カテゴリー:

ほのぼの体験談

俺と今の彼女との出会いは、彼女が通う高校の門の前に待ちぶせして告白すると言うものだった。
しかも時代錯誤もいいところの花束を持っての告白。
それがウケたのと、彼女が花が好きだったのもあり、見事にお付き合いまで発展した。

それで今年成人式を迎えたお祝いのホームパーティの席でその話が出てきた。
彼女の友人や俺の友人、高校時代の恩師まで居るパーティで、やたらとみんなに褒められまくってた。

そんな中、どういう流れだったか俺の両親の出会いについて聞くことになった。

最初照れながらも母親は

「○○さん(親父)も中々男前でしたよ……w」

と意味深な発言。


親父は黙って酒を飲んで顔を赤くしていたのだが、ほどなくして出会いについて話してくれた。

親父がまだ大学生でスーパーでアルバイトしていた頃、母と出会ったらしい。
が、その流れまでがかなりすごい。

親父は試食品の餃子を焼いていた時、スーパーにお使いで訪れた当時高校生の母を見て一目惚れ。
なんとしても話しかけたかった親父は、餃子を大量に焼いたり大声で呼び込みをしたりなどして、母の気を引こうとしたのだが、母は一向にコチラを向こうとしなかったらしい。

親父は「このままではダメだ!」と感じたらしく、母が一番近くに来た時に餃子を持って歩み寄り

「貴方の為にこの餃子を焼きました。どうか食べてください」

と。
母は自分のこととは思えずかなり驚いていたそうだが、その時、妙に親父と運命を感じたらしい。

「また明日も試食していますので、また来てください」

親父曰く、とっさに出た口説き文句だったそうだ……ww

その後、何度も顔を合わせているうちに、正式にお付き合いすることになり
親父が大学卒業し、今の会社に勤めだして2年後に結婚。

毎週一度は我が家に餃子が並ぶ理由が判明したのと同時に、この親父を前にしたら俺の告白なんか霞んでみると感じました。

 


コメントの数(7)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:ERkGr8Hx0編集削除
ただしイケメンに限る
2 . 名無しさん  ID:KoW4eq760編集削除
蛙の子は蛙だね。
3 . 古古米  ID:x4fryhcV0編集削除
モテる男は何やってもモテるんだよ。
我々非モテ組は・・・・・お察し。
4 . 名無しさん  ID:6weJoGDo0編集削除
>「貴方の為にこの餃子を焼きました。どうか食べてください」

餃子メーカー「人のふんどしで相撲取ってんじゃねえ!だが許す!!」
5 . *  ID:1zWWESgf0編集削除
お前らも餃子のように皮に包まれてないで、解き放て!!
6 . 名無しさん  ID:fTATot6y0編集削除
なんで餃子で女子高生の気がひけると思ったw
7 . 名無しさん  ID:MfkrJUcK0編集削除
髪に餃子ついてる…

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ