カテゴリー:

衝撃体験談

穏やかで動物好きな母。
そんな母の過去を知ったときが修羅場だった。
中学3年生のとき、部活から帰宅すると玄関に何足もの靴が置いてあった。
お客さんかな?挨拶しなきゃと居間に顔を出したら、6人の女性がいっせいにこちらを向いて

「お久しぶりですお嬢!」

と声をそろえて言ってきた。


何がなんだかわからなくて固まる私。
話を聞くと、6人の女性は母の昔の仲間たちだそうで、何の仲間なの?と聞いてみると「白百合連合会(フェイク)」だという。
なんだそりゃ?と質問を投げかけると、白百合連合会とはいわゆるレディース?暴走族のような一派で、母はそこのトップだったらしい。
あまりに衝撃的すぎて言葉が詰まった。
もうとっくに解散しているが、私が2歳になる頃までちょくちょく集まっていたらしい。
大きくなりましたね、姐さんにそっくりですねとチヤホヤ・・・
全員すでに40代に差し掛かってるので外見はそこらへんの主婦と変わらない。
昔の写真を見せてもらったら、ケバケバの化粧にギラギラな髪色、「白百合永遠に不滅」と刺繍された特攻服を着た母+舎弟のみなさん(50人いたらしい)

勢力があったグループだったと本人たちは言っているが、よくわからない。
6人の女性たちの中に、黒人高身長の方がいて、腹筋割れてた。

「オジョウガ 1サイダッタコロ ロリコンニ オソワレテ ワタシガ ゲキタイシタヨ!」

とおっしゃてた。
途中で父が帰宅。
6人の女性を見るなり。

「おおお!おまえら!」

と再会を喜ぶようなハイタッチ。
私は完全に思考停止。
父は八百屋の次男だったはずだけど実は暴走族だったのか!?と思ったが、やっぱりただの八百屋の次男だった。
父と母はピクニックで出会ったそうだ。
ヒョロガリの父がスーパーDQNの母にぶつかり口論→ケコーンとなった。
人の過去は本当にわからない。
今思えば小学生時代いじめられたとき、母に訴えたら翌日にはいじめがなくなった。
これはもしや・・・と思っている。

コメントの数(6)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:KRkJwm5A0編集削除
これは・・・
芦屋、医者、うっしゃ〜!
2 . 名無しさん  ID:SluUZx650編集削除
おれはもやし・・・と思っている。
3 . *  ID:fNOXadpj0編集削除
※2 その貧相なモヤシを仕舞いなさい。
4 . 名無しさん  ID:.xOZN1lv0編集削除
モヤシに例えるとかお前には血も涙もないのか!
5 . 名無しさん  ID:Af9p3Gvy0編集削除
それはもしや
ちちはもやし
6 . 古古米  ID:YwyvU5Do0編集削除
というか、父上と母上の結婚秘話が読みたい。
是非書いてください。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ