勇者「たあっ!」ザシュ!

賢者「勇者様、おみごと!」

武道家「これで全部ね」パンパン

僧侶「はふぅ……疲れましたぁ」

賢者「確かに疲れましたね……勇者様、そろそろ街に戻りましょうか」

勇者「そうだなーゴールドも貯まったし、戻って休むか! 武道家の装備も新調しなきゃだし」



武道家「アタシは別にいいって言ってるのに……」

勇者「お前この間もそんな事言って装備交換しなかっただろ。このあたりのモンスターは強いんだからちゃんと整えないと」

僧侶「勇者様の言うとおりですよ。いくら武道家さんが頑強でも、生身の人間の力には限度があるんですから」

賢者「それでは瞬間移動呪文を唱えましょう……ん?」

ゴゴゴゴゴゴゴ……

勇者「な、なんの音だ?」

武道家「地鳴り……じゃないわね……」

僧侶「あっ、見てください! そ、空から何か降ってきます!」

キィィィィィン

賢者「危ない! 皆さん伏せて!」

ドガアアアアアアアン!!!

勇者「げほっげほ……みんな大丈夫か?」

僧侶「は、はい〜……でも砂埃かぶっちゃいましたぁ」

武道家「右に同じ……あーお風呂入らなきゃ」

賢者「何が起きたのでしょうか」

勇者「なんか空から降ってきて、それがすぐ近くに……」

???「イチチ……おーいてぇ……ブルマのやつとんでもねえことしやがるなぁ……」

武道家「あれ? 人の声?」

賢者「用心してください、魔物という可能性もあります」チャキッ

勇者「何だいったい……」

???「にしてもここどこだ? 変なところだなぁ」

僧侶「あっ、誰か出てきました!」

???「お?」

勇者「お、お前何者だ!」チャキッ

悟空「オラか? オラ孫悟空だ」

賢者「ソンゴクウ……珍しい名前ですね」

悟空「おめえらこそ何だ? 丁度いいや、ブルマの家知ってっか?」

僧侶「い、いえ……どなたですか、ブルマさんって」

悟空「カプセルコーポレーションって会社のシャチョーなんだけど、あれ? あいつ有名な筈じゃなかったっけなぁ」

武道家「──何でもいいけどさ、敵なの? そうじゃないの? そこをはっきりしてほしいなぁ」ギリリッ

悟空「う〜んしょうがねえなぁ……瞬間移動で……あれ? おっかしいなぁ、ブルマの気が見つからねえぞ……」ブツブツ

僧侶「おでこに指を当てて何か言ってますね……」

武道家「あーっもういい! とりあえず気絶させてふんじばりましょ!」ザッ

勇者「ちょ、ちょっと武道家! 見たところ魔物じゃなさそうだし、いきなりそれはまずいって!」

武道家「魔物だろうとそうじゃなかろうと怪しいことに変わりないわ! たああっ」バッ

悟空「悟飯……ピッコロ……べジータの気も見つからねえ……どうなって──お?」

シャッ バキッ!!

武道家「がふっ!」ドサッ

僧侶「あ、あわ……あわわ……」

賢者「あの武道家さんを、一撃で戦闘不能に……」

勇者「いや、一撃とかそういうんじゃなくて……全然何やったか見えなかったんですけど」

悟空「あっ! いっけねえやりすぎたかなぁ、突然襲い掛かってくるから咄嗟にやっちまったぞ」ポリポリ

武道家「……」ピクピク

街に移動 宿屋にて

僧侶「大丈夫です、気絶してるだけでした」

勇者「そっか、良かった」

悟空「いやーわりーことしたな!」

賢者「いえ、いきなり襲い掛かったほうが悪いですから……」

勇者「さて……あんたが何者なのか教えてくれないか?」

悟空「うーん何て言やいいのかな……」

賢者「その前にまず、我々の自己紹介だけでも済ませませんか? 名前くらい先に名乗るのが礼儀です」

勇者「そ、それもそうだな。俺は勇者、魔王をやっつけるために世界を旅してるんだ。そしてこっちが」

僧侶「お供をしている僧侶です」

賢者「同じく賢者と申します。で、ベッドで伸びてらっしゃるのが武道家さんです」

悟空「勇者に賢者に僧侶だな! オラは悟空、孫悟空だ」

勇者「それにしても、あんためっちゃくちゃ強いんだな。ウチの武道家を一撃で気絶させるなんて」

悟空「そりゃおめえ色々と修行したからなー」

賢者「そう言えば貴方は空から降ってきましたが、一体どこから来られたのでしょうか?」

悟空「えっと確か、オラブルマに呼び出されて……」


一時間程前 カプセルコーポレーション

悟空「いやー食った食った!」ポンポン

ブルマ「それにしても相変わらずサイヤ人はよく食べるわねぇ」

悟空「わりぃな! メシ食わしてもらってよ!」

ブルマ「いいのよそれくらい。協力してもらうのはこっちなんだから」

悟空「で、一体オラに手伝ってほしい事って何だ?」

ブルマ「実はね、新発明の実験に協力して欲しいのよ」

悟空「何だ? タイムマシンでも作ったのか?」

ブルマ「そうじゃないわ……これよ」

悟空「うわ、でっけえ機械だなー」

ブルマ「これぞカプセルコーポレーションの新発明品……亜空間物質転送装置よ!」

悟空「何だその……アクーカン……」

ブルマ「簡単に言えば、こっちの機械に入れたものを、瞬間的にあっちの機械に転送……移動させる装置なのよ」

悟空「何だ、瞬間移動みてえなもんか」

ブルマ「そんなところね。この発明を成功させれば世界中のいたるところに物を送ったり人を送ったりすることができるようになるわ」

悟空「なんだかよくわかんねえけど、それでオラは何を手伝えばいいんだ?」

ブルマ「この装置、小さい物や小動物での実験は成功してるんだけど、人間を転送したことがまだないのよ」

ブルマ「そこで孫くんには、この亜空間物質転送装置の実験台になってほしいわけ」

悟空「ええーっ!? お、オラやだよそんな実験台なんか! 大体なんでオラなんだよ!」

ブルマ「んー孫くんなら万が一失敗しても何とかなるかなーって」

悟空「そんなことべジータかトランクスにでも頼みゃいいじゃねえか!」

ブルマ「トランクスは出張中。べジータに頼んでもあいつが首を縦に振るわけないじゃない」

悟空「え〜〜〜〜……」

ブルマ「ホラ! ご飯たっくさん食べさせてあげたでしょ! 文句言わないの! それに終わったらお礼ははずむから! チチさん喜ぶわよ」

悟空「う〜んしょうがねえなぁ……」ポリポリ

悟空「これでいいんか?」

ブルマ「そう、その台の上に立って……」ポチポチ

ブルマ「行くわよ! 目を閉じて!」カタカタカタ ッターン!

ピピッ ブゥゥゥゥン……

悟空「お? お? お?」

ガタガタガタ……

ブルマ「いいわよ……そのままそのまま……」

バチッ!

ブルマ「きゃっ!」

悟空「な、何だ? ブルマ! どうしちまったんだ!?」

バチバチバチ……

カッ!!


悟空「っていうわけだ」

勇者「は、はぁ……」

僧侶「なんか、変な話ですね……」

賢者「にわかには信じられませんが」

勇者「とにかく……あんたはその何とかっていう機械の実験の失敗に巻き込まれて、気がついたら空から落ちていたと」

悟空「ああ」

賢者「この世界のどこにも、そんな装置を機械的に製造できる技術は存在しませんよ」

悟空「うーんオラ機械のことは全然わかんねえぞ」

僧侶「とにかくこの続きは明日にしませんか? そろそろ夜も遅いですし……」

勇者「そうだな……なんかもうわけがわからん」

賢者「えっと、悟空さん、あなた家は解りますか?」

悟空「オラのウチはパオズ山にあるんだ」

僧侶「パオズ山?」

賢者「……」

賢者「悟空さん、よろしければ今晩この宿に泊まりますか? 夜も遅いですし……お金なら我々が出しましょう」

勇者「えっ?」

悟空「ほんとか? いやーわりぃな! じゃあちょっと厄介になろっかな!」


寝室

勇者「賢者どういう事だ? わざわざ金まで払って見ず知らずの男を一緒に泊めるなんて」

賢者「すいません、彼のことについて個人的に興味が沸きまして」ガサガサ

勇者「なに広げてるんだ?」

賢者「世界地図ですよ。見てください、彼の言ったパオズ山、一体どこにあるんでしょうか?」

勇者「そんなの聞いたこともないなぁ」

賢者「カプセルコーポレーションなる会社がある西の都、そんなものもありません」

賢者「彼の話す高度な機械技術の存在する国も、存在しないでしょう」

賢者「これは一つの仮説……いや、御伽噺に等しい考えですが……もしや彼は別の世界から来た人間ではないでしょうか」

勇者「な、なるほど……」

賢者「彼を観察した限り、変なホラ話を思いついて吹聴するタイプではありませんし」

勇者「頭がイカれてるって感じでもなかったな……ちょっとバカっぽいけど」

勇者「で、一体それがあの悟空ってやつを引き止めた事と、何か関係があるのか?」

賢者「武道家さんを一撃で仕留めたあの戦闘力……」

賢者「──惜しいと、思いませんか?」

悟空「おっかしいな……やっぱり誰の気も感じねえぞ。界王界もあの世もわかんねえ……どうなってんだ? 一体」

コンコン

悟空「ん? 誰だ?」

武道家「こ、こんばんは」

悟空「おめえか! もう大丈夫なんか」

武道家「大丈夫……僧侶が回復かけてくれたし」

悟空「そうか、悪かったなー手加減したんだけどよ」

武道家「いや、飛び掛ったのはこっちだし……ごめんなさい」

武道家(──あ、あれで手加減してたのか……)

武道家(全く見えなかった。目の前から消えたと思ったら、とてつもなく重い一撃が襲い掛かってきたんだ)

武道家(おそらくこの人……次元が違いすぎる……いや次元がとかそんな問題じゃない……住む世界が根本的に違うんだ)

武道家「賢者から聞いた、大変だねあんたも」

悟空「まあいいさ、明日になりゃ空から知ってる場所探すからさ」

武道家「空?」

悟空「あ、いやなんでもねえ」

翌朝
チュンチュン…… チチチチ……

僧侶「ふあぁぁぁ……いいお天気ですねえ」

バシュー

僧侶「ん?」

シュタッ

悟空「参ったなあ……全然しらねえ場所だぞ……戻ってきちまった」

僧侶「!?!?!?」

僧侶「そ、そら……飛んで……?」

悟空「おっ、僧侶じゃねえか!」

僧侶「お、おはようございます……あの、今の、なんて魔法ですか?」

悟空「魔法? 魔法じゃねえぞ、舞空術って言って空を飛ぶ技だ」

僧侶「技、ですか……」

悟空「そういや朝飯まだかな? オラ腹減っちまったぞ」

僧侶「そろそろだと思いますよ。一緒に食べましょうか」

ガツガツガツ……

勇者「……」

悟空「うはーっうめえなここのメシ! 変な食いもんもあるけどいけるぞ!」

武道家「──」ポカーン

賢者「あ、あの体のどこにあれだけ入っているのでしょうか」

僧侶「賢者さんでも、解らないことがあるんですね……」

店主「あ、あの……もう材料がなくなってしまって……」

勇者「は、はあ!?」

悟空「もうねえのか? う〜ん……ま、いっか! ハラ八分目って言うしな!」

僧侶「八分目……あれで、八分目……」

武道家「さ、三十人前は食べてたって……」

賢者「さて……食事も終えたことですし、そろそろ話を始めましょう」

勇者「そうだな」

賢者「悟空さん、結論から言いますが、あなたはどうやら別の世界から来たのかもしれません」

悟空「別の世界?」

賢者「はい、この世界にはパオズ山という地名もカプセルコーポレーションという大企業も存在しません」

賢者「あなたのお話から察するに、そう考えるのが妥当だと判断しました」

悟空「そうか……参ったなぁどうやって帰りゃいいんだ。またチチに怒られっかもしれねえぞ」

賢者「そこで相談なのですが、あなたがこの世界にいる間、我々に協力していただくことはできないでしょうか?」

悟空「協力?」

勇者「この世界には、魔王っていう邪悪なやつが魔物を使って人々を苦しめてるんだ。俺たちはその魔王を退治するために旅をしてるんだ」

悟空「なるほど……フリーザみてえなもんか」

賢者「我々はこの先魔王城に向けて旅を続けるわけですが……どうでしょう、あなたもその旅に同行して、我々の用心棒をお願いできないでしょうか」

賢者「我々は可能な限り、あなたが元の世界に戻る方法を模索してみます。こちらの世界にいる間、寝泊りする場所もないのは何かと不便でしょうし」

悟空「おめえら悪いやつをやっつけるために頑張ってんだな、よし、オラがその魔王ってやつやっつけてやる!」

勇者「じゃあ、協力してくれるのか?」

悟空「ああ! 宜しくな!」

僧侶「お仲間が増えましたね! 宜しくお願いします」

武道家「……」

ガタッ

勇者「ん? 武道家どうしたんだ?」

武道家「あの、悟空……いえ、孫悟空さん!」バッ

悟空「え?」

武道家「私を、弟子にしてくださいっ!!」ズサー

勇者「え、えええっ!?」

悟空「で、弟子? おめえがか?」

武道家「お願いします! この旅の間だけでも結構です! どうか……どうかご教授をお願いしますっ!!!」

悟空「う、う〜んでもオラ弟子とかはちょっとなぁ……悟飯やウーブぐれえしか教えたことねえし……」

武道家「せめて……せめてお話だけでも! お願いします!」

悟空「わ、わかった……オラでよければ」

武道家「ありがとうございますっ! 師匠!!」


カプセルコーポレーション

ブルマ「参ったなぁ……孫くんどこいっちゃったんだろ……」

べジータ「おいブルマ! 俺の髭剃りはどこだ」

ブルマ「ああもう! 自分で探してよ! 今それどころじゃないんだから!」

べジータ「フン」

ブルマ「ああもう、早く装置を直して、孫くんがどこにいったか突き止めないと……」

ピク

べジータ「カカロット? カカロットが来ていたのか?」

ブルマ「そうよ! あんたが嫌がってたこの装置の実験に協力してもらったの!」

べジータ「フン、カカロットめ、ブルマのくだらん実験に首を突っ込みやがって……いい機会だ、そろそろ決着をつけてやろうと思っていたところだ。ブルマ! カカロットはどこだ!」

ブルマ「それが機械が故障しちゃって解らないのよ!」

べジータ「早く直せ! ふふふ……真の最強がどちらか重い知らせてやる!」

ブルマ「ああもう、修理してるのに装置に乗らないでよ!」

べジータ「貴様ならこんなもの簡単だろう、いいからさっさと直すんだ!」ガンッ

バチッ バチバチッ

ブルマ「えっ?」

べジータ「ぬ?」

カッ!!!


魔王城

側近「ほら魔王様、朝ですよ、起きてください」

魔王「う、うむ……ふああ」

側近「おはようございます。いよいよ今日ですね」

魔王「ああ、究極の力をもった破壊神を召還できる100年に一度の日だ」

側近「これで世界はついに……」

魔王「破壊神の力を我が物とし、破壊の限りを尽くしてやるのだ……ククク、はーっははははは!!」

側近「すでに儀式の準備は整っております」

魔王「うむ、ではすぐに取り掛かろう」

魔王「告げる、破壊のすべてを司りし神よ……魔の理に従い、王たるわが身にその力を委ねよ……」

バチバチ

魔王「約束をここに、世界の全てをその身に捧げ、贄の全てを望むままに……さあ、今この時、目覚め給え……封印の楔を断ち切り、いざ、降臨せ」

カッ!!

ドガアアアアアン!!

魔王「ぬわーーーっ!!」

側近「わああっ!」

魔王「げほ、げほ……」

側近「な、何事ですか? 召還に、成功したのでしょうか」

魔王「い、いや、呪文は言い終わってなかったし……ああっせっかくの魔力も霧散している!」

???「くっ……何が、起こったのだ……」

魔王・側近「へっ?」

べジータ「ん?」

魔王「だ、誰だ、貴様」

側近「もしかして、破壊神さまでは?」

べジータ「何だ貴様ら」

魔王「何だとは何だ! 俺は魔王だぞ!」

べジータ「魔王だと? フン、俺様に向かって王を名乗るとは身の程知らずだな」

魔王「な、なんだとっ」

側近「魔王様! お、落ち着いてください! 破壊神さまですよ!」

魔王「うるさい! どっちにしろ俺様に屈服させる予定だったんだ! 覚悟しろ! 極大爆裂呪文!」カッ!

ドガアアンッ!

魔王「ははは……どうだ!」

べジータ「何だ今のは」

魔王「   」

側近「あわわ……ま、魔王様の呪文が……」

魔王「ば、ばかな!! えーい!! くらえ! 必殺カラ○ティエ○ド!!!」ズバアッ!

ガギンッ!

べジータ「フン、どうした、かかってくるならもう少し本気で来やがれ」

魔王「あ、あう……」

側近「そんな……HP600を軽く削る魔王様の必殺技が……」

魔王「こ、このやろー!」

魔王の 攻撃!! ミス! べジータに ダメージを与えられない!
魔王の 攻撃!! ミス! べジータに ダメージを与えられない!
魔王の 攻撃!! 痛恨の一撃! べジータに 0のダメージを与えた!
魔王は魔力を集中させた!! 破壊の力がべジータを襲う! べジータに 0のダメージを与えた

べジータ「くだらん技だな」

魔王「く、くそっ!!」

べジータ「はっ!」ポーヒーー

ズドォォォォン!!

魔王「ひっ!」

キィィィィ……
ドグァァァッ!!!

魔王「ひええええっ!!」

側近「じ、地獄山脈が、ふふふふふふっとびましたぁ……」

魔王「あ、あ、あう、あ……」ジョロロロロ

べジータ「フン、殺されなかっただけありがたく思え」

べジータ「それにしてもここはどこだ……」シュッ

バシューー

べジータ「見たこともない場所だな……もしや別の星──か?」

側近「魔王様……空ってあんな簡単に飛べるものなんでしょうか」ブルブル

魔王「し、しるか……」ガチガチ

べジータ「ブルマの転送装置とやらが誤作動して別の星にでも来てしまったか」シュッ
スタッ

べジータ「おい貴様」

魔王「はっはい!?」

べジータ「この星に宇宙船はあるか?」


悟空「ほいっ!」バキッ!

悟空の 攻撃!! 魔物に 9999のダメージを与えた!

僧侶「また一瞬でしたね……」

勇者「完全に出る幕ないな」

武道家「師匠! お疲れ様です!」

悟空「いやあ大したことねえぞ、もっとつええ奴いねえのかなぁ」

賢者「魔王は流石にもっと強い……筈ですが」

勇者「正直この人が満足する強さだったとしたら、勇者に世界は救えないよね」

悟空「ところでよ、おめえら何でその魔王のところに早く行かねえんだ? さっさと行ってやっつけりゃいいじゃねえか」

僧侶「そ、そんなの無理ですよぉ」

賢者「今の我々では魔王にはおそらく敵いません。ゆえにこうして旅をしながら武器を揃え、経験値をつんでいるのです」

勇者「それともう一つ、魔王城の場所がまだ解っていないんだ」

悟空「ふーんややっこしいんだなぁ。魔王ってやつに一目会えば、瞬間移動できるのによ」

賢者「とにかく地道に旅を続けて、情報を集めるしかないのです」

勇者「なあ賢者……」

賢者「何でしょうか?」

勇者「もうこの人に全部任せちゃったほうが早いんじゃないかな……」

賢者「……」

勇者「はぁ……俺なんのために勇者になったんだろ」

賢者「勇者様、あなたの理想に賛同したから、我々三人はあなたについてきてここまで来たのです。今更そんな事を言わないでください」

武道家「なるほど! つまり亀の甲羅を背負って牛乳配達をすれば強くなれるのですね!」

悟空「いやまあ、オラは最初そうやって亀仙人のじっちゃんに教わったからなぁ」

武道家「それでは先程の気功波というものは、どのようにすれば撃てるのですか?」

悟空「あれは気のコントロールを完璧にするのが先だな!」

武道家「なるほど……道は険しいのですね」

僧侶「あの、これからどうするんですか?」

勇者「そうだな、ここから西にある洞窟に棲んでいるドラゴンをやっつけに行こう」

賢者「伝説の剣を守っていると言われているあのドラゴンですね」

悟空「伝説の剣? なんだそりゃ?」

勇者「魔王を倒すために必要だと伝えられている光の剣だ」

悟空「へえ〜魔王ってのはそんなのがねえと倒せねえのか?」

賢者「いえ……あなたならそんなモノは不要かと思われますが……」

僧侶「とにかく行って見ましょう!」

悟空「ああ、オラは別に何でもいいぞ」

武道家「師匠、洞窟でのご指導のほど、宜しくお願いいたします!」

悟空(参ったなぁ……オラご指導なんて言われても……)

悟空(この娘は昔のヤムチャぐれえの強さだな)

悟空(それにしても、チチのやつ今頃怒ってっかなぁ)ポリポリ


洞窟にて

武道家「はああっ!」バキッ!

勇者「武道家のやつ気合入りまくりだな」

僧侶「いい師匠さんが見つかったおかげですよ!」

賢者「うまくすれば今日中にこの洞窟を攻略できるかもしれませんね」

悟空「うへぇ〜薄気味悪いとこだなぁ……あ、武道家! 後ろにも何かいるぞ!」

武道家「えっ!? くっ……たあっ!」ズガッ

僧侶「す、すごいです! こんなに暗いのにあそこにいるの解ったんですか?」

悟空「別に暗くたってどってこたねえさ。オラ達はちょっとした空気の流れや気配で相手の位置を掴むんだ」

勇者「そんなことまでできるのか……」

武道家「師匠! 申し訳ありません! 私が戦闘を引き受けると言っておきながらこんな油断を……」

悟空「いやあ気にするこたねえさ、おめえよく闘ってっぞ」

賢者「さて、ここまではダンジョンにも迷うことなく進んできましたが……勇者様、気付いてますか?」

勇者「ああ、生臭い……よな」

僧侶「も、もしかしたら……」

勇者「ドラゴンの巣が、近いかもしれない」

魔王城にて
ガツガツガツ……

魔王「あ、あのどうでしょう破壊神様……」

べジータ「マズい、ブルマの母親のメシのほうがまだマシだ」

側近「もっ、申し訳ございませんっ!!」

魔王「お、おいっ! すぐにおかわりを用意するんだっ!!」

側近「ははっ!」

べジータ「それにしても宇宙船も無しか……どうやらブルマが装置を直すまで待つしかなさそうだ、くそっ!」ガンッ

魔王「ひぃぃぃぃっ!!」

魔王「は、破壊神様……」

べジータ「おい貴様、俺は破壊神とやらじゃない」

魔王「は──?」

べジータ「いいかよく聞け、俺様は誇り高きサイヤ人の王子、べジータ様だ」

魔王「べ、べジータ様、ですね……」

べジータ「それにしても世界を征服する等とは、バカバカしい。フリーザにも劣る企みだ」

魔王「そんな……」

べジータ「しかも破壊神なんぞというわけのわからん奴の力を借りようなどと」

魔王「も、申し訳ござませんっ」

魔王(な、なんで俺この人にいつのまにか説教されてるんだろう……)

べジータ「まあいい、どうせブルマがどうにかするまで帰れないんだ。しばらくここにいるぞ」

魔王「ひぃぃ……」

べジータ「さて、食事も取ったし、外で軽く腹ごなしでもしてくるか」スッ

ポッ! ドガァン!

魔王「かっ壁が!」

シュッ

魔王「あ、あわわ……」

側近「追加をお持ちしました〜……って、あれ、破壊神様は?」

魔王「い、今食事を終えて外に運動に行った」

側近「っはぁぁぁ〜〜〜〜〜〜」ズルズル

側近「一体なんなんですかあの人は……強いなんてものじゃないと思うのですが」

魔王「べジータという名前らしい、何でもサイヤ人の王子なんだそうだ……」

側近「は? サイヤジン? 聞いたことのない人種ですな」

魔王「どこの種族か知らんが……サイヤジンっていうのはみんなあんなに強くておっかないのか……?」

側近「──」

魔王「はぁ……俺、何のために魔王やってんだろ」

側近「い、いけません魔王様! 魔王様がそんな」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

魔王「な、なんだ!?」

側近「外です!」ダダッ

べジータ「はぁぁぁぁぁ……」グゴゴゴゴゴゴ

べジータ「ずあああああっ!!」

カッ!! ドウアッ! ズァオッ!! ズババババ……

魔王「──」

側近「……」

側近「魔王様……あの、今ので外の結界が破れましたけど……」

魔王「ふーん、いいんじゃない? 勇者でも賢者でも何でも来いよ……ハハッ」

側近「──」


ドラゴンの洞窟

ドラゴン「グアアアアッ!!」

武道家「ハァ……ハァ……」

勇者「そ、僧侶、大丈夫か」

僧侶「平気……じゃないですぅ……」

賢者「今回復を!」パァァァ

悟空「なあーっ、やっぱオラが手伝ってやろうかぁ?」

武道家「む、無用です! このドラゴンは……必ず我々の手で!」

悟空「そうは言ってもおめえ達もうガタガタだぞ」

ドラゴン「ガァァァァ!!」

僧侶「ひっ!?」

勇者「僧侶危ないっ!」

シャッ!!

ドラゴン「ガウッ!!」バクッ!

モグモグモグ……

ドラゴン「──ガ?」

悟空「でえじょうぶか?」

僧侶「は、はっ……た、たべられっ──し、しぬかとおもいまぢたぁ〜〜」

悟空「やっぱおめえら下がってろ。こいつはオラがかたづけてやる」

シャッ!!

勇者「ご、悟空さん!!」

バキッ!! ズズーン……

ドラゴン「グゴ……ゴ」

ドラゴンをやっつけた!

悟空「よし一丁あがりぃ」

勇者一行「……」ポカーン

ジューー

悟空「うめえーっ、結構いけっぞこの肉!」バクバクバク!!

悟空「おめえらも食ってみろって! でっけえから食い応えあっぞ!」

勇者「い、いいのかな……ドラゴンの肉なんかステーキにして……」

悟空「なーに心配すんな。パオズ山じゃ悪戯もんの恐竜の尻尾とかよく食ってたぞ!」

武道家「い、いただきます」

僧侶「あの、一応私聖職者なんですけど……」

賢者「それにしても勇者様」

勇者「ん?」

賢者「あれだけ苦戦しても倒せなかったドラゴンを一撃であっさり倒されると……こう、無力感がすさまじいですね。私の賢者への悟りは一体なんだったのでしょうか」

勇者「まあ……闘うばっかりが世の中じゃないし……」

武道家「あたしもさ……なんかやる気なくなっちゃった」モグモグ

勇者「え?」

武道家「最初は、あんなに強い人が目の前に表れて、無我夢中だった。こんなにも強い人がいるんだって。でもあの人はきっと特別なんだよね……だって、あんな風に強くなれるイメージが全く沸かないし」

勇者「と、とにかく! 光の剣も手に入れたし、あとは魔王城を見つけ出すだけだ!」

勇者「さあ、早く迷宮脱出呪文で外に出て、街で情報を集めよう!」

賢者「──そうですね。我々には、魔王を倒して平和を取り戻すという使命がある」

武道家「それを成し遂げるまで」

僧侶「私達は運命共同体ですっ」

勇者「僧侶……」

僧侶「えへへっ」

賢者「さて、それでは洞窟を脱出しますか」

悟空「ぷはーっ食ったくったぁ」

賢者「悟空さん、魔法でここを脱出します。さあ皆さんも私につかまってください」

悟空「お? 瞬間移動みてえなもんか」ガシッ

賢者「ではいきますよ……」

悟空(──ん?)ピクッ

悟空「ちょ、ちょっとタンマ!」

賢者「はい?」

武道家「どうしたのですか? 師匠」

悟空「こ、こいつは……」スッ

僧侶「どうしたんでしょう……」

勇者「おでこに指あてて……何やってるんだ?」

悟空「ま、まちげえねえ……この気は──べジータだっ!!」

フッ

魔王城周辺
ゴゴゴゴゴ……

べジータ「フン、まあ腹ごなしにはなったか」

側近「魔王様ー魔王城周辺がずいぶん風通しよくなっちゃいましたー」

魔王「あ、うん。みえてるみえてる」

側近「せっかくの結界も完全に消滅してますけどー」

魔王「あ、うん。しってるしってる」

べジータ「……ぬ?」

べジータ「この気配……まさか!」

フッ

勇者「あ、あれ!?」

武道家「なっ!?」

僧侶「え、ええっ?」

賢者「これは──!?」

悟空「あーっ!! ははっ! やっぱべジータかあ!」

べジータ「やはり貴様かカカロット。どうやら貴様もこっちの星に来ちまっていたようだな」

側近「ま、魔王様! ゆ、勇者一行が現れましたっ!」

魔王「あ、うん。みえてるみえて……はあっ!?」

賢者「ゆ、勇者様! あそこに魔王の姿が!」

勇者「こ、ここってもしかして、魔王城ぉ!?」

武道家「あの人……誰だろう、師匠の知り合い?」

悟空「おめえがブルマの実験断ったりすっからオラまで巻き込まれちまったぞ」

べジータ「知るか! そんな事より帰る手段は見つかったのかカカロット」

悟空「そんなことオラわかんねえよ」

魔王「な、なんで勇者達がいきなり現れるんだ……それに、あいつは……!?」

勇者「わ、わけわかんないけど……魔王! ついにお前を見つけ出したぜ!」チャキッ

魔王「──ふ、フン! 人間の勇者が……ここまでたどり着いたことはほめてやるが……仲間もろともわざわざ殺されに来るとはバカなやつだ!」

賢者「この時のために、どれほどの苦労を重ねてきたか……」

僧侶「ま、負けません! 人々の平和のためにっ!」

武道家「必ずお前を、ぶっとばす!」

べジータ「フン、まあいい……それよりもカカロット、ここなら余計な邪魔も入らない……さあ、オレと勝負しろ!!」

魔王「──ええっ!?」

悟空「ああ、いいぜ! オラもしばらく試合してねえからウズウズしてたところだぞ!」

勇者「──はぁっ!?」

勇者・魔王「「ま、待って! やめといたほうがっ!」」

勇者・魔王「「……え?」」

悟空「はああっ!!」ボウッ!!

べジータ「かあっ!!」ボウッ!!

シャッ ドガァァァァァッ!!
勇者「わわっ!」

魔王「ひぃぃぃぃっ!!」

ガガガガッ!! バキッ!! ビビビッ!! シャシャッ!! ズガアッ!!

べジータ「フン! カカロット! どうやら平和ボケはしていなかったようだな!」シュインシュインシュイン……

悟空「おめえこそ相変わらずつええな! オラワクワクしてきたぞ!!」シュインシュインシュイン……

ドウッ!! バババババッ! バキィッ!!

勇者「あ、あう……あ……」

僧侶「ご、悟空さんとあの人……互角に闘ってます、よ?」

賢者「──私ははじめて、とてつもない恐怖を感じています」

武道家「あれが……師匠の、本気? そしてあの人、互角に……あ、あは、あはは……」ジョロロロロ……

魔王「魔界、かえりたぃ……」

べジータ「ははははははっ! いいぞ! 今度こそ誰の邪魔も入らん! 存分に貴様と闘えると言うわけだ!!」

悟空「それにしてもよ! おめえあの魔王とかいうやつと一緒にいたのか? あいつはこの世界の人たちを苦しめる悪いやつだぞ! そっちを先にやっつけねえか?」

魔王「ひっ」ビクッ!!

べジータ「関係ない……今の俺にはそんなことはどうでもいい! ましてやここは関わりのない別の世界の連中だ!」

魔王「あ、あわわわっ」

悟空「でもよ! 悪いやにはちげえねえぞ!」

魔王「たっ助けて勇者様!! 殺されるっ!!」

勇者「いや、俺にすがられてもどうしようもないって……」

べジータ「ちっ! すぐに余計なことを考えやがる!」シャッ

魔王「へっ?」

ビシッ
魔王「ぐえっ!!!」

魔王を やっつけた!

勇者「あ……」

べジータ「そのヤロウをとっ捕まえてさっさと消えやがれ」フッ

勇者「は、はい……」

べジータ「さあ、これで本当に邪魔者なしだ!! 行くぞカカロット!!」ドウッ!!!

悟空「ははっ、いいぜべジータ! オラますますワクワクしてきたぞ!!」ドウッ!!!

勇者「ひ、ひぃぃぃぃっ!!」

僧侶「か、かみさまぁ〜〜〜〜!!」

賢者「ここは危険です! 避難しましょうっ!!」

武道家「あはは……あは、あは……」

べジータ「はぁぁぁぁぁっ!!!」

悟空「でりゃぁぁぁぁぁ!!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

ビシュビシュッ

勇者「──あ、あれ?」

賢者「きえ、た……?」

僧侶「──はひ?」

勇者「一体なんだったんだ……あの人たち」

賢者「わかりません……一体どこにいったのでしょうか」

僧侶「武道家さん、し、しっかりしてください」

武道家「──」ポカーン

賢者「と、とにかく……魔王はこの状態ですし……我々は平和を取り戻したと思っていいのでしょうか?」

勇者「そ、そうなのかな?」

僧侶「そうです! きっとそうですよ!」

勇者「うん、じゃあ……かえろっか」

賢者「結局光の剣は一度も使いませんでしたね」

勇者「いいんじゃない。こんなもの使わないに越したことないし……」ポイッ

勇者「おーい魔王、起きろ」ガスッ

魔王「う、うーん……はっ!?」

魔王「お、おねがいします!! こっここっこ殺さないでっ!!」

勇者「あーわかったわかった。魔界に帰れ、二度と人間界にくるなよ」

魔王「──へ? あ、あの人たちは?」

勇者「いやそれが…」

賢者「あの人たちはしばらく人間界に居つくそうです。また悪いやつがでてきたらやっつけると」

魔王「うぇっ!?」

勇者「あ……そ、そうだな。またこっちに来たりしたら、今度こそ木っ端微塵にするって、あのべジータって人が」

魔王「ひ、ひぃぃぃ……」ガチガチ

僧侶「わかったら早く魔界に帰ったほうがいいですよ!」

魔王「かっかかか帰る! 帰ります! なんだよ人間界なんて! はなからこんなとこいらねえよ! バーカバーカ! もう二度と来るもんかーーーっ!!」ダダダッ

賢者「これでもう安心ですね」

勇者「並大抵の恐怖じゃないよなあれは」

勇者「それじゃ、みんなで帰りますか」

賢者・僧侶「はいっ」

パッ

悟空「お?」

べジータ「な──に?」

悟飯「あっ戻ってきた!! お父さん!」

悟空「ご、悟飯じゃねえか、それに悟天、トランクスまで」

悟天「わーい、お父さん帰ってきたー!」

トランクス「パパーッ おかえりーっ!!」

べジータ「な、なんだこれは……」

ブルマ「孫くん! べジータ! 無事でよかった!」

悟空「ぶ、ブルマ!」

神龍「願いは叶えてやった……ではさらばだ!!」

バシューーー!!

悟空「そっかぁ、みんなでドラゴンボール集めて、オラ達を戻してくれたんか!」

悟飯「おどろきましたよ。お父さん達の気は地球中どこにもないし、界王様のところにもいないみたいだし……」

ブルマ「ごめんね二人とも、あたしが変な発明にまきこんだばっかりに」

悟空「まあいいさ、こうやって戻ってこれたし、おもしれえ体験もできたしよ」

悟飯「ところで父さん……母さんが……その……」

悟空「げっ、チチのやつやっぱ怒ってっかぁ〜」

べジータ「おいカカロット! 貴様俺との試合を放り出して帰るつもりじゃないだろうな!」

悟空「いやそんなこと言ったってよ……」

悟天「ねーねーお父さん! ブルマさんがお詫びにすっごいごちそう用意してくれてるんだよ!」

悟空「!」ピクッ

トランクス「おじさんのハラが破けるくらい食ってもいいってさ!」

ブルマ「そうそう! い〜っぱい用意してあるから、もう今日は死ぬほど食べてもいいわよ!」

悟空「ははっ! ホントか! うっひゃ〜オラハラへってたとこだぞ!」

べジータ「待てカカロット!! 俺との勝負が先だ!!」

ブルマ「待ちなさいべジータ。だったら……大食い勝負なんてどう?」

べジータ「ぶ、ブルマ! 貴様戦闘民族のサイヤ人にそんな勝負をさせるつもりかっ!!」

悟空「何だよべジータ、自信ねえのか?」ニヤニヤ

べジータ「くっ!! いいだろう!! ただし! スシは俺が全部いただくぞ!!」

悟空「あーっ!! ずりぃぞべジータ!!!」

悟飯「と、父さん! 早く帰らないと母さんが怒ってますって!」

悟空「えっ、え〜っと……おめえのほうからなんとか言っといてくれ! じゃっ! 悟天、おめえも来い!」

悟天「わーい! ごちそうだぁー!!」

トランクス「おい悟天! 俺も食うぞ!」

べジータ「フン! トランクス! カカロットの息子よりも多く食うんだ! いいな!!」

悟飯「そ、そんな……」

おしまい 
 
コメントの数(5)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:fiK3W92V0編集削除
ババイチ
2 . SEXマシーン  ID:vbDLJMOC0編集削除
そんな事より俳優の田村正和が死んだらしいじゃん?日本の偉大なスターがまた一人亡くなってしまったよ・・・
これはもう子作りしまくって新しいスターを誕生させるしかないよな?
と言う訳で、妊娠出来る女性は全員僕の所に来なさい!SEXして顔射してあげるから。
共に第二の田村正和を生み出しましょう!
3 . @  ID:LQBlA8.40編集削除
ジョーカー
4 . 名無しさん  ID:o6yTaUyt0編集削除
嘘松
5 . 名無しさん  ID:OPOy11Qi0編集削除
田村正和より三浦健太郎の死亡の方がショックだ
まだ54才だぞ
ベルセルク、未完じゃないか〜、合掌

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ