結婚して半年経たずに倦怠期?か何か知らないが完全レスになり
2ヶ月後に我慢できずに嫁を襲った
悲鳴を上げて抵抗する嫁
俺は夫婦なんだからと容赦なく襲った
嫁はキチガイのように泣き叫んでいる



しばらくすると、諦めたのか抵抗しなくなった
なんかしっくりこない
なぜか俺は離婚を予感し始めた
やはり夫婦でも無理やりとかDVになののか?と思いながらも
2ヶ月お預け喰らって溜まっているものを吐き出した
翌日、嫁は普通にしている
倦怠期が終わったのかと思った
その晩も嫁を誘ったがやはり断られる
なので離婚覚悟でまた襲った

今度は抵抗なく言葉では

「嫌!!」

と言いながら受け入れる嫁
何か俺の中で目覚めたのか激しくレ〇プ感覚で嫁を襲った

更に翌日には嫁の方から誘ってきた

嫁「今までごめんなさい。あなたがこんなに情熱的な行為をするとは思わなかった」

と俺は何か引っかりながらもその晩も獣と化してもげた

それから半年経って嫁がスマホの機種変したいと言ってきて
2人でショップに行った
新しい機種を受け取り店を出た
嫁が車を取りに行っている間に店員が出てきて

店員「前の機種忘れております」

と届けてくれた
俺は受け取り店員が戻って行くときに嫁が車で店前に来たので
思わずバッグにスマホ入れて車に乗った

帰宅して、前スマホの事忘れて翌日に出勤

会社に着いてカバンを見たら嫁の前スマホを渡すのを忘れていたことに気がついた
その時何か嫌な予感してね、見てしまったんだ
2ヶ月のレスの理由がわかった
嫁は真っ黒だった。
全く疑ってなかったよ
ラリメールやハメ撮り写メがかなりあった
俺は凹んでそのひ仕事にならなかった

だけど嫁は2ヶ月ぶりに俺と行為した時から間男とはギクシャクし始めて
1ヶ月ほどで別れている
最後に嫁「間男さんとの行為の方が良かったと思っていた。だけど旦那のほうが大きいし
情熱的で間男さんより感じた。多分それは旦那のほうの愛が大きいからと思う」
とか書いていたが、喜べない

なんとか仕事を終わらせ定時に帰宅
いつもより早く帰宅した俺を見て嫁は驚いていたがすぐに笑顔になり抱きついてきた
俺はその瞬間に嫁を背負投〜
何が起こったのかわからず唖然とする嫁
気が付いたら涙流して仁王立ちしている俺

ここで嫁は悟ったんだろう
すぐに土下座して浮気のことには触れなかったが謝罪を始めた

俺は黙って寝室に行ってカバンに必要な分だけ荷物を詰めた
泣きながら

「出て行かないで!私を捨てないで!」

と嫁は縋ってくる

俺「さっき謝っていたけど、何に対して謝ってたの?」

嫁「それは・・色々・・・」

俺「色々って何?レスのこと?それとも彼氏のこと?」

嫁は泣きながら頷いた

嫁「だけどもう別れた!あなたのことを一番愛しているから!」

今更言われても信じることはできない
スマホのラリメールやハメ撮り等は結婚の1年前から始まっているから

間男が既婚だからあてつけで俺と結婚したことも
ATM確定してゆとりの生活だと発言していることも
間男の為に俺とは行為をしないと決意表明していることも全て知っていると言った

嫁「でも今は違う!今はあなただけしか見ていない!!」

そう言いながら嫁は俺から荷物を奪った

嫁「あの時の私はどうかしていた。人間として恥じる行為をしていた
    だけどあなたの愛情を感じ、だんだん惹かれていったの。
    今は本当にあなただけしか見てない」

よく考えたら嫁は口達者というのを思い出した
思わず心がグラリと揺れそうだった

嫁「初めてあなたが私を襲ったとき、あなたは泣きながら襲っていた
    私があなたにどれだけ酷いことをしていたか考えた
    あなたがどれだけ私を愛しているのかわかったの」

もう言い訳は聞きたくない俺はまた嫁を投げた
床に打ち付けられて蹲って痛がる嫁
更に腕を掴んで起こして投げ用としたときに

嫁「私が悪いんだもん、気の済むまで投げていいよ」

と笑顔で言った
その笑顔を見て俺は手を止めた
悔しさや怒り、悲しみで涙が溢れてきた。
床に突っ伏せて泣いてしまった
その俺の背中に覆いかぶさるように嫁が抱きついてきた

嫁「どんな罰でも受けます。だけど貴方のそばに居させてください」

と間男との経緯を話し始めた

そして嫁は間男に電話した

嫁「夫が私たちのことを知ってしまいました。ケジメ付けつために今から来てください」

間男は何か抵抗していたのか20分ほど話していて、結局うちに来ることになった

間男が来てから初めに言った言葉が

間男「既に終わっていることだ。今更蒸し返してなにが楽しい?」

だった
それに俺はキレた。
間男に向かっていこうとしたら嫁が強烈なビンタを間男に見舞った

嫁「これだけはしたくなかった。だけどあなたに反省の色が見えないのなら行くしかない」

と言い出して間嫁に電話した
驚いたのは間男は嫁友の旦那だった
嫁は間嫁に全て打ち明けた。
間嫁はすぐにうちに来た
嫁は数発間嫁に平手打ちされたが

間嫁「ごめんね、ウチのバカ旦那が・・・・」

と嫁に謝罪した

間男は浮気性で怪しかったらしい
証拠がないのでモヤモヤしていた
そんな時に間男が「嫁ちゃん可愛いね」とか呟いていたらしく
でも嫁にかぎって間違いは犯さない。
それに婚約しているし
嫁だちの旦那とは浮気しないだろうと思っていたらしい

だが嫁は間男に偶然を装い接触
送っていくと言われてクルマに乗ったらホテルに連れて行かれた
抵抗したが無理やり連れ込まれて・・・・

事が終わったあと、嫁は俺とは違う野性的な行為に快感を覚え
そのごズルズルと関係を続けていた

間嫁は間男のスマホチェックして知っていた
浮気しても間男のことを愛していたから言えなかったと

何かみんな都合のいいこと言って自分に浸っているように見えた

俺「もう茶番はいいよ。そんな事しても過去は消せないし
    俺の受けた嫌悪感は払拭できないのだから」

嫁と間嫁は俺を見て謝罪したが間男が

間男「何を悲劇の主人公気取ってる?過去は消せないというのなら受け入れて
       これからうまくやっていけばいいだけの事。」

度重なる間男の失言にみんな呆れてしまった

俺「とにかく事実はわかったので、今後弁護士通して話し合いをしようと思います」

と言って間男夫婦を追い出した

嫁と二人きりになり、また嫁が謝罪している
俺は

「黙れ!!!」

と一喝して別室に篭った

翌日嫁から起こされた。
ずっと泣いていたんだろう
目が赤くなって顔が浮腫んでひどい顔になっていた
それでも朝食だけは作っていた
俺は朝食を拒否し、出勤した
帰宅先は自宅ではなく実家に戻った
嫁には「しばらく考える時間をくれ」とだけラインしてね

3日ぐらいして間男からもう一度話し合いたいと連絡が来た
話し合うことは無いと拒否したが、しつこく食い下がってきたので話し合うことに

仕事が終わり、間男が用意した料亭に向かった

間男「先日はすみませんでした。気が動転して失礼なこと言いました
       許されるとは思いませんがこれで許してください」

そう言って小さいケースを出した
中には嫁との行為のデータが入っていた
間男は更に

「それとこれを・・・」

と現金400万が入っている封筒を出してきた

間男「足りなければあと100万は出せます。それ以上なら分割ですが払っていきます」


俺「ふざけるな」

と一言だけ言って、嫁のデータだけもって料亭を出た

料亭を出てデーター回収したことを嫁に伝えた
嫁は泣きながら謝罪してきた。
もう謝罪とかうんざりだと返した
俺は結局落としどころがわからずイライラしているだけだった
そのことも嫁に伝えると嫁から提案された

・間男からの慰謝料は当然だから受け取る
・嫁も俺に慰謝料を分割だが支払う
・支払う間はケジメの為に離婚する
・支払い期間中は嫁が嫁実家から俺自宅に通って世話をする
・支払い終わってもう一度話し合い、俺の気持ち次第で再構築かそのまま離別かを決める

更に俺は条件をつけた
・世話はありがたいが、俺と顔を会わさない時間帯でして欲しい
これだけ付け足して嫁の提案を飲んだ

その後正式に弁護士を雇い間男から300万慰謝料もらった
嫁からは嫁からの申し出で500万
嫁は専業だったが実家の家業を手伝いその給料で支払いを開始した
義両親が建て替えると言ったが、嫁はそれを拒否

嫁「今まで不誠実に生きてきた事の戒め。自分で働いて払わないと俺さんに対しての償いにはならない」

と言ったらしい

そして嫁は写メ付きでSNSに日記を付けるようになった
閲覧は俺以外見れないようにしている
嫁は自分の行動を俺に伝えるためだ。
俺にはどうでもいいことだった

それから2年間嫁はなれない力仕事をこなしていった
俺の誕生日や、年のイベントごとに
嫁はプレゼントくれたり必死に償おうとしていた。
その行動に心が動かされて
半年はSNS見なかったがそんな嫁の行動が気になり見るようになった
嫁は十分反省していると思えた。
そろそろちゃんと決着をつけなければ
俺も嫁も潰れてしまうと思った
俺的に離婚か再構築か答えは出ていなかったが
もう一度話し合おうと思った

だがそれは叶わなかった
慣れない力仕事、それも夜間まで働いていた嫁
体を壊した挙句、それを黙って仕事を続けていて
運転中に気を失ったらしく自損事故を起こした
病院に運ばれたが3日後に帰らぬ人となった

葬儀には間男夫妻も来て
礼服だったが雨の中土下座で謝罪も兼ねて悔みの言葉を頂いた
よく見ると間男も間嫁も窶れていた

「私が不倫などしなければ・・・」
「私が気付いた時に釘を刺していれば・・・」

とか
今更の事を言っていたが、何一つ心に響かなかった

よく「何とも言い表せない感情」とか言うが
まさに俺はその状態になっていた
許さなかったことを悔やんでいるのか、
未だに浮気のことを恨んでいるのかわからなかったが
ただ一つ、「ずっと嫁のことを愛していた」と気がついた
そして悩んでいるふりをしていたが再構築することを決めていたことに気がついた

もう遅いですけどね
あれから2年経ちましたが
未だに吹っ切れなくて眠れません

来月嫁の命日になります
思い出して遣る瀬無く書きこしました
グダグダすぎてすみません

これで俺は消えます

ありがとうございました
 
コメントの数(7)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . @  ID:2deJKjkJ0編集削除
嘘松
2 . 名無しさん  ID:wr6P3ZR30編集削除
IKKOかよ
3 . 名無しさん  ID:qNH1Jpsy0編集削除
長いだけの嘘松
退場!
4 . 名無しさん  ID:o6aF5yxL0編集削除
不倫→謝罪→贖罪→限界突破→死亡
よく見る流れだな、ひねりが無くなってきたんかね。
5 . 名無しさん  ID:yc5j9tX.0編集削除
スマホの機種変ってしたこと無いんだけど、前の機種ってくれるの?
機種変した後でも前の機種にデータ残ってるの?
6 . 名無しさん  ID:BI3w3aXh0編集削除
※5
最近は個人情報云々でむしろ持っていってくれって言われると思うが・・・
ガラケーの頃は要らないって言えば本体の心臓部メモリーだかなんだかを専用の機械でぶち抜いて処分してたな

スマホだろうがガラケーだろうがデータを消さなきゃそれまでのデータは残るよ
新しいほうに入れるデータはバックアップ、所詮コピーなんだから。
7 . 名無しさん  ID:xIQOk.zU0編集削除
馬鹿が書いたネタの典型ですな。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ