カテゴリー:

おもしろテキスト

女勇者「まぁ、魔王も倒しちゃったし、いらないって言えばいらないかな」

女僧侶「世界も平和になるでしょうしね」

商人「でしょ?だから私に売ってくれないですか?」

勇者「ん〜、私は別にいいけどねー。一緒に戦った仲間だし」

僧侶「戦士さんどうです?」

女戦士「別にいいんじゃね?あたしもまぁ剣は捨てようかと思ってるし」

勇者「ありゃ意外、このあとどうするの?」

戦士「まー故郷に帰ってから考えるよ」

商人「では武具や道具は私が引き受けるということで」

僧侶「商人さんに旅の資金や道具の管理してもらってましたからね」

商人「あざーっす!それで旅で残った資金なんですが、現金がこれくらいでして」

パチパチパチ

勇者「お・・・・・・おお」

戦士「すげぇ・・・・・・」

僧侶「こ、こんなに!?」

商人「おっとソロバンの桁が一つ低かったです。これだけです」

パチンッ

勇者「おわっ!」

戦士「こりゃ城が帰るんじゃね!?」

僧侶「あわわ・・・・・・」

商人「いやぁ、魔物からも魔王軍からもたくさんいただきましたからねー」

商人「それを山分けして一人これだけです」

パチッ



勇者「すごい・・・・・遊んで暮らせる・・・・・・」

戦士「やばっ、興奮してきた」

僧侶「あわわわわっ」

商人「で、私が管理してた武具や道具ですが、馬車と倉庫合わせてこれだけありますので」

ズラッ

商人「道具屋などへ卸す価格で買い取らせてください」

商人「伝説級のものにはこれだけ払います」

パチパチ

商人「それで、最終的な山分け価格はこれでどうでしょう?」

パチパチンッ

勇者「え?これじゃ・・・・・・」

戦士「商人、お前全然金残らないじゃん」

僧侶「い、いいんですか?」

商人「ええ、これでよろしければ」

勇者「でも、平和になるんだし武具なんて売れなくなるんじゃ・・・・・・」

商人「安心してください。これでも私は商人です。勝算はあります」

戦士「商人がいいって言うんならいんじゃね?」

僧侶「ど、どうもありがとうございます」

商人「では、現金はみなさんに、商品は私にということで」

ドサッ

戦士「うわっ、おもっ」

僧侶「こんなお金はじめてみました」

勇者「よ、よぉし!遊んでくらせるぞぉ!」

商人「あまり無駄遣いはよくありませんよ」

勇者「大丈夫だよ。私達王様からもなんかご褒美もらえるだろうしね」

戦士「あたしも楽しみだなー」

僧侶「ですねー」

商人「それでは私はこれで」

シュタッ

勇者「もういっちゃうの?」

商人「ええ、時は金なりと申しまして。商品は早さが命です」

戦士「そっか、じゃ、がんばれよ」

僧侶「また会いましょう」

商人「お元気で」

商人「よぉし・・・・・・念願の伝説の武具を手に入れたぞ」

商人「しかも魔王討伐したという勇者印・・・・・・これは売れる!」

商人「どうやって売ろうかなぁ・・・・・・まずは安めのものからさばいていくかなぁ」

商人「聖王の遺産とかアイスソードとか伝説級のは王族関係の方のほうが高くうれそうだ」

商人「ふふふふふっ」

ワクテカッ

―――町

商人「とりあえずここにしますか」

商人「まずは根回しを・・・・・・」

町長「ほぅ、よろず屋を開きたいと」

商人「はい、お願いします」

町長「しかし、お貸しできるような店舗はございませんが・・・・・・」

商人「いえ、馬車で露店を開くつもりですので」

町長「そうですか、商店会の了解もとりませんとなりませんし・・・・・・」

商人「それは私が自分で回りますので、あとこれはつまらないものですが」

サッ

町長「いや、こんなものはありがとう」

サッ

商人「それではよろしくおねがいします」

商人「だいたいのお店は回ったかな?ん?あそこの武具屋だけ回っていなかったかな」

武具屋「おう、いらっしゃい」

商人「あ、お客じゃないんです。すみません」

武具屋「だろうな」

商人「え?なんでです?」

武具屋「いや、もう最近魔物が減っちまってな・・・・・・もう店たたもうかと思ってんだよ、はぁ・・・・・・」

武具屋「勇者だかなんだかしらねーが、こっちは商売あがったりだぜ」

商人「いや、はや、それは申し訳ないです」

武具屋「なんであんたが謝るんだよ」

商人「まぁ、これでも飲んで元気出してください」

ドンッ

武具屋「お、おお!こりゃ魔界近くの町じゃねーと手に入らない一級品の酒じゃねーか!」

商人「近くでお店開かせていただくのでご挨拶がわりにどうぞ」

武具屋「店?」

商人「ええ、ほらっ、あそこ?」

武具屋「あんっ?あんなちっぽけな屋台みてーなのか?」

商人「はい」

武具屋「ふーん、ま、いいんじゃね?酒ありがとよ!がんばりな!」

バシッ

商人「はい、お互いがんばりましょうね」

武具屋「あれじゃがんばるったってしれてるけどな!ははは」

「んっ?『勇者一行魔王討伐の武具売ります?』」

商人「いらっしゃいいらっしゃい!あの勇者一行の武具だよ!勇者様直筆鑑定書つき!」

商人「長い旅の間に使われたありとあらゆる武具が揃ってますよ!」

商人「プレミア間違いなし!100年後には伝説の遺産となること請け合い!さあ、買った買ったー」

「おい、あれマジか?」

「あ、あいつ勇者一行についてった商人じゃね?」

「やっべっ、でもちょっと高いな」

「馬鹿隣の武具屋に比べて高いのは当たり前だろ!伝説だぞ、伝説」

「そうよ!家宝になるには安い買い物よ」

「おい!これくれ!」

「わ、私はこれを!」

商人「ありやとやす!ありやとやす!」

商人(よし、よし、いい売れ行きだ。旅立ち当初の棍棒とかがこんな値段で売れるなんてなぁ)

「勇者様の使ってたこれください!」

「戦士様のこれを!」

「こ、これが僧侶様の使ってた武器・・・・・・」

商人(わ、私の使ってたものだけ売れない・・・・・・」

商人「あ、あのこれなんてどうです?」

「いりません」

「ただの中古でしょ」

商人「・・・・・・」

武具屋「な、なんだよあいつ・・・・・・」

武具屋「おかげでこっちにゃまったく人こねーじゃねーか」

武具屋「あのやろう・・・・・・」

武具屋「ま、まぁいつも人なんて来ないが・・・・・・許せん!」

武具屋「おうおうおう!商人てめぇ!」

商人「あ、いらっしゃい武具屋さん」

武具屋「いらっしゃいじゃねーよ!」

商人「どうかしましたか?」

武具屋「てめぇのおかげでこっちは商売あがったりってんだ!」

グイッ

商人「ちょ、ちょっと、それは違いますよ」

武具屋「なにがちがうんでい!」

商人「客層が違うんです。私は斬ったり体を守ったりするための武具を売っていません」

武具屋「なに!?」

商人「みなさん、インテリアや価値が上がるまでの投資として買ってる方がほとんどでしょう。私もそのつもりで売ってます」

武具屋「うっ、うぐぐ・・・・・・」

商人「ですから、武具屋さんは安心して斬ったり守ったりするための武具を売ってください」

武具屋「そ、そんなことで騙されるか!お、おれはなぁ!」

商人「な、なんですか」

武具屋「俺はうらやましいんだよ!!」

商人「な、なんと正直な・・・・・・・」

武具屋「俺にも美味しい汁すすわせろ!」

商人「そういわれましても」

武具屋「じゃ、じゃあこうしよう。俺のところの武具を勇者様が使ったってことにして売ればいい」

商人「はぁ!?」

武具屋「在庫は山ほどあるし、追加だっていくらでもきく」

武具屋「そんな数に限りのあるもん叩き売りしてちゃ、商売として続けていけねーだろ?」

武具屋「どうよ!?」

商人「う〜ん・・・・・・」

武具屋「頼むって!なっ、なっ!」

商人「お断りします!」

武具屋「なっ・・・・・・」

商人「あなたも商売人としてそれが犯罪なのはお分かりでしょう」

武具屋「うっ・・・・・・」

商人「詐欺を働くつもりはありません。お帰りください」

武具屋「お、覚えてろ!てめぇ絶対後悔するからな!」

商人「はい、私は記憶力はいい方なので」

武具屋「くっ、くそっ!」

商人「ふぅ・・・・・、まったく。じゃあ、商売続けますか。安めの武器はそこそこ売れましたかね」

商人「では、防具を売っていきますか」

「待ってました!!」

商人「えっ・・・・・・」

「はやくっ!はやく見せろ!」

商人「え、ええ。じゃ、じゃあこれが勇者の着ていた布の服・・・・・・」

「買った!」

「おい、待て!俺が先だ!」

「なんだと!」

商人「はっ・・・・・・?」

「な、生身につけてたんですか!?」

「下もセットでください!!」

商人「ま、まぁ生身につけてましたけど・・・・・・」

「他にはないのか!」

商人「えっと、戦士の来ていた危ないビキニ・・・・・・」

「おおおおおおおおおおおおおお!」

「おい!押すな!」

「くれ!売値の倍出すぞ!」

「おい、ずるいぞ!」

「他にねーのか!」

商人「え、えっと・・・・・・僧侶の来ていた水の羽衣・・・・・・」

「ちょっ!それ透けてんじゃねーか!」

「しかも水だと!?僧侶ちゃんの水・・・・・・うへへへ・・・・・・」

「下はないのか!」

商人「ど、どうしましょう・・・・・・こんなつもりはなかったのですが・・・・・・」

「勇者ちゃんのパンツくれー!」

「戦士ちゃんのむれむれの鎧くれー!」

「僧侶ちゃんのスパッツー!」

商人「ええい!私も商売人の端くれ!そして一人の男!分かりました!皆さん!」

「おっ」

商人「オークションだああああああああああああ!」

「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」

ワイワイワイ

武具屋「町長!町長!」

ドンドンドンッ

町長「なんですか騒がしい」

武具屋「俺だよ!俺」

町長「俺俺詐欺はお断りです」

武具屋「いや、俺だって」

町長「なんですか、武具屋さん」

武具屋「いや、最近ここで商売してる商人のことでよ」

町長「ああ、あの方ですか。随分繁盛なされているようですね」

武具屋「おう、それよそれ」

町長「だからなんですか」

武具屋「あいつ伝説の武具なんかもいっぱい持ってるらしーじゃねーか」

町長「そのようですね。ただ、それは普通に買える様な値段ではないようですけど」

武具屋「俺思ったんだよ。あいつの売ってるもんってよ。すげー貴重品なんじゃねーかって」

町長「それは魔王討伐の勇者様達のものだったんですから当然でしょう」

武具屋「だろ?それをあの商人あっちへこっちへ売りまくりやがってよ」

町長「それがなにか?」

武具屋「あれはもっと大事にしなきゃいけないもんだろうってことだよ」

町長「大事に?」

武具屋「そう!王国でも先王やかつての英雄達の遺産を大事にしてるじゃねーか」

町長「ええ、王国博物館ですね」

武具屋「おう!それよそれ!あいつの持ち物って一種の国宝じゃねーの?勝手に売っていいのかよ」

町長「た、たしかに・・・・・・」

武具屋「町長からも言ってやってくれよ。お前の持っているのは売っていいようなものじゃないぞって」

町長「わ、分かりました」

武具屋「頼んだぜ!」

町長「ところで武具屋さん、さっきから貴方が被ってるそれはなんですか?」

武具屋「はっ?これは勇者ちゃんのパン・・・・・・いや、なんでもない」

商人「やれやれ、1ヶ月でこれだけの売り上げならまずまずでしょうか」

商人「長い旅でしたからねぇ・・・・・・。まだ結構売れるものが残ってますね」

商人「この町はこの辺りで、別の町にいってみますか」

町長「ちょっと商人さんよろしいでしょうか」

商人「あ、町長。これはお世話になっております」

ペコッ

町長「いえ、今日はお願いがあってきたのです」

商人「お願い?」

町長「あなたの売っているものは勇者様達の武具だそうで」

商人「ええ、まぁ道具もありますけど」

町長「それをまとめて寄付する気はございませんかな?」

商人「え?」

町長「それは今後勇者様達の遺産として後世に残していかなければならないもの」

町長「そのような貴重な品はぜひ博物館に展示なされては」

商人「いや、しかし、これは私が勇者達から買い取ったものでして・・・・・・」

町長「ではその買い取った値段をお支払いしましょう」

商人「町長さん、よく聞いてください。これを私が買い取ってなければおそらくこれらは倉庫の錆となっていたでしょう」

商人「それを皆さんに喜んでもらえるものとしてこうして売ることはその商品自体の存在価値を高めるものです」

商人「それこそ有効利用というものではないですか?」

町長「博物館なら大勢の人に見てもらえます。それにメンテナンスも一般の方よりはしっかりできるでしょう」

町長「ぜひ!売っていただきたい!」

商人「しかし・・・・・・これを買値で売ってくれとは商売をご存じないとしかいいようがありません・・・・・・。私も商売人ですので・・・・・・」

町長「では、いかほどでしたら?」

商人「えっと、このくらいでしょうか」

パチパチパチッ

町長「!!?」

町長「ば、馬鹿にするのもたいがいになさい!!!バチあたりにもほどがありますぞ!!」

町長「こ、これは世界を買えるほどの値段ではございませんか!!」

商人「その通り。勇者たちはこれだけの価値のある仕事をしたのです」

町長「むぐぐ・・・・・・」

町長「皆のもの!!」

パチンッ

武具屋「おせーよ、町長」

ザッ

武具屋「わりーけど、その商品は置いていってもらうぜ」

商人「あなたでしたか」

武具屋「俺と組んでればこんなことにはならなかったのによ」

町長「申し訳ないが、こうなれば世の中のため、商人さん。あなたには泣いてもらう」

商人「ふぅ・・・・・・私手荒なことは苦手なんですが・・・・・・」

武具屋「や、やろうって言うのか。この人数相手に」

商人「こう見えても私も勇者達と魔王を倒した一人ですよ」

ザッ

武具屋「ま、丸腰で何言ってやがる!」

商人「だって、私が使ったらこれらの商品価値が下がってしまうじゃないですか」

武具屋「地獄で言ってろ!」

ズバッ

町長「あ、余り乱暴にしてはいけませんよ!」

武具屋「わぁってるって!ころさねーよ」

商人「はぁ、仕方ないですね」

サッ

トスッ

武具屋「うぐっ・・・・・・」

バタッ

町長「な、何を!?」

商人「ちょっと気絶してもらったです」

町長「わ、私達をどうするつもりだ」

商人「私も商売人として修羅場はくぐってきているつもりです。でも暴力は嫌いなのでこの辺で」

ボフンッ

町長「ごほっ、ごほっ・・・・・・煙幕!?」

ヒヒーン

商人「ではごきげんよう!」

商人「はぁ・・・・・・失敗したなぁ」

商人「敵を作るつもりはなかったんですけどねぇ」

商人「それに最後の方は使用済みランジェリーショップみたいになってしまいましたし」

商人「やっぱり狙うのは王族か富豪ですかね」

商人「では、次はあそこあたりですかね」

商人「大物を狙ってみましょう」

―――カジノの町

商人「ここなら富豪なんかも集まっているでしょう」

商人「とりあえずここにきたならまずカジノにご挨拶しておきますかね」

バタッ

商人「さて、支配人さんはどこでしょう。ん?」

勇者「ちょ、ちょっと待って!次!次買ったら返すから!」

黒服「何を言っているんですか?あなたは我々にこんなに借金があるんですよ?」

勇者「だから次勝ったら返すからぁ!お・ね・が・い♪」

黒服「可愛く言っても駄目です。さぁ、こっちへ」

グイッ

商人「あれ?なんか幻が見えてる・・・・・・」

ゴシゴシ

商人「あれ?目がおかしいなぁ」

勇者「お願い!許してぇー!」

黒服「さぁ、こちらへ」

グイグイッ

勇者「わ、私をどうする気?」

黒服「地下で働いてもらうことになるでしょうね」

勇者「ち、地下!?」

黒服「勇者様の体なら高値で買われるでしょう」

勇者「か、体を売るの!?や、やだ!」

ジタバタッ

黒服「力ずくですか?自分で作った借金なんですよ?」

勇者「うっ・・・・・・」

黒服「大丈夫です。勇者様ならすぐ買い手がつきます。それに子供を欲しがる富豪の方も多いでしょう」

勇者「こ、子供!?」

黒服「優秀な遺伝子を残したいというのは動物の本能でしょう?勇者様の遺伝子となればそれはもう高値で」

勇者「や、やだ!助けて!」

黒服「ご安心を2,3人も産んでいただければ借金は返せるでしょう」

黒服「では、勇者様地下へご案内ー」

勇者「ちょっ、ちょっとーたーすーけーてー」

商人「はぁ、ほんとに勇者さんですか・・・・・・」

勇者「しょ、商人!助けてよー。この人たち酷いんだよ!」

商人「何でこんなことになってるんですか・・・・・・」

勇者「それは・・・・・・」

商人「あの時のお金はどうしたんですか?」

勇者「遊んで暮らせるって言ったでしょ?だから遊んで暮らしてたんだよ!」

勇者「なのにカジノで遊んでたらどんどん減っちゃって!」

勇者「いつの間にかなくなっちゃったんだよ!酷いでしょ。この人たち」

黒服「勇者様のお知り合いですか?」

商人「いえ、なんか人違いでした」

スタスタッ

勇者「ちょっと!商人!お願い!待って!ま、待ってくれないと商人の恥ずかしい秘密ばらすよ!」

勇者「商人はねー!宿屋で私達と一緒の部屋のときねー!」

商人「ちょっ!!」

ダダッ

勇者「えへへ、戻って来てくれた。商人はやさしいなぁ」

商人「はぁ・・・・・・王様とかに相談すれば多少の借金くらいは何とかしてくれたんじゃないですか」

勇者「そ、それは・・・・・・」

黒服「王様からの借金はこれだけになっております」

スッ

商人「わおっ・・・・・・」

黒服「そして我々に対する借金がこれ」

スッ

商人「oh・・・・・・」

黒服「我々も本来こんなことはしたくありませんが、これも商売ですので」

商人「商売・・・・・・。いいでしょう。私の土壌ですね」

黒服「何とかできると?こちらは出るところに出て判断をあおいでもいいのですよ」

勇者「商人たすけてー」

商人「もう勇者さんは黙っててください」

勇者「はい・・・・・・」

商人「まず、この金利ですが、明らかに法定金利を超えていますね」

黒服「そ、それはこのカジノ内でのルールで・・・・・・」

商人「しかも、ここ。2重で金利をかけています。しかも明細が不明な借金がこことここに」

黒服「うっ・・・・・・」

商人「ですので、実際の借金はこれくらいではないですか?」

パチパチッ

黒服「な、何を・・・・・・」

商人「違いますか?」

黒服「うっ・・・・・・」

商人「そして勇者さんが使った借金がこれだけ。これをお返ししますのでそれでチャラにしませんか?」

黒服「き、金利は!」

商人「違法の金利、しかも2重、不明金。出るところに出てもいいんですよ?」

黒服「くっ・・・・・足元を見て・・・・・・」

商人「いかがです?それなら即金でお支払いしましょう」

商人「公にこれを晒して何も取れなくなるよりはマシではないですか?」

黒服「わ、分かりました」

商人「では借用書をいただきます」

黒服「これです」

スッ

商人「ではこちらが代金です」

黒服「ではこれにて」

ササッ

勇者「商人!それやぶいちゃって!」

商人「は?何を言っているんですか?これは私が買い取ったんです」

勇者「え、ええ!」

商人「お金はしっかり返してくださいね」

勇者「な、なんで!?」

商人「いや、当然でしょう?勇者さんが使ったお金なんですよ?」

商人「別に金利を取ろうとはいいませんし、時間がかかってもいいですから返してください」

勇者「そ、そんなお金ないよ!」

商人「それでも借金は借金です。では、私は行くところがあるのでこれで」

勇者「ちょっ!ちょっと待って!そんなに無理だから!」

商人「んー、もう、わかりませんか?私は勇者さんから金利も取りませんし、督促もしません」

勇者「?」

商人「用事があるからもう行くと言ってるんです」

勇者「わからないよ!」

商人「だーかーらー!私は勇者さんから借金を取り立てたりしないって言ってるんですよ!」

勇者「じゃ、じゃあ借金はなし!?」

商人「なしじゃありません!もうこんなことないようにしっかりしてください」

勇者「じゃあ返さないといけないじゃん」

商人「その気持ちでちゃんと働いてくださいね。それじゃ」

勇者「だ、駄目!」

ギュッ

商人「は、離してください。なんか金運が逃げていく気がします」

勇者「借金ならちゃんと返すよ」

商人「そうですか。ではがんばってください」

勇者「だ、だから・・・・・・」

商人「?」

勇者「だからお金貸して?次は勝つから」

商人「駄目だこの女・・・・・・・はやくなんとかしないと」

勇者「いいでしょ?ねっ、ねっ?」

商人「絶対駄目です!ギャンブルも禁止!」

勇者「えー、じゃあどうやってお金返せばいいのー」

商人「返す気で働いてくださいってことです。ほんとに返さなくてもいいですから!」

勇者「それは駄目だよ。商人に悪いもん」

商人「いいですから、ほんともう。それじゃ」

勇者「だめっ!」

ギュッ

商人「なんですか、もう」

勇者「わ、私働いたことないし・・・・・・」

商人「あー、そういえばそうですね。んーっ」

勇者「だ、だから・・・・・・」

商人「じゃあ実家に帰ればいいじゃないですか。うんっ、それがいいです」

勇者「いやだよ!お母さんうるさいし」

商人「若いうちに孝行はしておけと言いますよ」

勇者「もうしたもん」

商人「いや、確かに世界救いましたけど・・・・・・」

勇者「じゃあ、体で払う」

商人「ぶっ!」

勇者「体で商人に借金払うから」

商人「げほっ・・・・・・げほっ・・・・・・何言ってるんですか!」

勇者「んふふ、知ってるんだよ。商人が宿屋で私達が着替えてるとき、チラチラこっち見てたの」

商人「ちょっ!!」

勇者「それに私達が部屋にいないとき一人で・・・・・・」

商人「わーーー!わーーーー!」

ブンブンッ

勇者「だから商人欲しいでしょ。私の体」

モジモジ

商人「駄目です!」

勇者「えー、なんでー」

商人「それじゃ私はさっきの黒服と同じじゃないですか」

勇者「あ・・・・・・」

商人「私はお金で勇者をどうこうするつもりはありません」

商人「勇者はちゃんと働いてください」

商人「働き方が分からないというならちょっと私のところで働いてみればいいでしょう」

勇者「ほ、ほんと!?」

商人「リハビリが終ったら普通のところで働いてください」

勇者「リハビリって・・・・・・ひどい」

―――露店

商人「分かりましたか?こっちが売る値段表、こっちが買う値段表」

勇者「う、うん」

商人「返事ははい!です。勇者さんは見習いなんですから」

勇者「えー」

商人「給料下げちゃいますよ」

勇者「は、はい!」

商人「よろしい」

勇者「商人のくせに・・・・・・」ボソッ

商人「何か言いました?」

勇者「ううん!」

商人「うーん、あとちょっと変装しておいたほうがいいですね。ほらっ、これ被って」

勇者「うわっ、なにこのフード」

商人「勇者さんが自分で売ってるなんて価値が下がってしまいますからね」

勇者「そういうものかな」

商人「では私は商談がありますので、出かけます。お願いしますね」

勇者「は、はい」

勇者「は、働くの初めて・・・・・・」

ドキドキ

勇者「い、いらっしゃいませぇ・・・・・・」

ドキドキ

勇者「い、いらっしゃいませー」

勇者「お客さんこないなぁ」

「んっ?勇者様の武具だって?」

勇者「あ、いしゃしゃいまふぇ」

勇者「あうあう」

「これ、あの勇者様が?」

勇者「は、はい。そう!あの超絶かわいくて、超絶かっこよくて、超絶モテモテの勇者様のだよ!」

「へぇ、この武器は?」

勇者「あ、それは1つ目のダンジョンの奥で見つけたやつだよ。結構長く使ってた」

「こっちは?」

勇者「それは魔物が持ってたやつで見た目は悪いけど切れ味はいいよ」

「詳しいね、お嬢さん」

勇者「え、あっ、という話を聞いたんです」

「ほー、まぁ鑑定書もついてるし、これいただけるかい?」

勇者「えっと、じゃあ値段表はどっちだっけ・・・・・・んーっ、これ」

「え?こんなに安いの?」

勇者「うん、そうみたいだけど・・・・・・」

「ラッキー、じゃ、これとこれも」

勇者「は、はい」

「え?マジ。安売り?」

「すげー伝説がこんな安いなんて」

ワイワイワイ

商人「はぁ、どうしよう。勇者さんアレ絶対疫病神だよ」

商人「前儲けたお金が消えてしまった・・・・・・」

商人「ついつい雇っちゃったけど・・・・・・うーん」

商人「おいてっちゃおっかなぁ」

商人「絶対金運下がる・・・・・・」

商人「しかし、勇者さん生活力ないから一人じゃ厳しいかもなぁ」

商人「実家帰ればいいのに・・・・・・」

富豪「貴重な品を売りたいとな?」

商人「はい」

富豪「ほぅ、見せてみよ」

商人「こちらでございます」

富豪「こ、これは」

商人「これこそは勇者が魔王軍との戦いで使いし剣。振れば疾風、突けば稲妻のまさに伝説の剣でございます」

富豪「お、おお・・・・・して、そなたは?」

商人「勇者とともに旅をした商人でございます」

富豪「なるほど、偽者ではなさそうだな」

商人「勇者から直々に渡された品でございます」

富豪「して値段は?」

商人「こちらで」

パチパチ

富豪「こ、これは、いや、しかし、高すぎではないか?」

商人「この値段は世界の平和の値段。そしてそれを買われる富豪様の価値となりましょう」

富豪「ほ、ほほぅ」

商人「世界を平和に導いたこの武具を持っているだけで、社交界などでの立場もあがりましょう」

富豪「ほ、ほんとうか!」

商人「はい。そしてこれを持っているということは世界の平和に貢献した証でもあるのです」

富豪「おお」

商人「清廉潔白、人望にも厚い富豪様にはぴったりのお品でしょう」

富豪「うむっ!買った!」

商人「ありがとうございます!」

商人「やれやれ、やっと一つ売れました」

テクテク

商人「勇者さんは頑張ってますかね」

勇者「あ、商人!!」

商人「勇者さん。お店番ご苦労様でした。どうでしたか?」

勇者「ほらっ、渡されたのは全部売れたよ!」

商人「どれどれ、ほほぅ、これは」

勇者「はい、これお金」

商人「・・・・・・」

商人(これは、勇者さん売値と買値間違いましたね・・・・・・)

商人(うむむ・・・・・・怒っては駄目です・・・・・・ぐぬぬぬ)

商人「ゆ、勇者さん・・・・・・」

ビキビキ

勇者「うん!」

商人「よ、よくやってくれました。勇者さんは出来る子ですね」

ナデナデ

勇者「えへへ」

商人(褒めて育てる・・・・・・褒めて育てる・・・・・・損して得とれ・・・・・・)

勇者「サービスにもう一個つけたらすごい勢いで売れたんだよ!」

商人「!!?」

勇者「どうしたの?」

商人「こ・・・・・・こ・・・・・・」

勇者「?」

商人「ハァーハァー!」

勇者「ん?」

商人「・・・・・・今日はもう休みましょう。疲れました」

勇者「うんっ!」

―――宿屋

商人「二部屋お願いします」

商人(一人になりたい・・・・・・私は貝になりたい)

勇者「えー、もったいないよ。いつもみたいに一部屋でいいよ」

商人「いえ、あの、勇者さん」

勇者「一部屋でお願いします」

宿屋「あいよ。お楽しみください。うひひひひ。はい、カギ」

勇者「どーも。さ、いこ」

商人「・・・・・・」

勇者「あれ?商人もう寝ちゃうの?」

商人「ええ、疲れましたので」

勇者「えー、お風呂はー?」

商人「結構です」

勇者「んふふー、背中流してあげようと思ったのにー」

商人「結構です」

勇者「ほらっ、見て見て商人」

商人「ん?」

勇者「ほらほらっ、セミヌード」

グイッ

商人「はぁ、もう。勇者さんももう子供じゃないんですからそういうことやめてください」

勇者「えー」

商人「私だって男なんですよ」

勇者「知ってるよー」

商人「だからそういうことは・・・・・・」

チラッ

勇者「みたっしょ?」

商人「な、何を?」

勇者「んふふー。今みたっしょ?ちらっと」

商人「し、知りません!」

勇者「結構おっきいでしょ、ね」

商人「お休みなさい!」

ガバッ

勇者「あーあ、ほんとに寝ちゃった」

勇者「つまんないのー」

勇者「ふぅ、あれ?これって」

勇者「経理簿?商人のかな」

勇者「えへへ、商人の財産ご開帳ー♪なんちゃって」

ペラッ

勇者「お・・・・・・おおー黒字だー」

勇者「あ・・・・・・これ私の借金返したところでほとんど0に・・・・・・」

勇者「!?」

勇者「あ・・・・・これって私の今日の売り上げ・・・・・・あっ、売値と買値の表が・・・・・・」

勇者「じゃ、じゃあなんで怒らなかったんだろう?」

勇者「それどころか褒めて撫でてくれたのに・・・・・・」

勇者「商人馬鹿なのかな?」

勇者「ってそんなわけないか・・・・・。怒らないでくれたんだ・・・・・・」

勇者「商人・・・・・・」

勇者「ごめんなさい・・・・・・ごめんなさい・・・・・・」

ポタポタッ

勇者「ありがとう・・・・・・商人」

ギュウッ

商人「んむぅ、むにゃむにゃ。褒めて育てるぅ・・・・・・」

勇者「おやすみなさい。商人」

チュッ

チュンチュン

商人「んぅ、朝か・・・・・・」

ムニュ

商人「んっ!?」

勇者「むにゃむにゃ・・・・・・商人ー」

商人「な、なんでこっちのベッドに勇者さんが・・・・・・」

チラッ

商人「こ、この果実は・・・・・・い、いけないけない!」

商人「勇者さん!勇者さん!朝ですよ!」

ユサユサ

勇者「んーっ、あと5分ーむにゃむにゃ」

商人「時は金なりですよ!勇者さん!」

勇者「んーっ、あっ、商人!商人ー!」

グイッ

商人「ちょっ!パジャマで抱きつかないでください!」

勇者「商人!私がんばるからね!商売がんばろうね!」

プニプニ

商人「だ、だから色々やわらかいので抱きつかないでください」

勇者「えへへー、ノーブラだよー」

商人「やめなさい!」

グイッ

勇者「ぶー」

商人「なんですか、これ・・・・・・昨日よりうっとうしくなってる・・・・・・」

商人「もう、いつまで腕に抱きついているんですか」

勇者「いいじゃん。ねー、商人ー」

宿屋「お客さん。昨晩はお楽しみでしたね?うひひひひひ」

商人「楽しんでません!」

勇者「楽しいなー。商人と商売楽しいなー」

商人「まぁ勇者さんもちょっとは働くということがわかったでしょう」

勇者「うん!私一生懸命働く!」

商人「がんばってくださいね。ギャンブルなんてもう駄目ですよ」

勇者「絶対しない!」

商人「それはよかった。では見習いは卒業という事で」

勇者「お・・・・・・おお!じゃあ今度から共同経営者ということに」

商人「なんでそうなるんですか!」

勇者「じゃあ私はこれからどうなるの?」

商人「はい、これ昨日のお給料」

トサッ

勇者「え・・・・・・」

商人「それだけあれば実家にも帰れるでしょう。それで今度は真面目に働いてください」

勇者「こ、こんなの私もらえないよ!」

商人「労働にはこうして対価が払われるんですよ。知りませんでしたか?」

勇者「で、でも昨日私あんなに損を・・・・・・」

商人「損?なんのことですか?昨日はもう儲かっちゃってウハウハですよ」

勇者「・・・・・・」

商人「もう、あなたの給料からも諸経費と指導料ってことで色々引いちゃったりしてね」

勇者「でも赤字・・・・・・」

商人「これも労働者の厳しさという奴ですよ。あはは。帰ったらこんな風に搾取されない所でがんばってくださいね」

勇者「で、でも・・・・・・」

商人「さて、私はこれで」

ササッ

勇者「・・・・・・」

グッ

商人「あ、あの腕離して」

勇者「・・・・・・なら帰る」

商人「え?」

勇者「・・・・・・商人と一緒なら帰る」

商人「はっ?何言ってるんですか?」

勇者「一緒に帰ってお父さんとお母さんに会ってくれるなら帰る!」

商人「な、なんで私が一緒に行かないといけないんですか!」

勇者「そ、それは・・・・・・ごにょごにょ///」

商人「いや、ほんとお願いします。一人で帰ってください」

勇者「もう馬鹿!何でわかんないの!」

商人「わかりませんよ。なんで私が勇者さんの両親にあったりしないといけないんですか」

勇者「だ、だったらついていく!」

商人「はぁ!?」

勇者「借金返すから!はい、これも返す」

商人「それはお給料なんですからちゃんと受け取ってください」

勇者「駄目!」

グイッ

商人「いや、ほんともう勘弁してください、ねっ」

勇者「今朝も私の体見てたくせに・・・・・・」

ボソッ

商人「はっ!?いや、あれはその・・・・・・」

勇者「ほんとに見てたんだ」

商人「うっ・・・・・・」

勇者「商人に汚されちゃった・・・・・・」

商人「何もしてません!」

勇者「一緒ならまた見えるかも」チラッ

商人「うっ」

勇者「一緒についていっていい?」

商人「あーもう!勝手にしてください」

勇者「じゃあ一緒に商売するってことで、決まり!」

ギュッ

商人「はぁ・・・・・・どうしてこうなった」

商人「あれから一週間、勇者さんもなかなか様になってきましたね」

勇者「えへへ、でしょ!私褒められて伸びるタイプだから」

商人「ほらっ、また顔が見えちゃってますよ」

グイッ

勇者「あ、そ、そうだった」

商人「もっとフード深くかぶって。勇者さんとバレたら大変なんですから」

勇者「そんな大変かなー?」

商人「その証拠に私の装備してた武具はまったく売れません」

勇者「それは別の理由なんじゃないかな」

商人「そ、そうですか?」

勇者「あ、げ、元気出して!」

商人「でも勇者さんの武具の商品価値は顔を見せない方がいいでしょう」

勇者「そっかな、この町で私遊んでたから結構有名なんだけど」

商人「ま、まぁそこそこ売れましたから次の町に行きましょう」

―――山里の村

勇者「ほんとにこんな所なの?」

商人「ええ、ここでいいです」

勇者「でもこんな小さな村じゃお金あんまりないんじゃ」

商人「別に私は勇者さんたちの武具だけ売ってるわけじゃありません」

商人「道具や食料なんかも売ってますし、特にこういった小さな村にはそれが必要なんですよ」

勇者「へぇー」

商人「流通がなくなっては村が困ってしまいますからね」

勇者「それで商人が売りに行くんだ」

商人「ええ、この村には昔、お世話になりましたから。定期的に来させていただいてます」

勇者「商人はえらいねー」

ギュッ

商人「あのー、腕そろそろ離してくれませんか?人に見られますし」

「えい!やー!」

ブンブンッ

戦士「ほらっ!声が小さいぞー!そんなことじゃあたしみたいに強くなれないぞー」

「はーい!先生」

「えい!!やー!!」

ブンブンッ

商人「おや、あんな道場ありましたっけ」

勇者「あっ!戦士だ!」

勇者「おーい!戦士ー!」

フリフリ

戦士「次は受身を行くぞー!・・・・・・ん?あ、勇者!それに商人じゃないか」

勇者「ひさしぶりー」

商人「お久しぶりです。戦士さん」

戦士「お前ら悪い、今日の稽古はここまでだ」

「えー」

「よかったー、やっとおわったー」

「先生の稽古厳しいんだもんねー」

「ねー」

戦士「そんなこと言ってると強くなれないぞ」

「きゃー怒ったー」

「きゃははははー」

バタバタバタッ

戦士「ははは、もうワンパクなガキばっかでね、困っちゃうぜ」

戦士「んで、お前らどうしたんだ?それ。腕なんて組んじゃって」

商人「いや、あのこれは、もうっ!離してください!」

ブンッ

勇者「あー、ひどいー」

戦士「何?お前ら付き合ってんの?」

勇者「つ、付き合ってはいないけど・・・・・・///」

戦士「まぁいいや。んで、ここには何をしに?」

商人「道具屋食料を売りに来たんです。戦士さんは?」

戦士「ここあたしの生まれ故郷なんだよ。だから戻ってきたってわけ」

戦士「んで、あの時のお金で道場建てて剣を教えてるんだ」

勇者「へぇー、でも剣は捨てるって言ってたのに」

戦士「斬るための剣は捨てたよ。だから今は守るための剣を教えている」

商人「守るための剣ですか。戦士さんらしいです」

戦士「って言っても門下生はさっぱりなんだけどな」

勇者「そういえば子供ばっかだったねー」

戦士「んで、勇者はなんで商人と一緒なんだ?」

勇者「それが商人に借金しちゃって、働かせてもらってるの」

戦士「へ?マジ?」

商人「ええ、まぁ。これ借用書」

ペラッ

戦士「お、おい!なんだよこの金額。どうやったらこんなに借金できるんだ!?」

勇者「それで商人ってば毎日私に無理やり奉仕させて・・・・・・」

戦士「なっ・・・・・・」

商人「ちょっ!!」

勇者「借金で縛られてるからってあんなことやこんなことまで・・・・・・よよよ」

戦士「商人!!てめぇそこまで堕ちたか!!」

グイッ

商人「く、苦しい・・・・・・」

商人「ち、違うます!」

戦士「何が違うって言うんだ!」

グイグイ

商人「わ、私がそんなことすると思いますか!?」

戦士「えっ、そうだな・・・・・・うーん」

商人「分かってくれましたか」

戦士「思う!」

グイッ

商人「ちょっ!」

戦士「なんか旅の途中お前がいやらしい目で見てたような気もする!」

商人「うぐぐっ・・・・・・」

ジタバタ

勇者「せ、戦士やめて!」

戦士「あちゃー、完全に白目むいてる」

勇者「ご、ごめん」

戦士「冗談なら冗談っていってよ。ったく」

戦士「完全にギャンブルで借金こさえたお前が悪いんじゃないか」

勇者「いやぁ、あはははは」

ポリポリ

戦士「笑ってごまかすな!」

勇者「い、今はちゃんと商人と一緒に働いているんだから!」

戦士「だったらそう言えよな。奉仕とか紛らわしいこと言うからだ」

勇者「だいたいあってるよ」

戦士「おーい、商人おきろー」

ペシペシ

商人「うう・・・・・ん」

商人「お師匠様・・・・・・今逝きます」

戦士「死ぬな!」

バシッ

商人「はっ!ここは!」

戦士「ふぅ!」

勇者「戦士やりすぎだよ」

戦士「お前が言うな!」

商人「いたた、その様子じゃ分かってくれたみたいですね」

戦士「悪かったな。まぁ休んでいってくれ」

商人「そうさせていただいます。でも何で勇者さんあんなことを・・・・・・」

勇者「だ、だって私の腕振り払って戦士ばっか見てるし・・・・・・」ボソボソ

商人「え?」

勇者「なんでもない!」

商人「しかし、戦士さんほどの道場に子供だけとは厳しいですね」

戦士「まぁな。何か目を引くものでもあれば違うんだろけどな」

商人「目を引くもの?」

戦士「ああ、そう『神剣』とか道場の看板になるようなものでも・・・・・・」

商人(こ、この流れは・・・・・・マズイ!!)

商人(私の貧乏神センサーが激しく警告しています。ここにいてはマズイと・・・・・・)

商人「あっ!用事思い出しました!じゃ、これで」

戦士「へ?」

勇者「えー、もう少し休んでいくんじゃないのー?」

商人「食料と道具を置いたらすぐ出ないと!さっ、勇者」

パチッ

商人(気づいてください勇者。ほらっ、このウインクで!)

パチッパチッ

勇者「?」

キョトンッ

商人「さあ、急ぎましょう」

パチパチッ

勇者「えへへー、そ、そんな誘惑されちゃったら困っちゃうなー」

商人(何言ってんの!?この子)

商人「違います!」

勇者「違うの?」

戦士「あ、そうだ!商人、お前アレもってたよな」

商人「あ、あれ?あ、これですか。はい、やくそう。修行には怪我が付き物ですからね」

商人「それじゃ!」

戦士「ありがと、もらっとくよ。んでアレなんだけど」

商人「あ、あれですね!はい、毒消し草。この辺蛇も多いでしょ」

戦士「いやぁ、いろいろもらっちまって悪いな。んで、アレなんだけど」

勇者「伝説の剣のこと?」

商人「ちょっ!!!」

戦士「そうそう、あれ看板にすれば人も寄ってくると思うんだ。村も発展するだろうし」

勇者「そうだねー」

戦士「商人、アレ譲ってくれないかな」

商人「あっ・・・・・・あう・・・・・・・あうっ・・・・・・で、では買っていただけるということで?」

戦士「ああ、ただなんていわねーよ」

商人「これはこのお値段になります」

パチパチッ

戦士「おい!これは桁が4つか5つくらい多いんじゃないか!?」

商人「わ、私はこれで売れるものと思っています。それだけの価値があると」

戦士「あたし達から買ったときはこんな高くなかっただろ!!」

勇者「そうだよ!もっと安い値段で買ってたよ!」

商人「あの勇者さん。あなたは私の商売仲間ですよね・・・・・・」

勇者「あ、そうだった、てへっ」ペロッ

商人「勇者さんはもう黙っててください!」

戦士「お前私達を騙しやがったな!」

商人「騙すとは人聞きが悪い!安く買って高く売る!これは商売の基本です」

戦士「そ、それでもこれはいくらなんでも」

商人「それに伝説の剣があればこの道場が流行ると思っているようですが、私はそうは思いません」

戦士「なんだって?」

商人「伝説の剣に集客力は確かにあるでしょう。魔王を倒した勇者の遺物の中でも最高のものですからね」

勇者「あの・・・・・・私まだ死んでない」

商人「それはこの世界の平和と同等の価値があるといっていいでしょう」

戦士「だ、だったらそれさえあればここはもっと・・・・・・」

商人「そうですか?私にはそれよりもっと素晴らしい価値のあるものがここにはあると思いますが」

戦士「え?ど、どこに?」

キョロキョロ

商人「それは・・・・・・戦士!あなた自身です!!」

ビシッ

戦士「!!」

商人(よし!いけるか!?)

商人(この剣は・・・・・・この剣だけは手放したくない!)

戦士「あ、あたし自身・・・・・・だって!?」

商人「そうです。魔王を倒した戦士さん、それ自体伝説であり、みんなの憧れでしょう」

戦士「で、でも子供しか習いにこないし・・・・・・」

商人「それは宣伝が足りないからです」

戦士「宣伝?」

商人「ええ、この道場の前以外にここがわかる看板はありますか?」

戦士「いや、だってこんな狭い村じゃ必要ないし」

商人「ここにではありません。世界中の町にです」

戦士「町に?」

商人「ええ、『魔王を倒せし戦士道場』とでもしてここを紹介すれば門下生などいくらでも集まるでしょう」

戦士「な、なんかそれ恥ずかしくね?」

商人「あなたのような超一流の戦士に剣を習えるのです。恥ずかしがる必要などありません」

戦士「あははは、そ、そっかなぁ。なんか照れるなぁ」

テレテレ

商人「ですので、伝説の剣などなくてもあなたは十分伝説です」

戦士「なるほど」

商人(よかった・・・・・・いけたか・・・・・・本当によかった・・・・・・・)

勇者「じゃあ戦士が伝説の剣を持ったら2倍すごいね!」

商人「あああ!もうこの子はあああああ!」

ガシガシ

勇者「頭かゆいの?」

戦士「そりゃそうだ!商人、剣も欲しいぞ!」

商人「代金をいただかない限りお譲りできません!これは商人としての誇りの問題です!」

戦士「そこをなんとか・・・・・・なっ、仲間のよしみで」

商人「では仲間のよしみで、この値段で」

パチンッ

戦士「だから高いって!!」

商人「これ以上はまかりません!」

戦士「じゃ、じゃあ借金で・・・・・・ん?勇者そういえばあんたの借金返すあてあるの?」

勇者「うん、商人と一緒に商売して帰すんだー」

戦士「そ、そんな儲かるの?」

勇者「すごいよ!」

商人「あ、なんかまたやな予感・・・・・・」

戦士「じゃああたしも・・・・・・」

商人「あっ!!急に電波が来た!!呼ばれてます!これで失礼!」

ダッ

戦士「待て」

ガシッ

商人「あ、あの戦士さん痛いです・・・・・・。肩が・・・・・・」

戦士「商人の誇りは分かった。だからお金は払う」

ギリリリッ

商人「いたたたたっ、ちょっ、ちょっと・・・・・・お金ないんでしょう?」

戦士「だから体で払う」

商人「体でって・・・・・・」

チラッ

戦士「な、何見てんだよ!違う!あたしもお前と一緒に行く」

商人「あっ、電波が強くなってきた!聞こえません!何も聞こえません!」

戦士「あたしも商人の商売に協力するから、なっ!」

商人「ど、道場はどうするんですか!」

戦士「大丈夫だって!どうせガキどもも遊び半分で来てるんだから」

商人「あ、あなたに剣を教える資格はない!!」

戦士「そういうことだから、よろしく、ねっ」」

ギリリッ

商人「か、肩が・・・・・・」

戦士「いいだろ?」

ギリリリッ

商人「わ、分かりました!ただし、お金払ってくれないと絶対売りませんからね!」

戦士「やった!」

商人「疫病神が二人に・・・・・・」

_| ̄|○ il||li

戦士「大丈夫だって!今だって商談成立させたでしょ?あたし結構商売の才能あるかも」

商人「いや、今のは脅迫・・・・・・」

戦士「それ商売に必要じゃね?」

商人「まぁ時には必要ですが・・・・・・はぁ・・・・・・」

勇者「わー、また3人で旅だ!なんか昔に戻ったみたい!」

キャッキャッ

―――夜

ソーッ

戦士「おい、勇者どこへいく」

勇者「あ、いや、トイレ」

戦士「部屋の中にあるぞ。そっちは廊下へ行くドアだ」

勇者「えっと、その・・・・・・えへへへへ」

戦士「商人のところか?」

勇者「いやぁ、まぁ寝る前に挨拶しておこうかと」

戦士「駄目だ」

勇者「えっ?」

戦士「さっさと寝ろ」

グイッ

勇者「な、なんでー別に変な事しないよ!一緒に寝るだけだから」

戦士「何か気に食わないから」

勇者「えー?」

戦士「おやすみ」

商人「では次は砂漠の町を目指します。あそこは大富豪が多いようですからね」

勇者「はーい」

戦士「へーい」

商人「戦士さん、これから商売について色々教えていきますから。私のことは師匠と思うように」

勇者「はーい!師匠ー!」

ギュッ

商人「だから腕に絡まないでください!」

戦士「砂漠の町っていうと結構とおいなー」

商人「ええ、ですので道中十分気をつけていきましょう」

戦士「気をつける?」

商人「泥棒や強盗などです。商人はいつもその危険に晒されることになりますから。高価な品を持っていれば特に」

戦士「んなもん、全部ぶった斬ればいいじゃん」

商人「駄目です、守る剣にしたんでしょう?」

戦士「守るために斬るのはいいんだよ」

商人「私の指示に従ってください」

戦士「へいへい」

―――山道

山賊「おう、てめぇらちょっと待ちな」

商人「出ましたか」

山賊「へへへ、ここを通りたきゃ通行料を払っていきな」

戦士「よっしゃー!あたしに任せろ!」

ジャキンッ

商人「駄目です!!」

戦士「な、なんでだよ」

勇者「商人どうする気?」

商人「通行料はおいくらほどですか?」

戦士「なっ!」

山賊「そうだなー。荷物全部と、へへへっ、そのきれーなお嬢ちゃん二人置いていってくれればお前は通っていいぜ」

商人「それはちょっとお高い」

山賊「んだと!?」

商人「現金であれば多少お渡ししましょう。こんなものでいかがですか?」

パチパチッ

山賊「て、てめぇ舐めてんのか?」

商人「いえ、お互い怪我はしたくないでしょう。お金で済むならそれで済ませたいというだけです」

山賊「怪我、俺達にか!?」

商人「ええ、これでも私達は結構な使い手ですよ、やりますか」

スッ

山賊「あっ、こ、こいつらあの勇者・・・・・・」

山賊「でも、女二人だぞ。やっちまってもいいんじゃねーか」

山賊「待て待て。危険な橋渡るこたあねぇ!てめえら金払おうっていうんだな」

商人「ええ」

山賊「通りな!」

商人「では、これお金です」

山賊「おう!」

戦士「なんでやっちまわなかったんだよ!この腰抜けやろう!」

商人「それはですね・・・・・・」

戦士「あー、もう言い訳なんて聞きたくねー。見損なったぜ!」

戦士「あれが商人の誇り!?笑わせんじゃねーよ!」

勇者「せ、戦士おちついてよ」

商人「ではあのまま戦って皆殺しにでもするつもりだったんですか?」

戦士「そ、それは・・・・・・」

商人「そこまでして守るための剣ですか?」

戦士「で、でも追い払うくらいは・・・・・・」

商人「それで誰かが怪我をしたら?殺してしまったら?」

商人「私達商人は全てのものがお金で買えると思っています。平和でも命でも」

商人「だからお金で解決できるならそれが一番なんですよ。勝てるとも限りませんし」

戦士「勝てるさ!」

商人「世の中には隠れた実力者がたくさんいるものですよ」

戦士「じゃあなんでそいつは魔王討伐にいかなかったのさ!」

商人「正しいことだけに力が使われるわけじゃないからです」

商人「分かりませんか?」

戦士「わっかんねーよ!」

商人「それは残念」

商人「もうすぐ町ですね」

勇者「つかれたよー」

戦士「・・・・・・」

盗賊「おう!ひゃっはー。待て!」

戦士「またか」

商人「なにか御用でしょうか」

盗賊「おうよ!親分が御用なんでい!」

親分「俺の言うことはいつも一言だけだ!奪って晒せ!」

盗賊「ヒャアアアアアハー!」

商人「逃げますよ!」

戦士「うりゃああー!」

ドガッ

盗賊「いつつ!」

戦士「逃げたきゃ一人で逃げろ!意気地なしめ!」

勇者「せ、戦士」

盗賊「親分ー!」

親分「俺に二言目を言わせるたぁな。どっせい!」

ガキーン

戦士「ぐあっ!け・・・・・・剣が・・・・・・」

勇者「真っ二つだ・・・・・・」

親分「生半可な腕で挑んできたこと後悔するなよ」

盗賊「親分カックイー!」

親分「せいやああ!」

商人「危ない!」

ダンッ

戦士「わっ」

商人「うぐぐっ・・・・・・」

ボタタッ

勇者「い、今回復を・・・・・・」

商人「そんな時間はありません。人間はモンスターみたいに待ってくれませんよ」

戦士「あっ・・・・・・あっ・・・・・・そんな・・・・・・」

親分「そのとおり!」

ブンッ

商人「目潰し!!」

ババッ

親分「いでぇ!こんなもの!」

ゴシゴシ

商人「煙幕!」

ボフーン

盗賊「ど、どこ行きやがった」

商人「さあ今のうちに・・・・・・うぐぐっ」

勇者「戦士!肩貸して!」

戦士「あ、ああ・・・・・・」

勇者「回復回復ー」

戦士「まったくお前は・・・・・・」

商人「いつつ・・・・・・卑怯でしたか?目潰しに煙幕なんて。でも、それが私です」

戦士「そ、そうじゃねーよ」

商人「?」

戦士「な、なんであたしを助けたんだよ」

プイッ

商人「は?」

戦士「お、お前は逃げようって言ってたのに聞かずに向かっていったのはあたしなのに・・・・・・」

商人「そんなの当たり前じゃないですか」

戦士「えっ!?」」

ドキッ

商人「だって戦士さんは私の」

戦士「う、うんっ」

ゴクッ

商人「私の大事な・・・・・・」

戦士「だ、大事な?」

ドキドキ

商人「弟子ですからね。弟子のケツを拭くのも師匠の役目です」

戦士「はぁ!?」

商人「だから気にしないでください」

戦士「こんの・・・・・・馬鹿!」

バシッ

商人「いたっ!」

勇者「戦士駄目だよ!まだ怪我してるんだから!」

戦士「馬鹿!・・・・・・馬鹿!!」

ボタボタッ

勇者「戦士泣いてるの?」

商人「け、けつは余計でしたかね、は・・・・・・ははは。ごめんなさい」

戦士「馬鹿・・・・・・」

―――砂漠の町

商人「いやぁ、被害も最低限で着いてよかったですね」

戦士「最低限じゃねーよ!」

商人「ええ、まぁ、ちょっとだけお金減りましたけど」

戦士「お、お前の体は最低限じゃねーっての!///」

商人「え?」

勇者「戦士顔赤いよ?」

戦士「うっ、うっさい!疲れたから今日は休もう!」

商人「そうですね、荷物と馬車預けてきます」

勇者「やっとベッドで休めるー」

―――宿屋

商人「あ、あの戦士さん、なんで私のベッドに・・・・・・」

戦士「勇者がお風呂入ってる間にちょっと話したいことが・・・・・・ごにょごにょ」

ズイッ

商人「ち、近いですって!」

戦士「嫌か?」

商人「そ、そんなことないですけど」

戦士「そうだよな。あたし見たいなガサツな女魅力ないもんな・・・・・・」

商人「そんなことないですよ」

戦士「え?」

商人「戦士さんは十分魅力的な女の子ですよ、どうしたんですか、元気ないですね」

戦士「そ、そお?魅力的?み、魅力的って言われちゃった///」

ピトッ

商人「な、なんでくっつくんですか!」

戦士「な、なぁ・・・・・・お金で買えないものはないって言ってたよな」

商人「ええ、まぁ」

戦士「じゃ、じゃあ何であの時あたしを庇ったり、その一緒に旅に同行させたりしてんだよ」

商人「へっ?」

戦士「お金が大事なんだろ?それなのに損することばかりしてねーか?」

商人「私には全部お金で世の中が見えるんですよ。剣の値段、鎧の値段、国の値段」

商人「人の気持ちの値段、幸せの値段、やさしさの値段」

商人「だから私の守ったものの値段もお金で換算されています」

戦士「い、いくらくらいだよ。あたしの値段は」

商人「ふふふっ、秘密です」

戦士「で、でも商人にだったら・・・・・・あたしの値段全部あげても・・・・・・」

ドキドキ

勇者「あーーっ!いいお風呂だったー」

バターンッ

ババッ

戦士「は、ははははははやかったな!ゆゆゆ勇者!」

ドキドキドキ

戦士(あ、あたし何言ってたんだ。頭がボーっとして)

商人「///」

戦士(商人が顔赤くしてる・・・・・・)

戦士(も、もしかして商人もあたしのこと・・・・・・)

ドキドキ

商人「ふ、服!」

戦士「服?」

商人「服くらい着て出てきてください!勇者さん!」

勇者「だって暑かったんだもん」

勇者「あーっ、赤くなってる。見た?見たっしょ?」

商人「見てません!」

戦士「・・・・・・」

商人(やっとこれで逃げられますかね)

商人(私には夢があるのです)

商人(いつか世界をまたにかけた大きな貿易の中心に立つという夢が)

商人(そのためにはこんなところで立ち止まってはいられません)

商人(さすがに疫病神二人はきつすぎます)

商人(お金も手紙も残していきますし、大丈夫でしょう)

商人(朝になったら二人が寝てるうちにでましょう)

商人(出ましょう・・・・・・と思っていたのに)

商人「なんで二人とも私のベッドで腕掴んで寝てるんですか!」

商人「はっ、まさか先手をうたれた!?この私が!?」

勇者「んぅー、もう朝ぁ?あと5分〜」

戦士「ああーなんかいい夢見た・・・・・・って商人!?なんでここに!」

商人「それは私の台詞です」

戦士「い、いやぁ、寝相が悪くってさぁ、悪い悪い///」

勇者「わたしも寝相がー」

戦士「いや、あんたと商人のベッド端っこ同士だし!真ん中のあたしなら分かるけど何であんたが逆の端に来てんだよ!」

勇者「それはもうすごい寝相で、えへへ」

戦士「この・・・・・・」

商人「はぁ・・・・・・もういいです。一緒にいきましょう」

戦士「おう!」

勇者「はーい」

勇者「あの、二人とも私の腕に捕まるのやめてくれませんか?」

勇者「いいじゃん、ねー。あったかいし」

勇者「ここ砂漠ですよ」

戦士「あたしは片方だけじゃバランス悪いだろうから仕方なくだよ。べ、別にやりたくてやってんじゃねーからな!」

商人「動きにくいんですが」

勇者「いいからいいから」

戦士「そうそう」

宿屋「お客さん、昨晩は二人相手にハッスルですか。お楽しみでしたね。うひひひひひ」

商人「あの・・・・・・余計な事言わずにお会計してください」

商人「では私は富豪の方々と交渉にいってきますので、お店お願いしますね」

勇者「はーい」

戦士「任せろ!」

商人「これが売値の表、これが買値の表ですからね」

勇者「うん」

戦士「了解」

商人「そして、これが売値の表、これが買値の表ですからね」

勇者「なんで二回いったし」

商人「最後に、これが売値の表、これが買値の表ですからね」

勇者「3回目!?」

商人「間違えないようにお願いしますね。あと割引は1割まで。それ以上つけてはいけませんよ」

戦士「な、なんかこまけぇな」

勇者「大丈夫大丈夫。私でも出来たんだから」

商人「じゃあお願いしますね」

勇者「ほらっ、これ被って」

戦士「な、なんだよこのフード」

勇者「これ被って売らないとだめなの」

戦士「な、なんで?」

勇者「えーっと商品価値がなんとか」

戦士「はぁ?こんなの被ってられるか」

勇者「商人がそうしないとって」

戦士「し、仕方ねぇな。被っておくか・・・・・・」

パサッ

勇者「いらっしゃい!いらっしゃーい!」

戦士「い・・・・・・いらっっしゃ・・・・・・・い」

勇者「駄目だよ。戦士、もっと大きな声出さないと」

戦士「な、なんだよ偉そうに」

勇者「私これでも先輩店員ですから」

エヘンッ

戦士「大して違わないだろ」

勇者「さぁさぁ、寄ってらっしゃい見てらっしゃい。あの超絶可愛くて、超絶かっこよくて、超絶モテモテの勇者様一行の武具放出品だよー」

戦士「あ、あんたよく恥ずかしげもなくそんなこといえるな・・・・・・」

勇者「えー、何が?」

戦士「いや、超絶可愛くてってところから」

勇者「だって事実だし」

キョトンッ

戦士「こ、こいつは・・・・・・」

「これ戦士ちゃんの着てた鎧かい?」

戦士「い、いらっしゃい!」

勇者「そうだよー」

「どれどれ、ちょっと触ってみてもいいかい?」

戦士「ど、どうぞ」

トサッ

「ふむふむ」

クンクンクンッ

「んっー、この何とも言えないスメェールな香り・・・・・・」

勇者「そ、それ汗臭いっていうんじゃ・・・・・・」

戦士「な、何してるんだ!!?」

「じゃ、じゃあこれ下さい。はぁはぁ・・・・・・やっべ、待ちきれねぇー。戦士ちゃんの香り・・・・・・」

戦士「お、おい!」

「あ、これは勇者ちゃんの・・・・・・こ、これも一緒に。はぁはぁ」

勇者「や、やめてよ!」

「お、おい、俺にも俺にも」

「何だって!?僧侶ちゃんの臭いつきの服だと!?」

勇者「ちょっ、ちょっとやめて!やめてよ」

戦士「て、てめぇらそれ以上卑猥な事言ったら」

「あー、一度でいいから一発やってみてー!」

クンカクンカ

ブチブチッ

勇者「こ、この・・・・・・」

戦士「変態どもがああああああああああああ!」

ドゴオオオオオオオオオオオン!

商人「さすが富豪の集まる町ですね。結構売れました」

商人「これならあの二人と一緒でも旅に支障はないかもしれませんね」

商人「あれ?あの騒ぎは?」

ザワザワザワッ

商人「こ、これは・・・・・・」

商人「酷い・・・・・・この一角が破壊されてる」

「い、いでえよおお」

商人「大丈夫ですか?」

「おがあちゃーん」

「うぇうぇ・・・・・・」

「や、やくそうをくれぇー」

商人「やくそうですか。さっ、使ってください」

ヌリヌリッ

「ありがてぇ」

商人「代金はこれだけになります」

「か、金取るのか!?」

商人「私は商売人ですので」

「お、鬼!ほらっ!」

チャリンッ

商人「毎度、で、何があったんですか?」

「そ、それは・・・・・・なぁ」

「ああ、若い二人組の店子さんが突然暴れだして・・・・・・な」

「そうそう、別に俺達なにもしてないのに」

商人「それで二人はどこに?」

「さぁ?」

「衛兵につれていかれちまったからなぁ」

「牢屋じゃね?」

「ちょっと可愛かったのにもったいねーなー」

商人「そうですか、ありがとうございました」

商人「こちらは情報料です。やくそうですから使ってください」

「さ、さっきは金とったじゃん」

商人「なんでも売ります。何でも買います。それが商人ですので」

スタスタ

「お、おいどこ行くんだ?」

―――牢屋

勇者「ううっ・・・・・・ぐすっ。どうしよう。どうしよう戦士ー」

戦士「泣いてても捕まっちゃったんだからしょうがないだろ」

勇者「捕まったことじゃないよ。こ、今度こそ商人に嫌われちゃうよー」

戦士「嫌われる・・・・・・」

勇者「絶対商人今困ってるよ」

戦士「ま、まぁなぁ」

勇者「もしかしたら私達見捨てて言っちゃうかも・・・・・・」

戦士「や、やだ!それは・・・・・・やだ・・・・・・うっ・・・・・・うっ・・・・・・」

勇者「せ、戦士まで泣かないでよぉ、ぐすっ」

戦士「で、でもしょうがねーじゃん・・・・・・あれだけやっちゃったんだから・・・・・・」

戦士「商人・・・・・・会いたいよぉ・・・・・・」

勇者「戦士・・・・・・商人のこと好き?」

戦士「な、何いきなり聞いてんだよ!」

アセアセ

勇者「どのくらい好き?」

戦士「いや、なんで好きが前提なんだよ」

勇者「えへへー、見てれば分かるよー」

戦士「べ、別に好きじゃねーよ」

勇者「うそだー」

戦士「うっ・・・・・・だ、誰にも言うなよ!」

勇者「うん」

戦士「この世界全部くらい好きだ」

勇者「じゃあ私の勝ち!私は宇宙全部くらい好きだから」

戦士「す、ずりぃぞ!」

商人「何がずるいんですか?」

勇者「!?」

戦士「きゃっ!!」

勇者「き、聞いてたの!?」

商人「いえ、今きたところですので。何のことです」

戦士「なんでもない!なんでもないからな!」

商人「そうですか、では行きましょうか」

勇者「え?」

戦士「でもあたしたち捕まっちまって」

商人「釈放の手続きは済ませてます」

勇者「え?ど、どうやって?」

商人「それは後ほど、早く行きましょう。こうして余り長く話すのも許されていませんので」

戦士「どういうことだよ」

商人「いやぁ、まぁ、罪は許してもらったんですが、国外追放ってことで」

ガシャン

商人「さっ、いきましょう」

勇者「う、うん・・・・・・」

戦士「ああ」

「ほらっ、さっさと行け!」

商人「分かってますよ。出て行きますから」

勇者「商人ー」

ギュッ

戦士「商人」

ギュッ

商人「大丈夫ですよ、二人とも」

―――砂漠

商人「さぁて次の町目指しますか」

戦士「ま、待てよ!」

商人「何ですか?」

戦士「な、何でだよ・・・・・・」

商人「は?」

戦士「な、何で助けに来てくれたんだよ」

勇者「うん!それにどうやって」

商人「いや、まぁ、誠心誠意謝って、被害を補償すれば大方の人は許してくれます」

戦士「じゃ、じゃあやっぱり迷惑を・・・・・・」

勇者「商人ごめんなさい」

商人「いえいえ、高価なものがいくつか売れましたので、大丈夫ですよ」

戦士「じゃ、じゃあ伝説の剣も売れちまったのか。ま、まぁしかたねぇけど」

商人「はぁ?何を言っているんですか?」

戦士「え?」

商人「これは戦士さんにご予約いただいているんだから売るわけないじゃないですか」

戦士「しょ、商人・・・・・・ううっ・・・・・・ぐすっ」

勇者「あー、泣かしたー」

商人「えっ?私が悪いんですか!?」

勇者「そうだよ!あっ!そういえば!」

商人「な、なんです?」

勇者「私達の武具をいやらしい目的で買おうとした人たちにも売ってたんでしょ!」

プンプンッ

商人「え・・・・・・ええ!?」

戦士「そ、そうだ。もとはといえば・・・・・・」

勇者「なんであんなものまで売ってったの!」

商人「そ、それは・・・・・・」

戦士「そうだった・・・・・・泣いて損した。お前・・・・・・覚悟はできてるだろうな」

ボキボキッ

商人「わ、私は商売人・・・・・・だから」

勇者「へぇ・・・・・・それで?」

商人「私は何でも売る!何でも買う!たとえそれが男の劣情でも!!私は商売人なんだから!」

勇者「言いたいことは・・・・・・」

戦士「それだけかああああああああ!」

ドガアアアアアアンッ!

勇者「回復、回復・・・・・・」

キュゥーン

戦士「ち、ちっとやりすぎちまったかな・・・・・・」

アセアセ

勇者「う、うん・・・・・・助けに来てくれたのにね」

戦士「あのまま放っていっちまってもよかったのにな」

勇者「なんで来てくれたんだろう?」

戦士「さぁ」

商人「わ、私が商売人だからです・・・・・・よ・・・・・・いつつ」

戦士「わ、生きてた!」

勇者「生きてるよ!」

商人「私は何でも買います。それが私の心の安心でも」

戦士「心の安心?」

勇者「?」

商人「二人をあのまま見捨てたら安心してこの先進めませんからね」

勇者「商人・・・・・・」

戦士「で、でもあんないやらしい商売はもうだめだからな!」

商人「わ、私はそんなつもりで売ってたんじゃないですよ。買う人が勝手に・・・・・・」

勇者「言い訳しない!」

商人「はい・・・・・・」

商人「それで、次の行き先ですが」

パサッ

勇者「あ、落ちたよ。あ、あの経理簿だ」

戦士「ちょっと見せてみろ。あっ!」

パタンッ

商人「おっと、すみません。拾ってくれて」

戦士「ご、ごめ・・・・・・」

商人「な、何言ってるんですか!次の町ですよ!」

商人「次は大聖堂のある教会都市です。世界中からお布施が集まる都市ですよ」

勇者「へぇー、あそこ一度いってみたかったんだー」

戦士「あんたそんな信心深かったっけ?」

勇者「ううん、全然。大聖堂が見たい!」

ワクワク

―――教会都市

勇者「すごーい!でっかいなぁ」

商人「あれが大聖堂ですね」

戦士「あれだろ?選ばれた神官や僧侶じゃないと入れないって言う」

商人「ええ、でも別に中に入らなくても商売は出来ますからね」

戦士「お坊さんにそんな武具売れるか?」

商人「こういった聖遺物は教会は大金を出してでも欲しがるでしょうから需要はあると思いますよ」

勇者「だから私死んでないって!」

僧侶「あら、みなさんお揃いで」

ザッ

勇者「僧侶!どうしてこんなところに!?」

僧侶「どうしては私の方ですよ。なんでみなさんがこのような神聖な場所に?」

戦士「あ、何気にひどい」

商人「確かにお金に汚れてますけど」

僧侶「そのようなつもりはなかったのですが・・・・・お久しぶりです。みなさん」

商人「お久しぶりです」

チラッ

勇者「あ、今僧侶の胸見た!」

僧侶「えっ!?」

バッ

商人「み、見てません!」

戦士「おっきけりゃいいってもんじゃないだろ」

僧侶「んもぅ・・・・・・商人さんは相変わらずですね」

商人「え、私ってそういう目でみんなに見られてたんですか?」

僧侶「それでみなさんはどのようなご用件で?」

商人「ええ、商売で参りました」

勇者「私は商人に借金で縛られて、あんなことやこんなことまで・・・・・・」

戦士「あたしも似たようなものだな」

僧侶「ふ、不潔な!!そこまでだったなんて!見損ないましたよ!」

僧侶「エ○チな事はいけないと思います!!」

商人「そ、それ前やりましたから!」

僧侶「今すぐ立ち去りなさい!!穢れます!」

商人「だ、だから・・・・・・」

僧侶「ち、近づかないで!人を呼びますよ」

僧侶「さぁ、勇者様、戦士さん、こちらへ」

商人「だ、だから・・・・・・」

ズッ

僧侶「いや!!」

バシーン!

戦士「うわぁ、いたそー」

勇者「あ、あの、僧侶、今の冗談だから」

僧侶「へ?」

戦士「僧侶も相変わらず真面目だなー」

商人「痛い・・・・・・」

ヒリヒリ

僧侶「あ、あらあら!ど、どうしましょう」

ワタワタ

勇者「僧侶!深呼吸!」

僧侶「はぁーっ、ふぅーっ」

僧侶「と、取り乱しまして、あの・・・・・・商人さん」

商人「はい」

僧侶「ごめんなさい」

勇者「だめだよー、僧侶。暴力は」

戦士「あんたが言うな」

商人「戦士さんもですよ・・・・・・もう。僧侶さんはどうしてこちらへ?」

僧侶「え、ええ。分かれた後こちらに呼ばれまして、色々大聖堂のお手伝いをさせていただいてます」

商人「そうでしたか。立派になりましたね」

僧侶「いえいえ。あ、そうです。みなさんも折角ですから大聖堂の再建にご寄付をしていきませんか?」

商人「え?」

戦士「寄付?」

勇者「再建ってすごくおっきくて綺麗だよー」

僧侶「どうも老朽化が進んでいるようで、随分お金が必要と大神父様がおっしゃってまして」

ゾクゾクソクッ!

商人「うっ!!こ、この寒気は!!」

僧侶「それで・・・・・・」

商人「ま、待って!待ってください。なんかその後聞きたくないです!お願いします!」

勇者「何言ってるの?商人」

戦士「ああ、まだ話の途中だろ」

商人「おお!神よ!何ゆえあなたは私にこのような試練をお与えになるのか!」

僧侶「それで私貰ったお金も全部・・・・・・」

商人「あーっあっーあっー!きーこーえーまーせーんー!」

戦士「聞けよ」

グイッ

商人「や、やめて!何で私には貧乏神ばっかり!」

勇者「どうぞ」

僧侶「は、はい。それで私貰ったお金全部ご寄付させていただいたんです」

勇者「へぇー、さすが僧侶は偉いなぁ」

ナデナデ

僧侶「あ、ありがとうございます。でもそれだけじゃ大聖堂再建のお金には足りないらしくて、こうして寄付を募ってるんです」

勇者「あんなに寄付しても駄目なんだー」

戦士「いったいいくらかかるんだよ」

僧侶「それがこれくらいらしいです」

勇者「えええ!?」

戦士「これ・・・・・・無理だろ」

商人「ああ・・・・・・これは・・・・・・」

僧侶「どうかなさいましたか?」

商人「いえ、言いにくいですが、これは大聖堂再建の金額ではありませんね」

僧侶「えっ!?ど、どういうことですか?」

商人「宗教によくある手ですよ。見える分かりやすいものに必要だと言ってお金を出してもらうのは」

僧侶「えっ?えっ?」

商人「はっきり言って、この金額があったら大聖堂が10個は作れます」

商人「いえ、私がやれば15個は作って見せますよ」

戦士「ま、マジかよ」

勇者「15個もあったらすごく綺麗だろうなぁ・・・・・・」

戦士「騙されたっていうのか?」

僧侶「だ、大神父様がそのようなことをなさるはずがありません!」

商人「騙しているかどうかはまだわかりませんよ」

勇者「どゆこと?」

商人「宗教というのはお金のかかるものです。それもこれだけ大規模なものとなると相当なものでしょう」

商人「信者への施しや、神父や僧侶の生活費、小物、服、それに建物の維持費などたくさん必要でしょうね」

商人「だから名目はともかくお金が必要なのが宗教です。だから寄付やお布施が必要になるんです」

僧侶「じゃ、じゃあ大神父様は・・・・・・」

商人「いえ、潔白かどうかはまだわかりませんね。それにこの手口。ちょっと臭いですね」

勇者「わ、私じゃないよ!」

戦士「あ、あたしでもないからな!」

僧侶「す、すみません///わ・・・・・・私です///」

モジモジ

商人「・・・・・・」

戦士「おい、何もしないってどういうことだよ!」

勇者「そうだよ!僧侶がかわいそうだよ!」

商人「勘違いしないでください。私はここには商売できたんですから。それに騙されてると決まっているわけでもない」

僧侶「い、いいんです。みなさん。私は大神父様を信じていますから」

勇者「僧侶・・・・・・」

戦士「ほんとにいいのか?」

僧侶「はい、みなさんにまた会えてうれしかったです。勇者様、戦士さん、変態さん・・・・・・あっ、失礼かみました。商人さん」

商人「どういう噛み方ですか」

勇者「商人ッたらさっき僧侶がおならした後息が荒くなっていたもんねー」

戦士「鼻の穴も膨らんでたな。変態でいいよ」

商人「言いがかりです!」

僧侶「まぁまぁいいではありませんか」

商人「よくないです!」

僧侶「商売とはどのような?」

商人「勇者の聖遺物を売りに来ました」

勇者「だから殺さないで!」

僧侶「それはきっと教会のみなさんも喜びます」

商人「案内してくれますか?」

僧侶「はい、では大神父様のおられる聖堂まで」

勇者「え?僧侶大聖堂行けるの?」

僧侶「ええ、寄付金額が多いほど位も高いらしくて、な、なんか大僧正やっちゃったりしてます///」

戦士「へぇー、あの僧侶がねー」

僧侶「すみません、こんな私がすみません」

ペコペコ

商人「いえ、僧侶さんはもっと上の身分でも勤まりますよ」

僧侶「へ?」

商人「では案内していただけますか。商売の時間です」

僧侶「こ、この部屋でお待ちです。アポイント取れました」

勇者「さすが大僧正!やるー」

戦士「で、お前はなんでそんな変装してるんだ?商人」

商人「念のためですよ。ええ、念のため」

勇者「ぷっ・・・・・・ヒゲ全然似合ってないよ」

戦士「ほ、ほんと!そのメガネも、ぶくくっ」

商人「これでいいんですよ。ではいきましょう」

バタンッ

大神父「よくいらっしゃいました」

商人「はじめまして。豪商と申します」

勇者「へ?」

商人「しっ!」

大神父「豪商様ですか。よくいらっしゃいました」

大神父「そちらのお二人は?」

商人「私の弟子です。まだ駆け出しですが」

勇者「よろしくー」

女戦士「ふんっ」

大神官「お二人とも顔がフードで見えませんが・・・・・・」

商人「慎み深さを商売のもっとうにしておりますので」

僧侶「あ、あの・・・・・」

大神官「ああ、ご苦労様でした。下がっていいですよ」

僧侶「は、はい」

大神官「それで聖遺物をお売りになりたいとか」

商人「はい」

大神官「では、二人だけでお話させていただきたい」

商人「わかりました。下がってください。お弟子さん」

勇者「ぶー」

戦士「・・・・・・」

バタンッ

大神官「ありがとうございます。それでお売りになりたい聖遺物はこちらに?」

商人「はい、これです」

ピカッー

大神官「お・・・・・おお・・・・・・これは・・・・・・」

大神官「す、すばらしい・・・・・・これほどの物を扱っているとは、いやはや羨ましい」

商人「羨ましい?」

大神官「い、いえ。素晴らしい品です」

商人「大神官様?どこかで会ったことありませんか?」

大神官「?」

大神官「いえ・・・・?」

商人「そうですか、私の勘違いでした」

大神官「それで豪商様はこれをどちらで・・・・・・?」

商人「それは勇者様たちから直接買い付けました」

大神官「ほほぅ!なるほど、本物のようです」

商人「気に入っていただけたようで」

大神官「そ、それでこれはおいくらで?」

商人「高いですよ?」

大神官「分かっております。しかし、これほどのものが手に入り象徴となれば・・・・・・」

商人「もっと信者が増え、それ以上の収入となる」

大神官「!!?」

商人「いえ、いいんですよ。私は商売人です。それに大神官様も商売人と見えます。いい取引をしたいのです」

大神官「いい取引?」

商人「お互い腹の中は晒していきましょう。私もお金が大好きです」

大神官「ふふっ、あなたとは話が合いそうだ」

大神官「それで、取引とは?」

商人「これらの商品は寄付しましょう。大聖堂建て替えの費用として」

大神官「へっ?く、くれるんですか?」

商人「その代わり大聖堂の建築を私に任せていただきたい」

大神官「そんなことでいいんですか?」

商人「そんなことじゃありません。大聖堂を建築したという名は終生語り継がれることでしょう」

大神官「なるほど」

商人「商売に必要なのはその知名度とコネです。これで私はその両方を手に入れる」

大神官「あなたの商才には感服いたします」

商人「いえいえ、あなたの商才もたいしたものです」

大神官「ははははは、めっそうもない」

商人「教会の他の建物も建て替える時はぜひ声をかけてください」

大神官「わかりました。ご協力しましょう。いやぁ、いい取引になりそうです」

商人「では、契約書は明日持ってまいりますので」

大神官「はい、ではまた明日に」

戦士「はぁ!?寄付した?」

勇者「大聖堂の建て替えを請け負ったって!?」

僧侶「あ、あの・・・・・・それはうれしいのですが、なんで急に・・・・・・」

商人「いえ、臭い臭いとは思っていましたが、それが大当たりでしたので」

僧侶「こ、今度は私じゃありませんよ!」

戦士「あ、あたしも!」

勇者「ごめん///」

商人「いえ、それもういいですから!」

勇者「か、嗅がないでよ!///」

商人「嗅ぎません!」

戦士「で?なんだっけ?」

商人「あの大神官、私は昔会ったことがあります」

僧侶「え?大神官様にですか?」

商人「ええ、そのときは大神官なんて名前じゃありませんでしたが」

勇者「じゃあ、なんなの?」

戦士「もったいぶらずに言えよ」

僧侶「どきどき」

ドキドキ

商人「そう、彼は昔こう呼ばれていました。詐欺師と」

僧侶「詐欺師!?」

商人「ええ、間違いありません」

僧侶「そ、そんな・・・・・・あの大神父様が・・・・・・」

商人「私も駆け出しのころ詐欺師にひどい罠に嵌められてしまいました」

僧侶「なんてことでしょう・・・・・」

戦士「んで、んで、どんな目にあったんだよ」

ワクワク

勇者「あ、私も知りたい!」

商人「それは明日直接お見せしましょう。今度の被害者は詐欺師になるでしょうけどね」

―――宿屋

商人「あの・・・・・・なんで僧侶さんまでいるんです?」

僧侶「い、いえ・・・・・・何となく・・・・・・私のために商人さんがんばってるのにって・・・・・・」

商人「いや、教会に寝床あるんでしょう!?」

戦士「僧侶、勘違いしちゃいけねーぞ!こいつは人のためなんて言ってても最後には自分の利益を考えてるんだからな!」

商人「酷い言われようですね。まぁ概ねその通りですが」

僧侶「そ、そうだったんですか。わ、私てっきり私のために頑張ってくれてるなんて勘違いしちゃって///」

勇者「またまたー、戦士ったら思ってもないこと言っちゃって!」

戦士「な、何言ってんだよ、もう!」

勇者「じゃあお風呂入ってねよっか」

戦士「そ、そうだな」

僧侶「なんかこういうの久しぶりで楽しいです」

勇者「そうそう、一人増えたって変わらないよ!」

商人「あ、あの宿代払うの私なんですが・・・・・・」

商人「あ、あのベッドたくさんあるので離れて寝ませんか?」

戦士「何言ってんだ?ここはあたしの指定席だろ?」

ピトッ

勇者「こっちは私ー」

ギュッ

商人「ちょっ、ちょっとパジャマでくっつかないでっていってるでしょう!」

勇者「えーい覚悟せいーえへへー」

キュッ

僧侶「あらあら、どうしましょう」

僧侶「で、では私はここ・・・・・・ですね///」

商人「上!?」

戦士「ちょっ、僧侶、お前それ反則だぞ!」

勇者「そうだよー!」

僧侶「ではお休みなさいませ」

スヤスヤ

商人「お・・・・・・おっきい・・・・・・」

勇者「え?」

商人「い、いえ、なんでもありません」

勇者「も、もう僧侶も寝てるし・・・・・・ま、いっか。おやすみー」

戦士「しかたねーなー」

チュンチュン

商人「うう〜ん・・・・・・私の・・・・・・それ私のお金ですからー・・・・・・私のお金ですからー。うーん・・・・・・うーん・・・・・・」

勇者「んふふー、まだ寝てる・・・・・・」

商人「うーん・・・・・・助けてー・・・・・・それ捨てないで・・・・・・私の・・・・・・うーんうーん」

勇者「それではお目覚めのチューいただきますー」

勇者「んーっ」

戦士「おい!」

グイッ

勇者「あいたっ!」

ゴンッ

僧侶「たっ・・・・・んむぅ・・・・・・朝ですかー?お、おトレイー」

ヌギヌギ

戦士「こら、商人の上で脱ぐな!」

グイッ

僧侶「わっ!」

プニュッ

勇者「それではあらためて、んっー」

戦士「だから何でチューしようとしてんだよ!」

グイッ

勇者「だって商人がうなされてるんだからお姫様のチューで目覚めさせてあげないと!」

戦士「あんたがお姫様って柄かっての!そ、それならあたいが代わりに・・・・・・」

勇者「だめ!」

ドンッ

戦士「やったなっ!」

僧侶「お、おトイレー」

商人「な、何をやっているんですか。みなさん・・・・・」

戦士「そ、そそそそそそれは・・・・・・なぁ、勇者///」

勇者「な、なんでもないなんでもない!」

僧侶「ふぇ?」

キョロキョロ

商人「あ、じゃ、じゃあ私先に行ってますね!」

ササッ

バタンッ

戦士「お、お前のせいだぞ!商人ドン引きだったじゃねーか」

勇者「戦士が邪魔しなければ商人も気持ちよく起きれたんだよ!」

僧侶「へ?ふぇ?」

戦士「お前のせいだー」

ムニニニニッ

勇者「ひっ、ひっぱふなー」

ムギギギギッ

戦士「やっふぁなぁ!」

僧侶「喧嘩はだめです!」

バッ

勇者「だ、だって戦士が私の商人に・・・・・・」

戦士「お、お前が先に手を出そうとしたんじゃねーか!」

僧侶「二人とも商人さんが好きなんですね」

戦士「えっ?いや、それは・・・・・・///」

モジモジ

勇者「えへへー。好きー」

戦士「あんたは正直すぎだっての・・・・・・」

僧侶「だったらなんで本人に面と向かって言わないんですか?」

戦士「だ、だから別に好きってわけじゃ・・・・・・///」

勇者「は、はずかいしじゃん!!///」

僧侶「だったら二人で好きなだけ喧嘩しててください。私が告白しちゃいますから」

勇者「だ、駄目!」

戦士「ず、ずるいぞ僧侶!」

僧侶「直接言わなきゃ分かりませんよ。商人には」

戦士「でも・・・・・・でもでも・・・・・・うっー///」

勇者「こ、断られたら一緒にいられないし・・・・・・」

僧侶「いえ、分かってても応えてくれないでしょうね」

戦士「直接言わなきゃ・・・・・・」

勇者「分からない・・・・・・かぁ」

宿屋「お客さん。昨晩はお楽しみでしたね。4P?4Pやったの?ねっ、どの子がよかったの?」

商人「あ、あの・・・・・・ですね」

宿屋「やったんでしょ?ねっ、ねっ、ねっ。聞かせてよ」

戦士「うおりゃああー!」

ドガッ

宿屋「げふっ!」

バタッ

勇者「なんで宿屋さんっていつもこうなんだろうねー」

僧侶「ここの宿屋は特に酷いんです。すみません、すみません」

ペコペコ

勇者「さ、会計すませて行こうよ!」

戦士「つっても商人ががんばるんだけどな」

僧侶「期待してます」

―――大聖堂

大神官「いやぁ、お待ちしておりましたよ。豪商様」

商人「いえ、遅くなって申し訳ありません」

大神官「それで契約書は?」

商人「はい、この通り」

ドサドサッ

大神官「す、随分多いですね」

商人「大事な契約ですから頑張って作ってきました」

大神官「ではさっそく見せてもらいましょうか。しかし、これだけの量となると・・・・・・」

商人「ご心配しなくて結構。内容を1枚にまとめてきましたので、こちらを読んでいただければ」

大神官「それは手際がいい。さすが私の目に狂いはなかった」

商人「契約は、大聖堂の建て直し費用として、聖遺物をゆずる。そして、大聖堂の建て直しについて、私に代金を支払っていただき、請け負うということで」

大神官「なるほど、わかりやすい。ええ、それで結構です」

大神官(くくく、馬鹿め。そんな代金は聖遺物の価値の前には紙くずもどうぜんだ)

商人「では、こちらに大神官様の印を。そしてこちらに私の印を」

ポンッ

ポンッ

大神官「では、これで契約成立ですな」

商人「はい、これまでです。詐欺師さん」

大神官「なっ!?」

「動くな!」

グイッ

「観念しろ。詐欺師!」

大神官「な、なんだこれは!?」

商人「ここではどうだか知りませんが、昔の罪までは消せませんよ?詐欺師さん」

大神官「な、何者だ!貴様!」

商人「何者だと言われても、あなたは私のような無数に騙した若造のことなど覚えていないんじゃないですか?」

ペリペリ

大神官「つけひげ・・・・・その顔は・・・・・・商人!?」

商人「覚えていましたか。そうです。あの町の衛兵に連絡しておいたのです」

大神官「覚えているとも!私に騙されて破滅しなかったのはお前だけだからな!」

商人「それはありがとうございます」

大神官「何を勝った気になっている!この私はただの詐欺師だが、さっきの契約は契約だ!」

商人「それはそうですね」

大神官「何年かしたら出てこれる!そうなったら私はあれだけの聖遺物と馬鹿な信者どもから集めた金で幸せに暮らせるのだ!分かっているのか!」

商人「それはどうですかね?」

大神官「な、なに!?」

商人「この分厚い契約書。あなた、読まなかったでしょう?」

大神官「なっ・・・・・・」

商人「そう、私もあの時読まなかった。読む気も起きない量です」

大神官「まさか・・・・・・まさか・・・・・・」

商人「そう、まさか詐欺師のあなたが自分の考えた手にかかるとはよもや思わなかったでしょう?」

大神官「で、ではあの見やすい1枚のペラは・・・・・・」

商人「ええ、あれに間違いはありません。私は大聖堂を建て直します」

商人「そして、代金もいただきます」

商人「そして、ここから但し書きがあります」

大神官「こ、こんな小さいところに・・・・・・」

商人「小さくても大きくてもこれだけの量読まないでしょう」

商人「ただし、代金は大聖堂再建基金とし、余剰額は寄付した者にその金額により還付するっとね」

大神官「く、くそがああああああああああ!」

商人「これで、あなたの手元に残るお金はありません。私の仲間が寄付したお金も返していただきます」

商人「まぁ、全額じゃありませんが、大聖堂が新しくなるならいいでしょう」

勇者「商人!かっこよかったよー!」

ギュッ

商人「だから腕に絡まないでください」

戦士「でも商人の悪寒はこれで勘違いだったって証明されたな!」

ギュッ

商人「まぁちょっと損はしましたが、昔のツケを払っていただきましたね。貧乏神はいいすぎでした。すみません」

勇者「いいよー!いいよー!今日の商人だったら何でも許しちゃうよー!」

プニプニ

商人「ちょっと、暴れないで!」

戦士「そういえば僧侶がいないな」

商人「!?」

ゾクゾクゾク!!

商人「うひゃああ!」

勇者「どうしたの?」

戦士「商人がそんな声出すなんて」

商人「今までにない悪寒が・・・・・・」

僧侶「あ、みなさんこちらにいましたか!」

勇者「僧侶!どこにいってたの?」

僧侶「いえ、詐欺師の被害者のみなさんに寄付金の還付をしていまして」

戦士「おー、ご苦労様」

僧侶「結局寄付金全部使っても足りなくて困ってしまいました」

商人「寄付金・・・・・・全部・・・・・・ですって・・・・・・」

勇者「ま、まさか・・・・・・」

戦士「いや、さすがにそれはないだろ・・・・・・」

僧侶「だから私はお金諦めました。それも還付にまわしてもらってそれから・・・・・・」

商人「そ、それから・・・・・・・あ、いや、なんか聞きたくないです」

商人「あ、あのもういっそここで殺してくれませんか?」

勇者「き、気をしっかり持って!商人!」

戦士「だ、大丈夫だって!さすがに金オンチの僧侶だって・・・・・・」

僧侶「聖遺物も還付にまわして差し上げました」

バターンッ

勇者「しょ、商人ー!!」

ビクッビクッ

戦士「や、やばっ、泡吹いてる・・・・・・」

僧侶「え?どうかしましたか?商人さん?」

キョトン

勇者「あ、いや、そ、僧侶は慈悲深いねー、あ、あはは・・・・・・は」

戦士「勇者の借金の比じゃねーぞ・・・・・・こりゃ・・・・・・」

僧侶「いえいえ、みなさんとっても喜んでくださって・・・・・・幸せそうでした」

戦士「ここに一人不幸な人間がいるけどな・・・・・・」

勇者「商人しっかりしてー!」

ビクンビクンッ

勇者「こうして商人は財産のほとんどを失ったのでした」

勇者「しかし、商人に後悔はありませんでした」

勇者「商人は財産の代わりにかけがえのないものを手に入れたからです」

勇者「商人のまわりには笑い声が絶えません」

勇者「商人がいるだけで周りが笑顔になります」

勇者「そして商人も幸せそうです」

勇者「そう、商人は手に入れたからです」

勇者「超絶かわいくて、超絶かっこよくて、超絶モテモテの勇者その人を生涯の伴侶として」

勇者「めでたしめでたし」

商人「めでたくありません!!幸せでもありません!結婚もしてません!」

戦士「おい!勇者!あたしが出てないじゃないか!」

僧侶「私も商人さんと幸せになりたいです」

勇者「えー、めでたいじゃん」

商人「そこに正座なさい!」

勇者「はい・・・・・・」

戦士「反省してます・・・・・・」

僧侶「正座してます・・・・・・」

商人「まったくあなたたちは一緒にいて何を学んできたんですか!」

商人「1Gを笑うものは1Gに泣くと言うことわざをしらないんですか」

商人「私が小さいころには苦労してした働きをして、将来の夢のために貯金をしていたものです」

勇者「僧侶が悪いだよー。商人をこんなに怒らせて」コショコショ

僧侶「わ、私だって反省していますよ。でも人のためになったんですから」コショコショ

戦士「よく考えたらあたし別に怒られるようなことしてないじゃん・・・・・」コショコショ

勇者「そうだよ!私だってカジノでちょーっと遊んだだけなのに」コショコショ

戦士「うん、あんたに言う資格はない」コショコショ

商人「聞いていますか!」

「「「はい」」」

商人「それをなんですか!あんなお金の使い方をしていたら本当に将来困りますよ!」

商人「まったくどれだけ私を心配させればいいんですか!」

商人「反省していますか?」

「「「はい」」」

商人「もうお金を無駄遣いしたりしたらだめですよ」

「「「はい」」」

商人「よろしい、ではこれお給料です」

スッ

僧侶「えっ・・・・・・」

勇者「こ、こんなのもらえないよ!」

戦士「そ、そうだぜ。こんなの貰ったら商人が・・・・・・」

商人「私のことなら大丈夫です。もう一度下働きからでもがんばりますから」

商人「少なくなってしまって申し訳ありませんが、それで家に帰ることくらいはできるでしょう」

商人「あと伝説の剣はちゃんと取ってありますので買いに来てくださいね。戦士さん。待ってますから」

勇者「でもお金・・・・・・」

商人「とっておいてください。お給料を払うのは経営者の責任です」

戦士「商人・・・・・・お前」

商人「それではお元気で」

ザッ

僧侶「あ・・・・・・行ってしまいました」

勇者「商人・・・・・・怒ってたけど一回も私達を責めなかったね」

僧侶「そういえば・・・・・・・」

戦士「それどころか心配までされちまって・・・・・・くそっ!かっこいいなぁ!」

勇者「どうする?」

戦士「どうするって・・・・・・そりゃ決まってんだろ」

僧侶「そうですね!」

勇者「うんっ!」

商人(0からだけどマイナスからじゃない!0からだけどマイナスからじゃない!)

商人(だいじょうぶ!まだ頑張れる!)

商人(そう0からだけどマイナスからじゃない!0からだけどマイナスからじゃない!)

商人(0からだけどマイナスからじゃない!0からだけどマイナスからじゃない!)

商人(人生帳尻がいつか合うようになってるんです。もう貧乏神はいません)

商人(0からだけどマイナスからじゃない!0からだけどマイナスからじゃない!)

ブツブツッ

商人(0からだけどマイナスからじゃ・・・・・・)

勇者「しょ・・・・・・商人」

商人「マイナスきちゃった!」

ビクッ

戦士「あ、あのさ。あたしたち話し合ったんだけど、お、おい、僧侶から言ってくれ///」

僧侶「は、恥ずかしいですよ。ゆ、勇者さん」

勇者「え、私?あっ、その・・・・・・ね。えへへ。そのぉー」

戦士「ほらっ、がんばれ」

僧侶「言ってください勇者さん」

商人「はぁ、もうからかっているんなら行きますよ」

勇者「ま、待って!お、お金!返すから!」

商人「お金?」

勇者「わ、私達の、か、体で返すから!」

商人「また働くって言うんですか?でももう私にはお給料だすお金がありません」

勇者「そ、そういう意味じゃなくて・・・・・・せ、性○な意味でだよ!!」

商人「はぁ!?」

戦士「よく言った!勇者!」

僧侶「は、恥ずかしすぎます///」

勇者「わ、私商人のことが好き!すきなの!」

戦士「あ、あたしだって負けてないぞ!」

僧侶「わ、私だってです!商人さんが・・・・・・その・・・・・・好きなんです」

「「「お、お嫁に貰ってください」」」

商人「いやいやいや、待ってくださいよ。それに僧侶さん神に操をたててるんでしょう」

僧侶「も、もうあの件で責任を取って辞めてますから元僧侶です///」

戦士「こ、今度からはチラ見なんてしなくてガン見してもいいんだからな!///」

プイッ

商人「それに3人いっぺんになんて重婚に・・・・・・」

勇者「この辺りは一夫多妻認めてるみたいだよー」

ギュッ

商人「そ、それに3人も養っていくなんて私には・・・・・・」

僧侶「だいじょうぶですよ」

商人「はっ?」

勇者「お金返すっていったでしょ?」

商人「それは体で・・・・・・?」

勇者「そ、それでも返すけど!も、もう!スケベ!」

ギュッ

商人「いたっ!」

戦士「あたしたちが商人を養うからさ!」

商人「へっ?」

僧侶「そうですよ。私達が働きますjから商人さんは家でゆっくりしてていいですよ」

勇者「うん、今までの分返すからさ!」

商人「いや、あの、それって俗に言うヒモって言うのじゃないんですか?」

戦士「いいじゃねーかよ!で、どうするんだよ!商人」

バシッ

勇者「商人!私商人と一緒にいたい!」

僧侶「わ、私もです」

商人「ど、どうすれば・・・・・・」

勇者「い、家で私達を可愛がってくれるだけでいいんだよっ」

キュッ

ブチッ

商人「わ、わかりました!えーい!もうみんな歓迎しちゃいます!」

勇者「ほ、ほんと!」

戦士「ほ、ほんとに商人のお嫁さんになっちゃうのか・・・・・・」

ドキドキ

僧侶「どきどき」

ドキドキ

商人「伝説の3人を奥さんにするなんてこんな名誉な事ありません!この名前は売れます!」

勇者「う、売るの!?」

戦士「こ、こいつ99%商売で出来てるんだな・・・・・・」

僧侶「残り1%はエ○チでしょうか・・・・・・」

勇者「じゃ、じゃあね!うちきてよ!お父さんとお母さんにも紹介する!」

戦士「あ、これずるいぞ!ここからじゃあたしの村の方が近いじゃないか!あたしが先だ!」

僧侶「わ、私と一緒に主である神に語報告しましょう!」

戦士「僧侶やめたんじゃないのかよ!」

僧侶「いいんです!」

勇者「商人!ちゅーしよ!ちゅーっ!」

戦士「あ、ずるいぞてめぇ!」

僧侶「では私が・・・・・・」

商人「まぁ、これでいっか」

おしまい


コメントの数(2)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:YAhybN0J0編集削除
面白いけど長すぎて会社じゃ見れない
2 . 勇者 名無し  ID:EoS6y7h50[評価:5 ]編集削除
非常に面白い w

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ