カテゴリー:

おもしろテキスト

少女ブルマ「こ、こんにゃろ!!」

パンパンッ

ピチピチ

少年悟空「?なんか当たったかぁ?今?」

少年悟空「(あぁ、あれブルマか〜若くてわかんなかったぞ)」

少女ブルマ「な、なにこの子!?」

少年悟空「(ここでもしオラがブルマ殺してたら未来はどうなってたのかなぁ〜気になるぞぉ〜)」

グッ



少女ブルマ「え?なに構えてんのよ」

少年悟空「波ーーーー!!!」

少女ブルマ「!!!」

カッ

カカロット「強くてニューゲーム」【前編】【後編】

少年悟空「塵一つ残らなかったぞぉ」

グウウ・・・

少年悟空「腹減ったなぁ・・・そうだ、亀仙人のじっちゃんのとこに行こう!」

少年悟空「え〜とじっちゃんの気は・・・・と・・・・・あった!」

シュン

カメハウス

シュン
少年悟空「よ!じっちゃん!」

亀仙人「おわっ!?だ、誰じゃおぬし!?」

少年悟空「わりぃわりぃ、まさかオナニー中だとは思わなくてよぉ」

亀仙人「このワシに気配を感じさせず近づくとは・・・只者ではないな・・・」

少年悟空「へっへ〜、まぁこれもじっちゃんのお陰だけどな!」

亀仙人「成る程・・・、孫悟飯は死んでしまったのか・・・」

少年悟空「ああ、オラがキンタマクラしようとしたら潰しちまってな!」

亀仙人「惜しいのぉ・・・あれ程の達人が死んでしまうとは・・・」

少年悟空「じっちゃん、飯くれ!腹減った!」

少年悟空「ガツガツムシャムシャ」

亀仙人「え、偉い食欲じゃのお・・・」

少年悟空「ああ!オラサイヤ人だからな!!」

亀仙人「サイヤ人?」

少年悟空「ああ!!オラ、惑星ベジータって所から来た異星人なんだ!!」

亀仙人「そ、そうだったのか・・・宇宙は広いのぉ」

少年悟空「オラ本来は地球人全員を抹殺する為に送られたみてぇなんだよ!」

亀仙人「へ、へぇー・・・・」

亀仙人「・・という事はお主、まさかこれから地球人類を・・・?」

少年悟空「ん?・・あっはっはっは!!!」

亀仙人「やれやれ・・・脅かしおって」

少年悟空「それも面白いかもしんねぇな!!波!!」

ボッ

亀仙人「!!!!」

チュドオオーーン

海亀「ろ、老師様!!」

少年悟空「爺ちゃんも弱っちぃなぁ〜、オラがっかりだぞぉ」

少年悟空「そういや、この時代にはまだピッコロがいないんだっけ・・・ヤムチャ達は何してんのかな!会いにいってみっか!!」

少年悟空「え〜とヤムチャの気・・ヤムチャの気・・・小さすぎてどれだかわかんねぇぞぉ・・・」

少年悟空「お!この微妙に大きい気がそうかな!?」

シュンッ

ヤムチャの棲家

ヤムチャ「・・ふう、今日もお宝いっぱい奪ってやったぜ」

プーアル「ヤムチャ様!さすがです!」

ヤムチャ「むふふ、この金さえあれば街に出て嫁さん探しもできるってモンだ・・・」

シュン

少年悟空「よぉヤムチャ!」

ヤムチャ「!!??な、なんだお前は!!誰だ!」

少年悟空「うっひゃ〜若ぇ〜・・・」

プーアル「やい!お前は何者だ!」

少年悟空「うるせぇぞ〜外野は黙っててくれ」

バキッ

ヤムチャ「プーアルっ!」

ドサッ

ヤムチャ「て、てめぇよくもプーアルを!!」

少年悟空「戦力差を考えないで向かってくるとこなんか相変わらずだなおめぇは」

ヤムチャ「こ、この野郎!狼牙風々拳を受けてみろ!!!はあああ!!!」

少年悟空「!」

ヤムチャ「だああああああああ!!!」

ピチピチピチピチッ

ヤムチャ「はいやあっ!!」

グボギッ

ヤムチャ「ぐああああ!!!足が折れたぁあぁぁぁ!!!!」

少年悟空「なにやってんだ、おめぇ」

ヤムチャ「は、早く病院にいぃぃ!!」

少年悟空「やれやれ、やっぱりヤムチャはヤムチャか」

ヤムチャ「だ、誰か助けてくれぇぇぇ・・!」

少年悟空「今楽にしてやっぞぉ」

ボギッ

ヤムチャ「・・・・」

少年悟空「さーて、次は天津飯にでも会いにいってみっかぁ!」

ツルハウス

鶴仙人「ふう・・いい天気じゃ・・・」

桃白白「兄者、天津飯達は?」

鶴仙人「二人で修行しておる。次の天下一武道大会に向けてのな・・・」

天津飯の声「わ!なんだ貴様!!ちゃ、餃子ーーー!!」

鶴仙人「なんだ?」

桃白白「なにかあったようですな」

少年悟空「やれやれ、背中軽く叩いただけだってのによぉ」

天津飯「き、貴様!よくも餃子を!!」

少年悟空「落ち着けよ天津飯、今にそんな感情慣れっからよぉ」

天津飯「ど・・どどん波!!」

ピッ

少年悟空「!」

ドオオンッ

天津飯「餃子、仇は討ったぞ・・・!」

少年悟空「やれやれ、いきなり攻撃とかひどすぎっぞぉ天津飯」パンパン

天津飯「な・・・無傷・・・だと・・」

鶴仙人「なにを騒いでおる天津飯」

天津飯「! 師匠!こやつが餃子を!」

鶴仙人「なに・・・?」

桃白白「この薄汚いガキが餃子を・・・?」

少年悟空「うっひゃー、懐かしい顔だな〜」

天津飯「師匠!桃白白様!こやつは只者ではありません!離れてください!!」

鶴仙人「天津飯!・・まさか!!」

桃白白「気功砲を使う気か!?」

天津飯「・・・はい」

少年悟空「おお?なんだか盛り上がってんなぁ!オラワクワクしてきたぞぉ!」

天津飯「はああぁぁぁぁ・・・・!!!(餃子・・見ていてくれ・・!この俺の気功砲で奴を・・・倒す!!)」

少年悟空「おお!?気が集まってきてんな!」

天津飯「ああぁぁぁぁ・・・!小僧・・・覚悟はいいな・・・これが俺の奥義・・・」

少年悟空「強大な威力を誇るけど使用者の寿命を縮めちまうっつう気功砲だろ?」

天津飯「え?」

少年悟空「オラもできっぞぉ?ん〜・・・・・はっ!!」

ボッ

ズゴゴゴゴゴゴ・・・・!!

少年悟空「ありゃぁ・・みんな消し飛んじまった・・・この技加減が難しっぞぉ・・・」

少年悟空「ブルマもヤムチャも天津飯も殺しちまったなぁ・・・やる事なくなっちまった・・・・」

少年悟空「ん?待てよ?そうだ!まだやる事あったぞぉ!」

ピラフ城

マイ「ピラフ様、ようやくドラゴンボールが揃いましたね!」

ピラフ「う、うむ・・ようやくだ・・・この世が私の物になるのだ!あははは!」

ソバ「さぁピラフ様!神龍を呼びましょう!」

ピラフ「う、うむ!よぉし、出でよドラゴン、そして願いを叶えたまえ!」

カッ

神龍「ドラゴンボールを揃えし者よ・・・願い事を一つだけいうがいい・・・どんな願いでも叶えてやろう・・・」

ピラフ「こ・・これが神龍・・・で、では言うぞ!!この世界を私の・・」

少年悟空「オラを不死の身体にしてくれーーー!!!!」

ピラフ「え?」

神龍「わかった、お前の願い、叶えよう・・・・」

少年悟空「サンキュー!これで心臓病で死ぬ事もねぇぞぉ」

ピラフ「こ、コラ貴様!!なにをしてくれたんだ!!!」

少年悟空「うるせぇぞ、死ね」

ボッ

ピラフ・マイ・ソバ「ひっ」

ドゴオオーーーン

少年悟空「さてさて〜、これでやる事が本当になくなっちまったなぁ・・・」

少年悟空「兄ちゃんが地球に来るまで結構あるしなぁ・・・・」

少年悟空「そうだ!レッドリボン軍をじわじわ潰しながら暇を潰すっか!」

そして悟空は数年かけてレッドリボン軍と復活したピッコロ大魔王をじわじわとなぶり続けた

そして十数年後

悟空「お?気が近づいてくんな!やっと兄ちゃんが来たかぁ・・・オラ待ちくたびれたぞぉ」

ラディッツ「やはりこの星の人間は生きていたか・・・カカロットめ・・・」

悟空「おっす!兄ちゃん!」

ラディッツ「・・そ、その尻尾・・・貴様がカカロットか!!」

悟空「おっす!えーとラディッシュ兄ちゃんだっけ」

ラディッツ「ラディッツだ!・・まぁ、小さい頃別れたから覚えて・・ってそんな話しをしている場合ではない!」

悟空「わかってっぞ、オラを仲間に引き入れに来たんだろ?」

ラディッツ「な、なに?何故それを・・・」

悟空「オラこの星も退屈してたんだ。喜んでついていくぞ」

>>89 >>90
小さい事気にすんな

ラディッツ「物分りが良すぎて気味が悪いな・・・」

悟空「ちょっと待っててくれ。ゴミ掃除してから行くからよ!」

シュン

ラディッツ「消え・・・ゴミ掃除だと?」

シュン

ピッコロ大魔王「ひいっ!」

悟空「よおピッコロ!そろそろおめぇにお別れの挨拶に来たんだ」

ピッコロ大魔王「お・・・お別れ?」

悟空「ああ、オラ今日からこの星を立つんだ。だから・・・」

ピッコロ大魔王「そ・・・そうでしたか・・!それはそれは・・・」

悟空「おめぇ残しとくと地球の皆安心して暮らせねぇからよ。死ね」

ビッ

ピッコロ大魔王「え?」

ドッゴオオオオン

ラディッツ「カカロットの奴め・・一瞬でスカウターの範囲外に移動するとは・・・どこまで行ったのだ・・・」

シュン
悟空「お待たせ、兄ちゃん!」

ラディッツ「!来たか・・・準備は出来たのか?」

悟空「ああ!もうなんもやり残した事はねえぞ!」

ラディッツ「よし・・・ではお前の乗ってきた宇宙船のある場所へ案内しろ。修理キットを持ってきてある」

ラディッツ「・・・よし、これで準備はオーケーだ・・・仲間と合流する前に一度惑星フリーザへと向かう」

悟空「惑星フリーザかぁ・・名前では聞いてたけどオラ楽しみだぞぉ」

ラディッツ「カカロット、くれぐれもフリーザ様に無礼な言動を働くなよ」

悟空「わかってっぞぉ、フリーザの事はよくわかってからよぉ!」

ラディッツ「バカ者!フリーザ様、だ!」

悟空「わかったわかったって」

ラディッツ「では行くぞ。発射!!」

悟空「うっひょー、すっげぇ〜!こんな丸っこいのが飛ぶんだからな〜!」

大気圏

ラディッツ「惑星フリーザには暫くかかる。俺は寝てるからな、起こすなよ」

悟空「わかったぞぉ」

ゴオオオオオ・・・・・・・・

カカロット「(バイバイ地球・・・)」

惑星フリーザ到着

ラディッツ「カカロット、俺について来い」

カカロット「わかったぞぉ・・・地球と違って薄暗い星なんだなぁ・・・」

ラディッツ「無駄口を叩くな・・・早く来い・・・」

ラディッツ「仲間が戻ってくるまで俺達はトレーニングルームで待機だ」

カカロット「へぇ〜・・・どんな星にもこんなのあるんだなぁ〜」

ラディッツ「どれ・・・ベジータ達が戻ってくる前にお前の力を見てやろうか・・・」

カカロット「え?いや〜止めた方がいいと思うぞぉ・・・兄ちゃん死んじまうよ」

ラディッツ「フン、地球では最強だったようだがな・・・。地球の生物の戦闘力などゴミ以下だ。そんな星で育ったお前が俺より強いわけがない!」

カカロット「ええ〜?」

ラディッツ「来ないならこちらから行くぞ!」

キュイ「よおよお、なんか面白い事やってんなあ!」

ラディッツ「む?・・ち、キュイ・・・」

カカロット「ん?おめぇ誰だ?」

キュイ「ラディッツ、そいつがお前が言ってた弟か?」

ラディッツ「・・ああ・・・」

カカロット「オラ、カカロットってんだ!よろしくな!!」

キュイ「フン、俺はキュイだ・・・。それにしてもラディッツ、お前の戦闘力より低い奴など連れてきてなんの役に立つんだ?」

カカロット「ム・・・」

キュイ「そんなゴミより栽培マンの方が役に立つだろ?お前と同じ戦闘力なんだからよ!」

ラディッツ「く・・・!」

カカロット「おいおめぇ!兄ちゃんをバカにすんなよ!」

キュイ「あ?なんだお前、俺に向かってその態度はなんだ?」

ラディッツ「よ、よせカカロット!」

キュイ「俺はてめぇの兄貴より戦闘力が上なんだぜ?俺に逆らったら死ぬって事だ!」

カカロット「そのスカウターっちゅうのでオラの戦闘力見てみろよ」

キュイ「あ?それなら最初に見たっつーの!戦闘力580!!サイバイマンにも勝てないゴミサイヤ人って事がな!」

カカロット「・・・」

キュイ「サイヤ人なんぞ、この程度だよな。フリーザ様はなんでこんな奴r

カカロット「フンッ」

ボギョッ

ラディッツ「!」

ドサッ・・・

キュイ「・・・」

カカロット「ったく・・、大した強くもねぇくせに大口叩いてんじゃねぇぞぉ・・・」

ラディッツ「キュイ・・・死んでる・・。カカロット、お前・・・?」

カカロット「どうだ?オラ強いだろ?」

ラディッツ「(キュイを倒すのに放った一撃・・・早すぎてスカウターでも拾いきれなかった・・!)」

カカロット「どうする兄ちゃん?それでもやる?」

ラディッツ「い・・・いや、いい・・・・」

カカロット「そういや兄ちゃん、オラにもその戦闘服くれよ!」

ラディッツ「え?」

カカロット「いつまでもこんな胴着来てたくないからよ!」

ラディッツ「あ・・ああ」

カカロット「どうだ兄ちゃん?似合ってっか?」

ラディッツ「似合う似合わないで着る物ではないのだぞ」

カカロット「早くベジータ達こねぇかな〜」

ラディッツ「先程、二人から通信が入った。もう少しで到着するようだ」

カカロット「へ〜そっか!」

数時間後

ラディッツ「二人が戻ってきたぞ」

カカロット「お!やっと来たかぁ」

ベジータ「ラディッツ、ご苦労・・貴様がカカロットか」

カカロット「よぉベジータ!」

ナッパ「な!?」

ベジータ「・・・・」

ラディッツ「コラ、カカロット!」

カカロット「おっと、すまねえ・・・つい」

ベジータ「フン・・・、我々は今や数少ないサイヤ人だ。せいぜい仲良くやっていこうじゃないか」

ナッパ「・・俺はナッパだ」

カカロット「おー、ナッパね」

ラディッツ「ハラハラ」

ベジータ「では一度身体を安め次第、目標の星へと四人で攻める。いいな」

ナッパ「おう」

ラディッツ「ああ」

カカロット「おす!」

カカロット「なぁ兄ちゃん」

ラディッツ「・・・なんだ」

カカロット「攻める星ってナメック星か?」

ラディッツ「いや・・・違・・というかなんでお前がナメック星を知ってるのだ?」

カカロット「ん?いや〜・・・・ねぇ?」

ラディッツ「・・・・?フン、とにかく身体を休めるぞ。激しい戦いになるかもしれん」

カカロット「わかった!!ワックワクすんなあ!」

集合時間

ベジータ「・・・揃ったな。では、出撃するぞ」

ナッパ「今日はキュイの野郎を見かけなかったな」

ラディッツ「・・・」

カカロット「キュイならオラがぶっ殺したぞぉ?」

ナッパ「ああ?てめぇがか?はっはっはっは!!」

ベジータ「ふふ・・・ははははは・・・!」

カカロット「な、なんで笑うんだよ。ホントだって」

ラディッツ「よせカカロット・・・」

ベジータ「ラディッツにも劣るお前がキュイを倒しただと?笑わせるな」

カカロト「む・・・ベジータ・・・そりゃ聞き捨てならねぇぞ・・」

ナッパ「下らねぇ嘘つくんじゃねぇよ!」

カカロット「嘘じゃねぇよ!だったら見せてやろうか!?」

ラディッツ「よ、よせ!!カカロット!!」

まぁまぁお前らポーションでも飲んで落ち着けよ

ピピピピピピ・・・

ベジータ「む?こ、この戦闘力は?」

ナッパ「お・・・お!?」

ラディッツ「カカローーット!」

カカロット「兄ちゃん・・・わかった。やめる・・・」

ベジータ「・・・どうやら、少しは役に立つようだな・・・」

ナッパ「(い、今の戦闘力・・・俺を軽く超えてやがった・・・!!う、嘘だろ・・?)」

ベジータ「では行くぞ、到着先はナメッコ星だ!」

カカロット「ナメッコ星かぁ!初耳だぞぉ」

ラディッツ「油断はするなよ、カカロット・・・・」

ナッパ「へっ、優しい兄貴だな・・・」

ベジータ「出撃!!」

ドギューーーンッ

ナメッコ星

ベジータ「ふむ・・・中々いい星だな・・・」

ナッパ「生命反応も大量にありやがる・・・へへへ・・・楽しみだぜ」

カカロット「この星の人間を虐殺すんのか?」

ラディッツ「ああ、それが俺達の仕事だ」

カカロット「そっかぁ・・・オラワクワクすんぞ!!」

ベジータ「俺は北、ナッパは南、ラディッツは西、カカロットは東を攻めろ」

ナッパ「わかったぜ」

ラディッツ「了解だ」

カカロット「わかったぞ」

ベジータ「なるべく星に損害は与えるなよ!値段が落ちるからな!!では散れ!!!」

シュババババッ

カカロット「さ〜てさて、お?さっそく村が見えたぞぉ」

ナメッコ村

シュタッ

カカロット「ひゃ〜・・・なんかみんなヌメヌメしてんなぁ・・」

ナメッコ星人「なんだあれは?」

カカロット「よぉ、オラカカロットってんだ!よろしくな!!」

ナメッコ「ああ、ナメッコ村へようこそ・・・で、何か用かな?」

カカロット「ああ、実はよ!おめぇら全員死んでもらいてぇんだ」

ナメッコ「え?」

ナメッコ「死・・・死ぬ?」

カカロット「ああ、まぁ大丈夫だ。オラにかかれば一瞬だからよ!何も怖がる事ねぇって!!」

ナメッコ「ちょ・・・おい!みんな来てくれ!!」

ゾロゾロゾロゾロ

ナメッコ「お?なんだコイツは?」

ナメッコ「俺達を殺すだって?」

カカロット「うっひゃ〜ゾロゾロ出てきたなぁ・・・」

ナメッコ長老「貴方がどこの星から来たのか知りませんが、我々は立派な戦闘種族です」

カカロット「は〜・・・こんなヌメヌメした身体で攻撃当てれるのかよ?」

ナメッコ長老「この数を見れば貴方の方が圧倒的不利なのはわかるでしょう?我々も無駄な争いはしたくありません・・・ですので

カカロット「ゴチャゴチャうるせぇぞぉ・・死ねよ」

ピッ

ドゴオンッ

ナメッコ「ちょ、長老ゥゥゥーー!!!」

ナメッコ「き、貴様ー!!」

ナメッコ「ナメッコの怒りを思い知れー!」

ズギャオッ シャオシャオシャオ・・・・

カカロット「おお!?おめぇら、それ・・・」

ナメッコ「普段穏やかな我々ナメッコ星人だが・・一たび怒れば黄金の気を纏う戦士となる!!!」

ナメッコ「覚悟はいいか!」

カカロット「スーパーナメッコ星人って奴かぁ!!ならオラも応えねぇとなぁ!!!はあああぁっ!!!」

ズギャオッ

ナメッコ「な、なに!?こ、これは!!?」

ナメッコ「我々と同じ黄金の気・・!?そ、それに何故髪が伸びている!!!」

カカロット「スーパーナメッコ星人の力・・・見せてみろよ」

ナメッコ「くっ・・・!ひ、ひるむな!!我々が総出でかかれば負けるはずはない!!」

ナメッコ「うおおおおーー!!!」

カカロット「か・・め・・・は・・・め・・・!!波ーーーー!!!!!!」

ズッギョブルオオオオオオオオオオオ!!!!

ナメッコ「うあああああああああああああああ!!!」

ズグバッショオオオアアアアア!!

パラパラ・・・

カカロット「・・・ふう、スーパーナメッコ星人には驚いたけどよ。・・・まぁ、こんな程度だろうな」

カカロット「もうこっち側にナメッコ星人の気は感じねぇな・・・」

カカロット「・・ん!?これは・・・兄ちゃんの気!?し、死にそうなんじゃねえのか!?」

シュンッ

ラディッツ「ぐは・・・!」

ドサッ

ナメッコ「ひっひっひ、この程度かよ。サイヤ人様?」

ナメッコ「強そうな態度とってたワリにはあっけないねぇ・・・」

ラディッツ「ぐ・・・ぐふ・・・予想外だ・・・・」

シュン
カカロット「兄ちゃん!!!」

ナメック「ん?なんだ貴様?」

ナメッコ「お前も仲間か」

カカロット「おめぇらよくも兄ちゃんを!!!許せねええええぇぇ!!」

ズギャオッ

ラディッツ「カ・・・カカロット・・!?」

ナメッコ「こ、こいつ!黄金の輝きを・・!」

ナメッコ「我々と同じタイプの種族なのか!?」

カカロット「おめぇら・・・下等生物の分際でよくも兄ちゃんをいじめてくれたな・・・」

ナメッコ「いい気になるなよ!黄金の輝きは貴様だけではないのだ!!!」

ドギャオッ

ラディッツ「な・・・こいつらも!?」

カカロット「波ーーーーーーーーーーーーー!!!!」

ナメッコ「ごあっ!!!!」

ズ・・ズズズズズウッズゥーーーン!!

パラパラパラ・・・

カカロット「兄ちゃん、大丈夫か!?」

ラディッツ「あ・・・ああ・・・」

カカロット「この豆食ってくれ!傷が治るから!!」

ラディッツ「なに・・・?」モグ

ラディッツ「!?こ、これは・・!?」

カカロット「地球を出る前に持ってきた仙豆ってんだ」

ラディッツ「なるほど・・こいつはいいもんだ・・・」

ラディッツ「しかし、俺と反対方向にいたお前がよく追いついたものだな」

カカロット「瞬間移動ってんだ!後で兄ちゃんにも教えてやるよ!!」

ラディッツ「瞬間移動・・・だと?」

ピピピピピ・・・

カカロット「ん!?兄ちゃんのスカウターが鳴ってんじゃねえか!?」

ラディッツ「ああ・・ナッパからだ」

ナッパの声「おい!誰か応答してくれ!!こいつら・・・ヤバすぎる!」

ラディッツ「ナッパもピンチのようだな・・・」

カカロットよぉし、助けにいっかぁ!兄ちゃん、オラの肩につかまってくれ!」

ラディッツ「え?なに

シュン

ナメッコ「逃げんじゃねぇハゲーー!!!」

ナッパ「ちっ!!」

ナメッコ「見つけたぞ!!」

ナッパ「ち・・・畜生が!このナッパ様がこんな奴らに・・・!!」

シュンッ

カカロット「よぉナッパ!」

ラディッツ「え?・・なに?」

ナッパ「カカロット!?」

ナメッコ「なんだ貴様?お前も仲間か!!!」

ナメッコ「死にたいようだなぁ!ならお望みに

カカロット「波ーーーーーーァッ!!!!!」

ズギャボルルオオオオオオオ

ナッパ「い・・・・一撃で・・・」

ラディッツ「だ、大丈夫かナッパ!?」

ナッパ「ち・・!まさか新入りに助けられるとはよ・・・!!」

カカロット「ほれナッパ、これ食え」

ナッパ「なんだこりゃ?豆か?」

カカロット「ああ、仙(略」

ナッパ「はぁーー・・・なるほど、こいつぁいいモンだ・・・」

ラディッツ「・・・ベジータは大丈夫だろうか?」

カカロット「あ!そうだ!!ベジータの気・・・ベジータの気・・・!」

カカロット「あ!やっべぇぞ!!!ベジータ死にかけてる!!!」

ラディッツ「なに!?あのベジータが!?」

ナッパ「マ、マジかよ・・!」

カカロット「急いで助けにいかねぇと!!二人ともつかまれ!」

ラディッツ「あ、ああ」

ナッパ「え?なに

シュンッ

シュンッ

カカロット「ベジータ!!!」

ベジータ「弾けて・・・まざれっ!!」

カッ

ナメッコ「なんだ?なにをしやがった!?」

ナメッコ「あれは・・・月か!?」

カカロット「!」

ラディッツ「!」

ナッパ「!」

ベジータ「うおおおおおおおお・・・!!!!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・

大猿「ギャオオオーーーーウッ!!!」

ナメッコ「なな、なんだこりゃぁ!??」

ナメッコ「ば、化物だぁぁぁ!!!」

大猿「うごごごああああああ!!!」

ナメッコ「落ち着け!!黄金の輝きを纏うんだ!!」

ズギャオッ

大猿「クンッ」

ズアオオオオオオウッ
ナメッコ「ぎゃああーーー!!!」

大猿「グオオオオオーーーー!!」

ズシーンッ ズシーンッ
ナメッコ「気をつけろー!!踏み潰されうぼあっ」ブヂュッ

ナメック「お・・・恐ろしい・・・!なんなのだコイツ達は・・・!!!」

大猿「ガーーーー・・・ベーー・・・・ハーーーベーーーー・・・!!!」

ナメッコ「気をつけろ!!何か来るぞ!!!」

大猿「バーーーーーーーーゥッ!!!!」

ズッギョルロオオオオオオオ!!!

ナメッコ「!!!」

大猿「!!!」

大猿「!!!」

大猿「!!!」

カッ 

ズッゴオオオオオオオウッ!!

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・

大猿「グウウゥ・・・・・グオオオオオオオーーーーッ!!!!」

大猿「・・・」

大猿「・・・」

大猿「・・・」

半日後

カカロット「・・・・ん・・・・?ふああ・・・」

カカロット「・・あれ、オラなんで寝てるんだ?確かベジー・・・・」

カカロット「!!!そうだ!ベジータだ!!ベジータが危ねえんだ!!」

カカロット「・・あれ?兄ちゃん・・・・?ナッパ・・・?どこだ!?」

カカロット「・・・嘘だろ、気が感じねぇ・・・兄ちゃん!ベジータ!ナッパ!!」

ラディッツの声「う・・・・」

カカロット「!!兄ちゃん!!どこだ!!!」

ラディッツ「カカ・・ロット・・・・」

カカロット「アリンコ程の気・・・!あそこだ!」

カカロット「兄ちゃん!!一体どうなったんだ!!」

ラディッツ「わか・・・ら・・・ん」

カカロット「ベジータとナッパは!?」

ラディッツ「あそこに・・・・倒れている・・・・」

カカロット「!」

ナッパ「・・・」

カカロット「ナッパ!!目を開けろ!ナッパ!!」

ナッパ「・・・」

カカロット「ナッパーーーー!!!」

ベジータ「・・・」

カカロット「おい!しっかりしろ!ベジータ!!ベジータ!!!!」

ベジータ「・・・」

カカロット「ベジーターーーー!!!!」

ラディッツ「カカロット・・・・」

カカロット「! 兄ちゃん!!」

ラディッツ「仙豆は・・・・あるか・・・?」

カカロット「・・・ああ!最後の一個だ!」

ラディッツ「・・・」モグモグ

ラディッツ「はぁーー、こいつはいいもんだ・・・」

カカロット「兄ちゃん、良かった・・・間に合って・・・」

カカロット「許さねぇ・・・許さねぇ!!ナメッコ星人!!!」

ラディッツ「・・・カカロット・・・」

カカロット「・・・!そ、そうだ!」

ラディッツ「!?」

カカロット「地球に、ドラゴンボールってのがあんだよ!!」

ラディッツ「ドラゴンボールだと?」

カカロット「ああ!!それがあれば二人を生き返らせれる!!!」

ラディッツ「なんだと・・!」

カカロット「そうと決まれば!急いで地球に戻ろう!!」

ラディッツ「わかった・・・それに賭けるしかあるまい・・・」

フリーザの宇宙船

フリーザ「ほう・・・実に興味深い事を聞きました・・・ドラゴンボール・・ですか・・・ほっほっほ・・・!!」

宇宙空間

カカロット「くそう・・・亀仙人のじっちゃんを殺すんじゃなかった・・・生きてたら瞬間移動使えたのに・・!」

ラディッツ「落ち着け、カカロット。今はこれしか移動手段はないのだからな」

ゴゴゴゴゴゴゴ・・・

カカロット「!あれは・・・!」

ラディッツ「フ、フリーザ様の宇宙船だ!!地球に向かっているぞ!」

カカロット「あんにゃろ〜!さてはドラゴンボール横取りする気だな〜!?」

>>527
500000

ラディッツ「どうあがこうとも、あっちの宇宙船の方が早い・・・先を越されたな・・・」

ラディッツ「・・・・」

ラディッツ「・・?カカロット?おい、聞こえているのか?」

フリーザの宇宙船

フリーザ「いきなり現れたと思ったら誰ですか、貴方は」

カカロット「オラはカカロットだ!!フリーザ!おめぇにドラゴンボールは集めさせねぇ!!!」

ザーボン「おい貴様!!」

ドドリア「フリーザ様になんて口を利きやがる!!」

カカロット「うるせぇぞ!ザコはすっこんでろ!!!」

バギョッ ドゴッ

ザーボン・ドドリア「・・・・!!!!!」

ドサッ

フリーザ「・・・ほう」

フリーザ「貴方、中々やりますね」

カカロット「無駄口叩いてんじゃねぇぞ」

ドゴウッ

フリーザ「おごおうっ!!」

カカロット「おめぇは自分に自信がありすぎるんだ!!」

ズゴオゥッ

フリーザ「!!!」

カカロット「だから隙だらけなんだよ!!波ーーーーーーー!!!!!!!!」

フリーザ「・・・・!!!!!」

カッ

ズッグオオオオオンッ

ラディッツ「な!?なんだ!フリーザの宇宙船が爆発してる!!」

ゴゴゴゴゴ・・・

カカロット「やっべぇ〜・・・怒りのあまり船ぶっ壊しちまったぞぉ・・・このままじゃ宇宙に放り投げ出されちまうなぁ」

カカロット「どうするどうするどうす・・・!そ、そうだ!!クリリンはまだ生きてるハズだ!クリリンの気を探れば・・・!」

カカロット「懐かしい気・・!!懐かしい気・・!!!んんんんん・・・!!!!」

カカロット「見つけた!!」

シュンッ

ドッグオオオオオオーーーーンッ

ラディッツ「カカロットォーーーー!!!!」

シュンッ

チチ「わあ!お、おめぇ誰だ!!」

カカロット「え・・チ、チチ!」

チチ「なんだおめぇ!変な格好して!!変態か!」

カカロット「い、いや違ぇよ」

チチ「オラはこう見えても武術習ってんだぞ!!そりゃー!!」

カカロット「ちょ・・」

ペチン

ボギッ
チチ「ああああ!!足がああ!!」

カカロット「だから待てっていったのによぉ・・・」

チチ「いたたたたたたた!!!!」

カカロット「こ、困ったなぁ・・・オラもう仙豆持ってねぇよ・・・」

カカロット「そうだ!カリン塔に行けばまだ残ってるかも!!行ってみっか!!!」

ドギャッ

カリン塔

カカロット「おーい、誰かいるか〜?」

ヤジロベー「・・あ?なんだお前?」

カカロット「おお!ヤジロベーじゃねぇか!」

ヤジロベー「!?お、おりゃお前みたいな奴知らねぇぞ!」

カカロット「なぁ、仙豆あるか?」

ヤジロベー「・・!そうか、おめぇ仙豆狙って来た強盗だな!?」

カカロット「あんのか?ないのか?」

ヤジロベー「あるに決まってんだろ!なかったらこんな必死になるかボケ!」

カカロット「そっか、じゃ貰うな」

ピッ

ヤジロベー「え?」

ドゴオンッ!! パラパラ・・・

カカロット「さーてと・・おお、確かにいっぱいあんなぁ・・・全部もらっとこ」

チチ「いだだだだだ誰かー!」

シュン

カカロット「悪ぃ、待たせたな。ほれ、これ食え」

チチ「な・・なにをもご・・・」モグモグ

カカロット「どうだ?」

チチ「はぁーー、こいつはいいもんだべ・・・」

カカロット「よかった、じゃあオラはここで」

シュン

チチ「待って・・・消えた・・・・」

シュンッ

カカロット「よぉ、クリリン!!」

クリリン「おわ!?だ、誰だお前!!」

ランチ「あなた、どうかしたの?」

カカロット「ランチ!おめぇもいたのか!!え・・それもしかして子供かぁ!?」

クリリン「ちょっと!近づくなよ!怪しい奴め!!」

カカロット「おめぇにそう言われっとショックだなぁ・・・・」

ランチ「随分変わったファッションですねぇ・・・」

カカロット「まぁそんな事どうでもいいや、おめぇドラゴンボール知らねぇか?」

クリリン「ドラゴンボール?なんだそれ?」

カカロット「なんだ・・知らねぇのか・・・やっぱブルマ消しちゃったのはまずかったかなぁ・・・・」

ランチ「なにかお探しなんですか?」

カカロット「ああ・・ちょっとな・・・」

赤ちゃん「ぶー」

ランチ「はいはい、クリンチちゃん、よしよし」

カカロット「クリンチっつーんか、いい名前だなぁ」

カカロット「・・・困ったなぁ・・・どうしたら・・・あ!やっべーーーー!!!!」

クリリン「!?」

ランチ「!?」

クリンチ「!?」

カカロット「ピッコロ殺したら神様も死んじゃうんじゃねぇかー!!!なんてこったーー!!!」

クリリン「と、突然叫ぶなよ」

カカロット「あー・・くそ!こうなったらナメック星に行くしかねぇ!!・・兄ちゃん、まだつかないのかよ・・・!」

カカロット「焦ったって仕方ねぇか・・・とりあえず兄ちゃんが来るまで時間を潰してよう・・・」

シュン

クリリン「消えた!」

ランチ「随分変わった人です・・・ね・・・ふぁ・・・ふぁ・・・ファ・・・」

クリリン「!!」

界王星

シュンッ
カカロット「界王様!」

界王様「!き、貴様はサイヤ人!!」

カカロット「オラだよ、悟空だよ!」

界王様「なな、何しに来た!わ、わしまで殺す気か!?」

カカロット「ち、違ぇよ!ナメック星の方角を教えてほしいんだよ!」

界王様「ナメック星じゃと!?貴様、まさかナメックのドラゴンボールを使って悪だくみをする気じゃ・・・!」

カカロット「仲間を生きかえらせる為なんだよ!教えてくれ!!」

界王様「ええい黙れ!お前の悪行をわしが知らぬと思っておるのか!!そんな奴に協力なんかできん!」

カカロット「界王様ぁ、オラ急いでるんだよ。」

界王様「何度言おうと貴様の頼みなど聞か
ガシィッ!!

カカロット「オラ、戦闘民族だから気が短ぇんだよ」

ミシミシミシミシ・・・!!

界王様「〜〜〜〜〜〜ッッ!!」

カカロット「界王様だってこんなとこで死にたくねぇだろ?だからさぁ」

ミキッ・・・メリリッ・・・!

界王様「・・・ッッッッ」

その頃

クリリン「はぁ、ランチのくしゃみ・・・なんとかならないかなぁ・・・」

ランチ「あなた〜見て見て!!」

クリリン「どうした?・・ん?」

クリンチ「ZZZZzz」

クリリン「ははっ・・可愛い寝顔だな・・・」

ランチ「私達そっくりね・・・・あら?」

クリリン「どうした?」

ランチ「空から何か光ったの・・・二つだった」

クリリン「二つ?」

オオオオオオオオォ・・・

クリリン「なんの音だ?飛行機?」

ランチ「いや、あなた!あれよ!」

グゴゴゴゴゴゴゴオオオオオ・・・・!!

クリリン「いっ!?隕石!?こ、こっちに向かってくる!!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!1

ランチ「あなた!!!早く逃げましょう!!!」

クリリン「に、逃げるったって向こうのスピードがはy

ドゴゴゴゴゴゴオオオオーーーーン!!!

ラディッツ「・・・ようやくついたか・・・カカロットはどこだ・・・?」

ランチ「・・あ・・・あぅ・・・」

ラディッツ「ん?・・・墜落に巻き込まれた一般人か・・・脆い人種だな」

クリリン「・・・」

クリンチ「・・・」

ランチ「あな・・・た・・・・クリ・・・チ・・・」

ラディッツ「・・フン」

グシャッ

ランチ「・・・」

ラディッツ「さて・・・カカロット、どこにいる・・?」

ドサッ

界王様「はぁ・・・はぁ・・・」

カカロット「最初っから素直になりゃいいのに・・・」

界王様「あ・・・あっちだ・・・」

カカロット「ありがとよ界王様。・・!兄ちゃんの気だ・・!地球についたんだな!よぉし」

シュンッ

界王様「・・・悪魔だ」

シュンッ

カカロット「兄ちゃん!」

ラディッツ「おお、カカロット」

カカロット「来たばっかだけどナメック星に向かおう!ドラゴンボールはそこにある!」

ラディッツ「待てカカロットよ、ナメック星はかなり遠い。一度ポッドを休ませてから

シュンッ

ナメック星

カカロット「はい、到着」

ラディッツ「な・・な?」

カカロット「このナメック星にはよ、村村に一個ずつドラゴンボールがあるんだ。だからそんなに時間もかからずに探せると思う」

ラディッツ「そうか・・」

カカロットもし、強いナメック星人がいたらオラに知らせてくれ、兄ちゃんじゃ手に負えないかもしれないから」

ラディッツ「フン、余計なお世話だ」

10分後

ラディッツ「・・・さて、後一個か」

カカロット「もう村は全部滅ぼしたし・・・他に気を感じる場所ったら・・・・あそこだな」

ラディッツ「あの崖の上にある家か・・・」

カカロット「オラが先に行って見に行ってくるよ」

シュン

ラディッツ「・・・頼もしい弟よ」

シュンッ

ネイル「!」

カカロット「おっす!」

最長老「その服装・・・サイヤ人ですか・・・」

カカロット「よかった、まだ寿命はあるみてぇだな。いきなりだけどそのドラゴンボールくれ」

ネイル「貴様、最長老様に触れ

カカロット「うるせぇぞ」

ドゴッ ベキッ

ネイル「・・!」

ドサッ

最長老「・・おお・・・!!」

カカロット「オラもあんまタラタラやってる場合じゃねぇんだ」

カカロット「さて、最長老さんよ!これでドラゴンボールが全部揃ったんだ!早速ポルンガを呼んでくれ!」

ラディッツ「ポルンガ・・・?」

最長老「こ・・・断る!悪しき人間の頼みなど・・・!ナメックの誇りが許さん!!」

カカロット「そんな事言わねぇでなんとか頼むぞぉ・・・」

ラディッツ「おい、貴様!さっさと言う事を聞け!!死ぬ事になるぞ!!」

最長老「・・・」

カカロット「最長老さん、ポルンガの願いを叶えればオラの仲間も生き返るし、今日死んだナメック星人も生き返ぇるんだぞ?」

カカロット「オラ達は願いだけ叶えればいいんだから、叶えたらすぐこの星から離れっからよぉ」

最長老「・・・・」

ラディッツ「おい!なんとか言ったらどうだ!」

最長老「・・・」

カカロット「オラ達も急いでたからよぉ、つい実力行使に出ちまったんだよ」

最長老「・・・わかった・・・だが、約束だけは守ってもらうぞ」

ラディッツ「最初からそう言っていればいいのだ・・・」

カカロット「ありがとよ!じゃあ早速頼むぞ!!」

最長老「・・ゴホン、タッカラプト ポッポルンガ プピリット パロ・・・」

シュオオオオーーー

ポルンガ「ドラゴンボールを揃えし者よ、願い事を言うがいい」

ラディッツ「こ・・これは・・・」

カカロット「えーと、まず死んだオラ達の仲間のベジータとナッパを生き返らせてくれ!」

ポルンガ「・・・・よし、二人は生き返らせたぞ。最後の願いを言え」

最長老「・・こやつらに殺された我等ナメックの

カカロット「地球で殺したピッコロって奴を生き返らせてくれ!」

最長老「なに!?貴様・・・」

ポルンガ「・・・よし、ピッコロという者は生き返した・・・ではさらばだ・・・」

最長老「ちょ・・!ちょっと待っ・・・」

カカロット「兄ちゃん」

ラディッツ「ああ」

ドウッ

最長老「!!!!」

ドッグオオオオーーン・・・ パラパラ・・・

カカロット「兄ちゃん、スカウターで通信は使えっか?」

ラディッツ「ちょっと待っていろ・・。・・こちらラディッツ、聞こえるか、二人とも?」

ベジータの声「・・ラディッツか?一体なにが起こった?お前はどこにいる?」

ラディッツ「カカロット、二人とも無事だ」

カカロット「良かったぞぉ〜!兄ちゃん、ちょっと通信変わってくれ!」

ナッパの声「おい、ラディッツ!お前達は何処にいんだよ!?」

カカロット「よおベジータ、ナッパ!生き返ぇってよかったなぁ!」

ベジータの声「カカロット・・・!」

カカロット「オラ達地球に向かうからよ!二人とも来てくれ!じゃ!」

ベジータの声「おい待てきさ
プッ

ラディッツ「おい・・・」

カカロット「兄ちゃん、もうベジータにビビる事ねえって!兄ちゃんベジータより強いんだからさ!」

カカロット「じゃ、地球に瞬間移動ずっぞ!」

ラディッツ「あ、ああ・・・しかしまた地球に何をするつもりなのだ?」

カカロット「前地球にいたピッコロっちゅう奴を生き返したんだよ。そいつがいりゃまたドラゴンボールが使えるようになえるんだ!」

ラディッツ「そうだったのか・・。今度は何をするつもりだ?」

カカロット「ん?まぁ、オラの気の向くままにかなぁ?」

シュン

ピッコロ大魔王「・・!?わ、わしは一体・・・」

シュンッ

カカロット「よお!ピッコロ!!」

ピッコロ大魔王「ひいい!!お、お前は!」

ラディッツ「こいつもナメック星人か・・・?」

ピッコロ大魔王「な・・・何か御用でしょうか・・・?」

カカロット「いや、別におめぇを殺しに来たワケじゃねぇんだ。これからおめぇにはずっと生きててもらわなきゃ困っからよぉ」

ピッコロ大魔王「え・・・?」

カカロット「強くてニューゲーム」【前編】【後編】

カカロット「とにかく、悪ぃ事すんじゃねえぞ!!じゃあな!!」

ラディッツ「なに?こいつに用があったんj
シュンッ

ピッコロ大魔王「き、消えた・・・」

占いババの宮殿

シュン

カカロット「よお!占いババ!!」

占いババ「ひい!!き、きおった!!」

カカロット「そんなびびらねぇでくれよぉ」

ラディッツ「コイツはなんなのだ?」

カカロット「この婆ちゃんは占いババっつって死んだ人間を一日だけ生き返らす事が出きんだ!!」

ラディッツ「なんだと・・・そんな事が可能なのか・・・」

カカロット「オラ達が来る事わかてったって事は用件もなにかわかるよな?」

占いババ「あ・・・ああ・・・」

カカロット「じゃあ、早速頼むよ。大丈夫だって、殺したりしねぇからよ!」

占いババ「ああ・・ちょ、ちょっと待っておれ・・・」

ラディッツ「おい、カカロット!ババアが逃げるぞ!」

カカロット「違ぇよ兄ちゃん、あの世から人間を一人連れてくるのに行ったんだよ」

ラディッツ「あの世だと・・・。どうやらこの星は不思議な事で満ち溢れているようだな・・・」

数時間後

占いババ「待たせたの、サイヤ人・・・連れてきたぞい」

少女ブルマ「え?え?アンタ達だれ?」

カカロット「サンキュー、占いババ!ブルマ、久しぶりだな!」

ラディッツ「なんだこの小娘は・・・」

少女ブルマ「誰よアンタ達!あたしにアンタ達みたいな知り合いいないわよ!!」

カカロット「まぁ、落ち着けって・・・実はおめぇに頼みてぇ事があってよ」

少女ブルマ「頼み?」

カカロット「ああ、ドラゴンレーダーを作って欲しいんだ」

少女ブルマ「ちょっと待ってよ!いきなり知らない人間の所に連れてこられてレーダー作れですって?」

ラディッツ「子娘!調子に乗るな!貴様などすぐに殺せるのだぞ!!」

少女ブルマ「ひいい!も・・もうなんなのよぉ」

カカロット「まぁ兄ちゃん、あんま脅かすなって!・・・ブルマ、頼む。ドラゴンレーダーはおめぇにしか作れねぇんだ」

少女ブルマ「ドラゴンレーダー作ったら解放してくれるの?」

カカロット「ああ、モチロンだ!」

少女ブルマ「わかった・・・部品は私の家にしかないから、家に連れていってよ」

カプセルコーポレーション

カカロット「ついたぞブルマ・・・ん?なんでお前ん家ボロボロなんだ?」

少女ブルマ「え?・・・なんで?なんで会社が廃墟みたいに・・・?」

ラディッツ「こんな所に部品が残っているのか?」

少女ブルマ「家出る時はなんともなかったのに!なんで?」

カカロット「なぁ、おめぇ。ここなんでこんなボロボロなんだ?」

住民「え?ああ・・数年前に倒産したんですよ。社長が娘を亡くして意気消沈しちゃって・・・」

少女ブルマ「え?死んだ・・・って誰?あたし生きてるじゃない!!」

カカロット「・・あっちゃぁ〜・・・・」

少女ブルマ「なんで・・・意味わかんない・・・うう・・・グス・・・」

カカロット「まぁ、落ち着けよブルマ!ドラゴンボールがあればおめぇ全てやり直せるじゃねぇか!!」

少女ブルマ「・・・」

カカロット「おめぇがドラゴンレーダー作って、オラ達がボール集めておめぇの願いを叶える・・・オラ達の願いは別に後でもいいしな!」

ラディッツ「おい、カカロット・・・・」

少女ブルマ「・・・・・・わかった・・・・・やってみる」

カカロット「さっすがブルマだ!!さぁ、中に入って部品探そうぜ!!」

数時間後

ブルマ「・・これだけあればなんとか作れるかもしれない・・・けど時間がかかるわ」

カカロット「明日までには出来そうか?」

ブルマ「うん・・・ギリギリ・・・」

カカロット「なら大丈夫だ!!」

ラディッツ「フ・・カカロット、そういう事か・・・」

カカロット「まあな!!」

少女ブルマ「?」

カカロット「じゃ、ブルマ!急いで作ってくれ!!おめぇの願いの為にもよ!!」

少女ブルマ「うん・・・・」

さらに数時間後

少女ブルマ「・・・で、できた!部品の質が良くないからノイズが入るけど・・・」

カカロット「おー!さすがブルマだ!どれどれ・・・なぁ〜んだ、これぐらい気にならねぇよ!!」

少女ブルマ「さぁ、早くボール探してきてよ!!!」

ラディッツ「・・ふっふっふ・・・」

カカロット「ああ、わかった!じゃあ兄ちゃん、行こうぜ!」

ラディッツ「ああ・・・」

少女ブルマ「・・・なんなのあいつら・・・」

占いババ「お〜い、娘・・・」

少女ブルマ「!?あ、あんたはあの時の・・・」

占いババ「迎えに来たぞい」

少女ブルマ「・・・え?」

カカロット「さぁ〜て、一番近い反応は・・・と・・・」

少女ブルマの声「嘘つきぃぃ〜〜〜!!」

ラディッツ「はっはっは!子娘がなにか叫んでいるぞ!」

カカロット「ん〜?よく聞こえなかったぞぉ・・・」

ラディッツ「カカロットよ、ボールを集め、次は何をするんだ?」

カカロット「とりあえず、ボール集めてからだなぁ・・・ベジータ達もまだ地球には着かないだろうし・・・」

ラディッツ「ベジータ達がドラゴンボールの事を知ったら俺達の敵に回りかねんぞ」

カカロット「ん?大丈夫だって兄ちゃん!オラ達はもうあいつらより強ぇんだからよ!」

カカロット「そうだ!どうせ時間あるし、兄ちゃんにスーパーサイヤ人になるコツを教えてやるよ!」

ラディッツ「スーパーサイヤ人??」

カカロット「ああ!あのナメッコ星人がなってたのと似たようなモンだよ!!戦闘力が爆発的に上がるんだ!」

ラディッツ「ほう・・・それは興味深いな・・・!」

カカロット「この上空に神様の神殿ってのがあんだ!そこに修行するに最適な部屋があるらよ!そこでしようぜ!!」

ラディッツ「ああ」

神様の神殿

カカロット「オッス!神様ー!!」

・・・・

ラディッツ「?誰もいないようだな・・・」

カカロット「おっかしいなぁ・・おーい!神様ー!ミスターポポー!!!」

・・・・

カカロット「変なの・・まぁいいや、さ、兄ちゃん!こっちだ!!!」

ラディッツ「ああ、しかし神と名乗るような者がいるとは・・・面白い星だ・・・・」

カカロット「この修行は初めての奴には厳しいかもしんねぇけどよ!オラで出来たんだから兄ちゃんでもできるさ!頑張ろうぜ!!」

ラディッツ「うむ・・」

その頃 ピッコロ大魔王の宮殿

ピッコロ大魔王「貴様はまさか・・・!」

神様「・・・ピッコロ、久しぶりだな・・・」

ピッコロ大魔王「なにをしにきた!?決着をつけに来たとでもいうのか?」

神様「いや・・そうではない。今、この地球に悪の権化が留まっている・・・奴らを倒さねば全銀河に災いが訪れる事は明白・・・」

ポポ「神様、お前と融合しに来た。本来のパワー、取り戻すため」

ピッコロ大魔王「・・・また元に戻れというのか?」

神様「ああ・・お前とて、あいつらに散々利用され死にたくはあるまい?」

ピッコロ大魔王「・・ち・・・いいだろう・・・。目的は一致しているようだしな・・・」

神様「奴らを倒し、融合した自分が気に食わなければまた離れるがいい・・・だがその後の事は覚悟しておけ」

神様「・・・皮肉だな。こういう形で融合するとは・・・」

ピッコロ大魔王「フン・・・さっさとしろ」

ポポ「神様・・・」

神様「・・・では、行くぞ」

ピッコロ大魔王「ああ・・・・」

カッ グオオオオオオオオオオオオ・・・・

神様「・・・!!!!」

ピッコロ大魔王「・・・!!!!」

ユンザビット荒地

ギャーーーン   ドッゴーーーーーン!!!

ベジータ「・・・ここが地球か」

ナッパ「あの二人はどこにいやがるんだ・・・?」

ナッパ「おい!ラディッツ!こちらナッパだ!応答しろ!!」

・・・・

ベジータ「妙だな・・確かに地球から受信したというのに反応がないとは・・・」

ナッパ「まさか、あいつらこの星の奴らに殺されたんじゃねぇだろうな」

ベジータ「バカな事を言うなナッパ、この星に生きる者達の戦闘力を見てみろ」

ナッパ「確かに・・・ゴミクズ以下の戦闘力ばっかだぜ・・・あの二人がやられたって事はなさそうだな・・・」

ベジータ「・・・フム・・・」

ピピピピピピピピ・・・!

ナッパ「ベ、ベジータ!!!で・・・バカでっけぇ戦闘力がこっちに向かってくるぞ!!!」

ベジータ「なに?カカロットか!?」

ギャオンッ

神王「・・・・」

ベジータ「・・何者だ貴様?」

ナッパ「ナメック星人みてぇな姿してやがるな・・・」

神王「お前達も奴らの仲間だな・・・」

ベジータ「奴ら・・?まさかお前がカカロットとラディッツを・・・?」

ナッパ「(く・・なんて圧力だ・・!)」

神王「奴らはまだどこかにいる。まずはお前達を片付ける・・・」

ベジータ「へっ、やってみやがれ!このベジータ様の力を侮るなよ!!」

ナッパ「うおおおおお!!!!」

神王「来い・・!お前達もいずれは星を脅かす存在となるだろう・・・その前に芽は摘んでおく!!!」

ベジータ「ギャリック砲ーー!!!」

ズッギャボオオオオオオッ

神王「フンッ」

バチィン!!

ナッパ「は・・・弾き返しやがった!!!!」


ウーロン「さて、今日は誰をナンパしようかな〜と・・・ん?」

ゴオオオオオオ・・・・

ウーロン「な、なんだあの光は・・・・

カッ

神王「そんなものか」

ベジータ「な・・・なんだと・・!!」

ナッパ「うおおおおおおおお!!!!!!」

バチバチバチバチッ

神王「! 気か・・・気を集中させている・・・!」

ナッパ「クンッ!!!!!」

ズアオッ!!!

神王「ぐ・・・!!!!」

ベジータ「うおあああああーーーーー!!!!」

ナッパ「ベ、ベジータ!?」

神王「ぐ・・・中々の力だな・・・!」

ナッパ「へ、ざまぁみやがれ!!」

ベジータ「うぐ・・・ぅ・・・!!」

神王「まずはそこの死に損ないから仕留める!!爆力・・・・魔波っ!!!」

ドッギャオオオオオ

ベジータ「!!」

ナッパ「よけろベジーターーーーー!!!!!」

ドッグオオオオオオオンッ!!!

パラパラ・・・

ナッパ「バ・・・バカな!ベジータが・・・!!」

神王「あっけない・・・これがあのサイヤ人か・・・」

ナッパ「てめぇ!!生きて返れると思ってんじゃねぇぞ!!!」

神王「それはこっちの台詞だ」

ナッパ「カパッ」

神王「!?」

ナッパ「うごおああああーーーー!!!!」

ズァボッ

神王「!!!!」

ドッゴオオオオオン

ナッパ「へ、どうだ!ざまぁみやがれ!!!」

神王「ぐ・・・かなりの威力だ・・・!!」

ナッパ「!?ま、まだ生きてやがる・・・!!」

神王「今度はこちらの番だな・・・魔貫・・・・光殺砲!!」

ズギョッ

ナッパ「!!!!!」

ボッ

ナッパ「バ・・・バカ・・・な・・・」

ドサッ

神王「く・・・かなりの傷を負ったが・・・これぐらいすぐ再生できる・・・」

神王「さて・・残りの二人は神殿か・・・」

精神と時の部屋

ラディッツ「おおおお!!!」

ズギャオッ シャオシャオシャオ・・・

カカロット「おお!やったな兄ちゃん!!」

ラディッツ「これが・・・スーパーサイヤ人か・・!」

カカロット「やっぱ兄ちゃんすげぇよ!オラより早いんじゃねぇの?」

ラディッツ「ふはは・・!力が漲るな・・・・!」

ラディッツ「だが・・・この部屋の光景は精神的に来るな・・・一旦外に出ないか?」

カカロット「ああ、そうだな。一回出て飯でも食いに行くかぁ」

ガチャッ

神王「!奴らの気が突然現れた・・・まさか精神と時の部屋に入っていたのか・・・ならば先に扉を破壊しておくべきだった・・・!」

カカロット「ん?誰かいるぞ?」

ラディッツ「誰か・・?ベジータ達か?」

神王「・・・」

ラディッツ「お前・・・ナメック星人か?」

カカロット「え?嘘?神様とピッコロ大魔王が融合したんか?」

神王「!何故融合の事を・・・と、そんな事はどうでもいい。お前達は今ここで全力を持って潰す!」

カカロット「ひゃ〜、穏やかじゃねぇな〜」

ラディッツ「・・カカロット、こいつは俺にやらせろ。スーパーサイヤ人のパワー・・・試してみたい」

ズギャオッ

カカロット「あ・・・・兄ちゃん・・・」

神王「ほう・・これが伝説のスーパーサイヤ人か・・・!」

ラディッツ「ふふふ・・・さて、行くぞ!はあああ!!」

神王「な・・・疾・・・!!!」

ドゴウッ

神王「おごおうっ・・・!!!」

カカロット「おお!兄ちゃんやるなぁ!!」

ラディッツ「はぁーーっ!!!ダブルサンデー!!!」

ズギャオオオオオオオオ!!!

神王「!!ぐあああーーーーー!!」

神王「ぐおおおっ・・・りょ、両腕が・・・!!!」

ラディッツ「はっはっは!!!どうだ!!」

カカロット「油断すんな兄ちゃん!!あいつは再生すっぞ!!!」

ラディッツ「なに?」

神王「その通りだ・・はああああっ!」

ズッ・・

ラディッツ「ち、化物め」

神王「連続魔貫光殺砲!!」

ビビビビビビッ

ラディッツ「!ぬうお!!!」

ズボッ ズボッ ボボッ ボッ

カカロット「兄ちゃん!!!」

ラディッツ「ぐ・・・ほ・・・!」

神王「ふはは!まるでレンコンのようだな!!」

ラディッツ「・・カカ・・・ロッ・・・・ト」

ドサッ

カカロット「この野郎!!オラが相手になってやる!!」

神王「来るか…ならばこちらも本気を出すとしよう」

シュル……

カカロット「重い服を脱いでスピードアップってか?」

神王「…!何故わかった!」

ザンッ

カカロット「スピードが上がったくらいじゃオラには勝てねえぞ!!はああああーっ!!」

ズギャオッ

神王「む!貴様も金色に……!」

シャオシャオシャオ……

カカロット「さっさとやろうぜ……」

神王「な、何故髪まで伸びている!?そ、それにこの計りしれないパワーは……!!」

カカロット「かー……めーーはーー………めーー………!!!」

神王「こ、これは……!!」

カカロット「」

シュン

神王「消え……」

シュン
神王「!!近………!!!」

カカロット「波ーーーー!!!!!!」

神王「ごあっ!」

ズッゴゴオオオオン!!!!!

ズッズズズズーーン・・・・!!!!!

カカロット「・・・・」

神王の頭「・・・げ、げふっ・・・」

カカロット「よし・・・頭は残ったな・・・・」

ガシッ

神王の頭「・・な・・・・!?なにを・・・」

カカロット「言っただろ、おめえには生きててもらわねえと困るって・・・」

スタスタスタ・・・

神王「ど・・・どこへ連れて行く気だ・・・!?」

精神と時の部屋

カカロット「ほれ」

ポイッ

神王の頭「うがぐっ・・・!」

カカロット「おめえはこれからここで一生生きていくんだ」

バタン

神王の頭「ま、待て!!!」

ズズズッ

神王「まさか貴様・・・・扉を」

ドガアンッ ガラガラガラガラ・・・

カカロット「よし、これでもうアイツらは出てこれねえ・・・」

カカロット「兄ちゃん!!大丈夫か!?」

ラディッツ「・・・ごっ・・ほ・・・」

カカロット「兄ちゃん!ほら、仙豆だ!食え!」

ラディッツ「・・・あ・・・う・・・」モグモグ

カカロット「兄ちゃん・・・」

ラディッツ「はぁーーっ、こいつはいいモンだ」

カカロット「よかった・・・。邪魔者は片付いたからよ、さっそくボール探しに行こうぜ!」

ラディッツ「ああ、お前には何度も助けられたな・・・」

精神と時の部屋

バチュンッ

神様「ぐっ!」

ピッコロ大魔王「ぐっ!」

神様「おのれ・・・」

ピッコロ大魔王「なんてザマだ・・・!このピッコロ大魔王が・・・!」

神様「悔しがっている場合か!!なんとかしてここから出る方法を考えるんだ!!」

10分後

ラディッツ「意外と早く集まったな」

カカロット「ああ、じゃあ早速やるぞぉ!出でよドラゴン!そして願いを叶えたまえ!!」

カッ

ズオオオオッ

ラディッツ「・・・ナメック星とはまた違う姿をしているな・・・」

神龍「ドラゴンボールをry

カカロット「じゃあ願い事言うぞ!今精神と時の部屋にいる神様を不老不死にしてくれ!!」

神龍「把握」

ラディッツ「なに?何故あいつらを不老不死に?」

カカロット「これでドラゴンボールは永遠に存在できっぞ!」

ラディッツ「成る程な・・・」

カカロット「そういやベジータ達まだ来ねえのかな・・・なにやってんだ?」

ラディッツ「・・・安心したら腹が減ったな」

カカロット「それもそうだなぁ、街行って飯でも食いに行っかぁ!」

街の食堂

カカロット「おーい!!飯くれーー!!!」

ラディッツ「こっちは腹が減ってるんだ!早く持って来い!!」

チチ「ちょっと待ってけろ!今作ってるだ!!」

カカロット「お!?あれチチじゃねえか」

ラディッツ「知り合いか?」

カカロット「ああ、前にちょっとな・・・」

チチ「お待たせしただ・・・ああ!おめえさんは!!!」

カカロット「よ!」

ラディッツ「ガツガツムシャムシャ」

チチ「ずっと探してたんだぞ!何処に行ってただ!」

カカロット「ん〜?いやちょっとなあガツガツムシャムシャ・・・」

チチ「オラ、あんたに助けられて凄い感謝してるだ!あの出会いはきっと運命だったんだ!」

カカロット「ガツガツムシャムシャ・・・え〜?今飯食ってるから後にしてくれぇ」

チチ「飯なんていつでも食えるだ!!今はオラの話を聞いてけれ!」

カカロット「うるせぇぞぉ」

チョン

チチ「!!!」

ギューン

ガラガラドガシャーン!!!

カカロット「あ、いけね・・・」

チチ「ぐ・・・ぐは・・・」

ラディッツ「放っておけカカロットガツガツムシャムシャ」

カカロット「いやぁ、そうもいかねえ」

チチ「・・・ごほっ・・・」

カカロット「やべえ、死にかけてるぞぉ・・・ほら、仙豆だ。食え」

チチ「あ・・・・」モグモグ

チチ「はぁーーっ、こいつはいいモンだべ」

カカロット「ふう、間に合ったか・・・」

カカロット「悪ぃ悪ぃ・・・食ってる最中だったからついイラッときちまってよ・・・」

チチ「いいだ、これは愛情の裏返しっていうやつなんだべ?」

カカロット「いいっ?」

ラディッツ「(カカロットの奴め、あんな女など放っておけばいいものを・・・)」

カカロット「とにかく、今は飯が食いてえんだ。死にたくなかったら邪魔しねえでくれ」

チチ「わかっただ・・・あ、待って!」

カカロット「ん?」

チチ「おめえの名前はなんていうだ?」

カカロット「オラか?オラカカロットだ。」

チチ「カカロットさ・・・」

ラディッツ「カカロットよ、何故あんな女に構うのだ?」

カカロット「ん?まあ昔色々あってさ・・・」

ラディッツ「フン・・・」

カカロット「・・・それにしてもベジータ達おっせえなあ・・・・」

ラディッツ「これだけ連絡がとれないのも妙だ・・・。なにかあったのかもしれんな・・・・」

カカロット「まあ、あの二人の事だから心配はいらねえと思っけどな!」

ラディッツ「・・そうだな」

あれホントだ。なんかあったのか?

ピピピピピ・・・

ラディッツ「・・・む?」

カカロット「ん?この気は・・・」

地球上空

部下「コルド大王様、間もなく地球に到着します」

コルド「うむ・・・フリーザは地球に向かうと言った後突然連絡が途絶えた・・・何があったか確認せねばならん・・・」

クウラ「相変わらず心配性だな、親父は。そうやって甘やかして育てるからあいつは何時まで経っても弱いままなんだ」

コルド「・・・」

カカロット「この気は・・・クウラと・・・誰だったっけ」

ラディッツ「クウラ?誰だそれは?」

カカロット「あ・・・兄ちゃん知らねえか。フリーザの兄貴だよ」

ラディッツ「な、なに?フリーザの!?」

カカロット「しっかしアイツら何しにここに来たんだ?ったく飯の最中なのに・・・」

ラディッツ「どうするカカロット?」

カカロット「まあ、飯食っから考えようぜ。アイツ達もすぐ地球をぶっ壊すような真似はしねえと思うしさ」

ラディッツ「そ・・・そうか・・・」

クウラ「地球・・・か、悪くない星だな」

コルド「サウザー、スカウターでフリーザの反応は確認出来んのか?」

サウザー「はっ、大王様・・・どうやらこの星には大きい戦闘力は二つだけのようです・・・いずれも、フリーザ様のデータとは一致しません」

コルド「むう・・・」

クウラ「あいつの事だ、その二人相手に油断して殺されたって事も考えられるな」

コルド「ええい、すぐにその大きい戦闘力の方へ部下を向かうぞ。何か知ってるやもしれん」

サウザー「はっ」

ピピ・・・
サウザー「む?」

クウラ「どうしたサウザー」

サウザー「は、この近くで謎の戦闘力を確認しました」

コルド「なに?何処にいる?」

サウザー「そこの岩陰からです」

クウラ「おい!そこにいるのは誰だ!出てこい!」

コルド「隠れても無駄だ、貴様の反応は既に捉えておる!!」

クウラ「ん・・・?貴様、地球人ではないな・・・?」

コルド「小僧、我々になにか用でもあるのか?」

界王神「あなた方が悪名高いコルド一族ですか・・・」

コルド「ほう、小僧のクセに言ってくれるな」

クウラ「その度胸に免じて殺さないでおいてやる。さっさと失せろ」

界王神「いえ・・・そういう訳には参りません・・・」

キビト「我々はお前達を始末しに来たのだ。」

クウラ「なんだと?」

界王神「まあ、本来の目的は別の所にあるのですが・・・。貴方達の存在を知ってしまった以上見逃す訳にもいきません」

コルド「ふはは、笑わせてくれる。わしらの事を知っておいて挑んでくるとはな・・・」

クウラ「面白い、返り討ちにしてくれる・・・!」

界王神「キビトさん、私はクウラをやります。貴方は父親の方を」

キビト「かしこまりました」

ピピピピピ・・・

ラディッツ「なんだ?戦闘が始まったぞ?」

カカロット「あれ、なんだっけこの気・・・・?覚えはあんだけど忘れちまった」

ラディッツ「しかし、これはラッキーだな。俺達の他にゴミ掃除をしてくれているのだから」

カカロット「んだな!気にしねえでオラ達は飯を食おう!!」

ガツガツムシャムシャ ガツガツムシャムシャ

チチ「はぁ・・・男らしい食いっぷりだぁ・・・///」

コルド「ごはっ・・・!!!」

ドサッ

クウラ「親父!!」

キビト「あっけない、これで終わりか・・・」

界王神「クウラさん、よそ見をしていてはいけませんよ!!はっ!!」

クウラ「!」

バギッ

クウラ「ぐわあっ・・・お、おのれぇ・・・!いいだろう、このクウラ様の本気の姿を見せてやる!!!」

界王神「いいえ、見せなくて結構です。時間もありませんので・・・はっ!!!!」

ドンッ

クウラ「!!!」

バグオオオン・・・・!!!

パラパラ・・・

キビト「・・宇宙一を自称するわりには手応えのない相手でしたな・・・」

界王神「ええ・・・・さあキビトさん、本命の方へ向かいますよ!」

キビト「ははっ!」

ラディッツ「クウラ達の反応が消えた・・・」

カカロット「ひゃ〜、強ぇなあ・・・」

ラディッツ「カカロット、奴らはこっちに向かってくるぞ!!」

カカロット「まあ兄ちゃん落ち着けって、オラ達が負けるわけねえじゃん」

ラディッツ「し、しかし・・・クウラ達を倒した程の奴なのだぞ?」

カカロット「兄ちゃん・・・兄ちゃんは自分に自身がなさすぎるんだよ。もっと自身を持ってくれ、オラ達はサイヤ人だろう?」

ラディッツ「・・・そ、そうだな・・・。カカロット、不様な姿を見せて悪かったな・・・俺もやるぞ!」

カカロット「ああ、それでこそオラの兄ちゃんだ!」

数分後

界王神「おや・・・待っていてくれたのですか」

カカロット「ああ、おめぇ達オラを殺しに来たんだろ?」

キビト「貴様、口の聞き方に気をつけろ!このお方は界王神様なるぞ!」

カカロット「ああ、知ってるぞ。ってか思い出したぞ」

ラディッツ「界王神・・?また神と名乗るザコか?」

界王神「・・・」

キビト「き、貴様!よくも界王神様に向かってそのような口を!!」

カカロット「まあいいからさ、さっさと始めようぜ。」

界王神「・・・ここまで嘗められては説得も無意味でしょうね・・・・いいでしょう、お相手しましょう」

カカロット「食後の運動には調度いいかもな・・・」コキコキ

キビト「貴様の相手は私だ」

ラディッツ「老いぼれになにが出来る?返り討ちにしてやろう」

界王神「言っておきますが私相手に油断はなりませんよ。最初から本気で来なさい」

カカロット「ん?本気出していいのか?はっ!!!!」

ズギャオッ

界王神「!!?」

シャオシャオシャオ・・・・

カカロット「界王神様・・・最初っから飛ばしていかないと・・・死ぬぞ?」

界王神「な・・スーパーサイヤ人の事は知っていたが・・・・髪が伸びるとはどういう事だ・・・」

ラディッツ「はあああっ!!」

ズギャオッ

シャオシャオ・・・

キビト「ほう、これがスーパーサイヤ人か・・・」

ラディッツ「カカロットはスーパーサイヤ人2と言っていたな・・・どれだけ強くなったか・・・試させてもらおう!」

界王神「はっ!!!」

ドンッ
カカロット「!!」

界王神「・・・」

カカロット「なんだあ?今なにかしたのか?」

界王神「き・・・効いてない・・?」

カカロット「これで界王神っつーんだから情けねえよな〜・・・キッ!!!」

ドンッ

界王神「ぐわあ!!!」

ドザッ

カカロット「運動にもなりゃしねえぞぉ・・・・」

ラディッツ「どりゃあーー!!!」

バギョッ!!

キビト「うごわっ!!!」

ラディッツ「ふはは!素晴らしいパワーだ!!!」

キビト「ぐ・・・ここまで強いとは・・・!!」

ラディッツ「サイヤ人が最強という伝説は紛れも無い事実だったのだな!!!ふははは!!!」

キビト「(おのれ・・・この私がまるで赤子扱いだ・・・!死ぬ・・・!)」

界王神「はっ・・・はっ・・・!」

カカロット「もうちょっとオラを楽しませてくれよぉ、界王神様ぁ〜」

界王神「くっ・・・おのれ・・!」

カカロット「あ!そうだ!いい事思いついたぞ、二人ともポタラ使えよ」

界王神「なに?なぜお前がポタラの事を!?」

カカロット「お互い一個ずつ外せば合体できっからよぉ」

キビト「合体だと・・・?」

ラディッツ「フン、面白い。やってみせろ」

界王神「く・・・キビトさん!もはやこれしか方法はありません!!ポタラを片方外すのです!」

キビト「し、承知致しました!」

界王神「うわっ!」

キビト「ひ、引っ張られ・・・!」

カッ

キビト神「・・おお、これは・・・」

カカロット「これで少しは面白くなるぞぉ」

ラディッツ「カカロット!俺にやらせろ!!」

カカロット「え?兄ちゃんが?」

ラディッツ「合体したそいつらが相手なら俺も存分に戦えるというものだ!!」

カカロット「わかった、でもかなり強くなってっからよ。気をつけてくれよ?」

ラディッツ「わかっている!」

キビト神「凄いパワーだ・・・勝てる、これなら勝てるぞ!!」

ラディッツ「さあ、ポタラとかいう力を見せてみろ!!」

キビト神「はっ!!!」

ドギャオッ

ラディッツ「なにっ!?」

ドッグオオオ・・・ン

カカロット「兄ちゃん!!」

キビト神「はっはっは!素晴らしいパワーですよ!ちょっと力を込めただけでこの有様!!」

ラディッツ「うぐ・・!つ、強い・・・!」

カカロット「兄ちゃん!!大丈夫か!!!」

ラディッツ「・・ま、まだやれるぞ!俺は・・・!!」

キビト神「右腕を失ってもまだ諦めないとは・・・流石に戦闘民族というだけはありますね」

ラディッツ「まだ・・・まだやれる・・・さ!」

キビト神「言ってないで向かってきたらどうなんです?」

ラディッツ「ぐ・・・うおおお!!」

ギャオッ

キビト神「遅いんですよ!」

ビシッ

ラディッツ「ぬぐわっ!!!」

ドザッ

キビト神「呆気ないですね・・・今楽にしてあげますよ・・・・ん?あれ、もう一人はどこに・・・・?」

シュン
カカロット「兄ちゃん、大丈夫か!?」

ラディッツ「な・・・なんとかな・・・・」

カカロット「ほら、仙豆だ!」

ラディッツ「うむ・・・・」モグモグ

キビト神「あれが仙豆か・・・」

ラディッツ「はぁーーっ、こいつはいいモンだ・・・」

カカロット「オラもちょっと調子に乗りすぎたみてえだ。一人でなんとかできる相手じゃねえ。二人でやろう」

キビト神「泣いても知りませんからねーー!!!」

ドドドドドッ!!

ラディッツ「来た!」

カカロット「かめはめ波ーーー!!」

ズギャボオッ!!!

カッ ズッグオオオン・・・・!!!

キビト神「く、相殺されましたか!」

ラディッツ「うおりゃああ!!」

キビト神「はっ!?」

バギッ

キビト神「ぐわっ!!くっ・・!はぁっ!!!!」

ドオンッ!!

ラディッツ「うおおっ!!」

ドッグオオオン

カカロット「兄ちゃん!!」

ラディッツ「だ、大丈夫だ・・・耐えたぞ!」

キビト神「なっ!?・・・そうか、相手はサイヤ人だった・・・!」

カカロット「だりゃああ!!」

キビト神「はっ」

バギィ!!

キビト神「がはっ!」

カカロット「(オラが本気出せばこんなのすぐに倒せっけどよ・・・なんとか兄ちゃんに倒してもらって自信をつけてもらいてぇんだよなぁ・・・)」

キビト神「くっ・・!なんて重い一撃だ・・・!」

ラディッツ「隙ありーっ!!」

ドドドドドッ!!

キビト神「!!」

バッグオオオン!!!

ラディッツ「どうだ!手応えありだ!!」

カカロット「すげえぞ兄ちゃん!!」

キビト神「くっ・・・こちらがやや不利か・・・!」

カカロット「兄ちゃん!止めをさしてやろうぜ!!」

ラディッツ「そのつもりだ!ついて来い!!カカロット!!」

ドギャオッ

キビト神「来た!・・くっ!!回避に専念・・・!」

カカロット「兄ちゃん!2秒だけ目を閉じててくれ!!」

ラディッツ「わ、わかった!?」

カカロット「行くぞー!!」

キビト神「来るか!!」

カカロット「太陽拳!!」

ボッ

キビト神「!!!!ぐわあああー!!目、目がーー!!」

カカロット「兄ちゃん今だーー!全力のエネルギー弾撃ってやれーー!!」

ラディッツ「よ・・・よし!喰らえ!!!ダブルサンデーーー!!!」

ズギャボルルオオッ!!!

キビト神「うわあああっ!!!!」

ズッグオオオン・・・!

キビト神「ぐっ・・・・はぁ・・・」

ドザッ

ラディッツ「しぶとい野郎だ・・・まだ生きてやがる」

カカロット「兄ちゃんはやっぱ強ぇよ。さ、止め刺してこの戦いも終わらせちまおうぜ!!」

ラディッツ「ああ・・・」

キビト神「な・・・なんという事だ・・・この・・・・界王神が・・・敗れるなど・・・・このままでは・・・全銀河が・・・」

ラディッツ「・・・相手が悪かったな・・・・死ね」

ボギィッ!!

キビト神「・・・」

カカロット「ふう、やれやれだぁ・・」

ラディッツ「もはや我々兄弟を止める者は何者もいないという事だな!ふはははは!!」

カカロット「その通りだ兄ちゃん!!あっはっはっは!」

カカロット「ドラゴンボールが石からボールに戻るまで一年かかるからよ!暫く地球でのんびりしてよう!」

ラディッツ「それもそうだな。ここの所戦いばかりで疲れたからな・・・」

チチ「カカロットさ〜」

カカロット「お?チチ!」

ラディッツ「また女か・・・」

チチ「凄い音したからなんだと思ったけどあんた達だったか!怪我はないのけ?」

カカロット「ああ、オラ達は平気だ。・・・・あ、そうだ!チチ、オラ達少しゆっくりしてえんだ。おめぇの家に済ませてくれねえか?」

ラディッツ「お、おいカカロット・・・」

チチ「カカロットさはいいけど、この人は・・・」

カカロット「ああ、兄ちゃんなんだよ。オラの」

ラディッツ「・・・」

チチ「え!?お、お義兄さん!!?な、なら問題ねえだ!!せまい家だけど何日でもゆっくりしてってけれ!!」

カカロット「サンキュー、チチ!」

ラディッツ「・・・馬鹿な女だ」

そして一年後・・・

カカロット「そろそろボールも戻ったかなあ・・・」

チチ「なんの話だ?」

カカロット「いや、こっちの話だぞ」

チチ「カカロットさ!オラ達夫婦なんだぞ!隠し事は無しにしてけれ!」

カカロット「ええ〜?だってオラ達結婚式やってねえだろ?子供出来ただけじゃねえか」

チチ「子供が出来たらもう夫婦っつう証拠だ!!いい加減自覚持ってけれ!!!」

カカロット「へいへい・・・」

カッチ「うう〜」

チチ「カッチちゃん、大声出してゴメンな〜・・・あれ?ラディッツさはどこに?」

カカロット「散歩してくるって出ていったぞぉ」

郊外

ラディッツ「・・・何者だ貴様達?」

バビディ「えっへっへ・・・中々いい邪心を持っているねえ・・・」

ダーブラ「光栄に思うのだな・・・バビディ様のお目にかかった事を・・・」

ラディッツ「いきなり現れて訳のわからない事を・・・」

バビディ「ダーブラ、ちょっと戦ってみてよ。こいつの力を知りたいからさ」

ダーブラ「はっ、かしこまりました・・・そういう事だ。本気で来るんだな・・・」

ラディッツ「・・いいだろう、仕掛けてきたのはそっちだ。泣いて謝っても遅いぞ」

ダーブラ「フン・・・嘗めやがって・・・」

バビディ「ふっふっふ・・・」

カカロット「・・・ん!?」

チチ「どうしただ?」

カカロット「兄ちゃんが誰かと戦ってる・・・けど相手の方が弱ぇな・・・大丈夫だろ・・・」

チチ「???」

カカロット「チチ、腹減ったぞぉ」

チチ「さっき食べたばっかりでねえか!!!」

ラディッツ「はあっ」

ドグオッ

ダーブラ「おぐおっ・・・!」

ドサッ

バビディ「おーおー・・あのダーブラを簡単に・・・」

ラディッツ「次はお前が相手か?」

バビディ「いやいや、素晴らしい力だよ・・・君ならダーブラより役に立ちそうだ」

ラディッツ「・・・なに?」

バビディ「こういう事さ・・・はああああっ!!!」

ラディッツ「!!!」

ラディッツ「ぐあああああっ!!!」

バビディ「君はまだまだ眠っている力があるね・・・・それもついでに目覚めさせてあげるよ!!!」

グオオオッ

ラディッツ「ぐっ!!ああ!!うおあああああああああ!!!!」

ズギャボオッ

カカロット「兄ちゃん!?」

チチ「またけ?」

カカロット「こりゃ・・・まさか・・・!」

シュンッ

チチ「あ!カカロットさ!!」

シュンッ

カカロット「兄ちゃん!!」

バビディ「!」

ラディッツ「・・はぁ・・はぁ・・・」

カカロット「額にMの文字・・!バビディおめぇ・・!」

バビディ「おや、僕の事知ってるのかい?界王神の奴から聞いたのかな?」

ラディッツ「・・・・」

カカロット「まさか兄ちゃんを・・!」

バビディ「そうさ、こいつはもう僕の操り人形になったのさ」

カカロット「・・・!」

バビディ「君達には感謝してるよ、あの邪魔な界王神を始末してくれたんだからね」

畜生、このトリップは俺だけの物なんだー

カカロット「兄ちゃん・・!」

ラディッツ「ふふ・・カカロット・・・」

バビディ「後はコイツを使って君を倒せば全ての憂いは消えるって事さ」

カカロット「バビディ貴様・・!」

バビディ「さあ、ラディッツ君、あの邪魔者消しちゃってよ」

ラディッツ「わかった・・・はあああっ!!!」

ズギャオッ!!

カカロット「!!ス、スーパーサイヤ人3・・・!?」

カカロット「(今の兄ちゃんならオラの全力かめはめ波を受けても死なないはず・・・!操るバビディを消せば!)」

カカロット「か・・・・め・・・は・・・め・・・!!!」

ラディッツ「!」

バビディ「お?」

カカロット「波ーーーーー!!!!」

ズギャボルルオオ!!!!

ズッグショオオアアア!!!!!

チチ「な、なんだ?地震か?」

ズズズズ・・・

カカロット「ど・・・どうだ?」

ラディッツ「く・・・やるなカカロット・・・!」

バビディの声「へっへっへ、僕を殺そうったってそうはいかないよーだ」

カカロット「なにっ!?」

バビディ「僕にはバリアーがあるんだからねぇ」

カカロット「くそっ!!」

ラディッツ「ダブルサンデー!!」

ズゴッシャアアアア!!

カカロット「うわあ!!!」

ドッグオオオオオン!!!

ラディッツ「はははは!!絶好調だ!!!」

カカロット「い・・いぢぢ・・・」

バビディ「凄いぞ、ラディッツ君!!さぁ、さっさとそいつに止めを刺しちゃいなよーー!!」

ラディッツ「・・・カカロット・・・」

カカロット「兄ちゃん・・・!」

ラディッツ「何故お前もスーパーサイヤ3にならん・・・?」

カカロット「・・・」

ラディッツ「貴様はこの兄を見下すつもりか!!」

バギッ

カカロット「ぐあっあ!!!」

バビディ「いいんだよそんなのは!さっさとやっちゃいなって!!」

ラディッツ「貴様の本気を見せてみろ!!カカロット!!!」

カカロット「・・・・わかった兄ちゃん・・・!はあああっ!!!」

ズギャオッ

シャオシャオシャオ・・・

ラディッツ「・・・ふふふ・・・ようやくこれでまともな戦いが出来るという事だ!!行くぞ!!殺してやるカカロット!!!」

カカロット「兄ちゃん・・・!」

バビディ「いいぞー!!やれやれラディッツくーん!!!」

ラディッツ「うおおおおーー!!!」

カカロット「ごめんっ」

バギィッ

ラディッツ「・・・!!!!」

バビディ「え?」

ラディッツ「がっは・・・馬鹿な・・・・・」

ドサッ

カカロット「ゴメン兄ちゃん・・・傷ついたよな・・」

バビディ「え・・・嘘・・・・そ・・そんな・・・」

カカロット「バビディ、覚悟は出来てんだろうな?」

バビディ「よ・・寄るな!!」

カカロット「・・・」

ザッザッザッ・・・

バビディ「ま、待て!僕を殺したら大変な事が起こるんだぞ!!」

カカロット「魔神ブウだろ・・・?知ってる」

バビディ「な、な・・・なんで!?」

カカロット「今はあの時と違ぇからな・・・劣化ブウなんて簡単に始末出来る」

バビディ「お・・・お前は何者なんだ・・・?」

カカロット「・・・ただのサイヤ人だ」

ザシュッ

ラディッツ「・・・む」

カカロット「目、覚めたか・・・兄ちゃん」

ラディッツ「カカロット・・・お前・・・」

カカロット「ゴメンな兄ちゃん・・・怒ってるよな、オラが簡単に倒しちまって・・・・」

ラディッツ「・・・いや、別に気にしてはいない・・・」

カカロット「兄ちゃん・・・?」

ラディッツ「力量に差が出来たのなら、また追い付くよう努力をすればいいだけの事だ」

カカロット「兄ちゃん・・・」

ラディッツ「カカロット、俺達はたった二人の兄弟だ。共に実力を競いあっていこうではないか・・・」

カカロット「そうだな・・!」

カカロット「さて、家に帰ろう!チチも待ってるしさ!」

ラディッツ「ああ・・・」

カカロット「あ、兄ちゃん!見てみろよ!綺麗な満月だ!!」

ラディッツ「ああ、本当・・・だ」

カカロット「うおあああああ!!!」

ラディッツ「うごあああああ!!!」

メリメリメリメリメリ!!!!!

半日後

地球は死の星となった

カカロット「・・・あ・・・う・・なんだ・・?なんでオラ・・・傷だらけで倒れてんだ・・・」

カカロット「ぐ・・・・・仙豆・・・・・」モグモグ

カカロット「はぁーーっ、こいつはいいモンだ・・・」

カカロット「兄ちゃん!?・・・兄ちゃんの気が・・・感じられねえ!!」

ゴロゴロゴロ・・!

カカロット「い・・一体なにが起こったんだ?」

カカロット「・・・!!小さい気・・!ほんっとに小さい気を感じる!!兄ちゃん!!!!」

シュンッ

ラディッツ「あ・・・ぐ・・・・な・・・なにが・・・」

シュンッ

カカロット「兄ちゃん!!」

ラディッツ「カカ・・・・ロット」

カカロット「大丈夫か!?」

ラディッツ「一体なにが・・・起こったのだ・・・!?」

カカロット「わからねえ・・!あ、それより仙豆・・・・!な、無い・・・!!!」

ラディッツ「フ・・・そ、そうか・・・・・それなら・・・・仕方ない・・・な」

カカロット「兄ちゃん!!死なないでくれ!!!」

ラディッツ「フ・・・カカロット・・・お前は本当に強い奴だ・・・間違いなくサイヤ人最強だ・・・お前は・・・」

カカロット「兄ちゃん!!」

ラディッツ「お前には・・星を移動出来る瞬間・・・移動がある・・・サイヤ人の血を絶たせてはならん・・・ぞ・・・?」

カカロット「わかった!!わかったよ兄ちゃん!!約束する!!!」

ラディッツ「フフ・・・それでこそ・・・・俺の弟だ・・・・あの世で・・・お前の成長っぷりを見ているぞ・・・ゴホッゴホッ!!」

カカロット「兄ちゃーん!!!」

カカロット「あ、仙豆反対のポケットに入れてたぞ」ゴソ

ラディッツ「」モグモグ

ラディッツ「はぁーーっ、こいつはいいモンだ・・・」

カカロット「良かった!兄ちゃん!!」

ラディッツ「・・さて、これからどうする?」

カカロット「こんな星にいても退屈だからなあ・・・そうだ、界王星に遊びに行こう!」

ラディッツ「界王星?なんだそこは?」

カカロット「まあまあ、行けばわかるよ!じゃ、つかまってくれ!!」

ラディッツ「ああ・・・!」

カカロット「バイバイ、ドラゴンワールド!」

シュンッ


コメントの数(2)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:IWsa9m0r0編集削除
悟空は大体にして屑だけど
このSSの悟空は輪にかけて屑だなw
2 . 名無しさん  ID:cq5aIm5V0編集削除
飽きたわ〜

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ