悟空「あの世にきたけど皆よええなぁ…」セル「私では不満かな?」

悟空「せ、セル!おめえなんでここに?」

セル「ふふ…閻魔大王はどうやら私の素晴らしいパワーを捨てたくなかったらしいな…どうやら私も貴様と同じ場所で修行させたいようだ…」

悟空「ひぇー!?閻魔のおっちゃんやるじゃねえか!セル、オラと修行しねえか?」

セル「ふっそのためにここにきたのだ…よろしく頼むよ、孫悟空」

悟空「おう!」

悟空「というわけで、セルと一緒に修行すっことになったぞ!界王さま、よろしく!」



界王「あわわ…あの世では死ぬことはないがセルで大丈夫なのか悟空」

悟空「でえじょうぶだってー!セルにはオラやベジータの細胞があるんだし、強くなりてえ気持ちは変わらねえはずだ」

セル「そういうことだ、もはや地球などどうでもいい よろしく頼むよ、界王」

界王「むうぅ…」

セル「孫悟飯の最後の抵抗にはとても驚いた…孫悟空、貴様はどんな稽古をつけたのだ?サイヤ人がきた頃のデータでは考えられん数値の上昇だ…」

悟空「いやー、地球には精神と時の部屋ってのがあってよ、そこでオラも悟飯も修行したんだ」

セル「なるほど…地球にはDr.ゲロですら知らない場所があったのだな」

悟空「それよりさー、セル、おめえちょっと強すぎっから手加減してくんねえ?」

セル「なんだと…」

悟空「オラまだ悟飯がなってたとんでもねえ超サイヤ人にはなれねえからさ、それになれるまで手加減してくれよ、なっ?」

セル「ふん…まぁいいだろう…ここでは体力も落ちないし、死にもしないようだし…」

悟空「よし、じゃあよろしくお願いしますっ!」

セル「ああ」

【地球】

ベジータ「…」

ブルマ「ねえベジータ…修行しないの…?父さんが新しい重力室ができたっt」

ベジータ「うるさい!!!」

ベジータ「邪魔するな…一人にしてくれ…」

ブルマ「…わかったわ、何かあったら頼ってよね。あたしはあんたの奥さんなんだから」

ベジータ「あ、ああ…」

バタン

ベジータ「…」

ピッコロ「ベジータのやつ、セルゲームから2ヶ月が経つというのにまだ引きこもってやがるのか…」

ピッコロ「あいつがあんなに落ち込むなんてな、相当ショックらしい…」

ピッコロ「どれ、少し手助けしてやるか…」シュタ

ベジータ「…」

ベジータ「…この気は…」

ピッコロ「よう」シュタッ

ベジータ「なにしにきやがった…雑魚が…」

ピッコロ「ふん」

バキッ

ベジータ「ぐぉっ!!!な、なにしやがる…」

ピッコロ「俺が手加減した一撃でもそうなるなんてな、かつて地球を滅ぼしにきたてめえとは大違いだぜベジータ」

ベジータ「だ、だまれっ…!!」シュッ

ピッコロ「遅い」

ベジータ「くっ…」

ピッコロ「どうやら超サイヤ人にならなければ俺には遥かに及ばないようだな」

ベジータ「な、なめるな…」

ベジータ「はぁっ」ボォッ

ピッコロ「ほう、やっとやる気になったか」

ピッコロ「だがセルゲームの時よりも弱くなってやがるぜ」

ベジータ「いい気になりやがって…!!!」

ピッコロ「いくぞ!!」

シュッ
ドガガガガガガガガガ

-30分後-

ベジータ「はぁっ…はぁっ…」

ピッコロ「はっ…はっ…」

シュン

ベジータ「!!」

ベジータ「どうしたピッコロ、俺と闘うのが怖くなったか」

ピッコロ「…違う」

ピッコロ「貴様、あのセルゲームの終わった時、もう闘わないといっていたな」

ベジータ「なっ…なぜそれを…」

ピッコロ「俺は耳がいいんだ」

ベジータ「くっ…」

ピッコロ「それがどうだ?今は俺と本気で闘っていた」

ピッコロ「闘っているときの貴様は本気で楽しそうにみえたぜ」

ベジータ「…」

ピッコロ「俺の言いたいことはこれだけだ あとは好きにしやがれ」シュタッ

ベジータ「……」

ピッコロ(ふぅ…かつて地球を滅ぼそうとしたもの同士が、よくもまあこうなったもんだぜ)

ピッコロ(悟空、ベジータはもう大丈夫だぜ)

ピッコロ(いつか1日戻ってくるその日まで…せいぜい強くなりやがれ)

【あの世】

悟空「だだだだだだだだだ!!!!」

ズガガガガ バキッ

セル「ぐぉっ…だぁぁっ!!!」

ドカッ

悟空「ぐっ…」

シュウゥ…

セル「ふぅっ…」

悟空「ふぅっ、朝の修行終わり!」

悟空「よし…昼飯にすっか!」

セル「しかし、あれから2年が経とうとしているな」

悟空「え、もうそんなんなるのかー!?オラセルゲームが昨日のことのようだ」じゅるじゅるごっくん

セル「さすがにそれはない…ちゃんと噛めよ」

セル「貴様もようやく超サイヤ人を超えて、孫悟飯と同じくらい強くなったが…」

悟空「うん、オラもようやくその域に行けたけど、おめえも強くなってっからなーおめえを倒すまでオラ修行すっぞ!」

セル「ふふ…そうはさせんぞ、貴様に追いつかせはせん…」

悟空「なんだとー!」

セル「さて、昼飯を食ったら続きをするぞ、孫悟空」

悟空「ああ!」

そして、あっという間に7年の時が過ぎた…

クリリン「ええー!?悟空が帰ってくる!?」

悟飯「ええ!!」

ピッコロ「それは本当か悟飯…(ようやくか…)」

悟飯「はい!ピッコロさんも出るんですよね?」

ピッコロ「もちろんだ」ニッ

悟飯「それで、すんごいサプライズがあるみたいですよ?」

ピッコロ「なに?」

悟飯「教えてくれませんでしたけど、楽しみだなー」

ピッコロ「…(嫌な予感がする)」

悟飯「それじゃ!」

ピッコロ「ああ」

【武道会当日】

悟空「オッス!」

クリリン「悟空ーー!!!」

悟飯「父さん!!」

悟空「ははっ久しぶりだなーみんな!」

クリリン「か…変わってねえなぁお前…」ウルウル

悟空「なーに泣いてんだクリリン、ははっ!」

中略

悟空「でさ、みんなすっげえ驚くかもしんねえけど、サプライズがあんだ」

ピッコロ「…」ゴクリ

クリリン「サプライズ?」

悟飯「そうだ!なんなんですか父さん?一体そのサプライズって!」

悟空「へへー、もういいぞー出てこいよ、セル」

一同「えっ!?!?!?」

クリリン「セルだって!?」

悟飯「くっ!!!」グッ

悟空「はは、おめえらそう構えんなってー」

セル「久しぶりだな、諸君」

ベジータ「なっ…!?」

ビーデル「ひぇっ……せ、セルーーーー!?」

悟空「えっとさ、説明すっとさ、オラあの世で相手になるのがセルくれえしかいなくてよ、そんでセルとずーっと修行してたんだ」

悟飯「ほ、ほんとですか…?」キッ

セル「ふふ、そう怖い目をするな孫悟飯 私は既に地球などどうでもいい」

ベジータ「信用できんっ…!」

ピッコロ「悟空が大丈夫と言ってるんならそうなんだろう」

悟飯「ピッコロさん!!!信じるんですか!?こいつはあの時っみんなを殺そうと…!!」

セル「本当だと言っているだろう…貴様らと馴れ合う気はないが、私は既に強くなることにしか興味がない」

セル「孫悟空は私に新たな可能性を与えてくれた」

セル「感謝、しているというわけだよ」

悟空「そういうことだ、セルも武道会に出場すっからよろしくな!」

ベジータ「ふんっ…」

悟飯「…」

ビーデル「あ、あわわわわ…」

ざわざわ

通行人A「おい…あれセルじゃないのか…!?」

通行人C「ひえっ…!!」

アナウンサー「ね、ねえあれ…セルにそっくりなんだけど…」

通行人D「コスプレじゃないの?」

通行人F「セルはサタンが倒したじゃんw」

通行人E「だよねー」

悟空「あちゃー、やっぱ注目されてっなー」

セル「それはそうだろう…私のことは地球人の記憶に深くきざまれているからな」

ベジータ「ちっ…ゴミどもが…」

悟天「ねえねえ…にいちゃん、お父さんと一緒にきた緑の人、だれ?ピッコロさんの親戚?」

悟飯「えっとなー…なんて説明ふればいいかなー…ビーデルさん、くっつきすぎですよ」

ビーデル「だ、だって…」ギュッ

トランクス「強そうだけど、まだ俺のパパのほうが強いと思うよ!」

中略

ベジータ「はっはっは!おいカカロット、どうやら俺の息子のほうが血統がよかったらしいな」バン

セル「あんなに小さいくせになかなかやるなあいつら…」

役人「次は大人の部ですね」

悟空「よしっ!」

セル「いくか」

ガラガラ

初代アナウンサー「それでは!!対戦表を発表したいとおもいまーす!」

悟空「オラはの対戦相手はだれかなー」ワクワク

ベジータ(カカロットこいカカロットこいカカロットこいカカロットこいカカロットこいカカロットこいカカロットこいカカロットこい)

セル「…(あのシンというやつ、何者だ…?)」

シン(…)

1 クリリン
2 プンター
3 マジュニア
4 シン
5 ビーデル
6 スポポビッチ
7 グレートサイヤマン
8 キビト
9 孫悟空
10 ベジータ
11 グレートセルルマン
12 ヤムー
13 18号
14 ジュエール
15 マイティマスク
16 キラーノ

孫悟空「!!!」

孫悟空「…ベジータか!」

ベジータ(やったぞっ…カカロットだっ…!!!!)

セル「ちっ…きにいらん名前だ…」

ピッコロ「仕方ないだろう…俺もだ我慢しろ」

プンター「」

クリリン「ほいっと…」

アナウンサー「クリリン選手、ものすごい強さです!勝利ー!!」

シン「次は私達ですね」

ピッコロ「ああ…」

シン「頑張りましょう」ニコッ

ピッコロ「…(一体こいつは…)」

アナウンサー「試合開始です!!」

セル「ようやく気になっていたあいつの真相がわかるか…」

悟空「?セル、あいつそんなにすげえんか?」

セル「強さはわからんが…なにかとてつもないものを感じた」

ベジータ「へっ早く終わらせやがれ!!!」

ピッコロ「…」

シン「そんなに固くならないでください、ピッコロさん お手柔らかにお願いしますよ」ニッ

ピッコロ「!!!!!」

ピッコロ「…き、棄権する…」

アナウンサー「へっ!?」

セル「なにっ…!?」

悟空「お、おいピッコロ!!」

サタン「?お腹でもいたくなったか?私も昔はよくあったなーがはは」

ピッコロ「…」

シン(なるほど、彼はかつて地球の神 私のことに勘付いたようですね)

アナウンサー「い、いいんですか…?」

ピッコロ「ああ…」スタスタ

【控え室】

ピッコロ「お、お尋ねするが…あなたはもしや大界王様では?」

キビト「違う 界王神だ」

ピッコロ「!!!!!」

ピッコロ「か…界王神…!!!」

界王「かかかか界王神様…?なな、なんで地球なんかにあわわわわわ…」

セル(界王神…?)

悟空「あいつらおせーなー」

界王神「少し事情がありましてね…」

界王神「…」キッ

アナウンサー「えー、気を取り直してビーデルVSスポポビッチ選手といきましょうー!!どうぞ!!」

ワアアアアアアアアアアア!!

悟飯「す、すごい人気なんだね…」

ビーデル「まぁね♪」

-界王神の説明略-

界王神「あなたたちにお願いがあります…」

悟空「なんだ…?」

界王神「これから、どんなことが起ころうとも決してなにもしないでください…お願いします」

ベジータ「…?」

セル「どういうことだ…」

悟飯「だ、大丈夫ですよ界王神さま、ビーデルさんは強いですから!!」

界王神「ええ…」

スポポビッチ「くひひ…」

ビーデル「な、なにこいつ気持ち悪い…」

アナウンサー「はじめっ!!」

ドカカカカカカ

悟空「ひゃー!あの娘つえーなー!サタンよりよっぽとつええんじゃねえか?」

セル「サタン…あのときのバカのチャンピオンか」

悟飯「セルっ!!ビーデルさんの家族をバカにするな!」

セル「はは…すまない孫悟飯 恋愛というやつだったな」

悟飯「なっ…」

クリリン「この〜ノロケやがって!」

悟飯「もう!クリリンさんまで!」

界王神「しっ…」

悟飯「!す、すみません」

ビーデル「はぁっはぁっ」

アナウンサー「ビーデル選手、圧倒的強さです!ですが…」

アナウンサー「スポポビッチ選手もものすごいタフさです!!」

スポポビッチ「ぐひひひひ…」

ビーデル「このっ…!!!!」

バキャッ

アナウンサー「あっ…」

ビーデル「あっ…!!」

アナウンサー「ああーっと!!首の骨が折れているーーっ!!ビーデル選手、しっか…」

スポポビッチ「…」がしっ

グググッ…ゴキン!!!

スポポビッチ「くひ…」

ビーデル「な、なんなのこいつ…!!!」

アナウンサー「な、なんとスポポビッチ選手、復活しましたー!!!!」

スポポビッチ「…」

バキッ
ビーデル「あぐっ…!」

悟飯「!!」

スポポビッチ「へへへ…」ガシッ

ドゴン!!

ビーデル「がっ!!!」

アナウンサー「び、ビーデル選手、押され始めました!スポポビッチ選手優勢です!!」

悟飯「お、女の子の顔と腹に…!!!」

界王神「落ち着いて!!」

悟飯「ぐぐぐ…」

ドカッバキッ

ビーデル「あう…」

スポポビッチ「ぐひひひひ…」

バコッドカッ

観客「ひ、ひでえ…」

悟飯「ぐぐぐぐぐぐ…!!!!!!!」

数分後

ビーデル「が…がはっ…」

悟空「ご、悟飯落ち着けって…でえじょうぶだって」

悟飯「あいつ…ブッ殺してやるっ…!!!!」ボワッ!!!

セル「!」

界王神「悟飯さん!!!」

ヤムー「そこまでにしろ!!スポポビッチ!!」

スポポビッチ「!」

ヤムー「俺たちの目的はそんなことではないはずだ」

スポポビッチ「あ、ああ…」

ズルズル

ドサッ

アナウンサー「び、ビーデル選手、場外負けです…」
シュウゥ

悟飯「ビーデルさん!!!」ダッ

悟空「悟飯、カリン様のとこへ行って仙豆とってきてやる」シュン

悟飯「しっかり…!」

ビーデル「はぁっはぁ…」

悟飯「スポポビッチ…!!」

スポポビッチ「…?」

悟飯「お前は絶対この僕がぶっ倒す…!!!」

スポポビッチ「くひひ…」

-略-

界王神「…」キッ

界王神「この次が問題です…」

アナウンサー「さ、さて次は…グレートサイヤマン選手VSキビト選手です!」

悟飯「僕が勝ちますよ…」スタスタ…

キビト「…」

アナウンサー「で、でははじめっ!!」

キビト「孫悟飯」

悟飯「?」

キビト「さっきもなった、超サイヤ人とやらになるのだ」

悟飯「超サイヤ人に…?」

キビト「それがどれほどのものか、我々の助けになるのか試したい」

悟飯「…」

悟飯「いいでしょう…超サイヤ人を超えた超サイヤ人にもなってあげましょうか?」ニヤ

キビト「なに?」

ボワワッ!!!!

セル「!ほう…今だ力は健在か」

ベジータ「けっ!ガキの頃のほうが強かったくらいだぜ…」

悟空「あいつほんとにサボってやがったんだな〜」

界王神「いいえ、それでも素晴らしいパワーですよ…」

キビト(こ、これほどまでとは…)

悟飯「さあ、どうするんだ?このまま闘えばいいんですか?」シュイシュイシュイ

ヤムー「素晴らしい数値…あいつだっ!!!」

ヤムー「いくぞっ!」ダッ

悟飯「!!!なんだおまえらっ!!」

界王神「はっ!!」

悟飯「!?!?」ビキッ

グサッ

アナウンサー「ひ、ひえっ!!」

ヤムー「…よし!もういい!いくぞ!」

スポポビッチ「ああ!!」ダッ

悟飯「あ…あう…」

セル「あいつら、何をしたのだ」

悟空「わかんねえ、界王神さま、まだだめなんか!?」

界王神「いえ!!これからは私についてこれる人だけついてきてください!」ビュン

キビト「孫悟飯、今助けるぞ」

悟飯「あう…」

グンッ

キビト(!!まだパワーが完全には回復しないとは…どれほどのパワーなのだ、一体…)

グンッ!

悟飯「!!…あれ?」

キビト「よし、もどったな」

悟空「…セル、オラいってくる。なんだかやべえ予感がすんだ…」

セル「奇遇だな、私もなぜかワクワクするのだ ついていくことにしよう」

ベジータ「おいカカロット!!!!」

ベジータ「俺と闘うのはどうなるんだ…!」

悟空「向こうの方がやばそうだぞ、向こうでやりゃあいいじゃねえか」

ベジータ「チッ…」シュタッ

アナウンサー「あ、あら…?」ぽかーん

-魔人ブウの説明略-

セル「ほう…その魔人ブウ、とやらはそこまで強いのか」

界王神「ええ、セルさん…あいつだけは絶対に復活させてはならない存在なのです…」

ベジータ「ふんっ…」

クリリン「お、俺帰るよ…なんだかついて行けるレベルじゃなさそうだ」

セル「そうしたほうがいいぞクリリン…かわいい嫁さんを泣かせる結果になるかもしれんからな」

クリリン「え、あ、うん(セルってこういうこともいうんだ…)」

クリリン「それじゃ!」

悟空「おう!」

悟飯「父さん!」

悟空「お、よっ!」

キビト「さて、スピードをあげるぞ!!」

界王神「ええ!!」

グーーン

界王神「あそこです…!」

シュタッ

界王神「そうか…!地底に船を隠しておいたのか!!」

キビト「どうりでみつからんわけだ…」

バビディ「おかえりーふたりとも、ごくろうさん」

ヤムー&スポポビッチ「はい!バビディ様!!」

界王神「!!あ、あれが魔人ブウの玉…!!」

ベジータ「けっここでぶっ壊してしまえばいい」

界王神「だめです!衝撃を与えれば復活してしまいます!!いくらフルパワーではないとはいえ、こんな星などあっという間に消し去ってしまえるくらいの強さなのです!!」

セル「ふん…」

悟空「あ、あいつがバビディか…」

ピッコロ「あんなやつが…」

バビディ「…じゃあ、もう二人は仕事ないから死んでいいよ」

ヤムー&スポポビッチ「え!?」

スポポビッチ「あごっ!?ごごごががが…」

ボンっ

ヤムー「ひっ…うわあああああーーー!!」

バビディ「プイプイー」

プイプイ「はい!」

ブンっ
シュー……ボンッ!!

バビディ「ナイッシュー」

悟空「ひでえ…仲間を…!!」

バビディ「さてと…あいつらは何匹かお邪魔虫を連れてきたようだね」

ダーブラ「そのようですな…界王神とキビトは使えないとして…素晴らしいパワーを持った者が4人ほど」

バビディ「そいつらのパワーを貰っちゃえば魔人ブウの復活にもかなり近づくよねー」

バビディ「!!」

ダーブラ「どうしました?」

バビディ「あいつらは…何億人もからエネルギーを貰ってきたのかい?」

バビディ「一気に半分近くまでたまってしまったよ」

ダーブラ「なんと」

ダーブラ「ならば…さっさとやつらのパワーを奪って魔人ブウ様の復活をさせてしまいますか…」

ダーブラ「ニヤッ」

セル「…」

セル「!」

セル「バレているぞ!我々のことっ…!、」

グンッ

キビト「!」

ダーブラ「ニヤ…」

ボオオオオオオ!!!!

悟飯「あっ!!!」

ダーブラ「ペッペッ」

ピッコロ「!!」

悟飯「うっ!?」

ビキビキビキ…

悟空「悟飯っ!!ピッコロ!!」

ダーブラ「ふはははは…二人を助けたくば私を倒しにくるんだな…!」シュン!!!

界王神「こ、このっ…しかし…!」

ベジータ「いくぞっ!!」シュンッ

セル「ああ」シュンッ

悟空「おう!」

界王神「ちょ、ちょっとご三人とも!!!なりません!罠です!!」

ベジータ「罠と分かっていても」

悟空「やらなきゃなんねえときもある!」

界王神「くっ…今回だけですよっ!」シュンッ

セル「ふふ…」

-中略-

プイプイ「ぎゃあ!!!」

ボンッ

ベジータ「汚い花火だぜ」

セル「パチパチパチ…」

ベジータ「うざいからやめろセル」

セル「これは失礼」

悟空「次はオラのばんだな」

ヤコン「グヘヘ…」

悟空「なんだこいつ」

パッ

セル「む…」

悟空「ありゃ〜?明かりが消えちまった!!」

ヤコン「俺は暗闇の星で育ったからよーく見えるぜ〜」

シュッ

悟空「うわっ!?」

ヤコン「お前らはここで死ぬんだ〜」

バビディ「これで奴らも終わりだね〜」

ダーブラ「そうですな」

悟空「ほっ!ほっ!」

ヤコン「く…ちょこまかと…」

悟空「ほい」バキッ

ヤコン「!!…!?」

悟空「目なんか見えなくなってオラにはおめえの動きが手に取るようにわかっぞ〜」

悟空「それによ、明るくする方法もあるぜ」ボンッ

シュイシュイシュイ

悟空「ほーら、明るくなった」

ヤコン「…!?」

ベジータ「カカロットめ…なにを遊んでいやがる!!」イライラ

セル「まあそうせくなよベジータ」

ヤコン「はぁぁぁ」ギュオオオオオ

悟空「おっ?吸われるーー!」

ヤコン「ゴクン…う、うまい〜こんなにうまい光を食ったのは始めてだ〜」

悟空「おでれえたな〜!おめえそんなこともできんのか〜」

悟空「よっ」ボンッ

悟空「じゃあ吸われねえように、勝負だ!!!」

ヤコン「なめやがって…!」ギュオオオオオ

悟空「吸われる吸われるーーー!」

ヤコン「ぎ…」ギュオオオオオ

悟空「ニヤ……」

セル(くるな)

悟空「!!!!!」ボアッ!!!!

ヤコン「!!」

ボンッ

悟空「ふぅっ!」

セル「さすがだな、孫悟空」

悟空「へへーまあな!」

-中略-

セル「ようやく貴様か」

ダーブラ「貴様ら全員でかかってくるがいい」

セル「ふふ…ふざけるなよ、貴様なんぞ私一人で十二分だ」

ダーブラ「なんだと…舐めるのもいい加減にしろ!!!」

バビディ「だ、ダーブラのやつ大丈夫かな〜…」

セル「では…始めるか」

セルはそう呟いた瞬間、いきなりモーションなし瞬間移動でダーブラにせまった

ダーブラ「なっ!!?」

セル「ふふ…スピードには自信があるんでね」

ドグワッ!!!

セルが放った重い一撃は、容赦なくダーブラの腹に決まる

ダーブラ「ぐおっ…」

セル「やれやれ」

ダーブラ「ぐ…お…」

ベジータ「セルのやろう…やはりとんでもなくレベルが上がってやがる!」

悟空「あのダーブラっちゅうやつはオラが闘ったときのセルと同じくれえだろうからな〜まあセルの敵じゃねえさ」

ダーブラ「お…面白い 久々に本気でやれる!!」

ボンッ!

セル「ほう…」スッ

ダーブラ「だっ!!」

ダーブラとセルが一気に超スピードでの戦闘に入る

ズガガガガ!!!!

重低音が大地に響く

セル「かつて初完全体となった私程度かと思っていたが、思っていたよりだいぶやるじゃないか…」ズガガガガ

ダーブラ「くっ…」ズガガガガ

ベジータ「…セルの勝ちだ」

悟空「ああ…セルは全然本気じゃねえ まだまだ余力を残してる」

ダーブラ「ずあああっ!!!」ブンッ

セル「ふっ」

ダーブラが剣を出現させ、セルに切りかかる

ガッ

ダーブラ「……!」

だがセルはわざと避けず、まともに剣を受けた
しかし

セル「ナマクラな剣だな」

全くダメージはなかった

ダーブラ「な、なんだと…!!!」

ベジータ「ちっ…イライラするぜ、あいつも貴様と同じように遊ぶ性格みたいだな」

悟空「照れるな〜」

ベジータ「褒めてない!」

セル「さて…つまらないしそろそろ終わりにするか」

ダーブラ「…!!」

ダーブラ「見つけた…!!」ペッ

セル「むっ…」

ダーブラのはいたツバがセルにかかった

セル「貴様…このパーフェクトなボディになにをした…!!!」

ダーブラ(バビディさま!私が闘うまでもない素晴らしい戦士が見つかりましたぞ)

セル「仕方ない…」

セル「ぶるぁっ!!!」

セルは首から下を自ら切断した!!!

そのスキにダーブラは宇宙船へと逃げる

界王神「ああっ!逃げてしまう!」

セル「ずああああっ!!!」

セルは一気に再生した

セル「ふう…ピッコロの細胞は本当に役に立つ」

セル「逃げたのか 情けないやつだ…」

悟空「にげられちまったぞ」

ベジータ「バカが」

セル「わざと受けてやったというのに…つまらん」シュタッ

悟空「おーい あいつなんで逃げたんだ?

セル「私が知るか…」

バビディ「こいつは素晴らしい悪の心を持ってるよー!!」

ダーブラ「ふ、ふふ…」←大ダメージ

バビディ「パッパラパー!」

ベジータ「!!!」

悟空「べ、ベジータ!?どうした!?」

ベジータ「ぐおっ…おおおおおおっ…!!!」

セル「…?」

界王神「ば、バビディは人の邪心につけこんで操ることができるのです!!!」

ベジータ「うわおおおぉああああああ!!!」

-中略-

Mベジータ「はぁぁ…」

-中略-

界王神「わかりました…お好きになさい」

悟空「すまねえ…界王神様」

ベジータ「いくぞ!殺してやるカカロット!!!!」

セル「さて…私はダーブラにとどめを刺しにいくか…」シュー

バビディ「ダーブラ、さっきは危なかったろ」

ダーブラ「!!いえ…そんなことは…」

バビディ「まったく…しっかりしろよなー」

シュンッ

セル「こんにちは」

バビディ&ダーブラ「!!!!」

バビディ「なななななんでこいつがここにいるんだよー!!」

ダーブラ「ばかな…私の唾で…」

セル「わざと受けてやったのもわからんのか貴様…私があの程度の唾が避けられないとでも思ったのか」

ダーブラ「そ、そんな…」

チャキッ

セル「さて、あっさりと殺してやるか…孫悟飯とピッコロのためにもな」

ダーブラ「くっ!!!」

そういうとセルはデスビームを放った!!!

ビッ

光速を遥かに超える速度で放たれたそれは、見極めることもできずあっさりとダーブラを射抜いた…

ダーブラ「がっ…はっ…」

ドサッ

バビディ「〜〜〜〜〜〜!!」

セル「呆気ないものだ」

セルがバビディに迫ろうと……

ビー!ビー!ビー!ビー!

セル「むっ!」

バビディ「へ!?」

バビディ「う、嘘だろ?こんなに早く…」

バビディ「!!!」

バビディ「ふ…ふ…フルパワーになったぞー!!!!魔人ブウのおでましだーーー!!!!」

セル「なんと」

セル「なるほど…孫悟空とベジータは超サイヤ人2で闘っている その二つのパワーがぶつかればそのダメージもものすごい…」

モクモクモク…

界王神「お、おしまいだ…」

セル「ほう 来ていたか界王神」

セル「見ろ 出て来たぞ」

界王神「……」

界王神「…からっぽ?」

バビディ「…え?」

界王神「は…はは…」

界王神「はーはっはっは!バビディ!どうやらブウは長い年月の間で弱体化し、消滅してしまったようだな!!」

バビディ「そ、そんな…僕の魔人ブウが…」

セル「バカか貴様ら…」

セル「上を見ろ」

バビディ「え!?」

ブウーーーーっ!!!!!

シュタッ

キョロキョロ

ブウ「ぷはぁ」

セル(…なんだこいつは…これが魔人ブウ…変な気だ…)

バビディ「や、や、や、」

バビディ「やったぞー!!ついに復活だーー!!!」

界王神「あ…そんな…」

界王神「逃げましょうセルさん!!勝ち目はありません!!」

セル「逃げるだと?」

界王神「えっ!?」

セル「ふざけるな…勝手にしろ」

セル「私はこのときを待っていた」

悟空「まて!ストップ!ベジータ!」

ベジータ「!」

悟空「みろ…とうとう出ちまったんだ魔人ブウが…」

ベジータ「…」

ベジータ「はーっはっはっは!!!」

ベジータ「どんなすごいやつがと思えばやはりこの程度の戦闘力数か!カカロット!俺たちは今や強くなりすぎてしまったんだ…ぶっちぎりにな!!!」

悟空「いや…どこかおかしな気だ…これは…」

ベジータ「ガタガタ抜かすな!!勝負から逃げようったってそうはいかんぞ!!!!」

悟空「くっ…」

ベジータ「いくぞ!!」

バビディ「おーい、挨拶しろ挨拶」

ブウ「?」

ブウ「バーカ」

バビディ「!…もう一度封じ込められたいか?」

ブウ「!」

ブウ「ペコペコ」

セル「なんだあいつは…まるで子供じゃないか…どこが恐ろしいんだ」

界王神「わ、私は…逃げるわけにはいきません!」

セル「ちっ…邪魔なんだけど…」

セル「おい、魔人」

ブウ「ん?」

セル「戦わないか」

ブウ「おまえ つよい?」

セル「もちろんだ」

ブウ「おっけー!d(^_^o)」

バビディ「ちょ、ちょうどいい!あいつを殺しちゃえ魔人ブウーー!!!」

セル「…」イラ

セル「邪魔だ」

ビッ

バビディ「!」

油断のないセルは、またもやデスビームでバビディの心の臓を貫いた

バビディ「こ、これで終わりなんて…」ドサッ

ブウ「…」

ブウ「ニヤ」

バビディ「た、助けろ魔人ブウ…」

ブウ「ニタニタ」

ブウ「しね、ばーか」ビッ

バビディ「ぎゃっ!!」

ボンッ

セル「面白い」

ブウ「おまえ つよそう」

セル「いくぞ!」

そう言うとセルは一気にラッシュをかけた

ズガガガガガガガガガガ

負けじとブウも応戦する

ブウ「ばあっ!!!」

セル「ぶるぁっ!!」

気弾で吹き飛ぶセル

悟空「は、始まったぞ!」

ベジータ「むっ…」

悟空「や、やっぱブウのやろう…飛んでもねえ強さだったんだ」

ベジータ「…」

悟空「ベジータ…!!」

ベジータ「くっ…」

ベジータ「…勝負はお預けだ」

ベジータ「どうやら貴様は魔人が気になって戦いに集中できんようだからな」

悟空「ベジータ!」

ベジータ「仙豆をよこせ…」

悟空「ああ!」

モグ…

ベジータ「よし…いくぞカカロット」

悟空「ああ!」

セル「ぐあっ…」

ブウ「」

バキッ

セル「ニヤ…」

ブウ「お?」

セル「ぶるぁっ!!!」

ドギャッ

ブウ「!」

セル「か…め…は…め…」

セル「波ーーーーーーっ!!!!!!」

ブウ「!!」

ブウ「ブウーーーーーッ!!!」

悟空「ついたぞ!」

悟空「す、すげえ…二人ともなんて気だ…」

ベジータ「し、信じられん…」

セルとブウの闘いは常軌を逸していた
互いの拳が互いの急所を貫きあう
身体が傷つけば即座に再生
このままでは決着がつきそうになかった

悟空「セルのやつ…すげえ」

闘いは続いた
界王神はアホヅラでその様を眺める

悟飯「なんて気だ…セルのやつ、僕が倒したときよりも何倍も強くなってる…」

ピッコロ「…」

クリリン「こいつはすげえや…」

悟天「トランクスくーん。こんなすごい気の場所にいったら死んじゃうよー」

トランクス「こいつはやばいや!帰ろうぜ、悟天!」

セル「はぁはぁ…」

ブウ「はぁっはぁっ」

セル「ふ…ふふ…」

セル「はっはっはっはっ!」

ブウ「?」

セル「ここまで楽しめるとは正直思わなかったぞ」

ブウ「なんだと…!」

セル「だが 超サイヤ人2を更に超えたレベルにはあと一歩足りないようだな」

セル「私は孫悟空の本気を知っている」

セル「だがそれをしてしまうと、ヤツはすぐにこの世をさらねばならなくなるだろう」

セル「だが、私は別だ…」ニヤ

ボアッ!!

悟空「!(セルのやろう…とうとう本気だ!)」

ベジータ「ま、まだ力を隠してやがったのか!!」

セル「貴様の倒し方がようやく分かったぞ」

ブウ「き…!ふっかつしたばかりなのに…おれ、まけないぞ!!」

セル「貴様を倒すには気で完全に細胞まで残らず消すしかないようだ」

ブウ「!」

セル「そいつをやるには、こいつしかない…」

スッ

セルが構えたポーズは、そう

元気玉だ!

セル「孫悟空!ベジータ!気を分けろ!」

悟空「セルのやろう、元気玉まで使えたのか!!」

ベジータ「ちっ…仕方ない」

ブウ「うあーーーっ!」

セル「近寄らせはせん!!」

ズアアアアッ
セルのパーフェクトバリヤーが発動する

ブウ「!」

セル「ふはは…空よ大地よ海よ…この世のすべての生命体よ…」

セル「少し元気を頂くぞ」

カッ!

セル「完成だ」

ブウ「あ…!」

セル「ありがとう この世にきたかいがあった 存分に楽しめたよ」

セル「じゃあな あの世でまた会おう」

セル「ぶるぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」

ブウ「そ、そんな…か…あ…」

セル「ふうっ…終わりだ…」

スタッ

悟空「やったなーセル!久々におめえの本気を見たぞ!」

ベジータ「くそったれ…」

セル「ふっ…孫悟空、貴様の超サイヤ人3でもやれたことだ」

悟空「でも、どうして元気玉だったんだ?おめえの気なら完全にかめはめ波で消せたはずだけどよ」

セル「元気玉を使った理由?そんなもの、決まっているじゃないか」

セル「一番かっこいい終わらせ方に、相応しいだろう?」

悟空「はは、おめえもそういうこというようになったか!」

セル「ふふ…さて、孫悟空、貴様は仲間とあとは過ごすといい そのためにきたんだろ」

悟空「ああ!」

悟空「セル!」

セル「なんだ」

悟空「オラもっとつよくなって、おめえを完全に超えて見せっかっな!」

セル「楽しみにしているぞ」

END 
 
コメントの数(3)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:YZRe2sxr0編集削除
ハート
2 . 名無しさん  ID:bj0K2Giw0[評価:1 ]編集削除
おもんな
3 . 名無しさん  ID:sg1dVKnx0編集削除
もう終わりだな

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ