魔王「勇者が来たから、第二形態どうするか考えなきゃ!」

側近「第二形態? 今の状態が最終形態ではないのですか?」

魔王「バカモノ! ワシは魔王だぞ? 第二形態ぐらいなくてどうするのだ!」

側近「ははっ、申し訳ございません!」

魔王「ただし、まだその内容を考えてなかったのでな……今から考えねばならん」

魔王「というわけで、側近よ! 案を出せ!」

側近「ははーっ!」

側近「まず、第二形態としてオーソドックスなのが“巨大化”でございます」

魔王「ほう、大きくなるわけか」

側近「はっ、今の魔王様は勇者より一回り大きいぐらいですが」

側近「これが勇者より何十倍も大きくなれば、インパクトは絶大でございます」

魔王「なるほどなるほど……巨大化して勇者を見下ろすのも悪くはない」

側近「とはいえ、オーソドックスすぎてありきたりともいえますが」

魔王「候補にはしておこう……他には何かないか?」

側近「そうですねえ……」



側近「巨大化とは逆に、“小型化”するという手もあります」

魔王「小さくなるということか? 弱そうではないか……却下だ、却下!」

側近「魔王様、その先入観を逆手に取るのでございます」

魔王「ほう?」

側近「小さくシンプルなデザインになった魔王様が、強烈な攻撃を仕掛けてきたら」

側近「勇者の奴は驚いて絶望してしまうことでしょう!」

魔王「なるほどなるほど、ギャップ狙いというやつだな!」

側近「さすが魔王様、ご理解が早い」

魔王「ふぅむ、巨大化か小型化か……迷うな」

側近「他にはこういうのもございますよ」

側近「“顔だけ”になるのでございます」

魔王「顔だけ?」

側近「たとえば、≪手、顔、手≫という具合にですね」

側近「パーツが三つに分かれることで、攻撃回数もざっと三倍に!」

側近「さらに巨大な顔で勇者を威圧することも可能!」

側近「これもなかなかに人気な第二形態でございますよ」

魔王「ところで、両足もつけて五つのパーツに分かれるのはいかんのか? これなら五回攻撃できるぞ」

側近「いけないってことはないでしょうが……ちょっと見栄えが、ねぇ……」

魔王「あまりかっこよくはないな……」

側近「あと……“機械化”するという手もございます」

魔王「機械化?」

側近「実はサイボーグだった、みたいなノリでメカ形態に移行するわけです」

側近「機械兵器ならではの超火力で、勇者をノックアウトというわけでございます」

魔王「今まで剣と魔法でやってきたのに、そんなのが出てきて大丈夫だろうか?」

側近「なぁに、どうせ最後ですから! マシンガンでもミサイルでもガンガンぶっ放しましょう!」

魔王「あと、どのようなものがある?」

側近「骨だけになったり、ゾンビ化したり、“アンデッド化”という方法もございますね」

魔王「死んだには死んだが、死んだまま復活するわけか」

側近「はい、それゆえに魔王様の執念を演出できる第二形態でございます」

魔王「その場合、城から出ようとする勇者を背後から襲うなんてことをしたら面白いかもしれんな」

側近「ええ、後ろからアンデッド化した魔王様がやってきたら、勇者もパニック間違いなしでございます」

側近「変わり種として、“脳みそ”になるという変身もありますね」

魔王「脳みそ?」

側近「魔王様の肉体はハリボテで、正体は脳みそだったというオチなわけです」

魔王「意外性があっていいな」

魔王「だが、ワシは脳みそのシワの数が少なそうだ……見栄えが悪いかもしれん」

側近「でしょうね……」

魔王「でしょうね、とはなんだ! そこは否定しろよ!」

側近「あっ、申し訳ありません!」

側近「まあ、シワならペンかなにかで書き足せばよろしいかと」

魔王「名案だ」

魔王「逆になにか、キレイな存在になるような変身はないだろうか?」

側近「ああ、それなら“天使”になるのはどうでしょう?」

魔王「天使? ワシが!?」

側近「魔族の王たる魔王様の正体が、天使だったら……勇者も度肝を抜かれることでしょう」

側近「半裸で『汚れた人間よ……』などといいながら攻撃したら、迫力も抜群です」

側近「技も『ホーリーなんちゃら』とか『聖なるなんちゃら』を連発するわけです」

魔王「奇抜な案だと思ったが、聞いているとよさそうな気がしてきた」

魔王「天使タイプの羽根と魔族タイプの羽根を同時に生やすというのはどうだろう?」

側近「いいですねえ! いかにも聖と魔を司る者、という雰囲気が出ますよ」

側近「いっそ“宇宙生物”だったというオチも面白いかもしれません」

魔王「というと?」

側近「魔王様は魔界出身の魔族だと思いきや、実は宇宙からの侵略者だったというわけです」

側近「これにより世界規模だった戦いが、一気に宇宙規模になりスケールアップ!」

魔王「よいではないか……スケールが大きいのは嫌いではないぞ」

魔王「だが、この星に来た理由はどうすればいいのだ?」

側近「故郷の星が滅亡寸前なので、隕石かなにかに紛れてやってきた、とでもすればよろしいかと」

魔王「よし、今までの中から一つ決めるとするか」

側近「あっ、忘れてました! こんなのもございます!」

魔王「どんなのだ?」

側近「得体の知れない“闇”になるのでございます」

魔王「闇!」

側近「魔王様は嫉妬や憎悪など負の感情の集合体だったということにして」

側近「闇そのもの、になるのでございますよ!」

魔王「なんだかよく分からんが、すごい変身だというのは分かった」

側近「私も自分でいっててよく分かりませんでした」

側近「魔王様が“コンピュータ”だったという手もございますね」

魔王「コンピュータ? 先ほどの機械化と同じではないか」

側近「いえ、先ほどのは魔王様の肉体を改造するという意味合いが強かったですが」

側近「こちらは魔王様の正体がコンピュータそのものなのです」

魔王「ほう……そうきたか!」

側近「実は魔王様は古代人かなにかに『この世界を救え』と命じられたロボットだったわけです」

側近「そして、その命令に従おうとした結果――」

魔王「人間を滅ぼそう、という結論に至ったわけか!」

側近「そうです! これだと人間にも罪をふっかけることができて、仮に魔王様が倒されても」

側近「かなり後味が悪くなります」

魔王「死してなお、人間に傷跡を残すか……魔王に相応しい最期ではないか」

魔王「あ〜……どれにしよ、悩むな……。こりゃ決めるの時間かかるぞ」

側近「でしたらいっそ、全部混ぜ込んだ“カオス形態”になるというのはどうでしょう?」

魔王「カボス?」

側近「そりゃ果物です。カオスです、混沌」

側近「ようするに、今まで挙げた要素を全部詰め込んだ形態になるんですよ」

魔王「そんなことしたら、グチャグチャな意味不明形態になっちゃうだろ」

側近「それでいいんですよ」

側近「うまくいけば、ある種の宗教画のような神々しい形態になることができます」

魔王「ふむ、悪くない」

側近「それに、なにも魔王様が変身することにこだわる必要はありません」

側近「たとえば、魔王様の身近にいた部下が“実は黒幕”だったなんてのもありかと」

魔王「あ〜、なるほど! 側近、土壇場でお前が正体をあらわすわけだ!」

側近「そうです!」

魔王「実はワシは傀儡で、側近こそが真の魔王だった、みたいな!?」

側近「そうです!」

魔王「『あのニセ魔王は勇者のデータを取るための捨て駒よ!』的なセリフを吐いたり!?」

側近「そうですそうです!」

魔王「やっべ、この案もいいなぁ! テンション上がってきた! あ〜……どれにしよう!?」

バァンッ!!!

勇者「魔王、覚悟しろ!」

魔王「え!?」

側近「え!?」

勇者「城内の幹部は全て倒した……あとはお前たちだけだ!」

魔王「マ、マジで!? 早すぎだろ!」

側近「ちょっと待て! こっちはまだ色々と決めなきゃならないことが――」

勇者「いくぞ!」チャキッ

魔王「よ、よせ! 話せば分かる!」

側近「せめて、第二形態の内容を決めるまで待って――」

勇者「うおおおおおおおおおおっ!!!!!」

魔王&側近「いやぁぁぁぁぁっ!!!!!」

勇者「ハァ、ハァ、ハァ……」

勇者「……終わった」

勇者「やっぱりボスは、第二形態になる前に倒すに限るな……!」

〜 END 〜
 


コメントの数(3)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:jF3mmIbh0編集削除
しかし勇者ssもすっかり廃れたねぇ。
2 . 名無しさん  ID:gf1V1FOn0編集削除
だから状況次第では巧遅よりも拙速だとあれほど
無駄に時間かけるから
3 . 名無しさん  ID:i.exGkZe0編集削除
嘘松

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ