本を読みだすと寝食を忘れるタイプ。
大学に入って、初彼ができた。
何度かデートして、ある日彼が

「今度の土曜、うちの家族みんな出かけちゃうんだ。遊びに来ない?」

うおー!少女漫画でさんざん読んだあの黄金パターンがいよいよ私にも!
念入りにお肌の手入れしてw彼の家へ。
元々、本が好きというのでつき合い始めて、彼の家族も本好きというのは聞いていた。
リビングに通されて驚いた。
リビングの壁が一面、天井までの作り付けのスライド式書棚になっていて、本がぎっしり。
家族それぞれの部屋にも書棚があって、リビングの書棚には共有のを収めてあるんだそうだ。



私「わあすごいねー。少し見せてもらっていい?」

彼「いいよ。もう読み終わったのばかりだから、面白そうなのがあったら貸すよ」

私「ありがとー。じゃちょっと見せてね」

と、ヤモリのように書棚に貼りつく。
彼はお茶を淹れてくれたり、お菓子を勧めてくれたり、脇に立って本の説明をしたり、うろうろしたり、いつの間にか風呂に入っていて上下スウェット姿になっていたりしたのだが、私はすべてに生返事。
はっと気がつくともう夜。彼の家族もじきに帰宅する。
私は

「じゃ、これとこれとこれ、貸してね。なるべく早く返すから」

と20冊くらい借りて帰り(入れる袋も借りた)、自宅に帰りついてから「あれ?今日の目的は……」と気がついた。
その後、借りた本はできるだけ早く返す主義なので、その20冊を読むのに忙しくて、デートもしなかった。
菓子折りをつけて20冊を返す時、彼から

「友達でいた方がいいみたいだね……」

と振られた。
でもクラークの『幼年期の終わり』を教えてもらったので感謝している。

コメントの数(7)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:94GSFnSB0編集削除
タイトル見て彼もいっしょに家族とお出かけして留守番頼まれるパターンかと思ったら違った。
2 . 名無しさん  ID:ErGDA7Dh0編集削除
バカせつない。
彼も彼で腰抜け。
3 . 名無しさん  ID:DKIhEo3k0編集削除
SF古典っていいよね
4 . 名無しさん  ID:cvpGsVIN0編集削除
うん、幼年期の終わり 良いよね
5 . 名無しさん  ID:H.IgA4vi0編集削除
間違いなく発達障害ですね。
6 . 名無しさん  ID:Lkm.vPhU0編集削除
宇能鴻一郎とか川上宗薫とか団鬼六先生の著書で一杯にしとけばよかったのに
あとカーマ・スートラとか・・・
7 . 名無しさん  ID:4eZGC33i0編集削除
クラーク、いいね。あんたも幼年期が終わったんだよ。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ