カテゴリー:

衝撃体験談

うちの30代兄が何年か前、結婚詐欺まがいにひっかかった。
婚活サイトで知り合った女性に

「働いても働いても貧しくて」
「親の借金があって」

と言われ、生活費という名目で貢ぎ、

「たまには女らしく着飾ってあなたとデートしたい」

と言われアクセサリーを貢ぎ

「たまにはおいしいものを(ry」

と食事を貢ぎ…
気づいたら100万↑あった貯金がすっからかんになっていた。


ここで兄が母に相談。
母が

「だまされてる!」

と慌てて知り合いの元市議から弁護士を紹介してもらい
女を民事で訴えることになった。
結婚詐欺というからすごい美人を想像していたら、現れた女は兄より8つも上のオバさん。
痩せて髪もボサボサで、うすーい顔。
柳美里という作家に似ている。
でもあれよりさらに薄い。
生気がなくて、下を向いてボソボソっとしゃべる。
ハンカチをつねに持ってて、しゃべりながら両手でモミモミしてる。
よりによってこんな…せめてもっと美人にひっかかれよ兄…と思いつつ
父母がメインに立って女と談判。
そしたら20分もしないうちに父の様子がおかしくなった。
最初は母と一緒に女を責めてたのにだんだん声が小さくなり、黙りがちになり、だんだん女をかばうようなことを言いはじめた。
ついには母を

「言いすぎ」

とたしなめる場面に。
兄はその頃にはすでに

「彼女は悪くない」
「ぼくがいたらない」

の一点張り。
なんていうか魔法を見るようだった。
女にはわからない男だけがかかる魔法をこの女は使えるんじゃ?!と思ったくらい
あれよあれよと父が陥落してしまった。
別に女は父に色目を使ってたとかじゃなくて、ハンカチモミモミしながら
ボソっと下向いて答えてただけなので、一体なにが起こったのか今もわからない。
結局日を改めて、父と兄抜きで、女の弁護士さんにしてもらって分割で返してもらえることになった。
ああいうのをフェロモンって言うんだろうか。
でもぜんぜん女から見ると色っぽくないんだ。
露出してるわけでもないし、媚を売るでもないし、ただ座ってるだけ。
もう二度と会うことはないだろうが、最後にモテる極意だけ聞いておけばよかったと今でも思う

コメントの数(4)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:9M49eWwv0編集削除
駄目兄と駄目父の駄目男物語ですね。
2 . 名無しさん  ID:PCju1Xsy0編集削除
これが島田紳助が語ってた『男気スイッチ』というやつか。
3 . *  ID:x6d6YHS90編集削除
ハゲころがしの参考にしたい。
4 . 名無しさん  ID:aH54d6N.0編集削除
池波正太郎の『剣客商売』にそんな毒婦が登場した。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ