魔王・勇者「さてどうしたものか……」

<魔王城.廻りの間>

ドバタガッシャァッ!

勇者「おうおうおうおう! 勇者様のご登場だぜ!」

魔王「来たか勇者、待ちくたびれたぞ!」

勇者「面倒な御託は嫌いだ。覚悟はいいか!?」

魔王「我輩随分待たされた! さっさとかかってこないかこのド阿呆が!」

勇者「いい返事だ! 早速行くぜ!」ダンッ!

魔王「来い!」グッ



勇者「うおおおおおおおお!」

魔王「ははははははははは!」

――ズドッ!

勇者「……」

魔王「……」

男「痛い」

勇者「えっ」

魔王「は?」

男「発生場所が悪すぎた。なんで出てきて早々痛い目にあわにゃならんのだ」

勇者「だ、誰だお前!?」

魔王「いつの間に我輩らの間に!?」

男「うん。それより先に刺さった剣と拳を抜いてくれないかな」

勇者(こいつ……)

魔王(なぜこんな、平然としていられるのだ……?)

――ズルリ

男「ありがとう。おかげで痛くなくなった」

勇者(傷がない?)

魔王「貴様は何者なのだ? いつの間に現れた? それにここをなんと心得る」

男「ぼくか。ぼくのことは好きに呼んでくれていい。ゴーストあたりが適当だと思うけれど」

勇者「?」

男「いつの間に現れたとの質問には今ここに生じたとしか言いようがないな。そしてここは魔王城だろう?」

魔王「生じた?」

男「説明がめんどくさい。省かせてくれ」

勇者「なんなんだお前は」

魔王「まあいい。いやよくないが。だがまあとっとと出ていけ、邪魔するな」

勇者「今なら見逃してやってもいいぜ。さっさと消えな」

男「それはありがたい。でもぼくのほうが見逃すわけにはいかないだなこれが」

魔王「なに?」

男「確認だけど、君たちは魔王と勇者だよね」

魔王「……」

勇者「……俺たちを知らねえのか?」

男「間違いないようだね。だったら……」

男「――ちょっと眠ってもらおうか……!」ゴゴゴ……

魔王・勇者「!?」

男「……」カツ……

勇者(な、なんだこの威圧感!?)

魔王(一歩踏み出しただけで圧迫感が……)

男「……ヒュゥゥゥゥゥ」

勇者(だが、なんだこの違和感)

魔王「我輩にたてつくなら容赦せんぞ!」ズダンッ!

勇者「待――」

魔王「喰らえ!」ブン!

 ガキン!

男「……」

魔王「な……障壁!?」

勇者「の、ノーモーションで……?」

魔王「く! ”貫拳”!」シュッ!

男「……」ガキン!

魔王「”爆連拳”――からの”崩拳”!」ジャジャジャッ――ボッ!

男「ふん」ガキン!

魔王「ば、馬鹿な……我輩の古式魔王拳法が……」

男「ふっ!」ズギャッ!

魔王「!?」

 ドゴゥッ!――ズサァ……!

魔王「がふぅ……」

勇者「え……は?」

男「次は君だ」

勇者「ちょ、え……今、いったい……?」

男「……」カツ カツ

勇者(な、なんだかわからねえがこれは”不味い”! 逃げないと……殺される!)ダッ!

男「殺しはしないさ。眠ってもらうだけ」シュン――

勇者「!? いつの間に回りこんで……」

男「ぼくはゴースト。とあるシステムの影みたいなもんだ。これぐらいは朝飯前さ」

勇者「ち、ちくしょう!」バッ!

男「そうだ、かかってこい!」キィン……!

――ドゴゥッ!


 title:男「勇者と魔王、捕まえた」

<魔王城.地下牢>

勇者「『アカシア』」

  魔王「『赤紫斜めマダラ接続式ゾウガメ』」

勇者「なんじゃそら……め、め、『綿花』」

  魔王「『カゲスズミノコギリコバト』」

勇者「と、と、『問い合わせ』」

  魔王「『栓抜き付き回転振り子ガニ』」

勇者「……」

  魔王「どうした。次は『に』だぞ」

勇者「お前って、変な動物に詳しいのなぁ……」

  魔王「そうか?」

勇者「ああ」

  魔王「……もうそろそろ飽きてきたな」

勇者「同感だ」

  魔王「そっちの居心地はどうだ?」

勇者「快適そうに聞こえるか? 聞こえるならもうそんな耳落としちまえ」

  魔王「そうだな」

勇者「……」

  魔王「……」

勇者「何考えてやがる?」

  魔王「お前と同じことだろうよ」

勇者「……アイツ、なにもんだ?」

  魔王「分からん。が、魔王と勇者を苦もなく生け捕りにするところから見て相当な使い手だろう」

勇者「魔術士?」

  魔王「さて。しかし、あんな魔術見たことがない。いや障壁自体は珍しくも何ともないが、あれを予備動作なしでとなるとな」

勇者「ううむ」

  魔王「お前、頭はいい方か?」

勇者「別に。良かったら勇者なんぞやめてるし、悪かったら今頃生きちゃいねえよ」

  魔王「あれはなんと名乗っていたか」

勇者「ゴースト」

  魔王「妙なことも言っていたな」

勇者「今ここに生じたとかなんとか」

  魔王「ふむ……」

勇者「何かわかったのか?」

  魔王「何も。分かっている事実は、見た目は人間であること、全く傷を負わないこと、そして強い魔力の持ち主であるということだけだ」

勇者「人間じゃなかったりしてな」

  魔王「魔物である可能性も十分ある」

勇者「勇魔を簡単にひねる魔物? 馬鹿言っちゃいけねえよ」

  魔王「もしくは」

勇者「もしくは?」

  魔王「名乗った通り、本当に幽霊なのかもしれないな」

勇者「……」

<魔王城.尖塔の一部屋>

男「出力補助回路は全て正常に働いている、か」

男(ぼくが発生したのは明確な原因があってのことじゃないらしいな)

男「……いや」

男(明確な原因はないかもしれない。でも明確な理由はある)

男「これは、きっと奇跡だ。起こりえるはずのなかったことが今、ここに起きている……」

男「ならばぼくは、ぼくにできることをしようじゃないか」

男「この愛すべき世界のために、だ」

<魔王城.魔王の部屋>

メイド「……」

メイド「……」

メイド「……」ソワ

メイド「ああもう、魔王のやついったいいつまで待たせるのかしら!」

メイド「勇者ごときになにを手こずって……ご飯が冷めちゃうじゃない」

メイド「……」

メイド「まさか負けたなんて事は……」

メイド「ないわね。魔王はああ見えて戦闘に関してだけは世界最強だし」

メイド(でも……油断して、ってことはあり得るかしら)

メイド「……しかたないわね。本当は勇魔の決闘は二人きりでって掟だけど。ちょっとくらいいいでしょ」スク


<魔王城門前>

銃士「……」

銃士「……」

銃士「……はぁ、いったいあたしゃいつまで待ちゃいいんだろうねえ」

銃士「勇魔の決闘は余人の立ち入りを禁ず。
   そういうものらしいけど、どうにもまあ待たされる相方の都合ってもんをないがしろにしてるよこりゃ」

銃士「はぁ…………うん」

銃士「拳銃の手入れもすっかり終わっちまったし、ちょっと魔王城探検としゃれこみますか」スク


<魔王城.廻りの間>

メイド「おかしいわね。ここにいるはずなんだけれど」

メイド「片方しかいない、ならわかるわよ。命を賭けた勝負なんだから」

メイド「でも、どっちもいない、となると……」

メイド「……分からないわねー」

メイド「ちょっと他を当たってみますか」

<魔王城内部>

銃士「おかしいねえ、魔族もいないしがらんとしちゃって」

銃士「まさか勇者一人に怯えて逃げ出したわけでもなし」

銃士「勇魔の決闘は余人の立ち入りを禁ず。まさかここまで徹底してるってことかい」

銃士「魔族のくせに変に律義にふるまっちゃってまあ」

銃士「それにしても勇者は一体どこにいるんだい……まったく」

<地下牢>

勇者「ふぎぎぎぎ……っ!」グググ!

  魔王「見えんが何をやっているかは分かる。無駄だ、やめておけ」

勇者「はあっ、はあっ……丈夫だな、これ」

  魔王「魔王城の特別強力な魔物・魔族をとらえておく檻だ。当たり前だろう」

勇者「じゃあどうすんだよ。あいつが変な気まぐれ起こして俺たちを解放しようと思い付くまで待てってのか?」

  魔王「無駄に体力を使うなということだ」

勇者「……チッ、気取りやがって」

  「あ、いたー!」

魔王・勇者「?」

メイド「ちょっとちょっとちょっと! あんた何牢屋に入ってんのよ馬鹿じゃないの!?」

勇者「なんだ?」

魔王「メイドか」

メイド「こっちには勇者っぽいのもいるじゃない。訳わかんないどうなってんの?」

魔王「勝手に部屋を出たのか」

メイド「仕方ないじゃないご飯冷めちゃうし。探しに来てやったんだからむしろ感謝してほしいわよ」

魔王「ふむ」

勇者「どうでもいいから出してくんね―かな」

メイド「なにあんた、勘違いしてない? わたしは魔王を探しに来たの。あんたなんかどうでもいいわよ」

勇者「……んだと?」

メイド「あらその歳でもう耳が遠いのかしら。あんたを出してやる義理はないっつってんの」

勇者「表出ろ」

メイド「あんたからどうぞ」

勇者「この……!」

魔王「いいから出してくれ」

メイド「……仕方ないわね。別にあんたのためじゃないわよ。ご飯が冷めちゃうから仕方なくなんだからね!」

魔王(ツンデレ乙)

勇者「うぜぇ……」

メイド「ええと、確かここに鍵が……」ジャラ

 ジャキ……!

「動くんじゃないよ。動けばドタマに風穴が空く」

メイド「!」

勇者「銃士か。遅かったな」

銃士「助けに来てやったのになんだいその口の聞き方は。あたしの相方のくせして捕まってやがるし、まったく」

メイド「い、いつの間に……」

銃士「別に何の気もなく入ってきたよ。あんた鈍すぎるんじゃないかい?」

メイド「言わせておけば!」

 タァンッ!

メイド「……!」

銃士「たるい口喧嘩は好きじゃないよ。さっさとそれを渡しな」

メイド「……」ジリ

銃士「……」ジャキ

魔王「盛り上がっとるところ申し訳ないが」

勇者「俺たちを外に出せ。両方だ」

メイド「え?」

銃士「……あんた何言ってんだい? 変な物でも食った?」

魔王「いいから急げ」

勇者「もたもたしてんじゃねえよ愚図」

メイド「な……!」

銃士「チッ、仕方ないね。出たらちゃんと説明するんだよ」

<混濁する渦の中>

「――フシュウゥゥゥ……」

<魔王城.ふたたび地下牢>

メイド「……」

銃士「……」

勇者「――とまあ、こういうわけだ」

メイド「怪しい男、ねえ……」

銃士「にわかには信じられないね」

魔王「だが」

メイド「分かってるわよ。そうじゃないと自分で牢屋に入ったことになっちゃう」

銃士「けど、魔王と勇者を二人同時に相手にできる化け物かい……空恐ろしいじゃないか」

勇者「同時じゃない」

銃士「?」

魔王「負けたには負けたが、我輩もその言われ方は納得いかん」

メイド「何よ?」

勇者「不意打ちされたようなもんだしな。完敗したとみなされるのは癪ってことだ」

銃士「あんたまさか」

魔王「いくぞ勇者」ザッ

勇者「共同戦線は一時的なもんだからな。あれの次はお前だ」ザッ

メイド「ちょ、ちょっと待ちなさいよ! 話が本当なら何か作戦を……」

勇者「作戦? 舐めてんのか?」

銃士「うん?」

魔王「そんな小手先の技に頼るくらいなら死んだ方がマシだ。無駄に時間を使うな」

メイド「……」ムカ

<魔王城.大広間>

男「……」カツカツ

男(そろそろ……)

男(そろそろ、あれが動くはずだ。防御機構、安全装置……なんて呼ぶべきかはわからないが)

男(ぼくが現出して、あちらが現出しないなんて考えられない)

男「……」

男(まあ、せいぜいあがいて見せようじゃないか。どこまでやれるかわからないけれど)

男「でもま、その前に――」

 ガキン!

勇者「チッ!」

男「君たちの始末をつけなくてはならないね」

魔王「おおおおおおお!」ダダダ!

男「何度来ても無駄だよ」

魔王「はッ!」ブン!

男「……」ガキン!

魔王「今だ勇者!」

勇者「”穿牙”!」ヒュッ!

 ガギョ!

男(! 障壁を抉ったか)

魔王「まだまだ! ”貫拳・透”!」カァァァン!

男(透過衝撃……)ビリビリ!

勇者「気を取られたな――終わりだ!」

男「!」

勇者「”断影”!」ジャッ!

 スパアァァァァン!

勇者(よし、手応え十分)

男「……」

勇者(――だったんだが)

魔王「やはり傷を負わないか。何のための障壁なんだか」

男「趣があっていいじゃないか」

勇者「お前の趣味なんか知らねえよ」ジリ

男「古来よりバリアとドリルは男のロマンなのさ」

魔王「そうか」

勇者「仕方ねえな、あんましこっちは得意じゃねえんだが」ポゥ……

男「心剣か。確かにそれならアンデッドは斬れるだろうね」

勇者「お前だって切れるさ」

魔王「フン!」ズズ……

男「そっちは魔拳、と言ったところかな?」

魔王「好きに呼べ」

男「どちらも魔力素子使用法の奥義だね」

勇者・魔王「?」

男「いいだろう。試してみるがいい」

勇者「……」チラ

魔王「……」コク

勇者・魔王「……はッ!」ズギュゥゥゥゥ!


勇者「――勇者になって以来初めてだな」

魔王「奇遇だな。我輩も魔王になってから初めてだ、こんな気分は」

男「立ちなよ、手加減したんだから。牢屋まで引きずるのは骨だ」

勇者「いやだね。俺はここで死ぬ」

魔王「我輩もそうするか」

男「ふてくされないでよみっともない。二人とも十分強かったよ」

勇者「チッ!」

魔王「くそが……」

男「まあ仕方ないって。ぼくは魔王勇者システムの権化だからね」

勇者「訳わかんね……」

魔王「本当に何者なのだ……」

  メイド「ちょっとちょっと!」

男「お。彼女さんたちの登場か」

メイド「魔王! あんた何負けてんのよ!」

銃士「ふぅむ……」

メイド「相手は一人じゃない。それも腕とかめちゃくちゃ細いし! あんたの筋肉は何のためについてんの!?」

魔王「言うな。我輩今めたんこへこんどる」

メイド「シャラップ! 仮にも魔王なら今すぐ立ちなさい! あんたが負けるのを見るのは嫌なのよ!」

銃士「へえ……」

メイド「あ……べ、別に変な意味じゃないわよ、勘違いしないでよね!」

男「ツンデレ乙。でいいのかな?」

男「さて、君たちはどうする? ぼくの相手でもしてみる?」

メイド「!」

銃士「あたしはパスで。どう考えても敵う相手じゃないしね」

男「賢明だよ」

メイド「ちょっとぉ!」

男「君はやるの?」

メイド「あなたレディに手上げる気!?」

男「まさか。そんな趣味はない。まあどうしてもっていうならやぶさかでもないけど」

メイド「お断りよ!」

男「じゃあ、ほらみんな歩いた歩いた。牢屋は待ってくれないよ」

勇者「くっ――つじょくだ」ムクリ

魔王「惨め過ぎて死ねる」ハァ

男「はい、鍵。牢屋に入ったら自分で閉めて外に投げといて。ぼくはちょっと忙しい」

銃士「忙しい? なんだいそりゃ」

男「君たち、特に女性陣には関係ないよ。気にしている暇があったらさっさと出て行ってほしいんだけど」

勇者「……」ムカ

魔王「せめてそれぐらいは聞く権利があるだろう」

男「時間がないんだ。ほら早く――」クル

  ??「……」

男「……」

メイド「!?」

銃士「えっ」

勇者「なんだ……?」

魔王(黒い鎧? いつの間に?)

男「……」

??「フシュゥゥゥゥゥ…………」

男「ついに来たか。随分早かったね」

男「――システムの、番人さん」

番人「コフォォォ…………」ギン!


<database>

・魔王勇者システム:この世の”運命の流れ”を制御するために魔力素子理論を応用して考案された機構

・魔王&勇者:魔王勇者システムを展開するためのユニット

・番人:魔王勇者システムのエラー除去・修正を行うプログラム


<魔王城.大広間>

勇者「……番人?」

魔王「なにやら良くわからんのが次から次へと……」

男「……」

番人「……」

男「みんな、下がって」

メイド「え?」

男「早くッ!」

 ドゴォッッッ!!!

男「ぐっ!」

番人「……」キュィィィィン……

銃士(は、速!? 一瞬で距離を詰めた!?)

番人「ォォォォォォォ……」ズガガガガ!

男「くぅっ!」ガキガキガキガキン!

  勇者「!?」

  魔王「な……」

番人「……ッ!」ギン!

男「がッ!」ボゴォッ!

  銃士「通った……?」

  メイド「勇魔でも破れなかったのに……!」

番人「フシュッ!」ドゴゴゴゴ!

男「あああああああ!」バキドゴドゴォッ!

  勇者「お、おい……」

  魔王「よくわからんが好機だな」

  勇者「確かにそうだけどよ……」

  魔王「行くぞ」ダッ

  勇者「ま、待てよ!」ダッ

男(や、やはりイレギュラーのぼくより数段強い……)

番人「……」スッ

男(終わりか……早かったな)

魔王「おおおおお!」

男(魔王まで……はは、ぼくにはお似合いの最期か)

魔王「セイッ!」ブン!

番人「……!」バックステップ

勇者「?」

男「え?」

魔王「何を驚いておる。早く立たんか」

男「ぼくを倒すんじゃないのか?」

魔王「お前を先に倒してしまってはあの黒鎧は誰が始末するのだ。
   我輩らも狙われんとは限らん。
   お前は番人とやらを片付けたあとで料理すればいい」

男「……合理的だ」

魔王「そういうわけだ、ガンガン行くぞ勇者」

勇者「チッ、命令するんじゃねえよ。それは俺の特権だ」

魔王「シッ!」ズダン!

勇者「フッ!」バッ!

勇者「うらああああッ!」ヒュッ!

番人「……」ガキン

魔王「おおおおおおッ!」ジャッ!

番人「……」ガキン

勇者「もういっちょ――」

番人「フシュッ!」カッ!

勇者「がッ!」ドサ

番人「ッ!」ジャッ!

魔王「うおっ!?」バキィ

番人「……」ガシ グググ

勇者(首が……)

魔王(我輩らの喉を握りつぶすつもりか……!)

  銃士「”魔弾・貫穿”!」ズキュゥゥン!

番人「!」ドス!

勇者「うお!?」ドサ

魔王「ぬ!?」ドサ

  銃士「大丈夫かい!?」

勇者(……攻撃が通った?)

魔王「もしや」ズズ……

魔王「はッ!」ブン!

番人「……」バックステップ

魔王「やはりだ! 魔力を込めた攻撃ならば効くということか!」

勇者「なるほどな」ポゥ……

魔王「行くぞ!」シュッ!

勇者「”心剣・断影”!」ビュッ!

番人「……!」

――ズガアァッ!

勇者「……」

魔王「……」

番人「……」

勇者「がはっ……」ズルズル

魔王「ぐぶ……」ドサリ

番人「ォォォォォ……」

  メイド「魔王!」

  銃士「勇者! ……チッ!」ジャキ!

番人「……」

銃士「まずいね……勇魔でも敵わないとなると……」

メイド「逃げないわよ! 魔王を置いて逃げられるもんですか!」

銃士「あたしだってあいつを置いて逃げる気はないね」グッ

男「出るな。もう終わる」

銃士「え?」

男「準備は整った。行くぞ!」

番人「……」

男「”失せろ”!」カッ


 かつて――

 かつて、はるか遠い昔。人が決定的に神を殺した時代があった。
 栄え、力に溺れた時代があった。

 新エネルギーの模索のさなか発見された謎の素子。
 それが、全ての引き金。

男「旧文明が発見したそれは、この世に存在する物質ではなかった。この世界と極めて近く重なる別種の世界のものだ」

勇者「……それが、魔力素子?」

男「便宜的にそう呼ばれているね。
  この世界に明確に存在はしないが、それを特別な方法でやりくりすることでこの世に物理現象を引き起こすことができる。
  今の時代では魔術と呼ばれているのがそれだ」

魔王「それではこの世に存在しているのとほぼ同じではないか?」

男「そうかもしれないね。でも定義はどうでもいい」

銃士「……」

男「その素子の発見は当時のエネルギー問題を根こそぎ駆逐した。夢のエネルギー抽出法としてもてはやされた。
  そこまでは何の問題もなかった」

メイド「それとあのバケモノと何の関係があるのよ」

男「……」

男「人は強欲だ」

勇者「は?」

男「一つ手に入るともうひとつ欲しくなる。全てを手にれるまでは決して止まらない」

魔王「……」

男「魔王勇者システムは、そんな人間の性質の体現だったと思うよ」

銃士「もったいぶらないで早く説明しな」

男「”運命”を信じるかい?」

メイド「は?」

男「この世には何らかの流れがあることを、知っているかな?」

『魔力素子蒸着確認』

『”魔王ユニット”安定』

『”勇者ユニット”発生ルーチン確立』

『……運命操作機構”魔王勇者システム”、始動』

男「魔力素子のポテンシャルは、物理現象を引き起こすにとどまらなかった」

魔王「まさか」

男「この世の物事、その移り変わりにすら影響を与えることが分かったんだ」

勇者「???」

男「隕石……ってこの時代でもわかるのかな?」

銃士「当たり前だよ、馬鹿にしてんのかい?」

男「いや、ごめんよ。まあ、その程度の災害、というか不運はキャンセルできる。簡単に言えばそういうシステムだ」

メイド「……随分と大雑把ね」

男「他にも文明の存続を脅かす災害、不運は緩衝される。人の精神にも魔力素子は関与するから、人災もある程度は減る
  それがなければ人類はもっと早く滅びていただろう」

魔王「……」

男「最終的には、不老不死とならんで運命の完全掌握を達成するつもりだったらしい。でもそれは成らなかった。
  いや、もし文明が存続していれば成ったかもしれないが、その前に文明自体が滅びた」

銃士「ん? そのシステムとやらに守られていたんだろう? なんでだい?」

男「守られていようがいまいが、滅ぶときは滅ぶ。
  でもぼくが思うに、人間として、生物として大事な”受け継ぐ”ってことを忘れてしまったことが一番の理由だよきっと」

勇者「ふぅむ」

男「システムの仕組みとしては、ざっくり説明すると、全ての魔力素子の廻りを制御してやるんだ。
  そのための中心というか軸を用意しなければならない」

魔王「……我輩か」

男「正確には歴代魔王ね。
  魔力素子を肉体感覚で操れるよう遺伝子をいじくられた者――現在の魔族だね――のうち、特別魔力素子感応が強いやつだ。
  魔王城はそのまま魔王の力を増幅する一個の装置で、これで操作する」

勇者「じゃあ、俺は一体?」

男「次の魔王候補さ」

勇者「は!?」

男「ねえ、君は魔王になる前は何をしていた?」

魔王「……それを聞いてどうする?」

男「記憶がないだろう。君はそれが始まった時からずっと魔王だったはずだ」

魔王「……」

男「魔王という機構の心臓部は、それでもやはり摩耗する。取り替えなければならない。
  交換部品の候補が勇者だ」

メイド「なんですって……?」

男「運命操作のプログラムには、勇者発生から魔王交代までのルーチンも刻まれている。
  魔王と勇者は廻りの間にて戦い、勇者が勝った場合その部屋ごと一時凍結される。
  その後数十年ほどの書き換え時間を経たのち、元勇者は魔王として目覚める。
  これの繰り返し。心当たりはあるだろう?」

メイド「……!」

銃士「勇魔の決闘に、余人の立ち入りは禁ずる……」

男「それはシステムの都合上生まれた掟だね」

男「旧文明の記録、技術は全て失われたが、皮肉にもこのシステムだけは残った。
  受け継ぎを否定するようなそれが、受け継がれてきたってことだ」

勇者「で、でもよ、そのシステム? に異常が出た場合はどうするんだよ?」

魔王「……番人」

勇者「あ」

男「そうだ。あれはシステムの修正人だ。大抵のことはあれが出てくれば片付く。
  今回はぼくがシステムの邪魔をしようとしたから出現したというわけだ」

魔王「お前はなぜシステムを阻害するのだ?」

男「それがぼくの存在意義だからだ」

銃士「?」

男「システムは長い時間を経て、もはや崩壊に進んでいる。
  それはこの世界を丸ごと引きずり込みかねない。
  ぼくはシステムの軋みの音より生れし者。システムの影、過去の亡霊」

男「”ゴースト”だ」


<魔王城.魔王の自室>

メイド「”癒しよ”」ポゥ

魔王「すまんな」

メイド「怪我してたならもっと早く言いなさいよ、まったく」

魔王「次からそうする」

メイド「あんたねえ」

魔王「はは」

メイド「……」

魔王「どうした?」

男『番人は今回は一応撃退できた。でも、あれは、またやってくる。今度こそぼくを消去できるように何かしら準備をして』

男『次こそはあれを、システムを停止させなければならない』

男『――うん、勝ち目は薄い。君たちにも協力してほしい』

男『でも強制はできない。システムの仕様から逆算すれば、番人が再び現れるのは二日後の夕の刻。それまでに……』

男『ぼくに協力するにしろ逃げるにしろ、もしくは番人の側につくにしろ何でもいい』

男『答えを出しておいてくれ』

メイド「――って言ってたじゃない」

魔王「……」

メイド「……あんたはどうするの?」

魔王「さて」

メイド「はっきりしなさいよ!」

魔王「そんな簡単に決められる問題か?」

メイド「それは……そうだけど」

魔王「お前はどう思う?」

メイド「世界の危機でしょ? だったら迷う余地なんて」

魔王「あれが嘘をついている可能性は? もしくは間違った認識で申告をしている可能性は?」

メイド「う……」

魔王「あれはどうも胡散臭い。我輩は好かん」

メイド「じゃあ」

魔王「かといってとんずらこくのも違う」

メイド「なら」

魔王「あの黒鎧につくのはさらにないな。得体が知れん」

メイド「どうすんのよ!」

魔王「様子見だ」

メイド「様子見?」

魔王「場には立ち会う。だが手出しはしない」

メイド「なるほど」

魔王「いざとなったら逃げることを優先するつもりだ」

メイド「分かったわ」

魔王「ん?」

メイド「え?」

魔王「……お前、もしかして一緒に残るつもりか?」

メイド「ちょっと! わたしだけ逃げろっていうの!?」

魔王「勇者との決闘のときは残りたいというお前に我輩が折れた。今度はこちらの言うことを聞いてもらう番だ」

メイド「で、でも」

魔王「別に我輩は危険を冒すつもりはない。安心しろ」

メイド「……」

魔王「な?」

メイド「……わたしが治癒魔術しか使えないから?」

魔王「……」

メイド「そうなんでしょ?」

魔王「違う」

メイド「分かってるわよ。わたしが残っちゃうと足引っ張っちゃうものね」

魔王「違う」

メイド「でもわたしは――」

魔王「話を聞け」ポコ

メイド「あいたっ」

魔王「我輩が魔王として目を覚ましたときの事を覚えているか?」

メイド「……忘れるわけないじゃない」

魔王「皆に盛大に迎えられ称えられ、初めて入る自室にお前はいた」

メイド「……」

魔王「第一声は『誰よあんた』だったな」ククッ

メイド「し、知らなかったものは仕方ないじゃない!」

魔王「数十年ぶりに誕生した魔王を? 馬鹿言うな。ふふ」

メイド「なんで今その話をするのよ!」

魔王「あれから十数年だが、いまだに我輩に正面切って楯突くのはお前くらい」

メイド「悪かったわねじゃじゃ馬で」

魔王「そんなお前にもしものことがあっては困る」

メイド「っ!?」

魔王「我輩と真に対等な友人はお前だけだからな」

メイド「え、あ、友人……?」

魔王「さて……」

魔王「何はともあれ、今回は我輩の言うことを聞け」

メイド「……分かったわよ」

魔王「それでいい」

メイド「でも! これだけは約束しなさい。絶対に危険は冒さないこと!」

魔王「我輩はもとよりそのつもりと言ったはずだが」

メイド「言うのと約束するのは違うの」

魔王「……分かった、約束する」

メイド「絶対だからね」

魔王「ああ……もちろんだ」

<魔王城.食堂>

勇者「――と、言うわけで俺は様子見のために残る。お前は逃げろ」

銃士「分かったよ」

勇者「……」

銃士「?」

勇者「お前、そこは少し粘ったりするもんじゃねえのか?」

銃士「何を?」

勇者「……まあいいや」

銃士「冗談だよ。でも、あたしが残ったところで何になる? 足を引っ張るのだけはごめんだよ」

勇者「分かってんならいいんだ。気持ちの問題だ」

銃士「まあ、足を引っ張るのもそうだけど」

勇者「ん?」

銃士「受け継ぎ、だっけ。それはあんたたちの役目だと思うからね」

勇者「……」

銃士「主役はあんたたちだ。あたしは脇役」

勇者「おい」

銃士「勘違いしないでおくれ。不満はないよ。むしろあたしはその役に誇りすら覚える」

勇者「?」

銃士「あたしはちょっと逃げる。けど、あんたの仲間をやめるつもりもない。
   安心しな。どんな時もあたしはあんたの味方だよ」

勇者「……」

勇者「……!」ハッ

勇者「ば、馬鹿言ってんじゃねえよ。そんな言葉だけじゃなんの足しにもなんねえよ」

銃士「あたしの言葉、忘れないでよ?」

勇者「……おう」

<二日後.夕刻.魔王城.城門前広場>

勇者「……」

魔王「……」

男「……」

魔王「なあ、勇者」

勇者「ん?」

魔王「先代勇者については何か聞いているか?」

勇者「聞きたいのか?」

魔王「我輩の前世だ。気にもなる」

勇者「前世じゃないだろ……まあいいか」

勇者「まず、生まれて三カ月にしてもう立って歩いていたという逸話がある」

魔王「ほう?」

勇者「五歳にして武におけるあらゆる領域でその筋の達人をうならせ、魔術の師匠のプライドを折って泣かせたらしい」

魔王「ふむ」

勇者「十六歳のとき既に人格は完成しており、その徳は天に届き、神の祝福を余すところなく受けた彼は、それまでの勇者の中で最も早く当時の魔王を降したらしい」

魔王「なるほど。さすが我輩、勇者時代からして最強だったのだな」

勇者「――というのが表向きの口伝」

魔王「ん?」

勇者「話を盛ってるのさ。それに武の面以外の彼はあまりいい噂は聞かない」

魔王「……」

勇者「やれ働きたくないやれ面倒くさい。彼のゆくところ怠惰の嵐が吹き荒れたそうだ」

魔王「う、ううむ……」

勇者「地位の高い人間には誹謗中傷も多い。他にも女癖が悪かったとか酷い乱暴者だったとかあるらしいが、まあ噂だ。気にすんな」

魔王「聞かなければ良かった気もしてきた」

勇者「だな」

男「……」サッ

勇者・魔王「!」

男「おでましだ」

番人「……」

勇者「俺たちは下がるぜ」

男「ああ」

番人「……」ザッ

男「……」ザッ

番人「……」

男「……」

――ズダン!

番人「フシュウゥゥ……!」ズオ!

男「おおおおおお!」ジャッ!

 ズガァッ!

勇者「!」

魔王「これは」

男「な……な……」パクパク

番人「<Catch>」

勇者「一撃で槍に串刺し……」

男(こんなに強化されているなんて……想定外だ!)

番人「<ready…>」ピピピ……

魔王「なんだ?」

番人「<…Delete>」

男「ぁ……」

――ピシュン ……ブツ

 それがゴーストの最期だった。

 どれだけ力を持っていようが関係ない。
 消えて終わりだった。

 これ以降、世界は彼というジョーカーなしで話を進めることになる。

番人「ォォォォ……」

勇者「……」

魔王「……」

勇者「……どうする?」

魔王「どうするも、なにも……」

番人「……」

勇者「次の狙いは俺たちか……?」

魔王「そんなはずはない。我輩らはシステムの重要な部品だ」

番人「……」カツ

勇者「だ、だがこっちにくるぞ!?」

魔王「……?」

魔王(おかしい、我輩らまで消すつもりか……? それでは理屈に合わんぞ)

勇者「くっ」ジャキ

魔王(いや、違う? 相手の目的はあくまでも――)

 ズブシャ……!

勇者「ぐぶ……っ!」

魔王「勇者!?」

番人「<Catch>」

番人「<rewrite-ready…>」

魔王(やはり! 狙いは次の魔王の生成か! 強制的に引き継ぎを行う気だ!)

魔王「やめんか!」バッ

番人「……」ブン!

魔王「がッ!」バキィ! ドサ

番人「<5.4.3…>」

勇者「あ……あ……」

勇者(俺が……俺じゃなくなっていく……)

魔王「勇者!」

勇者(死ぬのか……)

「いいや」

 ガシャ!

銃士「それはないね」

――ズキュゥゥゥン!

番人「……!」ドス!

勇者「うっ!」ドサ……

魔王「……狙撃?」

勇者「銃士……」ハァハァ

  銃士『どんな時もあたしはあんたの味方だよ』

勇者「そう……そうだったな」

銃士「もう一発」ガシャ!

――ズキュゥゥゥン!

銃士「あたしの目から逃れられると思うんじゃないよ!」ガシャ!

番人「……!」ドス! ドス!

勇者「効いてる!」

魔王「今のうちだ。力ずくで止めるぞ」スッ

番人「<anti snipe mode>」キュィィン……

勇者「? なんだ」

番人「<fire>」カッ!

銃士「もういっぱ――」

――カッ!

銃士「……チッ、ここまでか」

銃士(後は任せたよ、勇者)

――ッドゴオォォ!

勇者「……銃士?」

魔王「……」

勇者「…………こ、の」

魔王「待て、抑えろ!」

勇者「クソ野郎がァァァッ!」ズダン!

番人「……」キュイィィィン……

――ドス!

勇者「っ……!」ドサ

魔王「が……っ」ダラリ

番人「<Catch>」

勇者「ばっ……お前! なんで俺をかばった!」

魔王「ぐ……が……」

勇者「……くそ! ”断影”!」ジャッ!

番人「……」バックステップ

魔王「……っ」ドサ……

勇者「ちくしょう、掴まれ」ガシ

魔王「……」

勇者「逃げるぞ!」ダッ!

番人「……」キュイィィン

 タッタッタッタ……

勇者「ハッ、ハッ……」

魔王「……」

「止まりなさい!」

勇者「っ……?」

メイド「こっちよ」

――ドサ……

魔王「ぐ……」

メイド「魔王……!」

魔王「……」ゼィ ゼィ……

勇者「……悪い」

メイド「……あいつは?」

勇者「来る。俺が止める」

メイド「時間を稼ぎなさい。魔王はわたしがどうにかする」

勇者「分かった」ダッ

メイド「”癒しよ”」ポゥ

魔王「……」

メイド「”慈悲よ”」ポゥ

魔王「……」

メイド「……”恵みよ”」ポゥ

魔王「……」

メイド「……あんた、危険は冒さないって約束したじゃない。危なくなったら逃げるって言ってたじゃない……」

メイド「なのに何よこれ! なに死にかけてんのよぉ!」

魔王「……」

メイド「ふざけんじゃないわよ。必ず約束は守らせんだからね……!」グス


魔王「……っ!」ゴボ!

魔王「うっ、がは……!」

魔王「ゼィ、ゼィ……」

魔王「……我輩は、一体」ムクリ

メイド「――」

魔王「メイド?」

メイド「――」

魔王「おい、メイド」ガシ

メイド「――」ズルリ……ドサ

魔王「メイド! お前まさか!」

メイド「――」

魔王「馬鹿者! 自分の命を削る奴があるか! なぜ逃げなかった! なぜ、こんな無茶を!」

メイド「――ま、おう……」

魔王「メイド!」

メイド「……これ、で、おあいこ、ね」

魔王「っ……」

メイド「また、ね……」

魔王「……」

メイド「――」

魔王「……すぐ追いつく、から。待ってろ」

勇者「はあああッ!」ジャッ!

番人「フシュ!」カッ!

勇者「うぐッ」ドサ!

番人「……」キュィィィィ!

勇者(まず――)

魔王「”崩拳”!」バッ!

番人「……!」バックステップ

勇者「魔王! 大丈夫か!?」

魔王「……いや、傷だらけだ」

勇者「……そうか」

番人「――ォォォォ……」

勇者「……どうする。逃げるか?」

魔王「我輩にはもうその選択肢はない」スッ

勇者「奇遇だな。俺にもだ」チャキ

番人「……」カツ

勇者「策は?」ポゥ……

魔王「『ガンガンいこうぜ』」ズズ……

番人「フシュゥッ!」ズダン!

勇者「オラァッ!」ギュン!

魔王「セイッ!」ズオ!

――交錯の瞬間に

勇者「――!」

魔王「――!」

番人「……」

――それは起きた

 ッドゴゥ!

番人「ッ!」グラ……

勇者「”断影”!」

魔王「”崩拳”!」

――ズザシュゥッ!

番人「――!」

勇者「……」

魔王「……」

番人「っ……っ……」

――ドサ ガシャン……

勇者「……ぷはぁ!」

魔王「ふ、はあ……」

番人「――」

勇者「……なんだ、さっきの爆発」

魔王「分からん。番人の内側からのものに見えたが」

  『どんな時もあたしはあんたの――』

勇者「あ」

魔王「ん?」

勇者「……いや」

番人「――」

勇者「これで、終わりなのか?」

番人「<…secondform-ready>」

魔王「ぬ!?」

 カッ――!

勇者「な、なんだ?」

魔王「さ、下がれ!」

 ズオゥッ――!

「キシャアアアァァァァァァッ――!」

勇者「ドラゴン……?」

魔王「大きい……!」

「<…target lock on>」キュイイイィィン!

 ゴゥッッ!!


勇者「ぁ……」

魔王「ぅ……」

「<second-attack ready…>」キュイィィン!

魔王「ゆ、うしゃ……立てる、か?」

勇者「うぐ……」

魔王「どちらかが、立たねば、ならん……」

勇者「けど……」

魔王「お前が、立て……」

勇者「むりだ……っ」

魔王「お前に、託す……」ポゥ

勇者「……」

魔王「……受け継いで、くれ」

「<――fire>」

――ドゴゥッ!

「<…error>」

勇者「その内部爆発。なんでか分かるか?」

勇者「――俺の相棒。その魔弾だよ……!」ムクリ

「<error…>」

勇者「俺がなんで今立てるかわかるか?」

勇者「――メイドと魔王の、おかげだよ!」チャキ

「……キシャアアァァァァァッ!」

勇者「俺がなんで戦うか分かるか?」スッ

勇者「受け継ぐためだよッ!」ズダン!

勇者「おおおおおッッ!!」

「<attack ready…>」

勇者「おせえッ!」ポゥ

勇者「”心剣・断月影”!」

――ズンッ!


勇者「――以上が、事の顛末です。俺が見聞きしたことの全てです」

王「…………御苦労で、あった」

勇者「……」

王「旧文明の遺物、魔王勇者システム……そのような真実が、この世界の裏側にあったとは」

勇者「……」

王「世界を救ってくれたこと、誠に感謝する」

勇者「陛下」

王「なんだ?」

勇者「俺はもう疲れました」

王「これはすまない。すぐに部屋を用意させよう」

勇者「いえ、ここで少し座って楽にさせてもらうだけでいいんです」

王「? まあ、かまわないが」

勇者「ふぅ……」ペタン

勇者「……」

勇者「終わったよ、銃士」

王「……」

勇者「務めは果たしたぜ、魔王、メイド」

王「……」

勇者「これでよかったんだよな、ゴースト」

王「……勇者?」

勇者「陛下」

王「ああ」

勇者「この世界を頼みます」

王「わかった」

勇者「……すみません。ちょっと休みます」

王「……おい?」

勇者「――」

王「……」

勇者「――」

王「……勇者の死によって、システムは真に停止する」スク

王「……確かに、受け継ぎました」ペコ

――ズズン……!

王「……」

兵「じ、地震! 陛下、ご無事ですか!?」

王「ああ」

兵「大きい!」

王「問題ない。じき静まる」

兵「……?」

王「心を平静に。これからは不運に対し我らが自ら戦わねばならないのだから」

王「……だろう、勇者」

title:男「勇者と魔王、捕まえた」

〜了〜

コメントの数(4)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 通りすがりさん  ID:fOdGXTXK0編集削除
読まずにコメ欄まで来たら、みんな無言だった。
これを読んでるきみ、きみもなんだろう?
2 . 名無しさん  ID:eSg.S58K0編集削除
だから!
秋田わ!
3 . 名無しさん  ID:.i5cdi.F0編集削除
頭の悪さ全開だな。こんなの読むわけねえだろ
4 . 名無しさん  ID:EvIIxUM10編集削除
自分の頭の中ではイメージがあるけど、それを文章にするスキルが致命的に足りないという典型

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ