学生時代地下鉄で学校に通ってた。
その駅はかなり深いつくりで、大きい駅じゃないからか狭くて急な階段だった。
毎日その階段を昇り降りして通学してたんだけど、ちょうど毎日下校する時間に階段でよくすれ違う男がいた。
多分27、8の痩せ型で黒髪、ジャンパーにジーンズみたいなくたびれた格好。
時間的に仕事帰りっぽくて、結構な頻度で見かけた。
いつもその男は階段を早足で降りてくるんだけど、私とか他の人が歩いていると、わざと真正面から突っ込んでくる。
その駅の階段は、入って少し降りると踊り場、Uターンしてまた降りると改札のフロアにつくっていうつくりなんだけど、その男は
『入口から降りてきて踊り場へ→下から昇って来ている人間を見て、わざわざその人の歩いている側に寄る→一直線に降りる』 って感じ。
真正面から結構な勢いで来るから、こちらが避けなければ思い切りぶつかるレベル。
男にぶつかって落ちるのもいやだし、腹たちながらも毎回避けていた。
その男は必ず地味な女性を狙ってやっているみたいだった。


誰かが駅員に訴えたのか、しばらくしたら階段に「譲り合って利用しましょう」みたいな張り紙が貼られたりもしたけど、やっぱり男は変わらず誰かに向かってかけ降りる、を繰り返してた。
ある日いつも通り階段を昇っていると、丁度その男と踊り場で一緒になった。
その日も階段の下を見てかけ降りていく男が気になって後ろを振り返ったら、丁度下から30代後半くらいの地味な感じの女の人が登ってきてたんだけど、いつも通り男が突っ込んでいき、よろめきながら女性が避けた。
「うわやっぱり...」と思って見ていたら、その女性がおもむろに履いていたパンプスを両足脱ぎすて、降りていく男の方へ数段走り降り、そのまま男の背中に体当たりした。
背は小さいけどがっしりした体型の女性だったから、多分結構な衝撃だったんだと思う。
男は階段から両足が浮いてすごい勢いで落ちて、手も出さずにモロに頭を階段に打った。
そしてそのまま動かなかった。
私は突っ立ったまま固まってた。
女性はまた振り返って数段昇ってパンプスを履き、そのままこちらとは目も合わせず、何事も無かったようにスタスタ階段を昇って消えていった。
私は横を向いて倒れたまま動かない男をボーッと見てた。
男を介抱しなきゃ、駅員さんに言わなきゃ...とか、これは事件だから警察に言わなきゃダメだよなとか、頭の中でグルグル回った。
でも男への憎さも湧き上がって、動きたくなかった。
自業自得だろとか、私だって前から腹が立ってた、とか...。
手のひらに汗かきながらグルグルグルグル考えてた。ありがちだけど、長く感じたけど本当はほんの短い時間だったと思う。
改札の方からアナウンスがかすかに聞こえた瞬間にハッとなった。
そしてそのまま早足で階段を駆け上がって家に帰った。
男は助けなかった。
駅員のいる改札まで遠かったから、男の落ちた音は聞こえなかったんだと思う。
人は来なかった。
家に帰ってからすぐ、駅まで続く大通りを救急車がサイレン鳴らして走っていくのを見た。
それが男の為だったのかは分からない。
新聞には何も載らなかった。
この事は誰にも言わなかった。
実家はちょうどその駅と次の駅までのほぼ中間(歩くと数分違うくらい)にあったから、卒業まではもう一つの駅を使って通学した。
あれからもう10年以上たった。
学校を卒業して3年くらいたった時に、駅の近くであの男を1度だけ見た。
変わらずジャンパーを着て、髪型も当時と同じで、でも足を引きずるように歩いてた。
それが当時の事が原因かは分からない。
男をみても何の感情も沸かなかった。
正直、あの時男を助けず逃げたのは人として失格だと思う。
普通は男憎しより救助が先に来るだろうと。
でも後悔だったり反省する気は無い。
一生ないと思う。
だからひっそり墓場まで持っていく。

コメントの数(11)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:uTA.akYe0編集削除
という夢を見ただけ、忘れなさいよ
2 . 名無しさん  ID:oQHQfdmG0編集削除
そんなキチ外を助けたら助けた人に向かって「こいつにやられた!」とか言いかねないから放っておくことも一概に悪いこととも言えないよな。
仇には仇で返しただけだし。
3 . 名無しさん  ID:SPjmeLLW0編集削除
韓国の未来。
4 . 名無しさん  ID:Yq8qEJ4Z0編集削除
このおばちゃんに、救護義務はないな
5 . 名無し  ID:DMl5S4Yh0編集削除
その男ならその時倒れたまま「はよ介抱しろよ」ってチラチラ見てたよ
6 . 名無しさん  ID:36MPkmf00編集削除
※3
今現在既にそうなってないか?
7 . 名無しさん  ID:7olhi.8O0編集削除
いや、あなたはそれから先に出るだろう多くの被害者を助けたよ
あなたがもし救護していたら、彼はまた同じことを繰り返し、お年寄りなんかはひどいことになってた可能性もある
未然にあなたは害を防いだのだ
8 . 名無しさん  ID:AFOD0m4i0編集削除
グッジョブ!
9 . 名無しさん  ID:ujH8Bd8W0編集削除
その日はちょうど、朝から嫌なことばっかり続いていた。出がけに財布が無いわ、電車の乗り遅れるわ、そんな日に限って朝礼が時間通りに始まって課長に叱られるわ、やってもいないことをクドクドと嫌味を言われたり、仕事終わりのお出かけがドタキャンになったり、とにかくイライラしていた。それで気分転換をしようと思って、いつものように仕事終わりに着替えていつも行くお店に向かった。いつもの駅で降りたら、変な男が明らかにわざと私に向かって階段を駆け下りてくる。かろうじて避けた時、ちょっと相手が自分をかすった。その瞬間私の中で何かが切れた。普段そんなことをする度胸は絶対無いのだけど、数段下にいた男を思いっきり蹴り落とした。男は音もなく(と感じた)階段の一番下にまで落ちていった。そのまま私は階段を昇って、駅の外に出た。女子高生が一人唖然とした顔で私を見つめていたと思うけど、どうでもよかった。そのまま目的の店に入ったけど、店員と話をしているうちに急に怖くなって買い物もそこそこに店を出て、他の駅から家まで帰った。帰る途中も、その後しばらくも、パトカーの音を聞くとドキドキしてたけど、さすがに最近はそれほどでも無い。でも今でもあのことで警察が来て捕まってしまう夢を見る。あれ以来あの女装専門店からも足が遠のいた。
10 . 名無しさん  ID:htruEeNg0編集削除
おっ 男かよ〜〜〜〜
11 . いろいろ  ID:.SabN8lS0[評価:3 ]編集削除
墓場まで持っていく事でもないから忘れすれましょ。
人が死んでも「何だあれ」と思うものを気にする必要はない

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ