カテゴリー:

感動テキスト

〜魔王城にて〜

勇者「おい!」

魔王「……僕は今忙しいんだ。後にしてくれ」

勇者「……」

勇者(……こいつが新しい魔王なのか?)

勇者(まだ、子供じゃないか……)

魔王「……何だ、僕に何か用か?」ジロ

勇者「あ、ああ……」



魔王「用事があるなら、外の用紙に記入して呼び出しを待っていろ」

勇者「用紙?」

魔王「扉の所に書いてあったはずだが。見なかったのか?」

勇者「そういえば何か書いてあったような……」

魔王「…………」

勇者(魔王を倒したっていうのに、世界は一向に平和にならない)

勇者(それどころか、魔物が人を襲う事件は増える一方……)

勇者(不思議に思って、魔王城の様子を見に来たら……)

勇者(……)

魔王「……おい」

勇者「お、おう!」

魔王「用事があるなら、外の用紙に記入をして待てと言ったはずだが?」

勇者「お前が魔王だな?」

魔王「人に名前を尋ねる時は、まず自分から名乗るのが礼儀ではないか?」

勇者「そ、そうだな……(何だ……こいつは調子が狂う……)」

魔王「それで、お前は誰だ?」

勇者「お、俺は勇者だ。お前が新しい魔王か?」

魔王「……そうか、お前が勇者か。お尋ねのとおり、僕が第72代の魔王だ」

勇者(……やはり、この子供が魔王なのか)

魔王「それで……勇者が僕に一体何の用だ?」

勇者「魔王を倒したのに、モンスターが人を襲う事件が最近増え続けている」

魔王「……そのようだな」

勇者「新しい魔王、お前の差し金だな!」

魔王「違う」

勇者「嘘をつけ。ならどうして魔物が人々を襲うんだ?」

魔王「…………」

勇者「どうした、答えてみろ」チャキッ

魔王「その物騒な物をしまえ」

勇者「うるさい。お前を倒して世界の平和を守る!」

魔王「……はぁ。その調子で父さまを殺したのだな」

勇者「何?」

魔王「魔物が人々を襲うのはお前のせいだぞ、勇者よ」

勇者「ふざけた事を言うな!」

魔王「ふざけてなんかいない。魔物が人々を襲うのは、間違いなくお前のせいなんだよ」

勇者「そんな言葉に惑わされる俺だと思うのか?」

魔王「惑わすも何も事実だ。嘘だと思うなら、僕を殺してみるがいい」

勇者「は?」

魔王「僕は抵抗しない。だが、僕を殺しても何も変わらないぞ」

勇者「……そうやって油断させるつもりか?」

魔王「疑り深い奴だな」

勇者「当たり前だ、お前は魔王だろう」

魔王「僕には父さまのような力はない。抵抗するだけ無駄だからな」

勇者(確かに見かけは子供だが……)

魔王「どうした、殺さないのか?」

勇者「……『俺のせい』というのはどういう事だ?」

魔王「お前達が父さま……先代の魔王を殺した事で魔界はどうなったと思う?」

勇者「……どう、とは?」

魔王「はぁ……」

勇者「何だ、その馬鹿にしたような溜め息は!」

魔王「溜め息もつきたくなる。まぁ、座れ」

勇者「……」

魔王「……座りたくなければそのままでも構わない。だが長くなるぞ」

勇者「それで、魔界がどうだっていうんだ?」

魔王「……その話だったな。魔界にもお前達人間の世界と同じように秩序があってな」

勇者「秩序だと?」

魔王「あぁ、そうだ。人間の世界は王や領主が国を統治する、これは間違いないな?」

勇者「それがどうした?」

魔王「魔界も同様に魔王が魔界全体を、そして魔王に任命された領主が各地を統治している」

勇者「……」

魔王「更に言うなら領主は領内に代官を派遣し、領内の各街や村を統治している」

勇者「……」

魔王「そして各街や村はそれぞれの長が……って聞いているか?」

勇者「あ、あぁ、聞いている」

魔王「そうか、続けるぞ?」

勇者「……続けてくれ」

魔王「人間の世界でも定められた法と秩序の下、各地が統治されている訳だが……」

勇者「あぁ」

魔王「その頂点たる王が突然殺された場合、国はどうなる?」

勇者「えっと……」

魔王「通常の代替わりとは違い、一国の王が殺されたんだ」

勇者「……」

魔王「国政は混乱し、次の王の座を狙った権力闘争が始まり……」

勇者「……」

魔王「統制が緩んだ中で、私腹を肥やそうとする輩が跋扈し、統治は行き届かなくなる」

勇者「今の魔界がそうだと?」

魔王「そうだ。形式上は先代の子供という事で、僕が第72代の魔王という事になっているが……」

勇者「……」

魔王「僕が力のない事を理由に、一部の領主はそれに不満を持っている」

勇者「ちょ、ちょっと待ってくれ」

魔王「何だ?」

勇者「俺が魔王を倒す前も、魔物は人を襲っていた」

魔王「そうだな」

勇者「俺が魔王を倒したからといって、魔物が人を襲う理由にはならないだろう?」

魔王「人間の世界では優れた治世の下であっても、窃盗、暴力、殺人などの犯罪は発生しているはずだが?」

勇者「それは……確かに」

魔王「全ての者が善良であるとは限らない、それは人間の世界でも魔物の世界でも同じだ」

勇者「……つまり、どういう事だ?」

魔王「一部の者は統治を嫌い、好き勝手な行動をする」

勇者「それが人間を襲う魔物だとでも?」

魔王「厳密に言えばそうとばかりも言えないが、少なくとも先代魔王は理由もなく人を襲うのは禁止していた」

勇者「いや、しかし……」

魔王「考えてみろ。魔物の軍勢が統制をもって人間の世界を襲えば、世界征服なぞ容易い事と思わないか?」

勇者「……」

魔王「少なくとも父さまにはその意思がなかった。だからあの程度の小競り合いで済んでいたんだぞ?」

勇者「あの程度だと!」

魔王「被害が出ているのはお互い様だ。お前達だって幾多の魔物を殺しているだろう?」

勇者「それは魔物が人を襲うからじゃないか!」

魔王「本当にそうなのか?」

勇者「何だと?」

魔王「お前達が殺した全ての魔物は、本当に人を襲っていたのかと聞いているんだ」

勇者「それは……」

魔王「たまたまそこに住んでいただけ、たまたまそこを通りがかっただけ」

勇者「……」

魔王「そういった魔物を殺さなかったと、お前は言い切れるのか?」

勇者「うっ……」

魔王「……まぁ、その事でお前を責めても何も解決しないな。すまない」

勇者「いや……」

魔王「それで、どこまで話したかな?」

勇者「……魔王が理由もなく人を襲うのを禁止していた」

魔王「あぁ、そうだ。父さまは理由もなく人を襲うのを禁止していた」

勇者「何故、何故魔王は人を襲うのを禁止していたんだ?」

魔王「愚問だな。お前は理由もなく人を襲うのか?」

勇者「そんな事する訳ないだろう!」

魔王「ではそういう事だ……と言っても納得出来ないといった様子だな」

勇者「当たり前だ」

魔王「……そうだな。お前は魔物という定義を一体何だと考えている?」

勇者「人を襲う化け物だ」

魔王「では、人を襲わない化け物は魔物ではないのか?」

勇者「む……」

魔王「言っておくが、僕は生まれてから人間を殺した事など一度たりともないぞ」

勇者「むむ……」

魔王「お前の言を借りるなら、僕は魔物でない事になる」

勇者「むむむ……」

魔王「だが僕は魔王だ。お前達人間が定義する魔物の王だ、形だけとはいえな」

勇者「……何が言いたい?」

魔王「野に暮らす野獣も腹が空けば人を襲う事も、そして人が人を襲う事もある」

勇者「……そうだな」

魔王「だから、人を襲う事は魔物の定義とは言えない。そうだな?」

勇者「……確かに、そうだ」

魔王「では、魔物とは何なのだ?」

勇者「……よく、わからない」

魔王「よくわからない、それこそが答えではないか?」

勇者「何?」

魔王「よくわからないから恐れ、蔑み、敵視する。人間とはそういうものだろう?」

勇者「……」

魔王「一口に魔物といっても多くの種族がいる」

勇者「種族?」

魔王「そうだ。僕のような魔族をはじめ、代表的なところでいえば竜族、鬼族、獣族、妖精族、不死族……」

勇者「お前は魔族なのか?」

魔王「父さまも僕も魔族だな。力よりも魔力に優れた種族だ」

勇者「……不死の者も種族になるのか?」

魔王「厳密には不死とは言えないがな。他の種族と比べて死ににくいというだけの話だ」

勇者「確かに殺せなくはなかったな……」

魔王「話はまだ続くが、座らなくても良いのか?」

勇者「結構だ」

魔王「そうか、では話を続けよう」

勇者「あぁ」

魔王「種として考えるなら、人間は動物の中の一種だな?」

勇者「……そうだ」

魔王「お前達の言うところの、よくわからない種族を総称するのが魔物だ」

勇者「総称……」

魔王「動物、植物、同じように魔物というくくりがある。それだけの事だ」

魔王「腹が減った為、人の集落を襲う魔物は確かにいるだろう」

勇者「そうだ!」

魔王「だが人間も飢えを満たす為に他の動植物を殺す」

勇者「……」

魔王「金銀財宝が欲しいが為に、人の集落を襲う魔物もいる」

勇者「そうだ……」

魔王「どうした?急に元気がなくなってきたぞ?」

勇者「金銀財宝が欲しいが為に、人の集落を襲う人間もいる……」

魔王「その通りだ。わかっているじゃないか」

勇者「うるさい」

魔王「欲を満たそうとして無闇に人を襲えば、大規模な争いに発展する」

勇者「それが『理由なく人を襲う事を禁止』していた理由か」

魔王「その通りだ」

魔王「人間と大規模な争いになれば、無用の犠牲が多数出てしまうからな」

勇者「……」

魔王「だが、一部の者は父さまの命令を無視して人を襲い続けた」

勇者「どうしてだ?」

魔王「泥棒に物を盗む理由を尋ねるのに等しいな」

勇者「……」

魔王「まぁ、己の力を誇示しようとしていた、そういう馬鹿者がいる事も確かだ」

勇者「力を誇示?」

魔王「父さまの統治に対する当てつけのようなものだ。権力闘争はどこにでもあるからな」

勇者「魔物も人間も同じか……」

魔王「そうだな。欲という部分では人間も相当なものだ」

勇者「その連中は……どうにも出来ないか……」

魔王「あぁ、難しい。魔物も人間も同じだ」

魔王「そうこうしている内に現れたのが、お前達勇者一行だ」

勇者「……」

魔王「勇者がこの城にやってくるのは必然だ」

勇者「必然?魔王を俺達が来るのを予想していたのか?」

魔王「大した理由もなく魔物が人を襲ったのだからな、何かしらの報復があってしかるべきだろう?」

勇者「報復……」

魔王「お前達はこの城に乗り込み、父さまと父さまの側近達を殺して颯爽と去っていった」

勇者「……もういい」

魔王「魔王という抑止を失った魔界は混乱を極め……」

勇者「……やめてくれ」

魔王「己の権力を拡大しようと目論む者は小競り合いを始め、欲望の赴くままに人間を襲う者も増えた」

勇者「…………」

魔王「これが先代魔王亡き後の魔界の実態だ」

勇者「俺達の……俺のせいなのか?」

魔王「……厳密に言うなら、お前達のせいとばかりも言えない」

勇者「何故だ?お前の父を殺したのは俺達だぞ」

魔王「命令を聞かなかった者達を抑え切れず、処罰も出来なかった。父さまにも責任はある」

勇者「しかし……」

魔王「人間を襲う魔物がいた事は、揺るがしようもない事実だ」

勇者「あぁ……」

魔王「だから、お前達が取った行動は正当防衛といえるだろう。結果はどうであれ」

勇者「お前は俺が憎くないのか?」

魔王「父さまを殺した敵(かたき)だからな。憎くないといえば嘘になる」

勇者「…………」

魔王「しかし、さっき言ったように父さまには魔王としての責があった」

勇者「魔王としての責……」

魔王「それにお前を殺して、父さまが生き返る訳でもない」

勇者「それはそうだが……」

魔王「更に言うなら、僕は父さまが残した魔界を建て直すのに忙しい」

勇者「建て直す?」

魔王「そうだ。幾ら力がないとはいえ、僕が第72代魔王だからな」

勇者「……」

魔王「個人的な事を言わせてもらえば、父さまの残した国が荒廃していくのは見たくない」

勇者(こんな子供が……そこまで考えているのか)

魔王「だから僕にはお前の相手をしている暇が……どうした、さっきから黙って?」

勇者「いや……勇者としての責というものを考えていた」

魔王「勇者としての責?」

勇者「あぁ、そうだ。お前の父は魔王としての責を真っ当した。俺は……どうなのだろう?」

魔王「勇者の責など、人助け以外に何があるというのだ」

勇者「人助け……」

魔王「勇者のお前がそんな調子では、父さまも報われないな」

勇者「…………」

魔王「…………」

勇者「…………」

魔王「全く……暇な奴はくだらない事で頭を悩ますな」

勇者「……そうだな」

魔王「ちょうどいい。暇なら忙しい僕を手伝え」

勇者「はぁ?一体何を言い出すんだ?」

魔王「僕は忙しくて困っている。困っている人を助けるのが勇者の責だろう」

勇者「お前は人じゃないだろ!」

魔王「細かい事を……お前みたいな細かい奴はモテないと相場が決まっている」

勇者「う、うるさい、ほっとけ!」

魔王「図星か。勇者のクセにモテないとか……哀れな奴め」

勇者「くぅ……言いたい放題言いやがって……」

魔王「とにかく、僕が忙しいのはお前にも責任があるんだ」

勇者「……痛いところを突く奴だな」

魔王「治世が安定すれば、人を襲う魔物は減る。僕達の利害は一致するはずだが?」

魔王「安心しろ。勇者としての道に背くような事をしろとは言わないし、些少だが報酬もちゃんと出す」

勇者「報酬はいらない……が、手伝うかどうかはまだ……」

魔王「考える時間が欲しいか?よかろう」チリンチリン

……コンコンコンコン

魔王「……入れ」

―――ガチャッ

骸骨「お呼びですか、魔王様?」

勇者(骨だ……しかも執事服を着た骨だ……)

魔王「客間を一間用意してくれ。あとは食事の準備もな」

骸骨「はて、お客人とは珍しい。どなた様で?」

魔王「あぁ、勇者殿だ。くれぐれも失礼のないようにな」

骸骨「さようでございますか……って勇者ですと!?」

魔王「何を驚いている」

骸骨「あ、当たり前です! 先代様を始め多数の方が勇者の毒牙にかかったのですぞ!」

勇者(これが当然の反応だな。それにしても毒牙とか……)

魔王「だが今は僕の客人だ。何か問題があるのか?」

骸骨「い、いえ。魔王様がそう仰るのでしたら……」

魔王「では、すぐに客間の準備を頼む」

骸骨「承知致しました」

−−−ガチャッ

魔王「すまんな。騒がしくて」

勇者「いや、あれが普通の反応じゃないか?」

魔王「そうか?僕の手伝いをしてくれるのなら、人間だろうが勇者だろうが大歓迎だ」

勇者「流石に大雑把過ぎるだろう。それにまだ、お前の手伝いをすると決めた訳じゃない」

魔王「僕を殺しても、魔物が人を襲い続ける事はわかってもらえたと思うが?」

勇者「それは……」

魔王「僕の事を手伝えば、魔界の統治が進み魔物が人を襲う事が減るぞ?」

勇者「うっ……」

魔王「ちなみに勇者に手伝って貰いたい案件は……うむ、これだ」

勇者「こ、これは!?」

勇者「……すまないが何が書かれてるのかわからない」

魔王「魔物の言葉だからな。そこの眼鏡があるだろう?」

勇者「……これか?」

魔王「あぁ、それを着ければ、大抵の言語は読めるはずだ」

勇者「おぉ、本当だ。読めるようになったぞ」

魔王「便利だろう?辺境では独自の言語を使う種族もいるからな。こういう道具は欠かせんのだ」

勇者「んん……これは、訴状か?」

魔王「ああ、ここから三日程の距離にある村で、妖精族と獣族が水場を巡って争っているようだ」

勇者「水場を?」

魔王「そうだ。本来なら両種族で、仲良く水を使っていたはずなのだがな」

勇者「ふむ……」

魔王「両種族から自らの正当性を主張する訴状が届いているが、現地に行ってみなければ原因が見えてこない」

勇者「誰か人をやって、状況を確認すればいいんじゃないのか?」

魔王「その誰か達をお前達が殺してしてまったのだが?」

勇者「うぐっ……」

魔王「……実際のところ、信用の出来る者は別の案件で出払っている」

勇者「そこで俺が現地に行って、状況を確認してくるという事か……」

魔王「その通りだ。状況を確認した上で、出来るものなら揉め事を解決して欲しい」

勇者「これじゃあ、まるでお役所仕事じゃないか」

魔王「当たり前だ。魔王の仕事の大半は、そのお役所仕事だぞ」

勇者「そうなのか?」

魔王「先ほど説明したと思うが……お前は魔王を何だと思っているんだ?」

勇者「えっと、世界の支配を目論む悪の首領、と思ってた」

魔王「……小鬼も呆れる程の低脳な発想だ」

勇者「だ、だから『思っていた』と言っただろう!」

魔王「……まぁいい。人間に我々の生活を見てもらう、良い機会であると思う」

……コンコンコンコン

骸骨「お部屋の準備が整いました」

魔王「そうか。では勇者殿を案内してやってくれ。勇者殿、前向きな回答を期待しているぞ」

骸骨「……こちらです」

勇者「すまない」

骸骨「いえ……お気になさらずに」

勇者「…………」

骸骨「…………」チラッ

勇者「え……と、何か?」

骸骨「……いえ」

勇者「そうか」

骸骨「…………」

勇者「…………」

骸骨「あ、あの……」チラッ

勇者「うん?」

骸骨「ゆ、勇者殿はいつまでこちらに滞在のご予定で?」

勇者「さぁ……俺にもわからない」

骸骨「……さようですか」

骸骨「こちらです、どうぞ……」

―――ガチャ……ギィーッ

勇者「これは……凄いな」

骸骨「お気に召して頂けましたでしょうか?」

勇者「気に入るも何も、こんな豪奢な部屋に泊まるは初めてだ。王様の城よりも凄い」

骸骨「そう仰って頂けると、魔王様もお喜びになられます」

勇者「……なぁ?」

骸骨「なんでございましょう?」

勇者「今の魔王には、信用出来る部下があまりいないのか?」

骸骨「……勇者殿によって、先代魔王派幹部の大半は命を落としてしまいましたので」

勇者「そうだったな」

骸骨「魔王様は……」

勇者「……」

骸骨「魔王様は例え御一人になられようとも、父上様の残されたこの国を建て直すお覚悟です」

骸骨「数少ない信用も力のある者は、問題を治める為に各地を飛び回り」

勇者「……」

骸骨「この城にいるのは、私を含めて魔王様の身の回りのお世話をするのが関の山程度の者ばかり」

勇者「だから、魔王の部屋に行くまで誰とも会わなかったのか」

骸骨男「はい。年端も行かぬ魔王様が、御一人で国政に頭を悩ましているお姿は、見るに耐えません」

勇者「俺に……どうしろと?」

骸骨「勇者殿は先代様の敵(かたき)。魔王様も思う所はおありでしょう」

勇者「当然、だな」

骸骨「その勇者殿のお力すら借りようとなされている、魔王様の苦渋をお察しください」

勇者「……話を聞いていたのか?」

骸骨「はい、大変失礼ながら。勇者殿と対峙されている魔王様の安全がわかりかねたもので」

勇者「魔王は良い部下を持っているんだな」

骸骨「勇者殿のお言葉は嬉しく思いますが、魔王様に知れて御不興をかいましょう」

勇者「子供扱いするなって?」

骸骨「……プッ!?」

勇者「見た目で判断して悪いが、骨でも笑うんだな」

骸骨「……いえ。私の方こそ見苦しい姿をお見せしました」

勇者「いや、何だか安心したよ。魔物でも冗談が通じるんだな、ってさ」

骸骨「我々も笑い、喜び、怒り、哀しみ、そして泣きもします」

勇者「人間と同じなんだな」

骸骨「はい、姿形は違うとはいえ、感情を持ち合わせているのはあなた方と同様です」

勇者「そうか……」

骸骨「少し無駄話が過ぎましたようで。では私はこれで失礼します」

勇者「あぁ、ありがとう」

骸骨「お食事は後でお部屋にお持ち致します」

勇者「そこまで気を遣わないでくれ」

骸骨「魔王様の御命令ですので。お口に合うかどうかはわかりませんが」

勇者「口に合う合わないの問題じゃないんだが……」

骸骨「では、僭越ながら目の前で私めがお毒見をしましょうか?」

勇者「……骨に毒は効かないだろう」

勇者「ふぅ……何だかんだでお腹がいっぱいだ」

勇者(出てきた料理は見た目も味もおかしな所はなかった)

勇者(おかしいどころか、非常に美味しかったと言わざるを得ない)

勇者(結局……出された料理は全て食べてしまった)

勇者(……魔王城の料理に舌鼓を打つ勇者ってどうなんだ?)

勇者(…………)

勇者(さて、これからどうしたものか……)

勇者(魔王『困っている人を助けるのが勇者の責だろう』)

勇者(骸骨『魔王様の苦渋をお察しください』)

勇者(やる事は一つなんだろうが……)

勇者(本当にいいのか、それで?)

勇者「ふぁぁ……」

勇者(駄目だ。お腹がいっぱいになったせいか、眠くて頭が働かない……)

勇者(魔王城で……寛ぎ……過ぎ……だ、ろ……)

勇者「……すぅ……すぅ」

〜〜翌朝 魔王城にて〜〜

勇者「ふぁ……久しぶりに腹いっぱい食べたせいか熟睡だったな……」

骸骨『……魔王様、せめて何か口になさってください』

魔王『僕にはそんな暇はない』

勇者「……入るぞ」

骸骨「これは勇者殿」

魔王「……昨夜はぐっすりと休んだようだな」

勇者「美味しい食事にふかふかのベッド。これでゆっくりと眠れない方がどうかしている」

魔王「そうか、それは良かった」

勇者「で、一体何の騒ぎだ?」

骸骨「実は……魔王様が朝食をお召し上がりになってくださらないのです」

魔王「おい、余計な事を言うな」

勇者「いつもこんな調子なのか?」

骸骨「はぁ……お恥ずかしながら」

魔王「何度も同じ事を僕に言わせるな。僕は食事を摂る時間も惜しいんだ」

勇者「一つ確認なんだが?」

魔王「何だ?」

勇者「俺はお前の客人という事でいいんだよな?」

魔王「……そうだが?」

勇者「なら、客の食事につきあえ。それが主人の役目というものだろう」

魔王「何!?」

勇者「お前は骸骨に対して、俺の事と客として扱えと命じたはずだ」

骸骨「はい! その通りでございます」

魔王「…………」

勇者「なら、お前は主としての役目を果たすべきだと思うが?」

魔王「……骸骨、貴様の入れ知恵か?」

骸骨「と、とんでもございません!?」

勇者「俺自身の考えだ。こいつは関係ない」

魔王「ふん……いいだろう。食事の準備をしろ」

骸骨「は、はいっ!」

魔王「僕の貴重な時間を使っているんだ。有意義な話を聞かせてくれるんだろうな?」

勇者「食事の時ぐらい小難しい顔をするのは止めろ。せっかくお前の為に作ってくれているんだぞ」

魔王「何を……」

勇者「魔王なんだろう、お前は?」

魔王「そうだ。それがどうしたというのだ?」

勇者「なら、部下の気持ちも少しは考えてやれよ」

魔王「部下の気持ち、だと?」

勇者「俺のせいでお前が忙しくなったのは、すまないと思っている」

魔王「全くだ」

勇者「だが、それと部下に心配を掛けるのは別の話じゃないのか?」

魔王「……」

勇者「俺が言えた義理じゃないのはわかっているが、少しは骸骨達の気持ちも酌んでやれ」

魔王「……ふん」

骸骨「さぁさぁ、食事の準備が出来ましたよ」

勇者「うん、美味しそうじゃないか」

魔王「まさか……この僕が勇者に説教をされるとはな」

勇者「説教とかそんな堅苦しいもんじゃない。ただ……」

魔王「『ただ……』何だ?」

勇者「心から心配してくれる人がいるという事は、かけがえのないものだって事だよ」

魔王「何だ、それは?お前にだって一人や二人位いるだろう、勇者なんだから」

勇者「『勇者』としての俺を心配する人はいても、『俺自身』となるとどうだろうな?」

魔王「……どういう事だ?」

勇者「俺の家族は魔物に襲われて死んでいる」

魔王「そうか……すまない」

勇者「お前が謝る事じゃない。それに俺もお前の父親を殺している」

魔王「そうだな……」

勇者「そうそう、昨日の仕事だが引き受ける事にした」

魔王「本当か!?」

勇者「ここまできて嘘をついてどうなる?」

魔王「そうか。訴状が届いてる村は直轄地だからな。何とかしてやりたいと思っていたのだ」

勇者「お前の話を簡単に信用するのもどうかと思ったが……」

魔王「ふむ」

勇者「状況を判断して、お前が嘘をついているとは思えないからな」

魔王「当たり前だ。お前に嘘をつく暇など僕にはない」

勇者「それで、訴状が届く前の村の状況を教えて欲しい」

魔王「状況か……異種族同士が役割分担をし共同生活を送る、ごく平和な村だったはずだ」

勇者「役割分担?」

魔王「細かな作業に長けた妖精族が耕作を担当し、運動能力に長けた獣族が狩りと村の守りを担当している」

勇者「これまでに大きな揉め事はなかったのか?」

魔王「僕が把握している限りでは聞いた事がないな」

勇者「それが現在は水場を巡って両種族が争っている、と」

魔王「そういう事だ」

勇者「では、食事が済み次第、早速村に向かおう」

魔王「そうしてもらえると助かる」

勇者「村までの地図、それと馬を用意してもらえないか?」

魔王「わかった。おい?」

骸骨「はっ……」

魔王「勇者殿の旅の準備を。それと例のあれを」

骸骨「承知致しました」

勇者「……例のあれ?」

魔王「流石にその格好で魔界をうろつくと、目立って仕方ないだろうと思ってな」

勇者「目立つか?」

魔王「あぁ、魔界では白を基調とした格好は好まれないからな。悪い意味で目立つ」

骸骨「……お持ちいたしました」

勇者「これは?」

魔王「魔王親衛隊の装束だ」

魔王「サーコートゆえ、これなら今の装備でも身に纏(まと)う事が出来よう」

勇者「本当に、これを着なければならんのか?」

魔王「変に目立つよりはいいだろう?それに身分の証明にもなる」

勇者「勇者の俺が魔王親衛隊などと……仲間が見たら気でも狂ったのかと思うだろうな」

魔王「ほう……」

勇者「何だ?」

魔王「思いの外似合うではないか」

骸骨「はい。よくお似合いです、勇者殿」

勇者「……冗談はよせ」

魔王「勇者の実力なら親衛隊長も夢ではないぞ?」

骸骨「左様でございます」

勇者「……本気で言ってるのか、お前ら?」

魔王「まぁ、勇者業を廃業したい思ったら考えてくれ」

勇者「……その時になったら考えさせてもらう」

骸骨「その時が楽しみです」

勇者「おい……」

骸骨「何でございましょう?」

勇者「本当に、こいつに乗らなきゃならんのか?」

骸骨「徒歩で行かれるには、流石に距離がありますゆえ。魔王様のお心遣いです」

勇者(姿形は馬のようだが、全身に鱗、おまけに頭には山羊の角まで生えている……)

骸骨「この子は気性も良く、乗り手の指示に素直に従います」

勇者「そうか……姿形はかなりのじゃじゃ馬に見える」

骸骨「普通の馬より体力もあって、多少の無理な行軍にも耐えられましょう」

勇者「よーしよしよし……うん、確かに気性は良さそうだな」

骸骨「この子も勇者殿を気に入ったようですね」

勇者「では、行ってくるか」

骸骨「ほぉ……そうしてらっしゃると、本当に親衛隊のようです」

勇者「……頼むからやめてくれ」

骸骨「その真紅のマントなど、幾多の返り血を浴びたようで……」

勇者「すまない、そこは否定出来ない」

骸骨「では、くれぐれも宜しくお願い致します」ペコリ

勇者「どこまで出来るか、今の時点では何とも言えないけどな」

骸骨「魔王様の代官が来たというだけで、村の皆の気持ちも違ってきましょう」

勇者「俺は新たな魔王親衛隊の一員で代官として派遣された、これでいいんだな?」

骸骨「はい。くれぐれも勇者という事がバレないようにお願いします」

勇者「バレたら大変な騒ぎになるだろうな」

骸骨「そうなった場合、勇者殿が魔王様の名前を騙ったいう事で処理しますゆえ」

勇者「……酷い扱いだ」

骸骨「冗談でございますよ」

勇者「あんたは表情がないから、本気か冗談かわからん」

骸骨「……道中お気をつけて」

勇者「魔王の世話は大変だろうが、あんたも頑張れよ」

骸骨「それはこの一命を賭しております」

勇者「では、行ってくる!」

〜翌日 妖精・獣族の村近郊にて〜

勇者「ふう。お前が頑張ってくれたお陰で、思いの外早く村に着きそうだな」

勇者「地図によると、もう間もなくのはずだが……」

??「止まれっ!」

勇者(……何だ?)

??「貴様、何者だ。何処から来た!」

勇者(……こいつがら獣族か?)

獣族A「フシュッ!! 黙ってないで何とか言ったらどうだ!」

勇者「俺のこの格好を見てわからないのか?」

獣族B「何?」

獣族C「お、おい……あの胸の紋章はまさか……」

勇者「お前達の訴状を受け、魔王様の命により参った! 誰か話のわかる者はいないのか!」

獣族A「ま、魔王様の!?も、申し訳ございません!」

獣族B「こ、これは大変失礼を……」

獣族C「知らぬ事とはいえ……お許しください!」

勇者「頭を上げてくれ。そのままでは話し辛くてかなわん」

獣族A「は、ははっ……」

勇者「それで、話のわかる者はこの中にはいないのか?」

獣族B「なぁ……」

獣族A「い、いや……俺は……」

勇者(困ったな……これじゃあ話が進みそうにない)

勇者(しかし、これが獣族か……人間に動物の耳がついてるだけに見える……)

勇者(ふむ……尻尾もついているようだし、仕草も動物っぽいといえば……)

獣族C「あ、あの……」

勇者「うん、どうした?」

獣族C「はい。村までおいで頂ければ、我らの若君が説明出来るかと……」

勇者「若君?」

獣族C「はい。訴状を上申したのは若君で……」

勇者「そうか。では、案内してくれるか?」

獣族C「は、はいっ!」

〜〜村中心部にて〜〜

獣族C「代官殿、あちらが我らの族長の家です」

勇者「……随分と大きな家だな」

獣族B「はい、若君もあそこにおいでです」

勇者(……幾ら族長の家とはいえ、造りが少し立派過ぎないか?)

勇者(他の家が簡易な造りなだけに、余計にそれが目に付くな……)

勇者「族長殿がいるのに、若君が訴状を書いたとはどういう事だ?」

獣族C「実は、族長は病で臥せっております。そこで若君が族長に代わって……」

勇者「族長殿は病気なのか……こんな時に大変じゃないか」

獣族B「はぁ……それも今回の事と関係がありまして……」

勇者「族長殿の病気が?」

獣族C「はい。それについても若君から、話をお聞き頂ければわかると思います」

勇者「そうなのか?」

獣族C「はい」

勇者「それにしても、随分としっかりしているのだな、若君という人物は」

獣族A「それは勿論です! 若君さえいらっしゃれば、我々も安泰で……」

獣族B「おい! 不謹慎だぞ!」

獣族A「あっ!?……す、すまん」

獣族C「幾ら若君が立派なお方とはいえ、族長の容態と若君のお気持ちを考えろ」

獣族A「うぐぅ……」

勇者(……若君という人物は、彼らの中でも相当信頼されているようだな)

勇者「……族長殿の容態は相当悪いのか?」

獣族C「そうですね……病の原因もよくわからずじまいで……」

獣族A「それもこれも、全て妖精族の連中のせいだ!」

勇者「妖精族のせい?」

獣族B「お前は少し黙っていろ!」

獣族A「ぐるぅ……」

勇者(ふむ。族長は病気で臥せっており、原因は不明)

勇者(獣族Aが『妖精族のせい』と言ったが、これは確証のない事だろう)

勇者(それとも、そう判断するだけの理由があるのか?)

勇者(そして、現在は若君と呼ばれる獣族が、族長に代わり部族をまとめている)

勇者(若君というからには、族長の息子か何かだろうか?)

獣族A「若君! いらっしゃいますか!」ドンドンドン

??「騒がしいぞ。何事だ?」

勇者(あれ?この声……)

獣族C「魔王様の代官殿が参られました。詳しい話を聞きたいとの事です」

??「なに!?代官殿が参られたのか」ガチャッ

勇者(……こ、こいつが若君?)

??「おぉ!?その紋章は間違いなく魔王様のもの!」

勇者(若君というから、男だとばかり思っていたが……)

獣族娘「遠路はるばるよく参られました。ささッ、中にお入り下さい」

勇者(まさか女だったとは……)

〜族長の家にて〜

勇者「では、妖精族の作った農作物を食べている者を中心として、原因不明の病に倒れたと?」

獣族娘「その通りだ」

勇者「本当に農作物が原因なのか?流行病という事は?」

獣族娘「それなら我々も病になるはず。だが、看病をしている者に病が移る様子はない」

勇者「今、元気な者達は、妖精族が作った農作物を食べなかったのか?」

族長娘「……ある程度の個人差はあるようだ。それに若い者は肉を中心に食べるからな」

勇者「なるほど……」

勇者(獣族Aが『妖精族のせい』と言っていたのは、これが理由か)

勇者(しかし、これだけでは妖精族のせいとは断定出来ないぞ……)

勇者「……族長にはお会い出来るか?」

獣族娘「会うのは問題ない。ただ……」

勇者「ただ……どうした?」

獣族娘「いや、会っていただければわかるだろう。こちらに来てくれ」

獣族娘「……父上は倒れてから、ほとんどの時間をこうして眠られている」

勇者(この顔色……ひどいな)

獣族娘「どうしてもと言うなら起こしてもいいが、意識が朦朧として話もロクに……」

勇者「いや、それには及ばない」

獣族娘「……そうか」

勇者「少し族長の容態を診させてもらいたい。すまないが外してもらえないだろうか?」

獣族娘「……代官殿は医術の心得もあるのか?」

勇者「かじった程度だが……各地を回っている関係で多少な」

獣族娘「そうか、それなら是非お願いしたい。何かあれば声を掛けてくれ」

勇者(……とは言ったものの)

勇者(俺の知っている医術など、たかだか知れている)

勇者(大抵は僧侶がなんとかしてくれたからな……)

勇者(くそ……僧侶がここにいてくれたら)

勇者(……熱はない、な。呼吸は……多少荒いか?)

勇者(何よりもこの顔色……どす黒くなっているじゃないか)

勇者(病気というより、毒物の症状に見えなくもないが……)

勇者(……試してみるか?)

―――パァァァ

族長「……うぅっ」

勇者(……どうだ?)

族長「……すぅ……すぅ……すぅ」

勇者(呼吸が安定してきた!?)

勇者(うん。顔色もさっきと比べて、大分良くなってきたぞ!)

族長「う、うっ……」

勇者「気がついたか?」

族長「……お主は……誰だ?」

勇者「俺は魔王様の命でこの村に来た」

族長「魔王様の……?うぐッ……」

勇者「まだ動くな。病気の原因は取り除いたが、大分体力を消耗しているはずだ」

族長「そ、そうか……お主が病を……」

勇者「おい、ちょっと来てくれないか?」

獣族娘「……どうかしたのか?」ガチャッ

族長「おぉ……娘ではないか」

獣族娘「父上! 気がつかれたのか!!」

族長「うむ。どうやら、この方が病を取り除いてくれたようだ」

獣族娘「代官殿が!?」

勇者「……多分だが、これで大丈夫じゃないかと思う」

獣族娘「一体何を……顔色も良くなられて……」

勇者「体力を消耗しているだろうから、しばらくは安静が必要だとは思うが……ってうわ!?」

獣族娘「ありがとう! 本当にありがとうございます!」ペロペロ

勇者「こ、こら!?抱きつくな! 顔を舐めるな!」

獣族娘「父上にもしもの事があったと思ったら……ぅぅ」グスッ

族長「これ、その辺にしておけ。代官殿がお困りではないか」

勇者(しかし、本当に解毒の呪文が効くとは……)

勇者(……病気の原因は毒で間違いないのか)

〜〜村外れにて〜〜

獣族娘「今の者で病に罹っていたのは最後だ」

勇者「そうか、ひとまずはこれで安心だな」

獣族娘「少しお疲れのようだが……大丈夫か?」

勇者「あぁ、問題ない。お前の方こそ、少し顔色が悪そうに見えるが……大丈夫か?」

獣族娘「父上に代わって、族長の任を代行してきたからだろう。疲れが出ているだけだと思う……」

勇者「そうか、あまり無理はするなよ」

獣族娘「お気遣い感謝する」

勇者(ぶっきら棒だが礼儀正しい娘だ)

勇者(父親の意識が戻った時は、歳相応の態度になっていたが……)

勇者(獣族の誰もがこの娘に会うと、親愛の情を持って接しているのがわかる)

勇者(獣族もこうして接していると、人間と全く変わらないように思う)

勇者(魔物だという事を思わず忘れそうになる程に……)

獣族娘「代官殿は、これからどうなされるおつもりですか?」

勇者「……ん、そうだな。今度は妖精族の集落の方に行ってみるつもりだ」

獣族娘「妖精族の?」

勇者「あぁ、今回の病の原因が本当に妖精族にあるのか、確かめなければならないからな」

獣族娘「しかし危険なのでは?」

勇者「危険も何も、妖精族は元々大人しい一族と聞いている」

獣族娘「それは、そうですが……」

勇者「その妖精族が農作物に何か細工をして、病気を広めるなど考え難い」

獣族娘「私にはよくわかりません。ただ、皆が倒れた事のみが事実なので」

勇者「よくわからないからといって、水場を封鎖して妖精族を隔離するのはやり過ぎではないか?」

獣族娘「よくわからないから封鎖したのです! あの状況で危険を冒すわけにはいきません!」

勇者(魔王『よくわからないから恐れ、蔑み、敵視する。人間とはそういうものだろう?』)

勇者「!?(……クソっ……お前の言う通りだ、魔王)」

獣族娘「……代官殿?」

勇者「あぁ、何でもな……」

獣族娘「う……ぅぅ……」バタッ

勇者「おいっ! どうした?しっかりしろ!?」

獣族娘「ぅぅ……っ」

勇者(呼吸も荒いし、どんどん顔色が悪くなってきてる。他の連中の症状と同じだ)

獣族娘「はぁはぁはぁ……」

勇者(今までの病人達は意識もなかったから、人払いをして解毒魔法を使って治療したが……)

獣族娘「ぐふっ!?」ビクン

勇者(獣族娘にはまだ意識が……くっ、そんな事言ってる場合じゃない!)

―――パァァァ

獣族娘「あ、うぅ……これ……は?」

勇者「……大丈夫か?」

獣族娘「あぁ……私も知らないうちに病に侵されていたのか……不覚だ」

勇者「原因が何かわからないからな、不覚も何もない」

獣族娘「ところで……先ほどの代官殿が使われた術は一体?」

勇者「……」

獣族娘「病を一瞬にして治す……代官殿はまるで……伝説の勇者のようだな」

勇者「っ!?」

勇者(マズいマズい……こいつはマズい!?)

獣族娘「代官殿もご存知だろう、伝説の勇者の話を?」

勇者「さ、さぁ……よくは……」

勇者(勇者『バレたら大変な騒ぎになるだろうな』)

勇者(骸骨『そうなった場合、勇者殿が魔王様の名前を騙ったいう事で処理しますゆえ』)

勇者(勇者が魔王の名前を騙ったなど、償っても償い切れない恥だぞ!?)

獣族娘「何と!?子供でも知っている話ですぞ?」

勇者「お、俺は人間界に派遣されて長かったから……よくは……」

勇者(どうする……どうやって誤魔化せばいい?)

獣族娘「そうでしたか……人間界に派遣など……随分と苦労されたのだな」

勇者(あれ……何だか様子が?バレた訳じゃないのか?)

獣族娘「簡単にで宜しければ、私がお聞かせしようか?」

勇者「そ、そうだな。少し休憩するのに丁度いいかもしれない」

獣族娘「伝説の勇者の話とは、魔界に大昔から伝わるおとぎ話の一つだ」

勇者(魔界に?)

獣族娘「私も幼い頃にを父上からこの話を聞いて、心をときめかせたものだ」

勇者「こ、心を?」

獣族娘「そ、そうだ。おかしいか?///」

勇者「い、いや、そんな事はない。続けてくれ」

獣族娘「……んんっ/// その勇者は混乱した魔界に突如現れ……」

勇者「ふむ……」

獣族娘「魔王様の片腕として獅子奮迅の働きをし、混乱した魔界を治めていく」

勇者(魔王の片腕……)

獣族娘「小さな子供であれば、自分がその勇者となって、魔王様をお助けしたいと、夜な夜な夢見たものだ」

勇者「そうなのか?」

獣族娘「我らの村は魔王様の直轄地であり、城に近い事もあって、特にそういった意識を持つ子供が多かったと思う」

勇者「その忠心、魔王様が聞けばお喜びになられるだろう」

獣族娘「そう思うか!?そうであってくれれば、どれだけ嬉しい事か……だが……」

勇者「だが、どうした?」

獣族娘「我らは先代の魔王様を人間共が手に掛けた時、何もする事が出来なかった……」

勇者「……」

獣族娘「先代の魔王様は……」

獣族娘「事ある事に我らを気に掛けてくれ、この村にお立ち寄りくださる事さえあったのだ」

勇者「魔王……様が?」

獣族娘「ん?」

勇者「いや……続けてくれ」

獣族娘「魔王様が気晴らしに狩りをされる時など、我らの村をよく休憩所としてお使いくだされた」

勇者「……」

獣族娘「私の父上は族長だからという事もあり、よく魔王様のお世話を仰せつかったものだ」

勇者(お世話……魔王が滞在する事があるから、あんなに立派な造りになっていたのか)

獣族娘「私も小さい頃に、何度かお声を掛けて頂いた事があってな」

勇者「魔王様にか?」

獣族娘「そうだ。『早く大きくなって私の手助けをしてくれ』とな」

勇者「……」

獣族娘「も、もちろん今になってみれば、子供に対する社交辞令だというのはわかっているぞ///」

勇者(あの俺達と戦った魔王が……)

獣族娘「だか、当時は嬉しくて夜も眠れない程だった。周りの仲間からも羨ましがられてな」

勇者(世界征服を企む邪悪の徒と決めつけ……)

獣族娘「魔王様にお声を掛けて頂いた事も、魔王様のお世話を父上が仰せつかった事も……」

勇者(俺達が戦い、倒したあの魔王が……)

獣族娘「全ての事が誇らしく思えたものだった」

勇者(こんなにもこの娘に……いや、この村の獣族に慕われてる)

獣族娘「だが、いつ頃からだろうか……魔王様のお姿を見なくなって……」

勇者「姿を見なくなった?」

獣族娘「そうだ。いつだっただろうか?一部の勢力が魔王様の治世を快く思っていないと……」

勇者(魔王のやり方に不満のある者達……力を誇示しようとしている者達……)

獣族娘「『その対処の為に、しばらくはこの村に来られないかもしれない』」

獣族娘「魔王様がそのように仰られたと、父上から聞かされた事があってな……」

勇者「魔王……様がそんな事を?」

獣族娘「私が直接聞いた訳ではないがな」

勇者「そうか……」

獣族娘「その時程早く大きく、そして強くなりたいと願った事はない」

勇者「どうしてそう願った?」

獣族娘「魔王様に逆らう連中を、私が懲らしめてやろうと思ってな。笑ってくれ、子供の浅薄な考えだ」

勇者「笑わないさ。俺と違って立派な動機だ」

獣族娘「代官殿も小さな頃に『大きくなりたい、強くなりたい』と思った事があったのか?」

勇者「あぁ……早く大きく、そして強くなりたいとな」

獣族娘「よければ、理由を聞かせてもらえないだろうか?」

勇者「……復讐心だよ」

獣族娘「えっ!?」

勇者「小さい頃に家族を殺されて、その復讐の為に大きく、強くなりたいと願ったんだ」

獣族娘「嫌な思いをさせてしまったな……すまない」

勇者「もう目的は果たした……だからもういいんだ……」

獣族娘「そうか!?それは良かったじゃないか」

勇者(そう……目的は果たした……はずだ)

獣族娘「私がそう思いながら過ごす内の事だ……先代の魔王様が人間共の手に掛けられたのは!」

勇者(そう……俺達が殺した……)

獣族娘「先代の魔王様が崩御された後、その一粒種が後を継がれたと聞いてな」

勇者(世界平和という立派な名目を隠れ蓑にして、自分の復讐の為に……)

獣族娘「我らは哀しみの中で、新しい魔王様を盛り立てようと心に誓ったのだが……」

勇者(俺が魔王を殺した事を言えば、この娘はどんな顔をするだろうか?)

獣族娘「お姿を見る事も、お声を聞く事も叶わないまま、今回の事件が起こってな」

勇者(……馬鹿な考えだ。もう……やめよう)

獣族娘「訴状を上申してみたものの、何の音沙汰もなく……正直、見捨てられたと諦めた者もいた」

勇者「魔王様は、お前達の事を気にかけておいでだ」

獣族娘「はい! そして代官殿を遣わされた。そうですね?」

勇者「その通りだ。『本当なら、自ら出向いて何とかしてやりたい』とも仰られていた」

獣族娘「魔王様がそのようなお言葉を……我らは見捨てられたなどと、何と愚かな事を考えていたのだ……」

勇者「さて、そろそろ妖精族の所に向かうか」

獣族娘「も、申し訳ない。私のつまらない話で時間を取ってしまい……」

勇者「いや、お前達の考えている事がわかって嬉しかった。ありがとう」

獣族娘「そ、そう言って頂けると私も嬉しく思う///」

勇者「妖精族の所へはどう行けばいい?」

獣族娘「それなら、私が案内を……」

勇者「いや、獣族が一緒だと揉め事になる可能性もある。場所だけ教えてくれ」

獣族娘「しかし……代官殿を一人で行かせたとあっては、私が父上に叱られてしまう」

勇者「……土地勘のあるお前が一緒なら、確かに心強い事もあるだろう」

獣族娘「だったら!」

勇者「しかし、いざ何かあった場合、族長殿に俺が顔向け出来ない」

獣族娘「私が弱いと侮られるか!」

勇者「勘違いするな。お前が弱いと言ってるんじゃない。病み上がりの体を厭(いと)え」

獣族娘「……そうまで仰られるのなら、私の実力を見ていただこう!」

勇者「……は?」

〜〜村 中央広場にて〜〜

獣族男「若君ー負けるな!!」

獣族女「若様〜頑張ってくださ〜い♪」

勇者「……どうしてこうなった?」

族長「まぁまぁ、ワシらの習慣みたいなものですな」

勇者「習慣?」

族長「ワシらは互いの意見を通す時に、こうして戦うのが決まりでしてな」

勇者「良い意見と強い事とは等しくないだろう?」

族長「意見を出して、それを通す事には責任が伴う。違いますかな?」

勇者「それは……確かにそうだが」

族長「その意見を採用した結果、物事が悪い方に向かったとしますな」

勇者「あぁ」

族長「その悪い方に向かった時に、責任を以ってそれを覆す力が必要とは思いませんか?」

勇者「……ひどい暴力主義だ」

族長「少なくとも、ワシらはそう考えています。まぁ……そういった訳で、頑張ってくだされ」

勇者「それにしても族長殿」

族長「何でしょうかな?」

勇者「起きていて、体は大丈夫なのか?」

族長「……元気な姿を皆に見せる事も族長の仕事ですからな」ヒソヒソ

勇者「そうか……大変だな、族長というのも」

族長「それに……」

勇者「それに……何だ?」

族長「この事件が起きて以来、久しぶりの戦いです。見逃す手はありませんな」

勇者「……呆れた奴だ。自分の娘が心配じゃないのか?」

族長「この村では、ワシの次に強いのがワシの娘ですぞ?」

勇者「……おい。だから心配しないのか?」

族長「それでも代官殿には敵わんでしょうな」ヒソヒソ

勇者「それがわかっているなら……」ヒソヒソ

族長「慢心した鼻っ柱を叩き折ってやってくだされ。上には上がいるのだと」ヒソヒソ

勇者「はぁ……そういう事か」

族長「では皆の衆! 魔王様の代官殿とワシの娘の戦いを始めるぞ!!」

獣族達「「「うぉぉぉっっっ!!!!」」」ガンガンガンガン

勇者(凄い盛り上がりだな……)

勇者(そうか……これが皆の不満や鬱屈とした気持ちを、解消する手段でもあるのか)

獣族娘「代官殿、悪いがつきあってもらうぞ」

勇者「これでお前が納得するなら、まぁ仕方がない」

獣族娘「くっ、また私を侮るのか!」

勇者「すまない。そういうつもりじゃないんだが……」

獣族娘「好きな武器を取れ!」

勇者「お前はどうするつもりだ?」

獣族娘「私は……こうだ!!」

獣族達「「「うぉぉぉっっっ!!!!」」」ガンガンガンガン

勇者(うぉ!?顔が豹のような猛獣に変わった!?)

獣族娘「これが私の武器ダ!」

勇者(なるほど……あの鋭く伸びた爪がそうか。獣族の名前は伊達じゃなかった訳だ)

獣族娘「どうした代官殿、早く武器を取レ!」

勇者「うーん……」キョロキョロ

獣族娘「……まさか臆したのではないだろうナ?」

勇者「あ、俺はこれでいいや」

獣族娘「何?」

獣族「「「…………」」」ザワザワ

獣族娘「……その手にある小枝ハ……一体どういうつもりダ?」

勇者「どうもこうも……これが俺の武器だけど」

獣族娘「その腰の剣は飾りカ!」

勇者「飾りではないが今は必要ない」

獣族娘「ここまで馬鹿にされたのは、生まれて初めてダ。幾ら魔王様の代官殿とはいえ許さン!」

族長「双方……準備は良いな?」

勇者「あぁ」

獣族娘「問題なイ!」

族長「では……始めい!!」

勇者(変身した分、速さは……予想より少し上か……)

獣族娘「どうしタ! 避けてばかりでは私に勝てないゾ!」

勇者(……動きが直線的過ぎる)ヒョイ

獣族娘「あッ!?」ズテンッ!

獣族男「わ、若君!?」

獣族女「若様〜頑張って!!」

獣族娘「くッ……足を掛けるなど卑怯ナ……」

勇者(どうだ?)チラッ

族長「…………」

勇者(流石に転ばせたくらいじゃ、終わらないか……)

獣族娘「何をよそ見をしていルッ!!」ダッ

勇者(……仕方ない)

勇者「……いくぞ」ヒュン

獣族娘「何!?」

勇者「……筋もいい」

獣族娘「くッ!?」

勇者「……速さも、申し分ない」

獣族娘(わ、私が押されている……たかが小枝だぞ!?)

勇者「……だが動きが……単調だ」シュッ

獣族娘「なッ!?うわッ!?」ズテンッ!

勇者「……虚の動きに惑わされ引っ掛かる。実戦経験の少ない証拠だ」

獣族娘「う……あッ……(いつの間に……小枝が目の前に……)」

勇者「死んでるぞ?」

獣族娘(ただの小枝を手にしているだけなのに……この代官殿の威圧感は……何だ?)

勇者「まだ、続けるか?」

獣族娘(て、手が震えて……私は怯えているの、か?)

獣族娘「わ、私ノ……負けダ……」

族長「それまでっ! この試合、代官殿の勝ちとする!」

獣族達「「「うぉぉぉっっっ!!!!」」」ガンガンガンガン

勇者「ふぅ……立てるな?」

獣族娘「は……い」

族長「どうだ、上には上がおるであろう?」

獣族娘「父上……まさか、父上以外の男に私が負けるとは、思いもしませんでした」

族長「そりゃぁそうだわい。ワシがやっても同じ結果だったろうからの」

獣族娘「は?」

族長「耳が遠くなったか?ワシがやっても、万に一つも勝てはせんと言っておる」

勇者「え、えーと……族長殿……その辺りで……」

獣族娘「父上が万に一つも勝てないなどと……冗談が過ぎる」

族長「……ワシが戦いの事で、冗談を言った事があったか?」ギロッ

獣族娘「あ……いや……」

族長「少しは成長したと思って喜んでおったが……」

勇者(娘の尻尾が丸まってるじゃないか……族長の一睨みで完全に萎縮してしまったな)

族長「戦った相手の力量もわからんとは……お前もまだまだのようだのう」

獣族娘「も、申し訳ありません……」

勇者「で、では、俺はそろそろ妖精族のところに……」

獣族娘「お待ち下さい、代官殿!」

勇者「まだ何か……っておい! 何をする気だ!?」

獣族娘「……」ペロペロ

獣族男「おい……」ザワザワ

獣族女「まさか若様が……」ザワザワ

勇者「ちょ、ちょっと!?これは一体?」

族長「代官殿。相手の足を舐める行為は、ワシらの間で『忠誠を捧げます』という意味だ」

勇者「なっ!?」

獣族娘「私は自分の弱さを……あなたに思い知らされました」

勇者「だ、だからって、どうして俺に忠誠を?」

獣族娘「この村でも、私より強い者は父上しかおりません。男達にも負けはしなかった」

勇者「い、いや……」

獣族娘「魔王様の親衛隊とはいえ、あなたにも遅れを取るはずがないと……」

獣族娘「……正直、心の底で馬鹿にしておりました」

獣族娘「試合前にも何度も、やめるように私に仰ってくださいましたね?」

勇者(さ、さっきまでと態度が違う……)

獣族娘「私はあなたが、臆病風に吹かれているのだとばかり思っておりました」

勇者「まぁ、普通はそう思われて当然だが……」

獣族娘「本当は私に恥をかかせないよう、そうお考えであったのではありませんか?」

勇者(いや、単に目立ちたくなかっただけなんだが……)

獣族娘「先ほどの戦いで、実力の彼我を身をもって知る事が出来ました」

勇者「だから忠誠っていうのはおかしいだろ?」

獣族娘「決めていたのです」

勇者「な、何を……?」

獣族娘「わ、私よりも強い方に……こ、この身も心も捧げようと///」

獣族達「「「おぉ……!?」」」」ドヨドヨ

勇者「待て待て待て待て!!!」

獣族娘「はい?」

勇者「さっき族長殿は『忠誠を捧げる』って言ったよな?」

族長「言いましたな」

勇者「どうして身も心も捧げるって事になるの?表現がおかしくない??」

獣族娘「忠誠を捧げる事と、身も心も捧げる事は同意ではありませんか?」

勇者「だとしても、どうして顔を赤らめてるんだよ!?」

獣族娘「そ、それは……///」

族長「娘の気持ちも察してくだされ」

勇者「いや、任務中だから、俺! それに魔王様の事を慕ってるんでしょ?」

獣族娘「魔王様の親衛隊であるあなたに忠義を尽くす事と、魔王様への忠義は矛盾しません」

勇者「ぞ、族長殿?」

族長「ふふっ、娘を頼みますぞ、代官殿」

獣族娘「父上……///」

勇者「よ、妖精族の所に行ってきます!」ダッ

族長「……逃げられたかのう?どうするつもりだ?」

獣族娘「私は……諦めません」

〜〜妖精族の集落〜〜

勇者「では、あなた方の農作物を食べたのが病気の原因だが、それは水が汚染されているせいだと?」

妖精族長「はい。獣族の方々に被害が出てから、わかった事なのですが……」

勇者「汚染の原因はわかっているのですか?」

妖精族長「毒を持った虫が、水場で繁殖した可能性が、極めて高いと思われます」

勇者「虫ですか……」

妖精族長「水を撒く事で農作物に毒性が蓄積され、それを食べた事で被害が広がったのだと思います」

勇者「今もその虫は、水場に?」

妖精族長「おそらくは……早く対処しなければ、水を飲み続けている方も被害に遭われてしまいます」

勇者「獣族はそれに気づいてる様子はありませんでした」

妖精族長「毒自体は無味無臭ですから……ただ、症状が特徴的ですから、虫の毒とわかります」

勇者「なるほど……」

妖精族長「獣族の方々に話を聞いてもらおうとしたのですが、警戒され話も聞いてもらえず……」

勇者「それで城に訴状を?」

妖精族長「はい……私達の話は聞いてもらえなくても、魔王様からならばと思い……」

勇者「それで、虫と毒に対する対処方法はあるのですか?」

妖精族長「この粉を水場に撒けば、虫は死滅すると思います」

勇者「そんな便利なものがあるのですか?」

妖精族長「はい。実は数百年前にも同じ毒虫が発生した事がございまして」

勇者「数百年前、ですか?」

妖精族長「えぇ。その時は先代の魔王様がこの粉を使って、虫を退治してくださいました」

勇者「先代の?」

妖精族長「はい。この粉は魔王様がもしもの為にと、我々に置いていってくださったのです」

勇者「……もしかすると、その毒を中和する薬もあるのですか?」

妖精族長「作成方法を残していってくださいましたので……既に薬は作らせております」

勇者「そこまで用意周到に……しかも後の事まで考えて……」

妖精族長「先代様の慧眼に、ただただ感謝するばかりですわ」

勇者(ここでも魔王は慕われている……俺がした事は本当に正しかったのか?)

妖精族長「代官さま?」

勇者「……一緒に獣族達のところに来ていただけますか?俺が間に入って話をします」

〜〜二日後 街道にて〜〜

勇者(あれから、妖精族の長を連れて、獣族達に事情を説明したが……)

勇者(獣族達は警戒し、妖精族が作った毒の中和薬を飲む事を頑なに拒んだ)

勇者(そこで、安全を証明する為に、まず俺がその中和薬を飲もうとすると……)

勇者(獣族の族長と獣族娘の二人が、自ら進んで妖精族の中和薬を飲んでくれた)

勇者(その二人の様子を見て、他の獣族達も中和薬を飲んでくれ……)

勇者(その後は獣族と妖精族で水場へ行き、魔王が作ったという虫を駆除する粉を水場に撒いた)

勇者(すると、みるみる内に浮き上がってきた虫の屍骸で水面が覆い尽くされた)

勇者(その光景を見て、妖精族の言う事を疑う獣族はもはやおらず……)

勇者(虫の屍骸をせっせと水場から取り除く作業に忙殺された)

勇者(妖精族の長の話では……)

勇者(虫の卵がまだ残っているので、半月程は同じ作業を毎日行わなければいけないらしい)

勇者(もちろん、念の為に毒の中和薬も、毎日飲み続ける必要があるそうだ)

勇者(今回の揉め事の原因も判明し、獣族と妖精族の関係も修復)

勇者(魔王に渡す為にと、妖精族の長から粉と中和薬をわけてもらい、村をあとにしたのだが……)

獣族娘「代官殿、まもなくですね」

勇者「ああ……」

獣族A「魔王様のお城に行くのは初めてです!」

勇者「そうか……」

獣族B「元気がありませんね。お疲れですか?」

勇者「いや……」

獣族C「私はこれで三度目です。一度目は子供の頃に、二度目は訴状を届けに上がった時に」

勇者「お前が持ってきてくれたのか、ご苦労だったな……」

勇者(獣族娘を含めた四人の獣族が俺について行くと言い出して……今に至る)

勇者(これ以上の厄介事を背負い込みたくない俺は、全力でそれを断ろうとした)

勇者(すると獣族の族長が『魔王様へ御礼を申し上げる為と代官殿の護衛の為』と言い出した)

勇者(魔王への礼はともかく、俺に護衛が必要ない事はわかっているはずだ)

勇者(礼は俺が伝えておくと彼らに告げると……)

勇者(族長が『娘がワシの名代で不服なら、ワシが代官殿に同行する』と言い出し始めた)

勇者(あまり頑なに断り続けていると、更に厄介な事になりそうな予感がしたので……)

勇者(獣族娘達の同行を渋々ながらも許可する事にした)

勇者(『娘を頼みますぞ』とにこやかに笑う族長の顔は、完全に娘を思う親の顔だった)

勇者(親の気持ちというものは、人間も魔物も変わらないのだろう……と思う)チラッ

獣族娘「な、何でしょうか?///」

勇者「通常なら徒歩で三日はかかる行程だ。幾ら速度を落としているとはいえ、疲れていないか?」

獣族娘「お気遣いありがとうございます。ですが、我らは体力には自信がありますゆえ」

勇者「そうか。もうすぐ城に着くから頑張ってくれ」

獣族娘「はいっ!」

勇者(……城に着いたら、獣族娘達の事を魔王にどう説明したものか)

勇者(ややこしい事にならなければいいんだが……)

勇者(そういえば、妖精族の長は俺の事を何か察していたのか、何度か何か言いたそうにしていたな)

勇者(別れ際にも何か言いたそうにしていたが、俺が目で制すると何も言わずに頭を下げた)

勇者(魔物とはいえ、やはりああいう慎み深い女性が……)

獣族娘「代官殿、城が見えて参りましたぞ!」

〜〜魔王城にて〜〜

勇者「お前達はここで待っていてくれ」

獣族娘「はい」

…………

勇者「おーい骸骨ーどこにいるんだー?」

骸骨「おかえりなさいませ。随分と早いお帰りでしたね。村の方は如何でした?」

勇者「あぁ、まぁ無事に片づいたかな」

骸骨「さようですか。それは上々にございます」

勇者「それで村での事を魔王に説明したいんだが、ちょっと困った事があってな……」

骸骨「お連れの方々ですか?」

勇者「何だ知っていたのか!?」

骸骨「この城に掛けられた探知魔法がございますので、勇者殿にお連れがいらっしゃる事は」

勇者「城にそんな仕掛けがあるのか?」

骸骨「……詳しい事は申せませんが、この城に近づく者がいればわかるようになっております」

勇者「……それじゃあ、最初にここに来た時も、俺が来たってはわかってたんじゃないのか?」

骸骨「……魔王様はご存知だったと思いますが、私には何も仰られませんでした」

勇者「どういう事だ?」

骸骨「さぁ?こればかりは魔王様にお尋ねしなければ……私には何とも申せません」

勇者「……」

骸骨「その魔王様が勇者殿をお待ちになられています。お連れの方々もご一緒にと」

勇者「あいつらも一緒に?」

骸骨「はい。そのように仰せつかっております。それと……」

勇者「まだ何かあるのか?」

骸骨「以前お会いした執務室ではなく、玉座の間に来るようにとの事です」

勇者「玉座の間だと?」

骸骨「勇者殿はご存知の場所ではありませんか?」

勇者「……俺達と先代の魔王が戦った場所。そうだな?」

骸骨「その通りです。では確かにお伝えしました」スッ

勇者(……どういうつもりだ、魔王?)

〜〜魔王城 玉座の間入口にて〜〜

獣族娘「まさか、本当に魔王様にお目どおりが叶うとはな」

獣族A「駄目だ……緊張で心臓が止まりそうだ……」

獣族B「わ、我らはどうすればよいのでしょうか、代官殿?」

獣族C「う、うろたえるな、情けない」

勇者「お前達、少し落ち着け。誰も取って食いやしないんだから」

獣族娘「代官殿の仰る通りだ。我らは何一つやましい事などないのだからな」

勇者(……ふぅ、獣族娘は大丈夫そうだが、他の連中は完全に舞い上がっているな)

勇者(しかし、こうしてこの扉の前に立つと、半年前の戦いの事を思い出すな)

勇者(まさか……戦いになるなんて事はないだろうが……)

勇者(……考えても仕方ない)

勇者「おい、お前達。入るぞ?」

獣族娘「お願いします」

獣族ABC「「「お、お願いしますっ!」」」

―――ガチャッ……ギィィィィ

〜〜魔王城 玉座の間にて〜〜

骸骨「皆の者よく参った。前へ」

勇者(骸骨の奴……わざわざ先回りしてここに来ていたのか)

獣族A「ほ、骨だ……」

獣族B「ま、前へって言われたって……」

獣族C「ど、どうします?」

獣族娘「……代官殿?」

勇者「……余計な事を言わずに、俺の後ろについて来い」

勇者(玉座に魔王の姿がない……どういう事だ)

骸骨「そこで止まり、控えるがよい」

獣族A「ひ、控えろって??」

勇者「膝まづいて待てという事だ」

獣族B「そ、そうか……」

獣族C「す、凄い……この絨毯足が埋まるぞ?」

獣族娘「お前達ときたら……」

―――10分経過―――

獣族A「な、なぁ……?」

獣族B「な、何だ?」

獣族A「俺達、いつまで待てばいいんだ?」

獣族C「だ、代官殿?」

獣族娘「お前達、少しは静かに待てないのか」

勇者(こいつらじゃないが、いつまで待たせるつもりだ?)

勇者(骸骨の奴もじっと突っ立ったままだし……)

魔王「……おぉ、もう来ておったか」

勇者(……やっと、お出ましか)

魔王「何を畏(かしこ)まっている。さぁ面(おもて)をあげよ」

獣族A「えっ!?」

獣族B「あ、あれが……」

獣族C「……魔王、様?」

獣族娘「こ、子供……?」

魔王「よく参ったな。僕が第72代の魔王だ……って何を呆けている?」

獣族娘「あ、あの……」

骸骨「許しもなく魔王様に直接口を訊こうなど、無礼であるぞ!」

獣族娘「は、ははっ! 申し訳ありません!」

魔王「良い良い、彼らは僕の民だ」

骸骨「はっ……」

魔王「お前達、言いたい事があるなら、何なりと申せ」

獣族娘「はっ……し、しかし……」

魔王「……時間がもったいない。僕が申せと言っているのだぞ?」

獣族娘「わ、私は近郊村の獣族族長の娘にございます」

魔王「おぉ、お前が族長の娘か、久しいな。此度(こたび)は対応が遅れてすまなかったな」

獣族娘「そ、そんな……勿体無いお言葉です」

勇者(……久しい?どういう事だ?)

勇者(獣族娘は、場の空気に飲まれて気づいていないみたいだが……)

勇者(まるで、獣族娘の事を知っているような口ぶりじゃないか)

魔王「して、族長は息災か?」

獣族娘「は、はい」

魔王「そうか息災であるか。お前も父親は大事にしろよ」

獣族娘「あ、あの……」

魔王「なんだ?」

獣族「ま、魔王様は父をご存知なのですか?」

魔王「……そうか。お前が憶えておらぬのも無理はないか」

獣族娘「え、えっと……」

魔王「父さま……先代の魔王に随行して、僕がお前の村に行ったのは、お前がまだ赤ん坊の頃だからな」

獣族娘「は?」

魔王「……何か、おかしな事を言ったか?」

獣族娘「し、失礼ですが、魔王様はお幾つなのでしょう?」

勇者(いい質問だ。それは俺も疑問に思っていた)

魔王「僕の歳?確か今年で113歳だが……それがどうかしたか?」

勇者「ひゃくじゅうさんさい!?」

魔王「突然大きな声を出すな。驚くではないか」

勇者「す、すまん。いや、しかし……」

魔王「しかし何だ?」

勇者「いや、まさか俺より年上とは思ってなかったから……」

魔王「一体幾つだと思っていたのだ?」

勇者「じゅ、10歳ぐらいかと……」

魔王「馬鹿め、僕は魔族だぞ。お前達と一緒にするな」

勇者「そ、そうか……」

魔王「まあいい。して勇者よ。首尾はどうであった?」

勇者「おいっ!!!」

骸骨「ま、魔王様……勇者である事は内緒のはずでは?」

獣族A「ゆ、勇者?」

獣族B「どういう事だ?」

獣族C「さ、さぁ?」

獣族娘「だ、代官殿……」

勇者「ま、待て。こ、これはだな……」

獣族娘「やはり、そうでしたか……」

勇者「なっ?落ち着いて話を聞け?」

獣族娘「やはり、代官殿は伝説にある魔界の勇者だったのですね!!」

勇者「……はい?」

獣族娘「我らを癒した術といい、父上も敵わぬ武といい、只者ではないと思っておりました!」

勇者「い、いや……」

獣族娘「何より、魔王様の命により、我らの村を救ってくださったのがその証拠!」

勇者「ちょ、ちょっと待て……」

獣族娘「数々の無礼、重ね重ねお詫びいたします!」

勇者「な、何を言って……」

魔王「獣族娘よ。お前が言う通り、この者は伝説にある魔界の勇者だ」

勇者「ど、どういうつもりだ、魔王!」

魔王「現在の魔界の現状を憂いて、僕の手助けをしてもらっておる」ニヤリ

勇者「は、はめられた……」

〜〜翌日 魔王城にて〜〜

魔王「それでは、お前達はこの城に残るというのだな?」

獣族娘「はっ、私の忠義は魔王様と勇者殿に捧げております」

魔王「頼もしい言葉ではないか。なぁ、勇者よ?」

勇者「……お前、最初から企んでたな?」

魔王「何の事だ?企むなどと勇者の言葉とは思えんな」

勇者「……ふん」

魔王「まあいい。お前には手伝ってもらいたい事がまだ山ほどあるからな」

勇者「まだ俺に何かやらせるつもりか!」

獣族娘「ご安心ください。私も微力ながら勇者殿のお手伝いをさせていただきます」

魔王「聞いたか勇者よ?健気な娘ではないか」

勇者「うるさい!」

獣族娘「や、やはり私などが一緒では、ご迷惑なのですね……」

勇者「い、いや、あんたに言ったんじゃなくて……」

獣族娘「では!」

勇者「……もう勝手にしてくれ」

骸骨「うんうん。微笑ましい光景ですね、魔王様」

魔王「ふん。馬鹿騒ぎも程々にして欲しいな」

勇者「お前が言うな!」

魔王「僕と勇者の利害は一致しているはずだ。そうだな?」

勇者「くっ、それはそうだが……」

魔王「それに、僕には勇者の力が必要なんだ」

勇者「……急にしおらしくなるなよ」

魔王「悔しいが、今の僕の力だけでは、な」

勇者「わかったよ。但し、道を外れるような真似は困るぞ?」

魔王「これからも宜しく頼むぞ勇者よ」

勇者「あぁ、こちらこそ」

おわり

コメントの数(6)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:XdcqP7Fs0編集削除
まおゆう読み直したくなった
このクソ忙しいときにどうしてくれる
2 . 名無しさん  ID:EdguaZEs0編集削除
※1
うむ
3 .  名無しさん  ID:jPcOYUbU0編集削除
タイムスプリッターのパクりだろ
アイスステーションでのフラッグ奪取ステージとそっくり
4 . 札  ID:4hnJ1N.P0[評価:5 ]編集削除
面白い。続き読みたい(・ω・)なー
5 . 名無しさん  ID:Y3htilzi0編集削除
長かったが面白い。
6 . 名無しのファン  ID:9g3fvh020編集削除
この手の話やドラゴンボールの話、大好きです

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ