カテゴリー:

萌えた体験談

土曜日に言ってみた。
ちなみに嫁は25、俺28な
前提として嫁は基本的にツンデレな感じで、尻に敷かれている。
土曜日の午後、ソファーでコーヒー飲んでる嫁に近づき言ってみた

嫁「なに?おかわりくれるの?」

俺「いや、嫁ちゃんっていい女だなって思って」

嫁「ふんっ。ならそのいい女におかわりを持ってきなさい」

と、嫁が言ったあたりで嫁をソファーに押し倒した

嫁「きゃっ、ちょっとなに?そういう気分じゃないんだけど」

俺「いやいや」

と、ここで俺、お小遣いを貯めて買ったお高いネックレスを取り出し嫁に装着
少し動揺する嫁



嫁「は?なにこれ」

俺「ネックレス」

嫁「いやわかるけどいきなりなに?」

俺「俺このまえ後輩に「嫁さん美人っすね」って言われたんだ」

嫁「いや」

俺「だからたまにはこうやって言葉にしないと誰かに嫁が狙われそうで怖いのよ」

嫁「は?」

俺「嫁ちゃん好きだよ。愛してる」

と、耳元でたたみかけて最後に首筋にチュッとしてみた所で嫁が一瞬フリーズした。
と思ったらすぐに復活し突き放された
そんで真っ赤になりながら

嫁「は、ち、ちちちがうから!ばっか!ばっかじゃないの!私そういうんじゃないから!あんたと違うから!」

俺「愛してないの?」

嫁「ばっ!そんなこといって、そっちじゃない!違うから!黙れバカ!」

と、ひとしきり俺をクッションで叩いた後に部屋に籠もってしまった
そしてしばらくしてから嫁がそっと扉から顔を覗かせて

嫁「ねぇ」

俺「ん?」

嫁「いま、その、そういう気分……」

とだけ言って引っ込んだ
その後は頑張った。
そして昨日デートして今日は家でいちゃついてる
ちなみに今嫁はキッチンな
しかし今回の反応は予想外だった。
いつもは常に嫁の方が立場は優位で、誕生日に祝ったりプレゼント渡したりしてもニヤニヤ笑いながら

「へー」

と言ってくるだけでこっちにペースを握らしてくれない。
いつの間にか嫁のペースにもってかれる
出会ってから今まで一事が万事そんな感じで余裕綽々に構えられる
なので今回もそうなるかと思いながら実行したら、予想外の結果になってびっくりした
ちなみに後輩云々の話は本当で、本当は嫁に首輪つけておきたいくらいだけどそれはさすがにまずいのでかわりにネックレスをプレゼントした、という色々アレな俺の気持ちは黙っておいた


コメントの数(4)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:HuAzG4LV0編集削除
イイヨイイヨー
2 . 名無しさん  ID:zuLgGO.D0編集削除
一人でセリフ読み上げて再現してみたけど
まあ、いま、その、そこそこそういう気分だね
3 . 名無しさん  ID:bip5w9ls0編集削除
それが今の嫁シリーズを全て
いもとあやこで再生したら
もげなくてもいいという結論が出た
4 . 名無しさん  ID:t6T7WIVz0編集削除
いいなぁー
私なんて、うんこ漏らしの41歳なのに

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ