カテゴリー:

感動体験談

修羅場とは少し違うけど、私の実家と夫の実家のぎくしゃくが原因で起こった事件の話

義実家は絵にかいたような上流家庭で、割と貧しい家で育った私は、その空気にあまり馴染めなかった
うまく溶け込もうとはしていたのだけど、住む世界が違うという感じで、どうも話がかみ合わない

義両親ももったいないくらい優しい方々で、馴染めない私にとても気をつかってくださったのだけど、そうすると余計に疎外感を感じてしまって、うまくいかなかった

私自身がそうなのだから、私の実両親はもちろん義両親とうまく付き合えず、実家と義実家はほとんど交流がなかった



これでは悲しいということで、今から十年前のお正月、義両親、夫、私、九歳、六歳の私の息子が集まった義両親家に、私の実弟が挨拶に来ることになった

義両親も歓迎してくださって、初めの挨拶はとても和やかに終わった
でもその後が続かない
話せば話すほど変な違和感ばっかりふくらむ感じで、弟は途中からほとんど無言で相づちを打つだけになってしまった

しばらくして弟がこそこそ席を立った
私の息子たちが遊んでいる隣室に入っていった
なんだったのか、後から聞くと、手洗いに行きたくなったけど、場所がわからず、しかし義両親には聞きづらいので、息子たちに聞きに行ったということらしかった

戻ってきた弟に、息子二人がついて来た
なんだか場の空気がほっとした感じになって、義母が嬉しそうに二人を構いはじめた
それで、下の子は楽しそうに料理をほおばったりし始めたのだけど、上の子はじっと弟を見つめて、

「おじちゃん(私の弟)、楽しくないん?」

と、言った

「そんなことない。楽しいよ」

弟が言った

「でもおじちゃん、楽しくなさそうやん」

「そんなことないよ」

「ある。全然笑ってないやん」

「そうかな。なんでやろ。初めての場所やから緊張してるんかな」

凍りついたような空気の中、息子は、今度は夫と義両親に言った

「おじちゃん、トイレの場所を僕に聞きに来たんやけど」

「……」

「なんで教えてあげへんかったん」

私は慌てて言った

「おじちゃんがトイレ探してるなんて、知らんかってん」

「なんで?」

「聞けへんかったから」

弟が言った

「聞いても教えてくれへんの? 意地悪されてるん?」

「それは違う!」

「じゃあ、なんで?」

無言になった私と弟の代わりに、夫が言った

「あのな、難しい事情があるんや。だから今は向こうに行ってなさい」

息子は言った

「困ってる人をほっとく事情って、何なん?」

今度は誰も何も答えられなかった

突然、義父が私と弟に頭をさげた

「申し訳なかった。今まで、どうやら私たちの方で壁を作ってきたのかもしれない」

義父に頭を下げられたのは、それが初めてだった
無口で、なのに気づかい上手な義父で、謝られるようなことなんて、一度もされたことがなかった

恐縮のあまり、涙が出た

「頭をあげてください」

でも、義父は頭をあげてくれない
義母までその隣りで、手をついて頭を下げてきた
異様な雰囲気に、下の息子が泣きはじめた
私は何も言えなかった

結局その修羅場は夫が収拾をつけてくれて、しかもそれを切っ掛けに、私と義父母は胸を開いた話ができるようになり、自然と、私の実家と義実家も親密になっていき、全てが丸く収まってしまった

次の五月の連休、実両親と義両親の四人だけで旅行に行くという話を聞いて
思い出した十年前の修羅場でした

コメントの数(4)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しのイレブン  ID:QsB.qiQCO編集削除
報告者息子のなんで?なんで?攻撃に、報告者弟の心境は「黙れスザァァァク!」だったに違いない。

そしてその心境を察した報告者息子は「ボクにギアスは効かないよ」(ドヤァ…だったに違いない。
2 . 名無しさん  ID:mZf.eKD10編集削除
教訓:貧乏人は面倒くさい
3 . 名無しさん  ID:VffrTT9V0編集削除
「申し訳なかった。今まで、どうやら私たちの方で(ど底辺でクズのお前らに)壁を作ってきたのかもしれない」
4 . 古古米  ID:sjzoKKNf0編集削除
でも自分達が長年親しんできた「常識」という名の思い込みが外れると、結構居ずらいもんだよ。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ