カテゴリー:

衝撃体験談

昔、いじめられててぼっちでした。
放課後も、毎日1人トボトボと帰ってました。
ある日家の玄関ドアを開けると、若い男が私と一緒に家に入ってきました。
私は鍵っ子で、その時間親はおらず、細っそいガリだった小学生は格好のターゲットでした。
おそらくまだ明るいうちに帰る私なら、留守の家で襲うのが一番都合が良かったのかもしれません。

このあたりはちょっと端折りますが、私は服の上から触られて、男は逃げていきました。

「親は何時に帰る?」
→「もうすぐ」
→「嘘つけ、いつももっと遅いだろう」
→「今日家庭訪問あるから」
→「嘘つけ」
→「いじめられてるから。その話があるから」

こんな会話をしました。


家庭訪問は本当でしたから、男も嘘じゃないと思ったらしく
それ以上のことはされませんでした。
ただ、親は早く帰ることはなく、そのあと来た先生は長く待たされることになりました。

それから何日もたって、また男が押し入って来ました。

「お嬢ちゃんまた会ったね〜」

とか言ってました。
ポケットに入れてたカッターで顔を下から斜めに切りつけました。
男があいっ!って短く叫んで手で顔を覆った隙に防犯ブザーを鳴らしました。
(前回はランドセルの中だった。)
男は逃げていきました。

近所の人が来て警察を呼び、親と学校に連絡が行って、前回の事を話さなかったことを怒られました。
なぜカッターを持ってたのか聞かれましたが、男がまた来ると思ったと伝えました。
それからいじめは無くなりました。 

いじめがなくなったのは
カッターで切りつけた事が噂になってたからでした。
私をいじめてた女子のうち、主な2人はその親と一緒に家に謝りに来ました。
噂を知って娘かわいさで先に謝りにきたんだろうと思いました。
親はいい顔をしてませんでしたが、これでいじめが無くなるならと謝罪を受け入れました。

私は、

「何かやっても、謝れば許してもらえるんだね」

と女子とその親に言いました。
いままで何をされても無抵抗だったのに、あの男に痴漢されてから何か変わったみたいでした。
一方の女子の親は何かしどろもどろに言ってましたが、もう一方の親は女子の頭を押さえて机にグリグリとこすりつけながら、

「教育が至らず申し訳ない。
 うちも○○さん(私)も、何かあってからでは遅いんだということをきちんと教えるつもりです。」

と言い、改めて頭を下げてきました。
何かあってからでは遅い…私には"何か"はもう起きたあとでした。
"被害"は服の上から触られただけでも、心の中で変化が起こりカッターで切りつけた"行為"を私はしました。
女子たちは帰り、親からは謝られました。
でも事情もあったので当時でも今でも親は悪くないと思います。

いじめてた男子は謝りませんでした。
女子が少しずつ話しかけてくれて、特に親に連れて来られた女子ですが、おかげでぼっちでも無くなりました。
いじめではないですが、男子が痴漢されたことをからかってきましたが無視しました。
1人しつこいのがいましたが、放課後に赤い絵の具を塗った大型カッター(例のカッターではない)をチキチキ出しながら見せて

「痴漢されたって言ってアソコ切るよ。セクハラって言って言葉責めも変態なんだから。」

と言いました(たぶん)。
当時は日本語が変でした。

その男子は私をからかうのをやめました。
ちなみに数日後、その男子はおねしょをしたことを別の男子にバラされてしばらくからかわれてました。

コメントの数(7)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無し  ID:ZvZq9GaPO編集削除
おねしょではない、アートなのだよ!
2 . 名無しさん  ID:hxuyaqSs0編集削除
アートかどうかは”結果”であって、”行為”はおねしょやろ
3 . 名無しさん  ID:OZupq6Pe0編集削除
犯人は捕まったんだろうか
4 . 名無しさん  ID:f1Xm1A7f0編集削除
のこぎりで無かったのは、良心的だな
桂言葉は、のこぎりで首を切ったぞ
幸せを祈っています
5 . 名無しさん  ID:pDOwgnzj0編集削除
痴漢にはこれくらいの仕返ししてもOK
6 . 名無しさん  ID:f1eL30na0編集削除
キューってなった
7 . 名無しさん  ID:7oQHxem90編集削除
いじめを謝って許してもらおうとするなんざいじめ女子をカッターで切りつけても
謝れば許さざるを得なくなるという悪手だな。

あと「言葉責め」ってそっち系の専門用語だよね。www

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ