勇者「くっ…、この敵は強敵だっ…!これは誰かが犠牲にならなきゃ勝てないかも…!」チラチラ 女僧侶「……」


魔物「がおー!」

戦士「くっ!やばいこのままではっ!」

魔法使い「私の魔法も聞かないわっ!」

勇者「く、くそ…、こんなとこで全滅するわけにはいかないのに…!」チラチラ

勇者「けど、誰かが捨て身の攻撃をすればあるいは突破できるのか…!?
        しかし、仲間にそんな仕打ちを勇者として頼むわけには…」チラチラ

女僧侶「………」

勇者「くそっ、くそっ!ど、どうすればっ!どうすればっ」ワナワナ

女僧侶「……あ、はい…、いいですよ勇者さん…わたし、やりますから、捨て身の攻撃」

勇者「え!?し、しかし…!いや、けどこの状況だし…やむをえないか…
        すまんっ、悪いねっ女僧侶!」

女僧侶「……はい」

女僧侶「メガンテ」

どぎゃあああん!

……

女僧侶「……っ、はっ!」

魔法使い「よ、よかった目が覚めたのね、女僧侶っ!」

戦士「よかったぜっ、世界樹の葉をいっぱい持っててよかった!オイラ心配したぜっ」

女僧侶「はあ…はあ…、あ、あの…敵は」

勇者「ああ、君の捨て身の攻撃のおかげで木っ端みじんになったよ、ありがとう助かったよ」

女僧侶「そ、そうですか…はあ、はあ…」

女魔法使い「ど、どうしたの女僧侶…、どこか具合でもわるいの?蘇生は完璧なはずなのに…」

女僧侶「い、いえ…、なんか…自分の命が散る瞬間を思い出して…、キモチ悪くて…、うう…」

戦士「女僧侶…、ごめんな…おいらたちがふがいないせいで…」

女僧侶「い、いえ…そんなことは…」

勇者「ああ、女僧侶…、ホントにすまない…、だがもう二度とこんなことはさせないさっ!」

勇者「むしろこれからは、俺たちが君のことを守るからっ!君は後方から俺たちの回復を頼んだよっ」

女僧侶「は、はいっ勇者」

……


数日後

魔物「おらああ!!」

戦士「ひ、ひえええ!おいらの剣がつうじないっ」

女魔法使い「ぎゃああ!わ、わたしの魔法もきかないわっ」

勇者「くっ…、なんて強敵…!これは誰かが犠牲にならなきゃ勝てないかも…!」チラチラ 

女僧侶「……」

勇者「くそー!くそー!このままじゃあ!このままじゃあ!大切な仲間が…!
        世界のみんなが…!ここで俺たちは終わるのかああ!」チラッチラ

女僧侶「……、あの勇者さん、あの…わかりました…、わたし、犠牲になりますから」

勇者「え!?な、なにを言ってるんだっ!もう君には二度とそんな真似をさせるわけには…!」

勇者「し、しかし…、状況が状況…か!すまん、女僧侶っ!すまん!」

女僧侶「あ…はい…」

女僧侶「メガンテ」

どぎゃあああん!

……

女僧侶「……っ、はっ!」

魔法使い「よ、よかった目が覚めたのね、女僧侶っ!あああ、ごめん、ごめんねっ」

戦士「よかったぜっ、世界樹の葉やっぱ便利だなっ!」

女僧侶「はあ…はあ…はあ…」

勇者「ありがとう女僧侶…、君のおかげであの強敵は粉みじんになって死んだ、君のおかげだ」

女僧侶「……はあ、はあ…、そ、そうですか…」

勇者「すまない…君のような年端のいかない娘にこんなことをさせて…」

勇者「だが…、これからはこんなことさせないようにするからっ!」

勇者「なるべくっ!」

女僧侶「!?」

その後……

勇者「く、くそっ!なんて凶悪なっ!誰かが先陣を切って爆発しないことにはっ!」チラチラ

女僧侶「メガンテ」

……

女魔法使い「い、いや…なにこの敵!キモいっ!だ、だれか早く吹っ飛ばしてくれないと死んじゃうっ!」チラチラ

女僧侶「メガンテ」

………

戦士「くっそ!オイラの斧がおられたっ!くっそ腹立つっ!だれかアイツを吹っ飛ばしてくれるやつはいないのかっ!!」

女僧侶「メガンテ」

………

…………

魔物たち「うおおお!」

女魔法使い「な、なんて魔物の軍勢っ!こんなの勝てるわけないわっ!」

戦士「か、囲まれたぞっ!う、うわあああ!オイラっ!オイラ死にたくないっ、だ、だれかっ!」

勇者「……わかるね?」ポンッ

女神官「………」

女神官「メガンテ」

………

勇者「さて…、四天王も撃破して、魔物の軍勢も撃破した…、
        いよいよ俺たちの旅も終盤だ…、魔王の城までもう少しだ」

戦士「ああ!とうとうここまで来たって感じだなっ!」

女魔法使い「最初は不安だったけど、案外行けるものねっ!」

女僧侶「………」

女僧侶「……あ、あの……勇者さん」

勇者「ん?なんだい?」

女僧侶「わ、わたし…その…結構…、これまでの戦いでレベルもあがってて…、
           使える魔法も増えてて……、力も結構……、だ、だから…あの…」

女僧侶「命を犠牲にしなくても…みなさんのお役には…その…だぶん…」

勇者「あ、あーうんっ、わかる。分かるよ?君はすごく頑張ってる!
        ほんと強くなったと思う…、僕にはわかるよ」

勇者「けど、時には自分を犠牲にしてでも勝利を勝ち得ないといけないことも
        あることも覚えておいてほしいんだ…」

勇者「命を賭して戦わないと、世界の平和を勝ち取ることはできなんだってことを
        君も知っておいてほしい」

女魔法使い「大丈夫よ女僧侶!蘇生なら世界樹の葉があるじゃないっ!」

戦士「そうだぞっ!でえじょうぶだっ世界樹の葉があるっ!
        オイラが煎じて飲ませてあげるからなっ!大丈夫っ!大丈夫っ!」

女僧侶「…………はい」

物「がおおお!」

勇者「くっそっ!とかなんとかしてるうちにまたエンカウントしたっ!女僧侶っ!!」

戦士「マジヤバいマジヤバいからっ、はやくっ早くしろって!」

女魔法使い「ぐずぐずしないでっ!」

女僧侶「……っ!、メガンテっ!!」

どぎゃあああん!

そして…

勇者「いよいよこの扉の向こうに魔王が…、気を引き締めていくぞ!」

戦士「平和は目前だなっ!」

女魔法使い「つらいこともあったけど…、とうとうここまできたのねっ」

女僧侶「……」フラフラ

女魔法使い「ちょ…、どうしたのよ女僧侶…っ、ふらふらじゃない…」

女僧侶「い、いえ…なんかもう…、この世なのかあの世なのか…
           わけが…わかんなくなって…き、キモチわるい…うう」

戦士「ったく、最後の戦いの前に…なさけねえなあ…」

勇者「はは、ほんと情けないな…女神官は……、
        けど大丈夫…、君が爆発するのはこれで最後だからっ、ほら、扉を開くよっ」ギイ

勇者「魔王覚悟っ!」

魔王(♀)「ああ…きたのね…、勇者一行ども…、アンタたちの戦い…ずっと見てきたわよ」

女魔法使い「あ、あれが魔王…、まさか魔王が女だっただなんて…」

戦士「お、女だからってオイラたちは容赦しないぞっ!」

魔王(♀)「まさか…、あんなゲスな戦いぶりをしてここまで来るだなんて…
               魔王の私もさすがにドン引きよ…」

魔王(♀)「けどまあ…びっくりだわ……
               まさか、人間がここまでの実力をつけてくるだなんて驚きね…」

魔王(♀)「この魔王の相手をするのに相応しい、最強の挑戦者として歓迎するわ」

勇者「はんっ、そうやって余裕ぶっていられるのも今のうちだ魔王っ!一発でしとめてやるっ!」

勇者「…さ、お願い」ポンッ

戦士「はやくね」

女魔法使い「モタモタしないで?」

女僧侶「………」

女僧侶「………、メガンテっ!!」

どおおおおんっ!

勇者「よっしゃあああ!木っ端みじんっ!」

女魔法使い「やった!やったわ!わたしたち世界を救ったのねっ!」

戦士「ああっ!こりゃ、国からどれだけの報酬がもらえるか想像もつかねーな…へへ」

女魔法使い「あらやだ報酬だなんて…、お金なんかより地位よっ!そうでしょ勇者っ」

勇者「はは、そうだな…、まあ、とりあえず、俺が国の王になることは確定的…っえ?」ブシュ

勇者「ぎゃああああ!!!な、なに…!?」

戦士「ゆ、勇者っ!う、腕がっもげてっ!?うげっ」グチッ

女魔法使い「え、なになに…?何があって…、え…ぎゃあああ!」グチャア

勇者「え……え……?」ガクガク

魔王(♀)「はん…、ワンパターンな雑魚どもが…」

勇者「な……、ま、魔王…、な、なななんで…!?」

魔王(♀)「知らなかった?メガンテなんてチンケな呪文、この魔王には効かないわ…」

勇者「は、はああ!?なんだよそれ…、ちょ、じょ、冗談やめろよ…、
        い、今までの魔物はそれで倒せたのに…、そ、そんなの卑怯だぞっ!」

魔王(♀)「卑怯なんて言葉、アンタたちに言われたくないわね…、たまには自分の力で戦ったら?」

勇者「は、ちょ…、や、やめ…やめて…く、来るな…来るな…!」

勇者「お、おい!女僧侶!はやく!早く!助けてくれっ!爆発してくれっ!
        俺の命が危ないからっ、早く、早くしてくれあああ!!」

魔王(♀)「ま、仲間爆発させてばっかで、いまだにレベル3の勇者に
              何の期待もしてないけどね?」

勇者「は、はああ!?ち、ちげーしレベル7だし…ひっ!!」

グシャアアア!

……

女僧侶「……はっ!はあ…はあ…」

女僧侶「こ、ここは…、そうか…魔王との最終決戦でまた私、爆発して…
           生き返ったのね……、ってことは魔王を倒して世界が平和に……」

魔王(♀)「なってないわよ?」

女僧侶「!!?」

女僧侶「……、ま、魔王…!?な、なんで生きて…、そ、それに皆は…?」ガタガタ

魔王(♀)「全員ぶっ殺したわ。ちなみにアンタを蘇生させたのは、私」

女僧侶「な、なんでそんなこと……!?」ガタガタ

魔王(♀)「そんなの決まってるわ?この魔王の最強の挑戦者と、サシで決着をつけるためよ!」

女僧侶「え……?え……?」ガクガク

魔王(♀)「はん…、気づいてないの?アンタ、自分の命を犠牲にしてどれだけの数の魔物を倒してレベルアップしてるのか?
               自分が今やどれだけの力を身につけてるのか、気づいてないの?」

女僧侶「え……?そ、そんな…そんなことあるわけ…ない…」

女僧侶「わ、わたし…、仲間からはメガンテ以外で頼られたことだって
           一度もなかったし…、わたしに…、そんな力なんて…」

魔王(♀)「はは、まあ…、アンタが何と言おうと、アンタが私にとっての
              最強の挑戦者であることには変わりないからっ!行くわよっどりゃああ!」

女僧侶「ひ、ひええっ、ちょ、やめ…、やめてください…その…!」

女僧侶「ま、マダンテっ」

魔王(♀)「ふぇ?」

どぎゃあああああああん!!

しゅうう…

魔王(♀)「はあ…はあ……、え、ええ…」ぐったり

女僧侶「え、え……?」ガタガタ

女魔王(♀)「ええ…、なにその呪文…、何このエネルギー…
                  凄すぎなんですけど…、え…うそ…、ここまでとは思ってなかった…」

女魔王(♀)「なんていうかごめん…、アンタが一番よ…、最強の挑戦者とか
                  調子こいたこと言ってすいませんした…」ぐったり…

女僧侶「そ、そんな…、わたしにこんな力があっただなんて…」

女魔王(♀)「ち、ちなみに…、あ……、アンタ…、レベル…い、いくつ…?」

女僧侶「え、ええと……2700ですけど…」

女魔王(♀)「ええ……」

女魔王(♀)「そ、そんなの…、勝てるわけないじゃん…、わ、私だって……レベル…1600……」グッタリ

女僧侶「あ、あの…だ、大丈夫ですか…」

女魔王(♀)「あ…もう駄目…死ぬわ…、じ、時間ないから巻きで行くね…」

女魔王(♀)「ゆ、勇者よ…、よくぞ私を倒した…、だ、だが…い、いつの日にか
                  わたしの意志を継ぐ者が…ええと…、うんぬんかんぬん…、そ、それと…」

女魔王(♀)「い、いつもアンタの冒険っぷりを見てて…、アンタのその、オドオドして…
                  すぐ、バカな奴らの言いなりになってるところ、すっごいムカついてて…気になってたからいうけど…」

女魔王(♀)「こ、これからは…、い、いい仲間をもって…、ま、前向きに…生きなさいよ…」

女魔王(♀)「ぐふっ!」

女僧侶「………」

数か月後…

とある王国

街人1「数か月前から魔物の軍勢が攻めてくることもなくなった」

街人2「きっと勇者一行が魔王を倒してくれたに違いないな、世界が平和になったんだっ」

街人3「ああ、やったなっ!けど、なんで勇者さん達、いつまでも国に帰ってこないんだ?」

街人4「きっと長い冒険で立ち寄ったいろいろな国に立ち寄りながら、こっちに向かってるのさ」

……

街はずれの家

女僧侶「世界のどこを回っても魔物がでてこないみたいだし…よかった…
            ほんとに世界が平和になって…」

女僧侶「これで世界中のみんなが傷つくことのない…平和な暮らしが戻ってくる」

女僧侶「そして…」

女僧侶「わたしももう…、爆発して死ぬことなく健やかに生きることができるんだ…」

魔王(♀)「ああ…うん…、よかったね…」

女僧侶「あれ、どうしたの魔王さん…、なんかあきれたような顔になってるけど…」

魔王(♀)「いや、そりゃあ…、なんでアンタ、私、蘇生させてんの?
               そんでなんで、自分の家にまで招待してるの?」

女僧侶「え…?だって…、魔王さんが言ったじゃないですか…」

女僧侶「これからはいい仲間をもって…、前向きに生きろって…」

魔王(♀)「え…ちょ、ごめん、ごめんね?…その、言ってる意味よくわかんないけど…」

女僧侶「だから、魔王さんが、私にとってのいい仲間ですから…、それで
            私の故郷に来てもらったんです。一緒に暮らしましょう、魔王さん?」

魔王(♀)「ホント何言ってんの!?」

女僧侶「わたし…、魔王さんには感謝してるんです…、自爆することしか取り柄がなかった私にあんな優しい言葉かけてくれて…
            あなたは私の人生を明るくしてくれた光ですっ」

魔王(♀)「え、ちょ、ホント何なのこの子っ、怖いんだけどっ!わ、私魔界帰るからっ!
               なんで私にとってのいい仲間になるのよっ、敵だからっ!」

女僧侶「ああ、駄目ですよワープして逃げようとしないで、ほらっ…
            無駄ですよ私からは逃げられませんよ、レベル差幾つあると思ってんです?」

魔王(♀)「ちょ、離せっ、離せってばっ!」

女僧侶「いやでーす、ふふふ」

魔王(♀)「え…、あれ、なんかキャラも変わってない!?ほんと怖いんだけどっ!?」

女僧侶「ちがいますー、これが本来の私なんですー、けど、こうして前向きになれたのも
            アナタがいてくれるからです、さあ、魔王さん一緒に暮らしましょうっ!」

魔王(♀)「ええ、ちょ、もうっ、アカンからっ、ホント離してってばっ!あっ、ちょっ、
               ガッチリ羽交い絞めにしないでっ、痛いから…!」

女僧侶「わたし、魔王さんがいないともう駄目なんです…、魔王さんが魔界に帰るっていうんなら…、
           わたし…、また、自分を犠牲にする爆発女に戻ってしまうかも…」

魔王(♀)「うわ…、こいつ、ホントの地雷女だった!!ああもう、ホントごめんなさいちょっと離せって!」

女僧侶「駄目ですよ…、魔王さんが魔界に帰ったら、わたし、ショックでまた後ろ向きになって、
            メガンテして死んじゃう女になっちゃいますよっ!」

魔王(♀)「いやもういっそ爆発して死んでくれえ!!」

おしまい
 
コメントの数(6)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:she.anlm0編集削除
ジョーカー
2 . @  ID:BPKYPYHI0編集削除
嘘松
3 . 名無しさん  ID:GTbBbnwu0編集削除
予想通りの結末っちゃぁ、予想通りだったんだけど、
まぁ、結構面白かった。
それほど長くもないしね。
4 . 名無しさん  ID:.OOtGLDN0編集削除
メガテン!😶
5 . 名無しさん  ID:RpKVyubq0編集削除
僧侶なのか神官なのかハッキリせい
6 . 名無しさん  ID:11kUrCeV0編集削除
末永く爆発しろ

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
タグ
ブログパーツ ブログパーツ