魔法使い♀「私に何をした!!」 魔物A「魔法を封じる呪いをかけたガウ……」

勇者の会心の一撃!魔物Aをたおした!

魔法使い♀「ふぅ…これでようやく魔法が使えるようになったわね……」

しかし魔法は呪いにより使えなかった!

魔法使い♀「な……!?」

勇者♂「えっ?もしかして魔法使えなくなったの?」

魔法使い♀「ご、ごめん…まだ呪い解けないみたい…」

勇者♂「いや、仕方ないし、呪いだもんね。大丈夫大丈夫、気にしなくて良いよ!」

魔法使い♀「………」

数日たったが魔法使いの呪いは解けなかった!

勇者♂「ちょっと話したいことあるからみんな集合」

戦士♀「おう!」

僧侶♀「はい!」

魔法使い♀「はい……」

勇者♂「魔法使いの呪いのことなんだけど…」

魔法使い♀「……!」

勇者♂「調べた結果あれさ…もう一生解けない呪いみたいなんだよね…」

魔法使い♀「え…うそ…」

勇者♂「それでこれからの旅についてどうするかみんなと話しあいたくてね…」

戦士♀「正直ここ数日間の戦闘は辛かったな…」

勇者♂「あぁ…あの…なんていうかさ魔法が使えないからさ…」

魔法使い♀「……!!」

勇者♂「魔法使いって攻撃力と防御力弱いじゃん?だからさ、魔法使えないとさ……いや、別にいいんだけども」

魔法使い♀「たしかに今の私は弱いわよ!!」

魔法使い♀は泣きそうにしている……

勇者♂「!!いや!別にそういうことを言いたい訳じゃなくて!!」

僧侶♀「私の力が足りなくてすみません…魔法使いさん…もっと高度な回復魔法が使えたら呪いも解けたはずなのに…」

勇者♂「この呪いはもう解けないんだよ、それだけははっきり言っておく」

魔法使い♀「……」

勇者♂「それでさ、魔法使いもこれからの戦闘はキツイと思うんだ」

勇者♂「今の君ってこう言ったらなんだけどただの女の子な訳で」

魔法使い♀「つまり!!私をパーティから外すってことね!!別に良いわよ!!」

戦士♀「魔法使い…」

僧侶♀「魔法使いさん…」

勇者♂「……ああ……すまない」

魔法使い♀「もう私のレベル40ですけどね!!」

魔法使い♀「あんた達がレベル1の頃から一緒に戦ってきて一緒に成長してきたけどね!!」

魔法使い♀「範囲魔法で雑魚敵効率良く倒してあげてきましたけどね!!!」

魔法使い♀「補助魔法で攻撃力を倍にしたりとかしてきましたけどね!!!」

魔法使い♀「私がいなきゃ勝てなかった打撃無効モンスターとかいましたけどね!!!!」

魔法使い♀「別にいいですよ!!!今の私は役立たずですからね!!!厄介者は消えますよ!!!」

戦士♀「おいっ!魔法使い!そんなことは言ってないだろ!勇者だってお前のこれからを思ってだな……!」

魔法使い♀「黙れよ!!筋肉ゴリラ女!!!」

戦士♀「な……、」

僧侶♀「ちょっと…魔法使いさんっ!」

勇者♂「落ち着け魔法使い」

魔法使い♀「うるさぁああい!!!!」

魔法使い♀「こんな場所にもういられない!もう実家の母さんの家帰る!!」

魔法使いはルーラを唱えた!
しかし魔法は封印されている!

魔法使い♀「……」

勇者♂「その…なんだ….明日あたりに新しい街に着くからさ…」

勇者♂「そこで送別会をしようと思う、俺達は悲しいけどお前を危険な戦闘に巻き込む訳にはいかないんだ…分かってくれ……」

魔法使い♀「………」

そして次の日

魔法使い♀「昨日はその……ごめんなさい!!」

魔法使いは落ち着いたようだ

魔法使い♀「あんた達と別れると思うと悲しくて、でも私のことを思ってくれてのことだよね。本当にごめん!」

魔法使い♀「戦士ちゃんも昨日は酷いこと言っちゃってごめんね…」

戦士♀「ハハ…ベツニイイッテコトヨ……」

勇者♂(よかったよかった)「お!次の町が見えてきたぞ」

町人「こんにちは!ここはダーマの町です、ここにはダーマの神殿っていうのがあって転職が出来ることで有名なんですよ!」

勇者一向「!!!!」

僧侶♀「…ということはもしかして」

戦士♀「ああ、魔法使いも転職すれば…」

勇者♂「まだ一緒に旅を続けることが出来るな!」

魔法使い♀「う…う…よがっだ………」

魔法使いは嬉し泣きをしている!

〜ダーマの神殿〜

偉い人「ここでは転職することができるのじゃ!」

勇者♂「さて、どの職業にするか?」

魔法使い♀「賢者がいいけど魔法が封印されてるから無理だよね……」

僧侶♀「えぇ、魔法を使う職業は選ばない方がいいですね」

戦士♀「戦士も武闘家もダメだな!なんせ筋肉だもんな!」

魔法使い♀「………本当に昨日はゴメンって…意外に根に持つタイプなのね…」

偉い人「では魔法を使わなくてなおかつ筋肉もつかないお主にオススメな職業へ転職させてしんぜよう!」

なんと魔法使いは商人になった!

商人♀「商人か!魔法が使えないのはちょっと悲しいけどこれならまだ戦えるね!」

勇者♂「おぉ!最近は武器も防具も高いからな!お金を稼いでもらうのは助かるぞ!」

戦士♀「元々がめつい性格だったしちょうど良いな!」

商人♀「なんか悪口言われてる気がするんだけど!?」

僧侶♀「ともあれこれからも一緒に旅を続けることができそうでなによりです…」

商人♀「うん…本当に良かった……改めて!これかもよろしくね!!」

勇者♂「あぁ!これかもよろしく頼む!」

戦士♀「よろしくな!」

僧侶♀「よろしくお願いします!」

勇者♂「さっそくだが、これから例のアイテムを探すために準備するぞ!」

商人♀「例のアイテムっていうとアレね!」

勇者♂「あぁそうだ、魔王討伐のために伝説の不死鳥の力をかりる必要があるわけだが…」

勇者♂「その伝説の不死鳥を復活させるために必要なイエローオーブを探しにな……」 
 
コメントの数(6)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:bcEpFZRm0編集削除
2 . 名無しさん  ID:RxVPwwyz0編集削除
3 . 名無しさん  ID:3QnCMUwz0編集削除
「イエローオーブ」は、商人の町で入手することができる。町が発展して行くと、クーデターが起こり商人が投獄されてしまう
だってさ
4 . 名無しさん  ID:qnr95vPt0編集削除
>>3
このコメントがなかったらほんとに意味のわからない話だった。ありがとう。
5 . 名無しさん  ID:NeI3TDCR0編集削除
そもそも町を作るのに商人と別れる必要があるから結局別れるって話。
DQ3とかおっさんじゃないとわからんだろ。
6 . 名無しさん  ID:zpO4YaGS0編集削除
嘘松

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ