嫁との出会いは高一の時に入学と同時に実家の近くのファミレスでバイト始めたら、数日後に嫁が入ってきた
まあ、最初は挨拶程度だったんだけど、少しして近くで変質者が出没すると噂があり、店長が俺に女の子の一人歩きは危ないから送ってやって欲しいと頼まれたので承諾
一緒に帰る時に色々話したら家は逆方向だけど近く、クラス は違うけど同じ高校に通ってる事がわかった
それからは学校でも話をするようになり、シフトが一緒の日は二人でバイトに行くようになった
その後はお互いの友達連れて遊びに行くようになり、次第に二人で出かける事が多くなった
2年生になる頃にはちょっとイタズラ好きだけど明るくて可愛い嫁の事が好きになっていき、いつ告白しようかと悩みながら時は過ぎていった

で、2年生になったGW、嫁を誘って遊びに行った時に告白しようかと思ったんだけど、店長から人が足りないので、GW中は出勤してくれ、と頼まれた

正直悩んだけど、この埋め合わせは必ずするからと言われ、引き受ける事に
その後嫁から予定を聞かれたので、ずっとバイトだよ、と答えたら、なら私も出るよ、と言われた
で、結局GW中はバイトに明け暮れ、店長から次の土日は休みでいいよ、後、これあげると遊園地と映画のチケットをそれぞれペアで貰った

それを嫁に話したら、じゃあそれで土日は遊び倒そうという話になり、土曜日は遊園地、日曜日は映画に行こうということで話がまとまった

俺はこのどちらかで告白する、と意気込んだけど、結局は緊張して言えずじまいだった
映画を見終わった後に嫁から○○公園に行こうと誘われたので、一緒に行く事に
そこで今も忘れられない衝撃的な出来事が起こった

嫁は普段は髪を束ねてYシャツにジーンズという組み合わせがメインなんだけど、この日は水色のブラウスにスカート、髪を下ろしてリボンという、いかにも女の子らしい感じだった
そのギャップに俺はやられてますます好きになるも結局は言えずじまい
そろそろ帰るかという時に突風が吹いて(その日は朝から風が強かった)嫁のスカートがめくり上がってしまい、ピンクのパンツが見えてしまった
俺は思わず目をそらして鼻をおさえてしまった
うわ、やばい・・・と思いつつ恐る恐る嫁を見たら何故かニヤニヤ
そしておもむろにスカートをめくり上げ

嫁「なに?こんなのが見たいの?ならみせてあげる(音符」

と、何度もワンをめくり上げた
それを見て俺は鼻だけでなく息子も反応してしまい、うずくまってしまった

で、俺の様子がおかしいので、嫁はスカートをパンパン叩き始めた
そしてみるみるうちに顔が赤くなっていくのがわかった
恐らく短パンかスパッツを履いてるからからかってやろうと思ったんだろう

顔を赤くまま固まる嫁とうずくまったままの俺
なんとも言えない気まずい時間が流れた
この膠着状態から先に動いたのが嫁

どうにか息子の反応を押さえつつ立ち上がった俺にいきなりビンタが飛んできて

嫁「い、今見たのは忘れて、忘れなさい、忘れろーっ!」

と、顔を真っ赤にしながら走って去っていった

その後俺はしばらく呆然としたが、家に帰り、嫁に電話とメールを何度もしたが返事は来なかった
まあ、明日もバイト一緒だしその時に話せばいいかと思い、その後は今日の嫁の痴態で3ラウンド戦ったのは言うまでもない

まあ、当時の嫁は服とか興味なくて、兄貴のお下がりの服とか平気で来てたしね
だいたい、夏はYシャツ、冬はトレーナー、て感じ
さすがに男と間違われる事はなかったけど
いつもそんな感じだったからいきなり女の子らしくされたからかなりドキッとさせられたよ

BOYS BEは絵柄が好きじゃなかったのであんまり読んだ事がない
そんな俺は高一の息子がいるおっさんだったりする

で、次の日の放課後、いつものように校門前で待ってた嫁と合流してバイト先に向かったけど、いかんせん昨日の出来事のおかげで空気が重い
俺も嫁もずっと黙ったままだった
それに耐えられなかったのか、嫁から

嫁「昨日はごめんね、いきなり帰っちゃって・・・」

俺「う、うん・・・」

俺はなんて答えたらいいのかわからなかった
それからもポツリポツリと話はするが、俺は生返事を返すだけ
で、嫁からいきなり

嫁「昨日の事、覚えてる?」

と聞かれ、俺はまた生返事
とにかく昨日の事についてはあまり触れないようにしようとしたのがまずかった
そんな俺の態度を誤解した嫁から

嫁「何よ!覚えてるのか覚えてないのかはっきり言いなさいよ!」

と制服の胸元をつかみながらキレてしまったので、俺は思わず

俺「覚えてるに決まってるだろ!だいたい、好きな女の子からあんな事されて忘れるヤツがどこにいるんだよ!」

と、つい大声を出してしまった
その後俺も嫁もフリーズ状態に
そして俺はこの状況で好きだなんて何考えてるんだよ、とテンパったが、俺以上に嫁がテンパってしまった

嫁「え!?わ、私の事がす、好き!?え?エエエエエエエエエエ〜!?」

と、耳まで真っ赤にしてうつむいてしまった
そしてまたフリーズ状態継続
少しして嫁から

嫁「ほ、本当にわ、私の事がす、好きなの?」

と目をあわせないまま小さな声で言われた
それで俺はなかばやけくそで嫁への想いを全てぶちまけた

嫁は黙って聞いてたが、いきなりニヤニヤしだして

嫁「それなら私のパンツ見た責任とって付き合いなさいよ」

と言われたが、顔真っ赤にしてかつ、噛みまくって言われたものだから、俺は思わず笑ってしまった
それに嫁が激怒して、全力のビンタ2連発食らったけど、最後には笑いあってた
で、その日から俺と嫁は恋人同士になった
ここからは特に面白い展開はないので 割愛
さすがにこんな馴れ初めを話す訳にはいかないので、友人達にはバイト先で知り合って俺から告白した、という事になってる

先日息子に俺達の馴れ初めを知りたいと言われたので、こいつも好きな女の子が出来たのかな?と思い、そういえば俺が嫁を好きになったのはこの頃だなあ、としみじみ思ってしまった

以上、人には言えない俺達の馴れ初めでした
 
コメントの数(9)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:Rfir1GxL0編集削除
おはようございます△
末永くお幸せに.....
2 . 名無しさん  ID:sjX5.YE90編集削除
嘘松
3 . 名無しさん  ID:AQuVhtjf0編集削除
#2の青春は暗かったんだろうな
4 . 名無しさん  ID:yXHaevDk0編集削除
こんなところに書き込んでるやつの青春が明るかったわけないだろ
5 . 名無しさん  ID:RE6D9DI70編集削除
ノロケ作り話じゃつまらない
6 . 名無しさん  ID:efpf33AN0編集削除
もげろ
7 . 後光  ID:hqgTN49c0編集削除
安定の嘘松
8 . 名無しさん  ID:q81NLhjX0編集削除
似たような奴ばっかりだなここは

はっ、俺もか
9 . 名無しさん  ID:qg2g.VKE0編集削除
なんという悲しみに満ち満ちたコメント共だ…

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ