父の昔の話。

父がまだ独身だった頃のこと。
某地方の支社に転勤した。
そこには松本(仮名)という先輩がいた。
「ヤ○○の松本」というあだ名がつくほど気性が荒く、後輩たちは一通りいじめにあっていた。
当然、父もいじめられた。
が、転勤して数ヶ月後にマグニチュード5の地震が発生する。
幸運にも真昼間だったこともあり怪我人はなし。
地震の後は社内の後片付けに走り回ることになった。
で、女子社員や家庭持ちを先に返し独身寮住まいの父と松本が残っていた夜。



余震(マグニチュード3くらい?)が発生。
父はすぐさま近くの机の下に飛び込んだ。
松本はなぜかゴリラがドラミングする直前のようなポーズで「ウラウラウラァァァァァァ」みたいなよくわからない叫びをあげていた。

余震はすぐに収まった。
机の下から出てきた父を見てハッとした松本は

「いや、つい、な」

みたいに誤魔化した。

どうにかこうにか独身寮に帰ってきた父。
部屋の中は当然ヒッチャカメッチャカ。
せめてもの救いは蛍光灯が敷きっぱなしの布団に落ちて無事だったことくらい。
さてどうしようかと部屋を見回していたら来客がやってきた。

「私父ー!」

「先輩??」

松本だった。
いや、実際に叫んだかどうかまでは知りませんが。

「どうしました?」

「もう俺あの部屋で寝れない!」

想像ですがこんな感じのセリフを言ったみたいです。

父と時を同じくして帰宅した松本。
部屋はやっぱり酷い有様で万年床の部屋に入ってみて見つけたのが。
壁に穴が開いてそこから取れたセメントの塊がちょうど枕部分に落ちている様子。
もし地震が深夜だったらシ者1名として新聞に載っていたのかもしれない。
そしてダッシュで父の所に転がり込んだわけです。

結局2人は片付けを諦め、一番被害が少なかったお酒を空けて飲み明かしたそうです。
以後父は次の転勤が決まるまで武士の情けで余震後のことは黙して語らず、松本は父をいじめることはなくなったそうです。

結論、非常時にその人の本性が出るのは本当だった。
 
コメントの数(8)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . え  ID:pI81e05O0編集削除
おはよう
2 . シーマン  ID:6KjocFaA0編集削除
おはよう
来年もよろしくな
3 . ?  ID:FYWEHCXL0編集削除
おはようございます△
4 . 名無しさん  ID:jrzOeirg0編集削除
地震の揺れの強さは『震度』な
マグニチュードは揺れに相対するエネルギー値だったけか?
ついでに、震度8も無いからな

5 . SEXマシーン  ID:kzYyBpYn0編集削除
そんな事より女優の木村文乃が今年の夏に離婚してたらしいじゃん?
そろそろ男のチンポが恋しい頃だと思うから、SEXして顔射したいんだけど、どうしたら良いと思う?
6 . 名無しさん  ID:vdvAT5HG0編集削除
でもほかのやつはいじめたってことだよな
いじめから抜け出せてセーーーフってことか?
こいつの父親もひどいやつだな
7 .    ID:.iWtnRcG0編集削除
礼儀正しい挨拶の力ってすげーな
8 . 名無しさん  ID:dkrsAu3Y0編集削除
ただ単に情けをかけただけだよね?
武士の情けは、まったく違う意味だよ。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ