前の会社で経理部だった時のハナシ。
財務部と監査室のオッサンといっしょに支店を回るという仕事があった。
なぜか、その会社の支店では、定められたシステムとは違う経理処理をするケースが多々あり、それらをチェックして回る「憎まれ役」。
豪華な接待も受けるが、神経の磨り減る業務。
30歳になる直前に「本来は主任以上の業務だが、今回は特別に君が同行しなさい」になった。
理由はわかっていた。
その時の行き先である「修羅の国支店」は支店長K部長が最悪だったから。



当時は、売上と利益率さえ達成できれば正義。
コンプライアンス、なにそれ?
中でもK部長は元ミドル級キックボクサー、兄である専務の口利きで入社したコネも強力。
根性論のイケイケで、逆らう部下を殴る蹴るするんで有名。
修羅の国支店の「ラオウ的存在」。
ただでさえ関わりたくない相手に正しいルールを指導するなんて、誰もやりたくない。
つまり、俺は完全な「生け贄」だった。
しかも、今回は財務部からは人が来ず、監査室の中途入社の人との二人旅だった。

監査室の中途入社の人とは、H駅で合流した。
当時33歳と俺より少し年上。
見た目は「水戸黄門」に出てたスケさん(あおい輝彦)そっくり。
(なので、ここから先はアオイさんと呼ぶ)
アオイさんは明るく朗らかな人で、ビビってる俺とは対照的に

「サクサクやっちゃいましょ」

と……

修羅の国支店での、実際の業務は超絶有能なアオイさんのおかげで実にスムーズ。
あとアオイさんの人当たりの良さもあって、支店の人たちもひじょうに協力的。

問題はその日の夜だった。
夜はお決まりの、支店によるご接待。これがまた気を抜けない。
ここで失態を犯せば「本社の若い奴が生意気な!」とチクられて、あとあと酷い目に遭う。
俺は酒が弱い(飲めなくはないが、ビール中生ジョッキ3杯で寝てしまう)。
しかし、修羅の国の人たちはやたらと飲ませたがる。
ここでもまたアオイさんに助けられた。
アオイさんは注がれた酒は全て飲む。
しかも、話上手。
支店の人が聞きたがる話を面白おかしく話す。
(以前、修羅の国支店にいて、今は本社勤務の人の近況などなど。みんな、大笑いしていた)

途中からK支店長がご来店……(ちなみに見た目は地井武男を意地悪にした感じ)
さっきまでワイワイ賑やかだったのに、急に静かになる支店の皆さん……
朗らかにご挨拶するアオイさん、ついでに俺。
K支店長、どうも機嫌が悪いらしく、ガブガブ芋焼酎を飲みながら、ガンガン飛ばす。

「わざわざ東京から、支店の業務を邪魔しに来やがって。迷惑なんだよ」
「おまえら、わざわざ九州まで酒をタカリに来やがったのか」
「本部と違って、支店は忙しいんだよ!暇人どもが!さっさと帰れ」

俺はもう、とにかく小さくなって、存在を消そうとするのだが、アオイさんは微笑みながら

「そんなにイジメないでください。ご迷惑にならないようにしますから」

と動じない。
そんなアオイさんの態度が気に食わなかったのか、K支店長が恫喝モードに入った。

「貴様ぁ!男がヘラヘラしくさってぇ!ナメとんのかぁ!食らわすぞぉ!」

「まあまあ、他のお客様にもご迷惑ですから」

とやっぱり笑顔のアオイさん。

「なんだとぉ?俺が迷惑だってのか!てめぇ、喧嘩売ってるなぁ!」

「じゃあ、そろそろお開きの時間にしましょうか」
アオイさんに促されるように、俺も支店の人間も席を立ったのだが……
突然、俺の後頭部に衝撃!
なんだ?と振り返ると、K支店長。
ファイティングポーズをとって

「こい、こらぁ!」

えーっ?と慌てて逃げるように店の外に出ると、アオイさんが

「どうした?」

K支店長から一発貰いました…と伝えると、

「これを持っていてください」

とかばんを渡された。

店から出てきたK支店長は、上着もなければネクタイも外して臨戦態勢。

「おら!若造!こい、こらぁ!」

アオイさん、スタスタとK支店長の前に行き

「(俺)くんにナニをしたんですか?」

「あ?軽く小突いてやっただけだよ。なんだ、文句あるのか?」

「(俺)くんに、謝罪をしてください。社会人にあるまじき行為です」

K支店長、顔を真赤にして

「俺に謝らせるだとぉ!貴様だけは許さん!」

とワンツーパンチ!
アオイさんに二発とも入ったが、アオイさんは動じず

「(俺)くん、私が二発殴られたところ見たね?」

「あ、はい、見ました」

答えながら、俺は支店の人たちを見回すが、誰も止める気配がない……

「も、もう、やめましょうよ。マズいっすよ」

「K支店長、先に言っておきますが、次は私は避けますし、反撃します」

「ぶっとばしてやる!」

とK支店長が蹴りを放った瞬間、K支店長の身体がグルリと回転?
俺の目に間違いがなければ、アオイさんがやった技は、藤波辰巳のドラゴンスクリュー?
で、そのまま、膝固めからのアンクルロック?
本当に凄い早技……

アオイさん、K支店長にアンクルロックを極めたまま、

「ギブアーップ?ギブアーップ?」

K支店長「ガアアアアアアア!イデエエエエエエデエエデエエエエ!」

「ギブアーップ?」

「ギ、ギブ、ギブギブギビュウ!」

「オーケー」

と足を離した。

「さ、(俺)くんに謝ってください、早く。ギブアップしたんですから」

K支店長、黙って立ち上がって、思いっきり振りかぶってアオイさんにパンチするが
アオイさん、その腕を脇固め!藤原喜明か木戸修ばりの脇固め!
で、K支店長を地面に這わせた次の瞬間、チキンウィングアームロック!
今度はK支店長、声にならない声

「アアアアアアアアア!」

アオイさん、とても冷静に

「私ね、あんたみたいな人、大嫌いなんですよ。人を脅したり、暴力を振るう人。
 今度はあんたが謝らない限り、この技、はずさないから。
 あと、この技ね、腕折れるから。折れないうちに早く謝れ、タコ」

「ズ、ズビバゼンデスィダアアアアア!ゴベンバザイィィィィ!」

で、やっと腕を離すアオイさん……

ホテルにアオイさんと一緒に帰って、ラウンジで聞いた話によると……
アオイさん、会社に勤めながらも、Gという寝技主体の格闘技団体に通っていると……
で、やっぱり最初の技はドラゴンスクリューで、これは高校柔道でふざけてやっていた技だと……
ちなみに最後のはチキンウィングアームロックですよね?と聞くと、
あれはダブルリストアームロックだよと訂正されました(同じ技らしいが、こだわりがあるらしいw)。

次の日からの検査は実にスムーズ。支店のみんな、超協力的。
ちなみにその後、アオイさんが処分されることもなく。
逆にK支店長が、支店長から資材課の工場長(倉庫管理)に異動。

30歳で俺は転職し、その会社はやめましたが、アオイさんは異例のスピード出世で監査室長へ。
しかし、アオイさんは40歳を前に社会保険労務士の資格をとって転職。
今でも年に一度だけいっしょに飲みに行きます。(相変わらず、俺は生中ジョッキ3杯の男ですが)

コメントの数(11)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無し  ID:fkDtgchB0編集削除
関節技こそ王者の技よ
2 . 通りすがりさん  ID:gkiX3fa40編集削除
48の殺人技と52の関節技?
3 . 名無しさん  ID:cf6Hyw7k0編集削除
総合だとパンチだろうとキックだろうと、綺麗に受けて関節技に持って行くからな。
キックボクシングだけをやってた人だと、それを警戒した攻撃は出来ないから思う壺。
4 . 名無しさん  ID:ZIuX8ozT0編集削除
青酸が危険なことがわかった
5 . 仝  ID:k233RSBs0編集削除
この話、見たの二回目だわ。
6 . 名無しさん  ID:fSbBn.vl0編集削除
暴力に暴力で対抗するとか 底辺な職場だね
しかもそれで出世するとか
こんなのが疑問に思えないなんて不幸なことだよ
7 . 名無しさん  ID:tG1XHufq0編集削除
※6
ほーんそれじゃお前はもっとスマートな解決法思いつくんだろ?
一つでいいから書けよ
8 . 名無しさん  ID:fvnjMQbm0編集削除
菊田早苗のGURABAKAか。
そりゃ只のDQNが勝てるわけがないw
9 . 名無しさん  ID:v1EUYFt90編集削除
アームロックとか言われたらもうゴローさんしか出てこないわ
10 . りゅー  ID:Hs.LNTIt0編集削除
俺が空手の通信教育で学んだ、ヨガテレポートを使う時が来たようだ。
11 . 名無しさん  ID:48jSWysV0編集削除
※6
正当防衛の範囲だぞヘタレ

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ