「いらっしゃいませ、何名様ですか?」 → 「1人で」

「それではこちらの席へどうぞ」 → 追従

「ご注文が決まりましたらボタンでお呼び下さい」 → 「はい」

えぇ、出会いはファミレスでしたよ。

当時の出向先に近いファミレスをよく昼食に利用していた。


ある日、昼食が取れないくらいバタついていて、15時過ぎにメシ食いに行ったんだ。
そうしたらちょっと離れた席で、お茶しながら読書している娘がいた。

「いつもご来店、ありがとうございます。今日は遅いんですね」

ドリンクバーに立った際にそう話しかけられた。
どこかで見たことある娘だけど誰だったかと思ったら、そこのウェイトレスだった。
その時は会話はそれくらいだったんだけど。
運良くとういうか悪くというか、昼食が遅れることが割とよくある時期だった。
なので仕事上がりのその娘と会釈したりしているうちに、徐々に話をするように。

その後、なぜか食事に行くことになり、さらにその後、映画に行くことになった。

「今やってる(映画名)、見に行きたいんですよねー」

「そ、それじゃ、一緒に行きます?」

「彼氏でもない人と暗い映画館は怖いなー」

これはもう誘導されていると観念した。

「俺と付き合って下さい!」

「いいですよー、映画いつ行きます?」

そこからは滞りなくお付き合い → 嫁家にマスオさん同棲 → 結婚。
後に

「何で俺に興味持ったの?」

と聞いたら以下の理由だったそうだ。

・野菜も何も残さず食べる → 好き嫌いがない!
・給仕の時に「ありがとう」支払いの時に「ごちそうさま」を言う → 良い人だ!
・食後にタバコを吸う人が隣席に子供が居たら遠慮してる → 優しい!
・特徴的な制服(作業着だけど)で市内でも大手の企業 → ちゃんとした勤め人

「うわーけっこう見られてる!」とか転げ回っちゃったよ。
俺としてはマナーとか礼儀の範疇だと思ってた。
勤め先については出向だから、実際には違ったんだけど。
それと

「うちは父子家庭のせいかファザコンだから」

って。
ちょっと納得、こんなオッサンに親しげにしてきた訳だ。
実は年齢がひと回り近く離れていたし、過去の恋愛でトラウマもあったし。
向こうにしてみれば「こんな良い人に奥さんや彼女が居なくてラッキー」だったらしい。

マスオさんの理由。
相手は父1人娘1人の父子家庭。
それまでもその娘が働きながら家事をしていた。
義父は家事ダメダメ。
結婚を見据えるなら、まず同棲してみてお互いに生活が成り立つかどうか見極めろ、とはうちの両親の弁。
そういう理由で話し合い、義父と3人で同居。
嫁の実家に転がり込む。
俺は1人暮らし期間も長く、家事はそれなりに出来たので、風呂やトイレ掃除もするし、台所に立つこともしばしば。
相手は土日もお仕事だからね。
しかし義父にとって俺は珍獣みたいなものだったらしい。
「男のくせに」ってやつ。
でも相手には「助かるわー」と高感度アップだった。
まあ細かい習慣のすり合わせはあったけれど、同棲もまずまず良い感じ。

そうなると次は結婚だ。
実はずっと義父には反対されていた。
年齢差もあったから。

「許してくれないなら駆け落ちする」(同市内だけどなw)

「それも許さん!」

「んじゃ出来婚」

「そんな恥さらしな!」(義父は考えがかなり古い)

「じゃ、どうしろって言うのよー!」

「お前にはもっとお似合いの男がきっと居る!」

俺「ああ、自分は婿入りもOKですよ?」

相手の説得と俺のダメ押しで、義父陥落。

あと俺には恋愛にトラウマもあった。
20代の頃、婚約直前までいった女性に逃げられたことがある。
浮気相手と逃げ、その浮気相手に逃げられて舞い戻ってきた元恋人が復縁を迫るという修羅場経験だ。
それ以来、もう恋愛はいいや、一生独身で結構とか思ってた。
それを話したらギュッって抱きしめてくれたんだ。

「大丈夫だよー、その傷が癒えるまで待っててあげるよー」

「ほら、私はまだ若いし!」

2人きりで居ると、まるで大きな息子と母親みたい。
普段は「父親と娘」みたいな感じなんだけどね。

「私は大丈夫だけどー、(俺)君は焦った方が良い年代かもねー?」

プレッシャーをかけることも忘れないし。
そういう理由で、実は婚約まで性的行為なし。
キスも数回止まり。
ありがたい事に、相手も求めてきたりすることはなかった。

表立ってはな!

同棲から半年、のんびり生活していたら、しびれを切らしたのはうちの両親。

「結婚はまだか!」
「孫が先でもかまわん!」

まあわからんでもない、俺も30過ぎて少し経つ。
なので相手の休みに合わせて休暇を取り、1泊2日の温泉旅行。

「結婚してください」

「はい、やっと言ってくれた」

けど息子は役立たず。
心は吹っ切れても身体はダメみたい。
ひとつお布団で抱き合って眠り、翌日は宝石店で指輪選び。

「マジで3ヶ月分」

って言ったら、

「うわ、選び放題!」

とテンションMAX。
相手も小市民なんで、結局そこそこの物に落ち着きましたが。

なんとか式までには息子も復活。
本来の役目を果たしてくれるようになりました。

お互い親族もそう多くはなかったので、式もコンパクトにしようと話していたら。

上司「後輩のこともある、身の丈に合ったものにしろ」

と結構な大所帯になったり。

同僚「(出向を)お前に押し付けてなければ、今頃は俺が嫁さんもらっていたのに」

とか妬まれたり。(害意なし)

新婦友人「え?3×歳? オッサンじゃん!」

とpgrされたり。

会社「新婚旅行行って来い!」

と夫婦で東京に1年飛ばされたり。
(この頃には義父も身の回りのことはできるようになってました)
色々とありました。

ダラダラ書いていたら、かなり長くなった。
結婚までというとこんな感じ。
もう20年近く前のお話でした。
今や夫婦に3子に義父の6人家族。

コメントの数(3)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 通りすがりさん  ID:fZLexes.0編集削除
でっていう
2 . 名無しさん  ID:Ldf7lw4I0編集削除
なんでだろ〜? イラッとする。
3 . 名無しさん  ID:lUwgmIpD0編集削除
sex描写が物足りね〜〜〜な
 
セックスと言えばSEXマシーンの出番だよな


コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ