もう6年前の話かな。
仕事が休みだったもんで、友達と飲みに行ってて2件目に行こうと
飲み屋を探し歩いてる時だった。
商店街を歩いてたんだけど、前方にJK発見wwww
ミニスカおいしいれすwwww

友「いやあ、こんな時間にけしからんですなww」

俺「ええ、そうですなwwww」

友「これはお仕置きが必要ですなwwww」

多分、いい感じに酔ってたのもあるけど、立派なDQNなもんです。



俺「なにすんだよww」

友「こうすんだよwwww」

急に走り出す友wwww

なにやってんだwwとか思って笑いながら見てると
女子高生の3m後ろくらいでヘッドスライディングをかます友wwww
しかし女子高生は気付かず、駅のほうへ向かっていく。

振り返った友と目が合う。
アイコンタクトが「お前もやれ」、そう告げていた。
アルコールとは怖いもので、気付いた時には走り出す足を止められなかった。
次の瞬間、スライディングをかました俺の視界には
JKの太ももが飛び込んでいて、そこはまるで天国のようだった。

その瞬間までは確かに俺は天国にいたのだ。

さすがに物音に気付いたじJKが振り返る。
スライディングの体制のままの俺と目が合う。

俺「あ、ども。さむいっすね」

無言で走り出すJK。
おそらく彼女とって、これほどまでに不愉快で不思議な週末はなかっただろう。

ここで追いかけては男の名が廃る、と友と2件目に行こうと
立ちあがり仕切りなおそうとしたとき後ろから声をかけられた。

「君たち、ちょっといい?」

お巡りさんが現れた!

俺「よ、よくないです」

警察「よくないことないんだなー。君たち今なにした?」

友「スライディングの練習っす!」

警察「人に向かって? とりあえず交番まで行こうか」

このあとしこたま説教と持ち検くらって自宅に帰ることになりました。

コンクリというか、つるつるしたタイル?だったから
予想以上に滑ってこのざまです、はい。

まぁ、酒の失敗なんかは結構すぐに忘れるもんで
次の日にはけろっとJKのことも忘れて仕事にいそしんでいた。

JKにスライディングをかました翌週の週末。
当時付き合ってた彼女とカフェで一服をしようと入ったんだよ。
頼んだコーヒーを持って現れた店員。

店員「お待たせしまし…あっ」

俺「は?」

店員「スライディング男…」

俺「え…」

彼女「すらいでぃんぐおとこ?」

最悪の再開である。

もしも神様がいるとするならば、とんでもなくドSなやつだと思った。
とりあえず状況が飲み込めてない彼女はおいておいてJKに目で
この状況がよろしくないことを訴える。

俺「(あれは一夜の過ちだったんだよ…)」

俺の目力が伝わったのかどうかは知らないがJKはコーヒーを置いてこの場を立ち去ってくれた。
ここからがめんどくさかった。

彼女「ねえ、スライディング男ってなに?」

俺「さ、さあ? 人違いかなんかじゃないかな?」

彼女「俺って隠し事するとき、口調が丁寧になるよね」

俺「そんなことないわ、ぼけこら〜!」

彼女「ばかなの?」

散々問い詰められゲロッてしまった俺。
般若のような顔をした彼女。※なおスッピンは変わら(ry

JKのもとに謝りにいくという公開処刑の始まりです。
悪いことをしたら謝る、小さい頃に教わった当たり前のことが
だんだん大人になるとどうして出来なくなるんでしょうかね。

ただ、その日は結構お店も繁盛しているように見えたから
後日見かけたときに謝るということで手を打ってもらった。
その彼女には結局翌月振られるんですけどねww
他に好きな人ができたってなんだよwwww
明らかにスライディングの話が出てきてから余所余所しくなってたじゃねえかww

スライディングは恋人関係もときには壊します。
よいこはマネしないでね☆

さて、JKに謝るという当初の目的は反故になったわけじゃないから
謝ろうとたびたびそのカフェを利用するんだけどなかなか見かけない。
が、かの会いたくて震えちゃう西野カナ氏の気持ちはやっぱり分からない。

もうこの時にはなんとなく謝るという目的よりも
ただちゃんと話がしたいという願望に変わっていたような気がする。

まあ、縁がなかったんだな、と諦めかけてた頃。
昼休みに昼食を食べに友とファミレスに行ったんだ。

友「またあのJK会えないのかなww」

俺「もういいよwwあれで振られたようなもんだしwwww」

友「責任転嫁もいいとこだろww」

俺「もとはと言えばお前が…」

彼女に振られたのもだんだんと笑い話にできるようになってた。

友「次、もし会えたなら連絡先聞いちゃえよww」

俺「だから会えないってwwそれに今度こそ捕まるww」

友「俺は運命の赤い糸がうんたらかんたら」

俺「もう顔を覚えてるかすら怪しいし」

昼時のざわついたファミレスで
近くの席から聞いたことがある単語が聞こえてきた。

「この前のスライディング男とどうなったの?ww」

偶然とは重なるものである。

友「こwwれwwはwwww」

この男、ものすごく楽し

友「右斜め後ろ、いけwwww」

俺「まじで勘弁してくれ」

友「向こうも2人みたいだし、俺も一緒に行ってやるからww」

俺「普通に怖がるだろ」

友「大丈夫だって!」

そう言い残し立ちあがった友。
右斜め後ろに振り返れば、おそらくあのJKがいるのだろう。

友「スライディング男の友達の友でーす!ちょっと時間いい?」

まじかよ…。
ますます振り返れなくなった状況に唖然としながら
ドリンクバーで作ったキューピーを一気飲みした。
汗がハンパなかった。
この世で俺以外にスライディング男と呼ばれている男が他に居てほしかった。

友「おい、スライディング男wwこっち来ていいってwwラストチャンスだぞ!」

頭を抱えていると満面の笑みで戻ってきた友。
なぜか隣にはJKと一緒にご飯を食べていたであろう友達。
手が早いとはこういうことを言うのだろうか。

もうどうにでもなれって吹っ切れてきてとりあえず振り返ってみる。
右斜め後ろには間違いなくJKがいた。
ものすごく困った顔をしてうつむいていたと思う。

友は早く行けと言わんばかりに、JK友を隣に迎え談笑を始めていた。
仕方なく席を立ちあがり、JKの居る席に向かう。

俺「すいません…スライディング男です…」

JK「あ、はい…w」

かすかにJKが笑ったように見えた。
うつむいたままだったからよく分からなかったけど。
ただそれが嬉しかった。
初めてスライディング男であることを誇れたような気がした。

謝るなら今しかないと思った。
なんてったって長渕の西新宿の親父の唄が頭の中で流れているんだもの。

俺「あのときはほんとにすみませんでした!」

やるなら今しかねえ。

JK「もういいですよwwなかなか笑い話になりましたしww」

こんな俺でもJKの話題の一部になれたと思えばちょっと興奮した。
立派な社会貢献をしたような気持ちになったのはなぜだろう。

なによりこのJK笑うとすんごい可愛いww
美人系の顔なんだけど笑うとまだあどけなさが残ってんのww

俺「そんなそんな…なんだったらまたしますよww」

JK「真剣にやめてください」

俺「あ、はい」

やばい、話題が途切れたwwと焦っているとJKのほうから切り出してくれた。

JK「そういえば一緒にお店に来てくれた彼女さん?とはどうですか?」

俺「いや、あのかくかくしかじかありまして…」

JK「振られちゃったんですか?」

俺「はい…やっぱりスライディング男が彼氏だと嫌なんですかね…」

JK「wwww嫌でしょ、やっぱりwwww」

JKで毒舌って…これなんてエ○ゲ?

俺「名前教えてくれますか?」

JK「やだよwwスライディング男に教えるとかwwww」

俺「うぐぐ…」

方や左斜め前では友はJK友と連絡先を教えあってる模様。
方やJKの小悪魔っぷりに興奮している模様。

JK「冗談だよww美咲って呼んで!(伊藤美咲に似てたからねww)」

俺「俺の名前は…」

JK(以下美咲)「いや、また今度でいいよwwしばらくはスラ男って呼ぶww」

俺「略すなよ…」

おや、スライディング男のようすが…

スライディング男はスラ男に進化した!

…ん?ちょっと待て、また今度だと?

俺「また、今度って…」

美咲「またこうやって偶然会えたらねwwそのときは名前教えてよ!会えなかったらそこまでってことでww」

俺「そ、そうだね!」

なぜか大人の余裕を醸し出そうとしたスラ男。

美咲「じゃあね、スラ男ww」

結局連絡先は聞けずじまいで、友達を連れて帰ってしまった美咲。

友「なんだよー、連絡先は聞けず?」

俺「連絡先どころか名前も教えていらないって…」

友「でもスラ男になったんだろww仕事戻るぞスラ男ww」

なぜかこの日から友にまでスラ男と呼ばれ続け、はや6年。
月日の流れとは早いものです。

この日をさかいに友はJKとデートを重ねていたらしい。
突っつかずとも惚気を吐き出しまくる友にうんざりしつつ
美咲にどうやったら会えるかと、そればかり考えていた。

カフェに通うのも1つの手だろう。
だがそれはフェアではない。
あくまでも偶然でなければ意味がないような気がした。
そんなことを考えていると結局会うか会わないかじゃなくて
会えるか会えないかの偶然に期待するしかなくて堂々巡りを繰り返していた。

ファミレスで会ってからもう3カ月がたとうとしていた。
学生時代からたまにアコギ1本持って駅前に繰り出して弾き語りをしてたんだけど
ふとその日、弾き語りをしにいこうと思って直帰してアコギを抱えて駅前に行った。

衝動的なものだったのか、人目につくから気付いてくれるのを期待してかは
今になっては分からないけど多分答えは後者だったんだろうと思う。

確か歌うたいのバラッドとか歌ってたww
ベタ過ぎワロリンwwww

だいたいの人はちら見だけして通り過ぎて行くんだけど
中には足を止めて聞いてくれる人もいて10人程度の人だかりになってた。
弾き語りを終えて軽くお礼だけ言うとその人だかりも散って行った。

「よっ」

少し離れた所から制服姿の女の子が歩いてきた。
もう間違いなく美咲だった、そうじゃなくてもそう思いたかった。

俺「え?」

美咲「やるじゃん、スラ男ww」

俺「俺、名前1だから!」

美咲「はやいはやいww1ね、覚えとくww」

だいぶんフライング気味だったwwww

美咲「んでんで歌うたいのバラッドは誰に向けて歌ってたのかな?ww」

俺「べ、別に誰にでもないよww」

美咲「まwさwかwwわたしに?wwww」

俺「だから違うって」

美咲「ムキになんないでよww冗談じゃんwwww」

いつの間に美咲優位の関係になっていたのだろうか。
純粋に俺を変質者だと思って怖がっていた美咲はどこに行ったのだろうか。


美咲「しかしまた会えるとは思わなかったなー」

俺「運命だよ運命!」

美咲「はいはいww」

俺「そういやいくつなの? そろそろ帰らないと補導されるぞ」

美咲「17だけどいいじゃん、そんなのww1には関係ないし」

なぜか答えを濁した美咲。

美咲「せっかく会えたことだし、もう1曲なんか弾いてよwwそしたら連絡先教えてあげる」

俺「…リクエストは?」

プライド、というものを小一時間ほど当時の俺に説いてやりたいww
いわばいい大人が子供に入れ込んでるわけだからね。

美咲「スラ男の唄!」

俺「そんなもんあるかww」

美咲「作ってよwwwwしょうがないなあ、ミスチルのシーソーゲームで勘弁したげる!」

弾いたことのある曲だったんで、うろ覚えながらも弾いてみた。
恋なんていわばエゴとエゴのシーソーゲームなんですよね、分かります。

美咲「んじゃそろそろ帰るねー。あ、これ番号。気が向いたら出たげるww」

俺「気が向いたらかよww気をつけて帰れよ」

美咲「ねえ、さびしい?ww」

俺「分かったからwwww」

美咲はちょっとふてくされた顔をしながら帰って行った。
俺も帰るかと片づけをすませ、美咲の携帯番号が書いてあるであろう紙切れをみると
どう見ても家の番号でした。

うそーん。
かけにくいどころか、親が出たらどうすんだよ、これ。
電話する気ないだろ、これ。

家に帰ってからも紙切れの電話番号と睨めあっこを続けていた。
まあ、時間が時間だしと適当に理由をつけて電話をかけるのはやめておいた。
それからはまた今度また今度、の繰り返してなかなか踏み出せずにいた。

そんなことを繰り返して1週間。
知らない番号から電話があって、怪しみつつも電話に出た。

俺「はい、もしもし」

美咲「なんで電話してこないんだよー」

声を聞いた瞬間美咲だと分かった。
どうやらファミレスで一緒にいた友達から友伝いに聞いたらしい。

俺「だってあれ家電でしょ…」

美咲「スラ男ならかけてくれるって信じてたのになー」

なぜかスラ男に降格した俺。

俺「家族の人が出たら気まずいし」

美咲「そうだよねー。今日予定は?」

俺「仕事が終われば特にないけど」

美咲「じゃあ仕事終わったら駅の南口で!」

そう言って電話は切れた。
終始美咲は不機嫌でどうしたものかとも考えたけど
なにより会えることが決まって喜ぶ気持ちのほうが大きかった。

ノリノリで仕事を終えて駅の南口に向かう。
昼休みに洗車機かけて車内の掃除までしたwwww
おんぼろのサニトラが喜んでいるように見えたwwww

確か19時くらいだったかな、駅前のロータリーに横付けして美咲に電話をかけた。
すぐに分かったみたいで小走りで美咲はやってきて助手席に乗り込んだ。

美咲「なんか軽トラの車高が低くなった感じ?ww」

俺「まあそんな感じだわなwwどっか行きたいとことかある?」

美咲「特にないんだよねww適当に走らせてよ」

適当って1番難しいと思いつつ
海沿いの道を流して夜景の見える小高い丘までドライブという
とてつもなくベタかつ個人的にはベストなドライブコースを選択したww

道中の会話は特に変わったことはなく
互いの趣味の話とか当たり障りのない感じだった。

途中で買ったコンビニ弁当を夜景を見ながら荷台で食べていた。
もう秋の始まりくらいの時期で夜風が心地よかったのを覚えてる。

美咲「なんかいいね、こういうのww」

俺「女子高生にも分かるかww」

美咲「なんかロマンって感じwwww隣がスラ男じゃなかったら最高ww」

俺「あのなあ…」

美咲「あのさ」

俺「ん?」

美咲「なんでスライディングしてきたわけ?ww」

スライディングにわけがあるとするならば
それは野球をしている子が次の塁を狙う以外に理由があるというのだろうか。
女子高生の太ももを近くで見たいという理由でスライディングすることは
世間的に認められる行為なのだろうか。

俺「ふ、太ももが近くで見たくて…」

美咲「そんな理由で?ww」

俺「というか悪乗りってやつ?」

美咲「ほんとに怖かったんだからねww」

俺「ごめんなさい…」

美咲「でもこれはこれで悪くないかもねww」

俺「え?」

サニトラ、ごめん。
今までずっと我慢してたけど、俺お前の荷台でいちゃいちゃするのが夢だったんだ。

なんてさりげない美咲の一言にときめいて
ばかなこと考えてたと思う。

当時は頑張ってたけど今じゃオシャレのオの字もないよww
サニトラはまだ乗ってるけどね!

すぺっく

当時26
180/70
斎藤工?を残念な感じにしたら、俺になるらしいww

あと誰かスペックいる?

スライディングは、足からいったよww
伸ばしてた足が当たるか当たらないかのところまで滑り込んだから、そら気づくわなww

俺「おっさんをからかうなよww」

美咲「えー、楽しいじゃんww」

やるなら今しかねえ。
やるなら今しかねえ。
66の親父の口癖はやるなら今しかねえ。

気づいたときには、抱きしめていました。
女子高生の太もものぞいて、抱きしめて立派な犯罪者です、ええ。
が、何故か抱きしめられたままの美咲。

俺「あ、あのー…」

美咲「スラ男のくせにやらかしたね」

俺「お、おこってます…?」

美咲「加齢臭くさいのが嫌!」

俺「ごめんなさい…」

26で加齢臭…とへこみ倒すものの、まだ抱きしめたまま。
かたや女の子特有のいいかほり。
かほりにやられておじさん…ふぅ。

さて離すにも離せず、抱きしめるのにも加齢臭くさい俺。
八方塞がりってやつです。
少しでも動けば、そりたつマイサンがいたいけなJKに触れて爆発してしまいそうでした。

美咲「スラ男のくせに…」

俺「ん?」

美咲「スラ男のくせに…」

何故か泣き始めた美咲さん。
もうどうしていいか分からなくなって頭の中はパニック。

美咲「こんなことまでしといて、なんか言うことないわけ?」

俺「スラ男はあたなが好きです」

確かすごいどもりながら言った。
これでもかってくらいにかんだ。
それでも精一杯の告白だった。

美咲「知ってる。だからなに?」

こいつ、鬼か。

なにか自分の中で切れたような音がしました、ブチッと。
言わばアキレス腱を切ったことがある人なら分かるでしょう。
そればりの音が俺の中をこだましました。

俺「だからなに?じゃないだろ!知ってるなら分かるだろ!黙って俺と付き合えください…」

怒ったこととか滅多になかったから、後半はかなり尻すぼみでしたww

美咲「なんだww言えるんじゃんwwww」

急に笑いだす美咲。
おまえらに聞きたい、どうして女は感情がこうもすぐに変わる?
教えてエロイ人。

俺「笑いたきゃ笑えよ」

美咲「そうやって気ぃつかわなくて怒っていいんだよww」

俺「別に気なんか…」

美咲「わたしの中ではもう変質者じゃないし。まあ、いつまでたってもスラ男だけど好きだよww」

こいつ、天使か。

美咲「1さん、わたしで良かったら付き合ってください」

俺「ふつつかものですがよろしくお願いします!」

美咲「逆逆wwwwそれわたしのセリフwwww」

とにもかくにも美咲と付き合うことになった俺。
ぶっちゃけものすごい勢いで浮かれてた。

俺「あー、もう9時じゃん。家まで送るよ」

美咲「門限とかないから別にいいよwwww」

俺「いや、それはだめ。俺が捕まっちゃうww」

美咲「じゃあスラ男の家に行こう!そうしよう!」

俺「自分の家に…」

途中で会話を突っぱねられ、車に乗りシートベルトをしめだす美咲。
とりあえず駅前でもう1度説得しようと来た道を戻ることにした。
すごい浮かれて嬉しいはずなのに
なんだか気持ちが晴れなくて、もやもやしてたと思う。

駅前について説得を試みるもやっぱりだめ。
置いて帰ることもできたけど、それも心配で出来ずに
結局帰路についておりました。

まあ、家に帰りたくない時期なのかなー
俺にもそんなことがあったなー
なんて考えたいんだけど、なんか微妙に違った。
大事にしたいっていうのは建前で、やっぱり自分の身の保身もあったと思う。

美咲「うわー、普通のマンションww」

俺「男が1人で暮らす分には十分なんだよ」

ほんとに普通のワンルームマンション。
なぜかシャワールームだけ微妙に外から覗けるラブホ仕様wwww

俺「えーっと、どうする?」

ベッドの上でごろごろしている美咲に比べ、どうにもこうにも落ち着かない俺。

美咲「どういう意味、それwwww先にシャワー浴びる?とかそういうの?wwww」

俺「そんなんじゃなくて…」

美咲「意気地なしwwwwじゃあちょっと話聞いてよww」

性欲も行き過ぎると消沈する、不思議なもんです。

美咲「スラ男の家族構成は?」

俺「なに、このお見合い的なノリはww」

美咲「いいから答えてよ」

美咲がすっごい真剣な顔してたのを覚えてる。
なんか顔見て話すのもためらうくらいに。

俺「普通の親父に普通のおふくろに、放浪癖のある兄貴」

美咲「放浪癖ってww」

俺「いや、今もどこに居るか知らないしwwというか質問の意図がいまいち…」

美咲「いいなー、スラ男の家族にいれてほしいなー」

事の核心には触れそうで、触れれない距離な気がした。
深入りしていいのかだめなのか、判断が難しかった。
それでもただ待つのももどかしかった。

俺「美咲のとこはどんな感じ?」

美咲「姉ちゃんと2人。ただの同居人って感じで家族には程遠いけどww」

半笑いの美咲の目からは涙が流れていた。
スラ男君、どうやら地雷を踏んだ模様。

俺「同居人って…」

美咲「いや、ほんとにww姉ちゃんはひっかえとっかえ男連れ込んでくるし
        家にいるのに全然落ち着かないww」

なんでか胸が痛んだ。
家に帰りたがらない理由がなんとなく分かったのに
同時に俺ができることなんて大してないことも分かってしまった。

美咲「別に愛がほしいだとか、そんな悲劇のヒロインみたいなことは言わないからさ
        ただスラ男には一緒に居てほしいって話。
        ていうかわたしで良かったら一緒に居させてほしい」

少し前まで自分の身の保身だとか考えていた自分がばからしく思えた。
もとはと言えばスライディングした時点で捕まって人生詰んでても
おかしくなかったと考えれば、この先なにが起きても大丈夫な気がした。

俺「今から出るぞ。車出すから家教えて」

美咲「なに急にwwわたしがしおらしくしてみたら男らしくなっちゃってww」

俺「いいから」

思わず美咲の手を引いちゃって家を出て車に乗り込んだ。

車の中ではなに話したらいいか分からず
ただ道案内している美咲に返事するだけだった。
以外に家は近所で車で10分弱の距離だった。

着いた、と言われたそこは超高層マンションww
お嬢様かこいつ。

美咲「ほんとに行くの?」

俺「うん」

美咲「多分姉ちゃん男としてるよ」

俺「え」

それはまずい。

美咲「ね、やめとこうよ」

俺「ここまで来て退けるか」

スラ男、プライドはないが意地はある模様。
けーっして姉ちゃんの性事情が気になるとかじゃないんだからねっ!

しぶる美咲を連れて、部屋まで案内してもらって
玄関の扉を開けてもらう。
人の声はせずにまずは一安心。

扉が開く音に気付いたのか、奥の部屋から姉ちゃんが出てきた。
さあ、勢いでここまで来たけどどうしたらいいかすごい悩んでたと思う。

美咲姉「彼氏?」

俺「あ、ども。スライディング男です」

美咲姉「は?」

すごい勢いですべった。
美咲にかましたスライディングよりもものすごい勢いですべった。
というか予想より美咲姉が普通の人で焦った。

俺「すみません、美咲さんとお付き合いさせていただいている1というものです」

美咲姉「で、なにしにきたの?」

なんか嫌悪感丸出しの美咲姉です。
後ろでは俺のシャツのすそを美咲が握っておりました。

俺「お話をしようと伺いました。美咲さんをしばらく僕の家に泊まらせてもよろしいでしょうか?」

美咲姉「いや、あんたさっきからなんのなの?美咲も後ろで黙ってんじゃないよ」

しょんべんちびるかと思った。

美咲「もうこんな家にいるの嫌なの」

美咲姉「だから男見つけて寄生しようって?」

美咲「そんなんじゃないもん!」

壮絶な姉妹喧嘩が始まったようです。
手も足も口も出ずに立ちつくす俺。

美咲姉「別にあんたがどこに住もうが知ったこっちゃないけど
           あとで泣きを見ても知らないからね!
           今から男来るからもう出てってよ!」

最後の最後でヒスかまして、俺と美咲を玄関から突き出す美咲姉。

俺「俺が美咲の居場所になりますから!」

やっと言えた一言がこれでした。
ただ後味の悪さは半端じゃなかったように思う。

美咲「スラ男やるじゃん、かっこよかったよ」

俺「え」

助手席にあった美咲の顔がなぜか俺の顔の前に。

スラ男、女子高生にキスされたでござるの巻。
時間が止まるって感覚を初めて味わったwwww
やっぱり若い子の唇は柔らかい、ような気がした。

美咲「ご褒美ってやつ?ww」

俺「もうなんか台無し」

互いに緊張がほぐれたせいか帰りはえらく会話がすすんだ。
キスのせいでまた別の緊張はしてたけどねwwww

俺「ていうか、着替えとか日用品は?」

美咲「あちゃー全部家だ。明日買いに行くから付き合ってよ」

俺「仕事終わりになってもいいなら!」

なんかいろいろ段階はすっ飛ばしてるような気もしたけど
それでもこれから始まる暮らしにドキドキせざるを得なかった。
家に帰ってからも話は尽きなかった。
普段俺が着てるスゥエットを美咲が着るとぶかぶかで
それがおかしくて笑いあったり、翌日も仕事だったのに朝まで話し込んでた。

なんだか一緒に寝るのはまだためらわれて
美咲はベッドで、俺はソファーで寝た。

美咲に体を揺すられて目が覚めた。
いやあ、夢か現実か疑ったねww

美咲「ご飯できてるよ!」

普通にトーストとインスタントコーヒーだったけど、格別に美味しく感じた。
恋が最大の隠し味ですってか、やかましいわww

しばらくしてそろそろ家を出る時間になった。

俺「じゃそろそろ行ってくるわ。ちゃんと学校行けよー」

美咲「はい、行ってらっしゃい。あ、待って!」

俺「ん?」

通算2度目のキス。
しかも行ってらっしゃいのキス。
真剣に夢なんじゃないかと疑った。
たまらなくなって美咲を抱きしめると柔らかくて
やっぱり夢なんじゃないかと疑った。

それから自分でも驚くほど生活に変化があった。
まず部屋がきれいになって明るく?なった。
すごいいいにおいがするようになったww

仕事から帰れば美咲がご飯作って待ってくれていて
たまには友達と遊んでこいよって言っても、必ず俺が帰る頃には家にいた。
週末はいろんなところに2人で行って
誕生日を祝ってみたり、美咲の学校行事に参加したりもした(父兄ってことでww)

たまに美咲姉のところに行って美咲は元気にしていることを
伝えようとするも基本的に居留守を使われて取り合ってくれなかった。
これ以外はすべてがうまくいってて、本当に幸せな日々だった。

美咲も3年生になって、進路のことも気になってさりげなく聞いてみたんだ。

俺「お前進路どうすんの?」

美咲「ひみつ〜のあっこちゃん!ww」

俺「いや、茶化すなよ」

進学するならするでそれもいいと思っていた。
もしかしたら美咲を家に閉じ込めてしまったような
そんな罪悪感を感じていたからなのかもしれない。

美咲「なによもうww就職するよ!」

俺「進学は?したいこととかあるんじゃないの?」

美咲「ほんとになにwwなんかあやしいぞ!浮気でもした?ww」

俺「違うけど…」

うーん、女の勘ぐりは半端ないです。

美咲「別に進学できる頭もあるしお金もある。
        わたしがしたいことは進学じゃなくてスラ男といること。
        それが1番の幸せだよ!とか言っといてあげるねwwww」

こうやって言われちゃうと言い返す言葉もなく。
ただ希望している就職先までは教えてくれなかった。

冬になってすぐ美咲の就職先が決まったらしい。
駅前でスライディングをかました女子高生が社会人になると考えたら感慨深かった。
俺にも三十路の足音が徐々に近寄ってきていて切なかった。

そんな2月の終わり。
美咲の卒業式に、最後の女子高生姿を見ようと参加しておりました。

美咲「出会ってもうすぐ2年だってww」

俺「JKブランドにもさよならですねwwww」

美咲「もうスライディングしてくれない?」

俺「一生で1回したら充分だろwwww」

道中、思い出話に花をさかしていた。
式も滞りなく進んだんだけど、保護者の観覧席の隅っこに見たことある顔を見つけた。
一瞬目が合って、その人は逃げるように体育館から出て行ってしまった。

間違いなく美咲姉だった。

ちょうどタイミング的に卒業生が退場しようとしているところで
追いかけるに追いかけられず、すごくもどかしかった。

もう1度ちゃんと話をしたかったと思いつつも
式が終わって出てきた美咲とその友達の盛り上がりように圧倒されていた。
さすがに今日は友達とゆっくりしてほしかったので
美咲に一言だけ残して学校を後にした。

家に帰ると久しぶりに1人な気がして、なんとも言えない気持ちになった。
確か日付は変わる前に美咲は帰ってきたと思う。

俺「おかえりー。改めて卒業おめでとう!」

美咲「姉ちゃん来てたみたいだね」

俺「あー、うん。目だけあった。すぐ帰っちゃったけど」

美咲「卒業式が終わってちょっとしてメール来てたよ。
        スライディング男くんによろしく、ってww」

なんだか認められたような気がして、嬉しくてとび跳ねた。
下の階の人に床をドンドンされた。

春になって、うちの会社にも新入社員がちらほら確認できた。
基本的に現場で仕事してるもんで、新入社員の指導にあたっていてあたふたしてた、そんなときだった。

友「お前も隅におけんのうww」

俺「は?」

友「とぼけんなよww」

俺「まじでなんの話?」

急に突っかかってきた友の話に理解ができずに戸惑ってた。

友「じーむしょ」

俺「事務所?」

友「あれ?まじで知らんの?」

俺「だからなにがww」

友「取りあえず事務所行ってみろよwwww」

とにかくにやにやした友が印象的だった。

事務所になんて滅多に行くことないから、ちょっと緊張しつつも事務所に入る。
周りを見渡す。
相変わらずおば様方のエデンとかした事務所。

美咲「よっ!」

うそーん。
まさか、と思いつつも、忘れ物を届けにきてくれたのかと考える。
でも着ているのは会社の制服。

美咲「今日からお世話になります、美咲です。
         至らないところばかりですが、ご指導のほどよろしくお願いしますwwww」

おば様方にやにや。
美咲はしたり顔。

昼頃には同僚にもこの事実が知れわたり、好奇の目にさらされました。
これだから零細は…。

とんでもないことになったと思いながら、仕事を終えて帰宅する。
美咲は夕飯の支度をしているところだった。

俺「あれ、どういうことだよ」

美咲「おかえり!サプライズ的な?ww」

俺「勘弁してくれ」

美咲「未成年と付き合った次は、社内恋愛ですかww背徳感しかないね、スラ男ww」

誰のせいだよ…。

美咲「いやあ、しかしバイトとは比べ物にならないくらいしんどいね」

俺「そんなもんだよ」

しんどいと言いながらも、楽しそうに仕事の内容を話す美咲。
それを見ていると怒る気にもなれず、これはこれで良かったのかなと思うことにした。

しばらくの間はばたばたしてたけど、だんだん生活も落ち着いてきていた。
気付けば夏になっていて、お盆に実家から帰ってくるようにと
催促もあり、美咲の紹介も兼ねて俺の実家に行くことにした。

美咲「スラ男の実家かー、お兄さんいるかな?ww」

俺「いや、いないだろww」

美咲「早くお母さんと話してみたいなあ。スラ男の小さいときの話とか聞いてみたい!」

俺「なんでもいいけど実家でスラ男とだけは呼ぶなよww」

確かこんなことを話ながら
車で4時間くらいの距離を走らせてた。

2年ぶりくらいに実家の玄関を開けた。
久しぶりに実家に帰るのって妙に緊張するんだよねww

俺「ただいまー」

美咲「お邪魔しまーす!」

リビングからものすごい勢いで足音がしてきたww
そんな息子の帰りが嬉しいか、このやろうwwww

母&父「おか…若っ!」

俺「あれ?俺若返った?ww」

母「あんたは黙ってて!」

ふぇぇ…久しぶりに帰ってきたのに喜ばれてないのはなぜ。

美咲「初めまして、1さんとお付きあいさせていただいてます美咲というものです。
         これからよろしくお願いします」

猫かぶってんじゃねえよwwww
そして涙ぐみだすおふくろ。

母「1…1…」

なんなんだよwwww

母「1もとうとう・・・・・・」

父「知れば誰もが望むだろう。1のようになりたいと・・・1のようでありたいと!!」

母「あんたは黙ってて!」

父「」

長時間の運転で疲れていることもあって、リビングでごろごろしていた。
遠目でだけどおふくろと美咲がキッチンに並んでる姿を見てすごくほっこりした。

しばらくして夕飯がテーブルの上に並びだした。
家は親父が呑むから、結構早くから出てくるんだよね。

おふくろが嬉しそうに

「これは美咲ちゃんが作ってくれたのよ」

って親父に説明していたのを覚えてる。
そしてテーブルの真ん中を陣取る赤飯。
…いやいや、それはやりすぎだろwwww

父「じゃあ…今日は美咲ちゃんに乾杯!」

あくまでも美咲が主役なんですね、分かります。

いい感じに美咲以外のみんな酔いだして、親父とおふくろから質問攻めをくらってた。

母「ところで美咲ちゃんは何歳なの?」

美咲「先月19歳になりました」

父「え?!じゃあ半年前まで高校生?wwいいなあ、おじさん嬉しいなあwwww
     こんな若造やめて、おじさんに乗り換えない?ww」

母「あなた、ちょっと」

父「」

母強し。

母「じゃあ馴れ初めは?ww」

美咲「1さんにスライディングされたのが始まりですね!」

…それはいかんでしょう。

俺「み、美咲さん…」

母&父「美咲ちゃんkwsk」

まずはリアルなやつは手ぇ叩けー!
これが公開処刑なんだね。
KJの気持ちが少し分かった気がするよ。

美咲「酔っぱらった1さんがわたしの太ももみたさにスライディングしてきたんですよwwびっくりしますよねwwww」

母「あんたって子は…親の顔が見てみたいわ!」

間違いなくあんただよ!

母「あんたは昔から女子トイレ覗いたり、女の子のリコーダー舐めたりして呼び出しくらって…全く成長してないのね!」
…それはもっといかんでしょう。
でも今だから言える。
今も昔も変わらず俺はHENTAIでした。

美咲「なにそれ聞いてない」

誰が彼女に女子トイレ覗いたり、女の子のリコーダー舐めたりして呼び出しくらったことを言うものか。

母「こいつはそんな男なのよww」

美咲「スラ男さいってー!」

ス、スラ男とだけは呼ばない約束じゃorz

父「スラ男…スライディング男ってこと?wwww」

美咲「そうですよ、さすがお義父さんww」

父「でも1の気持ちも分からんでもないぞww俺だって許されるなら女子高生の太ももは覗きたい!
     だから美咲ちゃん…」

血は争えないらしい。

母&美咲「どっちの味方なのよ!」

父「1の変態さ加減にはほどほど愛想がつきたわ!」

もうやだこの家族。

終始、口撃の矢面にさらされた俺。
やけ酒と言わんばかりに、飲んだくれた俺。
酔っぱらって美咲の太ももにヘッドスライディングしたら頬をぶたれた俺。
諦めずおふくろのお股にヘッドスライディングしようとしたら

「あんたの帰る場所はそこじゃない」

と言われた俺。

あれ、俺なにをしに実家に帰ってきたんだろう。

気付けば寝てしまっていたようで翌朝盛大な二日酔いをお見舞いされました。

美咲いわく、寝ているときに一粒の涙を流した俺。

真珠の涙もとい、HENTAIの涙。

さて、二日酔いと戦いながらも昼頃には起きて炎天下の中墓参りに行ったりしてた。
夜になれば地元の祭りがあるらしく、美咲と行くと決めていた。

そろそろ祭りの会場に行ってもいい時間帯だったので美咲を呼ぶ。
返事と共に出てきた美咲はなぜか浴衣姿。

俺「それどうしたの?」

美咲「お義母さんが着てたやつだって!どう?似合ってる?」

俺「最高にエロい」

美咲「なんか昨日の一件で吹っ切れた?ww」

吹っ切れたとかじゃないんだ。
浴衣は無条件でエロい、これだけは生涯ゆずることはできません。

懐かしい景色を2人で下駄を鳴らしながら歩いていった。
時々、その場所場所の思出話しながら説明すると美咲はすごく嬉しそうで
話してるこっちまで嬉しくなるほどだった。

会場につくとさすがに地元なもんで、知り合いも結構いて顔合わす度に美咲のことを聞かれたww
三十路も近づけば、若いことが正義となる模様。

いろんな出店を見て回って、子供みたく2人ではしゃいだ。
花火も打ち上がるらしく、会場から少し離れた河川敷で見ることにした。

多少離れた場所なこともあって、人はまばらで会場の賑わいも遠くに聞こえた。

俺「いやあ、疲れた。歳だわ」

美咲「情けないwwそれにしても楽しいなあ…」

なぜか泣き出す美咲。
そんな俺が疲れやすいのが嫌かwwww

俺「ど、どした…?」

おろおろするスラ男。
打ち上がり始めた花火。

美咲「スラ男もまだまだだね」

なんのこっちゃ。

美咲「幸せだと泣けるんだよ、ばか」

幸せだと泣けるのか。

俺「加齢臭ですが抱きしめていいですか」

美咲「やだ」

俺「」

美咲「キスして」

キスした、でっかい花火が上がった。
幸せの涙はしょっぱかった。
最高にロマンチックな瞬間だった。

美咲「唐揚げくさい」

ロマンチックのロの字もなかった。

花火も終わって、疲れもあり早めに切り上げることにした。
結局実家にもう1日だけ泊まって帰ることに。

なぜか美咲がいた3日間で親父の白髪混じりの頭が真っ黒になったのはなぜだろう。

家に帰ってからは仕事も始まり、相変わらずな日々。
美咲と付き合いだして2年が経とうとしていた。

この頃辺りから、よく美咲が結婚の話をするようになった。
俺も結婚は意識してたけど、どうにも重い腰が上がらず
喧嘩になって美咲を泣かせることが増えた。

なんとなく家に流れる微妙な空気に耐えられず、会社に残ることが増えた。
幸い現場と事務所の関わりはほとんどなく、社内で美咲と会うこともなかった。

確か秋から冬に変わるくらいの時期だった。
上司と飲みに行ってて、家に帰ったのは日付が変わってから。

俺「ただいまー」

…返事がない。
もう寝てるのかと思って、布団を見るもいない。
そもそもワンルームなんだから、探そうにも探す場所がない。

今までこんなことはなかったから少し戸惑いつつも
また朝になれば帰ってくるだろう、くらいにしか考えていなかった。

翌朝になっても美咲は帰ってきてなかった。
さすがに心配になって電話をかけてみるも出てくれない。

結婚の話を曖昧にしてたのが悪かったのだろうかと、自分を責めることしかできなかった。

出社して事務所に確かめるも、休みをとってるとだけしか情報は得られず。
仕事は身が入らないし、心配と後悔でどうにかなりそうだった。

なんとか仕事を終えて家に帰るも美咲は帰ってきてなくて
あとは美咲の実家くらいしか探すところがなかった。

わらにもすがる思いで美咲の実家に向かった。
呼び鈴を押すと美咲姉が対応してくれたが、玄関は開けてくれなかった。

俺「すいません1です。美咲は帰ってきてますか?」

美咲姉「帰ってきてないよ」

俺「連絡とか来てませんか?」

美咲姉「連絡はきてる。しばらくはそっとしておいて欲しいって。だから今日は帰って」

そう言って切られてしまった。
とにかく美咲が無事だと分かって、少し安心した。

もう俺にできることは、待つことしかなくなってしまった。

美咲の実家に行った翌日、明け方ごろに美咲からメールが来ていた。
もうなんかメールを開こうとする手が焦りすぎて手のひらの上で携帯が踊ってた。
内容は、話があるから仕事終わりに駅前に来てほしいとのこと。
正直嬉しいような不安なような微妙な気持ちだった。

仕事を終わらせて駅前に向かう。
前にもこんなことあったなって思い出すと過ぎた月日の長さを実感した。

美咲「よっ、久しぶり、でもないかww」

俺「おう。とりあえず乗りなよ」

意外と美咲はいつもの調子で、少しほっとした。
聞きたいことはたくさんあった。
自分の中で言葉の整理をつけるのに必死だったように思う。

俺「話って?」

美咲「スラ男、最近冷たくなったよねー。昔はあんだけわたしに夢中だったのに…ww」

俺「別に昔と変わってないよ」

美咲「なんか距離感感じちゃう」

なんとなく美咲の言いたいことは分かった。
結婚の話をしようとする美咲を煩わしく感じて、遠ざけていた俺がいたのは事実だった。

俺「なにが言いたいわけ」

美咲「もうどうしていいか分かんないんだよねww」

俺「だからなにが…」

しばらく沈黙が流れた。
美咲は深呼吸するとともに一気に話しだした。

美咲「スラ男との子供ができたの。
        2か月ほど生理がこないし体調も悪いし
        まさかと思って検査薬使ったら陽性だった。
        それが分かったのがわたしが出て行った前の日」

ここまでいうとせきを切ったように美咲が泣きだした。
間違いなく俺はうろたえていたと思う。
思いっきり頭を鈍器で殴られたような気分だった。

俺「なんでそれで出て行くわけ。言えばいいだろ、隠すことじゃないじゃん」

美咲「じゃあスラ男が結婚のこと取り合ってくれない状況でデキたこと言ったらどうしてた?」

俺「もちろん結婚を決めた。喜ぶべきことだろ」

美咲「やっぱり…w」

こぼすようにそう言った美咲は、悲しそうに笑った。
もうなにがなんだかさっぱりだった。
美咲がなにを考えていて、なにを伝えたいのか、全然分からなくなっていた。
新しい命が美咲のおなかの中に宿って嬉しいはずなのに、どうして2人で喜ぶことができないのか。

俺「やっぱりってなんだよ」

美咲「結局スラ男にとってはわたしと結婚したいから、じゃなくて
        子供ができたから責任とるって意味での結婚になるわけでしょ。
        嫌じゃん、子供を理由にして結婚を迫るみたいでさ。
        だから言えなかったの、どうしていいか分かんないの」

嗚咽まじりに話す美咲。
こんなにたくさんのことを抱えていただなんて想像もしてなかった。
気付いてやれないのはまだしも、美咲を追いつめていたのは俺だった。

美咲「良くも悪くもスラ男は大人過ぎるんだよ。 まだ子供のわたしじゃ釣り合わないくらいにね」

俺「そんなこと…」

初めて歳の差のことを意識した。
俺は対等に向き合ってきたつもりが、美咲は背伸びして無理していたのだろうか。

美咲「まあ、ゆっくり考えてよ。別にスラ男がどんな答えを選んでも、わたしはこの子は産む。
        それだけはなにがあっても譲れない」

美咲は睨みつけるように俺を見た後、車から降りて行った。
今まで見たこともないような表情だった。

1人になって後悔の念だとか、喜びだとか、事の重大さ
いろんなものが束になって押し寄せてきてパンク寸前だった。

答えは決まっていた。
それなのにどう美咲に伝えればいいのかが分からなかった。

もうどうしようもなくなって、なにを思ったか兄貴に電話をかけていた。
おそらく出ないだろうと思ってるからこそかけれる電話ってあるよね。

案の定出るわけもなく、ほっとした途端に折り返しでかかってきた。

兄「よう久しぶりww」

俺「生きてたんだ」

兄「なんかあったんだろ?」

俺「子供がデキた。でも結婚の話を前々から渋ってたからこじれてる」

もっと詳しく話したんだけど、かいつまんで書くとこんな感じ。

兄「そもそも結婚なんて勢いでするもんなんだよww考えちゃうと出来ないぞ!」

俺「兄貴は結婚したことないだろ」

兄「ばかにすんな、気付けば×3だぞww」

だめだ、いろんな意味でこいつ使えない…。
ちなみに内訳は
×1→出稼ぎにきていたフィリピン人(どうやら騙されていたもよう)
×2→還暦の未亡人(死んだ旦那の霊が出たとかどうとか)
×3→美大生(芸術の一環でイチモツを切られそうになったとか)

俺「電話する相手間違えたわ。生きてる間に適当に親父とおふくろに顔見せてやれよ」

兄「待て!今からいいこと言うから!」

美咲の両親は美咲が中学生のときに亡くなったそうです。

俺「なんだよ」

兄「いや、単純に考えろよ。好きだから結婚するのか、子供がデキたから結婚するのか」

単純に考えればそうだった。
大事なことをすっかり忘れていた。

俺「さんきゅ」

兄「まあ、頑張りたまえ」

俺「子供が産まれたら帰ってこいよな!」

余談ですがいまだに兄は未亡人の死んだ旦那の霊に苦しめられているそうで
ときどき足をくすぐられるらしいです。
これってお祓い行かすべき?ww

兄貴との電話を終えたあと、すぐに美咲に電話をかけた。
今回はちゃんと出てくれた。

俺「今どこ?」

美咲「家に居る」

俺「すぐに行くから待ってて」

いつもは美咲が先に切る電話を初めて俺が先に切った。
ほんの数分の距離がものすごく遠く感じた。
美咲はマンションの前で待ってくれていた。

俺「家で待ってくれてたら良かったのに。体冷えると良くないだろ」

美咲「なに父親ぶってんのww」

俺「取りあえず帰るぞ」

人間って不思議なもんで
自分の身の振り方が分かった途端に、態度も変わるもんだと
このときえらく実感した。

久しぶりに美咲が家に帰ってきて、懐かしいような気持ちになった。
美咲はベッドの上に座って、優しい顔して自分のお腹を撫でてた。

俺「今何周目?」

美咲「7週目なんだってさ」

俺「ファミリーカー買わないとな」

美咲「なんの話よww」

俺「その前に引っ越しか。ワンルームじゃさすがに育てられないよな」

美咲「だから…」

俺も思ってることを早く伝えたかったんだけど
なんだか照れ臭くて、ずいぶん遠回りをした。

俺「結婚しよう。子供がデキたからじゃない、好きだから。俺が美咲の居場所になるって言ったから。
     今まで答えをはぐらかしてきてごめん」

もう爆発してしまうかと思った。

美咲「たった数日でこの部屋の散らかりよう!やっぱりスラ男はわたしがいないとだめだねww」

そうなんです、あなた以外にスライディングをかませる女性は他にはいないんです。

美咲「しょうがない、お腹撫でさせてあげるww」

撫でたところで、まだなにか分かる時期じゃなかった。
でも感じることはたくさんあった。
父親になることを完全に理解した瞬間っていうのかな。

美咲「もうね、赤ちゃんの心臓の音聞こえる時期なんだよ!今度一緒に検診行って聞こうね」

美咲が話すすべてが新鮮で、今までの気まずさだとかが嘘のように吹き飛んでいた。

妊娠が分かってから、1日1箱以上吸ってた俺がスパッと煙草をやめることができた。
もう禁煙して4年目、不思議と吸いたいともまったく思わずこれた。

つわりで辛そうな美咲のために、なにか少しでも多くのことがしたかった。
仕事もなるべく日勤の定時で上がれるように。
いろんな本を買いあさって、あーでもないこーでもないと言ってみたり。

それでも検診のときに、毎回成長する姿を見せてくれる我が子が1番の励みだったし
不安を吹き飛ばしてくれた。

俺はカートンで買うんだけど、まだ8箱くらい残ってるやつを丸々捨てたんだよ
捨てちゃうと買うのももったいないし、辞める理由も手伝って辞めれる、はず!


美咲が落ち着いてきた(16、7週目あたりから)のを期に
決めていた物件への引っ越しの準備を始めた。
物はそんなに多くなかったんだけど友も手伝ってくれて、本当にすぐに終わった。

友「しかしお前らが結婚までするとはなあww」

俺「お先にいかせていただきますww」

美咲「お腹も気持ち出てきたんだよ!」

友「まあ、ファーストスライディングは俺だけどな!なんか感慨深いよww」

そう、あくまでも美咲のファーストスライディングはこいつなのだ。

ちょっと悔しかったのは内緒だwwww

引っ越しをする日、俺の両親も田舎から出てきてくれて、てんやわんやの大騒ぎだった。
やっぱり初孫っていうのは嬉しいもんらしいね!
一応美咲姉にも報告すると、一言「おめでとう」と言ってもらえた。

母「こんな若い子がお嫁さんになってくれるなんて…」

父「美咲ちゃんほんとにいいの?おじいちゃん、まだ美咲ちゃんのこと待ってるよ?!」

待つな待つなwwww

美咲「お義父さんがスライディングしてくれてたらなあww」

父「おk、ちょっとスライディングしてくるww」

母「そういえば最近熟年離婚って流行ってるらしいわねえ」

蛇に睨まれた蛙のような父。

ふぇぇ…疲れたよう。
もう派遣なんて信用しないんだからっ!

現場に入るなり「熱いし、臭いし、うるさいし辞めます」ってなんだよ…。
冷たくていい匂いがして静かな鋳造がどこに存在するものか。

妊娠して半年が経ってから驚くほどに母体も胎児も目に見えて成長していくのが分かった。
すっかり美咲のおなかは目立つようになり、細い体にはアンバランスに見えた。

美咲「最近おっぱい張ってきたー」

俺「え?もう出るの?ww」

美咲「なんでそんな嬉しそうなのwwww」

俺「そりゃ男の夢でしょう!」

まあ、まだ出なかったんですけどね、はい。

これは明確に覚えているんだけど、26週目のこと。
仕事から帰ってきて晩飯が出来るのを待ってる時だった。

美咲「あっ!」

包丁で指でも切ったかと思い台所に様子を見に行った。

俺「どうした?」

美咲「やばい」

俺「なにがだよww」

とりあえず指は切っていないみたいで、一安心。

美咲「赤ちゃんが動いた!」

俺「まじか?!」

すぐさまお腹に耳を当てた。
しかし気まぐれな赤ちゃん、まったく音沙汰なし。
この先も結構な頻度で美咲のお腹に手は当てるんだけど胎動を感じたことのない俺。
生まれる前から子供に嫌われてるような気がしてパパ切なかったよww

37週を過ぎてから週1回の検診になるんだよね。
ちょうど37週めの検診で出産予定日の確認をとり9月の某日になるだろうとのこと。
その2日後のことだった。
8月のバカみたいに暑い日で、熱中症になりそうな中仕事をしていた。
昼前に携帯が鳴って見てみると美咲から。

俺「なんかあった?」

美咲「スラ男、お腹がイタイヨ」

俺「なぜ片言?」

かかりつけの先生から前駆陣痛たるものが存在することを聞いていたので
たいして焦ってはいなかった。
ちなみにこの時にはもう美咲は産休をとって家におりました。

美咲「もうちょっと待ってみる〜。やばそうだったらまた電話する!」

俺「了解」

焦ってはなかったけど、余裕があったわけじゃない。
いつ携帯が鳴ってもいいように全神経を携帯に集中させていた。
おかげで不良をいくらか出して上司に怒られたよww

一応昼休みにおふくろに電話して、もしものときに必要なものを聞いておいた。
確か15時回ったころだったかな、また美咲から電話があった。
さすがにもう覚悟したww

美咲「お腹痛いよー、まだ10分間隔じゃないけど…」

俺「うーん…病院行くか?今から帰ろうか?」

美咲「あっ!」

もうこの時ほど「あっ!」という声に驚いたことはないww
もしかして出てきちゃった?とかあり得もしないことまで考えだすんだからww

俺「な、なに?!」

美咲「破水した…」

俺「今から帰る!病院にも連絡していくから準備だけしといて!」

上司にその主旨を告げて早退させてもらうことに。
唯一零細で良かったと思った瞬間だよww

そして帰り際、あたふたする俺を見た友が一言。

友「大丈夫!スラ男の子ならスムーズに滑り出てくるよ!」

やかましいわ。

家に迎えに上がると案外美咲はけろっとしていた。

美咲「お帰りー、早かったね!」

俺「まだ全然大丈夫な感じ?」

美咲「陣痛の間隔もまだ長いしねー、でも前期破水には驚いたww」

とりあえず美咲を病院に送って診察を受ける。
赤ちゃんも早くパパとママに会いたいんだねー、と先生の一言にものすごく安心した。
どっかのだれかとは大違いだ。wwww

やっぱりまだ陣痛の間隔が長いこともあり
部屋だけ案内してもらってゆっくりしてくださいとのこと。
とりあえず俺もいったん家に帰って、おふくろから聞いたものと
美咲が必要だと言った荷物を持ってくることにした。

なんていうのかな、期待と不安が混じり合ったこの時の感覚は後にも先にも感じれないと思う。

荷物を持ってきてからも美咲はあっけらかんとしていて
なんか溜まりに溜まったガス抜きをされたような気分だった。

だんだんと陣痛の間隔も短くなってきて、10分間隔になったんだけど
ここからが長かった。
確か9時間くらいこんな状態でうとうとしては目を覚ましての繰り返し。
美咲いわくこの状態が1番精神的に辛かったらしい。

そして陣痛の間隔が5分ほどに、1〜2分ほどに、と短くなるにつれて
だんだんと口数も減りいきもうとしだした。
俺に出来ることはと言えば、汗ふいてあげて話しかけることくらい。
男とは無力なもんです。

そして分娩室に移ることに。
立ち会いはもともと希望していたので俺も一緒についていった。

もうね、男から見るとそこは地獄絵図でしかなかったww
出産は聖なるふじこふじこ…。

痛みに顔をゆがめる美咲、ただつっ立って見ることしかできない俺。
かろうじて手を握ってるくらい。
なんだかあまりにも目の前に広がる光景が壮大過ぎて
俺がかける言葉すべてが軽薄に思えちゃったよww
美咲自身も「え?スラ男話しかけてくれたっけ?痛いのしか覚えてないww」ってな調子だしね。

時間が経てば経つほどどうしようもないくらい苦しくなった。
呼吸もしずらくなってたような気がする。

先生「頭出てきたよー!お母さん、もう少しだからねー!」

美咲の悲鳴のような声と、助産師さんの声が行き交うなかで
この一言だけは妙に耳に残ったことを覚えてる。

先生「もう出てくるよー、頑張ってーほら出てきた!」

そう言うと助産師さんが赤ちゃんを取りあげてくれた。

あれ…泣かないんですけど…?
うろたえる俺を傍目に助産師は、赤ちゃんの口に細い管を入れだす。
なに?大丈夫なの?

「おぎゃあああ!」

どうやら喉につまった水を吸い出していたもよう。
赤ちゃんって出てきてすぐに泣くもんじゃないんだね。

俺「美咲〜!」

美咲「ね、眠たい…」

俺「ほんとにお疲れさま!」

美咲「スラ坊の誕生に立ち会えましたねww」

俺「待て、それは教育上よくない」

8月某日、スラ坊が誕生しました。
43cm、2460gと少し小さめながらも確かに出産を終えた美咲の腕のなかで呼吸していた。

病室に戻ると親父とおふくろが来ていた。
フットワーク軽すぎワロタww
スラ坊は新生児室に居たので、案内してあげると舐め回すように見ていたww

そして10分ほど舐め回したのち病室にまた戻る。

母「美咲ちゃん、ほんとにお疲れさま!」

美咲「ありがとうございます!」

父「美咲ちゃんもお母さんになるのかあwwあ、おじいちゃん子供がいても全然気にしなry」

母「あなた、これ離婚届。判押すだけでいいから」

記入済みの離婚届をちらつかせる母。
毎回この夫婦は仕込みをしてるのだろうかと思う。

スラ坊が産まれてから3年が経った。
大きな怪我も病気もすることなく育ってくれて、今でもその成長の早さに驚かされてます。

わたくしことスラ男は32となり、中年街道まっしぐらでございます。
最近ほんとに加齢臭がするらしいww

美咲は相変わらず若く、職場復帰も果たし子育てとの両立を頑張っております。
たまに今でもスラ坊の前でスラ男と口を滑らすけどねww

そんな今月の昼下がり、仕事をしてる俺のもとに美咲がきた。

俺「どうした?」

美咲「スラ坊が怪我したって…保育所の先生が○○病院に連れていってくれてるからスラ男行ってきて!」

病院に行くほどの怪我なのかと思いつつ、会社を抜けて病院に向かう。

病院に行ってみると、玄関口で先生が待ってくれていた。

俺「スラ坊は?!」

先生「今、治療してもらってますので…」

診察室に行ってみると額にガーゼをあてたスラ坊。
口の中も切ってるようで、口を気持ち悪そうに気にしてた。
怪我自体は大したこともなく、そのまま連れて帰っていいとのこと。

俺「ご迷惑おかけしました。なんでこんな怪我したんですか?」

先生「なんか…

床に頭からスライディング?の格好で滑る遊びをしてたら
壁の角にぶつけちゃったみたいで…」

俺「」

もうね、絶句。

なんで顔を前に向けて滑ってんだよ。
顎にも擦り傷できてんじゃねえかwwww

今回この一件があって、昔のことを思い出したんだww
ようはスライディングは遺伝する、と。
スラ坊の将来が心配になったよww

結婚式は?というレスがありましたが
最近家を買ったため、ローンの返済に終われ当分出来そうにないです。
稼ぎが少ないもんで…。

ちなみに兄貴は今アメリカの田舎の農場にいるそうです。
やっと永住の地を見つけた、と言っていたので
しばらくはアメリカにいるのかな、と。

親父とおふくろは相変わらずで、夫婦漫才を繰り広げておりますww

さて、今日も今日とてスラ男はローン返済と家族のために仕事に行ってきます。

最後に。
おまえら、スライディングするのはいいけど
怪 我 だ け は し な い よ う に な !ww


コメントの数(12)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:LgsKSOoh0編集削除
途中で読むのを諦めた
誰かが要約してくれるのを期待する
2 . 名無しさん  ID:lEreHAGj0編集削除
※1ごめん、自分も途中で挫折した。たぶん女子高生と結婚するんだと思う。
3 . 名無し  ID:G3nC.Rcp0編集削除
妊娠発覚→結婚
スラ坊誕生
保育所でヘッドスライディングして怪我←オチ
4 . 名無しさん  ID:F7mOzDus0編集削除
多分女子高生とくっつくんだろう、俺も途中でやめたけど
キモオタの妄想って感じで実に香ばしい
5 . 劇団GDF主催坂田アキカズ  ID:yXzNYhst0[評価:3 ]編集削除
ついに俺様にもお嫁さん候補がみつかた
お相手は近くの第五小学校に通う子だ
ひなちゃんという名前までしかわからなく
これからお家を調べて告白するぞ
37にしてお嫁さん候補見つかるなんて思わなかた
嬉しくて暴れたくなるぜ
6 . 名無しさん  ID:jguplgiW0編集削除
うん結婚するんだよ。たぶんまちがいない。
7 . 名無しさん  ID:6uduljS80編集削除
という夢だったのさ。 まで読んだ
8 . 名無しさん  ID:EYzigG790編集削除
何か見た事あるなと思ったらとっくに公開されてた奴だった。
9 . 名無しさん  ID:j01v8MRv0編集削除
長いわ〜ww
彼女に振られたトコでやめて※欄きました・・・ orz
10 . 名無しさん  ID:TW6CRJaN0編集削除
>>3 ありがとう。
11 . 名無しさん  ID:iWaXdfvP0編集削除
「ミニスカおいしいれすwwww」まで読んだ
12 . 名無しさん  ID:CUzOzf.H0編集削除
似たような話を小説家になろうで読んだな

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ