全てにケリが付いたので、ここに書き捨て。
長いうえにキモい自分語りがあります。
注意。
後、この書き込みは作り話だから真に受けないでください。

俺はいわゆる、毒家族の元に、凄く不本意ながら生まれた。
搾取子ってやつ。



酒の肴に俺を罵倒し、殴り飛ばすクソ父に、常にヒステリーを起こし、些細なことで

「この出来損ないがあ!」

と俺を張り飛ばすクソ母に、表向き「優等生のお嬢様(笑)」ぶって、その猫かぶりのストレスを、俺をいびって発散するクソ姉。

まー俺もガキだからさ?親や姉に認められようとさんざん努力したぜ?
テストで100点取ったこともあったし体育の通信簿で5をとったこともある。
でもそれでも俺を罵倒し殴ることはやめなかったな。

「姉より優秀になるな生意気だ」
「勉強ができたからと言っててめえのような不細工は幸せにはなれねえんだよ」
とか、「お前なんて存在自体が屑だ!成績が良かったぐらいでそれがチャラになると思っているのかこの出来損ない!」
とか

まあ、今思い出しても「これ躾じゃねえな。ただ罵倒したいがために罵倒してるだけだな」って感じ。

でもまあ当時、いわゆるエネmeだったからそれでも頑張ったよ。
でも悔しいけど地頭が悪くてさあ、俺が必至こいてがりがり勉強してやっといい成績残せても、クソ姉はちょっと教科書を流し読みしただけでサクッとテストの点数90点以上。
やんなるよな、才能の差って。
クソ両親に「出がらしの出来損ない」呼ばわりだったよ俺。

メシは意外と思うが、普通の量を食わせてもらってた。
まあもっとも、「多少は親としての情けがある」んじゃなくて、「不自然に貴様がやせてたら、世間体が悪い」だからだそーだ。事実、俺が飯を食ってたら毎回毎回

「この無駄飯食いが」
「この人糞製造機風情が」

と常にドブドブドブドブ毒を垂れ流してきやがった。

友達なんて物心ついた時からできた例がねえ。
クソ親がキ〇ガイの様に怒鳴って喚きたてて、俺に近寄らせないようにするからな。
まーそんなこんなで工業高校を卒業→即座に工場に逃げるように就職をして、毒家族の元を離れたさ。
でもまだその時の俺は奴隷根性が染みついててさあ、情けなくも「親に認められたい」「親に褒められたい」って
気持ちが捨てきれ無かったのよ。
我ながら当時の俺は情けないと思うけどさあ。
就職した先も、実家に近い県内だったしな。

まあもっとも――これが良かったんだよな。
ほら、今時パソコンの使えない奴っていないでしょ?俺も金をためてパソコン買って、色々サイトをめぐって、「すごい!こんな世界があったんだ」って感じ。
そこでネットの匿名掲示板をさまよううちに、辿り着いたのが、まあ御察しのとおり、「毒親」という言葉。
「なんだこれ?」と思って検索して検索して検索して……

……もうね、頭の中真っ白になったよ。
全身がしびれたように衝撃を受けてた。
自分が搾取子っていう、哀れで無様な存在だと否応なしに知ったときはもう……

「本当の親は理不尽に我が子に暴力をふるったりはしない」
「欠点を無理矢理ねつ造して罵倒したりもしない」
なによりショックだったのは「お前が毒親に愛情を注いでも、その愛情が返ってくることは120%ない」という感じのコピペ。
ああ、俺の、ガキの頃の頑張りは無駄だったんだな、と。
その日俺は一晩中声を押し殺して泣いたよ。

その中でも特に記憶に残ったコピペが「時がたって年老いた毒親が介護を求めて連絡をしてくるだろう。しかし断れ。
毒親共が性格が丸くなったように見えても、ただそれは表向きだけであり、内心チョロい搾取子に対して、舌を出してあざ笑っている」
っていう奴。
他にも「実の血のつながった親族同士の犯罪は、殺人事件でもない限り刑事事件になりづらい」とか。

それで俺、決意したんだ。
「もしクソ家族共が、介護を申し込んできたら、虐待介護をしてやる。
 殺しはしないまでも重い障害が残るまでぶんなぐってやる」って。
その日から金属バットとかスタンガンとか砂鉄入りグローブとか買い込んで、二日にいっぺんの筋トレを欠かさずしていた。

そしてそう、ある日来ましたよ。
件の介護要請ってやつが。
ええ。
クソ姉が、教えてもいないはずなのに俺の携帯に電話かけてきやがって、要約すると
・母が階段から転げ落ちて両足骨折した
・父も筋力が落ちて、よぼよぼになってきた。
・私は今の仕事が面白くてやめるつもりは一切ないから、お前が実家に帰って介護しろ
ってね。
上から目線の命令ですよ。
ちなみにクソ姉は実家住まいらしい。
……実家住まいならてめえがやれって感じですわ。

それで「もしクソ家族共が当時のままに俺を罵倒してきたら、半身不随になるまでぶっ飛ばす」と決意を固めて実家に帰りましたよ。
そしたらクソ家族共、ものの見事に丸くなっててさあ、こう言うのよ。要約すると

「おお、俺よ、見ないうちにたくましく育ったなあ」
「子供のころはごめんね、貴女につらく当たって。
 でも、理不尽な目にあっても強く生きていけるように、心を鬼にしてあなたにつらく当たったの。
 貴方が立派に成長してくれてお母さん嬉しいわ。愛してる」
「いい男になったね、俺!やるじゃん!」

って。

その台詞聞いて俺がどんな反応返したか、まあ皆さん想像がつくと思いますけど――うれし涙流してしまってたwww
「ああ!俺は両親に褒められた!やっぱり俺は愛されていたんだ!おお!ハレルヤ!!!」ってwチョロすぎるwww
……皆さん、俺のデモデモダッテ君ぶりに、かなりいらついてきたと思う。
まあしょうがない。
俺自身、当時の俺の阿保っぷりに反吐が出る思いだから。
でもご安心ください、ここから本当に俺覚醒しましたから。

話を元に戻して。
それでクソ家族共に言われるまま実家にホイホイ戻って、望まれるまま預金通帳を預けて、実家から工場に通うようになって。
クソ父が仕事を辞めて俺におんぶに抱っこのクソニートになって。
まあすごい優しかったですよ。
クソ家族共。
過去の暴虐ぶりが嘘のように。
でもそれでも、ネットで見た「毒親共が性格が丸くなったように見えても、〜(以下略)」のコピペが頭の中をチラついていた。

そこで一計を案じて。
ボイスレコーダーを仕込むことに。
いや〜世の中発達しているもんだよな。
今やボールペン型とか電卓型とか、そういう偽装をしたボイスレコーダーがあるんだよな。
で、買ってきた小型のボイスレコーダーを箪笥と壁の隙間に仕込んで、出勤して。
帰ってきてレコーダーを回収して音声を再生して。
……怒りで視界が真っ白になりましたよw

俺がブロロロロ……と車で出勤してから数秒後に。

クソ両親共「ブわハハハハハは!!!」

と大爆笑。
そしてそこから俺への罵倒と嘲笑のオンパレード。
……具体的にどんな罵倒のセリフかは、思い出してくるとヤバいくらい血圧が上がるので割愛するけど、さわりの方のセリフだけ書き込むけど、こんな感じ。

「ばっかじゃの〜〜〜俺の奴!プはははは!
 確かに牋Δ靴討覘瓩箸聾世辰燭韻鼻↓狢子として甍Δ靴討い襪鵑犬磴覆て
燹‥曄[譟,函,掘,董´瓠^Δ靴討襪鵬瓩ないって、いい年こいて解らないもんかの〜〜〜www」

「まあ出がらしの出来損ない程度の脳ミソじゃあこんなもんじゃろwwwうちら安泰安泰www」

しかも俺への悪口を、昼休みごろにクソ姉に電話して、一緒になって俺を嘲笑して楽しんでやがったよ。
それも毎日毎日毎日飽きることなく。
一か月間音声を録音したけど、もう俺あきれたな。
一か月毎日だぜ?
どんだけ俺を下に見てたんだろうなアレ。

その時俺は生まれて初めて知ったね。「本当の怒りってやつは燃え上がるモノじゃなくて、頭の芯に冷えて固まるように自分の体の一部になる」って。
もう「ぶちのめさなきゃ(使命感)」って感じ。
で、金属バット、スタンガン、砂鉄入りグローブその他諸々を用意して。
その週末日曜日に決行。
詳しく書くと、当時の興奮が蘇って喜びのあまり発狂しそうになるから、箇条書きで。

・朝、いきなりクソ父の髪の毛掴んで、砂鉄入りグローブで鼻っ柱を殴り折る。クソ父鼻血まみれになって失神。
・呆然とするクソ母クソ姉にも同じことをして、クソ母クソ姉失神。スタンガンの出番なしw
・ワンパンだぜワンパンwwwガキの頃あれだけ俺をいびってたクソ共がワンパンwwwしばらく俺、笑い転げる。
・クソ共をガムテープで両手足を縛りあげて、口が開いているタイプの猿轡を?ます。
・腹にケリを入れてクソ共を起こし、レコーダーの中の音声再生。クソ共、顔真っ青。
・クソ共の両手足に、何回も何回も、金属バットを振り下ろす。クソ共の両手足、バッキバキのグッシャグシャwww
その時こう言ってやる。

「いいぜ?後で警察に通報しても。
 でもさあ、そうしたら俺、前科持ちになるやん?そしたらお前らの愛するクソ姉の人生が真っ暗になるやん?w
 だって身内に前科持ちが居るような女のところに、どんなもの好きな男が寄ってくるかなあwww
 もしかしたら今やってる仕事を首になるかもwww
 だから病院や警察のお歴々に怪我の原因訊かれても「階段から転んでこうなった」と主張してねwww」

クソ共、もう「漫画かよ!www」っていうくらい顔面蒼白www

そうそう、書き忘れていたけど、騒音で隣近所の人らに通報される心配は無いんだ。
具体的には身バレになるから書けないけど。

・で、クソ共を痛みで失禁&脱糞するまで手足を殴り折った後、家の中を徹底的に家探し。
 こんなこともあろうかと事前に目星はつけてた。
・台所の及び洗面台の下の開き戸、仏壇の裏、その他諸々のいろんなところから合計 数 百 万 の へ そ く り 発見。
・「これだけありゃあ俺を大学進学させる事が出来るじゃねえか!」とさらに俺、クソ共に天誅。
 (まあ多分これ、クソ姉の結婚費用っぽい)
・完全に両手足を粉砕した後、ガムテープ外して猿轡はずして病院へ通報して救急車を呼ぶ。
・結論から言えば、俺に前科は付く事は無かった。必至こいてクソ共、「階段から転んだ」と主張したらしい。
・なんか医者が意味ありげにこちらをにらんできたけど、まあ、プロだからクソ共の傷が階段から転んでできたものじゃないと見抜いたんだろう。
・でも医者は警察に通報しなかったっぽいwww俺完全勝利www「身内同士の犯罪は、殺人以外は刑事事件になりづらい」って本当だったwww
・で、俺の惨状を見て見ぬふりしてたクソ親戚に「世間体を汚されたくなかったらクソ共を引き取るんだなww」と連絡。
・クソ共の血で真っ赤に汚れた実家で「いやっほおぉ〜〜〜〜うっ!!!」とはしゃぎながら荷造りして、事前に契約していたアパートに引っ越す。

だけどまだ恨みは晴らされていない、十数年俺をいびってきたお礼を倍返しするために、あいつらが死ぬまでいびり返してやる。
そう思って俺はあいつらから取り上げたへそくりをニマニマしながら眺めてた。
さて次はどんな方法であのクソ共を苦しめてやろうかと計画を練ってたんだけど、その数か月後。
クソ親戚から電話連絡。

クソ家族共、自死してた。
3人そろって舌噛み千切って。
俺、「歯も全部叩き折ればよかった」と超後悔。
俺、電話口に向かって

「何たった数か月で死んでんだよ!俺は十数年我慢してきたのに!!!」

と怒鳴る。
親戚、ドン引き。
でもその後、俺、大笑い。

「よし!あいつらがろくに苦しまずに死んだことは惜しいが――これで俺は自由だ!!!ばんざーーーい!!!」

そしたら親戚、生意気にも

「お、お前に人の心は無いのか……」

とほざきやがる。
俺はせせら笑ってやったね。

俺「はあ〜〜〜?てめえ風情が人の心を口にするか!?わっらわっせる〜〜〜www
    じゃあ俺があのクソ共に障害いびられ続けることを良しとすることが人の心か?!アアッ!!?」

親戚「ど、どんなにひどい人間っでも家族は家族だろうが!?」

俺「家族だからこそだろうが!!家族だからこそ!奴らに教えてやらなくちゃならねえ!
     『どんな理由があっても、理不尽な暴力を家族に振るってはいけません』と!
     それを俺はあのクソ共に家族として教えたんだ!どうだそれは尊い事だろうが!!!」

親戚「どんな理由があっても、暴力はいかんだろうが!」

俺「じゃああいつらの暴力はよくて、俺が『愛のムチ』をふるう事はいけないのか!?そうだこれは『愛のムチ』だ!
     全くクソ親戚さんはよォ、暴力と愛のムチの区別もつかない脳障害の持ち主なんでちゅかあ?
     あはは、あなたの親はずいぶん無能な子宮と精子してまちゅねwww」

親戚「お、お前……!」

俺「じゃあ許せよ!俺とアイツらは切っても切れない家族なんだから、
     『俺があいつらを死んだほうがましレベルにぶちのめしたこと』をゆ・る・せ・よ!!!www
  ハイ論破wwwまったく池沼はクソの役にも立たん空理空論を振りかざすからやりやすいwww」

親戚「なッ……池沼だと!!?」←本気で怒りだしてやんのwww

俺「じゃあな池沼親戚!自分の母親のケツでも犯してやがれ!!!」

俺、受話器を叩きつけるように通話を切る。

これにて俺の復讐は完了。
すっごい気持ちよかったね!
良くネットでもリアルでもさあ、偽善者が「復讐は空しい(キリッ)」とかいうけど、全然そんなことなかったな!「俺は乗り越えた!」という充実感でいっぱいだ!
「復讐は復讐を呼ぶだけだ(キリッ)」?バカバカしいw復讐され返されないよう、徹底的にぶっ潰せばいいだけwww俺のようにwww
……そもそも根本的にさあ、「加害者ばかりが許されて、被害者ばかり泣き寝入りを強要される世界」より、「復讐まみれの世界」の方がまだましだろ?
「なんでも話し合いで解決だ(キリッ)」?ボケが、聞く耳持たないような、あのクソ毒家族のような相手に会話が通用する訳ないだろ脳ミソの代わりに痰でも入ってんのかクソボケ。

しまいにゃ「暴力をもって暴力を返すことは暴力に他ならない」って……阿保としか言いようがない。
「暴力をもって〜」って、それを言ったら「警官が犯罪者を捕まえて豚箱に放り込む」ことも暴力になるじゃない。
「暴力を暴力で返すことは、治安維持」という尊い行為だろうに。
俺はヤだぜ?警官が犯罪者を取り締まるのを、「邪悪」だと非難されるような世界。
警察が仕事しねえ世界じゃん。
そんな世界嫌だよ俺。
偽善者野郎に「じゃあそんな世界に行けよ」と言ったら、きっとしっぽ撒いて逃げるんだろうなwああいう奴らってクソ親戚の様に口だけゴミクズだからwww

その後俺は奴らから奪ったへそくりを元手に商売初めて大成功www……なんて、漫画の様にはいかなかったwどんなに計画練っても倒産する未来しか見えなかった……
だからまあ、せいぜいネット副業で月数万稼いで、着服したへそくりは貯金にまわすので残念ながら精いっぱい。
現実なんてそんなもんだよなw

まあその後いい女と知り合って結婚して、子供もできて。
父親となった今だからこそ、あのクソ共の異様さがよく理解できる。
実の我が子をサンドバックにするなんて、もう完全にいかれているとしか思えん。
我が子の幸せを願わない親なんざ、さっさと死んだほうがいいと断言できるわ。
あの日々が嘘のように幸せな毎日を送って、ふと休日に物置を掃除してたら、奥から砂鉄入りグローブの入った箱が見つかって、ああ、こんなこともあったなあと思いだしたので、書き込み。

偽善者の皆さんは俺にいろいろ言いたいだろうけど、済んだことなんだから、無条件で許しなさいw過去の事は、謝罪も償いも無くても許すことがあんたらの正義なんだろw
"同胞"が惨死しても、俺を許しなさいwww俺と奴らは"家族"なんだから、済んだことは水に流して忘れなさいw器が小さいよwww

最後に。
ネットの皆様、数々の名コピペで俺の目を覚まさせてくれて、本当にありがとうございます。
あなた方が名コピペを書き込まなかったらと思うとゾッとします。
本当に本当にありがとうございます。

コメントの数(10)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:LMkvrraR0編集削除
舌を噛んで死ぬのは本ではよくあるが、実際は無理。
辛いだけで成功率が著しく低い自死方法を3人も実行とかありえない。
とか無粋なことを書いてみる。
2 . 名無しさん  ID:IwOrDI5S0編集削除
4行目を見て、読むのをやめた・・・w
3 . 名無しさん  ID:QIMVOtIa0編集削除
もう自分のことだけ考えて生きろ。
結婚なんてするな。
歴史は繰り返す。
4 . 名無しさん  ID:NKB0ZvfF0編集削除
さあ立ち上がれよ、ヤングマン
5 . 名無しさん  ID:tvxRQvR.0編集削除
※1
初めに作り話と書いてるだろ?
…まさかホントに作り話が出てくるとは俺も思わなかったけど。
6 . 名無しさん  ID:.3kkYcBy0編集削除
最後まで読んだ
一行たりとも「ここはガチだな」って思える部分が無かった
妄想・創作ならなろう小説読みにいくっちゅうねん 
7 . 名無しさん  ID:QIMVOtIa0編集削除
※4 そうだな、あの人はそう言って俺たちに元気を与え続けた。
一緒にご冥福を祈ろうじゃないか。
8 . 名無しさん  ID:YPXATQO10編集削除
馬鹿はネタをつくるなという見本ですな
9 . さゆ  ID:6NtPfJVj0編集削除
毒親を持った辛さは持った人間でないと解りませんよね。

「こういう親が欲しかった」と願っていた父親になって下さい。
…………頑張りましたね。 

これからは幸せ一直線ですよ。
10 . 名無しさん  ID:hATsVNrZ0編集削除
んなわけないじゃんw

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ