以前勤めていた会社での出来事。
Aと言う30代前半の男性営業社員がいた。

仕事はすごく出来る人で、大口の仕事をいくつも取ってきて社内表彰もされてるし
上司には素直な態度で受けが良い代わりに、年下の社員には横柄で嫌われていた。
ある年に入社してきたB君と言う新卒の男性社員がいたんだけど
私ら他の社員から見てもごく普通の新入社員で、特に“今時の・・・”と言われるようなこともないし
仕事を早く覚えようと頑張ってるふうに見えた。
挨拶もちゃんとするし、明るくてきちんと躾けられた子だなと言う印象もあった。
だけど何が気に入らないのかAはB君を酷く嫌い、何かと言うと太腿の外側に蹴りを入れた。
痛みに蹲るとそれを見て笑ってる。

そして上司がいるところでは絶対そう言う事はしない。
上司に

「Aに注意して欲しい、B君が可哀想だ」

と進言した人もいたが(私も言った事ある)
とにかく仕事に関して実績がありすぎて強く注意できない様子。
そしてB君には

「仕事で見返してやれ」

と言う昭和な激励しかしない。
ある日のこと、仕事中に電話が入り、B君が慌てたふうに早退して帰った。
翌日

「昨日はすみませんでした」

とみんなに謝ったが、聞けば母親が職場で倒れたらしい。
B君は母子家庭で母一人子一人。
そりゃあ心配だろうとみんな理解し

「気にするな」

と言った。
が、Aだけは

「かーちゃんが倒れたぐらいでアホか。これだから母子家庭は」

と言い、
それからはB君を苛める時

「ママーママーおっぱい飲みたい〜ってかw」

等と馬鹿にした。
周りがどんなに諫めても止めなかった。
それから何ヶ月か経って、B君のお母さんが亡くなった。
倒れた時にはもう癌があちこちに転移してたらしい。
忌引休暇が明けて出勤してきた時、Aが

「ママが死んだ気分はどうだ〜」

と言いながら太腿に蹴りを入れようとした。
その足をB君が両手で受け止めて振り回し、Aが派手にひっくり返った。
そのAの顔を踏みつけて

「俺にはもう守る人がいないんっすよ。それがどう言う事か分かりますか?
 ケーサツとか怖くないんで。気が向いたら半殺しにしますんでよろしく」

その日から完全に立場が逆転してAはいつもB君の存在に怯えてていつも後を気にしてた。
私が後をそっと通っただけでもビクッとなる感じ。
仕事も全くできなくなった。
そうなってくると上司の当たりも強い。
B君の方はそれから一年ぐらい経ってから辞めていった。
下っ端社員だけで送別会やったんだけど、ちゃんとした会社に就職できたことをお母さんが喜んでくれてたので
一周忌が終わるまではと思ってたそうだ。
Aは再び辞令が出て別の営業所に異動していったけど、Aの素敵な過去はちゃんとネットワークで伝えておいた。
又誰かに目をつけてパワハラかますようなら、気の弱いゴルゴだった頃のことを言ってやれって。
ちなみに当時のことを思い出そうとすると、何故かAの顔が丸山穂高で再生される。
雰囲気は似てたなぁ。
 
コメントの数(7)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:5OBqSOyG0編集削除
嘘松
2 . 名無しさん  ID:69PR.TFf0編集削除
嘘松
3 . 名無しさん  ID:QTLju8zW0編集削除
嘘松
4 . 名無しさん  ID:Jio3T1y60編集削除
噓松
5 . 名無しさん  ID:IravnGQ50編集削除
丑松
6 . @  ID:1s6I7qWY0編集削除
嘘松
7 . 名無しさん  ID:L2F1gCRr0編集削除

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ