まだ携帯もラインもない時代だが、きっかけは会社の同僚が女の子を紹介されて、どうしても付き合いたいからサポートしてと頼まれて、4対4でバーベキューを河川敷でやったんだが途中で雨が降ってきて
仕方がなく橋の下で肉を焼いたのが始まりだった。

俺ら3人は事情が分かっていたのでひたすら黒子に徹し、場を盛り上げることだけを考えていたのだが
それが返って好印象を与えたのか、それとも女の子のノリがただ良かっただけなのか、予想以上に盛り上がり、何となくカップルができそうな感じになりその場は終了した。
当然俺にも気になる子ができたのだが、またみんなで集まりましょうって雰囲気だったので連絡先を聞かなかった。



ところが同僚が2週間持たずに振られやがった。
こちらとしては次は海水浴でも、と準備していたので残念だったが、とにかく気になる子(A子)の連絡先を聞いてくれと頼んだが、同僚は振られそうなオーラを無視しかなり押したので、最後はストーカー扱いされこっぴどく振られたらしく「ごめん。無理だ。」と言うだけで連絡先は聞いてもらえなかった。
わずかな望みは絶たれてしまった。

2ヶ月後、すっかりA子のことを忘れたのだが、そのA子から電話がきた。
会った時に寮生活の話をしていたので、会社の寮の電話番号を調べたらしいのだが
俺にかかってきた訳ではなく、その時の子が別の同僚の連絡先を知りたいとの事だった。
何でも二人でバーベキューの時の話が盛り上がり、その勢いで電話してきたらしいのだが、
あいにくその同僚の連絡先を知らなかった俺は、

「連絡するから。」

と言って見事A子の電話番号をゲットした。

だけど普段男だけの職場で働き、週末は男だけでアウトドア三昧だった俺は連絡先を伝えると電話するきっかけをなくし、男だけの世界へ逃げて連絡しなかった。
それでも年末になるとみな帰省し、一人ぼっちの年越しを過ごすさみしさから、A子に元旦の夜に電話をしてみた。
A子はちょうど帰ってきたみたいで、お互い新年のあいさつをし休みの予定の話になると

「何も予定がないのでひとりでスキーに行こうかと思っている。」

と言うと
A子は

「いいなー、いいなー。」

をあまりにも連呼するので、

「それじゃ、今から行くか?」

と一緒にスキーに行くことになった。

当時は高速も整備されておらす、スキーに行く=車中泊が一般的で早めに滑って
早めに帰らないと帰れなくなることも多かったので、当然今回も夜中に出かけた。
さすがに車の中は寝れなかった。
寝かけに襲うふりをしてみても、反応がほとんどなく「面白いね。」と見透かされて
いるようでそれ以上は何もできなかった。
A子は出会って2回目なのに、着替えも堂々と助手席でしていた。
その日はスキーの後ご飯を食べて、「次はみんなで行こう。」と約束をし別れ
2週間後だったと思うが、男女6人でまたスキーに行った。
別れ際に次の予定を決めていなかったので、またまたきっかけをなくし電話もしなくなった。

男友達と遊ぶのが忙しかったのもあるが、1月ほど連絡を取らずにいたら
バレンタインのチョコを贈ってきた。
寮生だったから住所は簡単に調べられたらしい。
いやーこれもらったら流石に脈ありでしょ。
しかも手作りだったし。

即効お礼の電話をしたのだが、

A子は

「会社で多量にばらまかないといけないので、たくさん作ったのでスキー連れて行ってくれたお礼です。」
「作り過ぎたので俺さんには多めに入れときましたが、手作りは買うより安上がりですよ。」

それ聞いて一気にテンションダウンし、忙しかったのもあるが「3月にスケートにでも。」って言って話が終わった。

3月になってくるとちょくちょく電話するようになり、ホワイトデーはまだ一般的ではなかったと思うので、お返しに何か買った記憶がない。
それでもスケートに誘ったのだが、なぜかA子は思いっきり短いスカートで来た。
「おいおい、転んだら見えるぞ。」って思っていたら、彼女は転ぶどころか俺よりうまかった。
スケートは久々だしそもそもそんなにやったことがなかったので、へろへろロボコップのような俺と違ってA子はすいすい滑り、スケート選手のように見えたよ。

スケートでいい所が見せれなかった俺を慰めるためか?

「今度は花見に行きましょう。」

って誘ってきた。
帰り道で俺の気持は固まった。

3月の終わりになぜか?ローカル電車で結構有名な山奥に花見に行った。
この辺になってくると記憶が曖昧で、所々覚えていない。
たぶん車でA子の家まで行き、そこに車を置いて電車で行ったはずなんだけど、今思えば車で行ける距離だったんだけど、何で電車で行ったのかその辺が不明だ。

電車はほぼ貸切で、なんか変だな?って思っていたら、やっぱり桜は咲いていなくて、A子の作った弁当を食べて戻ってきたのだが、A子の家の近所の方が桜が咲いたのでそちらに向かったのだが、そこはいい感じで桜が咲いていて、もうここしかないっていう位最高のタイミングだったので、

「俺と付き合ってくれ。」

と何のひねりもなしのど直球で告白した。

一緒にいる時の感じから絶対大丈夫だろうって思っていたのだが、返事はまさかの

「1週間考えさせてください。」

だった。

まさかの保留に、このパターンは断られる流れなのを感じた俺は

「今の気持はどうなんだ?」

って迫ったが

「気持ちだけの問題じゃないから。」

って言われ、さっきまでの和やかムードから一変して重い空気になってしまった。
その重い空気に耐えられず、とりあえず待つことにし別れました。

後日談になるのだがA子母が反対していて、説得に時間がほしいだけだったのだが、これが意外とハードルが高かった。
実はA子の実家は昔大金持ちでお手伝いさんを何人も抱え、母親が子供の頃は何不自由ない生活を送っていたのだが、空襲で家を焼かれ、疎開先から帰ってきた時には焼け野原に勝手に人が占拠し、境界線がはっきりしていなかったため広い敷地の大部分が泣き寝入りする羽目になったらしく、小さい家しか建てれなかったそうだ。
また、おじいちゃんが典型的なお坊ちゃんで、働いたことがないらしく先代が稼いだ財産を食いつぶし
かなりの貧乏になってしまったらしいが、プライドだけはお嬢様のままであの時代に女で帝大卒なので

「彼氏は帝大が理想だけど、譲って駅弁、せめてマーチ。高卒は論外。」

って平気で言う。
A子自身もお嬢様大だった。
しかも文系なので、時々不思議ちゃん的な発言があると思っていたが
自分が単についていけなかっただけらしい。

俺は文章見ればわかると思うが高卒だよ。
マーチって車か?っていう位学歴には疎かった。
したがって論外なのだが、家に行けばものすごく低姿勢で挨拶してくるし、電話をすれば
二つ返事で取り次いでくれるので、まさか自分のことをよく思っていないとは思っていなかった。

1週間後A子は電話で返事をくれたのだが、覚えている限りの原文のままで、

「野原に野菊が咲いています。花がきれいなので自分の物にしたくなり、摘み取って家に持ち帰ると数日で花は枯れてしまいます。」
「でも摘み取らずにおけば、草が残っているのでまた花が見れます。」
「あの時に摘み取らずにおけばよかったとの後悔をしたくない。」

との事だった。

俺は電話で次のように返事をした。

「野原の野菊は誰かに踏まれて次の日に枯れるかもしれない。でも、持ち帰って押し花にすればずっと楽しめます。」

するとA子は

「押し花では種はできません。花が増えることはないです。」

そこで俺は

「それなら土を掘って根から全部持ち帰ります。そうすれば枯れないし花を増やすこともできます。」

と言った。

俺が言ったのは、

「わかった。もう合わない。俺と付き合わないのだったら他の男と付き合う可能性があるよね。」
「そんなところは見たくないので、付き合わないのだったらもう合わないようにします。」

するとA子は

「他の人と付き合うことはないです。」

そこで

「そんな事は分からないだろう。お互いフリーなら次を探すよ。まあ当てはないけどな。」

A子「私もやっぱり俺さんが他の人と付き合う所を見たくないので付き合います。」
      「ごめんね、よろしくお願いします。」

というわけで付き合うようになりました。

コメントの数(7)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:g7VvBRmS0編集削除
どなたか、心ふぁ温かくふさふさな方にお願いです

3行でヨロ^^)ノ
2 . 名無しさん  ID:mv3V9N.N0編集削除
※1
すまん、途中で読む気を無くした
3 . 名無しさん  ID:ntrxvvoH0編集削除
>>1
頭の中がハッピーセットの女がいた。
だが実は開頭してみたところ花畑でいっぱいだった。
行余り
4 . 名無しさん  ID:rNzR6QjH0編集削除
こういうあからさまな創作はちょっとなぁ
自分の事を話すなら、女の母親とどうなったかが焦点なんだから、そこを外す意味も無いわけだし

小説家になろうにでも載せておけよとしか
5 . 名無しさん  ID:S51IlfId0編集削除
爺様が嫁との馴れ初め話を盛りに盛りまくった感じ
6 . 名無しさん  ID:EI.ClUvR0編集削除
実話かどうかを別にしても、報告者は変人。
7 . 名無しさん  ID:nh3axqSX0編集削除
スケート行ったまで読んだ。ゲップッ

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ