婚約して数か月後には結婚って・・・予定だったんだがな
見事に御破算だよ

婚約者(以下A子)が俺の住んでたマンションの合鍵をかってに複製して
男連れ込んで行為しやがった。

その日は仕事が午前中で終わり、半休をとり帰宅
そしたら、玄関の鍵があいてたんで(やっべー閉め忘れてら)と
思いつつも嫌な予感がして、そっと玄関を開けたら・・・

男女の知らない靴、ソファーには同じく男女の服と下着、カバン*2

寝室の扉からはクグモッた行為の声・・・



今思えば、俺・・・相当気が動転してたようだ

見知らぬ男女の服・鞄・靴を部屋から持ち出してしまったよ

>でも女の服は別にもあるよね。

無いですよ、同棲はしていなかったので。

あと、下着も拾っちゃてましたね

んで、拾ったものを車に持ち込んで
フッと、落とし主が困ると思い鞄から持ち主の詳細を確認しようとして名刺を発見
近所の会社の副社長さんの荷物の様でしたので、会社に届けました。

俺「すいません」

事務員(以下:事)「はい?どの様なご用件でしょうか?」

俺「突然申し訳ありません、私○○と申します」
    「副社長の**様は御在籍でしょうか?」

事「**は只今、外出しておりますが」

俺「そうですか、でしたら社長様は?」

事「(怪訝そうな顔で)おりますが、どの様なご用件かお伺いできますか?」

俺「はい、実は**様の荷物を拾いまして御届に上がったのですが」

事「それは態々有難うございます。此方でお預かりさせて頂きます。」

俺「はぁ・・・では、トラブル防止の為に荷物の確認をお願いいたします。」

事「はい」

俺「まずは鞄ですね、此方はスイマセン所有者確認のために開けさせていただきました」
    「続いてスーツ上下にYシャツ、靴下、靴・・・・あと下着(女性もの)以上ですね」

事「えっ・・・ちょ、ちょっと、お待ちください社長を呼んでまいります。」

俺「いや、お忙しいようなので、無理には・・・」

事「お待ち下さい、本当にスグですので」

奥にダッシュしてったよ

んで、会議室っぽい所に案内された。

俺「お忙しいところ、お時間頂き大変申し訳ありません」
    「私、○○と申します。」

社長(以下:社)「私**と申します、副社長の**は私の所の入り婿です」
                       「そして、先ほどの事務員が私の娘で**の妻です。」

俺「あ・・・それは、大変失礼を」

社「いえいえ、此方こそ多大な御迷惑をおかけした様で」

事「あの・・・申し訳ないのですが改めて荷物の確認を・・・」

社「あっ・・ぁぁ、お願いできますかな?」

俺「鞄、スーツ上下、靴、下着(女性もの)以上です」

事「あの?その下着は・・・」

俺「えっ?一緒に落ちておりましたので**様のでは?」

事「違うと思います」

俺「じゃあ、此方が**様の荷物でしたか、失礼しました」
   「カットソー、スカート、ヒールある靴、ピンクの鞄、下着(ボクサーパンツ黒)」

何か女性ものの落とし物見せたら、社長と事務員さんの顔色が真っ赤になってましたよ

社「で・・・此方を何処で拾われたと?」

俺「私の家のリビングに投げ捨てられておりまして、持ち主もさぞ心配かと思いお届けに・・・」

事「あの・・・家とは?」

俺「##マンション(会社裏手)ですが」

社「不躾で申し訳ないのですが、これから御邪魔しても?」

俺「いやぁ〜部屋も散らかっておりますし、人様を御招きする準備も・・・」

机をBANっと叩いて

事「今すぐにお願いします」(すんげ〜怖かった)

俺「はい・・・」

この状況・・・鞄拾ってから30分位だったかな

んで・・・俺宅に到着

玄関の鍵開けたら・・・ 
・・・行為中

事「失礼します・・・」

俺「あっ・・・」

寝室の引き戸を事務員さんスッパァーンと

事「アンタラ、何sdfghj・・・」

副社長(以下:副)「だ・・・だれだお前、人の家にかってに入ってきて・・・」

A子「きゃぁー」

事「私が解らないのか?」

副「えっ・・・?ぁ・・・っ」

俺「**様・・・今人の家と仰いましたが、此処は私の所有する部屋ですが」
    「貴方は、私から購入なさったのですか?」

副「・・・・・」

A子「俺・・・?違うの、嘘なの・・・」

俺「A子・・・さっき、御両親呼んであげたから、ちょっと待っててね」

社「副・・・お前ってやつは」

副「義父さん・・・違うんです、これは美人局なんです」
    「私こそ被害者なんです・・・」

事「あなた・・・見苦しいわよ」

副「本当なんだ信じてくれ、私は被害者なんだ・・・」

ちょっと長いですね、ごめんなさい

A子両親到着・・・状況を把握するや
土下座だよ・・・何にも悪くないのにね

A子父「俺君・・・本当に申し訳ない」

俺「いえA子の責任です、義父母さんは悪くありません、頭を上げてください」

A子父「しかし・・・婚約も済んで、もうすぐ式だと言うのに」

俺「大丈夫ですよ、婚約も解消しますし、式も取りやめますから」

A子「いあぁ〜〜何で何でそんな事言うの!俺・・・一生守るって・・・」

A子母:無言の土下座から復活してA子に前蹴り、マウントとってビンタ*数十回

A子母「あんたは・・・うぇrtghjklp」

後方では社長と事務員で副社長が修羅場、前方はA子母とA子が修羅場・・・

俺「あの・・・皆さん、近所迷惑なので内輪の事は後にしてください」

俺の方を見た方々何故か絶句・・・

事務員「ひっ・・・」

A子「っ・・・・・・」

社長・A子父「うっ・・・」

俺「社長様・・・大変不躾なのは承知しておりますが、今回の顛末の話し合いの場として」
    「先程の会議室を、お借りできないでしょうか?」

社「もっ勿論です。」

俺「では、明日午後に御邪魔いたします、その時に此方の請求を提示いたします」

社「俺さん、此方の都合を御願いできる立場では無いのですが従業員の手前、
     時間を午後6時以降にお願いできないでしょうか?」

俺「あっ・・・失礼しました、業務終了後の6時と云うことでお願いいたします」

事「ほら、さっさと帰るわよ・・・」

副「・・・」

事「何?帰りたくないのなら、勝手にしなさい」

副「ぁっいや・・・服が・・・」

社「服?」

俺「あ・・・会議室で確認して頂いたときに置いてきてますね」

社長、どこかへ電話・・・数分後(洋服の到着)

高齢な女性がやってきて、玄関の上がり口で土下座

高女「この度は**が大変申し訳ないことを・・・」

俺「いえ、自分で責任の取れる歳なんですから、お気になさらず」

翌日の話し合いの結果
A子:婚約破棄、慰謝料100万、結婚準備にかかった費用全額400万返金

副社長:会社の財形貯蓄から俺マンションの購入、慰謝料300万(譲渡にかかる税金含む)
離婚及び副社長実家との取引停止、副社長解任、懲戒処分で追放だって(会社って怖いね)

慰謝料だけならまぁ、問題なかったようなんですけど
結婚準備費用の400万返金が、A子兄の結納に使われる資金で補填した為

A子兄の結納が延期(延期理由を虚偽報告)
嘘の理由がバレる
2人の関係がギクシャク
A子兄彼女、俺に説明要求
件の公正証書等を見せる
A子兄彼女の両親G・E・K・I・D・O
見事に破断!!
周囲に結婚報告していた為、慰謝料ぽいものが発生
A子兄、本当の理由をバラシタ、お前のせいだぁ〜っと俺に凸

嘘がバレた理由はA子が、周囲に私は悪くないメールをA子兄彼女にも送信のが原因なんですけどね

買い取りは決定しましたが家財処分期間でしたので
処理中に凸されました。
普段は実家に戻っていたので油断してました。

A子編(A子自宅にて)

A子父母(土下座)「此の度は、娘が大変ご迷惑をお掛け致しました」

俺「いえ・・・此方こそ御二方には不愉快な思いをさせ、申し訳ありません」

A子「俺・・・(泣き)」

俺「・・・・・」

A子父「やはり・・・再構築は望めませんか・・・」

俺「申し訳ありません・・・お付き合いする以前の過去ならお互い様ですが」
    「現在進行形では・・・しかも無断で合鍵を複製の上ですから」

A子兄「俺君・・・申し訳ないんだけど」

俺「はい?」

A子兄「状況が状況なので弁護士を入れさせてもらうよ」

俺「そうですか、どうぞ」

A子兄「ふんっ」

弁「失礼します、$$法律事務所の&&と申します、以後の交渉は私を通すようお願いいたします」

俺「解りました、&&先生に一言よろしいですか?」

弁「何でしょうか?」

俺「今後の交渉において不必要な回答の遅延行為は無いと誓ってください」
    「そして、今からの会話は先生もなさるでしょうが、此方も録画録音させて頂きます」
    「よろしいですよね?」

弁「どうぞ」

弁「では・・・今回の件につきまして、俺さんは何を要望されますか?」

俺「まず、婚約の破棄が大前提にあります」

A子「いあぁ〜〜、俺、いや、zxcghjkぉいh」

A子父「黙れA子、お前が・・・お前が仕出かした事なんだぞ」

A子「違うの、アレは・・・私は俺だけの物なの・・・」

A子母「A子・・・見苦しいことは辞めてちょうだい」

A子「俺ぇ・・・ひっぐ」

俺「・・・」

A子「ひぃっ・・・」

A子兄「父さん母さん、何でA子の言い分を聞かないんだよ」
         「俺や相手が嘘ついてるかも知れないだろ・・・」

A子母「あのね・・・男女が全裸でいたのに嘘なんて言えるわけないでしょ」

A子兄「えっ・・・」

俺「・・・」
    「先生、要望を続けますね」

弁「あっ・・・はい」

俺「婚約を周知していたので其れの慰謝料として100万円」
    「形だけとはいえ結納時に渡してある200万円の返金」
    「婚約指輪並びに結婚指輪に掛かった費用200万円の返金」
    「今回の件を公正証書として文章化する事・・・以上です」

弁「文章化ですか・・・」

俺「はい」
    「要望は以上です先生の方で後は話を進めてください」

A子兄「おい・・・俺!さっきから、お前偉そうに」

俺「・・・」

A子兄「すかしてんじゃねえぞ」

A子父「兄・・・いい加減にしろ、黙るのはお前だ」

A子兄「オヤジまで、A子を守れよ・・・」

弁「お兄さん、落ち着いてください」
    「あまり騒がれますと、交渉が不利になりかねません」

A子兄「うっ・・・」

俺「では、先生こちらが私の連絡先となります」
    「無いとは思いますが私の就業中に連絡は避けて頂けるんですよね?」
    「業務を邪魔してまで交渉を有利に進めようとは為さらないでくださいね」

弁「え・・・ぁ、はい」

俺「お願いしますね」
    「では、この辺で失礼します」

3日後の夜に弁護士から

弁「今回の件につきまして俺様の要望通りとなりましたのでご報告いたします」

俺「そうですか、では文章化の方は此方から先生宛に文章を送付でよろしいですか?」

弁「先方の、お父様よりその費用も負担為さるとおっしゃっております」

俺「文章化を要望したのは私なのですが」

弁「そのように申したのですが、構わないとのことです」

俺「解りました、文章が出来ましたら送付願えますか?確認後に先生へ御連絡いたします」

文章到着〜

俺「内容を確認しました」

弁「はい、そうしましたら正本と代理権限書類を改めて送付いたしますので署名捺印をお願いいたします。」

俺「あの先生、公証役場へは出向きます」
    「署名捺印はその時に・・・印鑑証明等も用意いたしますので」

弁「そっ・・そうですか?日程は改めてお伺いいたします」

俺「よろしくお願いいたします」

A子編はこのような感じで、2週間ほどで解決しましたね

A子:女子ラクロス部の頃に
副社長:男子ラクロス部で各学校の交流合宿に先輩として参加してて面識があったらしいです。
で、俺の家に来るときに数年ぶりに会社の前でバッタリ・・・お茶>食事>行為だって。

A子兄には、俺の家で勝手に男を入れて、お茶していたのを見られたと言ったそうです。

まぁ元々、A子兄には嫌われてましたし・・・

副社長編です

俺「こんばんわ」

事「あ・・・こんばんわ」

俺「大丈夫ですか?顔色悪いですよ」
    「私には言われなくないかと思いますが・・・」

事「いぇ・・・お気遣い有難うございます」
    「では、此方へ」

俺「失礼します」

事「社長、俺さんがいらっしゃいました」

社「俺さん本来であれば此方が出向くべきなのに申し訳ありません」

俺「いえ、此方こそお騒がせして申し訳ありません」

社「俺さん社内処分も関係する為に申し訳ないのですが弁護士の同席をお許し頂けますか?」

俺「私は構いません」

次回:弁護士・副社長登場

副「此の度は大変申し訳ありません」

俺「謝罪は結構ですよ」

副「・・・」

弁「では、今回の件につきましてですが、俺さんの御要望はありますか?」

俺「はい」
    「此方としましては慰謝料の請求は当然なんですが」
    「マンションの買取を希望します」

副「なっ・・・ふざけるな!」

事「あなた・・・何偉そうな態度で言ってるの」

副「お前・・・幾らなんでも買取って、納得できるわけないだろ」

社「副・・・自分の仕出かした事、軽く考えてないか?」

副「いえ、お義父さん・・・」

俺「・・・」

副「貴様!!何スカシてんだよ」
    「んなんだから、女に逃げられんだよ」
    「アイツも言ってたぞ、何があっても怒らないから気持ち悪いってな!」

事「アナタ!」
    「俺さん、すいません・・・」

俺「事さん、気にしないで結構ですよ」
    「で?言いたいことは終わりですか?」
    「弁先生、話を進めて下さい」

副「無視するな!!」

俺「マンションに関しては、
     購入価格とローンに掛かった諸費用等及び譲渡に関して掛かる税金相当額で結構です」
    「慰謝料に関しては完全な婚姻状態ではありませんでしたが、
     結構周知しいますので100万円を請求いたします」

副「ボッタクリすぎだろ、調子に乗るなよ」

俺「だまれ!」

副「ひっ・・・」

社「先生、俺さんの提示条件は副の言う程、無茶な要求なのですかな?」

弁「慰謝料に関しては平均的な価格よりは上ですが伺っている状況的には妥当かと」
    「不動産の買取に関しても俺さんの心理的な瑕疵を考慮すると調停を避ける前提でしたら了承なさるべきかと」

副「おい、弁!貴様は俺を弁護する為にいるんだろうが」

弁「副さん、それは違いますよ」

副「へっ?」

弁「私は会社の顧問契約上、社長の依頼で同席しております」
    「会社に対して不当な請求を回避するためであり、あなたの弁護目的では御座いません」

副「なっ・・・だったら今日は無しだ、弁護士を立てて対抗する」
    「俺、貴様も帰れ!」

社「副!!」
    「いい加減にしろ!」
    「懲戒処分だけでは済まなくなるぞ!」

副「しかし」
    「そんな金なんて無いです」

事「社長・・・会社で行っている財形貯蓄が在ります」

副「お前、余計なこと言うな」

事「社長・・・私も我慢の限界です、離婚します!」

副「まっ待ってくれ、離婚は・・・」
    「すまない」
    「俺さん、すまない、本当に此の通りだ・・・(土下座)」
    「俺さんの条件全て呑む、だから離婚だけは・・・」

事「先生、副もこう言っております俺さんとの示談に関しては先ほどの通りに」

社「先生ちょっと待ってください」
    「不動産の購入に関しては購入価格で、諸費用に関しては慰謝料として上乗せで進めてください」

俺「社長、それでは私の利益が大きくなりすぎます」

社「いえ、此奴は反省しとらんようですし」

事「此方も離婚しますので、お気になさらずに」

俺「いや・・・猶更、事さんが受け取られるべきです」

事「俺さん・・・」

社「先生、では方向性は決まりましたので俺さんとスリ合わせの上文章化をお願いします」

弁「かしこまりました」

〜〜〜文章内容について協議〜〜〜

弁「では、此方で公正証書として進めさせていただきます」

俺「よろしくお願いします」
    「あと明け渡しなのですが、荷物の処分と実家への配送にお時間を頂きたいのですが」

事「それは、気にせずに」

俺「有難うございます」

〜〜〜A子兄凸〜〜〜

A子兄「俺ぇ〜貴様、○実(兄婚約者)に何をいったぁ〜」

俺「・・・何しに来た?」

A子兄「うるせぇ、黙って答えろ」

俺「あぁ・・・お前がセコイ嘘ついたアレのことか?」

A子兄「だから、何をいったぁ!」

俺「何も言ってないぞ」

A子兄「うそだぁ」

俺「本当だよ」

A子兄「じゃぁ何で○実がA子の事知ってるんだ」

俺「俺は何も言っていない、○実さんの両親に公正証書の文書を見せただけだ」
    「質問にも一切答えていない」

A子兄「何で・・・何で・・・恨みがあるのはA子だろぉ、オレに何の恨みがあるんだよぉ」

俺「お前さぁ、A子の婚約破談の理由と金を俺に騙されて取られたと言ったらしいじゃねぇか」

A子兄「ぐっ・・・」

俺「ふぅ・・・片付けの邪魔だ消えろ」

A子兄「・・・」

土気色の顔って、軽くホラー入るんですねビックリだよ

〜〜〜数日後片付け終わって〜〜〜

俺「こんばんわ」

事「こんばんわ」

俺「片付けが終わりましたので、鍵をお持ちしました」

事「態々有難うございます」

猫「にぃ〜ゃ」

俺「?」

事「あっ・・・カフェだめでしょ」

俺「よっと、お前カフェっていうのかぁw」

猫「ゴロゴロ・・・」

事「えっ・・・アレ?」

俺「どうしました?」

事「カフェ・・・いえカフェオレって名前なんですが、その子が私と母以外に抱っこされたことなかったので」
    「あの人には近づきもしなかったのに・・・」

猫「ゴロゴロ、にゃぁ」

俺「そうですかw」

事「えくぼ・・・」

俺「えっ?」

事「俺さん、笑うとえくぼ出来るんですねww」

俺「www」

事「俺さん、これから如何されるのですか?」

俺「取り敢えず、実家に帰ります」

事「御実家は、どちらに」

俺「最寄りが○○駅です」

事「あらw」

「私、今度○○駅の近くに越すんですよw」

俺「えっ・・・」
    「申し訳ない・・・出来るだけ早く転居先見つけますので」
    「不愉快なこと思い出させてしまうかもしれませんが・・・」

事「ふふっ・・・気にしないでくださいww」

猫「ぶにゃぁ」

事「ほらぁ、カフェこっちおいで」

猫・・・ぷぃっっと顔そらす

俺「w」

事「・・・・・・・・・・」

俺「どうしました?」

事「俺さんって感情を表に出さない方なのかと思って怖かったんですが」
    「あっ・・・ごめんなさい」

俺「いえ・・・」
    「感情を出さないんじゃないんです、怒るのが苦手なだけなんです」

事「でも、笑顔の俺さん・・・かわいいですw」

俺「ちょっ・・・w」
    「ほら、カフェ・・・御主人のところに戻りなw」

猫「にゅぁ」

俺「では、御邪魔しましたw」

事「お気をつけて・・・w」

会社を出て少ししたら

事「俺さん・・・ハァハァ」

俺「ど・どうしました?」

事「こっ・・・これ」(1枚の畳まれた紙)

俺「はぁ」

事「私の連絡先です・・・」

俺「えっ・・・」

まぁ微妙な感じですが、私の経験した修羅場はこんな感じでした。

副社長が私のGOPROを弄って、セルフ隠し撮り動画を晒す展開にはならずに済みました

事さんには、ショックな内容なので社長には内密にとデータの複製を渡したんですが
それが引き金で、離婚+解雇だけのはずが、実家の取引停止にまで行くとは思わなかったよ
社長・・・事後報告とかって笑顔で言うんだもんなぁ

最後に、拾ったなら鞄等について本来は警察に届けるべきなんですよね
突っ込み入る前に、言っておきます。

テンパってて警察に届けるなんて判断できませんでした!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
体験談:昨日の夜の話なんだけど、嫁が珍しく酔っ払って帰ってきた。 [萌え]

昨日の夜の話なんだけど、嫁が珍しく酔っ払って帰ってきた。
うちの嫁って、あんまり感情を表に出さないっていうか、猫系女子?なんだよね。
それで、酔っ払ってきた嫁が俺の顔見て、

「おーい、旦那ー、聞いてよー」

って、まさに酔っ払いみたいなセリフを言ったのよ、驚いたけど、どーしたのって聞く間もくれず、嫁が勝手に話し出した。 

「今ねー、同僚の女の子と飲んできたんだけどさー!その女の子、旦那の愚痴ばっかり言ってるの!」
「しかも全部自己中心的な考え方の!私がこーなんだからそれに合わせろみたいな!
 んで、私はそれを相槌打ちながらぼーっと聞いてたんだよ。」
「でもですよ?私は、お互いを理解して、助け合って、不満なところがあったら隠さずにそれを少しずつ良くして、
 悩み事があったら相談して、円満な家庭を作れたらそれでいいと思うんですよ!」
「終いにはその女の子、「他にいい男いないかなー」なんて心にもないこと勢いで言っちゃってんの!
 全く、何を言ってるんですかあなたはって話ですよ!」
「私は旦那大好きだっての!愛してるっての!
 私あんま感情出さないけど、私のちょっとした変化に気づいて気を使ってくれる旦那が大好きなんですよ!
 こんな私を愛してくれる旦那が愛しいです!それじゃ!私はお風呂に入らずにねまーす!じゃあの!」

もう呆気にとられたよ。
そして、今朝起きてきて、顔真っ赤にした嫁が

「えと、あの、昨日はすいませんでした…もっと素直になるから嫌いにならないでね?」

って言ってきたの。もう本当に可愛いですよ。

以上、嫁大好きな俺の惚気話でした。 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
体験談:まだ自分が20歳の頃レンタルビデオ店でバイトしてた。 [衝撃]

Twitterに駅で奥さんと子供を殴る男の動画が上げられてて思い出した嫌な話なんだけども。
オレの修羅場というわけじゃないけど。

まだ自分が20歳の頃レンタルビデオ店でバイトしてた。
その日はたまたま閉店までで夜中の1時過ぎに車で自宅に帰ってた。
その時丁度自宅から5分かからない所にある地元では有名なラーメンのチェーン店の前で信号待ちした。
ふと店を見るとまだ明るくて中に中年の男ひとり、女性がふたり見える。
目を凝らすとその男、店の店長で女性は店長のお母さんと奥さん。
何か話し込んでるんだけど、明らかに怒鳴り散らしてる。

信号も変わろうかと言う時にいきなり店長が奥さんの顔を殴りつけた。
びっくりして見ていると奥さんが店の床に転がったのを椅子を持ち上げて何度も殴りつけてる。
オレの家も死んだ親父がDV大好き男だったから段々腹が立ってきて車をその場に放置して店の自動ドアに飛び込んでいった。

その時丁度厨房から包丁持ちだした店長が座った眼で癇癪垂れてた。
完全に頭に血が上っていたから気にせず店長に近づいて包丁をひったくり店の奥に投げ捨てた。
その間に店長のお母さんが奥さんを引きずって厨房の奥に隠れた。
店長がわめきながらが掴みかかってきたのを全力でねじ伏せて執拗に頭を床に叩きつけた。
そのうち伸びて動かなくなったので携帯から警察に電話。
奥さんが真っ赤に膨れ上がった顔を氷で冷やしながら何度もお礼を言ってた。

10分しないうちに警察が到着して伸びてるおっさんを見て救急車を呼んでた。
オレはパトカーで警察署に連れていかれて留置所で一晩過ごしたよ。
次の日の昼には家に帰ったけどオレの母はニコニコして何も言わなかった。
話は近所中で噂になって店も潰れてしまったけど、店側からは何も言ってこなかった。
3日後位に奥さんと奥さんのご両親が自宅に菓子折り持ってきて色々話してくれた。
どうにか別れられた事、あの日はあのまま殺されていたんじゃないかという事、店の経営がうまく行かず荒れていた事、あの日の事を相手は覚えていない事。
奥さんが言った「皆見て見ぬ振りをするけどまさか助けが来るとは思わなかった」という言葉がなんだか昔のオレの家みたいだなぁと母と一緒にしみじみ思った。

>店長酔ってたのか激躁だったのか…

完全に泥酔してた。
本人にも思う所があったんだとは思うけどね…。

助けたというか嫌な思い出がフラッシュバックして押し入ったというかね…。
まぁ結局自分の為だった気もするw

コメントの数(13)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:oeN6W.gt0編集削除
3話まとめてお送りしました。
2 . 名無しさん  ID:3Cpj63Ec0編集削除
3話まとめる意味あんのか?
1話目はそこそこ長いし
3 . 名無しさん  ID:HQwmySBr0編集削除
超豪華3本立て
4 . 名無しさん  ID:AtkFT1q10編集削除
全部同じ人の投稿なの?
5 . 名無しさん  ID:mbAxENd70編集削除
3本だてはストックしてたのを切り忘れてアップしたんじゃないかと予想。
最初の話は盛りすぎて嘘臭いけど。

俺も昔の彼女と修羅場ったことあるけど、少しでも時間たつと時系列とか会話の内容とかかなり曖昧になるし、ましてや台本形式に書き起こすとかマジ無理。
6 . 名無しさん  ID:iR8y90pL0編集削除
久しぶりにこういうネタを振ってきたな。ww
7 . 名無しさん  ID:qvrTlRao0編集削除
相手に非がある悪事をやられると、どう追い詰めていたぶろうか、どうすれば自殺してくれるだろうかという方向にばかり考えが行ってしまう自分には事務的な対応なんて無理だわ
8 . 名無しさん  ID:IgnOoi0J0編集削除
一本目が猫のあたりから嘘くささが激増した
9 . 名無しさん  ID:Kh9sa.Oc0編集削除
盛り過ぎて猛烈に嘘くさい
10 . 名無しさん  ID:9dTm4D6Y0編集削除
嘘かどうか気にしてる時点でお呼びじゃないんだよな
11 . 名無しさん  ID:wRZrxZcN0編集削除
このちょっとミスしても直しもしないし釈明もしない。むしろミスったのすら気づいてない、もしくは気づいてもまいっか的に放置する管理人が嫌いじゃない
12 . 名無しさん  ID:0KdVOT6w0編集削除
文章化→文書化でいいの?
読んでる途中で気になっちゃって途中から内容入ってこんかった
13 . 名無しさん  ID:V6zXAiBe0編集削除
またタイトルにだまされて小説読まされた…

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ