だったよ。はい、お釣り」

と手渡された額は7700円。 
何も言わずに1000円渡したら

「お駄賃なんていいのに」

と言いつつニコニコ。 
思わず

「可愛いな、お前」

と声をかけたらそこにニヤニヤが加わった。 
このまま何も言わずに置いとこうと思う。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く

中学生の時からずっと一緒で、2年前に結婚した嫁
(もちろん二人とも初めての恋人だった)
子供の頃と比べて容姿は『可愛い』から『綺麗』にはなったが、
純粋なところと可愛い仕草は未だ健在

今日はクリスマスということもあり、いつもより仕事から早めに帰ってくると嫁の姿がない


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く

うちの嫁は、出会ってから今までずっと敬語
午後から雨が降り出せば、駅まで傘を持って迎えに来てくれる。
出勤する時も、

「お早いお帰りを」

と玄関で見送ってくれる。

駅からの帰り道、二人で買い物に寄って

「○○さん、今日は何が食べたいですか?」

って笑顔で聞いてくれる。
ハンバーグとかカレーとか、子供っぽい料理をリクエストするとくすくす笑ってくれる。

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く

高校生位の美男美女の打ち上げか何かの待ち合わせ場所での会話

女「やっほー早いねー」

男「よぉてか女の方が早いじゃんw」

女「まぁねwでもさっき来たばっかだし」

男「女ってさー打ち上げとかの時いつも1番だよな」

女「そうかなー?」

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く

大学のサークルのコンパで俺の同期(イケメン)がモテ話をした。
恋愛経験の少ない新入生の女の子達は興味シンシンに話を聞いていた。
俺は可愛いと思っている(=狙っている)子の横に座っていた。

綺麗に落ちがついた話が終わった後その子が、あまり良い感じの表情をしなかった。

俺「A子さん、どうしたの」

A子「え、さっきの話ちょっと、女の人が可哀そうかなって」

チャンス到来!その子にだけに自分の不器用な恋愛体験を話した。

俺「ってな訳で、俺は女の子をなかすような事をしたら責任取るよ」

誠実さを目一杯アピールした。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く

家はあんまり喧嘩しないけど、4日前に大喧嘩したな
喧嘩の理由は結婚指輪を外してた事(仕事の時は指輪外してます)

二時間ぐらい大喧嘩してどっちも譲らず
お互い言い終わったあたりで俺が

「お風呂入ってくるわ」

と嫁に伝え風呂場に行くと嫁も後ろからトコトコついてくる

続きを見る


コメントの数(22)│ コメントを書く

オペラの劇場、ホールの入り口、指定された服装をした女性を見つける。
まだ若いと思った。

俺「こんにちは、嫁子さんですね、俺男です。」

嫁「あ、ハイ、今日はよろしくお願いします」

俺「こちらこそ、急な話で、大変だったでしょう」

嫁「あ、ハイ、あの私暇だったわけじゃないですよ?」

俺「ええ、お忙しい中すいませんでした(何だコイツ)」

続きを見る


コメントの数(18)│ コメントを書く

店に米用の計量カップ買いに来た女の子が嫁だった。
探したんだが計量カップは何種類もあったのに、1合のカップはなくて

「申し訳ありません」

と謝ったら、

「いいですよ」

とにこっと笑った顔がかわいくて一目惚れ。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く

この前電車で見たカップル。

彼女がびっくりするくらい可愛くて、オシャレ。
一方彼氏は普通だけど、目を線にして常にニコニコしてた。

続きを見る


コメントの数(18)│ コメントを書く

ボーナス出たから嫁にバッグでもアクセサリーでも何でも好きなもの買ってやるって言ったら
某所で買える格安除湿器(自分で買おうとしてチェック済み)を所望された。
これからの季節、洗濯物が生乾きで臭くなるかもしれないから、そんな服着せて
仕事行ってらっしゃないなんて言えないんだと。
じゃあ除湿器は買うとして、他に欲しいのないの?ってしつこく聞いたら貯金箱って。
五百円玉貯金するんだって。俺が欲しがってる腕時計のために。
もうね、本革の豚の貯金箱プレゼントしたよ。
わざわざ五百円玉が出るように買い物しては豚に「たんとおあがり」って
チャリンとしてニコニコしてる嫁が愛おしい。
惚気すまんね。
 


コメントの数(17)│ コメントを書く

うちの嫁は、俺が仕事で帰宅が遅くなると待っていることが多いが寝ているときはだいたい、毛布とかタオルを丸めたのを抱っこしているな。
からかい半分に

「今日は抱っこするものなくていいの?」

って聞いたら

「今日は○○君がいるので平気ですよ」

と言われてゴロゴロしたくなった。
なにこの幸せ。二十代前半に色々合って結婚なんかするものか、と思っていたが
三十間近で嫁に出会って結婚決めて結婚五年目で未だ幸せを噛み締めている。
嫁が俺を選んでくれて、俺のところに来てくれてよかった。


コメントの数(6)│ コメントを書く

嫁は高2の時の同級生。
俺の前の席の女子の友人ですぐに仲良くなってメアド交換。
しかしその当時は友人関係。
そして高校卒業後は翌年の文化祭を最後に一切会わない状態が続いていた。

きっかけは21歳の時。
車で地元の幹線道路を走っていたら偶然現嫁を発見、しかし幹線道路なので止まれず通過。
なんか懐かしい人見たなーと思ってたら、翌週誕生日おめでとうとmixi経由でメールが。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く

普段クールだけど寝起きだけ超甘えたがりな彼女。

毎朝彼女のが先に起きるんだが
彼女のでっかい目が朝は100分の1ぐらいしか開かず、
だっこーって言って抱きついたままで離さなくなる。
付き合ってから1年半経つし、一緒に住んでるのに
何故かお互い名残惜しくてひっついたまま2人とも離れられない。
むしろ日が増す毎にどんどん離れられなくなってる気がする。

今朝は抱き合って足も絡められたままで

俺「こらー!7時だよ7時!用意しないとー!」

彼女「やだー。いっしょにいるー」

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く

昨日俺の部屋で二人でスマブラしてて、ふと力んだ瞬間、結構派手に彼女がおならした。
その瞬間、表情が(゚Д゚;)ってなったかと思ったら、ものすっごい勢いで布団に潜っていった。
んで、おはぎみたいにまんまるに包まって

「ちゃうねんちゃうねん、いやちゃうくないけど、うわああごめんなさいいいい」

とか必死で言い訳。

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く

前のページへ TOPへ戻る 次のページへ

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング

前のページへ TOPへ戻る 次のページへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ