探偵「遺書がある、それに密室…」

       「お疲れさまでした…それでは…」

       「本当にそうでしょうか!?」

探偵「なに!?」

犯人「この遺書…どこかおかしいですよ?」

犯人「遺書の端に名前がかいてあります…」

探偵「君の名前だね…これは…」

犯人「しまった…」



探偵「偽装工作ってやつか…初めてみた」

犯人「ここだけ被害者が犯人の名前を描き足した…」

探偵「いや…フェイクだ…」

       「確かにこれは事件かもしれないな」

       「君は俺が守る…」

犯人「探偵さん…」

刑事「よく気がついたな、探偵やるな!」

探偵「当然ですよ」

犯人「まってください!私にはアリバイはありません!」

刑事「大丈夫…必ずきみのアリバイは証明してみせる!」

       「聞き込みにいけっ!部下!」

部下「はい!」

探偵「こんなに可愛い子に罪をなすりつけるなんて…」

刑事「まったくだ…」

犯人「…」

       「あそこ!凶器が落ちてます!」

探偵「なに!」

鑑識「指紋がひとつありました」

       「彼女のものです」

犯人「私?」

探偵「これはいったい…」

       「少し状況を整理してみようか…」

探偵「遺書には不自然に描き足した名前が…」

犯人「たぶん被害者が残したメッセージでは?」

探偵「そして凶器には指紋…」

犯人「拭き忘れました…」

探偵「いったいどんなトリックを…」

犯人「みなさんのアリバイを調べましょう!」

       「私以外リビングで遊んでいたはずです!」

探偵「まず執事さん…あなたアリバイは?」

執事「みなさんといっしょでした」

家政婦「同じく」

被害者妻「同じく」

息子 「同じく、

              でも妹はいなかったかな?」

犯人「私以外アリバイはあるようです…探偵さん!」

探偵「わかった!」

犯人「!」

探偵「犯人はこの中にいない!」

       「部外者だ!」

       「探せ探せ!草の根をかきわけろっ!」

刑事「いたぞ!」

部下「屋敷の地下に隠れていました!」

男 「なぜわかった!」

犯人「え!?え!?え!?」

犯人「彼は犯人じゃありません!」

探偵「何をいうんだ…?」

犯人「私の推理はこうです…」

〜推理タイム〜

犯人「まず被害者は娘をいじめていました…」

       「娘は彼を憎んでいたはずです…」

男 「だから俺が救ってやったんだ!」

刑事「あばれるな!めっ!」

犯人「彼女はみんながリビングに集まっている隙に」

       「書斎に彼を呼び出しました…」

探偵「まってくれ…君が言いたいのはつまり…」

犯人「わかりましたか!?」

探偵「君は犯行現場にいた…」

       「君は…」

       「君は…真犯人をみたんだね?」

探偵「だからこの男が犯人ではない…と」

刑事「なんと!!」

男「…」

犯人「…だめだこいつら…」

       「ん?まてよ…?」

犯人「なぜ男は自分が犯人だと言うの?」

       「まさか…」

探偵「刑事さん…じゃあこの男なんなの?」

刑事「さあ?」

       「真犯人が催眠術かけたんじゃね?ww」

探偵「ありえるww」

探偵「それで…君がみた犯人は…」

刑事「誰なんだい?」

犯人「それは…」

       「言えません…」

刑事「真犯人を言いかけた目撃者が殺される…」

       「よくあることだ…」

探偵「だから言えないんだね…」

       「安心して…僕が君を守るよ…」 

犯人「違うんです…本当は…」

       「わたしが…」

バーン!

犯人「きゃっ!?」

刑事「銃撃された!?」

犯人「え?」

探偵「みてください!」

刑事「手紙が落ちている…」

       『言うな…いったら君はおしまいだ』

犯人「どういうこと?」

部下「執事さんがいません!」

部下2「いました!銃を所持しています!」

刑事「お前が犯人だったのか!?」

執事「そうだ!」

探偵「…」

刑事「よし!事件解決!つれていけ!」

部下「は!」

刑事「よかったな探偵!」

探偵「やっと…わかりました…」

犯人「?」

探偵「いや…まだだ…」

刑事「?」

バーン!

刑事「なに!?」

犯人「!?」

部下「執事が…私の銃を奪って自殺を…!」

探偵「やはりお前だったのか…」

       「部下!」

刑事「どういうことだ!?」

探偵「今回の事件…真犯人はこいつだったんです!」

犯人「あの…もういいです!」

       「犯人は…私なんd…」

探偵「いいから、まかせて…」

探偵「順番に説明しましょう」

       「まず彼…部下よしおくんは」

       「被害者…この家のご主人を殺害しました」

犯人「なにいってるの…?」

探偵「そこへ運悪く…と言うか当然」

       「彼女が書斎へきました」

犯人「私?」

探偵「ええ…当然でしょ?」

       「被害者を書斎に呼んだってあなた言ったじゃないですか」

犯人「確かに呼びましたけど…でも…」

探偵「でも…殺したのは私」

       「とでもいいたそうですね…」

犯人「!」

       
探偵「でも違うんです…」

       「よしおは彼女に催眠術をかけたんですよ」

       「犯人はおまえだ…ってね」

探偵「だっておかしいでしょう?」

       「彼女の自分が犯人だと言っているも同然の言動」

       「普通もっと隠そうとするでしょう…」

       「彼女の精神状態はどう見ても異常でした」

刑事「お…おれも思ってた…」

探偵「男も同じです、催眠術です」

刑事「なるほどな」

犯人「…」

よしお「…」

刑事「執事は?」

探偵「催眠術です」

刑事「なるほどな」

       「事件解決だな!」

       「はははははははww」

事件解決!

〜数日後〜

探偵「やあ…待ったかい?」

犯人「いま来たとこよ」

       「話って何?」

探偵「ひとめ見たときから君がきになってた…」
       
       「君が好きだ…真犯人の君が…」

       「犯人は…君だ」

犯人「やっぱりわかってたのね…」

探偵「ああ…催眠術なんてアホなトリックを信じるのは」

       「あの刑事だけだ」

犯人「でもおかげで助かった…」

探偵「僕と付き合ってください」

犯人「よろこんで!」

執事「よかったです!お嬢様!」

男「よかったな!」

兄「よかったぜ!」

母「よかったわ!」

犯人「みんな…わかってたのね…」

       「私が犯人だって…」

探偵「ああ、だから君を助けるために芝居したってわけさ…」

犯人「よしおさんは?」

探偵「あいつウぜーからいいんだ」

コメントの数(3)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . つまらん  ID:YSW9D86g0編集削除
どこが、おもしろ?
文才なさ過ぎ
2 . SEXマシーン  ID:vLSE3fVA0編集削除
人殺しの女相手でも良いからSEXしたい。
顔射したい!
3 . 名無しさん  ID:117n43Lo0編集削除
台詞が続いてるのにカギカッコが閉じられてるから、意味分からん文章になってるな

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ