カテゴリー:

おもしろテキスト

勇者の像「…」

ポタッ

勇者の像「…」

ポタッ

勇者の像「…」

ピチョン

勇者の像「…」

ポタッ



勇者の像「…」

ポタッ

勇者の像「…」

ピチョン

___
__

勇者「はっ!!」

ズシャ

「ぐはっ……」

ドサッ

勇者「…」

勇者(……終わったみたいだな)

勇者(意外とあっけなかった)

勇者(まぁ、四天王とは言っても結局はただの司令官ってわけか)

土の四天王「」

勇者(さぁ、これで四天王は全て倒した)

勇者(後は国に……)

「見事だ」

「さすがは勇者と呼ばれるだけはある」

勇者「!」

勇者「まだ生きてたのか!?」ジャキ

「フフ、安心しろ」

「私はもう死んでいる」

勇者「……どういうことだ?」

「これは私が死んだときに流れるメッセージ」

「つまりは遺言みたいなものだ」

勇者「何のつもりだ?」

「何、君の敢闘を祝してプレゼントをあげようと思ってね」

「これはその説明みたいなものだよ」

勇者「そんなものを受け取ると思っているのか」

「そう言うだろうと思ってね」

「実は、もうプレゼントしてあるのさ」

「お前が斬った同胞の血で作った、最高の呪いをね」

勇者「呪いだと?」

勇者「そんなものお前が……っ!?」

「気づいたようだね」

「どうだい? 身体が石のように動かない気分は」

s勇者「ク…そ……何を…!」

「その状態じゃ聞いてもムダか」

「まぁ、私の声は聞こえているみたいだから、教えてあげよう」

石勇者「…!」

「君にかけたのは、封印の呪いの一種だ」

「意識を残したまま石になって永久に存在し続ける呪い」

「正に無間地獄と言って良いだろうね」

石化勇者「…」

「呪いの代償は決して安いものではなかったが」

「人間もお前を失うのは大きな痛手だろう」

石化勇者「…」

「精々、狂わずに生きたまえ」

「もしかしたら、呪いを解く方法があるかもしれないからな」

「最も……私の知る限りではないが」

石化勇者「…」

「では、健闘を祈る」

「君がその呪いを解くことが出来るように」

石化勇者「…」

土の四天王「」

__
___

勇者の像「…」

四天王の死骸「」

(クソッ……油断した)

(まさか、こんな切り札を残してるなんて)

勇者の像「…」

四天王の死骸「」

(ダメだ、ビクともしない)

(動かしてる感覚はあるけど、体は石になったまま動かない)

(その癖、意識は妙にしっかりしてる)

勇者の像「…」

四天王の死骸「」

(こうなったら、仕方がない)

(助けが来るのを待とう)

勇者の像「…」

四天王の死骸「」

(幾ら、勇者が切り捨て前提の義勇兵だからって)

(死んだかどうかぐらい確認に来るはず)

勇者の象「…」

四天王の死骸「」

(まぁ……本当に知りたいのはアイツの生死かもしれないが)

(四の五の言ってられる状況じゃない)

(こんな地の果ての洞窟に人が来る可能性があるだけでもありがたい)

-3日後-

勇者の像「…」

腐りかけの死体「」

(ダメだ、誰も来る気配がない)

(俺はともかく、敵の生死を確認しなくていいのか?)

勇者の像「…」

腐りかけの死体「」

(いや、もう少し待ってみよう)

(まだ3日だ。焦ることはない)

(単に、俺が四天王討伐に向かった情報が出回ってないだけかもしれないからな)

-1週間後-

勇者の像「…」

腐った死体「」

(まだだ、まだ早い)

(本国へ情報が行くまでまだかかるはず)

勇者の像「…」

腐った死体「」

(これぐらい大したことない)

(火の四天王を倒したときは、2週間ぐらいかかったはずだ)

-2週間後-

勇者の像「…」

悪臭を放つ死体「」

(……まだ捜索隊を組織しているんだ)

(本国の騎士団は無駄にプライドが高いからな)

(死亡確認なんて仕事には乗り気じゃないんだろう)

勇者の像「…」

悪臭を放つ死体「」

(風の時は3週間かかったはず)

(焦るには早い)

-数週間後-

勇者の像「…」

ウジのわいた死体「」

(……冷静になれ)

(最前線で友軍に見捨てられたことを思い出せ)

勇者の像「…」

ウジのわいた死体「」

(助けなんて来ない)

(そんなものは期待するなと何度も教えられたじゃないか)

勇者の像「…」

ウジのわいた死体「」

(この状況を切り抜けるには自分でどうにかするしかない)

(どうにか自力で呪いを解くんだ)

勇者の像「…」

ウジのわいた死体「」

(いいか? よく考えろ)

(これは呪いだ)

勇者の像「…」

ウジのわいた死体「」

(呪いというのは魔術の一種で、効果に見合った代償を払うことで発動する魔術)

(つまり、基本的には俺達が使っている魔法と同じで、対価があるだけの違いだ)

勇者の像「…」

ウジのわいた死体「」

(だから、この呪いにも魔術の構築式が必ずある)

(それを見つければ、呪いを解く手がかりもあるはずだ)

(よし……やってやる)

(自力でこの呪いを解いてみせる!)

-数ヶ月後-

勇者の像「…」

ミイラ化した死体「」

(クソッ……ダメだ)

(俺の力じゃこの呪いは解けないのか?)

勇者の像「…」

ミイラ化した死体「」

(これは体が石になるなんて単純な呪いじゃない)

(俺の肉体と精神を別次元に飛ばして、その穴埋めとして石像を模った物を存在させる)

(そして、石像にしか見られない俺は意識を保ったまま永久に存在し続ける)

勇者の像「…」

ミイラ化した死体「」

(なんて恐ろしい呪いなんだ)

(でも、これほどの呪いを完成させる対価は……)

勇者の象「…」

ミイラ化した死体「」

(そうか、俺の斬ってきた魔族達か)

(アイツ……仲間の魂を対価にして呪いをかけたな)

(どうりでこれほどまでの呪いを完成させることができたのか)

勇者の像「…」

ミイラ化した死体「」

(しかし、俺も諦めるわけにはいかない)

(ここまで強力な魔術だ)

(対価を払ったとはいえ、どこかに必ずほころびはあるはず)

(そこをつけば、きっと……)

-数ヶ月後-

勇者の像「…」

白骨死体「」

(肉体が別次元にあっても、魔力だけは透過することが分かったが……)

(次元の壁によってほとんど遮られてしまう)

勇者の像「…」

白骨死体「」

(強力な魔力が次元の壁を突破すれば、そこから壁に穴を開けて抜け出すこともできるかもしれない)

(しかし、俺にはそこまで強力な魔力を放出する能力はない)

(歳を取るごとに魔力量は増えると言われているが)

(次元の壁を超えるまでになるには、後100万年ぐらいかかりそうだ)

勇者の像「…」

白骨死体「」

(外部から強力な魔法を受けることができれば、突破も可能かもしれない)

(だが、石像の見た目では望み薄だ)

(まさに万策尽きた、か)

勇者の像「…」

白骨死体「」

(……しばらく休もう)

(時間は無限にあるんだ)

(焦ったところで何も変わらない)

-数年後-

勇者の像「…」

骨の山「」

(これじゃダメだな)

(まだ、さっきの方が変化が大きかった)

勇者の像「…」

骨の山「」

(特定の波長の魔力を透過させると次元の壁が揺らぐことは分かったが)

(ほとんど微小な変化に過ぎない)

(根本的な出力不足が原因か、それとも……)

勇者の像「…」

骨の山「」

(……考えるだけ無駄だな)

(やるだけやって……ん?)

ザクザクザク

(これは……足音!?)

(小さいけど、確かに聞こえる!)

(遂に来たんだ! 誰かが! ここに)

「隊長、こんなところに何があるんですか?」

「静かにしていろ、上等兵」

「少尉殿が言っておられるんだ、間違いない」

上等兵「でも、副長」

副長「上官の命令に文句でもあるのか?」

副長「もしあるなら……」

「まぁ、落ち着きなさい」

「もう軍は無いんだ、いつまでも階級に囚われる必要もない」

「そもそも、ここへ来たのは誰の命令でもないだろう?」

副長「ですか、少尉殿」

上等兵「隊長の言う通りですよ、副長」

上等兵「俺達もう軍人じゃないんですから」

副長「……クソッ」

副長「あの大戦争から4年、我ら魔族はすっかり落ちぶれてしまった」

副長「最強と謳われた魔王軍すらこの様だ」

隊長「過去を悔いても仕方ない」

隊長「我々の予想よりも人間が……勇者が強かったんだ」

隊長「だが、魔族もただで負けるわけにはいかない」

隊長「人間に魔族の意地を見せる、そのために集まったんだ」

上等兵「それで、隊長」

上等兵「こんなところに何しに来たんですか?」

上等兵「見た感じ、ただの洞窟ですけど」

隊長「奥へ行けば分かる」

隊長「ここが何なのか」

隊長「そして、何が起こったかが」

勇者の像「…」

骨の山「」

副長「こ、これは……」

上等兵「こいつを探しに来たんですか? 隊長」

隊長「そうだ」

隊長「これこそが私達が探していたもの」

隊長「土の四天王様と人間の英雄だ」

(誰か来たと思ったら、魔族か)

(鎧に付けてる紋章からして魔王軍の兵士だな)

(まぁ、それが分かったところでどうにもできないんだが)

副長「ですが……これは一体」

副長「将軍は敵の英雄に敗れ、その英雄は魔王城進攻の指揮をとっていたはず」

副長「なぜその英雄がここに、どうして石像になっているのです」

隊長「簡単なことだ」

隊長「人間は英雄の身代わりを立てたにすぎない」

隊長「この像こそが正真正銘、魔王軍を苦しめた勇者」

隊長「将軍の最後の呪いで生きた石像となった人間だ」

(王国の奴ら……俺の代役を立てたな)

(どうりで俺の回収に来ないわけだ)

(戦争に勝利して、義勇兵は必要なくなったか)

上等兵「って、こんなとこに居て大丈夫なんですか?」

隊長「安心しろ、今はただの石像だ」

隊長「こちらから何もしなければ何もできない」

隊長「それよりも、今は将軍殿の埋葬だ」

隊長「魔族の英雄を野ざらしにしておくわけには行かない」

隊長「私が遺体を集める、2人は穴を掘ってくれ」

副長&上等兵「はっ!」

-数時間後-

勇者の像「…」

(勝ったんだな、人間が魔族に)

(……義勇兵を使い捨てながら正規軍を温存してたんだ)

(司令官がやられた魔族側が不利なのは当たり前か)

四天王の墓「」

隊長「将軍、遅れて申し訳ありません」

隊長「貴方を埋葬するという約束をやっと果たせました」

隊長「しかし、我ら魔族は存亡の危機」

隊長「将軍の決死の作戦も人間の悪意によって封じられてしまいました」

隊長「ですが、私達は諦めません」

隊長「先代が逃がしたとされるお世継ぎを見つけ出し」

隊長「必ずや我らが栄光を取り戻します」

隊長「2人とも、剣を……」

副長&上等兵「…」シャキン

隊長「魔王軍将校として、ここに誓う!」

隊長「我らが魔王様の復活と人間の打倒」

隊長「そして、解放軍の結成を!」

勇者の像「…」

四天王の墓「」

隊長「さぁ、行こう」

隊長「私達にはこれからやるべきことが沢山ある」

隊長「次にここへ戻ってくるのは、解放軍をもっと大きくしてからだ」

副長「少尉殿! 待ってください」

隊長「どうした?」

副長「あの像を放って置くのですか?」

副長「アレは我が同胞を何人も殺した人間なのですよ!」

隊長「……そうだな」

隊長「でも、彼も私達と同じ人間どもの被害者の1人だ」

副長「それは、どういう……」

隊長「確かに、彼は私達の仲間を何人も殺した人間の英雄だ」

隊長「しかし、人間達は彼を見捨てた」

隊長「自らの勝利のために、呪われた英雄をこんな穴倉に閉じ込めたままにしている」

隊長「どうだ? これを被害者と言わずなんという」

副長「しかし……」

上等兵「良いじゃないですか、副長」

上等兵「どうせ、石になって動けないんだし」

上等兵「ああいうのは触らないのが一番なんですよ」

上等兵「下手なことして呪いを解いちゃったらシャレになりませんもん」

副長「…っ」

隊長「異存はあるか? 軍曹」

副長「……分かりました」

副長「アレには手を触れないで置きます」

隊長「よし、なら……」

隊長「まずは同志を集めなくてはな」

隊長「大陸には軍の残党はまだたくさんいる」

隊長「彼らなら私達の申し出に喜んで応じてくれるだろう」

隊長「行くぞ、2人とも」

副長&上等兵「はい!」

(魔族の決起か……身体が自由なら叩き切っていたんだろうか?)

(いや、俺にはもう戦う理由も、縛られる契約もないんだ)

(今できることは、呪いを解く方法を探しながら時を過ごすだけだ)

-数十年後-

勇者の像「…」

四天王の墓「」

(はぁっ!)

(…………やはりダメか)

勇者の像「…」

四天王の墓「」

(次元の壁が揺らぎやすい波長を見つけたのは良いが)

(根本的な出力不足が解決しない)

(やはり、自力で解くのは不可能なのか?)

勇者の像「…」

四天王の墓「」

(いや、諦めたら終わりだ)

(イメージトレーニングで少しでも魔力の底上げを図ろう)

ザクザクザクザクザクザク

(ん……足音? それも大勢いる)

(この前の魔族たちか?)

勇者の像「…」

四天王の墓「」

「皆、よく集まってくれた」

「この場所こそが亡き将軍が人間の英雄を打ち負かした地」

「そして、私が隊長……先代の団長と解放軍を結団した場所だ」

(アレは……前に来ていた魔王軍の下っ端)

(今はレジスタンス集団の団長って所か)

団長「あれから30年」

団長「ここへ来るまで多くのことがあった」

団長「創設者である隊長殿を失い、その右腕であった副長殿も人間の手で亡き者にされた」

団長「まさに幾多の困難が我々の前に立ちはだかり、幾千もの戦いを強いられたと言っても過言ではない」

(そして、アイツの前にいるのはレジスタンス集団の幹部たち)

(……四天王には劣るが、それなりの強者ぞろいだな)

団長「しかし、それらを潜り抜け、我々は今ここに居る」

団長「さぁ、今こそ歴史を我らが魔族の下へ取り戻すとき」

団長「生き残った我らの手で人間どもに思い知らせてやるのだ!」

「うぉぉおおおおおお!!!!!」

-数時間後-

勇者の像「…」

四天王の墓「」

(……生き残った魔族による最後の大攻勢か)

(さて、どっちが勝つんだろうな?)

勇者の像「…」

四天王の墓「」

(ま、普通に考えたら人間側が勝つだろうな)

(でも、あの王国じゃ戦時中の規模の軍を維持できているとは思えない)

(戦時前でさえ傭兵への給料の不払いなんて日常茶飯事だったからな)

(敵が居なくなったからって、平気で騎士団の首を切ってそうだ)

勇者の像「…」

四天王の墓「」

(まぁ、どっちが勝っても俺には関係ないんだがな)

(強いて言えばこの場所を知ってる魔族には生き残って欲しいぐらいか?)

勇者の像「…」

四天王の墓「」

(いや、俺が願ったところでどうにもならないな)

(……解呪作業に戻るか)

(直ぐには解けそうもないし、気長にやろう)

-数年後-

勇者の像「…」

四天王の墓「」

(燃えろ!)

(……やっぱり何も起きないか)

勇者の像「…」

四天王の墓「」

(発動してはいるが、次元の壁のせいで炎は出ない)

(これじゃあ、妄想しているのと大して変わらないじゃないか)

キンッカンッ

「追えッ!」

ザシュ「ぐわぁああ」

「そっちに逃げたぞ!」「逃がすな!」

(……戦闘? ここへ向かってくる)

(どういうことだ?)

「……追いつかれたか」

(アイツは……この間のレジスタンスの団長)

(どうしてここに? それに……)

「遂に追い詰めたぞ」

「化け物め、俺が相手だ」

(人間? 追われているのか)

(結局、魔族の決起は失敗に終わったのか?)

「待て、お前達」

「人間に仇なす敵は私が葬る」

「父より勇者の称号を受け継いだ、この私が」

(勇者? アイツも義勇兵か?)

(いや、それにしては小奇麗な格好をしている)

(そもそも、勇者なんて義勇兵の表向きの呼び方でしかなかったはずだ)

(そいつがどうして……)

団長「フフッ……お前が勇者か」

団長「こんな奴でも民衆の支えになってるとは笑わせる」

勇者「何がおかしい!」

勇者「父は単身で魔王4大幹部を討ち取った英雄で、私はその息子だぞ!」

団長「それが可笑しいというのだ」

団長「父親の愚行を息子は何も知らないのか」

団長「つくづく人間とは恐ろしい」

勇者「何を言っている!」

勇者「我が父は栄えある王国騎士団の1人にて、人間の英雄だ」

勇者「その父を愚弄することは許さんぞ!」

(王国騎士団……そうか!)

(コイツは俺の代役の息子だ)

(身内から英雄を出せば、反乱の心配はない)

(いかにもあのいけ好かない国王の考えそうなことだ)

団長「聞く耳を持たんか……」

団長「全く、どうしてこうも人間どもは愚かなのか」

団長「これでは人間にやられた隊長も副長も浮かばれない」

勇者「フンッ、御託はそれでお終いか?」

勇者「なら、一思いに終わらせてやる」

団長「ああ、そうか」

団長「なら、お言葉に甘えて終わらせてもらうかね」

団長「ただし! お前達も一緒だ!」

ゴゴゴゴゴゴ

勇者「な、なんだ!? 何をした!」

「勇者様! 道が塞がれています!!」

「そんな、どうすれば!」

勇者「狼狽えるな!」

勇者「術者を殺せば魔法は解ける!」

団長「確かにその通りだ」

団長「しかし、私とてむざむざやられるわけにはいかない」

団長「これを見てみろ!」ガバッ

勇者「な、何だ……それは」

団長「魔力を込めた爆弾だ」

団長「私が魔法を使うとスイッチが入るようにしてある」

(おいおい、本気か?)

(俺は大丈夫だとは思うが、生き埋めになったらシャレにならないぞ)

勇者「お、お前! 心中するつもりか!?」

団長「ああ、お前達騎士団の中枢を道ずれにな」

団長「団長である私が出向けばそれなりの囮になるとは思ったが」

団長「まさか、主力部隊をそっくりそのまま率いてくるとはな」

勇者「く、クソッ!」

勇者「誰でもいい! アイツを殺せ!」

勇者「アイツを殺してここから逃げるぞ!」

「うぉぉおおおお!!!」

「でりゃあああ!!」

団長「させるか!」

ヒュッカキンッ

「うがぁっ……」

「ぐはっ…」

団長「さぁ、勝負だ!」

団長「この爆弾が爆発するのが先か、それともお前が私を討ち取るのが先か!」

勇者「う、うぉぉおおおお!!」

-数分後-

団長「……どうやら、勝負あり……のようだな」

勇者「く…そ……こんな、ところで」

(あの魔族が勝ったか)

(まぁ、ここは土の四天王が俺と戦うときに選んだ場所だ)

(アイツの部下にとっても有利な場所だったんだろう)

団長「まさか……私の最期が将軍と、同じとはな」

団長「隊長なら、喜んで……引き受けそうだ」

勇者「どういう……ことだ?」

団長「我らが、将軍は……そこにいる真の勇者と、心中したのだ」

団長「私達……魔族のためにな」

勇者「真の……勇者?」

勇者「馬鹿な、真の英雄は……私の父だけだ」

団長「最後まで……聞く耳を、持たない人間だ」

団長「だが、これで最後だ」

団長「私がお前達と……ここで心中する理由を話して、やろう」

勇者「理由……だと?」

勇者「そんなもの、我々の……戦力を削ぐため、だろう」

団長「それだけじゃない」

団長「見けたんだよ……我らの悲願を」

勇者「悲願……それは一体」

団長「残念ながら……」

団長「もう……時間のようだ」

団長「お前と話すのもこれでお終いだ」

勇者「待て…! まだ……」

団長「隊長、副長……済みません」

団長「私にはあなた達が夢見た世界を実現できませんでした」

団長「ですが、私達の意志は託されました」

団長「彼らが成し遂げてくれることを信じて」

団長「今、そちらへ向かいます」

勇者「クソ、私は……」

<見知らぬ家>

勇者の像「…」

(……う、ううっ)

(ここは……どこだ?)

(俺はあの爆発に巻き込まれて……)

《やぁ、おはよう》

《君は何番目の……ん? これは》

(!? 何だこの声は!)

《まさか……1番目のご登場とは》

《これは僕にも想定外だよ》

(誰だ!? どこから話しかけている!)

《どうやら説明が必要みたいだね》

《いいよ、こっちに来てみて》

(こっち? どういうことだ)

《そうだね……目を瞑って》

《沈み込むような感じで精神を集中させるんだ》

《そうすればこっちへ来れるから》

(……意味がわからない)

《いいからやってみて》

《詳しい話はこっちでするから》

<???>

勇者「……っ」

勇者「!」

勇者「動ける……ここは?」

「ここは君の肉体と精神が飛ばされた次元」

「そこを魔法を使って認識できるようにした場所」

「言うなれば精神世界みたいなものかな」

勇者「!?」

勇者「俺が……もう1人?」

勇者?「意識の無い君の精神が生み出した無数の人格の1つ、それが僕」

勇者?「僕は特別で、主人格があっても副人格として存在できる」

勇者?「だから、君とも会話が出来るんだよ」

勇者「……俺の副人格か」

勇者?「あれ?意外と反応が薄いね」

勇者?「他の人格はもっと取り乱してたのに」

勇者「拒否したところでどうにもならないからな」

勇者「それに、自分とはいえ話し相手が出来たんだ」

勇者「悪い気はしない」

勇者「ただ……俺と同じ姿なのは気に食わないけどな」

勇者?「なら、変えればいいじゃないか」

勇者?「ここは半分君の精神世界みたいなものなんだ」

勇者?「君がイメージすれば魔法が発動して僕の姿を変えられる」

勇者?「この姿だって別の人格の君が作り出したモノだからね」

勇者「なら、お言葉に甘えて」

勇者「……これでどうだ?」

光の球「いいけど……こんなのでいいのかい?」

光の球「話し相手が欲しいなら人間の姿にもできるのに」

勇者「お前はあくまでも俺が生み出した人格の1つだ」

勇者「だから、話し相手にはなっても友達にはなれない」

勇者「俺にとっては妖精みたいなもんだ」

勇者「で、そいつは俺の妖精に対するイメージというわけだ」

光の球「そういうわけか」

光の球「じゃあ、僕のことは妖精とでも呼べばいいよ」

光の球「友達になれないなら、名前もいらないでしょ?」

勇者「随分と物分かりが良いな」

勇者「ま、その方が俺も助かる」

勇者「さぁ、今までの事を話してもらぞ。妖精」

妖精「分かったよ」

妖精「まずは、どうしてあんな家に居たか、からかな?」

-数時間後-

勇者「で、76番目の人格が崩壊して俺が出てきたと」

妖精「大抵ならそこまで行く前に他の人格に入れ替わるんだけど」

妖精「彼は耐えられなかったみたい」

妖精「自分が金持ちの家の骨董品のコレクションだなんて言われたら普通の人はおかしくなるよ」

妖精「その点では、良く君は自分の自我を保てたね」

妖精「何十年も動けない状態で1人っきりだったんだろ?」

勇者「まぁ、正気なんて石像になる前に失くしてからな」

勇者「義勇兵の仲間が粉々になって死ぬのを間近で見たこともあったし」

勇者「無茶な命令で前線を1人で何ヶ月も彷徨ったこともあった」

勇者「助けが来ないって分かった時点で、すんなり諦められた」

勇者「それに、動けない間は呪いを解こうと試行錯誤してたからな」

勇者「意外と平気だった」

妖精「それは、なんというか……」

勇者「それより気になるのはお前の方だ」

勇者「お前も俺の人格の1つなら、何番目なんだ?」

妖精「それは僕にも良く分からない」

妖精「気がついたときにはもう、僕はここに居たからね」

妖精「さっき教えた君の人格の数だって、僕が生まれてから数えたやつだから」

妖精「でも、意外と最初の方じゃないかな?」

妖精「なんたって僕が生まれてから百年以上はたってるから」

勇者「そうか」

勇者「そういえば、俺の消えた人格はどうなったんだ?」

勇者「消えてなくなってしまったのか?」

妖精「完全には消えてないんじゃないかな」

妖精「今までの君だって、前の人格がやってたことを出来たし」

妖精「多分、前の人格が培ってきた能力はそのまま使えると思う」

妖精「その証拠に君はこの世界に来れたし、僕の姿も変えられた」

妖精「なんたって、どっちも君の別人格が作り出したものだもの」

勇者「じゃあ、この魔力が増えた感覚は嘘じゃなかったのか」

勇者「そうなると……」

ドゴォオオオン

勇者「!?」

勇者「何だ! 何が起こった?」

妖精「現実世界で何か起こったみたいだ」

妖精「魔力の余波がこっちまで届いてる」

勇者「向こうで何が?」

勇者「おい、どうすれば戻れるんだ」

妖精「それならここへ来たときと逆のことをすればいいよ」

妖精「ただ、戻ったところで何が出来るわけでもないけどね」

勇者「……それでも行くんだ」

勇者「俺が生きているのはここじゃない」

勇者「向こうの世界なんだからな」

妖精「それかい」

妖精「じゃあ、僕も付いていくよ」

妖精「1人でいてもつまらないしね」

<炎に包まれた家>

「グォオオオオオ!!!」

「キシャアァ!」

勇者の像「…」

(これは……どうなっているんだ)

(何だ? あの化け物達は)

《魔物だってさ》

《魔族が作り出した生き物、人間の天敵だよ》

(魔物? そんなもの俺は知らないぞ)

《そりゃあそうだよ》

《なんたって、君が眠ってから生まれたんだもの》

「く、来るなッ!」「グギャァ!」

「うわぁあああ!!」

勇者の像「…」

(くそ……どうにかならないのか)

《どうにもならないんじゃないかな?》

《この呪いを解かない限り、僕らは動けないままだ》

《どうにかしようと思うだけ無駄だと思うけど》

(黙っていろ!)

(いくら国に見捨てられたって、俺も人間だ)

(目の前で人が襲われているのを黙ってみてられるほど腐っちゃいない)

「誰か…たすけ……」

「ギャアッ!」ヒュン

グシャッ

勇者の像「…」ピチャ

返り血を浴びた像「…」

(なっ……クソッ!)

(あんな奴ら身体が動けばッ……!)

(こんな呪い、ここで解いてやる!!)

「グルルルル」

「ひ、ひっ……ひゃっ」

「ギャァ!」「うわぁぁああ!!」

「……あ、あれ」

「グォオオオオオ!!」ダダダダ

返り血を浴びた像「…」

(どういうことだ?)

(どうして化け物がこっちに……)

「ギシャアァ!!」ガンッ

(うっ!……なんともない)

(これは一体……)

《そういえば、聞いたことがあるよ》

《魔物は魔力が好物だって》

《だから……》

「グガガガガガ!!」ガンッガンッ

(俺から流れ出した魔力につられて寄ってきた)

《みたいだね》

(そうと決まれば、やることは1つ)

(魔力を垂れ流しにして、魔物の足止めだ)

(覚悟はいいな?)

《とは言っても、僕は見ているだけなんだけどね》

(じゃあ、そこで見ていろ)

(行くぞ!)

「グォオオオオオ!!」ダダダダ

<炎が燻っている村>

ポツポツ

返り血を浴びた像「…」

(……雨か)

(なぁ、俺はずっとこのままだと思うか?)

《どうだろう?》

《ただ、君が呪いを解くのを諦めればそのままだろうね》

(そうか)

《そんなことを僕に聞くなんて、どうかしたのかい?》

(いや……思うところがあってな)

雨に打たれる像「…」

(正直なところ、石になって少しホッとしてたんだ)

(石になる前は捨て駒同然の扱いを受けて、クソったれな人間の言うことを聞いて戦ってきた)

(これ以上、アイツらの無茶苦茶な命令に従わなくても良いってな)

(でも、大切なことを忘れてた)

《それは?》

(……俺の志願理由)

(俺が義勇兵に志願したのは、王座でふんぞり返ってるいけ人間の命令を聞くためじゃない)

(戦争で苦しんでいる人のため、皆が笑って暮らせる世界をつくるためだったんだ)

(だから、俺はこの呪いを解く)

(そして……勇者としての本当の役目を果たす)

勇者の像「…」

《やっぱり、君は一番目だ》

《今まで多くの君を見てきたけど、誰もそんなことを言わなかったよ》

(だったら付き合ってくれんだろうな? 最後まで)

《もちろん、だって僕らは……》

《あれ? 誰かがこっちへ来るみたいだよ》

《ここから逃げ出した人達かな?》

(さぁな)

(どっちにしろ何もできないんだ)

(ここで待っているしかない)

帯剣した少年「……こいつは酷い」

帯剣した少年「一体全体何があったんてんだよ」

弓を持つ少年「魔物の襲撃にあったみたいだね」

弓を持つ少年「ほら、あそこに爪のあとがある」

帯剣した少年「爪の跡? ……ああ、本当だ」

帯剣した少年「良く分かるな、あんな小さな傷跡」

帯剣した少年「さすがは狩人だ」

狩人「僕の仕事は目が見えてなんぼだからね」

狩人「でも、その分剣士の君は僕よりも腕力があるじゃないか」

剣士「そりゃどうも」

剣士「ま、最近じゃ……その力を使う場面もめっきり減っちまったけどな」

狩人「まだ嫉妬してるのかい?」

狩人「いい加減に割り切ったらどうなんだ」

狩人「彼女は魔術師、君は剣士」

狩人「全くの別物じゃないか」

剣士「でもなぁ、流石に卑怯じゃないか」

剣士「あのゴーレムって奴は……」

狩人「全く……君ってヤツは」

狩人「僕は彼女の方を見てくるよ」

狩人「君はここでゴレームの倒し方でも考えてみたらどうだい?」

剣士「あ、おい!」

剣士「ちょっと待てって!」

ローブの少女「…」

土人形「…」

勇者の像「…」

(なんなんだ? さっきから俺を見つめて)

(1人は人間だが、その横に立ってるのは……)

《ゴーレム、人間が作り出した土人形》

《魔力で動いているらしいけど、詳しくは知らない》

(ゴーレム……俺の知らない間にそんなものが)

(ん? また、誰か来るな)

(彼女の仲間か?)

狩人「こっちはどう?」

狩人「何かあった」

(弓を持った男……格好からして狩人か何かか?)

ローブの少女「いいの? リーダー置いてきちゃって」

狩人「いいんだよ」

狩人「君のことで、またボヤいてたからね」

狩人「リーダーも分かってるはずなんだけどね」

狩人「魔法使いの君が、自分には使えない魔法を使えるってことは」

魔法使い「それは……」

狩人「ああ、気にしないでいいよ」

狩人「どうせ、そこのゴーレムに手柄を取られるのが悔しいだけなんだから」

ゴーレム「…」

剣士「誰が悔しいだって?」

(今度は剣士……)

(見た感じの力量は中々だな)

狩人「あれ? 意外と早かったね」

剣士「早かったね……じゃない」

剣士「俺を置いていきやがって」

剣士「それで、何か見つかったのか?」

魔法使い「魔物については分からなかったんだけど……」

剣士「だけど?」

魔法使い「……アレ」

勇者の像「…」

(なっ、なんだ?)

《君を指してるみたいだよ》

(俺を? どうしてだ)

《さぁ、僕に聞かれても》

剣士「ただの石像じゃねぇか」

剣士「あの像に何かあるのか?」

魔法使い「良く分からないけど、かなりの魔力を感じる」

魔法使い「これはタダの石像じゃない」

(確かに、あれから魔力を出しっぱなしにしてたが……)

(そんなことが分かるのか?)

《良く分からないけど、そうみたい》

剣士「魔力? そんなこと言ったって」

剣士「俺には何も……」

狩人「当たり前だろ、僕達には魔法なんて使えないんだから」

狩人「ましてや、剣を振るしか能がない君が魔力なんて……」

剣士「うるさい! 言ってみただけだ」

剣士「で、お前はどう思うんだ」

剣士「その石像とこの村の襲撃と何か関係があると思うか?」

魔法使い「それは……分からない」

魔法使い「でも、ここの辺りだけ明らかに魔物がいた形跡が多いし」

魔法使い「この石像には何かあると思う」

魔法使い「けど、これ以上は調べてみないことには何とも……」

剣士「よし、分かった」

剣士「魔物の追跡は一旦中止だ」

剣士「この村の近くにキャンプを張って、その像を調べながら生存者の捜索」

剣士「それでいいな? 2人とも」

狩人「ああ」魔法使い「うん」

剣士「じゃ、野営地探しだ」

剣士「雨も止みそうにないし、さっさと見つけようぜ」

魔法使い「そうだね」

魔法使い「ゴーレム、コレを運んで」

ゴーレム「…」ガガガガ

勇者の像「…」ガシッ

(さて、拉致されようとしているわけだが)

(どうする?)

《流れに身を任せるしかないだろうね》

《僕らは石なんだもの》

(それもそうか)

<野営地>

勇者の像「…」

魔法使い「うーん……」

狩人「どうだい? 何か分かった」

魔法使い「何とも言えないけど……」

魔法使い「コレ、ただの石像じゃないみたい」

魔法使い「魔力を出してたってのもあるけど」

魔法使い「どこを探しても作者の名前も、それらしきものもないし」

狩人「やっぱり、コイツがこの襲撃の原因かな」

狩人「魔力だって出してたみたいだし」

狩人「どう思う?」

剣士「俺は違うと思うな」

剣士「コイツがあったのは、だいぶ燃えちまってたけど……家の中みたいだった」

剣士「多分、家の中に飾ってあったんだと思う」

剣士「もしコレが魔物を呼ぶ呪いの石像なら、家のなかに飾ろうなんて思わない」

剣士「だから、襲撃してきた魔物がたまたまこいつの魔力につられただけだと思う」

剣士「第一、人間の立像だろ? 魔族がそんなもの作るのか?」

狩人「確かに、言われてみれば」

狩人「鎧に付いてる紋章だって魔王軍のものじゃないし」

魔法使い「紋章? そんなもの付いてた?」

狩人「付いてるじゃないか、肩のところに」

狩人「ほら、これだよ」

魔法使い「本当だ」

魔法使い「でも、何の紋章かな」

魔法使い「こんな模様、見たことない」

剣士「こ、こいつは……!」

魔法使い「知ってるの? リーダー」

剣士「見たことがある」

剣士「たしか……魔王討伐のおとぎ話の絵巻の中で」

剣士「人間の兵士たちが付けてた紋章だ」

魔法使い「じゃあ……これはおとぎ話を題材にした石像ってこと?」

剣士「いや、そこにはこんな鎧を付けた兵士なんていない」

剣士「それに、コイツの格好は騎士団の騎士がするような恰好じゃない」

狩人「なら、これは一体……」

剣士「分からねぇ」

剣士「でも、今日はこれで終わりだ」

剣士「生きてる人間はいなかったし、魔物がくる気配もない」

剣士「街へ帰って報告だ」

魔法使い「でも、この像はどうするの?」

剣士「そいつは明日決める」

剣士「難なら、お得意のゴーレムにしちまってもいいぜ」

魔法使い「えっ、そんなことしていいの?」

剣士「ん? 何か問題でもあるか」

剣士「まぁ、他人のものを使うのは抵抗があるかもしれねぇけど」

剣士「この様子じゃ、あの石像の持ち主も……」

剣士「だから、せめてもの有効活用だ」

剣士「魔力を持ってるってなら」

剣士「一からゴーレムを作るよりも手間が省けるんじゃないか」

魔法使い「そうだけど……」

剣士「じゃあ、見張りはゴーレム君に任せて」

剣士「俺達は寝るとするか」

剣士「頼むぞ、ゴーレム君」

ゴーレム「…」

魔法使い「あ、ちょっと」

勇者の像「…」

<精神世界>

妖精「ここでに引きこもっていて良いのかい?」

妖精「彼らから何か情報が得られるかもしれないのに」

勇者「……調べるたって俺の石像を観察する程度だろ」

勇者「だったら俺が居ても何のメリットもない」

勇者「それに、自分の体をいじくり回されるのは気が乗らないんだ」

勇者「まぁ、本格的に何かをしようっていうならここまで影響が……」

ゴォォンゴォォン

勇者「……あるだろうしな」

妖精「みたいだね」

ゴォォンゴォォン

勇者「で、こいつは何だ?」

勇者「あのときとは違うみたいだが」

妖精「誰かが君の体に魔法をかけてるみたい」

妖精「今までこんなこと無かったから、それぐらいしか分からないけど」

ゴォォンゴォォン

妖精「向こうに戻って解析してみたら?」

妖精「そういうのは得意だろ」

勇者「ああ……不本意ながらな」

勇者「じゃあ、ちょっと行ってくる」

<草原>

勇者の像「…」

魔法使い「やぁ!」

(やっぱり、あいつが魔法をかけてたか)

(さて……どんな魔法をかけてるのやら)

魔法使い「はぁ……やっぱりダメか」

狩人「アレ? 本当にゴーレムにしようとしてるんだ」

狩人「てっきり、リーダーの冗談だと思ってたんだけど」

魔法使い「冗談だったのは分かってるけど」

魔法使い「リーダーの言ってることも間違ってないし」

魔法使い「このゴレームだって一から私が作ったわけじゃない」

ゴーレム「…」

魔法使い「ほとんどお母さんに作ってもらって、私は手伝っただけ」

魔法使い「だから……」

狩人「丁度いい機会だから自分でゴーレムを作ってみる、か」

狩人「リーダーは後悔するだろうね」

狩人「自分の冗談で2体目のゴーレムを作ちゃうんだから」

魔法使い「あはは、そうかもね」

(ゴーレム……ヒトの作った人形か)

(俺を2体目にするってことは……)

狩人「それで、上手くいきそう?」

狩人「さっきはため息ついてたけど」

魔法使い「それが……上手く行かなくて」

魔法使い「元から魔力が宿ってるからやり易いと思ったんだけど」

魔法使い「それが邪魔して、私の魔力と上手く同調できなくて」

(魔力の同調……俺が向こうに居たから干渉できなかったのか)

狩人「そうなんだ」

狩人「でも、何でも1回で上手く行くなんてことはないよ」

狩人「出来るまで何度も試してよう」

魔法使い「それじゃあ、もう1回」

魔法使い「はぁ!」

勇者の像「…」

(こ、これは!)

(俺が知ってるのとは全く違う……こんな魔法は見たことない)

(だが、魔力の同調ぐらいは出来る)

魔法使い「!」

魔法使い「出来た!」

狩人「本当かい?」

魔法使い「うん、見てて」

魔法使い「前に進んで」

勇者の像「…」ガシガシガシ

(!?)

(う、動いてる!? 俺の身体が!)

魔法使い「止まって」

勇者の像「…」ピタッ

(これが……ゴーレム)

(要するに、操り人形になったわけか)

狩人「凄いじゃないか」

狩人「こんなに早くできるなんて」

魔法使い「……うん」

狩人「どうしたんだよ?」

狩人「成功したんだからもっと喜んでもいいじゃないか」

魔法使い「なんだか、上手く行き過ぎてて」

魔法使い「まるで、この石像の方から魔力を同調してきたみたい」

狩人「気のせいだって」

狩人「石像にそんなことが出来るはずがない」

狩人「コイツを動かしたのは君の力さ」

魔法使い「そうかな?」

狩人「そうだよ」

狩人「じゃあ、そいつをリーダーのところへ持って行って見せてやろうよ」

狩人「どんな顔するか楽しみだろ?」

魔法使い「どうだろう?」

魔法使い「案外、普通だったりして」

狩人「でも、気になるだろ?」

魔法使い「……まぁね」

勇者の像「…」

(色々と思うところはあるが、この状態でも体が動くのが分かっただけ十分だ)

(後はこの魔法の解析だな)

(俺がここを離れても大丈夫なように魔力を完全に同調させたら)

(向こうに戻って解析作業に入ろう)

<精神世界>

勇者「……よし、終わったぞ」

妖精「久しぶりだね、君から声を出すなんて」

妖精「何かいい結果は出たのかい?」

勇者「ああ、もちろんだ」

勇者「俺をゴーレムにした魔法は完全に解析した」

勇者「これで、俺の体を自分の意志で動かすことができる」

妖精「っていうことは、呪いを克服したのかい?」

勇者「いや、そんなにうまい話はない」

勇者「俺が動かせるのはあくまで石になった俺の体だ」

勇者「それに、あの魔術師の魔力を感じるところでしか俺は行動できない」

勇者「ま、自分の意思で動くゴーレムになったって説明した方が分かりやすいか」

妖精「そう簡単に呪いは解けないか……」

妖精「でも、半年でその成果なら十分かな」

勇者「半年? 何の話だ」

妖精「君が魔法の解析に没頭してから経った時間だよ」

妖精「何も言わないから、分かってると思ったけど」

勇者「1週間程度だと思ってたが」

勇者「いつの間に、そんな時間が……」

勇者「俺の体内時計もだいぶ狂ってるみたいだな」

妖精「まぁ、無理もないよ」

妖精「そんな体で何十年も過ごせばね」

妖精「で、そろそろ戻ってみた方が良いんじゃない?」

妖精「結構大変なことになってるみたいだよ」

勇者「なんだって?」

<魔物の要塞>

「ギシャァア!!」

勇者の像「…」ドシン

剣士「クソ……ゴーレムが」

剣士「食らえッ!」ブンッ

「ギャアア!!」ザシュ

剣士「ヘッ、どうだ」

狩人「後ろだ!」

「グギャアアアア!!」

剣士「なにっ!」

魔法使い「ゴーレム!」

ゴーレム「…」ガンッ

「グワッ……」ドシャァ

剣士「悪い! 助かった」

魔法使い「それよりどうしよう」

魔法使い「もう、ゴーレムを動かせるぐらいの魔力しかないし」

魔法使い「この数じゃ……」

狩人「多勢に無勢」

狩人「やられるのも時間の問題だね」

(これは……)

《彼らは魔王討伐隊に志願したみたい》

《なんでも、リーダーの故郷が焼かれたとかで》

狩人「どうする? リーダー」

剣士「どうするもこうするも、やるしかないだろ」

剣士「おい! あそこに倒れてるゴーレム2号は?」

剣士「アイツは動くのか!?」

魔王使い「……ダメ」

魔法使い「術は解いてないし、ダメージも大きくないはずなんだけど、さっきから応答がなくて」

剣士「……3人と1体でどうにかするしかないか」

狩人「まさに、絶体絶命だね」

(なら、ここは?)

《魔族の前線基地、魔王軍最高幹部の1人がここに居るみたいだね》

《今戦ってるのはその魔王幹部の手下たちかな》

(魔王軍……こんなところで会うとはな)

(腕試しにはちょうどいい)

(行くぞ!)

勇者の像「…」ガタガタガタガタ

(とりあえず、姿勢をなおして……)

狩人「アレは!?」

剣士「動いてる! まだ生きてやがった」

剣士「これなら……!」

魔法使い「えっ……」

剣士「どうした? お前が動かしてるんだろ」

魔法使い「違う、私……何もしてない」

狩人「なら、アレは一体……」

勇者の像「…」ガッガツッガシン

(よし、成功だ)

(次は……)

勇者の像「…」ガシッスッジャキン

(やっぱり、これがなくちゃな)

剣士「け、剣を抜いた?」

剣士「どうなってんだ」

魔法使い「分からない」

魔法使い「私の言うことを聞いてくれない」

狩人「まさか、暴走?」

魔法使い「そんな……まさか」

石化勇者(さぁ、行くぜ)ブンッ

ザシュズバッ

「ギャアアア!!」
グサッ
「グガッ……」
ゴスッガァアン

ザクザクザクザシュ

「グギョ……」

剣士「す、すごい……」

狩人「あの魔物の群れを押してる」

狩人「コレがゴーレムの力?」

魔法使い「嘘……信じられない」

石化勇者(これで……終わりだ)ヒュン

ズシャッ

「グギャアア……」ドサッ

勇者の像「…」スッサーッストン

剣士「剣を収めて、元に戻った?」

剣士「これは……」

魔法使い「私じゃ……ない」

剣士「じゃあ、あのゴーレムの意志だってのか?」

魔法使い「そんなことない!」

魔法使い「……そんなことない、はず」

剣士「でも、アレは!」

狩人「やめよう」

狩人「彼女も混乱してるんだ」

剣士「だけど!」

狩人「僕だって、何が起こったか聞きたい」

狩人「でも、アレのお陰で僕らは助かった」

狩人「今はこれでいいじゃないか」

剣士「……そうだったな」

剣士「悪い、怒鳴ったりしちまって」

魔法使い「いいけど……少し、休みたい」

魔法使い「魔力を使い過ぎちゃった」

剣士「そうだな、とりあえず一休みしてここを離れよう」

剣士「これ以上進むのは危険だ」

「もう帰ってしまうのか?」

「折角、私を楽しませてくれそうな者が現れたと思ったのに」

狩人「なっ! あいつは……」

剣士「この基地の司令官……」

剣士「魔王軍の最高幹部の1人、炎の王」

狩人「まずい! 逃げるんだ」

狩人「アイツには勝てない」

炎の王「そんなことを、この私が許すと思うかね?」

剣士「何を言って……」

ヒュッガンッ

狩人「ぐはっ……!」

ガァアアアン

炎の王「次はお前だ」

剣士「な……!」

魔法使い「避けて!」

ガキィン

勇者の像「…」ガチガチ

炎の王「…っ」

剣士「ゴーレム……」

剣士「お前が、やったのか?」

魔法使い「でも、私の魔力じゃこれ以上……」

炎の王「……随分と面白いことをするな」

炎の王「だが!」ブンッ

石化勇者(……当たるかよ)スカッ

石化勇者(お返しだ!)ブンッ

炎の王「何っ!」

ズシャ

炎の王「くっ……ゴーレム風情がこの私に傷を付けるとは」

炎の王「いいだろう、消し炭にしてやろう」

石化勇者(アレが奴の本気か)

石化勇者(思ったほどはヤバくないが……)

石化勇者(問題は残り時間か)

剣士「おい、大丈夫か?」

魔法使い「大丈夫……でも、早くしないと魔法が」

魔法使い「今は勝手に動いてくれてるけど……」

魔法使い「何時まで持つか分からない」

炎の王「喰らえ、炎よ!」ボッゴォォオオ

石化勇者(チッ、面倒な技を)ブンッ

石化勇者(オラァ!)ブンブンヒュッ

炎の王「無駄だ……はっ!」

ガァアン

石化勇者(…っ!)

炎の王「どうした? 動きが鈍いぞ土人形」

炎の王「やはり、主人を守らなければならならいようだな」

炎の王「ならば!」ボッゴォォオオ

石化勇者(させるか!)ヒュッ

炎の王「ぐはっ…」ザシュ

石化勇者(まだまだぁ!!)ヒュッヒュッヒュッ

炎の王「ぐ、ぐあ、グガァ…」

石化勇者(とど……!?)

石化勇者(か、体が動かない!)

炎の王「く、はぁ……はぁ…」

炎の王「どう……やら、勝機は私の方にあった、みたいだな」

炎の王「所詮は、土人形……術者の魔力、なしには動けん……」

勇者の像「…」

(クソ、こんなところで!)

炎の王「後は……」

剣士「おりゃぁあ!!」

ズブッ

炎の王「がはっ……な、何を」

剣士「はぁ…はぁ……」

戦士「後ろがガラ空きだぜ、幹部様」

ズブシャァ

炎の王「ぐはぁ……」ドサッ

炎の王「」

剣士「か、勝った……」

勇者の像「…」

剣士「ゴーレムか……」

剣士「暴走か何だか知らないが、ありがとうな」

剣士「アンタのお陰で死なずに済んだぜ」

勇者の像「…」

(そうか、今は1人じゃ無かったんだった)

(止めをまかせるのは義勇兵の奴ら以来だ)

(こういうのも悪くはないな)

<魔王討伐隊2人部屋>

狩人「まさか、魔王の軍幹部を倒すなんて」

狩人「まだ信じられないよ」

剣士「……そうだな」

狩人「どうしたんだよ」

狩人「やったのは君だろ?」

狩人「少しは嬉しそうにしたらどうなんだ」

剣士「でも、アレは俺だけの力じゃない」

剣士「俺はあのゴーレムを手伝っただけだ」

剣士「本当にアイツを倒したのは……」

狩人「主人の命令を無視したゴーレム」

狩人「確かに、事実はそうかもしれない」

狩人「けど……討伐隊のみんなにそう言うつもりかい?」

剣士「そいつは……」

狩人「リーダーだって分かってるだろ? 今の状況」

狩人「今回の作戦は決して成功じゃなかった」

狩人「むしろ、犠牲者だけ見れば大失敗だよ」

狩人「それを敵の幹部を討ち取ったことで、むりやり成功ってことにしてる」

狩人「今じゃ、炎の王を倒した君は討伐隊の英雄さ」

狩人「そんな君が本当のことを言ってみろ」

狩人「進軍どころか、討伐隊自体が崩壊するかもしれないよ」

剣士「でも、俺は……」

狩人「分かってるよ」

狩人「君が嘘を付けない人間だってことは」

狩人「でも、時には嘘も必要だ」

狩人「僕はいつでもリーダーの味方でいる」

狩人「だから、お願いだ」

狩人「みんなの希望でいてくれ」

剣士「…っ」

コンコン

「入っていい?」

剣士「あ、ああ……」

剣士「いいぞ、入って」

魔法使い「ゴメン、こんな時間に」

魔法使い「でも、話し声が聞こえたから」

剣士「そうか」

剣士「ほら、そこに座れよ」

魔法使い「うん、ありがとう」

狩人「どうかしたの?」

狩人「何か話したいことでもあった」

魔法使い「……ううん」

魔法使い「ただ、ちょっと不安で」

狩人「まぁ、無理もないね」

狩人「自分で作ったゴーレムが勝手に動き出すんだもの」

狩人「誰だって、そうなるさ」

剣士「で、あのゴーレム……ちゃんと動くのか?」

剣士「また勝手に動いたりしてないよな?」

魔法使い「大丈夫、来て」

勇者の像「…」ガシ ガシ ガシピタッ

剣士「……大丈夫みたいだな、安心したぜ」

狩人「それで、何か分かった? このゴーレムについて」

狩人「暴走の原因とか、あの戦闘能力の理由とか」

魔法使い「……詳しいことは何も」

魔法使い「でも、悪いモノじゃないと思う」

魔法使い「魔力の消費は大きかったけど、私自身は気絶する程度で済んだし」

魔法使い「本当にあの像の魔力が暴走したら、最適化を起こしてるはず」

魔法使い「それに……アレは暴走ってよりは自分の意志で動いているみたいだった」

魔法使い「だから、たぶん大丈夫だと思う」

狩人「……なるほどね」

狩人「確かに、僕達には手を出さなかったし」

狩人「リーダー達を守ってくれたって聞いてる」

狩人「何より術者の君がそう言うんだ」

狩人「僕らはそれに賛成する」

狩人「いいね? リーダー」

剣士「そうだな」

剣士「あいつが悪いモノじゃないってとこは賛成だ」

剣士「ただ、1つだけ聞きたいことがある」

魔法使い「何?」

剣士「最適化って、何だ?」

魔法使い「アレ? 知らなかった」

狩人「実は僕も気になってたんだ」

狩人「話の腰を折っちゃいけないと思って聞けなかったんだよ」

魔法使い「……そうだったんだ」

魔法使い「ええっと……最適化っていうのは、魔力の最適化ってことで」

魔法使い「無理して大魔法を使ったり、強力な魔力を浴び続けたときに起きるの」

狩人「それが起きるとどうなるの?」

魔法使い「強力な魔力が術者の体を通っても大丈夫なように」

魔法使い「魔力を最大限に使える形に体が変異する」

魔法使い「要するに、人間の体じゃなくなっちゃうの」

剣士「な、なんだよ……それ」

剣士「大変な事じゃねぇか!」

剣士「大丈夫だったのか!? お前」

魔法使い「ああ、安心して」

魔法使い「私は大丈夫だったから」

剣士「な、なら……いいけどな」

狩人「で、その……体が変わるってどんなふうになるんだ?」

狩人「腕が増えたりするのかい」

魔法使い「それが……詳しいことは良く分かってないの」

魔法使い「個体差があるとかないとかで、最適化を起こした人や生き物によって異なるとか」

魔法使い「例えば、最適化が原因で魔族や魔物が生まれたんじゃないか、って言ってる人もいるぐらい」

剣士「……人が魔族にねぇ」

剣士「まぁ、いいや」

剣士「とりあえず仲間が無事ならそれでいいや」

剣士「今日は寝て、明日に備えよう」

剣士「それじゃあ、おやすみな」

<精神世界>

妖精「また、こっちで引きこもってるみたいだけど」

妖精「向こうに顔を出さなくてもいいの?」

勇者「大丈夫だ」

勇者「向こうの声はこっちに居ても聞こえるようにしたし」

勇者「何かあっても直ぐに向こうへ行ける」

勇者「それに、石像の体を動かしてみて分かったこともあるしな」

妖精「分かったこと?」

勇者「まずは、俺がゴーレムの操作を乗っ取ると術者の魔力をかなり消費すること」

勇者「その証拠に、あの魔術師も魔力の使い過ぎで倒れたからな」

勇者「次に、術者が気絶したりして魔力の供給が断たれると動けなくなる」

勇者「これも実際にあの野郎と戦ってる最中に起こった」

勇者「後は……敵の幹部クラスとアイツらがやり合うと、かなりの確率でアイツらがやられることだ」

妖精「それは問題だね」

妖精「最初の2つはともかく、最後のは何とかしないと」

妖精「また、ただの石像に逆戻りだ」

勇者「そうだ」

勇者「石像の俺をゴーレムにして」

勇者「あまつさえ、仲間にしようなんて考えるのはアイツらぐらいだ」

勇者「だから、アイツらを守りながら、呪いを解かなきゃならない」

妖精「でも、呪いを解く手立てなんてあるのかい?」

妖精「1人で何十年かけてもダメだったんでしょ」

勇者「魔王だ」

勇者「魔族の王、魔王なら俺達以上の魔力を持っていたっておかしくはない」

勇者「奴の魔力でこの次元の壁をぶち壊せば……」

妖精「もとの姿に戻れるというわけだね」

妖精「でも、それには……」

勇者「そう、石像の俺を魔王のところまで運んでくれる人間が必要だ」

勇者「そのためにもアイツらに死んでもらっちゃ困る」

勇者「だから、ここで策を講じてるのさ」

妖精「策?」

勇者「まず、魔力の消費については」

勇者「俺がやたらと向こうに行かない、ゴーレムの乗っ取りは最小限に抑える」

勇者「次に、俺が動けなくなることについては」

勇者「あらかじめあの魔術師の魔力を溜めておいて、いざとなったら使う」

勇者「そうすれば、危険な状況で動けなくなることはなくなる」

勇者「後は……もう1体のゴーレムを操作できるようにするぐらいか」

勇者「アイツを自由に動かせれば、そうそうアイツらの命が危なくなることもないだろうしな」

妖精「それは凄いね」

妖精「もう準備できてるのかい?」

勇者「いや、まだ計画段階だ」

勇者「何時できるようになるかも分からない」

妖精「また半年後かい?」

勇者「流石にそこまでかからないはずだ」

勇者「この魔法の解析も終わってるしな」

勇者「まぁ、時間がかかるのは本当だからな」

勇者「なるべく早く終わらせられるように努力する」

勇者「その時まで、向こうの観察をよろしくな」

妖精「分かったよ」

<精神世界>

勇者「残る最高幹部もあと1人」

勇者「ここまで来たんだな」

妖精「君がゴーレムになって動けるようになってから3ヶ月」

妖精「討伐隊は怒涛の快進撃を見せて、前線は敵の本拠地を目前にしている」

妖精「残る砦はあとひとつ……魔王の居城、魔王城だけだ」

勇者「俺が挑むことすら出来なかった、魔族の王」

勇者「立ちふさがるのは魔族の最終防衛線」

勇者「そして、その指揮官……土の王か」

妖精「……不安なのかい?」

妖精「最後の幹部を倒せるかどうか」

勇者「いや、昔を思い出しただけさ」

勇者「最後の四天王と人間の英雄」

勇者「あまりいい思い出がないからな」

妖精「まだ気にしてるのかい?」

妖精「あの剣士が勇者って呼ばれるようになったこと」

勇者「それは……」

妖精「もう君の知っている意味とは違うんだ」

妖精「今の人たちにとって、勇者は人間の英雄」

妖精「使い捨ての駒だなんて意味はないんだよ」

勇者「だからだよ」

勇者「俺は自分が期待されてない事ぐらい分かってた」

勇者「自分の代わりが幾らでもいるのを知ってたから、目の前の敵を切ることだけに集中できた」

勇者「死に物狂いで死線を潜り抜けて、何とか自分を生かしてきた」

勇者「でも、アイツは違うんだ」

勇者「自分が周りから期待されていることを知っている」

勇者「自分が死んだらどうなるかが分かってるから、いつも不安に駆られてる」

勇者「おまけに、俺の力に頼ってることを後ろめたく感じてる」

勇者「だから嫌なんだよ、アイツ1人に面倒事を背負わせてるようでさ」

妖精「でも、今の君はゴーレムだ」

妖精「少しぐらい動けるかもしれないけど、基本は命令に従うだけだ」

妖精「そんな君に何が出来る」

勇者「そんなことは分かってる」

勇者「自分で動かせるとはいっても、剣を振ることぐらいしか能の無い……」

勇者「……剣? 剣を振るしかできない?」

勇者「いや……俺は剣を振ることができるんだ」

勇者「そうだ、この剣がある」

<討伐隊剣士の部屋>

剣士「……遂にここまできたんだな」

剣士「後は、土の王と魔王だけ」

剣士「またアイツの力に頼るのか?」

剣士「2人は心配ないって言ってるが……本当にそうなのか?」

剣士「確かにアイツには何度も助けられた」

剣士「けど、動かしてるはずの術者にも、どうして動いてるのか分からないんだ」

剣士「あのゴーレムが動かなかったらどうなる?」

剣士「俺達は負ける……確実に」

剣士「もし、俺達……俺が負けたら」

ガチャ

剣士「ん、誰だ?」

勇者の像「…」

剣士「なんだ、ゴーレムか」

剣士「全く……わざわざコイツをよこさなくても」

勇者の像「…」スッチャキ

剣士「なっ……!」

剣士「どうしたんだよ、おい!」

剣士「クソッ! 誰……」

勇者の像「…」ブンッ

ガキッ

剣士「ぐはっ……」

剣士「ぐっ……ゲホッ、ゲホッ」

剣士「……助けは呼ばせないってか」

勇者の像「…」ジャキッ

剣士「どうした? やらないのか」

剣士「フンッ、いいぜ」

剣士「そっちがその気なら……」

ヒュッキンッ

剣士「こっちもその気になってやる!」

カキンッ

剣士「チッ!」

勇者の像「…」ヒュンヒュン

カンッキンッ

剣士「くっ! 早い」

勇者の像「…」ブンッ

剣士「クソ、避けきれ……」

勇者の像「…」ピタッ

剣士「……?」

剣士「と、止まった?」

剣士「戻った……のか」

勇者の像「…」ジャキ

剣士「違う!?」

剣士「それじゃあ……」

剣士「!」

剣士「まさか……そういうことなのか?」

勇者の像「…」

剣士「……聞いても返事が来るわけないよな」

剣士「でも……信じてやるぜ、お前の事」

剣士「さぁ、俺も全力でぶつかってやる」

剣士「やられるんじゃねぇぞ」ヒュッ

カキンッ

石化勇者(そうだ、かかってこい!)

石化勇者(俺がお前を鍛えてやる)

-数十分後-

ガチャ

狩人「ねぇ、リーダー」

狩人「今度の侵攻作戦について何だけど……」

剣士「まだまだぁ!」ブンッ

勇者の像「…」サッブンッ

ゴンッ

剣士「ぐはッ……」

剣士「クソ、まだだ!」

狩人「!?」

狩人「ちょっと待った!」

狩人「何やってるの!? こんなところで」

剣士「見て分からねぇのか?」

剣士「修行だよ、修行」

狩人「修行って、どこをどう見たらそうなるんだよ!?」

狩人「どう見たってゴーレムが暴走してるだけじゃないか!」

狩人「早く止めないと、このままじゃ……」

剣士「最適化を起こすって?」

剣士「なら、それはもう遅いぜ」

剣士「俺はこいつと30分は戦ってるからな」

狩人「そんな……それじゃあ」

狩人「クソッ、僕が早く気づいていれば!」

狩人「どうしてだ!? 一体、どうして……」

ガチャ

魔法使い「どうしたの?」

魔法使い「さっきからうるさいけど、部屋の中で稽古でもしてるの?」

狩人「あ……えっ、どうして君が」

狩人「な、何ともないの?」

魔法使い「うん」

魔法使い「でも、どうしてそんなことを?」

狩人「いや、その……アレが」

勇者の像「…」

魔法使い「あっ!」

魔法使い「こんなところに居たんだ」

魔法使い「何だか、最近は私の魔力なしでも勝手に動いてるみたいだし」

魔法使い「ホント……どうなってるんだろ?」

魔法使い「ほら、こっちに来て」

勇者の像「…」ガシガシガシ

ガチャバタン

狩人「こ、これは一体……」

剣士「言ったろ? 修行だって」

剣士「アイツは腑抜けた俺を鍛えに来たんだ」

狩人「そんな、いくら普通じゃないっていったって」

狩人「アレはゴーレムだよ」

狩人「そんなこと出来るはず……」

剣士「あるんだよ」

剣士「俺には分かる、アイツには意志がある」

剣士「あの太刀捌きはただの操り人形にはマネできない」

狩人「でも……」

剣士「俺はアイツを信じる」

剣士「1人の剣士として、パーティの仲間として」

剣士「だから……」

狩人「分かったよ」

狩人「そこまで言うなら僕も信じる」

狩人「僕だって、あのゴーレムには何度か命を助けられたからね」

剣士「そうか、ありが……」

狩人「でも、これだけ言っておきたい」

狩人「修行もするは結構だけど、次からは外でやるように」

狩人「せっかく個室を貰ったのに、めちゃくちゃじゃないか」

剣士「……っ」

-1週間後-

<討伐隊剣士の部屋>

剣士「明日の進攻作戦の確認をする」

剣士「いいな? 2人とも」

狩人「ああ」魔法使い「大丈夫」

剣士「まず、俺達は本隊とは別行動をとる」

剣士「討伐隊及び各国騎士団で構成された本隊が魔王城正面を襲撃」

剣士「その間、俺達は裏に回り込んで直接魔王を目指す」

剣士「つまり、直接の魔王討伐隊として俺達は行動する」

狩人「おとぎ話の勇者様と一緒だね」

狩人「少人数で魔王に挑むなんて」

剣士「ああ、全くだ」

剣士「だが……」

魔法使い「魔王討伐が早ければ、それだけ本隊の被害も少なくなる」

魔法使い「短期決戦には丁度いい」

剣士「そういうことだ」

剣士「俺達討伐隊……援軍も含めて、魔王相手に籠城戦を出来るほどの体力はない」

剣士「だから、短期決戦で一気に終わらせる以外に方法はない」

狩人「で、当日の別動隊は僕達だけなの?」

狩人「正直、3人だけだと、乱戦になったらすぐにやられちゃうよ」

剣士「いや、魔王城の前までは護衛が入る」

剣士「俺達が魔王城に忍び込んだら、侵入がばれないように攪乱してくれる」

魔法使い「じゃあ、魔王と戦うのは私達だけ?」

剣士「ああ」

剣士「無暗に人数を増やすより、俺達3人の方が信頼できるらしい」

狩人「まぁ、今までの幹部たちは僕らだけで倒してたからね」

狩人「そう判断されても仕方ないよ」

魔法使い「そうなんだ」

剣士「どうした? 不安か」

魔法使い「ううん、安心した」

魔法使い「人数が増いと、ゴーレムだけじゃ守り切れないなって思っただけ」

剣士「なら良かった」

剣士「じゃあ、確認はこれぐらいか」

剣士「……明日は早いからな」

剣士「今日は、早めに寝てしっかり休んでおくんだぞ」

狩人「了解、それじゃ……」

剣士「いや、ちょっと待ってくれ」

剣士「やっぱり話しておきたいことがある」

魔法使い「何? ゴーレムを訓練に使ってたこと?」

魔法使い「それなら……」

剣士「そんなんじゃなくて」

剣士「その……お礼が言いたんだ」

剣士「こんなところまで付いて来てくれてさ」

魔法使い「リーダー……」

剣士「最初は魔王討伐なんてバカみたいな話に乗ってくれるとは思ってなかったんだ」

剣士「でも、お前達は付いて来てくれた」

剣士「戦況が悪くなって全滅しそうになっても、逃げ出さずに俺のところに居てくれた」

剣士「色々あって、明日が最後の戦いになる」

剣士「相手は子供の絵本に出て聞くるようなヤツだ」

剣士「正直、勝てる気はしない」

剣士「だから……」

狩人「リーダー」

狩人「その話、また今度にしない?」

剣士「何を言って……」

狩人「なんか、僕らが死んじゃうみたいだし」

狩人「リーダーが真剣なことを言うと碌なことが起きないし」

狩人「そもそも……改まったリーダーは何か気持ち悪い」

剣士「おい、そりゃどういう意味だよ」

剣士「特に最後のヤツ」

狩人「そのままの意味だよ」

狩人「じゃ、おやすみ」

ガチャバタン

剣士「……ったく、あの野郎」

剣士「緊張感ってものは無いのかよ」

魔法使い「緊張してるからこそ、あんなこと言ったんだと思う」

魔法使い「私だって……さっきは強がってたけど、本当は不安で仕方がないの」

魔法使い「だから、リーダーには前を向いてほしいんだ」

魔法使い「じゃなきゃ、私達も前に進めないから」

剣士「お前……」

魔法使い「じゃ、私も寝るね」

剣士「待ってくれ、1つ頼みがある」

剣士「アイツを……あのゴーレムをここへ呼んでくれないか?」

魔法使い「分かった」

魔法使い「来て」

ガチャ

勇者の像「…」ガシガシガシ

勇者の像「…」ピタッ

剣士「悪いな」

剣士「それと……コイツと話がしたい」

剣士「2人にしてくれないか?」

魔法使い「分かった」

魔法使い「おやすみ、リーダー」

ガチャバタン

勇者の像「…」

剣士「いよいよ明日だな」

勇者の像「…」

剣士「……ま、返事なんか帰ってくるとは思ってねぇけどな」

剣士「その、なんだ……」

剣士「今まで世話になったな」

勇者の像「…」

剣士「初めはただの人形だと思ってたけど、そうじゃなかった」

剣士「お前にはちゃんとした意志がある」

剣士「それが作られたものかそうじゃないかは俺には分からない」

剣士「でも、お前は何度も俺達を助けてくれた」

剣士「俺は大切な仲間の1人だと思ってる」

剣士「だから、1つだけ頼まれてくれ」

勇者の像「…」

剣士「もし、魔王の力が予想以上で」

剣士「俺達の力が及ばなくなったら……」

剣士「アイツらを、あの2人を逃がしてやってくれないか?」

勇者の像「…」

剣士「アイツらには、今まで俺のわがままに散々付き合ってもらった」

剣士「ギルドのパーティを組んで、討伐隊に入って」

剣士「今じゃ魔王を討伐する勇者パーティだ」

剣士「だから、最後ぐらいは俺1人で行きたいんだ」

剣士「こんな話をしてるって知ったら、バカにするなって怒られる思う」

剣士「でも、どんな形であれ……」

剣士「アイツらには生き残って欲しいんだ」

勇者の像「…」

剣士「最後の最後にこんなわがままを言って悪い」

剣士「でも、頼れるのはお前だけなんだ」

剣士「お前なら出来るって信じてる」

勇者の像「…」

剣士「……って、そんなこと言われても困るよな」

剣士「まぁ、勝てれば万事問題ナシだ」

剣士「俺達だって鍛えたんだ、そう簡単には負けねぇ」

剣士「明日は期待してるぜ、ゴーレム2号」

剣士「それじゃあ、おやすみな」

勇者の像(…)

<魔王城資材搬入口>

剣士「よし、侵入成功だ」

剣士「皆、ケガはないか?」

狩人「ああ、大丈夫」

魔法使い「ゴーレム達も問題ないよ」

ゴーレム「…」

勇者の像「…」

剣士「とりあえずは最初の難所をクリアか」

剣士「次は……」

ゴォォオン
カン カン カン カン

ガァアアアン

狩人「……始まったみたいだね」

狩人「討伐隊本隊の攻撃が」

剣士「みたいだな」

剣士「なら、さっさと魔王のとこに行っちまおう」

剣士「場所は覚えてるよな?」

魔法使い「この城の中心」

魔法使い「ここからなら、物資搬入用のリフトで行った方が早いと思う」

剣士「よし、分かった」

剣士「前衛は俺とゴーレムでやる」

剣士「俺は索敵に集中するから、道はお前達が指示してくれ」

剣士「さぁ、行くぞ」

<魔王城大ホール>

狩人「よし、見えた」

狩人「あの扉の先が魔王の部屋だ」

ヒュッ

魔法使い「危ない!」

狩人「な……」

ガキンッ

ゴーレム「…」

狩人「あ、ありがとう……助かった」

魔法使い「でも、いきなり岩が飛んでくるなんて」

魔法使い「本隊の攻撃だって、ここまで届くはずないのに」

剣士「!?」

剣士「来るぞ!」

ヒュッヒュッヒュッ

剣士「…」サッ

ゴーレム「…」ガキンッ

勇者の像「…」バキンッ

狩人「そこだ!」ヒュ

カンッカラン

剣士「……なんだ? 何も起きない」

「ここですよ」

剣士「!」

キンッ

「……見事な反応です」

「流石は現代の勇者と呼ばれるだけはありますね」

剣士「誰だ!?」

「私は土の王」

「魔族に残された、最後の指揮官です」

狩人& 魔法使い「!?」

剣士「……良いのか? こんなところに居て」

剣士「外じゃ、討伐隊の本隊が暴れてるんだぜ?」

土の王「もちろん分かってます」

土の王「ですが、だからといってあなた達を見過ごすわけには行きません」

土の王「それに……」

剣士「!?」

カキンッ

土の王「倒してしまえば問題ありません」ギリギリ

剣士「そうかい、それじゃあ……」ギリギリ

剣士「しっかりと足止めしないとなぁ!」ブンッ

土の王「!」

剣士「おい!」

狩人「了解!」ヒュッヒュッ

土の王「…っ」サッバシッ

魔法使い「ゴーレム!」

ゴーレム「…」ブンッ

土の王「ふんっ!」カキンッ

剣士「食らえっ!」

ズバッ

土の王「がはっ……」

剣士「チッ、浅い」

剣士「もう一度」ヒュッ

土の王「……大地よ」

魔法使い「魔法!?」

魔法使い「リーダー!」

勇者の像「…」ブンッ

剣士「ぬおっ!?」ドンッ

ドガガガガガガ

剣士「……いてて」

剣士「もう少し優しくできなかったのかよ」

魔法使い「そんなこと言ったって」

魔法使い「あの土石流に巻き込まれるよりはマシでしょ?」

剣士「確かにな」

剣士「よし、長期戦は不利だ」

剣士「短期決戦でキリを付ける」

剣士「行くぞ! 2人とも」

土の王「真っ向勝負を挑もうというわけですね」

土の王「受けて立ちますよ」

土の王「……大地よ!」ガガビュンッ

剣士「そんな岩の塊……」

剣士「当たるかよ!」サッ

土の王「くっ、なら……」

魔法使い「させない」

ゴーレム「…」ブンッ

土の王「!?」サッ

狩人「まだまだ」ヒュッヒュヒュン

土の王「……ッ」スチャカンキン

剣士「後ろだ!」

ズシャ

土の王「がっ……」

剣士「もういっちょ!」

勇者の像「…」ブンッ

土の王「ぐほっ……」ドサッ

剣士「……動くな」ジャキ

(勝負あったな)

(俺の力なしで圧勝とは、随分と強くなったな)

土の王「とどめは……刺さないの、ですか?」

剣士「その前に聞きたい」

剣士「どうして俺達の前へ来た?」

剣士「アンタ、戦闘はそんなに得意じゃないだろう」

剣士「正直、今まで戦ってきた幹部連中のヤバさは感じなかった」

土の王「……お見通し…ですか」

土の王「その通り、私は……戦闘タイプでは…ありません」

土の王「主に、軍の……軍の指揮を執るのが……役目です」

(指揮官タイプの幹部……アイツと被るな)

(俺をこんな姿に変えた土の四天王)

剣士「そんな奴がどうして1人で?」

剣士「分かっていたなら、兵を率いて来ればこんなことにはならなかったはずだ」

(アイツも最期は……)

(!?)

(そうだ! アイツも最期は無抵抗だったんだ)

土の王「私にも、分かりません」

土の王「これ以上の……問答は、無用です」

土の王「一思いに、やって……ください」

(だとすると、これは……)

(まずい! 止めなければ)

剣士「なら、遠慮なく」

剣士「はぁっ!」

ズブッ

土の王「ぐっ……お前は」

ズブシャァ

勇者の像「…」

剣士「おい! これは!?」

魔法使い「私じゃない」

剣士「だったら……!」

土の王「た、助けられましたね……勇者」

剣士「助けられた? 俺が」

土の王「これで……私の任務は失敗…です」

土の王「ま、おう様に……よ…ろ………」

土の王「」ガクッ

パキンッゴワアアアアア

勇者の像「…」

(術者の死後に発動する呪い)

(やっぱり、仕掛けてたか)

(だが、この体にこんな呪いは通用しない)

剣士「な、何だ!?」

狩人「黒い霧がゴーレムを包んで、消えた?」

狩人「一体何が……」

魔法使い「……時限発動型の魔法」

魔法使い「アイツが死んで発動された?」

剣士「おい、どうなってんだ!?」

魔法使い「分からない」

魔法使い「でも、あれは自分にとどめを刺した者を対象にしていたみたい」

狩人「つまり、ゴーレムがリーダーの身代わりに魔法を受けてくれたってことか」

狩人「助けられたね、リーダー」

剣士「……ああ」

剣士「でも、こいつは?」

剣士「コイツは大丈夫なのか!?」

魔法使い「とりあえずは大丈夫」

魔法使い「私の命令も聞くみたいだし、暴走する気配もない」

魔法使い「どうなってるかは詳しく調べないと分からないけど」

魔法使い「アイツの言動からして、大丈夫だと思う」

剣士「そうか……よかった」

狩人「それよりリーダー、先を急がないと」

狩人「さっきの騒ぎを聞きつけて兵が集まってくるかも」

剣士「ああ、後は魔王だけ」

剣士「さっさと終わらせて、勝って帰るぞ!」

狩人&魔法使い「…」コクリ

勇者の像「…」

(この先は俺の進めなかった世界だ)

(何が起こるか分からない)

(でも、アイツらだけは生かして帰す)

(それが約束だ)

<魔王城魔王の間>

ゴゴゴゴゴガァン

「……来たな」

剣士「覚悟だ! 魔王」

剣士「行くぞ!」

狩人「食らえ、火薬玉」ヒュゥヒュッ

ドォオオン

ガァアアン

魔法使い「炎よ!」ゴォッ

ゴォォオオオオ

剣士「おらぁあああ!!」

ガキンッ

破壊された椅子「」ガタンッ

剣士「チッ、外した」

魔王「随分と手荒な歓迎じゃないか」

狩人「リーダー!」

剣士「分かってる!」

剣士「お前らはその場で待機」

剣士「ゴーレムと俺で迎え撃つ」

剣士「行くぞッ!」シュタッ

魔王「まぁ、そういうのも悪くはないが」

魔法使い「リーダー!」

剣士「了解」

ゴーレム「…」ビュンッブオン

勇者の像「…」サッヒュンッ

魔王「…」サッ

ガァアン
スカッ

魔法使い「外した!?」

剣士「後は俺が……」

剣士「はあっ!」ヒュンッ

キンッ

魔王「折角の挨拶ぐらい……」ギリギリ

剣士「…っ」

狩人「リーダー! 今……」

魔王「静かにしたらどうだ!」

ゴゴゴゴゴゴゴ

魔法使い「魔法!? 逃げて!」

剣士「無理だ! 逃げられ……」

ドガガアアアアア

魔王「おや? これは……」

勇者の像「…」シュウウウウ

剣士「お前! また……」

(さて、こいつは俺ナシじゃ無理みたいだ)

(悪いが、助太刀させてもらう)

魔王「面白いことになってきた」

魔王「こんなところに、先代の仇敵が居るとはな」

(!?)

(こいつ……俺の正体に気付いてるのか?)

剣士「先代の仇敵? それは……」

狩人「リーダー!」ヒュッヒュッ

魔王「…」カンッキンッ

狩人「は、弾かれた!?」

魔王「目障りだ」

魔王「今はこの者と話をしているんだ」

魔王「邪魔しないでもらいたい」ガッ

ヒュゴォオオオ

魔法使い「ゴーレム!」

ゴーレム「…」ビュンッドシン

狩人「済まない、助かっ……!?」

ガンッ

ズゴォオオオン

魔法使い「そんな!」

魔法使い「ゴーレムごと吹き飛ばすなんて……」

剣士「クソ、やりやがったな!」

剣士「許さねぇ!」ブンッ

魔王「邪魔だ!」

(なっ……まずい!)

カキンッ

剣士「ぐっ……」

魔王「お前は引いていろ、偽りの勇者よ」

魔王「これはお前の立ち入って良い話ではない」

(あの一撃……速い)

(この体の反応を超えてた)

魔法使い「リーダー!?」

魔法使い「よくもリーダーを!」

魔法使い「ほの、お…よ……?」ガクッ

(悪い、全力を出さなきゃ勝てそうにないんだ)

(少しの間、お前の魔力を借りるぞ)

剣士「おい! どうしたんだよ!」

剣士「しっかりしろ!?」

魔王「安心しろ、気絶しただけだ」

魔王「急激な魔力の消耗でな」

剣士「魔力の消耗?」

剣士「それは一体……」

魔王「魔王の好敵手が真の力を発揮する」

魔王「そのために必要な儀式だ」

剣士「魔王の……好敵手」

剣士「まさか、そいつは!?」

魔王「そうだ……」

魔王「先代の配下が封印した人間の英雄」

魔王「勇者と呼ばれた者だ」

石化勇者(…)

魔王「さぁ、我が仇敵よ」

魔王「本当にお前は私に刃を向けるのか?」

魔王「そんな姿になってまで、自分を裏切った人間どもに手を貸すのか」

剣士「人間が裏切った?」

剣士「勇者を……それは一体」

石化勇者(俺を仲間に引き入れようって魂胆か……)

石化勇者(だが、そんな誘いには乗らないぜ)

石化勇者(お前を倒して、元に戻るためにな!)ジャキ

魔王「そうか」

魔王「あくまで人間の英雄でいるというわけだな」

魔王「なら、全力で相手をしよう」

石化勇者(……なんて魔力だ)

石化勇者(次元の壁なんてお構いなしに響いてきてる)

石化勇者(直撃したら、俺の本体もマズイかもしれない)

剣士「こ、これが……奴の本気?」

石化勇者(コイツにはちょっと荷が重いな)

石化勇者(悪い)ガンッ

剣士「なっ……何を…」ドサッ

石化勇者(そこで大人しくしておいてくれ)

石化勇者(さぁ、行くぜ! 魔王)シュタッ

キンッ

魔王「……早いな」

魔王「だが!」

石化勇者(魔法か?)

石化勇者(でも、関係ない!)

石化勇者(押し切る)ブンッ

ドゴォォンン

魔王「くっ……流石にゴーレム」

魔王「小手先の魔法は、お構いなしということか」

魔王「ならば、剣で勝負だ!」

ヒュッキンッカンッ

石化勇者(……速い!)

石化勇者(ゴーレムの体じゃ対応しきれない)

キカンッ

石化勇者(クソッ……)

魔王「貰った」ブンッ

石化勇者(……っ、風よ!)

魔王「何っ!?」

ゴォォオオオオ

魔王「ぐおっ……」ザシュッ ザシュッ

石化勇者(よし、発動した)

石化勇者(やっぱりアイツの魔力せいで次元の壁が揺らいでいるみたいだ)

魔王「まさか……その体で魔法を放つとはな」

魔王「油断したぞ」

石化勇者(だが、消費する魔力が大きすぎる)

石化勇者(そうそう何回も出来ない)

魔王「だが、今度はそうはいかん」

魔王「行くぞ!」

石化勇者(……望むところだ!)

石化勇者(おりゃああ!!)ブンッ

ザシュッ

魔王「ぐっ……炎よ!!」

ゴォオオオオオ

石化勇者(そんな炎は効かない!)

キンキンッカキンッ

魔王「……っ!」

魔王「大地よッ!!」ゴゴゴゴゴ

石化勇者(……足を取られた!?)

魔王「食らえ」

ガコバキッズカンッ

石化勇者(くっ……斬られるたびに魔力が削り取られる)

石化勇者(アイツ、俺の弱点を……)

魔王「……どうした?」

魔王「そのままではただの石像になってしまうぞ」

石化勇者(……一か八かだ)

石化勇者(どうなるか分からないが、床ごと溶かして脱出する!)

石化勇者(燃えろ!)カッ

ゴォアアアア

魔王「な、何ッ!?」

魔王「まだこんな魔力を残していたのか!」

石化勇者(……っ! 体ごと溶けそうだ)

石化勇者(だが、アイツよりはよっぽど熱に強い!)

石化勇者(行くぞッ!)ブンッ

ジュゥウウウウウ

魔王「クソッ、剣が熱に耐えられ……」

パキンッジュワアア

魔王「ぐわぁああ!!!」

魔王「熱い! アツイ! アツイィイイ!!」

魔王「ミズ、水よぉお!!」

シュウウウウウ

石化勇者(よし、今がチャンスだ!)

石化勇者(一気に決める!)

ザシュッ

魔王「ぐああぁぁあぁ!!」

石化勇者(まだまだ!)

ザシュッザシュズシャッ

魔王「ぐはっ! ぐおっ! がっ……」

石化勇者(止めだ!)

ガシッ

石化勇者(なっ……剣を掴まれた!?)

魔王「イヤだ……死にたくない」

魔王「コンナところで……イヤだ!」

石化勇者(くっ、魔力が集まって)

石化勇者(このままだと……)

剣士「おりゃああ!」

ズブリッ

魔王「死にたく……」

剣士「はぁああ!!」

ズブシャァ

魔王「な…い……」ガクッ

魔王「」

剣士「はぁ……はぁ……」

剣士「やったぜ、勇者さま」

石化勇者(お前……)

剣士「悪いな、手を出して」

剣士「でも、お前にも生き残ってて欲しいからさ」

剣士「だから……」

ゴガァン

剣士「な、何だ!?」

剣士「何が起こってんだ!」

石化勇者(これは!? さっきの魔力が暴走してる)

石化勇者(このままじゃ……)

石化勇者(クソッ!)ガシッ

剣士「な、何を!?」

石化勇者(離れてろ!)ポイッ

ガンッドサッ

剣士「……どう…して」ガクッ

石化勇者(安心しろ……約束は守る)

石化勇者(妖精、出てこい!)

石化勇者(あのゴーレムを動かしてアイツらをここから逃がせ)

石化勇者(俺は残りの魔力全部で爆発を抑え込む)

《いいのかい?》

《魔力を使い果たしたら次元の壁に穴を開けることは出来ない》

《この爆発を使って、元に戻ることも出来なくなるよ》

石化勇者(いいんだ)

石化勇者(呪いを解くなんて後でいくらでもできる)

石化勇者(でも、コイツらを助けられるのは今しかない)

石化勇者(だから、俺はすべての魔力を使ってこの爆発を遅らせる)

《……それが君の決断なんだね》

《分かった、頼まれたよ》

石化勇者(ああ、悪いな)

ゴーレム「…」ギシッガシガシ

剣士「」狩人「」魔法使い「」

石化勇者(楽しかったぜ……お前達と過ごした時間)

石化勇者(でも、これでお別れだ)

石化勇者(次に会えるかどうか分からないが)

石化勇者(……元気でな)

<荒野魔王城の見える丘>

剣士「う、うう……俺は」

剣士「アイツに放り投げられて……」

狩人「……リーダー」

狩人「目が覚めたんだね」

魔法使い「良かった」

剣士「お前ら! 傷は大丈夫なのか?!」

狩人「ああ、大丈夫」

狩人「ゴレームのお陰で直撃は避けられたし」

魔法使い「私は気絶してただけだから」

剣士「そうか、でも……」

剣士「ここは?」

剣士「どうしてこんなところに」

狩人「魔王城の外だよ」

狩人「彼女のゴーレムが勝手に動き出して」

狩人「僕らをここへ連れてきたんだ」

剣士「じゃあ、アイツは?」

剣士「アイツはどうなったんだよ!?」

魔法使い「それは……」

狩人「分からない」

狩人「けど、アレを見る限り」

剣士「なっ……アレは!?」

剣士「どうなってんだよこれ!」

魔法使い「……分からない」

魔法使い「でも、魔王の魔力が暴走してああなったんだと思う」

魔法使い「魔王城が跡形もなくなるなんて、それぐらいしか……」

剣士「クソ……なんなんだよ、アイツ」

剣士「勝手に出てきたと思ったら、勝手に消えやがって」

剣士「何が勇者だ」

狩人「けど、そうしなければ僕らは助からなかった」

狩人「こうなることを、彼は何処かで分かってたのかもしれない」

剣士「それでも……!」

魔法使い「……リーダー」

魔法使い「その……慰めになるか分からないけど」

魔法使い「あの人もリーダーに生きていてほしかったんじゃないかな?」

魔法使い「だから、魔王との戦いに手出しさせなかった」

魔法使い「私はそう思うけど……違うかな?」

剣士「アイツが……俺を?」

剣士「俺に生きていてほしい?」

剣士「そんな、バカな……」

剣士「いや……待てよ」

狩人「リーダー?」

剣士「そうか……アイツも俺と同じだったんだ」

剣士「俺はアイツとお前らを生かすように頼んだ」

剣士「でも、アイツは俺も助けた」

剣士「だったら、俺は……」

剣士「俺達は生きないといけないな」

剣士「さぁ、行こうぜ」

剣士「魔王を倒したことを報告しなくちゃ」

剣士「『魔王と勇者はいなくなった。新たなる時代の到来だ』ってな」

狩人「何だい? それは」

剣士「俺が読んだおとぎ話の最後さ」

剣士「普通に報告するよりはカッコいいだろ?」

狩人「全く……君って人は」

狩人「さっきまでのが信じられないよ」

魔法使い「まぁ、それがリーダーの良いところだし」

剣士「さぁ、帰るぞ!」

狩人「ああ」魔法使い「うん」

おしまい

キンッキンッカンッ

「ん?なんだ」

「どうしたんだ? 何かあったのか」

「何か埋まってんだよ、ほら」

カンッカンッカンッ

「おお、本当だ」

「掘り起こしてみようぜ」

「いいのもかもしれないぜ」

「いいけど……」

「何だよ? いいもんって」

サクッサクッ

「そりゃあ……金とが銀とか」

「ダイヤでもいいな」

「バカ、そんなもん狙っても意味ねぇよ」

「量もたかが知れてるし、精錬しなきゃクソ程の値もつかねぇ」

「もっと他のモンを狙え」

サクッサクッ

「他のモノって何だよ?」

「金や銀以外になにかあるってのか」

サクッサクッ

「そりゃあ、今話題のマ……ん?」

「お、引き当てたみたいだな」

「それじゃあ、って……なんだよこれ」

「いや、俺に聞かれても……」

「とりあえず、監督を呼んでくる」

「お前はここでコイツを見張ってろ」

勇者の像「…」


コメントの数(2)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:gdGbPqVW0編集削除
あきた
2 . 名無しさん  ID:rV8HA2tV0編集削除
よくできてる

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ