魔王「ふざけんな」

(勇者が生まれる前)

側近「それでは、これが注意事項になります魔王さま」

魔王「おいおい、随分あるじゃないか」

側近「仕方ありませんよ。決まりは決まりなんですから・・・」

魔王「妙なルールが多いな。・・・例えばなんだこの『中ボスを蘇らせるのは1回まで』ってのは」

魔王「生き返せるんだったら、何回でも生き返らせたらいいじゃないか」

側近「決まりは決まりなもんでして・・・」



魔王「それに、『勇者の生まれ育つサイショノ村周辺には、弱いモンスターしか配置してはならない』ってのは」

魔王「これはどういう事だ?」

側近「そうしないと、言い伝えでは『ぷれいやー』とやらが困って世界の存続が危うくなるとか・・・」

魔王「全く、わけがわからん・・・」

魔王「こんなのでどうやって勇者を倒せというのだ」

側近「へぇ。最終的には、魔王さまが直接手を下していただくのが1番かと」

魔王「では、今すぐ襲撃するか。今、サイショノ村を襲撃すれば勇者は生まれてこないだろう?」

側近「それも、ルール違反でして・・・」

魔王「ぐぬぬ・・・」

魔王「あれもダメ、これもダメ。ではどうしたらいいのだ」

側近「ルール内で頑張ってくださいと言うしか・・・」

魔王「ルールなんて知ったことか。おい四天王」

四天王「はっ」

魔王「今すぐにサイショノ村を襲撃するんだ」

ブッブー・・・

魔王「・・・なんだこの音は」

側近「ルール違反を犯そうとした時になる音みたいですね」

魔王「ふざけんな」

(数年後)

魔王「ヌハハハ、全て焼き払え!」

勇者(幼)「やめるんだ、魔王!」

魔王「ほぉう、この小僧、命が惜しくないと見える・・・ハァッ!」ザシュ

勇者(幼)「ぐぅっ・・・!」

魔王「クックック・・・。その勇気に免じて、命だけは助けてやろう・・・ハァッハッハ・・・」シュン

勇者(幼)「魔王、いつか必ず・・・」

(物かげ)

魔王「今、本気出して戦っちゃダメなんだよな・・・?」

側近「試してみたらどうです?」

魔王「フンムム・・・周囲を一瞬にして炎に包む極大火炎魔法・・・」

ブッブー・・・

魔王「あ」

側近「ほらね」

・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

側近「勇者が魔王さまを討伐する旅へと出たようです」

魔王「まあ、あんな理由もなく生まれ育った村焼かれたら当然そうなるよね」

側近「して、いかがいたしましょう?」

魔王「ルール内で許されている限り強いモンスターを配備するしかなかろう」

側近「そのようですね・・・」

魔王「まぁ、毒を持つモンスターなんかもルール内でできるだけやらしく配置してだな・・・」

魔王「うふ、うふふ・・・。何だか楽しくなって来たぞ。・・・勇者め、覚悟しろ!」

(数週間後)

魔王「勇者はどうした。何をしてるんだヤツは」

側近「今、レベル上げをしている最中だそうですよ」

魔王「レベル上げ、だと・・・?」

側近「そうです。何でも、余裕を持って次に進みたいタイプの勇者だそうでして」

魔王「それってズルくない?凝ったモンスター配置の意味ないじゃん?」

側近「仰る通りにございます」

魔王「むしろ、ずっと最弱モンスターとかばっかの方が困るんじゃね?」

ブッブー・・・

側近「あ、ダメみたいですね」

(数週間後)

魔王「そうだ、移動手段を奪ってしまうという手はどうだろう?」

側近「移動手段・・・ですか?」

魔王「例えばだ。船を入手する前に破壊してしまうとか・・・」

ブッブー・・・

魔王「ダメか。では船の帆走に必要な帆をモンスターに奪わせてしまうのは?」

シーン・・・

側近「いいみたいですね」

魔王「では、さっそく現地のモンスターに命じて・・・」

・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

勇者「えっ?船に必要な帆をモンスターが奪っていった?」

船長「はい。どうやらそのモンスターは東の洞窟に・・・」

(物かげ)

魔王「ククク・・・。勇者め困りよるわ・・・」

側近「魔王さま、大成功ですよ!」

勇者「では、僕がそのモンスターを退治して帆を取り返しましょう!」

船長「おお、助かります!」

(物かげ)

魔王「・・・。何だか上手く言えないが・・・」

側近「こういうやり取り、何十回も見たことあっようななかったような・・・」

(数ヶ月後)

魔王「ええい、やはりルールが厳しすぎる!」イライラ

魔王「勇者もやたら堅実というか、石橋を叩いて渡るタイプというか・・・」

魔王「もうちょっと冒険しようよ・・・。レベル上げばっかしてないでさ・・・」

タタタ・・・
側近「魔王さま、勇者が死にました!」ハァハァ

魔王「な、なに?」

側近「四天王の一人、紅蓮のグレンが倒したそうです!」

魔王「よし、良くやった!」

魔王「・・・勇者は討伐された。グレンには褒美をとらせよう」

魔王「早速グレンを呼べ。今宵は祝賀会だ!」

側近「・・・恐れながら魔王さま」

魔王「なんだ?」

側近「祝賀会を催している場合ではないかと・・・」

魔王「なんでだ?」

側近「再び勇者が、紅蓮のグレン討伐に向かっているそうです」

魔王「なんでだよ!?」

魔王「勇者って、死んだんじゃないの?はっきり死んだって言わなかった?」

側近「ええ、確かに死んだんですが・・・」

側近「蘇って、再びまた・・・」

魔王「もう、それって完全にそっちが魔物じゃん・・・」

魔王「どうせ、何回倒しても無限に蘇るんだろ?」

魔王「こっちは四天王クラスが死んでも1回しか生き返せないのに」

魔王「私も、三回殺されたらそれっきりなんだよ?」

魔王「ふざけるにもほどがある」

側近「魔王さまは3回なんですね。私は1回死んだらそれきりです」

魔王「とにかく、何でもいい。勇者を止める手段はないか?」

側近「そうですね、飛行船の動力を奪うとか・・・」

魔王「どうせ船の時と同じになるに決まっている」

魔王「ええい、こうなったらそんなにレベルの高くない内に私が・・・」

ブッブー・・・

魔王「ふざけんな」

(そして、数ヵ月後・・・)

マオウサマニエイコウアレー・・・・・・ギャー!

魔王(・・・フッ、側近がやられたか)

魔王(さすがにレベルMAX近くにされては、私でもどうしようもない)

魔王(・・・思えば、この数ヶ月間何とかして勇者を止めようと悪あがきしてきたが)

魔王(結局、全て無駄だった・・・)

魔王(・・・城内に再配備した四天王たちの散り際は、それはとても見事だった)

魔王(あれこそ、悪の四天王という感じだったな・・・)

魔王(私は、それを見て思ったのだ)

魔王(私が、魔王らしく振舞わなくてどうするのだと)

魔王(どうやら、この世界は私がそう演じる事を期待しているらしい)

魔王(それでは、せいぜい望まれるように演じ切ってやろうではないか)

魔王(でなければ、あの世で四天王、側近たちに顔向けが出来ぬ・・・)

魔王(・・・さあ)

魔王(その扉を開けて来るがよい、勇者よ!)

ギィィ・・・

魔王「フッハッハッハ・・・。よくぞここまでたどり着いた、勇者よ・・・」

勇者「・・・お前もここまでだ。覚悟しろ魔王ッ!」

魔王「クックック・・・。随分と威勢がよいな。・・・ではきさまの力、見せてもらおう」

魔王「さぁかかってくるがよい、勇者よッ!」

終わり
 
コメントの数(7)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:a5uIpJGX0編集削除
数日ぶりのお早う御座います
2 . 名無しさん  ID:D8ZepuCj0編集削除
おもしろくはないなあ
3 . 名無し  ID:9RcIFqgz0編集削除
これは嘘だな、読んでないけど分かる。
4 . @  ID:I.x.As6.0編集削除
嘘松
5 . 名無しさん  ID:Ykm9KE7m0編集削除
閉鎖汁!
6 . 名無しさん  ID:nkfthOvA0編集削除
ふざけんな
7 . 名無しさん  ID:RWMgeyUa0編集削除
正義が勝つのはおとぎ話の中だけだ

おとぎ話は民衆を動かすために作られる

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ