カテゴリー:

おもしろテキスト

―――ルイーダ

武道家(女)「お?」

僧侶(女)「なんでしょうか?」

遊び人(女)「はぇ?」

勇者(男)「これから長い間旅をするんだ。関係を悪くしたくないだろ?」

武道家「まあ、うん」

勇者「仲間内でルールを決めよう」

僧侶「ルールですか」

遊び人「えー?めんどーだなぁ」

勇者「規則は大事だからな」

僧侶「そうですね。集団生活をする以上、ある程度の線引きはあってもいいかと」

武道家「それでどんな規則をつくるわけ?」

勇者「―――まず一つ目だ。みんなは俺のことを義理の兄だと思うこと」

武道家&僧侶&遊び人(なにいってるんだ、この人?)

勇者「二つ目。俺を呼ぶときはお兄ちゃん」

武道家「あの、もしもし?」



勇者「まあ聞け。批判はあとで聞くから」

僧侶「……」

遊び人「ねえねえ、あの人、頭おかしいんじゃない?」

僧侶「うん」

勇者「三つ目。お兄ちゃんの言うことは絶対」

武道家「命令を聞けってことか?」

勇者「そうだ」

僧侶「……」

遊び人「ねえねえ。王様に報告しなくていいの?」

僧侶「そうですね……なんか変な勇者様に当たってしまったようです」

勇者「おいおい、なんだその目は。何が不満なんだ?」

武道家「いや……初めから変なんだけど」

勇者「え?なにが?」

僧侶「どうして兄と呼ばせたいんですか?」

勇者「俺は一人っ子で、いつも兄弟が欲しいと思っていた」

遊び人「うんうん」

勇者「兄弟や姉妹と一緒に買い物したり家で遊んだり、時にはお風呂も一緒に入ると聞いた」

武道家「まあ……そうだなぁ」

勇者「武道家には兄弟がいるのか?」

武道家「弟が一人いるけど……」

僧侶「私には姉が二人」

遊び人「私にはお兄ちゃんがいるよー」

勇者「そうか……なら、俺の気持ちなどわからないだろ……」

武道家「どうだろう……」

勇者「俺だって!!!妹とお風呂に入ったりしたいんだ!!!」

僧侶「……この人……ダメだ」

勇者「俺だって妹と買い物したり部屋で遊んだりしたいんだ!!」

武道家「わかったから、落ち着けって!!」

遊び人「帰りたい……」

僧侶「そうだね」

勇者「くそ……馬鹿にしやがって……魔王を倒すより俺にとっては大切なことなんだ……」

武道家「泣くなよ?!」

勇者「妹が……欲しいです……うぅ……」

僧侶(なんだか憐れ……)

遊び人「ねえねえ、勇者さん」

勇者「ん?」

遊び人「勇者さんは何歳なの?」

勇者「16歳だけど?」

遊び人「そっか、なら大丈夫だね。私、14歳だからー!」

勇者「なに!?14歳でバニーガール姿とか……気は確かか!?」

遊び人「え……でも、これユニホームだし……」

勇者「……転職しろ……バニー姿の妹なんていらん」

遊び人「ふぇ!?」

僧侶「勇者様!!」

勇者「……僧侶は?」

僧侶「え……?」

勇者「年齢だ」

僧侶「……えと……」

勇者「言いなさい」

僧侶「……15……です」

勇者「よし」

僧侶(何がよしなんだか……)

勇者「武道家は?」

武道家「私?」

勇者「何歳だ?」

武道家「18歳だけど……」

勇者「そうか……武道家はお姉ちゃんになるんだな」

武道家「おいおい、お姉ちゃんて呼ぶ気か?」

勇者「じゃあ、姉貴?」

武道家「あ……いや」

勇者「ねえねえ?」

武道家「気持ち悪い」

勇者「ねえやん……違うな……姉さん?」

武道家「好きにしろ……」

勇者「じゃあ、よろしく。お姉ちゃん」

武道家「うぇ……」

僧侶「はぁ……」

遊び人「あの……勇者さん?」

勇者「……」

遊び人「―――お兄ちゃん?」

勇者「なんだ?」

遊び人「私、転職しないとダメ?」

勇者「ダーマ神殿というところで転職ができるらしい。そこへ行ったら転職しような?」

遊び人「う、うん……」

僧侶「さて、規則はこれで全部ですか?」

勇者「まて。野宿のときのルールも決めよう」

武道家「野宿?」

勇者「そうだよ、お姉ちゃん?」

武道家「ぐ……」

勇者「男が俺だけという特殊な状況だから、色々と……困るだろ?」

遊び人「なにがぁ?」

僧侶「あの……言わんとすることは分かりますが……わざわざルールとして定めなくても……」

武道家「そうだ。空気を読めばいいだろ」

勇者「俺は女性のことを全く知らないんだ!!!」

僧侶「ひぃ?!」

勇者「失言して嫌われたくないんだよ!!もう独りは嫌なんだ!!」

武道家「いや……何があったんだよ?」

勇者「……俺は勇者の息子として周囲の期待を受けてきた。それは誰にも理解してもらえない重圧だった」

僧侶「はぁ」

勇者「分かるか!?5歳のときから「お前は魔王を倒すんだ」と言われ続けてきた俺の気持ちが!?」

遊び人「お兄ちゃん……大変だったんだね」

勇者「ありがとう……そう、大変だったんだ」

武道家「それで?」

勇者「大人たちからの受ける期待に対して、同年代たちの目は冷ややかだった」

僧侶「それは、どうしてです?」

勇者「嫉妬だ」

武道家「嫉妬?」

勇者「大人から持て囃される俺という存在は疎ましかったんだろう」

僧侶「それは……ありえそうですね」

勇者「次第に誰も遊んでくれなくなり……俺は独りぼっちになっていったんだ」

遊び人「ぐす……おにいちゃん……かわいそう……」

勇者「大人たちからの重圧。同世代からの疎外。俺は自然と心を閉じた」

武道家「そうか……」

僧侶「なるほど」

遊び人「おにいちゃん……」

勇者「そんな毎日を過ごす中で、俺はふと思った。―――兄弟や姉妹がいれば、こんなことはなかったはずだと」

僧侶「というと?」

勇者「家族でありながら近い年齢……そしてなにより、俺の心を深く理解してくれる存在だろ?」

武道家「悩み事とかは……まあ、よく聞いてたな」

勇者「流石はお姉ちゃん」

武道家「なんか……それ、ちょっとキモ―――」

僧侶「し!」

勇者「だから、俺は将来仲間を得たとき、妹を作ろうと思ったんだ!!」

武道家「兄や弟はいらないのか?」

勇者「16歳にもなって女の子と話したことがなかったから……その……それに妹がいいかなって」

僧侶「……」

遊び人「―――お兄ちゃん!!」

勇者「おいおい、なにを急に抱きついて……」

遊び人「辛かったんでしょ?苦しかったんでしょ?私がお兄ちゃんをいっぱい、慰めてあげるね?」

勇者「お前……」

遊び人「お兄ちゃん……お兄ちゃんはもう、一人じゃないからね?」

勇者「ああ……嬉しいよ」

僧侶「……」

武道家「……」

勇者「……(チラッ」

僧侶(なんかアイコンタクトを……)

武道家「―――あーもう、私は甘えたがりの弟なんていらないぞ?」

勇者「お姉ちゃん……」

武道家「ちゃんと強くなれ。そしたら姉でいてやってもいいから」

勇者「わかった……俺、強くなるよ!!―――お姉ちゃんのために!!」

遊び人「おにいちゃん、かっこいいー♪」

僧侶「……」

勇者「……(チラッチラッ」

僧侶「分かりました!!―――ただし、呼びかたは兄さんで良いですね?」

勇者「なんで?」

僧侶「お、おにいちゃんは……その……なんかむずがゆいというか……」

勇者「分かった。僧侶の好きな呼び方でいいから」

僧侶「で、では……兄さん。そろそろ出発しましょうか」

勇者「まて。野宿でのルールは……」

武道家「それは私はきっちり教えてやる。ルールにすんな。はずかしい」

勇者「そうか……お姉ちゃんがそういうなら」

遊び人「ねえねえ、僧侶お姉ちゃん」

僧侶「は、はい?」

遊び人「野宿でのルールってなに?」

僧侶「それは……これから嫌でも分かりますから」

遊び人「ふーん」

―――魔王の城

魔物「報告します!!南西の街は完全に陥落。そこに住む人間たちも既に降伏しております!!」

魔王「うむ……分かった下がってよいぞ」

魔物「ははー!」

魔王「ふむ……これで5つ目か……」

魔王「順調に進んでおるな……」

魔王「―――しかし、なんだこの虚無感は?」

魔王「人間どもを追い詰めてもまるで達成感が得られない……」

魔王「どういうことなのだ……」

魔王「―――ふ、いかんな。魔王の我がこんなことでは」

魔王「スライムよ!!」

スライム「はぁーい!」

魔王「我は城を離れる。人間どもの生活を観察してくるぞ」

スライム「わかりました!影武者はお任せください!」

魔王「うむ!では、行ってくるぞ!!ふははははは!!」

―――街道

魔物「ぐるるるるる!!!」

勇者「出たな!!いくぞ、みんな!!」

僧侶「はい!!」

武道家「でぁぁ!!!」

魔物「ぐるきゅぷー!!」

遊び人「きゅあぁあ!!お兄ちゃん、たすけてぇぇ!!」

勇者「俺の妹に手を出すんじゃねえ!!!」

魔物「ぎゃっは!?」

遊び人「ありがとう♪」

勇者「気にするな」

魔物「がぁぁああ!!」

僧侶「く……!?ゆ、勇者さま!!お力をお貸しください!!!」

勇者「……」

僧侶「ちょ……たすけ……きゃぁああ!!!」

魔物「げへへへ」

僧侶「やめ……て……しょく、しゅを……ぁ……」

武道家「おい!!勇者、僧侶を助けろ!!」

勇者「―――分かったよ。お姉ちゃん!!」

僧侶「あ……だめぇ……」

魔物「ぐふふふ」

勇者「―――らぁああああ!!!」

魔物「ぐふぅぅぅぅぅぅ!?!??」

僧侶「ん……」

勇者「大丈夫か?」

僧侶「は、はい……って、なんですぐに助けてくれないんですか!?」

勇者「……」

遊び人「僧侶お姉ちゃん、ちゃんと呼ばないと」

僧侶「はぁ……兄さん、これからは……ちゃんと守ってくださいね?」

勇者「任せろ。それが兄の務めだ!」

―――夜営

遊び人「お兄ちゃん、お腹すいちゃった」

勇者「もう少しまってろ。今、お姉ちゃんが美味しいカレーを作ってくれている」

武道家「ったく……なんで私が手料理を……」

勇者「お姉ちゃんの手料理なんて、全世界の一人っ子が夢見るんだ!!」

武道家「熱弁すんなよ!!」

僧侶「はぁ……酷い目にあった……」

遊び人「大丈夫?」

僧侶「うん……遊び人ちゃんはいい子ですね?」

遊び人「えへへ、そっかな?」

勇者「……(じー」

僧侶「なんですか?」

遊び人「あ……もう、お兄ちゃん。ちょっと離れただけじゃないの、もー♪」

勇者「え……い、いやぁ……あはは」

遊び人「甘えん坊なんだから、お兄ちゃんは♪……そこがかわいいけどね」

僧侶(一人っ子ってここまで歪むものなんでしょうか……)

遊び人「きゃぁ……もう、お兄ちゃんのエッチー」

勇者「ちょっと胸に手が当たっただけだろぉ」

遊び人「もうエッチなお兄ちゃんなんて嫌い!」

勇者「あ……ごめん。もうしないからぁ」

遊び人「ホントに?」

勇者「うん」

遊び人「わかった。じゃあ、カレーのお肉分けてくれたら、許してあげるね?」

勇者「それぐらいならお安い御用だ!!」

遊び人「あと、私のニンジンも食べて、ね?」

勇者「ああ!ニンジンは大好物だ!!」

遊び人「きゃー!お兄ちゃん、だーいすき♪」

勇者「あっはっはっは。こらこら、抱きつくな。僧侶が見てるじゃないか」

僧侶「……ダメかもしれない、この勇者様」

武道家「一人だけ甘やかしてんじゃねーよ……」

遊び人「―――ふう、お腹いっぱい」

武道家「すげえ、お腹がぽっこりしてるな」

遊び人「みないでよぉ」

勇者「それにしても美味しかった。流石はお姉ちゃんだ」

武道家「いや……弟の世話とかしてたし……まあ、ちょっとだけな」

僧侶「料理は全般出来るのですか?」

武道家「そうだなぁ……簡単なやつだけかな。手の込んだのは無理」

僧侶「カレーみたいに具材をお鍋で煮詰めるだけならってことですか?」

武道家「ひでえ言い草だけど……ま、その通りだ」

僧侶「なるほど……」

遊び人「あ……よいしょ」

武道家「気を付けろよ?」

遊び人「うん」

勇者「どこに行くんだ?ついて行こうか?」

僧侶「ちょっと……ゆう……じゃなくて、兄さん!!デリカシーを持ってください!」

勇者「え?でも……危ないぞ?」

遊び人「あ……平気だから……」

勇者「お兄ちゃんも一緒に行ってやるって」

遊び人「だからぁ……」

武道家「おい、勇者」

勇者「なに?」

武道家「こっちこい」

勇者「なんだよ?」

遊び人「うぅ……(モジモジ」

武道家「女の子が何も言わずに立ち上がったときは、用を足すときだ」

勇者「な、んだと……?」

武道家「だから、一緒にいくとかいうな」

勇者「わ、わかった。―――ごめん、遊び人。まさか、おしっこだとは―――」

武道家「何もわかってねえじゃねえか!!!」

勇者「ぐほぉぁ!?!」

―――街

店主「さあさあ、もうすぐ店じまいだ!!急いで買わないとまた明日の朝になっちゃうよー!!」

魔王「……」

店主「お、そこの可愛いおじょうちゃん、お母さんはいないの?」

魔王「え……あ、うむ」

店主「そっか、もう暗いし家に帰りなよ?―――ほら、これをあげるから」

魔王「いいの、か?」

店主「売れ残りの飴玉だけどね」

魔王「そうか……すまぬ」

魔王「はむ……コロコロ……うむ、旨い」

店主「そうかい?ありがとよ」

魔王「……」

魔王(……人間とは不思議だ)

魔王(見ず知らずの者にこうしてなんの躊躇いもなく施しを与え、そして笑う……)

魔王(先代からの使命とはいえ……人間を滅ぼすことが本当に正義なのか……?)

―――夜営

武道家「それじゃあ、寝ようか」

勇者「お姉ちゃん……このご時世で勇者を簀巻きにするとは……どういう了見ですか?」

武道家「お前、遊び人に添い寝する気満々だっただろ?だからだ」

遊び人「ごめんね、お兄ちゃん?私は別にいいというか、お兄ちゃんと一緒に寝たいんだけど。お姉ちゃんがダメって」

勇者「何故だ!!お姉ちゃん!!こうして可愛い妹も了承している!!合意があるんだ!!縄をほどいてくれ!!」

武道家「ダメだ」

僧侶「あの……何もここまでしなくても」

武道家「だめだ。寝てる間に遊び人が大変な目に遭うぞ」

遊び人「大変って?」

武道家「それは……あー……なんか、こう……色々おかしなことになる」

僧侶「流石にそこまで……」

勇者「妹に手をだすわけないだろ!!お姉ちゃん!!」

武道家「……ダメ。今日はそうして寝ろ」

遊び人「おかしなことって、なぁに?」

武道家「ぐぅ……ぐぅ……」

僧侶「すやすや……」

遊び人「むにゃ……」

勇者(くそ……お姉ちゃんと二人の妹がすぐそばにいるのに……!!)

勇者(全世界の一人っ子は妹か姉に添い寝してもらえるなら彼女なんていらないと豪語するほどなのに……!!!)

勇者(諦めてなるものか……どうにかして縄を……そうだ……メラで少しだけ燃やそう)

勇者(―――メラ)

勇者(よし、ほどけた!!)

勇者(流石にお姉ちゃんの傍は危険すぎるから……やっぱり安定感抜群の遊び人だな)

遊び人「すー……すー……」

勇者(かわいい……じゃ、失礼しまーす)

遊び人「むにゃむにゃ……」

勇者(すげぇ……寝息が……当たる……こ、これは……!!)

勇者(桃源郷!!!)

勇者(じゃ、ちょっと抱きつこっかな?)

勇者(かわいい……)

遊び人「うぅん……」

勇者(はぁ……はぁ……妹……が、寝てる……)

遊び人「うーん……」

勇者(くんくん……はぁ……ミルクの匂いがしないでもない)

遊び人「……はれ?おにいふぁん?」

勇者「あ、ごめん。起こしちゃった?」

遊び人「もう……あまえんぼぉさんにゃんだかりゃぁ……むにゃむにゃ……ぐぅ」

勇者(うっひゃー!!これは……もう、体を許したとみていいですね!?)

勇者(やっぱり……妹のファーストキスは兄が―――)

武道家「……おい。腐れ外道、なにやってんだ?」

勇者「あ……いや、これはね、お姉ちゃん?」

武道家「―――死ね!!!」

勇者「げぶぅ!?!」

武道家(ったく……やっぱり遊び人じゃねーかよ)

―――街 路地裏

子猫「にゃぁ」

魔王「む……」

子猫「にゃぁん」

魔王「なんだ……すり寄るでない」

子猫「うにゃ……」

魔王「どうしたんだ?」

子猫「にゃぁ」

魔王「なんだ。にゃあ、だけでは分からんぞ?」

子猫「にゃぁ……(ペロ」

魔王「な!?無礼者!!我は魔王であるぞ!!顔を舐めてただで済むと思っておるのか!!」

子猫「にゃぁ?」

魔王「む……はぁ……なにが望みだ?」

子猫「にゃぁん♪」

魔王「くそ……全然、話が通じないではないか。所詮は人間に媚を売る愛玩動物か……」

子猫「にゃぁ」

魔王「腹でも減っているのか?」

子猫「うにゃぁ」

魔王「飴玉ならあるが……」

子猫「……(クンクン」

魔王「……」

子猫「にゃ……(プイッ」

魔王「貴様!!我の施しを……!!覚悟はいいか!?」

子猫「にゃあ♪」

魔王「なんだ……やめろ、抱きつくな」

子猫「うにゃぁ……」

魔王「おい……離れろ……」

子猫「すー……」

魔王「おい!!寝るな!!」

魔王「―――全く。いらん拾い物をしてしまったな」

魔王「ふむ……これからどうするか」

男A「お……結構かわいいこがいるぜ?」

男B「本当だ……ちょっと小さいけど……俺好みだな」

魔王「……む?」

男A「ねえねえ、お母さんかお父さんはどうしたの?」

男B「こんなところにいたら危ないよ?」

魔王「構わん」

男A「猫抱いてるし……あ、その子の親を探してるの?それとも飼い主?」

魔王「……いや、今拾ったばかりで、どうしようか考えていた」

男B「へえ……あ、じゃあ、俺の家で飼ってあげるよ」

魔王「真か?」

男B「おう。これでも猫好きなんだ」

魔王「そうか。それは助かる」

男A「じゃあ、一緒にいこうぜ。こいつの家、すぐ近くだからさ!」

魔王「うむ……よかろう(人間は捨てられた動物をも簡単に受け入れるのか……不思議だな)」

―――夜営

勇者「お……おぉ……」

武道家「お前は私の傍で寝ろ」

勇者「お姉ちゃん……そんなの俺のことを……うれしい―――ぐへぇえ!?」

武道家「寝ている隙に抱きついたら、殴る」

勇者「もう……殴ってますけど……」

武道家「ふん」

勇者(くそ……恐ろし過ぎて……何もできないじゃないかぁ)

武道家「……」

僧侶(……武道家さん……)

僧侶(貞操だけは守ってくださいね……私達の)

遊び人「おにいふぁーん……すけべー……」

勇者(遊び人がいいのにぃ……くそぉ)

武道家(……なにもしねーのかよ)

僧侶「すやすや……」

―――倉庫

魔王「む?ここがお前の家なのか?」

男B「うん。そうだよ?」

魔王「変わったところに住んでいるのだな」

魔王(人間とはつくづく変な生き物だ)

男A「さてと」

魔王「あ……」

子猫「にゃあ?」

男A「この子はこっちに置いとこうか」

魔王「では、その者をよろしく頼むぞ?」

男B「待ってよ。お礼もなしに帰るの?生き物を預かるって大変なことなんだぜ?」

魔王「どういうことだ?」

男B「命を一つ、背負うんだぞ?それ相応の見返りがあってもいいだろ?」

魔王「そうか……なるほど。それはすまない。気が効かなかったな」

男A「いい子じゃん……じゃあ、とりあえず服でも脱いでよ。ここ、暑いだろ?」

魔王「いや、そこまで暑くは……」

男A「いいからいいから」

魔王「な……!?おい、やめろ!手を離さぬか!!」

男B「そのまま押さえつけちゃえよ」

男A「そうだな……おいしょっと!」

魔王「ぐ……貴様……無礼であるぞ……!!」

男B「そのままにしてろ……にひひひ」

魔王「やめんかぁ!!離せ!!」

男A「暴れないの。気持ちいいことするだけだからさ」

魔王「いい加減に……!!」

子猫「にゃぁああ」

男B「なんだ、こいつ。邪魔だ!」

子猫「ふぎゅ!?」

魔王「な!!?おい、足蹴にするとはどういうことだ!?」

男B「邪魔だったから蹴っただけ。―――それよりもう我慢できねえ。パンツから脱がせるか」

魔王「ふざけ……るなぁぁぁ!!!」

男A「え―――」

男B「お―――」

―――街

住民「なんだ?!向こうからすげえ爆発音がしたぞ!?」

住民「やべえ!!燃えてる燃えてる!!!」

住民「消火活動いそげー!!!」

魔王「……」

魔王「……く……」

魔王「人間とは……そういう生き物か……」

魔王「心を油断させ……相手を貪ろうとする……下賤にして卑劣……」

魔王「人間など……滅ぶべきだ……」

子猫「……にゃぁ」

魔王「心配するな……もう傷は癒えているだろう?」

魔王「お前は人間に渡さん。私が責任を持つ……安心しろ。我は魔王ぞ……」

―――翌日

武道家「ふーん!今日もいい天気だ」

勇者「おおぉ……」

遊び人「お兄ちゃん!?大丈夫!?顔が倍ぐらいに腫れてるけど!?」

勇者「へーき……へーき……」

僧侶「あの、姉さん」

武道家「なんだ?」

僧侶「何かあったんですか?」

武道家「ああ。何度か遊び人のところに行こうとしたから、その都度顔に飛び膝蹴りをいれてやった」

僧侶「そ、そこまでしなくても……」

武道家「いーや、アイツはケダモノだ。これぐらいしとかないと癖になる」

僧侶「はぁ……でも、少し可哀想ですし。―――兄さん」

勇者「ん?」

僧侶「……ホイミ。はい、少し腫れが引きましたよ?」

勇者「おぉぉ……流石は俺の妹……お兄ちゃんはうれしいぞぉぉ!!」

僧侶「あ、の……そんな抱きつかないでください……」

勇者「あぶぶぶぶ」

僧侶「きゃぁ!?ちょ、胸に顔を埋めないで……」

勇者「妹にしてはけしからん胸だな……これはもっとチェックせねば!!」

僧侶「あん……もう、兄さん……やめ、ん……」

武道家「くたばれ!!害虫野郎!!!!」

勇者「ぶごぉ!?!?」

遊び人「お兄ちゃーん!!」

武道家「ほら、いわんこっちゃない。甘やかすと私達に害が及ぶんだ」

僧侶「き、気をつけます」

武道家「……にしても、僧侶の胸は……はぁ……」

僧侶「あの……姉さん?」

武道家「姉の威厳って……何で決まるんだろうなぁ」

僧侶「え?え?」

遊び人「お兄ちゃーん!!どこー!?」

―――街

勇者「ふう……やっと街に着いたな」

僧侶「まずは宿屋の確保をしないといけませんね」

武道家「そうだな。あとは買い出しも」

遊び人「お兄ちゃん!お兄ちゃん!あっちにアイス売ってるよ!!」

勇者「欲しいのか?」

遊び人「うん!……ねえ、お兄ちゃん、かってぇ?」

勇者「あっはっはっは、アイスの一つや二つで満足するのか?店ごと買ってやるぞ!!」

遊び人「さっすが、お兄ちゃん!かっこいいー♪」

勇者「もっと言って、もっと言って!!」

武道家「馬鹿か……」

僧侶「あはは、まあ、アイスはともかく、必要な物を買っておきましょう」

武道家「そうだな。―――ん、なんか向こうがやけに騒がしいな」

僧侶「そういえば……人が集まってますね」

勇者「なんかあったのか?おし、遊び人、いってみるぞ!」

住民「こりゃひでえな……」

住民「瓦礫から死体が出たんだって?」

勇者「あの……すいません」

住民「ん?旅の方か?」

遊び人「そうでーす。なにかあったんですかぁ?」

住民「原因不明の爆発があってね。今、瓦礫の中から若者が二人、死体で見つかったんだ」

勇者「それはそれは……」

遊び人「こわいよぉ」

住民「全く……なにが原因なのかねえ」

勇者「火薬庫かなにかだったんですか?」

住民「いや、使ってなかった倉庫で土嚢しかなかったはずなんだ」

勇者「へえ」

遊び人「どのーってなぁに?」

勇者「原因不明の爆発ねえ」

遊び人「ねえねえ、どのーってなぁに?」

―――宿屋

遊び人「ペロペロ……おいしー!!」

勇者「そうかそうか」

武道家「はぁ……」

勇者「なんだ?お姉ちゃんもアイスほしかったの?―――飴玉しかないけど」

武道家「いらねえよ!!」

勇者「折角、タダでもらったのに……」

武道家「タダでもらったものを渡そうとすんな!!!」

僧侶「ところで勇者様、原因不明の爆発とは?」

勇者「ああ。火薬もなにもない倉庫が昨夜、爆発したらしい。死者も出た」

武道家「何もないのに爆発するかよ」

勇者「うん……お姉ちゃんの言うとおりだと思う」

僧侶「気になるんですか?」

勇者「何も無いのに爆発はしないから……もしかしたら魔物の仕業かもしれない」

僧侶「なるほど。では、少し調べてみましょうか?もし、魔物の仕業なら放ってはおけませんし」

―――魔王の城

魔王「―――揃ったな?」

魔物「はは!!」

魔王「では、出陣する!!」

魔物「「おおおーーーー!!!!」」

スライム「魔王さま。どうして今度の街は魔王さま自ら?」

魔王「あの町は屑の巣窟だ……我自身の手で葬らなければ気が済まん!!」

スライム(こわぁ……いつになく真剣に怒ってる……なにかあったのかな?)

子猫「にゃぁ」

魔王「これ、ついてきてはいかん」

子猫「にゃあ」

魔王「だから、ダメだって……しかたない。我の腕の中にいるがよい」

子猫「うにゃ♪」

魔王「貴様もきっとあの場所で蔑まれてきたのだろう?―――我が全てを破壊してくれる!!」

魔王「いくぞ!!人間に地獄を味わせてやるのだぁぁ!!!」

―――街

勇者「うーん……」

武道家「こんな瓦礫からなんかわかるのかよ?」

遊び人「これ黒こげー」

僧侶「兄さん、こっちの瓦礫は燃えた形跡がありません」

勇者「てことは……熱は拡散したんじゃなくて、一直線だったわけか」

武道家「どういうことだ?」

勇者「つまり、爆発の熱は発生源から一定の方向にしか行かなかったんだよ、お姉ちゃん」

僧侶「普通の爆発ではない……呪文による爆発というわけです」

勇者「やっぱり魔物の線が濃厚かも」

僧侶「そうですね……どうします、兄さん?」

勇者「よし、ちょっと周辺を探してみよう。なんかいるかも」

遊び人「わーい!夜のお散歩だぁ♪」

勇者「遊び人は俺の傍を離れるなよ?もっとこう、密着してていいからな?」

武道家「おい……殴られたいのか?」

―――郊外

魔王「あの街が今回の標的だ」

魔物「はは!!」

魔王「よし……突撃するのではなく、じっくりと飲み込んでいくぞ?」

魔物「つまり……音を立てずに殺すのですね?」

魔王「そうだ。見えざる恐怖に怯え、そして死んでいく。それが屑にとって相応しい最後だ」

魔物「わかりました。―――よし、いくぞ!!」

魔物「「おお!!」」

魔王「さてと」

スライム「魔王さまはどちらに?」

魔王「この街の人間は一人として逃がさん。外に逃げてきた人間を我が八つ裂きにする」

スライム「うわぁ」

魔王「ふふ……苦しみながら死ね……楽に死なせたりはせんぞ……」

子猫「うにゃ?」

魔王「案ずるな……必ず殺す……お前を貶めた人間など……必ずな」

―――郊外

勇者「うーん、誰もいないか」

武道家「そうだな……妙な気配は感じるけど」

遊び人「妙な気配?」

武道家「ああ……なんか、闇に紛れてるっていうか」

僧侶「まさか……悪霊?!」

遊び人「いやぁぁ!お兄ちゃん、怖いよう!」

勇者「よしよし、お兄ちゃんが守ってやるからな?」

遊び人「約束、だよ?」

勇者「勿論だ!」

遊び人「おにいちゃん……すき♪」

武道家「……こっちも守れよ」

勇者「いや。お姉ちゃんは自分で自分の身を守れるでしょ?」

武道家「てめ―――ん!?」

魔王「―――何人も逃がさん!!!!」

勇者「お姉ちゃん危ない!!!」

武道家「―――うわぁ!!!」

魔王「ほう……うまくよけたな……」

武道家「いたた……おい!?大丈夫か!?」

勇者「なんとか……お姉ちゃんこそ、大丈夫?」

武道家「あ、ああ……守ってくれて―――」

勇者「遊びにーん!!怪我はないか!?小石とかぶつかってない!?」

遊び人「うん!大丈夫だよ!」

勇者「ふう……遊び人の柔らかい肌に傷がついたら俺が嫁にするしかないもんな」

遊び人「えぇー。じゃあ、傷ついたほうがよかったなぁ……えへへ」

勇者「かわいいやつめ!!うりうりうり!!」

僧侶「あの……敵がいるんですけど……」

武道家「―――逝っちまえ!!ロリコン!!!」

勇者「ぶらっぷぅ!?!?」

魔王「おい……無視とはいい度胸だな、人間ども」

勇者「おぉ……もう瀕死だぜぇ」

遊び人「お兄ちゃん……血が出てる」

勇者「あ、じゃあ、舐めてくれる?」

武道家「おい」

勇者「ジョークです!勇者ジョーク!!」

僧侶「あの!みなさん真剣に!!」

魔王「―――貴様らぁぁぁ!!!!」

子猫「にゃぁ」

勇者「いや、真剣にと言っても。あんな可愛い子が子猫を抱いてるんだから、緊張感なんて出ないし」

遊び人「あは♪かわいいねー、拾ったのー?」

魔王「近付くな!!―――メラゾーマ!!!」

遊び人「え―――ぎぃああああああ!!!!!!!」

僧侶「ああ!?!」

勇者「遊び人!!!!」

魔王「汚らわしい人間どもめ……塵も残さんぞ……!!」

遊び人「ぁ……う……い、た……ぃ……」

勇者「遊び人!!遊び人!!!」

僧侶「今、治療を!!」

魔王「させんぞ!!―――マヒャド!!」

勇者「な―――はがぁあぁぁぁああ!?!?!?」

僧侶「兄さん!!!」

武道家「てめえ!!!いい加減にしやがれ!!!」

魔王「ふん!!!」

武道家「な……!?こんな華奢なやつに……私の蹴りが止められた!?」

魔王「死ね……!!―――イオナズン!!」

武道家「ぶ―――あぁあああぎぁあああぁあ!!!!!!」

僧侶「あ……あ……」

魔王「残るは貴様だけだ……」

子猫「にゃあ」

魔王「あ、おい。どこにいく!?」

勇者「ぐ……あ、そび……にん……」

遊び人「お、にい……ちゃ……い、たい……よぉ……」

武道家「から、だが……あつい……」

子猫「にゃぁん♪」

僧侶「ね、ねこが……兄さんのところ、に……?」

勇者「あ……?なんだ?」

子猫「にゃあにゃあ」

魔王「おい。どうしたというのだ?この者がどうかしたのか?」

子猫「にゃあ♪」

勇者「あ、はは……かわいぃ……猫だ、な」

魔王「……」

勇者「……これが、ほしいの、か?」

魔王「それは……!?」

僧侶「あめ、だま?」

猫「にゃああ♪」

魔王「我と同じものを……」

猫「……(クンクン」

勇者「……」

魔王「貴様……この者の考えが分かるのか?」

勇者「どうだろ……でも、君のことは……わかる」

魔王「なに?」

勇者「君は……優しい」

魔王「……!?」

勇者「猫は……優しいやつにしか懐かないから……だか、ら……君は、やさ、しい……」

魔王「貴様……その手には乗らんぞ。人間はそうやって甘言し、惑わせ、そして奪う。狡猾な生き物だ」

僧侶「あ……やめて!!」

魔王「……そのまま死ね」

勇者「……きみみたいな……かわいい、こに……みとってもらえ、るなら……うれ、しい……ようなきが、する」

魔王「―――お前!!!この状況が分かっているのか!!!!」

武道家「……ろ、りこん……が……うぅ……」

勇者「……あ、でも……殺す、ときは「お兄ちゃん、死んで」って……いってくれる?」

魔王「は、はぁ!?」

僧侶「兄さん!?」

勇者「妹に、ころされるって……いいよね」

僧侶「よくないですよ!!!」

子猫「うなんな」

魔王「くぅぅぅぅぅ!?!?」

魔物「魔王様!!街は完全に陥落いたしました!!人間は全て排除しました!!」

魔物「お?これも人間か……よし」

遊び人「あ……」

魔王「もうよい!!引き上げだ!!」

魔物「え?良いんですか?」

魔王「構わん!!この者たちは街の人間ではないようだ。だから構わん!!」

魔物「わかりました……。―――よし!引き上げだ!!」

魔王「命拾いしたな……。さらばだ」

僧侶「た、たすかった……」

勇者「あ……治療をたのむ……」

僧侶「あ、すいません!いますぐ!!」

勇者「いや、俺は最後でいい。遊び人とお姉ちゃんから先に……」

僧侶「兄さん……わかりました!!」

武道家「しぬ……やべえ」

遊び人「きゃう……」

僧侶「ベホマ!!」

勇者「―――はぁ……」

勇者「可愛かったなぁ……」

勇者「でも、あの強さ……普通じゃない」

勇者「多彩な呪文も使ってたし……魔物も率いてた」

勇者「あれが……魔王か」

勇者「絶対……妹にしたい」

勇者「そのためには……もっと力が必要だ……力が……」

―――魔王の城

魔王「くそ!!くそ!!」

スライム「魔王さま!?落ち着いてください!?」

魔王「なぜだ!!何故、我はあそこで人間を見逃した!?我は……人間を根絶やしにするために赴いたのだぞ!?」

スライム「魔王さま……」

魔王「くそ!!くそ!!!―――なんだ、この苦しさは!!」

魔王「ふぅ……息が苦しい……胃の中に鉛でも入れられたようだ……」

―――君は……優しい

魔王「優しいってなんだ!?我は魔王ぞ!?人間に優しいなどど……!!」

―――きみみたいな……かわいい子に

魔王「可愛いってなんだ!?我は魔王だ!!そんな偶像を褒めるような言葉で罵ったつもりかぁぁ!!!」

スライム「きゃぁぁぁ!!!魔王様がご乱心ですぅぅぅ!!」

子猫「にゃー!!」

魔王「はぁ……はぁ……馬鹿にしよって……」

魔王「今度、会ったときは必ず息の根をとめてやる……くそ!!」

―――翌日 街

武道家「ちっ……生存者はなしか」

遊び人「悲しいね……」

僧侶「愛しき者たちよ……その御心を鎮め、天へと―――」

勇者「……」

武道家「どうしたんだ?いつになく真剣な顔で」

勇者「お姉ちゃん……俺たちは弱い」

武道家「え……?」

勇者「このままじゃ、いつか殺される」

武道家「あ、ああ……(なんだ?こいつ、こんなかっこいい表情もできるのかよ……)」

勇者「なにより。俺自身が弱い。これじゃあ、妹もお姉ちゃんも守れない」

遊び人「お兄ちゃん……」

武道家「お前……」

勇者「だから、力を付けよう」

僧侶「……ふう。行くんですね?―――ダーマ神殿へ」

―――ダーマ神殿

神官「では……職業を選べ」

勇者「ここではどんな職業にでもなれるんですよね?」

神官「そうだが?」

勇者「なるほどね……よしよし……遊び人!!」

遊び人「はぁーい」

神官「遊び人か……」

武道家「やっぱり……賢者か?」

僧侶「それが一番の戦力アップになりますからね」

勇者「遊び人……これから賢者として生きていってほしいんだ」

遊び人「お兄ちゃんがそういうなら……私、賢者にでもなるよ」

勇者「ありがとう……デュフフ……(これで魔王妹化計画に一歩前進だ)」

武道家「なんか企んでないか?」

僧侶「まさか……どんなことを?」

武道家「いや、わかんねえけど……鼻の下伸びてるし」

神官「―――では、これから遊び人は賢者として生きていくがよい」

賢者「はい」

武道家「おぉ!?なんか雰囲気ががらっと変わったぞ?」

僧侶「そうですね。子供っぽさが一気に無くなった気がします」

勇者「今の気分はどうだ?」

賢者「いえ。とくに」

勇者「そうか……」

賢者「では、いきましょう」

勇者「あ、あれ?賢者?」

賢者「はい?」

勇者「ほら、向こうにソフトクリームあるけど?」

賢者「それが何か?」

勇者「いや……食べないの?」

賢者「結構です」

武道家(……おし。―――いやいや!なにがおしだよ!?私、疲れてんのか?)

―――街道

魔物「ぎゃぴるっぴぃぃぃ!!!!」

賢者「イオラ!!」

魔物「ぎゅるるるるる!?!?」

勇者「賢者、危ない!今たすけ―――」

賢者「メラミ!!!」

魔物「ぐおぁおぁお!??」

勇者「あ……」

賢者「終わりです」

僧侶「すごいです!」

賢者「いえ。この程度、造作もありません」

武道家「ほらほら、もう妹離れしろ」

勇者「うぅ……おねーちゃん!!」

武道家「よしよし」

賢者「……ふん」

―――夜営

武道家「ふんふーん♪」

僧侶「……なんだか姉さんがご機嫌ですね。今日のお料理当番は私なのに、代わって欲しいなんて……」

勇者「そうか?」

僧侶「ええ」

勇者「それより……僧侶」

僧侶「は、はい?なんで手を握るんですか?」

勇者「もう僧侶だけなんだ」

僧侶「なにがでしょう?」

勇者「こう……分かりやすい妹は」

僧侶「意味がわかりません」

勇者「かわいいってことだよ!!―――あぶぶぶ!!!」

僧侶「あん!ちょっと、兄さん!?胸に顔を埋めるのはやめてって、いつも―――」

勇者「でへへへへへ!!妹のくせにけしからんおっぱいをしているほうが悪いんだ!」

僧侶「ちょ……もう……」

武道家「おらぁぁ!!!またかこらぁぁぁ!!!!」

勇者「へべべぇぇ!?!?」

僧侶「はぁ……」

武道家「ったく。油断も隙もあったもんじゃねえな。ほら、できたぞ」

僧侶「わぁ……クリームシチューですか」

武道家「このへんは肌寒いからな。温まろうぜ」

僧侶「はい」

勇者「ぐぞ……いつも俺ばっかりが……酷い目に……」

賢者「……」

勇者「お……?」

賢者「もう私には近付かないでください」

勇者「は?」

賢者「……」

勇者「え……賢者?あのー」

賢者「近付かないでください」

勇者「はぁ……」

賢者「……ズズ……」

武道家「勇者、おかわりいるかぁー♪」

勇者「え……うん」

僧侶「どうかしたんですか?」

勇者「いや……なんか賢者に嫌われてるみたいで……なにかしたかなぁって」

武道家「そりゃ、お前が僧侶に変なことをしたからじゃないのか?」

勇者「ええ?!なんかした!?ねえねえ、僧侶、俺、なんかしたぁ!?」

僧侶「いえ……」

武道家「妹にセクハラしてたじゃねーか!!!!」

勇者「ばかやろう!!他人同士ならセクハラでも、兄妹ならスキンシップだろうがよぉ!?あぁ!?」

僧侶「兄さん……」

武道家「―――砕け散れ!!!ゲス弟がぁぁぁ!!!」

勇者「あっちぃぃぃぃ!!!シチューをぶっかけないでぇぇ!!!」

賢者「……馬鹿」

―――魔王の城

魔王「……」

スライム「魔王様、どうかしたの?」

子猫「にゃ?」

スライム「なんか、ここ最近へんでさぁ。天井を見上げては溜息ついて、ときどきベッドの中で足をバタバタさせてるんだよ」

子猫「にゃぁ……」

スライム「ホントだよね。元気ないよね、あの一件以降。外にも出なくなちゃったし」

子猫「うにゃぁ」

スライム「どうしたんだろうねぇ」

魔王「はぁ……」

子猫「にゃーん?」

魔王「なんだ?」

子猫「にゃあ♪」

魔王「ふふ……くすぐったいぞ……指を舐めるな……ふう」

子猫「にゃぁ……」

―――夜営

勇者「ここら辺は魔物が凶暴だ。だから見張りをしようと思う!」

武道家「……」

僧侶「……」

賢者「……」

勇者「じゃあ、俺に任せてみんは寝てくれ」

武道家「わかった……僧侶」

僧侶「は、はい?」

武道家「あれ、持ってきて」

僧侶「あ、はい」

勇者「妹の夜は兄が守る!!―――あれ?なんか、身動きがとれませんよ?」

武道家「簀巻きの状態で見張っててくれ」

勇者「えぇぇ!?!?お姉ちゃん!!これはないよ!!俺のゴールデンタイムを奪う気!?」

武道家「見張りだろ!!!ゴールデンタイムってなんだよ!?!」

賢者「おやすみなさい」

勇者「しくしく……お姉ちゃんの馬鹿……これは、賢者との親睦を深めるためにだなぁ……」

賢者「……親睦ってなんです?」

勇者「わぁ!?―――賢者か。おしっこ?」

賢者「最低ですね」

勇者「え……あ、そっか。ごめん」

賢者「……はぁ。隣、いいですか?」

勇者「え、うん」

賢者「……」

勇者「どうかしたのか?寝た方がいいぞ?」

賢者「……お、お、にい、ちゃんに見張りを任せてたら……おちおち寝てられません」

勇者「え?」

賢者「……」

勇者「もう一回、言って?」

賢者「意味がないです」

勇者「いいじゃんいいじゃん!もう一回!アンコール!アンコール!!」

賢者「おちおち寝てられません」

勇者「その前!」

賢者「……お、おにいちゃん……」

勇者「ふん!!!!」

賢者「わ!自力で縄を!?」

勇者「やっぱり、お前は一番かわいいよぉほほほほほ!!!」

賢者「うざい」

勇者「そんなこというなよぉ!」

賢者「離れて」

勇者「やだぁー賢者ーいい匂いだぁ♪」

賢者「……やっぱり、様子なんて見に来るんじゃなかった」

勇者「でへへへへへへ」

賢者「もう……うっとうしいなぁ」

勇者「でも、嫌がってないな!これは合意とみてよろしいですか!?」

賢者「……しらない」

勇者「は!?―――ふう、お姉ちゃんはいないか」

賢者「もう。いい加減にして」

勇者「―――賢者」

賢者「な……なにをいきなりそんなハンサムな声で……」

勇者「俺……賢者のそういうところ、大好きだ。もちろん、前みたいに無邪気なほうも素敵だったけど」

賢者「あ、の……顔、ちかいから……」

勇者「妹のファーストキスは……兄のもの、だろ?」

賢者「おにい、ちゃん……やめて……」

勇者「んー……」

賢者「ちょ……だ、め……だって……もっと、ちゃんと、したところで……」

武道家「―――踵落とし!!!!!」

勇者「ぷっぺぇぇん!?!!??」

武道家「―――ったく。お前は発情期の犬か!?」

賢者「あ……ふぅ……」

武道家「まったく……遊び人でも賢者でも一緒なのか……つまんねぇなぁ」

―――魔王の城

魔王「この写真は……アイツ……勇者だったのか……よし!決めたぞ!!!」

スライム「どうかしたんですか?」

子猫「にゃあぁ?」

魔王「悩んでいても仕方がない。我が出向く!!」

スライム「おお!!今度はどこの街を!?」

魔王「街ではない」

スライム「は?」

魔王「最近、勇者一行が我の同胞を痛めつけているらしいではないか」

スライム「ああ、確か……その新聞記事に出てる人ですね。男前ですよね」

魔王「あ、そうだな―――いやいや、そんなことはどうでもいい。私は勇者を殺す!!」

子猫「にゃぁ?」

魔王「これ以上、好きにはさせんぞ。勇者め!!ふはははははは!!!」

猫「にゃぁぁ!」

魔王「お前も行くか?―――よし、行くぞ!!人間の希望を潰せば、我に仇名すものはいなくなるだろう……ふふふ!!」

―――街

魔王「くそ……人間どもめ……のうのうと……」

魔王「貴様らが我にした仕打ちは忘れんぞ……」

魔王「それにしても勇者はどこだ?」

魔王「うーん……(キョロキョロ……」

住民「どうしたの?迷子?」

魔王「な!?」

住民「あ。猫……飼い主でも探してるの?」

魔王「汚らわしい!!近付くでないわ!!殺されたいのか!?」

住民「なにを失礼な。俺は親切で……」

魔王「人間の施しなど受けぬ!!―――消されたくなければ、どこかにいけ!!」

住民「なんだ……この子?」

勇者「―――そこまでだ」

住民「いっ!?何しやがる!?腕をはな、いででで!?!」

勇者「こんな女の子に何をした?」

魔王「お、おまえ……!!」

子猫「にゃぁ……」

住民「なにもしてない!!何もしてないって!!」

勇者「本当か?」

住民「声をかけただけで―――」

勇者「声をかけただと!?十分、犯罪だ!!このロリコンやろう!俺が成敗してくれる!!」

武道家「やめろ!!!」

勇者「ぐっぱぁぁ!!!」

僧侶「あー!兄さん!!」

賢者「ロリコンがロリコンに説教とは、世も末」

住民「ひぃぃぃ!!」

魔王「あ、待たぬか!!」

武道家「まて」

魔王「む……」

僧侶「あなた……魔王ですよね?」

―――喫茶店

店員「いらっしゃいませ。何名様ですか?」

武道家「五名です」

店員「奥のテーブル席にどうぞ」

僧侶「どうも」

賢者「……」

勇者「クンクン……」

魔王「なんだ?うっとうしい」

勇者「いやぁ。やっぱり可愛い子の匂いは最高だなぁ」

魔王「貴様……我を愚弄しておるのか?」

勇者「まさか。愛でてるにきまってるだろぉ!頬ずり頬ずり!」

魔王「うわ!やめえい!!気色悪い!!!」

武道家「―――生き恥を晒すんじゃねえ!!!!」

賢者「ロリコンには死を……メラゾーマ」

勇者「ひんぎゃぁああああああ!!!!!」

勇者「おぉぉぉ……」

僧侶「兄さん……もうあまり変なことはしない方が……」

勇者「僧侶だけだな……優しい妹は……うぅ……その魅惑のユートピアで俺を癒してくれぇぇぇ!!」

僧侶「あぁん!だから、胸に顔を……!!」

魔王「イオ」

勇者「ぶぎゃ!?」

賢者「イオラ」

勇者「ぶちょ!?」

武道家「さてと、ゴミ掃除が済んだところで……魔王、こんな街中でなにやってた?また、街を滅ぼそうとしてたのか?」

魔王「ふん。そんな気はなかったが、この街の人間どもを見ていると腸が煮えくりかえってきたわ!!」

僧侶「あの……どうしてそんなに人間を憎むんですか?」

魔王「人間は魔物以上に凶悪で野卑な生き物だ……死んで当然であろう!!」

賢者「すごい恨み……」

勇者「おぉ……いてぇ……なにかあったのか?」

魔王「……言いたくもないわ!!」

勇者「―――ダメだ。言いなさい!!」

魔王「貴様!!我に指図するか!!」

僧侶「兄さん!!」

勇者「言え。魔王……何があった?」

魔王「それは……」

勇者「俺は不思議で仕方がないんだ」

魔王「なにがだ?」

勇者「君が人間を滅ぼすだの、殺すだの、そうして無理をしているのが」

魔王「無理などしておらん!!我は……!!」

勇者「じゃあ、その腕の中で寝ている猫はなんだ?」

魔王「え……?」

子猫「うにゃぁ……すー……」

魔王「これは……」

勇者「こんなにも油断しきった猫は中々見れない……君が本当に優しくないとね?」

魔王「お……おぉ?!や、ややさしい、だと!?」

武道家「なんか言いだしたぞ」

賢者「変態」

僧侶「まあまあ」

勇者「どうしても話したくないか?」

魔王「う、うむ……」

勇者「そうか。なら無理には聞かない。でも、これだけは言っておこう」

魔王「なんだ……」

勇者「お前は……美しい」

魔王「なぁぁぁぁああああああ!!?!??」

武道家「……!!」

賢者「……!!」

僧侶「お二人とも!!ちょっと、押さえてください!!兄さんなりの説得だと思いますから!!」

勇者「君の怒りは、その美貌を霞ませる。どうか、もっと微笑んでほしい」

魔王「お、おい……手を握るでない……やめろ……」

勇者「人間を好きになれとはいわない……だけど、君が見たのはほんの一部でしかないはずだ」

魔王「一部だと……?」

勇者「ああ。この世の中には影も光もある。それを見ずしてどうして怨む?」

魔王「うむ……しかし、お前達も我らのことが憎いのであろう?」

勇者「そうだな。君のしたことは到底見過ごすわけにはいかない」

魔王「ふん……やはりな……お前らは口だけだ!!」

勇者「違う!!」

魔王「!?」

勇者「俺は君たちのことをちゃんと見ている。だからこうして、剣ではなく、言葉を交わしているじゃないか!!」

魔王「う、む……顔がちかいぞ」

勇者「魔物の影があの凄惨な事件としたら……君の可憐さは正しく光だ」

魔王「な、なんと……!?」

武道家「……」

賢者「……」

僧侶「あの!あの!姉さん!拳を納めてください!賢者さんも手を兄さんに翳しちゃダメですよ!!」

勇者「だから……君も俺達の光を知って欲しいんだ」

魔王「だ、だか……我はもう人間を信じることはできん……」

勇者「ニヤァ」

魔王「なんだ?顔がにやけているぞ?」

勇者「おっとっと……すまない。君があまりにも眩しくて」

賢者「イオナズ―――」

僧侶「マホトーン!!」

賢者「!?!?」

武道家「いいかげんに―――」

僧侶「ルカニ!ルカニ!!!―――てえい!!!」

武道家「ぐはぁああ!!?」

魔王「勇者……」

勇者「魔王……少しだけ世界を見てみないか?俺達と共に」

魔王「どういうことだ?」

勇者「世界を知ればきっと魔王も人間のことが少しだけわかるはずだ。―――だから、ダーマ神殿にいこう」

魔王「よくわからんが……分かった。お前がそこまでいうのなら、少しだけ付き合ってやろう……少しだけだぞ!」

―――ダーマ神殿

神官「ん……?なんじゃ、お前は?」

魔王「おい。ここは何をするところなのだ?」

勇者「どんな職業にもなれるんでしたよね?」

神官「うむ」

勇者「さあ、魔王。言われた通りに」

魔王「わ、わかった」

武道家「何をさせる気だよ……」

賢者「嫌な予感しかしない」

僧侶「兄さんを信じましょう」

神官「では……なりたい職業を選べ」

魔王「勇者の妹だ」

神官「―――は?」

魔王「ゆ・う・しゃ・の・い・も・う・と」

勇者「デュフフフフフ」

神官「本気か?そんなふざけた職業を選ぶと……神の怒りを買うぞ!?」

魔王「我を馬鹿にするでないわ!!神など恐れるにたりず!!」

神官「呪われて一生職業を変えられんかもしれんぞ!?」

魔王「人間の呪いなど怖くないわ!!さっさとやらんか!!」

神官「どうなっても知らんぞ!!いいんだな!?」

魔王「くどい!!」

神官「おお……神よ……この者を勇者の妹としての道を歩ませたまえ……」

魔王「……」

神官「きえぇぇい!!」

魔王「はぅ!?!?」

勇者「魔王!!大丈夫か!!」

神官「ほれみろ!!神はお怒りじゃ!!もう一生、勇者の妹だぞ!!」

勇者「望むところだぁぁ!!!」

神官「なんと!?」

魔王「うぅ……うむ……なにが起こったのだ……?」

武道家「おいおい!どうなったんだよ!?」

賢者「……魔王?」

僧侶「兄さん、どうなったんですか?」

勇者「魔王、大丈夫か?」

魔王「うむ……一瞬、電気が走ったような気がしたが……」

勇者「俺を呼んでみてくれ」

魔王「は?」

勇者「いいから。何も考えずに俺のことを呼んでくれ」

魔王「……いいたくない」

勇者「お願いだ」

魔王「いやだ」

勇者「このとーりだ!」

魔王「むむ……に……兄くん……」

勇者「かわえええええええなぁああああああ!!!!」

魔王「やめろ!バカ者!!我は勇者の妹だぞ!!無礼な!!!」

武道家「おまえ!!!どうすんだよ!!!」

勇者「うぐぐぐぐぐ!!!ぐるじいぃ!?!くびしめるなぁ!?」

賢者「おにいちゃん……どうする気なの?」

僧侶「二人とも!兄さんが死んじゃいますから!!私、ザオラルとかまだ使えませんから!!」

魔王「そ、そうだ……我をこうした責任はどうする気だ!?」

勇者「はぁ……はぁ……馬鹿野郎。よく考えろ。魔王は俺の妹になった。しかも神のお墨付きだ」

賢者「怒りも付いてるけど」

勇者「つまり、この世にはもう魔王はいない。―――もう、平和になったんだ」

僧侶「おお!すごい!まさか、そんなことをずっと考えていたんですか!!?」

勇者「当たり前だ」

僧侶「兄さん、流石ですね!」

勇者「もっと言って!もっと言って!!」

武道家「くそ……なんか変だけど……反論できねえ」

賢者「確かに……魔王はいなくなった……ぐぬぬ」

勇者「よし、魔王。あとはやるべきことをやって、俺達と一緒に平和に暮らそうじゃないか!!」

―――魔王の城

魔王「よくわからんが、我は勇者の妹となった。だから、人間とはしばらく休戦する」

魔物「なんですってぇぇ!?!?」

子猫「うにゃぁ」

スライム「いいんですか!?それでいいんですか!?」

魔王「しかたないだろ……スライムじゃ、我の代行はできんし」

スライム「いや……そうですけど」

魔王「それに……我の子どももまだだからな……跡継ぎがいない以上、休戦するしかあるまい」

魔物「まあ、魔王様がそういうなら……」

スライム「いつか帰ってきますよね?ね!?」

魔王「案ずるな。盆と正月には顔を見せる」

スライム「それただの帰省じゃないですかぁ!?!」

魔王「だから……もう我は勇者の妹になったのだ……こればかりはどうしようもない」

子猫「うにゃぁん」

魔王「―――ではな。我はここを離れるが、魔族は永久に不滅であるぞ!ふはははははは!!!」

―――数ヵ月後 勇者の家(新居)

勇者「拝啓、母上様。お元気ですか。自分は元気です。いつも元気な妹と姉に囲まれた生活にも慣れてきました―――」

賢者「……」

僧侶「あー賢者さん!読書する暇があったら、洗濯物干すの手伝ってくださいよー!」

賢者「いや」

武道家「おいおい、規則は守れ」

賢者「……」

魔王「あにくん!なにをしておるのだ!?あにくんも手伝え!」

勇者「あ……ちょっとまって、今手紙を書いてるんだから」

武道家「あ、やべ、そろそろ昼ごはんの買い出しにいかねえと」

勇者「お姉ちゃんが当番だっけ?じゃあ、安心だな」

賢者「悪かったね。料理上達しないで」

魔王「お?なんだ?その本、小説のカバーをつけておるが、中身は料理本ではないか。勉強熱心だな」

賢者「あ!?いや、これは……!?」

勇者「―――賢者ぁぁぁ!!!あいしてるぜぇぇ!!ひゃっほー!!」

賢者「は、はなれて……うざい」

勇者「かわいいやつめ!かわいいやつめぇ!」

僧侶「もう、兄さんったら……もっと他の妹にもかまってくださいね?」

勇者「え?じゃあ、僧侶のサンクチュアリにも頬ずりだぁ!!」

僧侶「あ……もう、また胸に……かわりませんね、ふふ」

勇者「あぶぶぶぶぶ」

魔王「おい!いい加減にしないか!」

勇者「え?わかってるって!魔王にも……うりうりうり!!」

魔王「ひゃぁあああ!!?やめんかぁ!!!気持ち悪い!!」

武道家「―――ケダモノがぁぁ!!!」

勇者「甘いぜ!!」

武道家「かわした!?」

勇者「お姉ちゃーん……は、胸が圧倒的にたりないからなぁ……はぁ」

武道家「死ね!!!!」

勇者「ぶごぉ!?」

武道家「バーカ!バーカ!!」

勇者「あががが……」

賢者「はぁ」

僧侶「兄さん。姉さんは兄さんに甘えてほしいんですよ」

勇者「え?そうなのか?」

魔王「分かるだろうに。なあ?」

猫「にゃぁん」

武道家「……ふん」

勇者「そっか……お姉ちゃん」

武道家「……なんだよ?」

勇者「お姉ちゃんの抱擁が、実は一番好きなんだ」

武道家「……ふん。またそんなこといって……騙されないからな」

勇者「おねえちゃぁぁん……」

武道家「くそ……なんだよ……急に甘えてきやがって……ったくよぉ」

勇者「むふふふふ」

―――夜

勇者「よし。手紙が書けたぞ」

勇者「ふう、もうこんな時間か。そろそろ……」

魔王「ふにゅぅ……」

武道家「ぐぅ……」

賢者「すぅ……すぅ……」

僧侶「すやすや……」

勇者「―――家族ってやっぱりいいなぁ」

猫「にゃぁぁん」

勇者「お前も家族だ。よしよし」

猫「にゃぁぁん」

勇者「これが俺の求めてた平和だったんだ……これが……」

勇者「みんな……いつまでも、俺の家族であってくれ……」

勇者「んじゃ……おやすみ」

武道家&僧侶&賢者&魔王(うん……いつまでも一緒……もう家族だもの)

おしまい。


コメントの数(3)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:RMxXugnu0編集削除
読んでしまった。。激しく時間の無駄
2 . 名無しさん  ID:KWr..FSG0編集削除
誰か産業で
3 .    ID:1K6pBfeD0編集削除
一人っ子こじらせた変態勇者(男)がPTメンバーの女達を姉や妹あつかいし
旅で出会ったロリ魔王も勇者の妹に転職させて家族にする話
エロも面白さもない微妙な話

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ