カテゴリー:

感動体験談

アパートに住んでたころ
夜にテレビみながら寛いでいたらインターホンが鳴ったので
出たら上の階の女性が立ってた

「こんばんは。虫取り網…もってますか?」

「網…ですか?」

田舎丸出しを覚悟で書くがクワガタでもカマキリでもなかったんだ

俺がはじめて引っ越してきた当初、嫁は女性と住んでた
引越の挨拶でたずねるとその女性が出てくれたんだ
この虫取り網をかりにたずねてきた頃には嫁は一人暮らしになってた
すれ違った時にたまに会釈はしてたがその夜にはじめて嫁とまともに会話した

俺「網は小さいやつならありますよ。取っ手がほぼないんですが」

嫁「それでじゅうぶんです!かしていただいてもいいですか?」

俺「ちょっと待っててください」



網譲渡

嫁「ありがとうございます!なるべくお早めにお返しするのでお借りしても大丈夫ですか?」

俺「かまわないですよ、ほとんど使わないんで」

この辺田舎だしたまに変な虫が入ってくるからてっきりそれかなぁと思った

俺「虫入ってきたんですか?」

嫁「いえ・・・雨戸を閉めようとしたら転がってきてきちゃったんですコウモリが」

俺「コウモリ?」

部屋に入ってきたコウモリを逃がすためだと言って嫁は部屋へ走り去って行った
その翌朝ゴミ捨てに行ったら嫁がいたので会釈したんだけども
俺の見るなり心なしかしょげた顔してた

俺「昨日いけました?(捕獲)」

嫁「すみません・・・まだお借りしてます」

俺「それは全然いいですよ」

聞いてみると昨晩粘ったものの思うように外に逃げてくれなかったんだと

俺「というか、あの網のサイズでいけます?結構大きいんですか」

大きいのか小さいのかは初めて見たのでわからないらしい

嫁「たまに旋回し出すし怖くて布団被って寝ましたよw髪ぼっさぼさです」

俺「ははは、でも大変ですねえ」

嫁「結構むずかしいんですね 衛生的にも気になるし今日中にはなんとかしたいです」

俺「役に立たないかもしれないですけど、手伝いましょうか?」

って言ったら本当に手伝うことになって嫁宅へ

小学生ぐらいの頃祖父母の家でコウモリを見たことがあった
空が明るいときには逃げませんよね?となって、手伝いに行ったのは暗くなってからだ
窓は開けっ放し、新たな虫が入ってきてしまうので電気をつけたり消したり・・・
サイズは小さかったんだろうけどつばさ広げられたら網もサイズ的に意味ないしで
紙で誘導したから網はほとんど役に立たずに終わった
20分ぐらいかかりつつその日のうちに誘導して逃がすことに成功

部屋の隅に突っ立って

「もういなくなりました?」

と神妙な顔でタオルでほっかむり状態にしてる嫁を見たときは危うく吹きそうになった
嫁が麦茶出してくれたので、少し落ち着いてから頂いたのち退散

その日嫁の部屋に欧州のサッカーチームのポスターが貼ってあったのが目について
お茶飲んでたときにサッカー好きなんですか?って聞いたんだ
(俺もサッカーをよく観ていた)
その年の冬にはおれの契約してたサッカーチャンネル目当てで休日に嫁が遊びにくるようになってたし普通にアパート住民同士親しくしてた

なれそめといっていいのか微妙なところだが
嫁のことを意識するようになったのは食べ物の渡しあいからだ
俺が実家から貰ったヤマイモとリンゴをおすそわけで渡したりDVDの貸し借りをしたりするたびに
嫁がそのつど切り干し大根やらカジキマグロの煮付けやら
おかずをちょいちょいくれたりしてたんだが、これが思いのほか美味かった

平日は眉毛半分しかないうえにダランとした服着た茶髪頭の嫁が田舎の婆ちゃんみたいな凝った料理もってくるのははじめはビックリもしたんだけどな
完全に胃袋つかまれてた
飯につられたのかと思われても仕方ない
俺も自炊はしてたとはいえ嫁からの差入れは本当にありがたかった

そんな中一緒に映画見に行ったり食事に行ったり繰り返してたら
だんだんと嫁がOLさんらしい小奇麗な恰好とかしてくるようになったので
俺は気遣わなくていいと言った(こっちはシャツにジーンズとかそんなん)

「べつに気は遣ってないんだけど、ちょっといいかな」

と切り出されたあと

「お洒落してるのは自分のためなのもあるけど、俺君が好きだからというのもある」

と告白された

聞けば、コウモリを逃がそうとしてくれていた姿をみたときから
気になっていたとかいうからそれはさすがにないだろうと言ったんだけども
家でサッカーを見せてくれるようになってからも
一緒に見て話をするのが休日で癒しで楽しみだったと

それに家でいつも料理をしているわけではないし
一人で作って食べるのは味気がないから作らないときも多い
作っていたのはほぼ俺のためで何を作っても美味しそうに食べてくれるから
嬉しくて作り甲斐があったとか

そのあとも家に着くまで思いのたけをぶつけられ続けて
もうこっちも顔真っ赤になったわけだ

嫁としてはそれまでもいろんなところで何度かわかりやすく
アプローチしていたつもりだったと言った
冷静になって考えれば、服装だって会うたびに向こうなりに精一杯お洒落してきてくれていたのだろうし
すっぴんでアパートうろついてたのに化粧して遊びにくるようになっていた
俺が空気のよめないやつだったんだと思う

俺「鈍くてごめん。俺も嫁さんのこと好きです。
     一緒にいると楽しいし、飯美味いし、意外に女の子らしいし」

嫁「あの、嬉しいけど・・・その後半の付けたし感
     でも嬉しいからいいや。ありがとう」

俺「よろしくお願いします」

それからすぐに付き合い始めた
喧嘩しつつ仲直りしつつは繰り返したけど、結婚話は大きな波乱もなく順調にまとまった

嫁さんは今となれば虫が出るたびに普通に叩き潰すし
部屋の隅でほっかむり状態だった面影もないほど俺よりたくましくなっているが
素直で温かいし料理上手なところは変わらずだし幸せだなと思う


コメントの数(7)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無し  ID:S.qlMInSO編集削除
俺は付き合ってた彼女に「キモい笑顔の裏に隠れたキモさに惚れた」って言われたことがある
2 . 名無しさん  ID:h8tsEziV0編集削除
オイラのωも掴んでくれー
3 . 名無しさん  ID:kWo4Zapx0編集削除
差し入れで投稿者の出身地が分かったw
青森だ〜
4 . 三沢岳明  ID:syh0KWdl0編集削除
臭うな・・・
あのラノベよりももっと妄想臭い・・・

ジャキッ! バァンッ!

答えろ!お前は何なんだ!
5 . 名無しさん  ID:.ivaRsex0編集削除
米4

地球帝国宇宙軍太陽系直掩部隊直属第六世代型恒星間航行決戦兵器!! バスターマシン!7号!!!
6 . 名無しさん  ID:8aBwsNKi0編集削除
※3
いや、長野かもしれん
7 . SEXマシーン  ID:HXFXoSPG0編集削除
※4
SEXマシーンだ。文句あるか?

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ