カテゴリー:

おもしろテキスト

ベジータ「ここはどこだ?見覚えがあるが…」

ナッパ「よぉベジータ」

ベジータ(ナッパ!?こいつ死んだはずじゃ…)

ナッパ「どうした、まだ寝ぼけているのか?」

ベジータ「いや、あ、大丈夫だ…」

ナッパ「なら、さっさとドラゴンボールを探しに行こうぜ」

ベジータ(これは…どういう事だ?)



ベジータ(俺はトランクスを寝かし付けてから、いつも通り寝た筈だが…)

ナッパ「さぁて、どこから探しに行こうか」

ベジータ(どうなってやがる、クソ!)

ナッパ「なぁベジータ!聞いてるのか!」

ベジータ「え、あぁ、すまんな…」

ナッパ「おいおい、しっかりしてくれよベジータ…」

ベジータ(これではまるで…初めて地球に来た日みたいだな)

ベジータ(…もしかしたら、夢かもしれんな)

ナッパ「さて、手始めにあの町から」

ベジータ(そうだ、夢だ。夢に決まって…)

ナッパ「挨拶がわりといこうか」

ベジータ「!?やめろ!!ナッパ!!!」

ナッパ「な、いきなりなんだよベジータ…」

ベジータ「あ、いや…ドラゴンボールがあったらどうするんだ…」

ナッパ「あ、あぁ、そうか。すまねぇ」

ベジータ(クソ、なんてリアリティのある夢だ…)

ナッパ「しかし、せっかく来たのに何もしないのもなぁ…」

ベジータ「も、もうそろそろ来るんじゃないのか?」

ナッパ「何がだ?」

ベジータ「…この星で修行してた奴らとかが、六人くらい」

ナッパ「なんだそりゃ」

ベジータ「さ、さぁな…」

ベジータ(とりあえずこいつには大人しくさせておこう…)

シューン、スタ

ピッコロ「…」

ゴハン「…」

ナッパ「お、本当に来やがった」

ベジータ「ま、まぁな…」

ナッパ「だが二人だけだな」

ベジータ「もうちょっと待ってば来る…」

ナッパ「何故分かるんだ?」

ベジータ「あ、いや、ス、スカウターだ!」

ナッパ「…成る程な」

ベジータ(なんだこのやりにくい感じは…)

ナッパ「ところであいつ…ナメック星人じゃないか?」

ベジータ「ん?それがどうした?」

ナッパ「え?」

ベジータ「あ!いや、そうだな、ラディッツが負けるのも仕方ないな!」

ナッパ「あ、あぁ…そうだな」

ベジータ「…」

シューン、スタ

ヤムチャ「待たせたな」

ナッパ「これで全員か」

ナッパ「ふふふ…なぁベジータ」

ベジータ「なんだ?」

ナッパ「あっちは六人、こっちは二人…ちょうど、栽培マンの種が四つあるぜ」

ベジータ(栽培マン…!?いかん、ヤムチャが死ぬな…)

ベジータ「…いや、それはいいんじゃないのか?」

ナッパ「おいおい、少しぐらい楽しんだっていいじゃないか」

ベジータ「いや、駄目だ。やめるんだ」

ヤムチャ「おい、お前ら!!」

ナッパ「なんだ?」

ヤムチャ「何をこそこそしてるか知らんが、さっさとかかってこい!」

ベジータ(馬鹿、お前もやめろ!)

ナッパ「そんなに言うなら試させてもらおうじゃないか」

ベジータ「ナッパ、やめ…」

ナッパ「こいつを植えるとだな…」

ボコボコボコボコ

キキィー!

ベジータ(クソッ、面倒な事になった…)

ナッパ「ふふふ…試しにこいつらと戦ってみせろ」

テンシンハン「そういう事か…では俺からいかせてもらおう」

ベジータ(テンシンハン…確か奴は大丈夫だな)

テンシンハン「はあぁ!」

栽培マン「キキィー!」

バババッ!ドガ!ドーン!

ナッパ「なんだと、栽培マンが簡単に…」

ベジータ(よし、いいぞ…あ、まだ生きて…)

ピッコロ「カァッ」ドーン

ベジータ(ふぅ、焦らせやがって…ピッコロ、よくやった)

ヤムチャ「次は俺に行かせてくれ」

ベジータ「!!駄目だ!!お前は駄目だ!!」

ヤムチャ「え?」

ナッパ「え?」

ベジータ「い、いや…」

ベジータ「その、なんだ…お前じゃなくてクリリンがだな」

ナッパ「え?」

クリリン「え?名前…」

ベジータ「い、いや、違うんだ、そこのクリクリしたハゲ!そうだクリクリハゲだ!貴様残り全員相手しろ!」

クリリン「何で俺だけ…」

ベジータ「う、うるさい!!さっさとかかってこい!!」

クリリン「くっそー…これでどうだ!!」

クリリン「波ー!!」ドーン

ナッパ「あいつ、どこに撃ってやがる…」

ベジータ(よし、これで栽培マンが片付く筈だ…)

クリリン「ドリャー!」ドーン

ナッパ「なに…!?」

栽培マン達「キキィー!?」

チュドーン…モクモク

ベジータ(さて、今からどうすr)

栽培マン達「キキィー!」

ベジータ「な、一匹も死んでいないだと!」

ベジータ(そ、そうか!ヤムチャが死んでいないから力が入りきらず…)

ベジータ「ま、まずい…!煙りが晴れる前に!」

ベジータ「ハァ!!」ドガガガガ!!キキィー!!

モクモク…

クリリン「や、やったか?」

ベジータ「ふぅ…す、少しはやるようだな…」

ベジータ(ん?これは、もしや…)

ベジータ(もしかしたら…下手に行動すると歴史が変わる!?)

ベジータ(ブルマ、トランクス、カカロット…)

ナッパ「思ったよりかやるようだな」

ベジータ(どうする、どうすればいい…!)

ナッパ「さて、次は俺の番だな」

ベジータ(…悪いが、こいつには死んでもらおう)

ヤムチャ「さて、この辺でお遊びは終わりって所を見せtベジータ「全員でかかってこい!!」

ベジータ「全員の相手をしてやれ、ナッパ!」

ナッパ「はは、ベジータいいのか?」

ベジータ「構わん、やれ」

ピッコロ「チッ、なめられたものだな」

クリリン「でも、チャンスだ!」

ナッパ「チャンス、か…ふふふ、そう思うなら」

ナッパ「ハァ!」シュゴォーシュイシュイシュイシュイ

Z戦士「!!?」

ナッパ「かかってこい」

ヤムチャ「いくぜー!」

ヤムチャ「おりゃー!」

ベジータ(な、馬鹿やろう!!)

ベジータ「そいつは無視だナッパ!」

ナッパ「な、なんだそりゃあ!!」

ヤムチャ「ハァ!」ドガ、バキ!

ナッパ「ち、なんだこいつ…殺しt」

ベジータ「ナッパ!!俺の言うことが聞けんのか!!!」

ナッパ「な、なんだってんだ…」

ヤムチャ「オリャー!」ドガガガ!ドガ!

ベジータ(…くそ、歴史通りにいくなら、殺すべきだ。だが)

ヤムチャ「せいやぁー!」ガガガ!ドーン!バキャ!

ベジータ(…ヤムチャ、テンシンハン、チャオズ、ピッコロ…)

ヤムチャ「しん!ろうがふうふうけーん!」ドガガガガ!アシモト!オルス!

ベジータ(言葉を交わした数は少ないが…)

ヤムチャ「な、無傷…だと?」ガクガクブルブル

ベジータ(俺にこいつらは…殺せない…!)

ナッパ「…い、おい!ベジータ!」

ベジータ「は!?な、なんだ?」

ナッパ「もうこいつ、殺してもいいのか?」

ベジータ「…まぁ、待て。死なないようになぶっていくっていうのはどうだ」

ナッパ「は!そいつは名案だ!」

ヤムチャ「あ、あ…」ガクガクブルブル

ピッコロ「馬鹿やろう!避けろー!」

バキャ!

ゴハン「ヤムチャさーん!」

ヤムチャ「あ、が…」ピクピク

ナッパ「ふふ、殺しはしてねぇよ…少しずつなぶってやるよ」

ナッパ「ハァ!」

テンシンハン「!?」

ピッコロ「受けるな!避けろー!」

ベジータ(大丈夫、大丈夫だ…仙豆がある)

ドガ!

テンシンハン「ぐぁ…」

ピッコロ「チッ、くらえ!」ドーン

ナッパ「ハハハ!なんだそりゃ!」

クリリン「ば、化け物だ…」

チャオズ「…」スイ

ベジータ(な、やめるんだチャオズ!)

チャオズ「…」ス-イ

ピタ

ナッパ「な、なんだこいつ!離れやがれ!」

チャオズ「さよなら、天さん…どうか死なないで」

テンシンハン「チャオズー!」

ベジータ(くそ、やむをえん)

シュビ!トン!

チャオズ「あ、あ…」ガク

ナッパ「す、すまねぇベジータ」

ベジータ「あぁ、気をつけろ…」

ベジータ(これで二人は大丈夫…あとは)

ベジータ「ナッパ!あの三つ目だ!殺すなよ!」

ナッパ「へへへ、任せろ」シュン!

テンシンハン「く、くそ!!」バッ

ナッパ「遅い!」ドガ!

テンシンハン「ぐ…」バタ…

ベジータ(よし、これで準備がそろった)

ナッパ「さて、次はどいつだー?」

クリリン「くそ…くらえ!!」

クリリン「気円斬!」

ベジータ(よし!それを待っていた)

クリリン「くらえー!」シュルーン!

ベジータ(よし、これで後はカカロットを待つだけだな)

ナッパ「あいつはさっき栽培マンを一掃したハゲ…一応避けるか」

ベジータ(何ぃいー!?)

ベジータ「!!避けるな、ナッパ!!」

ナッパ「え?うおっと!」

ナッパ「すまん、反射的に避けtベジータ「当たりに行け!ナッパ!!」

ナッパ「え、何故…」

ザン!

ナッパ「な、山が!?」

ベジータ「…な、ナッパ!貴様はあの程度の戦闘能力に臆したのか!」

ナッパ「あ、あぁ…すまねぇ…」

ベジータ「ま、まぁいいとしよう…」

ナッパ「…」

ベジータ「…」

ベジータ(…クソッたれぇえええええ!!!!)

ベジータ(奥の手が尽きたか…こうなったら全員眠らせるしかない)

ベジータ(そして、カカロットにどうにかしてもらおう…)

ベジータ「おいナッパ!さっさと全員眠らせろ!」

ナッパ「あぁ、分かってる…」

ベジータ「…」

ナッパ「…」

ピッコロ「来るぞ!こうなったら三人でどうにかするしかない!」

クリリン「あぁ、そうだな…」

ゴハン「…」ガクガクブルブル

ナッパ「ハァ!」ガッ

ピッコロ「セリャ!」ドガ!

クリリン「うりゃあ!」ドガガ!

ピッコロ「ゴハン!突っ立ってないで戦うんだ!」

ゴハン「僕には…無理だ…」ガクガク

ベジータ(ゴハン…何があってもここで殺すわけにはいかん…)

ベジータ(こいつが居なければ、セルから地球を守れんからな)

ベジータ(ん?…そうか!その手があったか!)

ナッパ「ハァーッハッハ!」ドガガガガ!

ピッコロ「ぐぁ…」

クリリン「うほぉぇ…」

ゴハン「あ、あ…」ガクガク

ピッコロ「ゴ、ゴhベジータ「ハァーッハッハッハ!ナッパの前に成す術がないようだな!悔しかったら怒れ!怒るんだゴハン!」

ピッコロ「え?」

クリリン「え?」

ゴハン「…え?」

ベジータ「ほら!どうした!怒ってみせろ!あの時のように!」

ピッコロ「…」

クリリン「…」

ゴハン「…」

ナッパ「なぁ、ベジータ」

ベジータ「…ん?なんだナッパ」

ナッパ「お前ちょっとおかしいぜ、今日ずっとよぉ…」

ベジータ「な、何がおかしい!!」

ベジータ(…しまった、名前とかあの時とか…いや、まだなんとかなる!!)

ベジータ「き、貴様も見たいだろう!ラディッツを驚かせたあの力を!」

ナッパ「あ、あぁ…そういう事なら言ってくれれば上手く…ぐふぅ!」

ピッコロ「…つべこべ五月蝿くやってる内に、やらせてもらったぜ」

ナッパ「ぐ、が…腹が…」

ベジータ(魔貫光殺砲か!?ピッコロ、よくやった!!)

ナッパ「クソ…がぁああ!」

ナッパ「お返しにそこのガキ、くらえええ!!」

ベジータ(なに!?)

クリリン「あ、危ないゴハン!」

ベジータ「動けないサイヤ人に用はない!死ね!」ガッ!ポイ!

ナッパ「え、な!ベジータァアア!!」

カッ…

ベジータ「…ふぅ」

クリリン「…え?」

ピッコロ「…さっきからあいつ、なんなんだ?」

ゴハン「さ、さぁ…」

ベジータ(後は…カカロットを一度瀕死にさせて終わりか?)

ベジータ(…ん?そういえばゴハンも死にかけたか…)

ベジータ(と、なると…しばらくピッコロには寝てもらって…ええい面倒だ!)

ベジータ「おい、貴様等!」

ピッコロ「なんだ…」

ベジータ「仙豆、とやらを取りに行くがいい」

クリリン「!なぜ仙豆の事を」

ベジータ「やかましい!さっさと行くがいい!!」

クリリン「あ、あぁ…」

―――――

クリリン「取ってきたぞ。これでいいか」

ベジータ「あぁ…それでいい」

ベジータ「ハァ!」ドーン

ピッコロ「ゴ、ゴハーン!!」

クリリン「な、よくもゴハンを…」

ベジータ「いいからさっさと仙豆を食べさせろー!間に合わなくなっても知らんぞー!!」

クリリン「え?あ、あぁ」

クリリン「ほら、ゴハン…よし」

ゴハン「…ん?僕は…」

ピッコロ「…貴様、何が目的だ!」

ベジータ「サイヤ人はな、死の淵から蘇る毎に強くなる」

ピッコロ「!!それでゴハンをどうする気だ!?」

ベジータ「ん?…いや、なんだ……どうだっていいだろう!!」

ピッコロ「…おかしな野郎だぜ」

ベジータ「ぐ…」

ベジータ(クソ…俺は何をやっているんだ…)

ベジータ(クソ、クソ、クソ!もうこうなったらヤケクソだ!!)

ベジータ「おい!カカロットは…ゴクウとやらはいつ来るんだ!」

クリリン「な…お前知っているのか?」

ベジータ「ふん、どうだっていいだろう…俺は寝てるから来たら起こせ!いいな!」

クリリン「あぁ、分かった…」

ベジータ「ふん!」ザッザッザッ…

クリリン「…なんなんだ、あいつ」

ゴハン「…あの人、変わってるけど悪い人じゃない気がする」

ピッコロ「俺もよく分からん…」

―――そんなこんなで4時間後―――

シューン、スタ

ゴクウ「よう、待たせたな」

クリリン「ゴクウ…久しぶりだな」

ゴハン「お父さん…!」

ゴクウ「ゴハン!」

ピッコロ「…」

ゴクウ「ピッコロ、ありがとうな」

ピッコロ「…ふん」

テンシンハン「あいつ、あっちで寝てるぞ」

ヤムチャ「けっ、なめられたもんだぜ」

ゴクウ「あぁ、でもあいつ…めちゃくちゃ強ぇな…オラには分かる。手出しはしねぇでくれ」

ゴハン「お父さん、気をつけて…」

ゴクウ「おう!父ちゃんもめちゃくちゃ強くなったからでぇじょうぶだ!」

クリリン「ゴクウ気をつけろよ」

ゴクウ「あぁ、じゃあいってくる!」

ゴクウ「…」スタ、スタ…

ベジータ(…ん?この気は…)

ベジータ「か、カカロット!」ガバ!

ゴクウ「よう、待たせたな」

ベジータ「カカロット…こ、これは!」ザッザッザッ!

ゴクウ「な、なんだよ!そんなに近よらねぇでくれ!」

ベジータ(若い!)

ゴクウ「な、なんだおめえ?」

ベジータ(こうやってみると…ふふふ…)

ベジータ(サイヤ人といえども全く老けないわけではないのだな…)

ゴクウ「おい!聞こえてんのかなぁ…」

ベジータ「え?あ、あぁ!!」

ベジータ「貴様がカカロットだな!」

ゴクウ「違う。オラは地球育ちの…」

ベジータ「ふ、クックック」

ゴクウ「な、なんだよ…人がしゃべってんのに…」

ベジータ「い、いや、スマン…」

ゴクウ「おめえ変な奴だな…」

ベジータ「き、貴様にだけは言われたくない!」

ゴクウ「…え?」

ベジータ「あ…ベ、別にいいだろう!ほら、戦うぞ!」

ゴクウ「なーんか調子狂うな…」ザッ

ベジータ「…すぐにいつも通りにさせてやる」ザッ

ベジータ「いくぞ!」シュビ!パン!

ゴクウ「!!」メコォ!

ズザザザー…

ゴクウ「…グハ!こいつ…」

ゴクウ(一撃で分かる…め、めちゃくちゃ強ぇ…とてもかなわねぇ…)

ベジータ(…ん?挨拶代わりにもならない程度で小突いただけだが…)

ベジータ「も、もしや…」

ベジータ「…さぁ!カカロット!全力でかかってこい!」

ゴクウ「…こうなりゃ賭けだ!」

ゴクウ「界王拳!三倍だぁああ!!!」ズゴゴゴゴ…

ピッコロ「す、凄い気を感じる…孫か!」

ゴハン「お父さん、凄い…」

ゴクウ「みんなー!力を貸してくれ!!」

ゴクウ「うおおおおお!!!」

Z戦士「はあああああ!!!」

ベジータ「元気玉だな…だが小さいな…」

ベジータ「…」ヒョイ

ゴクウ「おおお、おお?おろろろろ!で、でけえ!」

ベジータ(やはり…戦闘能力はそのままか…)

ゴクウ(みんな凄ぇ修行したんだなー…オラより強ぇんじゃねぇのか、これ…)

ベジータ(ちょっと手を貸しただけだが…地球に被害が及ぶな)

ベジータ「こっちだ、カカロット!ドラゴンボールが壊れては困るからな!」シューン

ゴクウ「へ、へへ…後悔すんなよ!」

ゴクウ(これなら…勝てる!)

ゴクウ「くらえ!特大元気玉ああああ!!!」ズゴォォォォ…

ベジータ「…ハァァァ」

超ベジータ「ハァ!」ボウ!

ズゴォォォォン!!!!

超ベジータ(…こんなもんか)

ゴクウ「や、やったか?」

超ベジータ(おっと)

ベジータ「ぐ、ぐわぁああ…」ヒューン…ドサ

ヤムチャ「やったぜ!ゴクウが勝った!」

クリリン「さすがゴクウだぜ!」

テンシンハン(…俺には見えたが、なんか表情が固かったな…いや、気のせいか?)

ベジータ「ま、まだだ!ハァ!」

ゴクウ「な、…」

ドガ!

ベジータ(よし、瀕死になったか?後は仙豆だな)

ゴハン「お、お父さん!」

テンシンハン「早く行くぞ!」

クリリン「ご、ゴクウ!仙豆だ!」

ベジータ(よし!でかした!!)

ゴクウ「た、助かったぞ…」

ベジータ「く、クソがぁ…ここは引き上げるしかない…」ヨタヨタ

ピッコロ「逃がすか!!」

ヤムチャ「そうだ、逃がさん!くらえ!ろうがふうふうけん!」ババッ!

ヤムチャ「ハアアアアアアア!」ペチペチ

ゴクウ「いい、行かせてやるんだ…」

ピッコロ「し、しかし…」

ゴクウ「今度来たら、オラ一人で倒してみせるさ!」

クリリン「…ゴクウがそう言うなら」

ベジータ「ハァ、ハァ…そうだな、俺はサイヤ人の王子で天才だが、努力がそれを上回る事もある…」

ゴハン「…え?」

ベジータ「ハァ、ハァ…次は、一対一だな…」

ゴクウ「あ、あぁ…」

ヤムチャ「ハイィィ!」ポコポコ

ベジータ(よし、引き上げよう…ところでヤムチャは何をしているんだ…)

ベジータ(ん?そういえばこいつ、同居してたころ…)

――――――

ヤムチャ「お前とテンシンハンって本当に仲悪いな」

ベジータ「ふん、どうでもいい」

ヤムチャ「テンシンハンはお前の事、凄く恨んでるからなw」

ベジータ「…知った事か」

ヤムチャ「知った事かはないだろー、俺達生き返す為に皆はナメック星まで行ったんだぜ」

ベジータ「ん?そうだったのか…」

ヤムチャ「そうそう、どうよ?少しは悪いと思ったか?」

ベジータ「ふん、だがそのおかげでカカロットは超サイヤ人になれたのだろう」

ヤムチャ「あーあーはいはい。こいつは…」

ブルマ「あんた達ー、ご飯よー」

――――――

ベジータ(な、ま、まずい!!)

ヤムチャ「む、無傷だと…?」ガクガクブルブル…

ベジータ(だが…こいつらを今更殺すなど…)

ベジータ(いや、最初から知っていたとしても…俺には…)

ベジータ(〜〜〜クソ!!一か八かだ!!)

ベジータ「ナメック星人!!」

Z戦士「!?」

ヤムチャ「俺は戦わないからな…」ブツブツ

ベジータ「貴様の星が、今危機に晒されている!!」

ピッコロ「なんだと…?」

ベジータ「フリーザという奴が、お前の故郷で虐殺の限りを尽くしている!!」

ピッコロ「…」

クリリン「な、なんだいきなり…」

ベジータ「そしてその星にもドラゴンボールがある…」

ベジータ「ドラゴンボールの為に殺される同士を救いたくば、来るがいい!」

ベジータ「さらばだ!!」ヨタヨタ、カシューン

ビュイーーン…

界王様『今の話は、本当じゃ…』

ゴクウ「界王様!」

クリリン「え、いきなり声が…」

ピッコロ「…」

界王様『だが関わるんじゃない、フリーザにだけは関わっては駄目じゃ』

ゴクウ「そんなに強ぇのか…」

界王様『あぁ、今回ばかりは行っても殺されるだけじゃ』

ゴクウ「…オラ、そう言われるとワクワクしちまうよ!」

界王様『!!』

ゴクウ「それにあいつ…悪い奴じゃねぇ。ああやって言うのは、何かあるんだ」

ゴハン「僕も…ピッコロさんの故郷を救いたいです」

ピッコロ「ゴ、ゴハン…」

クリリン「今回、大分助けられちまったし…」

テンシンハン「行くんだろ?どうせ」

ヤムチャ「俺に敵は居ないぜ!」

ピッコロ「…お前ら」

チャオズ「行きましょう!皆で!」

ゴクウ「そうと決まれば早速修行すんぞー!」

Z戦士「オー!」

界王様『なんという事じゃ…』

――――――――

ベジータ「カカロットは、来るだろうか…」

ベジータ「例え来なくても、フリーザもセルもブゥも…」

ベジータ「例え歴史が変わっても、地球は、あいつらは俺が守る…!」

ベジータ「…少し、眠るか」

ベジータ「どうすれば…いいんだ…」

―――――――

ベジータ「…?」

ベジータ「夢?なのか…」

シェンロン「さぁ、願いごとをあと一つ言うがいい」

ベジータ「!?シェンロンがなぜ…」

ベジータ「は、そういえば…」

――――――――

―――――――

トランクス「ねぇ、なんでテンシンハンさんと仲悪いの?」

ベジータ「なに?それはだな…昔、色々とあってな」

トランクス「ふーん…色々って、どっちが悪いの?」

ベジータ「そ、それはお前には関係ない事だ!」

トランクス「ちぇ、怒らなくたっていいじゃん…」テッテッテ…

ベジータ「…」

ベジータ「俺は、あいつらと仲間なんだろうか…」

ベジータ「ピッコロにも、ヤムチャにも、テンシンハンにも、チャオズにも…」

ベジータ「ゴハンにすら酷い事をした…」

ベジータ「ブルマ!ドラゴンレーダーはどこだ!」

ブルマ「なーにー?どうしたのよいきなりー」

ベジータ「いでよシェンロン、そして願いを叶えたまえ」シュゴォォオオ!

シェンロン「どんな願いでも二つ、叶えてやろう…」

ベジータ「…俺と、地球を一緒に守ってきたあいつらと」

ベジータ「本当に仲間なのか…教えてくれ」

―――――――――

ベジータ「そうか…思い出した…」

そしてシェンロンは願いを叶えてくれた。
この心にあるもの、それが答えだろう…

ベジータ「あと一つの願いは―――」

シェンロン「願いは叶えた…さらばだ」

シューン…

―――三日後

テンシンハン「…」

チャオズ「ほら天さん、食べようよ」

ヤムチャ「そうだぜ、せっかくのパーティーだ」

ベジータ「今日はよく来たな!俺のオコノミヤキを食いやがれー!」

ゴクウ「うめぇーなー、オコノミヤキってやつ」

ゴハン「それにしても、意外ですねー」

クリリン「まさかベジータがパーティーなんてな…」

ピッコロ「いったい何を考えてるんだか…あ、俺は水だけでいい…」

テンシンハン「…確かに美味い」

チャオズ「楽しいねー天さん」

ヤムチャ「ろうがふうふうけん!はーっはっは!」

ベジータ(感謝なんざ柄ではないからしないが)

ベジータ(この星、この場所、そしてこいつらは)

ベジータ(これからもこいつらと共に俺が守る!)

ベジータ「ハーッハッハッハ!」

―――完 

ベジータ「…ナメック星、か」

ベジータ「二度と来る事はないと思っていたが…」

ベジータ「ふん…嫌な思い出しかないな、ここは」

ベジータ「さて、それはそうと俺が着いたという事は、奴らも来る筈だ」

ベジータ「…ちょっと見にいってみるか」

シューン…

ベジータ「ん?…あれはフリーザ一味…」

ベジータ「…もう恐れることはない、無視するか」

フリーザの部下1「うわ!」ボン!

部下2「ぎゃ!」ボン!

部下3「おあ!」ボン!

ベジータ「ん?どうしたんだ?」

ザーボン「どうした、お前達…うわ!」ボン!

部下1「い、いきなりスカウターが…」

部下2「一瞬、とんでもない数字を記録しました」

ザーボン「…どういう事だ?フリーザ様の機嫌でも悪いか?」

ベジータ「…ちょっと気をつけて行くか」

フリーザ「ザーボンさん!」

ザーボン「フリーザ様がお呼びだ。この件は後にする」

部下「「「はい!」」」

ザーボン「いかが致しました、フリーザ様」

フリーザ「ベジータが…帰ってきてるみたいですが」

ザーボン「は、それが姿を見た者はいません」

フリーザ「そうですか…まぁ、いいでしょう」

ザーボン(やはり、機嫌が悪いかもしれないな)

ベジータ「よし、大体この辺りか」

ベジータ「…」

ベジータ「まだか…」

ベジータ「歴史が変わってるかもしれないからな…」

ベジータ「…」

ベジータ「…クックック」

ベジータ「おっと、いかんいかん…」

ベジータ「そういえば…」

ベジータ「来ないかもしれないんだな…」

ベジータ「いや、もうちょっと待つか」

ベジータ「大丈夫だ、あいつらなら来る」

ベジータ「馬鹿みたいに人がいいからな…」

ベジータ「…大丈夫だ」

シューン…

ベジータ「!!あ、あれか!?」

ベジータ「ク、クリリンか!?」

ベジータ「それとゴハン!」

ベジータ「よし、待っていた!待っていたぞ!ハーッハッハッハ!!」

ベジータ「…あ、あれは!?」

ベジータ「ブルマか!!」

ベジータ「あの時のままではないか…!!」

ベジータ「ブルマ…ブルマ…待っていろよ…」

ベジータ「俺と、カカロットと、ピッコロにクリリン、ゴハンが…」

ベジータ「フリーザを倒して…ん?」

ベジータ「テンシンハン、ヤムチャ、チャオズ…」

ベジータ「そ、そうか…生きていれば当たり前か…」

ベジータ「あいつらまでいるのは…正直足手まといになる」

ベジータ「…とりあえず、誰にもばれないように」

ベジータ「奴らをサポートするしかない…」

クリリン「早速ドラゴンボールを探しに行きましょう」

ゴハン「え?フリーザじゃなくてですか?」

テンシンハン「フリーザもドラゴンボールを狙ってるからな」

ヤムチャ「あー、成る程なー」

ピコン、ピコン…

クリリン「あっちだな…よし、行こう」

ゴハン「はい!!」

テンシンハン「久々に腕がなるぜ」

チャオズ「僕も頑張る!」

ヤムチャ「俺はここに残るぜ。ブルマだけ残しては行けないからな」

ベジータ「!!!」

クリリン「分かりました、じゃあお願いします」

ゴハン「じゃあ行ってきます!」

シューン…

ヤムチャ「おー、頑張れよー」

ヤムチャ「…」

ヤムチャ「…やっと、二人きりになれたな。ブルマ」

ブルマ「もう、なによヤムチャったら」

ベジータ(うおおおおおおおお!!!!!)

ベジータ(ヤムチャアアアアアアア!!!!)

ベジータ(セルが現れてからの俺に対して、)

ベジータ(嫌味もなく祝福してくれて)

ベジータ(今までの事を恨まずにいてくれて!)

ベジータ(貴様の事をいい奴だと思ってはいたが!!!)

超2ベジータ(許せん、許せんぞぉおおお!!!!)

ゴゴゴゴゴ…

―――時を同じくして、宇宙…

ゴクウ(!!?)

ピッコロ「どうした、孫」

ゴクウ「どこかで…凄ぇ奴が居る気がする」

ピッコロ「…?何も感じないが」

ゴクウ「んー…気のせいかなぁ…」

ピッコロ「ふん、そんな事はどうでもいい。次は重力を10倍上げるぞ」

ゴクウ「おぅ、分かった!」

―――ナメック星

部下「申し上げます!」

キュイ「…どうした?」

部下「全員の使用していたスカウターが、突然壊れて…」

キュイ「お前達のもか!」

部下「はい!原因は不明ですが…」

キュイ「俺にも分からん…が、取り乱すな!全員予備を使え!」

部下「は!」

―――村付近

フリーザ「!!」ボン!

ドドリア「うお!」ボン!

ザーボン「な、!!」ボン!

フリーザ「…これは」

ザーボン「申し上げます。先程、同じような現象が一部の部下に…」

フリーザ「とてつもなく戦闘能力が高い輩が居るかもしれませんね…」

フリーザ「だが…こんな星でそんな奴が?」

ザーボン「とりあえず、最新式の物をご用意致します」

フリーザ「…ええ、頼みましたよ」

―――また、そこから別の場所

Z戦士「!!!」

ゴハン「い、今のは…」

クリリン「ま、まさか…フリーザって奴の気じゃないよな…」

テンシンハン「手に負える相手じゃない、というのか…?」

チャオズ「天さん、どうしよう!!」

クリリン「ま、まぁ!こうしましょう!」

クリリン「極力戦闘は避け、ドラゴンボールで住民を助ける…という風に」

ゴハン「そ、そうですね…」

Z戦士「…」

―――Z戦士の宇宙船付近

ブルマ「ヤムチャ、ヤムチャ!」

ヤムチャ「…」ブクブク

ブルマ「ちょっと、ヤムチャ!どうしちゃったのよ!?」

ベジータ(…やってしまった)

ベジータ(だがまさか…気を開放しただけで気絶するとは)

ベジータ「とんだ腰抜け野郎だぜ…」

ベジータ(だが、あのヤムチャを見る限り…色々と大丈夫そうだな)

ベジータ「しばらく、大人しくするか…」

――――――

フリーザ「追いなさい!ドドリアさん!!」

ドドリア「うおあああ!!」

ゴハン「うわああああ!!」

クリリン「こ、こっちだ!早く!」

チャオズ「天さん!僕の超能力が効かない!」

クリリン「逃げろぉおおお!!」

テンシンハン「チャオズ!早くしろ!」

チャオズ「天さーん!」

―――――

ベジータ「ん?この気は…」

ベジータ「ドドリアに…チャオズが捕まりそうか!?」

ベジータ(…く、ヤムチャが起きなければブルマが…)

ベジータ「…いや、いざとなった時には超ベジータになれば間に合うか」

ベジータ「待ってろ!チャオズ!」

―――――

テンシンハン「チャオズー!」

テンシンハン「うおおお!くらえ!」ババババ!

テンシンハン×4「はぁ!」ババッ!

テンシンハン×4「太陽拳!!」

ドドリア「グァ…!!」

ゴハン「やった、今のうちに!」

チャオズ「天さん!ありがとう!」

クリリン「おい、あの岩に!」

ドドリア「くっ、何だ今の技は…」

ドドリア「い、居ないだと!?」

クリリン「気を消して、君達も静かにね」

デンデ&カルゴ「はい…」

ドドリア「どこに行きやがったー!出てこい!」

―――ドヒューン!

ゴハン「ん?…あ、あの人は!」

ベジータ「…」

ドドリア「貴様、ベジータじゃねぇか!」

クリリン「あいつ、あの時のサイヤ人!」

テンシンハン「奴も来ていたのか…」

ゴハン「何か、話していますよ?」

ベジータ「ふふふ…気を抑えてここまで来るのは少々大変だったぞ…」

ドドリア「あぁ?何を言っている!お前今までどこに居た!」

ベジータ「ゲス野郎…貴様、生かしてはおけん!!」

ドドリア「ん?やる気か?ベジータごときが…」ピピ

ドドリア「せ、戦闘能力…4万だと!?」

ベジータ(おもいっきり手加減して隠れなければ歴史は変わってしまうからな…面倒だ)

ドドリア「ま、待てベジータ!」

ベジータ「手早く終わらせる必要があるんだ…」

ベジータ「さっさと終わらせてやる!」

ベジータ「ハァ!」

ドドリア「!?」ボン!

ドーン…

ベジータ「汚ぇ花火だぜ…ん?これは違う奴だったか?」

ゴハン「す、凄い…」

クリリン「あいつ、味方なのか?」

テンシンハン「分からん…とりあえず一度戻ろう」

ゴハン「…」

―――宇宙船

ブルマ「みんな!遅かったじゃない!何してたのよ!」

クリリン「ブルマさん、落ち着いて!…俺達も大変だったんだよ」

ブルマ「…とにかく、この馬鹿以外が残るようにしてよ」

ヤムチャ「…」シーン

テンシンハン「どうしたんだ?ヤムチャは…」

ブルマ「知らないわよ!いきなりぶっ倒れたんだから!」

ベジータ「…」

ベジータ(さて、どうする)

ベジータ(あんまり手を貸しても駄目だ…)

ベジータ(歴史通り行くなら、ゴハンも何度も半殺しにしなくては…)

ベジータ(あと…最長老とかいう奴)

ベジータ(あいつにも合わせなければ…)

ベジータ「…ん?」

部下1「ここらへんで見慣れない宇宙船があるとの報告だ」

部下2「気をつけろ、得体の知れない輩だ」

ベジータ「あいつらは…フリーザの…」

ベジータ(1、2…4人だと!?)

ベジータ(…いや、戦わせてみるか)

部下1「おい!あれだ!」

ゴハン「クリリンさん、誰か来ました!」

クリリン「何だって!?」

テンシンハン「中に入ってるんだ」

デンデ&カルゴ「はい…」タッタッタ

クリリン「ブルマさんも!」

ブルマ「もう入ってるわよ!」

部下1「貴様等…何者だ?」

ヤムチャ「さぁな、答える義務は無ぇよ」

部下2「なんだと貴様!フリーザ様に刃向かう気か!?」

クリリン「やはりフリーザの部下か…クソ!」

ヤムチャ「くらえええ!!ろうがふうふうけん!」ババッ

部下1「な、速…いや、見える!」

部下1「ハァア!」ガガガ!

ヤムチャ「なに!防いだだと!」

ヤムチャ「やるな、だがこれでどうだ!」

ヤムチャ「繰気弾!」

ヤムチャ「ハァアアアア!」

部下1「隙だらけ…今だ!」

クリリン「危ない!隙だらけのヤムチャさんを助けるんだ!」

部下2「おっと、貴様は俺が相手だ」

クリリン「…!!」

部下3「ガキが…ぶっ殺してやる」

ゴハン「かかってこい!お前なんかに負けないぞ!」

部下4「ふふふ…」

テンシンハン「貴様、よくも!!」

チャオズ「…」ピクピク

クリリン「せりゃああ!!!」バッ

部下2「ふん!」ガッ

クリリン「ほ!は!」ガガ!

部下2「ぬ、ぐぅ」

クリリン「今だ!かめはめ波ー!」

カッ

クリリン「ハァ、ハァ…皆は!?」

部下3「ぐぇあ…」ドサ

部下4「…カハ」ドサ

ヤムチャ「ぬぐ…」ドサ

クリリン「皆無事か…」

部下1「な、なんだと!?」

部下1「お、覚えていろ!!」ドヒューン!

ゴハン「あ、逃げた!」

テンシンハン「追い掛けるのは危険だな…」

クリリン「クソ…フリーザに居場所がばれたかもしれない…」

部下1「あいつら…殺してやる」シューン

カッ!

部下1「あが!」

ベジータ「これでよし…」

ベジータ(ヤムチャに、チャオズか)

ベジータ(それに詰めも甘い)

ベジータ(早めに鍛える必要があるな…)

ベジータ「死者を出さない為にも」

ベジータ「多少の干渉はやむを得んな…」

ベジータ「…そういえば、ちょうどいい奴が居るな…」

ベジータ「…よし、やるか」ドヒューン

―――――

フリーザ「ドドリアさんが帰って来ませんね」

ザーボン「ドドリアの事です。どこか寄り道をしているのでしょう」

フリーザ「…まぁいいでしょう。次の村に行きますよ」

ザーボン「は!」

フリーザ(あの、スカウターの件…)

フリーザ(もし、ドドリアさんがそいつに始末されていたとしたら…)

フリーザ(早めにあの部隊を呼ぶべきか…)

―――――

ベジータ「よし、準備は出来たな」

ベジータ「…」

ベジータ「…あーゴホン」

ベジータ「ふぅ…落ち着け」

ベジータ「俺はサイヤ人の王子だ。何を恐れる…」

ベジータ「…よし、行く。行くぞ…」

ベジータ「お、おい!!お前ら!!」

クリリン「クソ!今度は誰だ…あれ?」

ゴハン「あ、貴方は…」

テンシンハン「あのサイヤ人か」

ヤムチャ「…」ピクピク

チャオズ「…」ピクピク

ベジータ「お前らに手土産をもってきたぞ!ふん!」

クリリン「手土産?」

ベジータ「そうだ!受け取れ!」ドサ

キュイ「…」

ゴハン「これは…フリーザの部下ですか?」

ベジータ「あぁ、そうだ!」

ベジータ「この星で生きぬく為にも、そいつぐらい倒してもらわなければ困る!」

テンシンハン「お前…俺達の味方なのか?」

ベジータ「なな、何を抜かす!そ、そんなわけないだろう!」

クリリン(…この人は何者なんだ?)

ベジータ「おい、起きろお前ら!」

ヤムチャ「う…ん?」

チャオズ「あ…」

ベジータ「修行の時間だぞ!起きやがれ!」

クリリン(…とりあえずゴクウ達が来るまで、従ってみよう)

ブルマ「ちょっと、今度はなーにー?」

ベジータ「…あ」

ブルマ「!!ちょっと!この人は!?敵じゃないの!?」

ベジータ(ブブブ、ブルマ!!!)

クリリン「とりあえず、大丈夫かと…」

ベジータ(わ、若い…!)

ブルマ「そ、そうなの…?よろしくね…」

ベジータ「!!ふ、ふん!仲間だと言った覚えはないが面倒見てやる!」

ベジータ「貴様等がそいつを倒すまではここにいてやろう!」

クリリン「え、ええ!!?」

ゴハン「…」

ヤムチャ「…え、なに?」

界王様「とうとうZ戦士と接触したベジータ」

界王様「連れてこられたキュイの運命は果たして…」

界王様「そしてフリーザ達を止める事が出来るのであろうか…」

界王様「次回、『一気にギニュー特戦帯まで』」

界王様「ゴクウ、早く来てくれ〜」

キュイ「すまなかった、許してくれ!」

ヤムチャ「今更何を言う!」

キュイ「う、うわああああ!!」

ヤムチャ「逃がすか!繰気弾!」ボン!

キュイ「やめてくれぇえええ!」

ヤムチャ「くらえ!」バババッ

キュイ「グァア!」バキ!ボコ!

ヤムチャ「しん!ろうがふうふうけん!」シュビビビ!

キュイ「グァアアアア…!」ドサ…

ゴハン「す、凄い…」

クリリン「流石ヤムチャさんだ!」

テンシンハン「もうライバルだなんて言えないな」

チャオズ「ヤムさん!凄い!」

ベジータ「…ふ、お前だけは認めよう」

ブルマ「ヤムチャ、見直したわよ」

ヤムチャ「ハーッハッハ!これぐらい朝飯前さ!!」

ヤムチャ「ハーッハッハ!」

―――――

ヤムチャ「はは…は」ピクピク

キュイ「弱すぎる…次は誰だ?」

クリリン「くそ…こいつ、桁外れに強い…!」

チャオズ「ヤムチャ、役立たず!」

テンシンハン「一人でいっても駄目だ。全員でいこう」

ゴハン(こいつ…地球を出る前の、お父さん並に強い…!)

テンシンハン「太陽拳!」

キュイ「な…!?」

クリリン「今だ…!ゴハン!!」シュビ!

ゴハン「はい!」シュビ!

クリリン&ゴハン「ハアアアア!!」

キュイ「…く、くらうか!!」

チャオズ「……!!」ピキィ!

キュイ「!?」

キュイ(身体が…!一瞬…くそ、攻撃が…!)

クリリン「ハァ!」ドム!
ゴハン「ドリャ!」バキ

キュイ「うぐ…!」

テンシンハン「よし!離れろ!」

テンシンハン「気攻砲!」

ドーン…

クリリン「どうだ!?」

モクモク…

キュイ「クソが、ただでは済まんぞ…」

Z戦士「!!」

ベジータ「やはり…これではフリーザなど」

ベジータ「とても倒せない」

ベジータ「…いや、一瞬で殺されるな」

ベジータ「こいつらには、強くなってもらわなければ」

ブルマ「なーにぶつぶつ言ってんのよ!」

ベジータ「…!お、お前には関係ないだろう!!」

ブルマ「あら、初対面なのに随分と失礼じゃない」

ベジータ「わ、悪かったな…」

ブルマ「大体どういうつもり?フリーザだっけ?そいつの部下を連れて来て」

ベジータ「ふん、あいつらを鍛えようと思ってな」

ブルマ「…どういうつもりか知らないけど、あんまり厄介事に巻き込まないでよね」

ベジータ「な、なんだと!俺はあいつらの為を思って…」

ブルマ「誰の為だか知らないけど!!」

ベジータ「!!」ビクッ!

ブルマ「…あんたは知らないだろうけど、ヤムチャだってそれなりの覚悟をいつも持ってるの」

ベジータ「…」

ブルマ「弱っちいけど、地球を守るんだ、仲間を助けるんだって…」

ブルマ「心配する方の身にもなってよね…」

ベジータ「…」

ブルマ「今回の事で、ヤムチャになんかあったら承知しないんだからね!」スタスタスタ…

ベジータ「…ブルマ」

キュイ「クソ、クソが!」

キュイ(何故、こんな事になった…)

キュイ(俺が一体、何をした!!)

―――――

キュイ「ドドリア様が失踪、それに謎の異星人…」

キュイ「そして…ベジータの行方不明か…」

ベジータ「俺が、どうしたって?」

キュイ「ベ、ベジータ!?」

ベジータ「久しぶりだな…キュイ」

キュイ「貴様、今までどこに居た!」

ベジータ「どうだっていいだろう…」

キュイ「おい、誰か来い!!」

ベジータ「宇宙船に居る奴は全員始末した」

キュイ「な、お、応答せよ!応答せよ!」

ベジータ「すまんな、通信機も壊したんだ」

キュイ(いつの間に…!)

キュイ「なめるな!貴様の戦闘能力は俺と同じ…」ピピ…ボン!

キュイ「…な、なんだと?」

ベジータ「気は済んだか?」

ガシ!

キュイ「…ぐ、や、やめ…」

ベジータ「ふん、貴様を殺してもドドリア同様汚い花火にしかならん」

ベジータ「ついてこい。生きたければ俺に従え」

キュイ「クソ…」

―――――

キュイ「こんなクズどもを鍛える為に、この俺様が…」

キュイ「ふざけるな、ふざけるなよ…!!」

ベジータ「おい、貴様!!」

キュイ「!!」

ベジータ「…」ザッザッザッ

ゴハン「ベ、ベジータさん…」

クリリン「なんか…怒ってる?」

ベジータ「…」ザッ…

ヤムチャ「…」ピクピク

ベジータ「…チッ」ガシ

ベジータ「おい…こいつらを強くする為にもっと上手く戦え」

ベジータ「出来ないのなら、今すぐ消したっていいんだぜ…」

キュイ「あ…う、わ、分かった…」

ベジータ「ふん…」ザッザッザッ…

ベジータ「おい!お前ら!!明後日までにこいつを倒せ!分かったな!!」

クリリン「なんか機嫌がわるいみたいだな…」

チャオズ「天さん、怖い」

ベジータ「…」ザッザッザッ

ベジータ「…おい、ブルマ!」

ブルマ「なによ!あんたに呼び捨てされる覚えはないわよ!」

ベジータ「ふん…ヤムチャをベットに寝かせといた」

ブルマ「え…?」

ベジータ「仙豆も無いんだろう、看病してやれ。俺は寝る」

ブルマ「…分かったわ」

ベジータ「…」ザッザッザッ…

キュイ「ハハハ…それで精一杯か?」

ゴハン「ハァ、ハァ、クソ…」

ベジータ「…」ザッザッザッ…

クリリン「あ、また来た…」

トン!

キュイ「…!?」ドサ…

ベジータ「今日は終わりだ。明日に備えろ」

ゴハン「は、はい…」

テンシンハン「チャオズ、大丈夫か?」

チャオズ「ん、あれ?て、天さん…?」

ベジータ「…」ドサ

ベジータ(クソッタレが…)

ベジータ(胸糞悪いぜ…)

ベジータ(何故、この俺が…)

ベジータ(家族だの仲間だので悩まなければならんのだ)

ベジータ(…トランクス)

ベジータ(俺は…どうすれば…)

―――――

ベジータ「おい!さっさと起きやがれ!!」

ゴハン「ん…ふわぁ…」

クリリン「なんだ…もう朝か…」

ベジータ「飯を食ったらさっさと修行だ!早くしやがれ!」

ヤムチャ「ふわぁ…」

ベジータ(こいつ…!!)

ベジータ「お前もだ!ほらさっさとしろ!」ゲシゲシ

ヤムチャ「わ、なんだよ!?分かった、分かった!」

キュイ「…」

ベジータ「よし、全員準備が出来たな」

ベジータ「では、始めろ…ん?」

ゴゴゴゴゴ…

ベジータ「あれは…?ギニュー?いや、違うな…」

クリリン「あ、あれはブリーフ博士の!!」

ゴハン「お、お父さん!!」

ベジータ「なに!?もう着いただと!?」

ゴゴゴゴゴ…プシュー…

ウィーン…

ゴクウ「ふー、やっと着いたか」

ピッコロ「これが…ナメック星か…」

クリリン「おーい、ゴクウー!!」

ゴクウ「お、クリリンじゃねぇか!おめぇちっと強くなったな」

クリリン「ハハハ、お前ほどじゃねぇさ」

ゴハン「お父さん!ピッコロさん!」

ピッコロ「ゴハン…久しぶりだな」

ゴクウ「おー、ゴハン!おめぇも強くなってんなぁ!」

ゴハン「エヘヘ…」

ゴクウ「で、調子はどうだ?」

クリリン「あぁ、まぁまぁだよ」

ベジータ「カ、カカロット!」

ゴクウ「!!おめぇは、あの時の!!」

ピッコロ「…貴様、やる気か?」

クリリン「ま、待ってくれ!今は敵じゃないんだ」

ピッコロ「どういう事だ…?」

テンシンハン「俺達に修行をつけてくれてたんだ。…理由は分からんがな」

ベジータ「な、仲間だと言った覚えはない!ふん!」

ゴクウ「そうか、とにかくありがとうな!」

ベジータ「!?」

ベジータ「か、構わんでいいぞ…ふ、ふふふ…」

ピッコロ「おい、ところでドラゴンボールはどうした?」

ベジータ(!?しまった…すっかりドラゴンボールの事を忘れていた…)

クリリン「レーダーでちょっと見てみよう…」

ゴクウ「なんだー、まだ一個も持ってねぇのか」

テンシンハン「俺達も昨日着いたばかりだからな…」

ベジータ(歴史通りなら俺が色々してた筈だ…)

クリリン「…ん?」

ベジータ(…)ドキドキ

クリリン「六つは一箇所に、あと一つは別の場所だな…」

ベジータ「な、なにぃー!!?」

ベジータ「ちょっと寄越せ!」

クリリン「うわっと!」

ベジータ「この位置…残り一つは…」

ベジータ「最長老、か…」

テンシンハン「おい、どうしたんだ?」

ベジータ「…ふん、いい機会だ」シュビ、トン!

キュイ「…がぁ!」バタ…

ベジータ「おい、お前等!残り一つのドラゴンボールを取りに行くぞ!」

クリリン「そうか、フリーザにドラゴンボールを取られたら…」

テンシンハン「この星は用済み、という事か」

ベジータ「そういう事だ…分かったらさっさと行くぞ!」

デンデ「あ、あの!」

ベジータ「ん?なんだ、何か用か?」

デンデ「ぼ、僕もお役に立ちたいです!連れていって下さい!」

ピッコロ(あいつは…俺と同じ…)

ベジータ「ふん、じゃあついてこい」

デンデ「ありがとうございます!」

―――――
シューン…

ベジータ「もうそろそろ、だな」

ゴクウ「…でけぇ気を二つ感じる!」

テンシンハン「あれは…ナメック星人と…誰だ?」

ピッコロ「…」

ザーボン「貴様、この俺に本気を出させるとは…」

ネイル「ふん、地獄に行く準備をしておくんだな」

デンデ「あれは…ネイルさんです!」

クリリン「デンデ、知っているのか?」

デンデ「はい!お願いです、助けて下さい!」

ゴクウ「よし、任せろ!それにしても悪もんと戦うのは久しぶりだなぁ」

ドシューン!スタ!

ネイル「ん?誰だ!?」

ザーボン「貴様は、ベジータ!!」

ベジータ「ふん、ザーボン久しぶりだな」

ベジータ「貴様もここで終わりだな…」

ザーボン「何を抜かす!ベジータごときが!」

ザーボン「貴様等の戦闘能力、たかが知れてるぞ!」

ザーボン「5000、5000、4522、3813、3987、2006、1987…」

ザーボン「そしてベジータ…な、90000!?」

ベジータ「おっと」

ザーボン「ん?55000…?」

ベジータ「難しいな…」

ザーボン「くそ…!壊れてやがる!」

ベジータ「ふ、どうだっていい…」

ピッコロ「おい、もうやってもいいのか?」

ネイル「待て、手出しはやめてもらおう」

ゴクウ「…おめぇ、かなり強ぇな」

ヤムチャ「あぁ、俺には分かるぜ」

ネイル「ナメック星人唯一の、戦闘型だからな。フリーザ一味には負けん」

ピッコロ「…では見せてもらおう」

ザーボン「おのれ…なめやがって…」

ネイル「行くぞ」シュバ!

ザーボン「…!」サッ

ネイル「甘い!」グーン

ザーボン「な、伸びて…」

バキャ!ズザザザー…

ネイル「もらった!ハァ!」

ザーボン「カァ!!」カッ!

ネイル「!!」

ドーン…

ネイル「そんなものか…」プスプス

ザーボン「…クッ」

ネイル「本気を出させてもらう…」

ピピ!

ザーボン「戦闘能力が上がった!?」

ザーボン「42000だと…」

ザーボン(もし、仮にこいつを倒せたとしても…)

ザーボン(もはやキュイレベルを相手にする体力すら残ってはいないだろう…)

ザーボン(…)チラッ

ピピ

ザーボン(ベジータ、65000!?)

ザーボン(やはり故障か?)

ザーボン「…カァ!」カッ!

ベジータ「!!」

ドーン…

ヤムチャ「ベ、ベジータアアアア!」

ヤムチャ「よくもベジータを!許さん!」

ヤムチャ「くらえ、繰気弾!」

ザーボン「ベジータ…やはり貴様…」

ベジータ「…ふん、貴様はここで死ぬ。バレても構わん」

ヤムチャ「そりゃあ!」ガス!ガス!

ザーボン「…ち、ちくしょう!」

ザーボン「ちくしょうー!!」ドシューン!

ヤムチャ「俺の繰気弾から逃げる気だな!逃がさん!」バババ!

ネイル「忘れてもらっては困る」シュバ!

ザーボン「グ!しまっ…」

ネイル「死ねぇええい!」カッ!

ドーン…

ヤムチャ「な…俺の繰気弾で爆発した!?」

ネイル「…よし」

ピッコロ「やるな…」

デンデ「ネイルさーん!」シューン

ネイル「デンデ!?無事だったのか!!」

デンデ「はい!あの人達に助けてもらいました!カルゴも無事です!」

ネイル「そうか…」

シューン スタ

ネイル「…中で話を聞こう」

ゴクウ「お、いいのか?わりぃーな」

ネイル「…!お前は、龍族か」

ピッコロ「…なんだと?」

ネイル「とにかく、最長老に会うがいい」

ネイル「この方が最長老だ」

ネイル「最長老…」

最長老「ネイル、よい…そちらの方、こちらへ」

ゴクウ「オラか?ここでいいか?」

最長老「…」スッ

ゴクウ「…」

最長老(ん?)

最長老(修行してた記憶しか流れてきませんね…)

最長老「ありがとうございます…そちらの方、こちらへ」

ゴクウ「え?オラはいいのか?」

ゴハン「どうぞ」ドキドキ

最長老「…」スッ

最長老(ふむ…)

最長老(…見た感じでは、どうやらこの子も全てを)

最長老(いや、全てを知っているのはおそらくあの方一人…)

最長老「…ありがとうございました。そこの方、こちらへ…」

ベジータ「…」

ヤムチャ「おいおい、どうした?大丈夫かよこの爺さん」

ネイル「…おい!貴様!」

ヤムチャ「わ、悪かったよ!謝る!謝るよ!」

最長老「…」スッ

ベジータ「…」

最長老「こ、これは…」

最長老(――――)

最長老「ベジータさん…」

ベジータ「…」

最長老「貴方の事が、全て分かりました」

最長老「貴方の置かれている状況、過去、そして…」

ベジータ「…ふん、余計な事は言わなくていい」

最長老「…頑張って下さい」

ベジータ「…すまなかったな」

最長老「私達は、貴方に何もされてはいません」

ベジータ「…」

最長老「ドラゴンボールを、どうぞ持っていって下さい」

クリリン「い、いいんですか?」

最長老「もちろんです。あと、ネイル」

ネイル「はい」

最長老「この方達について行きなさい」

ネイル「!?し、しかしそれでは最長老をお守りする事が…」

最長老「いいのです。どのみちフリーザは私を殺すことは出来ません」

ゴクウ「ありがとうな!最長老!」

最長老「いえいえ…それと、貴方達の中にある潜在能力…」

最長老「引き出してあげましょう。まぁ、きっかけみたいなものですが」

―――――

フリーザ「今、なんと言いました?」

部下「は、はい!ザーボン様が…おそらく、死んだかと…」

部下「そして、ザーボン様が死んだと思われる場所に、ナメック星人が一人…」

部下「そして複数の異星人の中に、ベジータの姿が確認されました」

フリーザ(なんだと…?)

フリーザ「ドラゴンボールはどうしたのですか!?」

部下「いえ…それが…」

フリーザ「…ギニュー特戦隊を呼びなさい、今すぐです!!」

部下「…は!」

フリーザ(ここに来てベジータとは…)

フリーザ(しかも複数人とはいえザーボンさんを葬るほどの実力…)

フリーザ(そして得体の知れない、戦闘能力が高い人物も一人…)

フリーザ(くそ…面白くない…)

―――――
ヤムチャ「嘘みたいだ…体の奥底から力が湧いてくるぜ!」

最長老「それではネイル、頼みましたよ」

ネイル「分かりました」

最長老「ピッコロさん、お元気で」

ピッコロ「…あぁ、礼を言う」

ベジータ「よし、じゃあ行くぞ」

デンデ「最長老!また必ず会いに来ます!」

ドシューン…

最長老「デンデ…頑張るのですよ…」

ドシューン スタ

クリリン「ふぅ、あっという間に帰ってきたな」

キュイ「…」ピクピク

クリリン「…今ならこいつを倒せそうだな」

ベジータ「なら、試してみるか?」

クリリン「へ?」

ベジータ「おい、起きろ!」ドカ

キュイ「う…あ?」

ベジータ「おい、デンデ」

デンデ「なんでしょう?」

ベジータ「貴様の能力で、こいつが戦えなくなる度に治してやれ」

デンデ(…僕の能力を知っている?)

ベジータ「よし!お前らはこいつと修行再開だ!」

キュイ「…ち、クソが…いつか殺してやる…」

クリリン「よし!行くぞ!」

クリリン「どりゃああ!」ドカ!

―――――

ベジータ「ふぅ…おい、カカロット、ピッコロ」

ゴクウ「なんだ?」

ピッコロ「…」

ベジータ「お前ら二人はこの俺が修行をつけてやる」

ゴクウ「お、やるか?オラ前とはくらべものになんねーぞ」

ピッコロ「貴様、どういうつもりだ…」

ベジータ「ふん、フリーザをこのままにしておくのが気に入らんだけだ」

ベジータ「お前らにも手伝ってもらう」

ゴクウ「はは、オラは戦えればなんでもだっていいけどな」

ピッコロ「…」

ベジータ(ククク…我ながら名演技だな)

ベジータ「行くぞ!カカロット!」

ゴクウ「来い!ベジータ!」

ピッコロ「…」

ネイル「信用出来んか?」

ピッコロ「…」

ネイル「どうあれ、最長老が認めた奴だ」

ネイル「悪い奴ではあるまい」

ピッコロ「…」

―――――

キュイ「…グハ!」

キュイ(あのハゲにも、チビにも三つ目にも一対一で負けて…)

キュイ「お前らにまで、負けてたまるかぁ!!」

ヤムチャ「チャオズ!」

チャオズ「はい!」ピキィ!

キュイ「ぐ、身体が…」

ヤムチャ「うおおおお!とどめだ!ろうがふうふうけん!」バキャ!ドガ!

キュイ「ぐわ…あ…」ドサ…

ヤムチャ「…やったぜ、チャオズ!」

チャオズ「僕のおかげだな!えっへん!」

ベジータ「強くなったな」

ゴクウ「ぶはぁー!おめぇ…すげぇ強ぇなぁ…」

ピッコロ「こいつ…化け物か…」

ベジータ「ふん、もっと修行しろ。でなければ困るからな」

ゴクウ「…宇宙船の中でも死にかけるくらい修行したんだけどなぁ」

ピッコロ「まだ修行が足りんというわけか…」

ベジータ(カカロットは、確かに強くなった)

ベジータ(あと一回死にかければ、超サイヤ人にもなれるかもしれん)

ベジータ(問題はピッコロ…)

ベジータ(確かに強くなったが…)

ベジータ(フリーザと戦えるほどではないな…)

ベジータ(だが、歴史通りで行くならば一回変身した後のフリーザと互角だった筈)

ベジータ(…何が足りん…俺には、分からん)

ヤムチャ「おーい!もういい時間だ!いったん休もうぜ!!」

ゴクウ「お、メシの時間か?へへ、仙豆食ったから腹は減ってないんだけどな」

ベジータ「…考えても仕方がない、先の事をやるか…」

ベジータ「ブルマ、トランクス…」

ベジータ「待ってろ、必ずまた三人で…」

ブルマ「ん?呼んだ?」

ベジータ「!!い、いつの間にそこに居た!呼んでなどいない、気のせいだ!」

―――――

部下「申し上げます」

フリーザ「言ってごらんなさい」

部下「ギニュー特戦隊、あと7時間で到着の予定です」

フリーザ「そうですか…もう下がっていいですよ」

部下「は!失礼します!」

フリーザ「…これでもし、もしも駄目だとしたら…」

フリーザ「私が動かざるを得ないでしょうね…」

―――――

クリリン「ふわぁー…よく寝た」

ゴクウ「…」

クリリン「ん?ゴクウどうした?」

ゴクウ「でかい気が、五つ…こっちに向かって来てっぞ」

クリリン「…え?」

ピッコロ「…」バッ

クリリン「…ピッコロ」

ピッコロ「…早く、全員連れてくるんだ」

クリリン「あぁ、分かった!」バッ…

ドシューン スタ

ギニュー「…」

リクーム「…」

バータ「…」

ジース「…」

グルド「…」

ゴクウ「なんだ、おめぇら!」

リクーム「リクーム!」バーン!

バータ「バータ!」バーン!

ジース「ジース!」バーン!

グルド「グルド!」バーン!

ギニュー「ギニュー!」バーン!

ギニュー特戦隊「みんな揃って!ギニューtヤムチャ「敵はどこだ!」バッ

ギニュー特戦隊「…」シーン…

ヤムチャ「…え?なに?」

ギニュー特戦隊「…」

リクーム「リクーム!」バーン!

バータ「バータ!」バーン!

ジース「ジース!」バーン!

グルド「グルド!」バーン!

ギニュー「ギニュー!」バーン!

ギニュー特戦隊「みんな揃って!ギニュー特戦隊!」

Z戦士「…」

ヤムチャ「…牛乳…え?」

ギニュー「俺、あいつな」

バータ「また隊長がいいとこ取りですか」

ギニュー「まぁまぁ…まだいっぱい居るじゃないか」

リクーム「ククク…それもそうだ」

ゴクウ「おい!おめぇらの目的はなんだ!」

ギニュー「ドラゴンボール。持っているのだろう?」

ゴクウ「!?」

ギニュー「ザーボンを倒したのもお前らだな…」

ギニュー「これだけ戦闘能力を持った者が集まっていたからな…見つけるのは簡単だったぞ」

ギニュー「今頃、フリーザ様もナメック星人の最長老のところに向かわれている筈だ」

ネイル「な、なんだと!?」

ピッコロ「おい、その話は本当か?」

ジース「さぁな…ククク、お前らにそこまで言う義理はないな」

ネイル「くそ!」ドシューン!

バータ「逃がすものか!…っと!」ヒュン

ベジータ「ふん、貴様等の敵は俺達だ」

バータ「ベジータ、貴様!」

ベジータ「カカロット!行け!あいつを無駄死にさせるな!」

ゴクウ「!分かった、ここは任せた!」ドシューン!

ギニュー「馬鹿め、あいつ一人を行かせたところでどうなる?」

ベジータ「さぁな…お前らの知ることではない」

テンシンハン「そうだ、お前等は俺達が相手だ」

グルド「笑わせるな、俺達を誰だと思っている」

ヤムチャ「ふん、牛乳特濃隊だかなんだか知らんが、さっさとかかってこい!」

ジース「…隊長」

ギニュー「…あぁ、早めに始末する」

デンデ「…」ソロリ、ソロリ

デンデ「…僕も、最長老様のところへ!」

デンデ「早く、行かなきゃ!」

シューン

ピッコロ「ハァアア!!!」シュゴーシュイシュイシュイシュイ

ギニュー特戦隊「!?」ピピ

ギニュー「10万、か…予定変更だ。こいつは俺がやる」

ピッコロ「やれるもんならな…」

ヤムチャ「ハァアア!!」シュゴーシュイシュイシュイシュイ

ギニュー特戦隊「!?」ピピ

リクーム「戦闘能力1…いや、9990…俺がいただいてもいいか?」

ヤムチャ「やれるもんならな…」

バータ「いや、俺が」

グルド「おい、待てよ」

ジース「ここはじゃんけんだ」

「「「「じゃんけん、ぽん」」」」

リクーム「くそ、また負けた」

バータ「仕方がない、ちゃっちゃとやれよ」

グルド「俺がやりたかったのに」

ジース「いや、悪いないただくよ」

ドーン!

ヤムチャ「…つべこべ五月蝿くやってる内に、やらせてもらったぜ」

ジース「ククク…さぁ、かかってこい!」

テンシンハン「ふざけた連中だ…俺の相手は誰だ!」

バータ「おい、あいつは俺がいただいてもいいよな!」

リクーム「あぁ…その変わり、俺はチビ二人をいただくぜ」

クリリン「…来るか!」

ゴハン「来い!負けるわけにはいかないんだ!」

グルド「チッ、俺の相手はお前かよ…」

チャオズ「お前なんかに、負けない!」

ギニュー特戦隊「ハァアアアア!!」

Z戦士「ハァアアアア!!」

ヤムチャ「くらえ!ろうがふうふうけん!」

ベジータ(これも修行だ…まだ助けはせん)

ベジータ(それにフリーザの方も気を探っておかねば…)

キュイ(こ、これはいつの間に?あれはギニュー特戦隊ではないか!)コソコソ

―――――

フリーザ「いいでしょう、貴方達二人でかかって来なさい」

ゴクウ(こいつ…底が見えねぇ…)

ゴクウ「…最初から全力でいくぞ」

ネイル「貴様にはこれ以上、何もさせるわけにはいかない」

ネイル「ハァァ…」ゴゴゴゴゴ…

ゴクウ「界王拳!!」ゴゴゴゴゴ…

フリーザ「ほう…」ピピ

フリーザ「戦闘能力42000と、220000ですか…」

フリーザ「まさかギニュー隊長より強い奴が居るとは…恐れいりました」

ゴクウ「行くぞ!でやあああ!」バキャ!!

ネイル「せやぁああ」ドガガガガ!

フリーザ「ふん…しかし」ガガガガガ…

ゴクウ「な!?」

ネイル「なに…?」

フリーザ「残念でしたね…」バキィ!ドガァ!

ゴクウ「っ!」ドッ

ネイル「ぐわぁ!」ドーン!

フリーザ「私の戦闘能力は530000です」

ゴクウ「!!」

ネイル「なんだと…!!」ガラッ

フリーザ「フフフ…恐怖するのも無理はありません」

フリーザ「どうです?お二方、私の下で働きませんか?」

ネイル「ペッ、ヘドが出る」

ゴクウ「あぁ、おめぇ凄ぇ悪もんだな。オラには分かる」

フリーザ「フフフ、そうですか…残念です」

フリーザ「では、二人まとめて…」

フリーザ「片付けてあげます!」

ゴクウ「…来る!」

ネイル「クソ!」

ゴクウ(前より強くなったならイケるはずだ!堪えてくれ!オラの身体!)

ゴクウ「界王拳!15倍だぁ!」シュゴー!

フリーザ「なに!?」

ゴクウ「でやぁ!」バキャアア!

フリーザ「うぐ…」

ヒューン…ガシッ!

フリーザ「な、なんだと!?腕を伸ばして…」

ネイル「まさか俺がサポート役とはな…ゴクウ!頼む!」ブン!

ゴクウ「よし!くらえ!かめはめ波ー!!」バチバチバチ!

ドーン!!

―――――

―――――

グルド「ククク…かかってこい!」

チャオズ「やぁ!」シュビ

ブオン、スカ

チャオズ「あ、あれ?」

グルド「どうした?ほら、こっちだぞ?」

チャオズ「…どどんぱ!」ドーン

ドーン…モクモク

グルド「どこを狙っている?」

チャオズ「!?」

グルド「くらえ!」ババッ!ドガガガガ!

チャオズ「うぅ…!」

ヒューン ドゴーン…

グルド「そんな程度か?」

チャオズ「痛たた…お前、許さない!」ピキィ!

グルド「…ん?ぐあ!な、なんだこれは!!」

チャオズ「…!」

グルド「き、貴様…!!」

チャオズ「くらえ!」ピキィ!ブワ…

グルド「岩が…!サイコキネシスだと?か、身体が…!」

チャオズ「えい!」グオオオ…

グルド「く、くそ…」

グルド「ハァ!」パキィィイン…

グルド「…ふぅ、流石に時を止めれば動けるか」

グルド「まさか、超能力使いだとはな…」

グルド「そろそろ時間が動き始める…フン!」シュビ!

ドゴーン!

チャオズ「あれ、居ない!?」

グルド「超能力が使えるのは、自分一人だとは思うなよ!」ピキィ!ブワ…

チャオズ「!!」

グルド「死ねぇい!」ピキィ!

チャオズ「えい!」ピキィ!

グルド「…押し返す気か!」

チャオズ「むむむむ…!」

グルド「おおおお…!」

ググ…

グルド「…フン!」ピキィ!

チャオズ「か、身体が…!」

グルド「今度こそ死ぬがいい!」ピキィ!ブワ!

グオン…ドゴーン!

チャオズ「う、ぐ…」

グルド「びびらせやがって…ガキが…」

チャオズ「ど、どどんぱ…!」ドーン

グルド「ふん、無駄だ!」シュビ!ドガ!

チャオズ「うぐ…」

グルド「どりゃあ!」バキ!ガッ!

チャオズ「…あ、ぐ」

チャオズ「て、天さん…!」

―――――

バータ「くくく…俺様のスピードについてこられるかな?」

テンシンハン「ふん、さっさとかかってこい!」

バータ「まぁ…そんなに慌てんなよ」シュン

テンシンハン(…い、いつの間に後ろへ!)

テンシンハン「ハァ!」ブン!

バータ「ゆっくり楽しもうぜ…なぁ?」シュン

テンシンハン「は、速い!」

テンシンハン(ま、まさか俺の目でも追えない相手だとは…!)

バータ「さっきの威勢はどうした?来ないならこっちから行くぞ」

テンシンハン「く、クソ!」ドシューン

バータ「遅い!」シュン!バキャ!

テンシンハン「ぐ…!」

バータ「ほらほら!どうした!」シュン!ドガガガガ!

テンシンハン「ハァ!」ブン!ブン!

バータ「ククク…なんだそりゃ、蝿が止まるぜ」

テンシンハン(つ、強い…)

バータ「その目はなんだ、飾りか?」ジロリ…

テンシンハン(…チャンスだ!)

テンシンハン「太陽拳!」カッ…

バータ「な…なに!?」

テンシンハン「…」ババッ!

テンシンハン「…」バババッ!シューン…

テンシンハン「くらえ!気攻砲!」ドーン!

バータ「…!?」

バータ「…効かんな!どうした!そんな程度か!?」

テンシンハン「…」

バータ「ふん、しかも今ので戦闘能力が半分になっている」

テンシンハン「…」

バータ「少々呆気ないが、楽にしてやろう」

テンシンハン「…貴様の弱点は、その自分の実力を過信しているところだ」

バータ「…なに?」

テンシンハン「周りが見えていないな」

ガシィ!

バータ「な…貴様は!?」

テンシンハン「捕まえたぞ…!」

バータ「な、なんだと!?」

テンシンハン「俺は分身する事が出来てな…」

バータ「く、くそ!離せ!」

テンシンハン「そして今度は…本気だ!」シュゴーシュイシュイシュイシュイ

テンシンハン「ハァァァ…」ビリビリ…

バータ「!?」

テンシンハン「くらえ…気攻砲!」

テンシンハン「ハァ!」ドーン!

バータ「…クソ!」

ズドーン…モクモク…

テンシンハン「…どうだ!?」

バータ「残念だったな…」

テンシンハン「なんだと…!」

バータ「フン!」トン!

テンシンハン「グァ…」ヒューン…ドサ

バータ「当たる直前、もう一人の貴様は俺を突き飛ばして回避したが…」

テンシンハン「…く」

バータ「捨て身の覚悟を決めるべきだったな」

バータ「たやすいぞ、あの程度のスピードのものを避けるのは…」

バータ「そしてそこのもう一人の貴様!」

テンシンハン「!!」

バータ「目障りだ!一人に戻ってろ!」シュン

テンシンハン「クソ!」

テンシンハン「太陽拳!」

バータ「そう何度も通用するか!」シュン!

テンシンハン「…!く、くらえ!」

バータ「遅い!」ズドォ!

テンシンハン「…かはぁ」

バータ「ふん!」ガシッブン!

テンシンハン「…!」ヒューン ドサ!

テンシンハン「…」シューン…

バータ「ふん、一人に戻ったか」

テンシンハン「くそぉ…」

バータ「ククク…とどめだ」

―――――

リクーム「さぁ、どっちから来るのかな?おチビちゃん」

クリリン「ゴハン、気をつけろ…こいつ相当強いぞ!」

ゴハン「はい…!」

リクーム「来ないのなら!」ババッ

クリリン「!!」

ゴハン「!!」

リクーム「こっちから!」ババッ

クリリン「…!?」

ゴハン「…!?」

リクーム「行かせてもらうぞ!」ババッ!バーン!

クリリン「…ふざけているのか?」

リクーム「いくぞ!リクームキック!」ドシューン!

クリリン「な、速…」

ゴハン「く、クリリンさん!?」

ドガァ!

リクーム「クックック…」

クリリン「ぐ…」

ゴハン「よ、よくも!!」

ゴハン「ハァアアア!」シュゴーシュイシュイシュイシュイ

リクーム「…ほほう」ピピ

ゴハン「魔閃光!!」ドーン!!

ドガーン!

リクーム「…凄いねー」

ゴハン「な…?」

リクーム「だけど…そんな程度じゃ効かないな」

リクーム「リクームイレイザーガン!」ズドーン!

ゴハン「う…!」

クリリン「ゴハーン!」ドシューン!バキャ!

ゴハン「!!」

ドーン…

リクーム「命拾いしたか…」

ゴハン「クリリンさん、ありがとうございます」

クリリン「ハァ、ハァ…ゴハン、気を抜くんじゃない」

リクーム「もうちょっと遊びたいけど…」

リクーム「手早く終わらせてもらう」ババッ

ゴハン「…来る!」

クリリン「かめはめ波!」ドーン!

リクーム「リクーム…」

スドーン…モクモク

クリリン「…!?ゴハン、避けろ!」

リクーム「マッハアタック!!」ドシューン!

ゴハン「!?」

バキャア!!

クリリン「な、ゴハーン!!」

ゴハン「あ、が…」

リクーム「呆気ないなぁ…次はお前だ」

クリリン「…ハァァァアアアアア!!」シュゴー…バチバチ…

クリリン「許さないぞ!!」

クリリン「どりゃあ!」ドシューン!

リクーム「おう!?」

バキ!ドガ!

クリリン「ハァアアア!」ブン!

ガシィ!

リクーム「…ククク」

クリリン「なに…!」

リクーム「そぉら!」メコォ!

クリリン「ぐほぉあ…」

ゴハン「く、クリリン…さん…」

クリリン「すまない…ゴハン…」

クリリン「ハハ…たったあれだけで…もう、身体が…」

ゴハン「…く、くそぉ!」グググ…

リクーム「ほう、まだ立つのか」

リクーム「じゃあすぐに楽にしてあげまちゅよ」ババッ!

―――――

ジース「さぁ、かかってくるがいい!」

ヤムチャ「余裕だな…後悔するなよ!」

ヤムチャ「ハィイイイイ!」ババッ

ヤムチャ「ハァ!せいやぁ!」ババババッ

ヤムチャ「ワオーン!!!」バーン

ジース「な、このポージング…」

ジース「ただ者ではない!!」

ヤムチャ「しん!ろうがふうふうけん!」ババッ

ジース「来るか!?」

ヤムチャ「ハァ!」ドガ!バキ!

ジース「く、な…」

ジース「これは…!」

ジース(これもポージングの一部なのか…?)

ヤムチャ「そらそらぁ!!」ドガガガガ!ハィイ!

ヤムチャ「更にくらえ!繰気弾!!」

ヤムチャ「ハァアア…!!」ボン!

ジース「…あれは!俺の技と似ている…!」

ヤムチャ「どりゃあ!」ババババッ

ジース「これは…かわすしかない!」ヒュン!ババッ

ヤムチャ「な!?あの繰気弾が…?」

ジース(近くに居ては当たってしまうかもしれん…)

ジース「…ならば!」ドシューン

ヤムチャ「ふん!恐れをなしたか!」

ジース「くらえ!クラッシャーボール!」

ヤムチャ「…なんだと?俺の技に似ている…!」

ジース「ハァ!」ドーン!

ヤムチャ(あれが繰気弾だとしたら…)

ヤムチャ(当たれば…即死!)

ヤムチャ「間に合うか…!?」シュビ!

ズドーン…

ジース「流石に回避出来るか…」

ヤムチャ「ハァ、ハァ…危なかった」

ヤムチャ「あいつが繰気弾を完全にマスターしてたら…」

ヤムチャ「避けられなかった…考えただけでも恐ろしいぜ…」

ヤムチャ「遠くに居ては危ない…となれば!」

ヤムチャ「接近戦!再び狼の餌食にしてくれる!!」ドシューン

ジース「…!!近寄るな!」ドーン!

ヤムチャ「なに!?」

ズドーン…

ヤムチャ「かは…」ヒューン ドサ

ジース「な…ただのエネルギー弾で!?」

ジース「びびらせやがって…とどめを…」

ベジータ「ふん、そこまでだ」シューン

ジース「ベジータか…貴様が居たところでどうなるというのだ」

ベジータ「その台詞は周りをしっかり見てから言うんだな」

リクーム「…」

バータ「…」

グルド「…」

ジース「…な、なんだと!?」

ピピ、ボン

ジース「な、スカウターが…ベ、ベジータァ!」

ベジータ「ふん!」ズドォ…

ジース「…が、あ」ガク…

ベジータ「後はギニューだけだな…」

ピッコロ「ふん、それで全力か?」

ギニュー「ハァ、ハァ…」

ギニュー(こいつ…戦闘能力を自在に変化させるのか…)

ピッコロ「遊びはここまでだ。さっさとケリをつけてやる」ヌギ…ドサァ

ギニュー「!?」ピピ

ギニュー(戦闘能力、160000…!)

ギニュー「…ククク、ふはははは!」

ピッコロ「?何がおかしい」

ベジータ「…」

ギニュー「素晴らしい…素晴らしいぞ!」

ギニュー「ハァ!」ズボ!
ピッコロ「な、なに?自分の身体を…?」

ギニュー「…ぐはぁ…その、身体…もらったぁ!」

ピッコロ「!?」

ギニュー「チェーン…もが!?」

ベジータ「ふん…ワンパターンな野郎だぜ」

ギニュー(ベ、ベジータ!!)

ベジータ「貴様の部下は全員始末した…」

ギニュー(!?)

ベジータ「もう勝負はついたな。貴様も死ぬがいい…」

ギニュー(や、やめ…)

キュイ「待て!ベジータ!!」

ベジータ「…ん?」

キュイ「今すぐ、ギニュー様を離すんだ…」

ベジータ「ふん、何を言っている。貴様も殺されたいのか?」

キュイ「こいつを見てもそう言えるか!?」グイ!

カルゴ「あ、あ…」ガクガク…

ピッコロ「!!き、貴様ァ!!」

ベジータ「…ゲスが!」

キュイ「ドラゴンボールもだ!」

ベジータ「…クソ、俺とした事が…」

キュイ「早く離すんだ!!」

ベジータ「…」バッ

ピッコロ「クソが…」

ギニュー「…ふふふ、キュイよくやった!!」

キュイ「動くなよ、誰も動くんじゃない…」

ゴハン「…」

ゴハン「…でやぁああ!!」

キュイ「なめるな!手負いの貴様に等やられはせん!!」バキャ!

ゴハン「あが…!」ズザザザー

ゴハン「う…」ピクピク

キュイ「ふん、打ち所が悪かったか…」

ピッコロ「ゴハン!!貴様ァ、絶対に許さんぞぉ!!」

キュイ「貴様に何が出来る!?」グイ!

カルゴ「う、…」

ベジータ「…」

ベジータ「随分と安いプライドだな、キュイ」

キュイ「だ、黙れ!」

ベジータ「…貴様、楽には殺さんぞ」

キュイ「抜かせ…俺は、フリーザ様の部下、キュイ様だ!」

キュイ「フリーザ様の為なら、なんだってしてやる!」

ベジータ「…」

キュイ「ギニュー様、ドラゴンボールです」

ギニュー「よくやった、後で新設ギニュー特戦隊に推薦してやろう」

キュイ「…ありがとうございます、ではフリーザ様のところへ行きましょう」

ドシューン…

ベジータ「…ピッコロ、仙豆は無いのか?」

ピッコロ「孫と一つずつ持っている…」

ベジータ「ならば早くゴハンにやるがいい」

ピッコロ「言われなくてもやるさ…」

ベジータ(まさかキュイにあそこまで忠誠心があるとは…クソ!)

ピッコロ「ゴハン、しっかりしろ!」

ゴハン「…あ、ピッコロさん…」

ベジータ「おい、ピッコロ!ゴハン!奴らを追うぞ!!」

ピッコロ「あぁ、分かっている!」

ゴハン「待ってください、他のみんなは…」

ベジータ「致命傷は避けている。ブルマに任せておけ」

―――――

フリーザ「…貴様等、よくもやってくれたな」

ゴクウ「倒しきれねえか…」

ネイル「つ…強すぎる…」

ゴクウ「…ハァ、ハァ」シューン…

フリーザ「ふふふ、どうした?大分疲れているように見えるが…」

ゴクウ「…参ったな、こりゃあ」

ネイル「クソ…」

ゴクウ(仙豆は残り一個だ…簡単に使うわけにはいかねえ…)

フリーザ「ここからが本番だ」

フリーザ「ふん!」バキ!

ゴクウ「!?」

ネイル「!?」

フリーザ「私は変身をする度に強くなるタイプでしてね…」

フリーザ「ハァアア…」ゴゴゴゴゴ…

ゴクウ(な、こいつ…バケモンか!?)

ネイル「くそ、させるか!」シュゴーシュイシュイシュイシュイ

ネイル「ハァアア!!」ドシューン!

ゴクウ「やめろ!うかつに飛び込むな!!」

―――ドス!

ネイル「グハ…」

ゴクウ「ネイル!!」

フリーザ「おっと、やり過ぎたか?」

フリーザ「何しろ力があり余っているんだ。ちょっとやりすぎてしまうかもしれん。くっくっく…戦闘力にしたら100万以上は確実か…」

ゴクウ(クソ…こうなりゃ全力で行くしかねぇ…!)

ゴクウ「界王拳!15倍だああああ!」

フリーザ「クックック…哀れな…」

ゴクウ「どりゃあ!」ガッ!

フリーザ「…」

ゴクウ「ハァアア!!」ドガガガガ!

フリーザ「ハァ!」ドゴォ!

ゴクウ「うぐぇえ…!」ドサ…

フリーザ「ふん、他愛もない」

フリーザ「さて、邪魔も居なくなった事ですし…」

フリーザ「最長老に会いに行くとしましょうか…」ザッザッザ…

デンデ(…今だ!)タッタッタ

デンデ「ゴクウさん、ネイルさん!」

デンデ「今治してあげます!」

ゴクウ「…あ、あれ?おめぇは…デンデか」

ネイル「…すまんなデンデ、助かった」

『デンデ、聞こえますか。』

デンデ「こ、この声は…最長老様!」

ゴクウ「ん?どうしたデンデ」

『私なら大丈夫です。フリーザは私を殺すことは出来ません』

デンデ「…」

『今は隠れるのです…』

デンデ「…分かりました、最長老様」

ゴクウ「どうしたんだ?早く助けに行かねぇと…」

デンデ「いえ、ゴクウさん!最長老様は大丈夫です。だから…」

―――――

フリーザ「さぁ、教えるのです。ドラゴンボールを使う為に必要な何かを…」

最長老「…」

フリーザ「部下の情報で、何かが必要なのは分かっているのです…」

最長老「…」

フリーザ「さぁ、言うのです!さもないと…」

最長老「私を殺せば、ドラゴンボールはただの石になってしまうでしょう」

フリーザ「…なに!?」

最長老「そうなればドラゴンボールは二度と使えない…さぁ、どうします?」

フリーザ「…どうしても言う気は無いのですね?」

最長老「…」

フリーザ「ふん、ならば他のナメック星人を捕まえるまでです」

最長老「…!!」

フリーザ「そうと決まれば、早速探しに行くとします」ザッザッザ…

―――――

フリーザ「ん?あいつらは…まぁ、逃げたのでしょう。いいとしましょう」

ギニュー「フリーザ様!」

キュイ「フリーザ様!」

フリーザ「おぉ!ギニュー隊長に、キュイさんではありませんか…それは!」

ギニュー「はい、ドラゴンボールです」

フリーザ「おぉ…それにナメック星人の子供まで!よくやりました!」

キュイ「お褒めに預かり、光栄です」

ネイル「くそ…あいつら…」

デンデ「あれは…カルゴ!」

ゴクウ「くそ…オラ、もう我慢出来ねぇぞ!」バッ

デンデ「ゴクウさん!」

ネイル「ふ…ちょうどいい、俺も出ていこうとしてたところだ」

デンデ「ネイルさん!」

ネイル「デンデ…俺が死んだら、ゴクウさんを頼んだぞ!」バッ

ゴクウ「やい!フリーザ!その子を離すんだ!」ザッ

フリーザ「ん?あいつら、一体どこに…いや、それよりも…」

ギニュー「…!!」ピピ、ボン!

ギニュー「最新式のスカウターが…!!」

フリーザ「ギニュー隊長、キュイさん…貴方達はドラゴンボールを取りに行きなさい」

キュイ「し、しかし…」

フリーザ「早くするのです!くれぐれもナメック星人を逃がさないように…」

ギニュー「分かりました…おいキュイ、行くぞ」

キュイ「は、はい!」

ドシューン…

フリーザ「…さて、何故貴方達が回復してるかは知りませんが」

ゴクウ「…」

ネイル「…」

フリーザ「今度こそ楽にしてあげます」

ゴクウ「…ネイル、悪いけど下がっててくれ」

ネイル「…あぁ、すまんな」

フリーザ「さぁ、かかって来なさい」

ゴクウ「ハァアア!!」ゴゴゴゴゴ…

―――――

ゴハン「あ、あれはお父さん!」

ベジータ「なんとか間に合ったか…」

ピッコロ「なんだ…この馬鹿でかい気は…」

ベジータ「フリーザだろう、早く加勢するぞ!」

ドシューン スタ

フリーザ「…貴様はベジータ!!」

フリーザ「貴様、今までどこに…」

ベジータ「そんな事はどうだっていいだろう…」

ゴハン「お父さん!」

ピッコロ「孫!」

ゴクウ「ゴハン、悪い、下がっててくれ…ピッコロ、油断すんなよ」

ベジータ「さて、フリーザ。三人で行かせてもらうぞ」

フリーザ「いいだろう貴様等…まとめてかかってこい!」

フリーザ「ハァァァ…」ゴゴゴゴゴ

ピッコロ「く…凄い気だ!」

ゴクウ「…」

ベジータ「…」

フリーザ「いくぞ!先ずは貴様からだ!」ドシューン

ピッコロ「!!」

フリーザ「死ねぇい!」

ベジータ「避けるんだ!ピッコロ!!」ドシューン!ドカ!

ピッコロ「ぐ…すまない、ベジータ」

ベジータ「いい、油断するな」

ベジータ(やはり今のピッコロには何か足りないな…)

ゴクウ「…ハァ!」シュゴー…

ゴクウ「界王拳!」バチバチバチ!

ベジータ(!!)

ゴクウ「ハァアア!」ドシューン!

フリーザ「なに!?」

ベジータ(カカロット…いつの間に…)

ゴクウ「どりゃあ!」ドガガガガ!

フリーザ「う…ぐ、くそ!」

ベジータ(…!よし!)

ベジータ「おい、お前等!キュイの気を追え!」

ピッコロ「くそ、残念だが俺は足手まといのようだな…」

ゴハン「ピッコロさん…」

ネイル「行こう、俺達の出来る事をやるんだ」

ドシューン…

フリーザ「に、逃がすか!」

ベジータ「おっと」シュン!

フリーザ「!!」

ベジータ「お前の相手は俺達だ…」

フリーザ「ベジータ…貴様…」

ゴクウ「…今だ!」バチバチバチ!

ゴクウ「かめはめ波ー!」ズドーン!

ベジータ「おっと」ドガ!シュン!

フリーザ「うぐ…な、なにぃ!?」

ドーン…

フリーザ「ぐ…」

ゴクウ「降参しろ、今のおめぇよりオラの方が強ぇ」

ベジータ「…」

フリーザ「初めてですよ…ここまで私をコケにしたおバカさん達は…」

ベジータ「気をつけろカカロット…奴はまだ二回変身を残している」

ゴクウ「な、…」

フリーザ「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」ゴゴゴゴゴ…

フリーザ「ハァ!」メキメキ…

ゴクウ「…また気がでかくなりやがった!」

ベジータ「ふん、油断するなよ」

―――――

ギニュー「ドラゴンボールはこれで全部か…ゲホ!」

キュイ「ギニュー様!大丈夫ですか?」

ギニュー「自分でつけた傷だ…心配するな…」

キュイ「ドラゴンボールを持って行ったら、すぐにメディカルマシーンを…」

ドシューン スタ

キュイ「き、貴様等は!!」

ピッコロ「…ふん、それは寄越してもらうぞ」

キュイ「だ、黙れ!このガキがどうなってもいいのか!」グイ!

カルゴ「…」

ネイル「カルゴ!」

ゴハン「くそ…」

カルゴ「…ぼ、僕は構わないで、や、やっつけちゃって下さい!」

キュイ「な、!?」

ネイル「ば、馬鹿な事を言うな!」

カルゴ「ぼ、僕はデンデほど皆さんのお手伝いが出来なかった!」

カルゴ「だから!これ以上足手まといにはなりたくないから!早く!」

ゴハン「カルゴ…」

ピッコロ「…」

ギニュー「クックック…いい話だなぁ…」

カルゴ「!?」

ギニュー「だが、無理な話だな…何故なら」ババッ

ギニュー「お前達はここで死ぬからだ!」バーン!

ピッコロ「抜かせ、手負いの貴様に何が出来る…」

ギニュー「ククク…それはな…」バッ

ギニュー「身をもって思い知るがいい!」

ギニュー「チェーンジ!!」ズシューン!

ピッコロ「なに!?」

ネイル「危ない!!」シュビ!

ギニュー「な、なにぃい!?」

ネイル「ぐわぁあああ!!」ババババ…

ゴハン「ネイルさーん!!」

キュイ「ど、どうなった…?」

ギニュー?「うぐ…な、なんだと…?」

ネイル?「くそ、予定が狂ったか…」

ゴハン「ま、まさか…」

ギニュー「悪くない体だが…大分弱くなってしまったな」

ピッコロ「ば、馬鹿な!」

ネイル「…ぐふぅ!くそ!」

キュイ「入れ代わったのか…ギニュー様と、あのナメック星人が…」

カルゴ「あ、あ…」

ネイル「こ、これでもし…ピッコロと同化でもされたら…」ボソ

ギニュー「ん!?」ピク

ネイル「もし、体を掴まれて…相手側に入り込むように気を同調されたら、もはやギニューは手に負える存在ではなくなる…」ボソ

ギニュー(ナメック星人の聴力は凄いな…いい事を聞いたぞ!)

ピッコロ「…お、おい!」

ギニュー「ハーッハッハッハ」ガシィ

ピッコロ「ち、違…、やめ…」

ギニュー「もう遅い!」

ピカァ―――

ゴハン「うわ!…あ、あれ?」

カルゴ「…」

キュイ「ギ、ギニュー様が消えた!?」

ピッコロ「…おい!」

ネイル「…すまない、ピッコロ」

ピッコロ「貴様!やはり!」ババッ

ピッコロ「許さんぞ!」バーン!

ネイル「だ、だが!強くなった筈だ!飛躍的に!」

ピッコロ「ん?そういえば…」

ピッコロ「この溢れ出る力…」ババッ

ピッコロ「強く新しいこの体…」ババッ

ピッコロ「そして延ばす事により斬新なポーズがとれるオプション…」ババッ

ピッコロ「悪くないぞ!」バーン!

ゴハン「ピッコロさん…」

ピッコロ「でも後でチョコレートパフェ奢れよ」

ネイル「あ、あぁ…分かった」

キュイ「ど、どういう事だ!?」

ピッコロ「ギニューは消えた。さぁ、残るはお前一人だ」

キュイ「く、くそ!」

ネイル「おい!キュイ!取り乱すな!」

キュイ「はい!ギニュー様」

ネイル「…」トン!

キュイ「…が、しまった…」ドサ…

ネイル「さ、終わったな…」

ピッコロ「…お前、中々やるな」

ゴハン「カルゴ、大丈夫?」

カルゴ「はい、ありがとうございます」

ピッコロ「さて…俺はフリーザ様のところへ向かう」

ピッコロ「お前等はドラゴンボールを持って帰っておいてくれ」

ネイル「あぁ、分かった」

―――――

フリーザ「こ、このフリーザ様が…!」

フリーザ「押されている…だと?」

ゴクウ「ふぅ…ベジータァ、少しは手伝ってくれよ」

ベジータ「ふん、甘ったれるんじゃない」

ゴクウ「…自分から呼んどいて酷ぇ話だな…」

フリーザ(ち、ちくしょう!こいつら!)

フリーザ(このフリーザ様を目の前にして!!)

フリーザ(だがしかし…こいつの強さは…)

フリーザ(…)

フリーザ「…認めてあげるよ、君の強さ…だから」

ゴクウ「…気が変わった!?」

ベジータ(来るか…)

フリーザ「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を…わたくしの真の姿を…」

フリーザ「ハァアア…」メキメキ

フリーザ「ハァ!」

ゴクウ「…!」

フリーザ「…」

ゴクウ「…」

ベジータ「…」

フリーザ「さて、どっちから先に殺されたいのかな?」

ゴクウ「…こいつ、強ぇな」

ベジータ「カカロット、ここからが本番だぞ」

フリーザ「さて、じゃあ…」

フリーザ「ベジータ!貴様からだ!」ピッ!

ベジータ「ふん…」シュン

フリーザ「なに…?」

ゴクウ(速い…!)

フリーザ「ハァ!」ピピピピピ…

ベジータ「…」ババババ…

フリーザ「な、なんだと!?」

ベジータ「おい、フリーザ!」

フリーザ「…」

ベジータ「貴様の相手はカカロットだ!俺との勝負はカカロットを倒せればの話だ!」

フリーザ「…もしや貴様!ナメック星全域のスカウターを壊す程の戦闘能力は…」

フリーザ「貴様か!ベジータ!」

ベジータ「ふん、答える義理は無い」

フリーザ「ぐ…」

ゴクウ「おい、そろそろいいか?」

フリーザ「…クソ、どっちにしろ皆殺しにしてやる!かかってこい!」

ドシューン スタ

ピッコロ「…」

ベジータ(…ん?ピッコロの気が…)

ピッコロ「待たせたな」ババッバーン

ゴクウ「ピッコロ…悪ぃな、こいつはもう手に負える相手じゃねえ」

ピッコロ「ふん…どうかな、俺様もパワーアップして帰ってきたぜ」

フリーザ「…なめられたものですね」

ゴクウ(…何でか知らねぇが、確かにかなり強くなってんな)

ベジータ(なんか知らんが結果オーライだな)

ピッコロ「さぁ、かかってこい!フリーザ様!」バーン!

ゴクウ「…え?」

ベジータ「…え?」

フリーザ「…ギニュー隊長ですか?」

ピッコロ「違う!俺はギニューでもピッコロでもない!」バーン!

ゴクウ「…ってかおめぇ、変な構えになってんな…」

ピッコロ「構えではない。ポーズだ」

ゴクウ「え?あ、あぁ…」

ベジータ(一体何が起こってるんだ)

フリーザ「…」ピッ

ピッコロ「!!ぐぁ…」ズド…

ゴクウ「ピ、ピッコロ!!」

ゴクウ「ピッコロ!ほら、最後の仙豆だ…食え」

ピッコロ「…ふぅ、すまんな。だが仙豆よりチョコレートパフェが食べたかったな」バーン!

ゴクウ「…え?ピ、ピッコロ…?」

ベジータ(俺はどこで間違えた)

ゴクウ「…ピッコロ、とにかく皆のところへ帰っとけ」

ピッコロ「すまん、かなり強くなったつもりだが…」

ピッコロ「今のフリーザ様にはどうやら手も足も出ないようだ…」

ゴクウ「いや、いいんだ…ピッコロ…さぁ、行け」

ピッコロ「あぁ…死ぬなよ」

ベジータ「ピッコロ!」

ピッコロ「なんだ、ベジータちゃん」

ベジータ「すまなかった…」

ピッコロ「…?あ、あぁ構わん」

ドシューン…

フリーザ「…邪魔者は居なくなったみたいだね」

ゴクウ「あぁ、こっからは一対一だ」

ゴクウ「行くぞ!界王拳!10倍だぁ!」シュゴーバチバチバチ…

ゴクウ「ハァアア!!」

フリーザ「キェエエ!」

ベジータ(なにか、なにか方法はないのか…!)

ドガガガガ…

ベジータ「…」

ゴクウ「…ク!」

フリーザ「ふん、本当に君は凄い実力を持っているよ」

フリーザ「もう少し、遊んでいたい気持ちもあるんだけどね…」シュバ!

ゴクウ「うわ、危ねぇ!」シュン!

ズババババ!

ゴクウ「な…大地が…!」

フリーザ「そこに厄介な奴が居るんでね…早く終わらせてもらうよ」

フリーザ「ねぇ、ベジータさん」

ベジータ「…」

フリーザ(…聞いているのか、ベジータは!)

フリーザ(この俺様を無視とは…生かしてはおけん!)

ベジータ(ピッコロ、ピッコロ…すまん、俺にはどうする事も…!)

ゴクウ「…ん?空が暗くなったな…」

フリーザ「こ、これは…何事ですか!?」

ベジータ(ん?あいつら、ドラゴンボールを使ったのか…)

ベジータ(ドラゴンボール…そうか!その手があったか)

ベジータ「うおおおお!カカロット!そいつは任せたぞ!」ドシューン!

ゴクウ「あ、ベジータ!!」

フリーザ「一体何が…?」

フリーザ「何を企んでいる…一応追うか」

ゴクウ「そうはさせねぇぞ!」シュバ!

フリーザ「…目障りだよ、君」

ゴクウ「ベジータに頼まれたんだ。簡単には通さねぇぞ!」

ゴクウ(それにしてもベジータのやつ…一体何の為に…?)

―――――

クリリン「よし!これでナメック星人はみんな生き返った筈だ!」

デンデ「皆さん、ありがとうございます!」

ネイル「俺からも礼を言う…ありがとう」

ヤムチャ「ハハハ、いいって事よ!元々これが目的で来たんだ!」

カルゴ「本当に…なんと御礼を言ったらいいか…」

クリリン「気にすんなって…ん?」

テンシンハン「この気は…ベジータか?凄いスピードで近づいて来ている」

―――ォォォオオオオオオオオ!!

ドシューン!!

ベジータ「貴様らぁ!!」

ピッコロ「ベジータちゃん、何をそんなに慌てているんだ?」ババッ

ベジータ(お前のせいだ!!)

ベジータ「願いはあといくつ残っている!?」

ゴハン「ふ、二つですけど…」

テンシンハン「おい、何をするつもりだ!」

ベジータ「二つか、よし!」ザッザッザ…ガシ!

デンデ「あわわわ…」

ネイル「貴様!まさか!」

ピッコロ「ベジータごときが!許さんぞ!」

ベジータ「おい、デンデ!ピッコロがなぜおかしくなったのか聞くんだ!早く!」

デンデ「…へ?」

ベジータ「早くしろー!間に合わなくなっても知らんぞー!!」

デンデ「は、はい…!」

デンデ「タトパルピッコロカラペロペロポロリ?」

ポルンガ「それはだな…」

―――――

ポルンガ「…という事だ」

クリリン「…ピッコロが変なポーズをしてると思ったら…」

テンシンハン「そんな事が…」

ゴハン「…」

ネイル「…」

ベジータ「ネイル、貴様ァ!!」ギロリ!

ネイル「す、すまなかった!ああするしかカルゴを助けられなかったんだ!」

ピッコロ「そうだ…それに俺も悪くないと思っている」

ベジータ「…!!悪くないだと…?」

ベジータ「ふざけるな!そんな貴様は俺が認めん!」

テンシンハン「…俺も同意だ」

ピッコロ「…な、テンシンハン!?」

クリリン「俺も…嫌です」

チャオズ「今のピッコロ、嫌い」

ヤムチャ「…元に戻ろうぜ、ピッコロ」

ピッコロ「クリリン!チャオズ!ヤムチャ!」

ピッコロ「貴様ら!なぜ…!!」

ピッコロ「ピッコロ特戦隊としての

誇りを失ったか!!」

ベジータ「…ピッコロ、特戦隊?」

クリリン「…」

テンシンハン「…」

ヤムチャ「…」

チャオズ「…」

ベジータ「そんな事をさせられていたのか、お前達は…」

ピッコロ「ふん、厳選された戦士に選ばれたんだ。光栄だろう」

ピッコロ「最も、ゴハンは恥ずかしがってたから入れなかったがな」

ゴハン「…」

クリリン(…全員、嫌がってたんだけどな)

ベジータ「さ、デンデ…やる事は分かっているだろう?」

テンシンハン「頼む、俺達の為にも…ピッコロの為にも」

デンデ「はい、分かりました…」

デンデ「ピロ…あ」

シューン…

ベジータ「な…どうしたんだ!?おい、ポルンガはどこだ!?」

カルゴ「そんな…」

ネイル「最長老様が…お亡くなりになられた…」

クリリン「お、おい!じゃあピッコロは…!?」

ネイル「残念ながら、このままだ…」

ヤムチャ「う、嘘だろ…?」ガクガク…

ピッコロ「おい、何をそんなに落ち込んでいる…別にいいだろう、すぐに慣れるさ」ババッ

ピッコロ「今の俺様にも、な」バーン!

ベジータ「クソッタレェェエエエエ!!!!!」

ベジータ「うおおおお!うおおおおお!」ドシューン!!

ゴハン「あ、ベジータさん!!」

クリリン「ゴハン!…なぜかは知らんが、酷くショックを受けている」

クリリン「そっとしといてやれ…」

ゴハン「…はい、クリリンさん」

テンシンハン「さぁ…俺達は俺達の出来ることをやるんだ」

ヤムチャ「あぁ…ナメック星人を避難させないとな」

ピッコロ「ふふ、ピッコロ特戦隊の初仕事だな」

クリリン「…」

―――――

ゴクウ(今度こそ、ハッタリであってくれ!!)バチバチバチ!!

ゴクウ「波ーー!!!!」ズドーン!!!

フリーザ「!?」サッ

ドゴーン…

ゴクウ「こ、こいつ…」

フリーザ「貴様…よくも…」プスプス

ゴクウ「まさか界王拳20倍かめはめ波でも…倒せねぇなんて…」

フリーザ「今のは痛かった…痛かったぞー!!」ビリビリ!!

ゴクウ「く、クソ!…ん?」

ドシューン!!

ベジータ「うおおおおおおお!!!!!」

フリーザ「な、ベジータ!?」

ベジータ「うおああああ!!!!」バキィ!!!!

フリーザ「ぐぉ!」

ヒューン…ズゴォ!

ベジータ「ハァ、ハァ…クソッタレェエ!!!」

ゴクウ「べ、ベジータ!どうしたんだ!?」

ベジータ「ハァ、ハァ…なんでもない…」

ガラ…

フリーザ(今のは…今の一撃は…)

フリーザ(さっきよりもっと痛かった…!!)

フリーザ「ベジータァアア!!許さんぞぉお!!」

ベジータ「…おい、カカロット」

ゴクウ「なんだベジータ?」

ベジータ「フリーザは倒せそうか?」

ゴクウ「…分からねぇ、もしかしたら駄目かもな…」

ベジータ(…ピッコロはもういいとして)

ベジータ(カカロットには絶対超サイヤ人になってもらわなければ)

フリーザ「ベジータァア!」ドシューン!

ベジータ「カカロット!よく聞け!」

フリーザ「ハァ!」ドガ!ババ!バキ!

ベジータ「俺達の…俺達の故郷、惑星ベジータ」ガガガガガ…

フリーザ「キェイ!」ピピピピ…シュン!ズドーン!

ベジータ「それはこのフリーザによって滅ぼされた」シュババババ…

フリーザ「ク…ハァアアア!!」ズゴゴゴゴ…

ベジータ「俺達のサイヤ人の仇を、仇をうつんだ!カカロット!」パシィン!

ゴクウ(こ、これは…仇うつのはオラじゃなくていいんじゃねぇのか?)

フリーザ「な、なんだと…?」

ゴクウ(凄ぇ…あのフリーザが、戸惑って…)

ベジータ「どうだ?カカロット」

ゴクウ「え?あ、あぁ…」

ベジータ「心の底から怒りが沸き上がってこないか?」

ゴクウ「いや…あんまり…」

ベジータ(なんだと…?)

ベジータ(カカロットは…この話に感銘を受けて)

ベジータ(俺の死後、超サイヤ人に目覚めたんじゃなかったのか!?)

ゴクウ「…オラ、サイヤ人の怨みだとか」

ゴクウ「そういうのはよく分からねぇけど…」

ベジータ「…」

ゴクウ「おめぇもオラも、同じサイヤ人なんだろ?」

ベジータ「?あぁ、そうだ」

ゴクウ「なら、オラもおめぇぐらい強くなれるかもしれねぇって事だな」

ベジータ(!?)

ゴクウ「オラ、もっと強くなりてぇ…」

ゴクウ「仇なのかもしれねぇが…フリーザとやらせてくれ!」ドシューン!

ベジータ「…カカロットが、俺を自分より上だと」

ベジータ「完全に認めやがった…」

ベジータ「…」

ベジータ(…俺が、ずっと望んでいた事だったが…)

ベジータ(…なんだ、この気持ちは…)

ベジータ(…なんだ、この虚無感は…)

ベジータ(…なぜ、こんなに悔しいんだ…)

フリーザ「…貴様ごときが!」ドゴ!

ゴクウ「うぐぇえ!」

フリーザ「このフリーザ様に!」ズド!

ゴクウ「ぐぅ…!」

フリーザ「勝てる筈がないだろう!!」ドガ!

ゴクウ「うぐぁ……!!」

ヒューン ドゴォォォ!

ベジータ「…」

ドシューン!

ベジータ「…」スタ…

フリーザ「…ベジータ、やる気かい?」

ゴクウ「ベ、ベジータ…まだ、オラはやれんぞ…!!」

ベジータ「カカロット、サイヤ人の力の源は怒りだ」

ゴクウ「…?」

ベジータ「純粋な怒りが自身を強くさせる」

ゴクウ「ベジータ、おめぇ…」

ベジータ「怒れ、怒るんだカカロット」

ゴクウ「泣いてんのか…?」

ベジータ「ハァ!」シュゴーシュイシュイシュイシュイ

超ベジータ「ハァアアア!!」バチバチバチ!

フリーザ「なに…?」

ゴクウ「凄ぇ気だ…!!」

超ベジータ「貴様にも出来る筈だ!俺を超えられる筈だ!」

超ベジータ「あまり俺を失望させるな!!!」

ゴクウ(…ベジータ)

フリーザ「ベジータ…お前は一体…」

ゴクウ「でやぁああ!!」ドシューン!バキィ!

フリーザ「なに…!?」

超ベジータ「!?」

ゴクウ「おめぇの相手はオラだ!!」

フリーザ「…生意気だ!貴様!」

ゴクウ「でやぁ!!」

フリーザ「ハァ!!」

超ベジータ(駄目だ…このままいけば…カカロットが殺される…)

超ベジータ(今まで頑張ってきたつもりだが…歴史が変わってしまっているのだろう)

超ベジータ(ピッコロがいい例だ…今俺がカカロットに望んでいるものは)

超ベジータ(ただの…エゴに過ぎない…)

ゴクウ「う…ぐ…」

フリーザ「とどめだ!」

超ベジータ(すまなかった、カカロット)

超ベジータ(後は、俺に任せろ)

超ベジータ(これから先の地球も)

超ベジータ(そして仲間達も、全部…)

ゴクウ「…ああああああ!!!!」ゴゴゴゴゴ…

フリーザ「!?」

超ベジータ「…ん?」

ゴクウ「ああああああ!!!!!」ゴゴゴゴゴ…

超ベジータ「これは…!?」

ゴクウ「ハァァアアア!!!!」バチバチ…

超ゴクウ「…ハァ、ハァ…」バチバチバチ…

フリーザ「な、なにぃ!?」

超ベジータ「か、カカロット!貴様…!」

超ゴクウ「ハハ、ふがいねぇもんだな…」バチバチバチ…

超ゴクウ「自分の認めた仲間に失望される、己の弱さってもんわさ…」バチバチバチ…

超ベジータ「カカロット…」

超ゴクウ「でも…ありがとよ、ベジータ…」

超ゴクウ「そんな自分に嫌気がさしたからか…」

超ゴクウ「純粋な怒りってもんが分かったぜ…!!」

超ベジータ「なんだと…これではまるで…」

超ベジータ「昔の俺ではないか…!!」

フリーザ「だから…なんだというのだ!!」

超ベジータ「…」シュン!ドゴォ!

フリーザ「うぐ…が…」ドサ…

超ゴクウ「べ、ベジータ!?」

超ベジータ「…クックック、ハァーッハッハ!」

超ベジータ「ハァーッハッハ!!」

超ベジータ「こんなおかしな事があるんだな!!」

超ゴクウ「いきなりどうしたんだ…?」

超ベジータ「クックック…これが笑わずにいられるか!」

超ベジータ(まるで俺と同じ境遇ではないか)

超ベジータ(だが…だから俺には分かる)

超ベジータ(カカロットにも、俺と同じような)

超ベジータ(サイヤ人としての闘争心があるという事が!)

超ベジータ「…いや、歴史通りにしようと必死で、忘れていただけで」

超ベジータ「分かっていた事だ、最初から!」

超ベジータ「おい!カカロット!」

超ゴクウ「なんだ、ベジータ!」

超ベジータ「お前も試したいだろう、今の自分の力を!!」

超ゴクウ「…!!」

超ベジータ「かかってこい!!」

超ゴクウ「へへ、今まで何でオラ達に協力するのか分からなかったが」

超ゴクウ「今やっと分かった気がするぜ…!」

超ゴクウ「行くぞベジータァア!」ドシューン!

超ベジータ「ハァーッハッハ!!来い!!」

――――フリーザ編、完

フリーザ編、エピローグ

クリリン「あれ?ゴクウは?」

ベジータ「ふん、あいつはそのまま地球には帰らん」

ゴハン「え?何でですか?」

ベジータ「修行不足だからだ。あいつにはまだまだ強くなってもらう」

ヤムチャ「ひぇー、あのままでも強いのに、まだ…」

ピッコロ「全く、何を考えてるんだ…ベジータちゃんは」

ベジータ(…こいつは地球に帰ったら早くどうにかしよう)

―――違う宇宙船の中

ゴクウ「いちち…ベジータ、やっぱ強ぇなぁ」

ゴクウ「もっと修行しなくちゃ駄目だな…」

ゴクウ「そんでもっと強くなって…」

ゴクウ「いつかあいつを打ち負かしてやる!」

『間もなく目的地です』

ゴクウ「お、やっとヤードラット星か!」

ゴクウ「着いたらおもいっきり修行すんぞ!!」

――――エピローグ、完

コメントの数(5)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:bOtGRKCD0編集削除
長い
誰か産業で
2 .    ID:XcEzRSdL0編集削除
べジータ主役でタイムリープもの
サイヤ人襲来からフリーザ編まで
ピッコロ+ネイルにギニューが混入
3 . 名無しさん  ID:EdguaZEs0編集削除
アニメ化はなさそうだ
4 . 名無しさん  ID:cJxCL5hq0[評価:1 ]編集削除
長い...
読みたかない><
5 . 名無しさん  ID:xaUpD0Sj0編集削除
※4 ありが

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ