クリリン「もうすぐサイヤ人が攻めてくるってのに急に呼び出してヤムチャさんどうしたんだろう?」

ピンポーン

クリリン「ヤムチャさーん!クリリンです」

ガチャ

ヤムチャ「来たか……」

クリリン「ど、どうしたんですか、そんなにやつれて!?」

ヤムチャ「あぁ……そうみえるか……まぁちょっと……な」

ヤムチャ「とりあえず上がれよ」

クリリン「は、はぁ……お邪魔します」

クリリン「ところで急に呼び出して何かあったのですか?」

クリリン「それに最近はみんなとの修行にも来てないですし」

ヤムチャ「……」

クリリン「?」

ヤムチャ「ふふっ……」

ヤムチャ「ふはっ……クククッ……」

クリリン「や、ヤムチャさん?」

ヤムチャ「見えないか?」

クリリン「えっ?」

ヤムチャ「クククッ……やはりオレの考えは間違っていなかったようだ」

クリリン「な、なんの事ですか?」

クリリン「(どうしたんだヤムチャさん……修行でみなに負けてとうとう……)」

クリリン「と、とにかくそろそろサイヤ人が攻めてくるんです。早く修行再開しないと」

ヤムチャ「ふっ」

ヤムチャ「その必要はない」

クリリン「ヤムチャさん……」

クリリン「その必要はないって……」

クリリン「いい加減にしてください!サイヤ人を撃退しないと地球のみんなが!」ズイッ

ヤムチャ「動くな!」

クリリン「えっ!?」

ヤムチャ「それ以上動くと……」

ヤムチャ「死ぬぜ」

クリリン「な、なにを……」

ヒュンヒュン

クリリン「ん?」

ヤムチャ「クククッ……」

ヤムチャ「まだ気がつかないか?」

クリリン「な、何か小さな音が……」

ヤムチャ「良く目を凝らして見て見るんだな」

クリリン「一体……」

ヒュンヒュン

クリリン「ん?なんだ……空間になにか線のような……」

スッ

スパッ

クリリン「痛っ……!?指が切れた!?な、何かある!?」

ヤムチャ「ようやく気がついたようだな」

クリリン「これは……一体?」

ヤムチャ「ふっ、わかりやすく今縦にしてやるよ」

ヒュイン

クリリン「あっ!これは!」

ヤムチャ「そうだ、これが……」

ヤムチャ「超薄型操気円斬だ!」

クリリン「なっ……」

クリリン「(ぱ、パクリやがったコイツ!?)」

ヤムチャ「修行の最中にお前が練習していたのを見てそれを改良させてもらった」

クリリン「ま、まぁいいですけど……」

クリリン「しかしこれ薄すぎですね……横から見るとほとんど見えない……」

ヤムチャ「あぁ、ここまで気を練るにはだいぶ時間がかかったがな」

クリリン「でもこれ威力はあるんですか?」

ヤムチャ「ふっ」

ヤムチャ「試してみるか?」

クリリン「あ……いや……やめときます」

ヤムチャ「とにかくオレはここで更に気を使った技に磨きをかける」

ヤムチャ「体術ではお前たちにはかなわないからな……」

クリリン「ヤムチャさん……」

ヤムチャ「他にもアイデアはある。サイヤ人が襲来する日に見せてやるよ」

クリリン「わ、わかりました」

―――――
―――

悟販「そ、そろそろサイヤ人が来るみたいですね」

ピッコロ「あぁ、でかい気が2つ地球に向かっている」

ヤムチャ「ふっ」

ベジータ「貴様がナメック星人だな、さぁドラゴンボールを出してもらおうか」

ピッコロ「簡単に渡すと思っているのか?」

ベジータ「まぁそうだろうな……だがこの俺様が出るまでもない、少し遊んでやれナッパ」

ナッパ「長旅で体がなまっているからな、少し運動させてもらうぜ、へへっ」

天津飯「く、来るぞ……」

ピッコロ「油断するなよ、悟飯!」

悟飯「は、はい」

ヤムチャ「……ハァッ!」

クリリン「(ヤムチャさんいきなりやるつもりだ!)」

ベジータ「そうだ、こいつらにも準備運動が必要だろう」

ベジータ「たしか栽培マンの種がいくつかあったろ。まずは準備運動させてやれ」

ナッパ「まぁかまわねえが……それじゃ植えるぜ」ザッザッ

ピッコロ「あいつら遊びにでもきたつもりか……」

天津飯「ふざけやがって……!」

ヤムチャ「だが」

ヤムチャ「その油断が命取り」

ナッパ「さてと……」

ボコッボコッ

栽培マン「ギィー!」

ナッパ「まぁ六体くらいでいいかぁー、ベジー……」
クルッ

首無しベジータ「……」

ナッパ「べ、ベジータアアアア!!!」

栽培マン「ギィー!」

クリリン「や、やった!ヤムチャさんすげえ!!」

ヤムチャ「油断は天才を凡夫に変える」

ナッパ「ベジータ!!ベジータアアアア!!」

首無しベジータ「……」

ナッパ「ゆ、許さん……絶対に……」

ナッパ「許さんぞおおおお!!!」

ゴオオッ!!

パアア……

ピッコロ「な、なんだアイツ……身体から金色の光が……」

ナッパ「ぐおおおお!!」

天津飯「一体何が起きているんだっ……!?」

ナッパ「みなぎる……力が……これは……」

悟飯「凄い……さっきまでとは気の大きさが違い過ぎる……」ガクガク

ピッコロ「アイツに何がおこったんだ……」

ナッパ「そうか……そういう事か……オレは伝説の……」

クリリン「なんなんだ……?」

ナッパ「そう!」

ナッパ「オレは伝説のスーパーサイヤ人!スーパーナッ……」

スパァンッ!!

首無しナッパ「……」ドサッ!

ヤムチャ「ゲームオーバーだ」

―――――
―――
フリーザ「ほう、地球にドラゴンボールとやらがあるそうですね」

ザーボン「ですが到着してすぐベジータとナッパの反応が消えました」

フリーザ「なかなかおもしろそうですね……ギニュー特戦隊も呼んでおきますか」

ドドリア「はっ」

フリーザ「最速の宇宙船ならあと三時間ほどで着きますね、ふふっ久々にワクワクしてきましたよ」

悟空「うへー、ヤムチャおめぇすげえな!サイヤ人を全部やっつけたんだって!?」

ヤムチャ「すまないな、わざわざ生き返ってきたと言うのに……」

悟空「ちぇー、せっかくつえー奴と戦えると思ってオラわくわくしてたんだがなぁ」

クリリン「ま、まぁ無事に片付いて良かったじゃないか」

悟空「でもよ、そんなに強くなったんなら」

悟空「ちょっとオラと戦ってみるか?けっこう修行したんだぞ」

ヤムチャ「ふっ」

ヤムチャ「死ぬぜ、貴様」

天津飯「お、おい……お前ら」

ピッコロ「!」

ピッコロ「と、とんでもない気が地球に向かっているぞ!」

悟空「ほ、本当だ!これは……」

ヤムチャ「悟空……命拾いしたな」

フリーザ「あなたたちがベジータ達を倒したのですか?」

ピッコロ「な、なんだこいつらの気の大きさは……ぜ、絶望的だ……」

悟飯「は、はあぅ……」ガクガク

ザーボン「地球にいる者で戦闘力が高いのはここに居るヤツらだけのようです」

フリーザ「しかし、この程度にやられるとは……何かあるかもしれませんね」

ヤムチャ「……(なかなか頭の冴えるヤロウのようだな……)」

ヤムチャ「……(しかも多勢に無勢……ここは一気にアレを……)」

フリーザ「とにかく体に聞いてみるのが一番ですね、皆さん殺さない程度にいたぶってあげて下さい」

ギニュー「はっ!」

クリリン「や、ヤバい……」

ヤムチャ「……はぁ……」

クリリン「……(ヤムチャさんが気を練ってる……何か策が)」

クリリン「んっ?(良く見るとアイツらを囲むように線のような物が……まさか)」

ヤムチャ「行くぞ!縮まれ!操気輪斬!!」

ヤムチャ「ずあっ!」

スパパパァンッ!!

ギニュー特戦隊ザーボンドドリア「ぐああっ!」

ドサドサドサッ!

クリリン「すげえ!奴らの周りを囲んでいた薄型の気を一気に圧縮して雑魚共を真っ二つだ!」

フリーザ「な、なんですと!?」

フリーザ「部下達が胴体から真っ二つ……」

フリーザ「わ、私はこの小型マシンで浮いていたから助かりましたが……」

フリーザ「あ、あなたは今何をしたと言うんですかっ!」

ヤムチャ「張り巡らした糸をただ縮めただけさ……」

フリーザ「い、糸……?そうか……薄型の糸状の気を私達の周りに張り巡らせ……」

ヤムチャ「そう、それを一気に圧縮させたのさ」

フリーザ「そんな高精度な気の使い方……出来る者がいたなんて……」

クリリン「ヤムチャさんは地球1の技の使い手なんだ!」

フリーザ「な、なんという……くっ……ここは一旦撤退を……」

フリーザ「はっ!」

ヤムチャ「気がついたか」

フリーザ「ま、まさか……」

ヤムチャ「既にお前の周りには無数の気を張り巡らせ済みだ」

ヤムチャ「つまり」

ヤムチャ「チェックメイトだ、キング」

フリーザ「く、くそおおお!!」

斬っ!!

フリーザ「グアアア!!」バラバラバラ……

ヤムチャ「ディスゲームイズ……ゲームオーバー!!」

悟空「す、すげえな……本当にオラおでれぇたぞ……」

クリリン「ヤムチャさん、あなたについて来て本当に良かったです、ありがとうございました」

ヤムチャ「いや……いいんだ」

天津飯「これですべて解決だな」

ヤムチャ「あぁ闇は去った、これからはオレ達の時代だ」

チャオズ「!」

チャオズ「ヤムチャさん危ない!」

ヤムチャ「?」

栽培マン「ギィー!」
抱きっ!

ヤムチャ「!」

ズドオオオ!!

―――――
―――

数年後

ワアアアア!!

アナウンサー「天下一武道会優勝は……孫悟空選手です!」

ワアアアア!!

アナウンサー「おや、悟空選手浮かない顔をしてどうしたんですか?」

悟空「いや、はは……」

アナウンサー「孫悟空さん!地球1ですよ!地球1!おめでとうございます!」

悟空「地球1か……」

悟空「いや、オラは地球1でもねぇよ……地球1は……」

空を見上げる孫悟空、そこには宇宙1の気の使い手の笑顔が浮かんでいた 
 
コメントの数(7)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:x4ckkqWj0編集削除
嘘松
2 . @  ID:q4bbUySV0編集削除
ジョーカー
3 . 名無しさん  ID:nWxSAbBb0編集削除
おらぁババァ
4 . 名無しさん  ID:ySpgb1cw0編集削除
ヤムチャ「油断は天才を凡夫に変える」

このセリフが完全にブーメランになってるんだな。
5 . 名無しさん  ID:JhQDE3YW0編集削除
生き返らせてやれよ
6 . 名無しさん  ID:y4twHPIt0編集削除
でも悟空かクリリンがインスパイヤするんだろうな
7 . 名無しさん  ID:dGgXWqKq0編集削除
クリリンならともかくヤムチャ程度の力では油断したベジータすら斬れないだろ

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ