私には一回り以上年の離れた姉がいる。
元々両親は晩婚で、私は遅くにできた計画外の子だ。
はっきり言っていらない子だった。
両親は姉を溺愛していたが、私は授業参観も運動会も来てもらった覚えがない。
そんな両親の愛情を盗られるとでも思ったのだろうか。
年の離れた姉には子供の時から苛め抜かれた。
私が中学になる前にその姉が結婚した時には、これで姉から解放されると嬉しかったけれど、嫁いだ後も姉は頻繁に帰ってきては私をイビり、両親は止めるどころか一緒になって私を責めた。
そんな家が嫌で高卒で家を出て十九歳で一つ年上の旦那と結婚した時も、散々な言われ方をした。
(私は早生まれなので学年は一つ上。)
私の旦那は当時定時制の高校を卒業し、進学するために掛け持ちで仕事をしていた。
全日制の高校に進学できなかったバカwww
底辺は底辺と結婚する。
負け犬は一生負け犬よねwww
と、両親と姉は面と向かって旦那をバカにした。



私の旦那は中学に入る前に両親を亡くし、親戚をたらいまわしにされて育った。
中卒で折り合いが悪かった親戚の元を離れた旦那には全日制の高校に進学したくてもできず、働きながら定時制の高校を卒業した。
卒業後も進学や資格取得に備えて貯金に励み、同い年の学生たちが親の庇護下で遊んでいる最中も仕事と勉強を頑張っていた。
実家に居場所がなく、進学よりも実家を離れることを優先した私はそんな努力家の旦那が好きで、この人となら一緒に頑張って行けると思って結婚した。
私たちの結婚生活が十年を過ぎた頃、その姉が不倫と托卵がバレてご主人から返品されてきた。
姉の元夫は外資系の会社に勤めていたエリートだったから、姉は優雅な専業主婦を満喫していたが不況の煽りで倒産。
再就職したものの以前の五分の一以下に給料が下がったらしい。
それでも贅沢さえしなければ十分暮らしていけたと思うのに、派手な生活が身についていた姉はガマンできず放蕩。
金融系のカードローンに手を出し、限度額いっぱいまで複数の会社から借りては豪遊する生活を続けていたらしい。
そんな嫁に引導を渡す機会をご主人は担々と狙っていたらしく、興信所を数年間雇い、定期的に離婚材料を集めていたそうな。
結果、姉は自分で作った借金と「俺はカッコウの子を育てるつもりはない」と父親のわからないコブ二匹ごと返品された。
両親はすでに年金暮らし。
姉同様、貯蓄よりも使うほうが好きな両親にはロクな蓄えがなく、見かねた私たち夫婦が物資(米とか消耗品とか)を供給することで食いつないでいる有様だ。
結婚生活十年の間に、私たち夫婦は短大を卒業し夫は正看護師、私は栄養士になっている。
堅実に貯金してきたおかげでそれなりに生活にもゆとりができた。
散々バカにされてきたから私は援助することに反対だったけれど、人がよすぎる旦那は「自分の親には孝行する前に死なれたから」と自分の小遣いを削ってでも仕送りをしたいと言ったこともあって援助してきた。
金を送ると浪費するから、あえて現物供給にしている。

そこに姉が転がりこんだ。
最初からイヤな予感はしていた。
いつでも姉の味方な両親は、実家を抵当に入れてまで姉の借金を肩代わり。
それでも築二十年以上経っている家に値打ちがあるはずもなく、金策に追われている。
その金策の一環なのか、旦那に目をつけよった。
姉は散々「底辺」だの「負け犬」だの「乞食」だのと旦那をバカにしたことも忘れ、今度は旦那に色目を使ってくるように。
電話やメールで「子供のことで悩んでいる」と呼び出しては隙あらばホテルに行こうとモーション。
私sage、自分age基本。
私たち夫婦がマンション購入を考えていることを知ると、

「家族でいっしょに暮らしましょうよ」

と言ったが、その家族のなかに私は含まれていない。
そう言うことが続き、旦那が両親に諌めるように言っても

「まあまあ。姉ちゃんはいい子よ」

と私から姉に乗り換えるように言う始末だった。

「子供を産めない役立たずな妹より、姉ちゃんのほうがお買い得よ。子供は可愛いでしょう」

って父親不明の子供たちにまで「お父さん」と呼ばせるようになった。
これに、「見た目クマ、中身仏」な旦那がブチ切れた。
「世の中には手を差し伸べるだけムダな人間もいるんだな」だって。
私たち夫婦はお金がない苦労を散々したので計画的に避妊して貯蓄に励んできた。
目標の貯金額まで子供は作らず、貯金が貯まったら家を買って子供を作ろうと夫婦で相談して決めていた。
そうやってずっと夫婦で頑張ってきたのを根拠もなく「石女」呼ばわりしたうえに、托卵、不倫という行為を繰り返してきた姉を諌めもしない両親に愛想を尽かしてくれた。
旦那は金銭的な援助を検討していたものの白紙。
私自身はこんなクソ一家にムダ金を払うより、将来子供を授かった時の貯蓄に回したいとずっと思っていたからラッキーだった。
絶縁、携帯の番号変更、寄生虫が寄ってこられない遠方の病院にツテを頼って夫婦そろって再就職。
三年目の今年で現在産休中。
夢だったマイホームも手に入れた。
お役所から「養え」と電話がくるけど知るか。
こちらの連絡先をリークしないよう釘をさしたけど、お役所のやることだからそれだけが心配。
私にとっての修羅場は高校を卒業するまでの18年と、姉が返品されてから絶縁するまで。
旦那と結婚して最初は貧乏で一つの缶詰を二人で分けて食べていたころもあるけど、辛いと思ったことはない。

コメントの数(5)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . な  ID:Ca04zcRq0編集削除
広告www
2 . 名無しさん  ID:EhzGflhJ0編集削除
広告?
害虫駆除のカスペルンだぜ?※1の君には何が見えているんだ?
3 . 名無しさん  ID:eWcDR3Dp0編集削除
価格コムの広告だ
4 . 名無しさん  ID:vSuOF0Dy0編集削除
広告はカメラのキタムラだぜ
最近注文したからな
5 . 名無しさん  ID:BBYXd9wU0編集削除
医療関係技術職のステマだな

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ