カテゴリー:

おもしろテキスト

崩壊寸前のナメック星


ボウッ!


フリーザ「!」


悟空「俺の気を少しお前にわけてやった・・・これなら飛行ぐらいは出来るだろう・・・とっととこの星から逃げるんだな・・・」


フリーザ「・・・何処へ行く気だ」


悟空「お前達がこの星に来る時に乗っていた宇宙船を使う」


フリーザ「はっはっは!無駄だ!そいつはベジータが既に壊してしまった!」


フリーザ「皮肉だな・・・俺との戦いには勝利したが、勝ったお前だけが死に俺が助かるんだ・・・!」


悟空「・・・俺も生き延びてみせる」


ドギャンッ




フリーザ「(お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だからお前はこの俺の手によって死ななければならない・・・!!!)」


フリーザの宇宙船


悟空「よし!この星に乗って来た奴と同じだ!これなら動かせるぞ!!」


ウィィィ・・・・


ズズズンッ!!!!(宇宙船が地割れに巻き込まれた音)


悟空「!!」


ゴゴゴゴゴゴゴ・・・


悟空「爆発する・・・」


界王様「くっ・・!見ちゃおれん・・!!」


悟空「くっそおおおおおぉぉぉぉ・・・・・!!!」


フリーザ「こっちだ、サイヤ人」


悟空「!?フ、フリーザ・・・!?」


フリーザ「ギニュー特戦隊が乗って来た宇宙船がある・・・これに乗れ」


悟空「なんでオラに・・・まぁ、いい!助かった!!」


フリーザ「行き先を指定する時間は・・・ないか・・このまま発進するぞ」


悟空「まさかおめぇに助けられるとはな・・・」


フリーザ「・・・・」


ヤードラット星


「お、おい!なにかこの星に近づいてくるぞ!」

「あの丸型・・・まさかまたフリーザの配下が!!」

「ああ・・・なんて事だ・・・」


ズッズーーーン・・・


悟空「・・・ここは・・地球じゃねぇな」


フリーザ「ここは・・・ヤードラット星だ・・・う・・・」


悟空「フ、フリーザ!おめぇ、飛行も出来ないくらい消耗してんじゃねぇか!」


フリーザ「・・・・」


悟空「と、とにかくこの星にいる人たちになんとかしてもらわねぇと!」


フリーザ「・・・・・・む・・・!」


ヤド星人「!!ひえっ・・!」


ヤド星人「め、目が覚めた・・・!ゴ、ゴクウさん!!」


悟空「お、よぉ。フリーザ」


フリーザ「サイヤ人・・・まさか貴様がここまで俺を・・・」


悟空「オラはここまでおめぇを運んだだけだ。自分の身体見てみろよ」


フリーザ「これは・・・切断された部位が・・・再生したのか・・?」


悟空「ちげぇよ、おめぇがその腕や下半身を持って宇宙戦に乗り込んだんじゃねぇか」


フリーザ「・・そうだったか・・・(必死で覚えていなかった・・)」


悟空「それをくっつけてくれたのがこの星の人達だ。ちゃんと礼言っとけ!」


フリーザ「・・・」


フリーザ「冗談を言うな、このフリーザが何故こんな奴らに礼を言わなくてはならない・・・」


悟空「おいコラ!フリーザ!!!」


ヤド星人「・・・」


悟空「わりぃな、オラからちゃんと言っとくから・・・」


フリーザ「・・・このフリーザが・・・なんという屈辱だ・・。だが・・俺は死ぬわけにはいかない・・・」


悟空「おーいフリーザぁー!」


フリーザ「もっと強くなり・・、サイヤ人・・・貴様を必ず始末してやる・・・」


書き忘れた。ポッドは二つ


悟空「なんで礼言わねぇんだよ!!おめぇ助からなかったかもしれねぇんだぞ!!」


フリーザ「フン・・・この星は、貴様が戦ったギニュー隊長達が攻め込んでいた星なのさ。

   そんな奴らに礼など言えるか・・・」


悟空「おめぇ・・・」


フリーザ「勘違いするなよサイヤ人。お前を助けたのは俺がこの手で貴様を殺したいからだ。」


悟空「・・・」


フリーザ「・・そういう事だ。もう俺の事は放っておけ」


悟空、フリーザがヤードラット星に来て数日・・・


ヤド少女「・・・・」


フリーザ「・・なんだ、何を見ている・・・」


ヤド少女「・・・あ、あの・・・これ・・・」


フリーザ「・・・食い物か・・?」


ヤド少女「う、うん・・・貴方、悪い人なんでしょ?でも・・・あげる」


フリーザ「・・フン、用件はそれだけか?」


ヤド少女「う、うん・・・」


フリーザ「なら消えろ、二度と俺の前に姿を現すな」


ヤド少女「・・・」


タッタッタ・・・


フリーザ「・・・・・モグ」


フリーザ「・・・」


悟空「おーい、フリーザァーー!」


フリーザ「サイヤ人・・!」


悟空「よぉ、修行は上手くいってっか?」


フリーザ「俺の事は放っておけと言ったハズだ」


悟空「まぁまぁ、おめぇにいいモン教えてやろうと思ってよ」


フリーザ「サイヤ人から教わる事など何もない・・・失せろ」


悟空「つれねぇなぁ・・・スカウターとかいう奴と同じようなモンなのに・・・」


フリーザ「なに・・?」


悟空「気を探る術だ。これさえあれば相手がどこにいっかだいたいわかるから便利なんだ」


フリーザ「・・・」


悟空「この星も結構広ぇからよ。覚えておくと便利だぞ?」


フリーザ「・・・いいだろう、言ってみろ・・」


悟空「へへ、最初っからそう言えばいいのによ。いいか・・まず・・」


・・・・・


フリーザ「・・・!・・この感覚か・・・」


悟空「おお、さすが飲み込みはえぇな、オラびっくりだぞ」


フリーザ「礼は言わんぞ」


悟空「ちぇ、素直じゃねぇんだから・・・」


悟空「それとよ、フリーザ。オラと組み手やらねぇか?」


フリーザ「組み手・・・?トレーニングのようなものか?」


悟空「ああ、そうだ。この星の怪獣相手じゃスッキリしなくてよー」


フリーザ「・・・望む所だ。俺もこの星に来てダラダラやってたわけじゃない・・・」


悟空「へへっ・・そうこなくっちゃな・・!」


フリーザ「(もう二度と・・・サイヤ人などに負けてたまるか・・!)」


・・・・・


フリーザ「はぁっ・・・はぁっ・・うぐっ・・・」


悟空「ひゃー、フリーザおめぇ、この短期間で強くなったなー・・・」


悟空「スーパーサイヤ人になってまだ浅いから力加減できなかったけど・・・大丈夫か?」


フリーザ「・・・だまれ・・・はぁっ・・・はぁっ・・(おのれ・・・俺は殺す気で戦ったというのに・・・・!!)」


悟空「ありがとよ、フリーザ!また今度付き合ってくれよな!」


フリーザ「くっ・・・(確かに俺は強くなった・・・だがスーパーサイヤ人の前では通用しない・・・俺はもっと強くならなければ・・・!!)」


その夜


フリーザ「月か・・・綺麗だな・・・」


グー・・・


フリーザ「!・・そういえば、今日は朝から何も食べてなかったな・・・」


フリーザ「・・・俺がサイヤ人の動きについていけなかったのは気を探る術に慣れていない事も原因のひとつだったろう・・・」


フリーザ「夕食の狩りついでに・・・練習できるな・・・」



フリーザ「狩れたのは小動物30匹程度か・・・。だが、だいぶ探れるようになってきた・・・もうすぐだな・・・」


フリーザ「・・・・!・・・小さな気が一つ・・・大きな気が一つ・・・小さい方は大きい方から逃げている・・・のか?」


フリーザ「大物を仕留めれば何日分かの食料にはなるな・・・行ってみるか・・・」


ドシンドシンドシンドシン


ヤド少女「はっ・・はっ・・はっ!」


怪物「ギャオオオオオ!!」


ヤド少女「だ・・・誰かあぁぁーー!」


ピッ  ドオンッ!


ヤド少女「え!?」


怪物「ゴオオオォォ・・・・・」


ズシンッ・・・


フリーザ「小さい気の正体は貴様だったのか・・・」


ヤド少女「あ・・ありが・・とう」


フリーザ「フン・・・こんな所で何をしていたんだ?」


ヤド少女「あの・・コレを・・・」


フリーザ「・・・食料・・?・・・俺にか?」


ヤド少女「うん・・ここらへんは何もないから・・・お腹空かしてるんじゃないかと思って・・・」


フリーザ「・・・はははは・・・」


ヤド少女「・・・?」


フリーザ「このフリーザも落ちぶれたモノだ!こんなゴミ同然の生物に情けをかけられているのだからな!」


フリーザ「だが、今は背に腹は返られない状況だ・・・。もらっておこう」


ヤド少女「!」


フリーザ「小動物に食料・・・この怪物があれば当分困らんな・・・」


ヤド少女「・・・・」


フリーザ「・・なんだ、何を見ている。早くここから消えろ」


ヤド少女「うん・・・でも、脚ケガしてて・・」


フリーザ「・・・脆い生き物だな。せいぜいまた怪物に教われないように祈っておくんだな・・・」


ドギャッ


ヤド少女「・・・」


フリーザの洞窟


フリーザ「・・・」


ムシャムシャ・・・


フリーザ「・・・(あのガキの気・・・まだいる・・・)」


フリーザ「・・・」


ムシャ・・・ ムシャ・・


フリーザ「(・・近くに小動物の気が多数・・・)」


フリーザ「・・・」


ムシャ・・・


フリーザ「ええい!鬱陶しい!!」


ヤド少女「・・・うう」


オオカミっぽいの「グウウゥゥ・・・!!」


ピッ ドオンッ!


オオカミっぽいの「ギャァンッ!!」


ヤド少女「・・あ・・!」


フリーザ「・・・・」


オオカミっぽいのの群れ「!(逃走)」


ヤド少女「あの・・ありが」


フリーザ「・・・・手を貸せ」


ヤド少女「え?」


フリーザ「いいから貸せ!」


ガシッ


ヤド少女「あ・・・」


フリーザ「・・お前の家はどこだ?」


ヤド少女「あっち・・・」


フリーザ「空を飛んで連れて行ってやる。落ちないようにしっかりと腕をつかんでいろ」


ヤド少女「・・うん!」


ゴオオオォォ・・・


ヤド少女「わぁ・・空飛んでる・・・」


フリーザ「・・・ヤードラット星人は空を飛べないのか・・?」


ヤド少女「ううん、だいたいの人は飛べるよ。私が飛べないだけ」


フリーザ「・・お前は出来損ないというワケか・・・」


ヤド少女「うん・・そうかも。・・私、治療にしか役に立てないから・・・」


フリーザ「治療・・・だと?・・まさか、俺の身体を治したのは・・・」


ヤド少女「うん、私・・・だから心配だったの・・・」


フリーザ「・・・・ちっ」


フリーザ「村が見えた・・・あそこか」


ヤド少女「うん」


フリーザ「む・・・村からでかい気・・・サイヤ人か・・」


ヤードラット村


悟空「よぉ、フリーザ!」


ヤド星人「フ、フリーザだ・・」


ざわざわ・・・


フリーザ「・・・フン」


ヤド少女「ありがとう、おじ・・・ちゃん?」


フリーザ「おじちゃんではない・・・フリーザ様と呼べ」


ヤド少女「うん、ありがとうフリーザ様!」


悟空「今、その子が行方不明になったって騒いでたんだよ!おめぇが見つけてくれてたんだな!」


フリーザ「・・・偶然さ」


ヤド母「・・あ、あの・・・」


フリーザ「・・・?」


ヤド母「娘を探していただき、ありがとうございます・・・」


フリーザ「・・・大事な娘ならちゃんと目を離さずに見ておくんですね・・」


ヤド星人「!」


悟空「ははっ・・・」


フリーザ「・・・」


悟空「帰るのか?フリーザ??」


フリーザ「・・それが何か?」


悟空「せっかく来たんだから、少しはゆっくりしていけよ!なぁ?」


ヤド星人「・・・・」


フリーザ「・・・サイヤ人・・・気持ちだけ受け取っておくよ・・・」


ヤド星人「いや・・・いいよ」


ヤド星人「そうだ・・同胞を救ってくれたんだ・・・」


フリーザ「・・・!」


悟空「な?みんな歓迎してくれてっぞ?」


ヤド少女「フリーザ様!おいでよ!」


ヤド母「お礼もかねて是非・・・」


フリーザ「揃いも揃ってお人好しばかりのようですね・・・いいでしょう」


悟空「決まったな!よし、こっちだフリーザ!」


フリーザ「・・サイヤ人・・・気安いぞ・・・・」


やんややんや


悟空「村長!フリーザだけどいいかな?」


村長「・・・」


フリーザ「・・・」


村長「お前の部下が私達にした事・・・決して忘れるつもりなどない・・・」


フリーザ「・・・」


村長「だが・・・お前は村一番の医者を救ってくれた・・・それに対しての礼は言おう・・・」


村長「歓迎など出来んが・・・今日はゆっくりしていくといい」


フリーザ「・・・感謝しますよ、村長」


悟空「よっし!飯持ってきてくれ飯ー!」


悟空「ガツガツ ムシャムシャ・・・」


ヤド少女「ゴクウさんすごーい!」


フリーザ「下品な奴め・・・」


ヤド父「フリーザ・・・さん」


フリーザ「ん?・・・なんでしょうか?」


ヤド父「少女の父です・・。娘を救ってくれた事・・・感謝します」


フリーザ「いえ・・・」


悟空「気にすんなよ!当然の事しただけなんだから!」


フリーザ「(貴様が言うな・・・)」


ヤド父「お礼と言ってはなんですが、明朝広場で待っていてもらえますか」


フリーザ「広場ですか・・・?・・・いいでしょう・・」


ヤド少女「フリーザ様も遠慮してないで食べなよー」


フリーザ「(このフリーザが下等生物と見下している他星人達と食卓を囲っている・・。

   パパやクウラ兄さんが見たらなんというだろう・・・)」


ヤド少女「フリーザ様、どうしたの?」


フリーザ「!いや・・なんでもありませんよ。」


悟空「フリーザそれ食わねぇのか?俺が食っちまうぞぉ!!」


フリーザ「あ、コラ!貴様!私はまだ一口も手をつけていないんだぞ!!」



悟空「グガー・・・グゴー・・・」


ヤド少女「・・・・・」


フリーザ「(少し前まで敵だった者にこんな無防備な姿を晒すとは・・・余程自身があるのかバカか・・・)」


フリーザ「(私も大分回復した・・・。今なら・・・)」


ヤド少女「・・・う・・・ん・・・」


フリーザ「・・・・ちっ・・・(もう寝よう・・・)」


翌朝


ヤド父「おはようございます。」


悟空「よぉ、おっちゃん。何を見せてくれんだ?」


フリーザ「何故、貴様がここにいる」


悟空「いいじゃねぇか!別に減るもんじゃねぇし・・・」


ヤド父「あなたはご存知でしょうが、我々ヤードラット星人は力はありませんが、特殊な技を持っています。

  娘の回復能力のように・・」


フリーザ「・・・なるほど、僕に貴方の技を伝授してくれるというわけですか」


ヤド父「ええ・・・そういう事です」


悟空「へえー!フリーザいいなぁー!」


フリーザ「それで・・なにを教えて頂けるので?」


ヤド父「瞬間移動です」


フリーザ「瞬間移動・・・??」


ヤド父「ええ、今見せて御覧にいれます」


シャッ


悟空「お!消えた!」


フリーザ「・・・超スピード移動か・・・?」


シャッ

ヤド父「お待たせしました。どうです?」


悟空「いやー・・オラ達にはただ消えただけしか見えなかったけどなぁ・・・」


フリーザ「いや・・サイヤ人・・君はなにか気づかないのか?」


悟空「え?」


ヤド父「そうです、私の右手にあるコレ・・・悟空さんの隣に置いてあった昨日の料理の残りです」


悟空「え?・・あ!!ホントだ!いつの間に!!!全く気づかなかったぞぉ!!」


フリーザ「なるほど・・便利そうな技ですね・・・」


悟空「いいなぁ・・オラも覚えてぇな〜」


ヤド父「この瞬間移動は相手の気を感じないと使えませんので、そこを忘れないでおいてください・・・」


フリーザ「ええ・・、わかりましたよ」


悟空「よーし、オラも覚えっぞ!」


ヤド父「では・・・始めましょうか」


ヤド少女「いいなぁ、二人で楽しそう・・・」


ヤド母「邪魔しちゃダメよ」


数時間後


フリーザ「・・・!」


シャッ


ヤド父「!」


悟空「おお!」


シャッ

フリーザ「・・・どうやら、出来たようですね・・」


ヤド父「お見事です」


悟空「ちっくしょ〜!フリーザに出来てなんでオラにできねぇのかな〜!」


フリーザ「失礼な。君と僕では応用力が違うのさ・・・」


悟空「そういやおめぇ、超能力とかも使えたもんな〜〜・・ずりぃよ・・・」


フリーザ「ヤド父さん、ありがとうございました・・・あのサイヤ人の事は放っておいてください」


ヤド父「はぁ・・。あとフリーザさん・・・一つ約束してくれませんか?」


フリーザ「・・・?なんでしょうか」


ヤド父「この私が授けた能力・・・決して邪悪な事に使わないと言う事を・・・」


フリーザ「(・・このフリーザになにを言っているんだこいつは・・・?)」


悟空「あたりめぇだろ!もしそんな事したらまたオラがとっちめっぞ!!!」


フリーザ「瞬間移動を使えない君が僕を止められるのかな?」


悟空「あ!ちっくしょう、バカにしやがって!見てろよー!!」


フリーザ「まぁ、せいぜい頑張るんだね・・。・・ヤド父さん・・わかりました・・お約束しましょう・・・」


ヤド父「ええ・・・」


ヤド少女「フリーザ様ぁー!」


フリーザ「!おや・・・」


ヤド少女「修行は終わったの?」


フリーザ「ええ・・まぁ・・・」


ヤド少女「じゃあ、どこか連れて行ってよ!」


フリーザ「なに・・・?」


ヤド少女「いいでしょ?私あまり遠くに行った事ないの!お願い!」


フリーザ「・・・・」


悟空「フリーザ、行ってやれよ」


フリーザ「いちいち僕に指図するんじゃない、サイヤ人。・・いいでしょう、でどこに行きたいんです?」


ヤド少女「えーと・・・じゃあ、あっちの山!」


フリーザ「山・・ですか・・・まぁ、いいでしょう」



フリーザ「こんな廃れた山なんか来て、どうするんです?」


ヤド少女「ここの山奥にね、仙人って呼ばれる人が住んでるんだよ!」


フリーザ「仙人・・?」


ヤド少女「その仙人さんも面白い能力を持ってるから、フリーザ様に教えたかったの!」


フリーザ「そうですか・・。どんな方なのか・・楽しみですよ・・・」


山奥


フリーザ「・・・あの古ぼけた建物にいるんですか?」


ヤド少女「うん!おーい、仙人ー!」


仙人「なんじゃい?」


フリーザ「!いつの間に後ろに・・!(気の探りに慣れてないとはいえ、このフリーザの後ろをとるなど・・・)」


ヤド少女「わぁ、びっくりした・・久しぶり!」


仙人「なんじゃコイツは?新しい友達か??」


ヤド少女「フリーザ様って言うんだよ!」


フリーザ「どうも・・・」


仙人「フリーザ?・・はて、なんか聞いた名前だな・・・まぁ、いい。」


フリーザ「・・・」


仙人「立ち話もなんじゃ、わしの家に入りなさい・・・」


フリーザ「(そういえば以前ギニュー特戦隊がここを攻めた時、ギニュー隊長からの報告で聞いたような・・・。


ギニュー「フリーザ様!こちらギニューです!」


フリーザ「ご苦労様です。それで首尾は?」


ギニュー「制圧寸前の所まで来ているのですが、少々問題が・・」


フリーザ「どうしたんです?」


ギニュー「妙な爺が現れまして・・・我々の制圧の邪魔をしてくるんです」


フリーザ「そんなモノ、とっとと片付けてしまえばいいでしょう」


ギニュー「リクーム達からの報告によるとその爺、中々の腕前のようで・・・手こずっているようなのです」


フリーザ「ならば貴方が直々に出向けばいいだけの話でしょう・・・」


ザーボン「フリーザ様!失礼します!」


フリーザ「なんですかザーボンさん、慌しい・・・・」


ザーボン「は!ベジータの通信を傍受しました所、ナメック星という所にドラゴンボールなるモノがあるそうです!」


フリーザ「そうですか・・・」


フリーザ「・・ギニュー隊長。」


ギニュー「は!」


フリーザ「その程度の星はいつでも制圧が出来ます。貴方方は一度惑星フリーザに戻ってきなさい。」


ギニュー「は!かしこまりました!」


フリーザ「私はザーボンさんとドドリアさんを連れてナメック星へ向かいます。

   その間のこの星の守備は貴方方に一任します」


ギニュー「は!お任せ下さいフリーザ様!!!」


フリーザ「(・・・まさか、この爺があの時の・・・?)」


仙人「・・・お前さん、なにか悩みがあるようだね」


フリーザ「え?・・・そうでしょうか?」


仙人「ああ、ワシの目はごまかせんよ」


仙人「お前さんは今大きな壁にぶち当たっとるね。・・それを乗り越えられなくてイライラしてる・・・」


フリーザ「・・・そう見えますか?」


仙人「ああ、見えるね。アンタは今柄にもなく壁を乗り越えようと努力しようとしている・・・」


フリーザ「・・・」


仙人「壁なんてな・・。乗り越えなくていいんじゃよ。ぶち壊せばいいんじゃよ」


フリーザ「・・はぁ。まぁ、それが一番手っ取り早いでしょうね・・・」


仙人「お前さんが何者かは知らんが・・・わしがお前さんに力を得るチャンスをやろう」


フリーザ「・・・ほう」


仙人「・・・これじゃ」


ドン

フリーザ「?・・なんですこれは・・・」


仙人「わしは仙水と呼んでおる」


トクトクトク・・・


フリーザ「仙水・・・」


ヤド少女「普通の水と違うの?」


仙人「ああ・・(超神水と同じような説明)・・という水なのじゃ」


フリーザ「・・・自分の潜在能力を引き出す水・・・」


仙人「まぁ信じる信じないわ、アンタの勝手じゃが」


フリーザ「(これを飲めば・・・僕は完全な100%フルパワー状態で戦えるのか・・・)」


仙人「どうする?飲むの?飲まないの?」


フリーザ「・・・にわかには信じ難い話しですが・・・」


仙人「じゃあ飲まんのな」


フリーザ「いやいや、飲みます。飲みますよ」


仙人「飲みたいなら飲みたいってさっさと言えばいいんじゃ。ほれ」


ヤド少女「フリーザ様・・・」


フリーザ「(ただの水にしか見えないのに・・なにか不思議な力を感じる・・・。)」


仙人「死んでもワシの責任じゃないからのぉ」


フリーザ「・・・行きます(サイヤ人・・!俺はお前を超えるぞ・・・!!!)」


ゴクッ


ヤードラット村


悟空「ん〜・・・むむむ・・・」


ヤド父「力んだって出来る技じゃないんですよ」


悟空「う〜ん・・わかってるんだけどよぉ・・どうも力が入っちまうんだよなぁ・・・」


悟空「・・・ん!?」


ヤド父「どうしました?」


悟空「大きな気が乱れ減っていく・・・!フリーザ・・!?」


ヤド父「な、なにかあったんでしょうか?」


悟空「わからねぇ!ちょっと見てくる!!」


ドギャッ


ヤド少女「フ、フリーザ様!」


フリーザ「ぐああああああううあああああ・・・!!!」


仙人「嬢ちゃん、近寄っちゃいかん。うかつに寄って蹴られでもしたらあの世行きじゃぞ」


ヤド少女「フリーザ様・・っ・・フリーザ様!頑張って!負けないで!!!」


フリーザ「があああっ・・!!!ぐぅううううっ・・!!!」


悟空「この山か?うわっ、すげぇ霧だ!!・・どこだ、フリーザ・・・!?」


ヤド少女「フリーザ様はこんな事で死なないよね!!フリーザ様は強いんだもん!!」


フリーザ「がああ・・・あああ!!!」


ヤド少女「大丈夫!苦しかったら私の能力で助けてあげる!!だから、頑張って!!」


フリーザ「ぐあああああ!!!サ・・・イヤ人・・・・!!!!」


悟空「!?」


ゾワッ


悟空「(な、なんだ今の気・・・?鳥肌起ったぞ・・・)」


スゥゥゥ・・・


悟空「!霧が晴れた・・・」


仙人「どうやら、乗り越えたようじゃな・・・」


フリーザ「う・・・うぅ・・・」


仙人「(わしの見立てでは120%死んでたハズ・・・。こいつ、運が良いのか・・それともド根性か・・・)」


ヤド少女「フリーザ様!大丈夫!?」


フリーザ「・・あ・・あぁ、大丈夫・・です・・」


悟空「フリーザ!」


仙人「おお?客人の多い日じゃの・・・」


フリーザ「サイヤ人・・・心配で見に来てくれたのか?」


悟空「いったいなにがあったんだ?」


仙人「まぁ簡単に説明するとパワーアップするための修行をしてたんじゃよ」


悟空「修行・・?そうか・・フリーザ・・おめぇの気を感じて鳥肌が立ったが・・・そういう事だったんか・・・」


フリーザ「・・サイヤ人、表に出ようか」


ヤド少女「フリーザ様・・」


フリーザ「大丈夫ですよ」


ニコッ


悟空「大丈夫だ、嬢ちゃん。なにも心配する事ねぇ」


ヤド少女「うん・・・」


フリーザ「・・・・」


悟空「・・・・


悟空「すげぇなフリーザ・・・気がよ・・・格段にちげぇ・・・」


フリーザ「地獄を見ましたからね・・・」


悟空「・・・で、どうすんだ?ここで決着をつけんのか?」


フリーザ「いや・・この星で騒ぎを起こすつもりはない・・・」


悟空「そうか・・・」


フリーザ「だが決着はいずれつけるという事は忘れるな」


悟空「ああ、わかってるよ・・!オラも負けねぇように修行すっからよ!!」


フリーザ「・・・ふっ・・」


フリーザ「ところでサイヤ人、君は地球に戻る気はあるのか?」


悟空「ああ、そりゃぁモチロン。でも戻るなら瞬間移動を覚えた後だな」


フリーザ「そうか・・なら決着は地球でつけよう。」


悟空「ああ、望む所だ」


フリーザ「君は引き続き修行を続けるといい。僕は宇宙船を修理しておく。」


悟空「おめぇ、できんのか?」


フリーザ「一応はね・・。君に任せるよりは安心だ」


悟空「はははっ!そりゃそうかもな!!じゃあそっちの事は頼んだぞ!」


フリーザ「ああ・・・」


ヤド少女「フリーザ様・・・」


フリーザ「今から宇宙船の修理に行きますが・・一緒に来ますか?」


ヤド少女「うん!」


フリーザ「仙人・・お世話になりました」


仙人「なに、わしはなんもしとらんよ」


仙人「あの男とは敵対していたようじゃが・・・まぁなんじゃ・・頑張れよ」


フリーザ「ふふ・・ありがとうございます。では・・・」


ヤド少女「よいしょ・・・」


ドギャッ


悟空とフリーザがヤードラット星に来て既に1年近くが経過した


悟空「んー・・・・・・・・・」


ヤド父「・・・・」


悟空「!」


シャッ


ヤド父「おお!!」


シャッ

フリーザ「!サイヤ人・・・」


ヤド少女「びっくりした〜」


悟空「へへっ、悪い悪い・・・」


フリーザ「ようやくモノにしたのか・・・」


悟空「ああ、まぁな・・・。そっちの方はどうなんだ?」


フリーザ「上々の出来だ。試運転合わせてあと数日で使えるようにはなる」


悟空「そっか・・・」


ヤド少女「私も手伝ったんだよ!」


悟空「そっかそっかぁ・・おめぇには迷惑かけっぱなしだなぁ〜」


ヤド少女「フリーザ様、もうそろそろ行っちゃうの?」


フリーザ「ええ・・でも私には瞬間移動がありますから・・。いつでもここに来れますよ」


ヤド少女「そうか〜よかった〜」


悟空「・・・」


ヤド少女「必ず来てよ!私、待ってるから!!」


フリーザ「ええ・・約束しますよ・・」


そしてついに出発の日を迎えた


悟空「いや〜、長い間邪魔して悪かったな!」


村長「いえ・・・その分力仕事などで頑張ってもらいましたので・・こちらこそ礼を言いたいくらいです」


フリーザ「少女、元気でやるんですよ」


ヤド少女「うん・・」


ヤド父「貴方達の事は忘れません。必ずまたいらしてください!」


悟空「おう!また美味い飯ご馳走してくれよな!!」


フリーザ「図々しいぞ・・・サイヤ人・・・」


悟空「じゃあみんな!元気でな!!」


ヤド星人「悟空さんも元気でー!!」


ヤド星人「また来いよーー!!!」


フリーザ「では・・・またお会いしましょう・・」


ヤド少女「絶対来てよ!!約束だよ!!」


ヤド父「お元気で・・・」


ヤド母「道中の安全をお祈りしてます・・・・」


悟空「どうなってんだコレ?ボタンだらけでわかんねぇぞ?」


ピッピッピ・・


フリーザ「無闇やたら触るんじゃありませんよ、こっちで制御するから待ってなさい」


フリーザ「目的地指定・・・到達時間計算・・・出発準備完了・・・」


フリーザ「発射しますよ」


悟空「おう!」


ピッ


『発射準備完了・・・』


ヤド少女「・・・・」


(手を振る)


フリーザ「・・・ニコリ」


ドンッ ドンッ


悟空「うはー!宇宙って真っ黒だなー!!ナメック星来る時はよく見えなかったけどこりゃすげぇや〜」


フリーザ「地球到着時間までまだまだあります。到着まで仮眠状態にセットもできますが」


悟空「いやぁ、いいよ。暫くこの景色を見てみてぇ・・・」


フリーザ「そうですか・・・」


悟空「オラの父ちゃんもこんな景色ばっか見てたんかなぁ〜・・・」


フリーザ「・・・・そうかもしれませんね」


数時間後


フリーザ「・・・・・・」


悟空「おい!おい!フリーザ!!」


フリーザ「ん・・・?なんです・・・?」


悟空「あの宇宙船って、お前達が乗ってきた奴と同じのじゃねぇか!?」


フリーザ「・・まさか・・・パパ・・?」


悟空「地球に向かってねぇか?あれ・・」


フリーザ「そうか・・僕が死んだと思って自ら地球侵略に向かったのか・・・」


悟空「このままじゃアイツらの方が先に地球についちまうな・・・」


悟空「ま、地球にはピッコロに悟飯、クリリンに天津飯、それにベジータがいるから大丈夫だろ・・・」


フリーザ「奴らが平和ボケしていたら・・どうなるかわかりませんがね・・・」


悟空「フリーザ、いくらお前の父ちゃんでもオラ達に危害を加えたら容赦しねぇぞ」


フリーザ「ええ、わかってますよ・・・」


悟空「おめぇの父ちゃんは強いのか?」


フリーザ「さぁ・・・戦った事はないから・・・わかりませんよ(・・だが僕の予想では・・・)」


大気圏


悟空「・・ん?」


フリーザ「・・・!」


悟空「フリーザ、感じたか?今の」


フリーザ「ええ・・、大きな気が現れて・・・パパの部下達の気が消えましたね・・・」


悟空「でも誰だ?人数が合わねぇぞ?」


フリーザ「残るはパパの気だけか・・・(さてパパ・・・貴方は僕達が着くまでもつのか・・・)」


ズズーーーーンッ・・・・


フリーザ「到着です」


悟空「よし、出るか・・!」


プシューッ


悟空「・・・久しぶりの地球だ・・・」


フリーザ「・・・パパの気はまだある・・サイヤ人、あっちの方向だ」


悟空「よし!急ぐぞ!!」


フリーザ「・・・・」


ドギャッ


コルド「勝てんのだっ!!」


ガキンッ


コルド「!」


トランクス「そうでもなかったみたいだな・・」


ピタ・・・

コルド「ま、待て・・!!!」


トランクス「・・ん・・?この気は・・・?」


ベジータ「!カカロット・・・ともう一つ・・?」


ピッコロ「まさか・・この気は・・・」


クリリン「フ、フリーザ・・?」


悟飯「・・ど、どういう事・・・?」


ザザッ


悟空「よぉ、みんな!」


フリーザ「・・・・」


コルド「フ、フリーザ!?生きていたのか?」


トランクス「バカな・・何故悟空さんとフリーザが・・?」


ベジータ「ど、どうなってやがるんだ?」


コルド「フリーザ!!事情は後で聞く!まずこの小生意気な小僧をやってしまうのだ!!」


フリーザ「・・・」


トランクス「!」


コルド「コイツの片腕はワシが抑えておる!!今の内だ!!」


フリーザ「・・宇宙一を自称する一族の長が武器を使うとは・・」


シャッ


ベジータ「!?」


ピッコロ「消えた!?」


トランクス「!(どこに・・!)」


シャッ

コルド「!」


フリーザ「・・・・」


クリリン「あ!あそこだ!あの大王とか言う奴の後ろ!!」


フリーザ「貴方はもう大王でもなんでもない・・・ゴミだ」


ザンッ


コルド「フリ・・ザ・・なぜ・・・・」


トランクス「・・!?」


フリーザ「・・・」


トランクス「(父親を自ら・・?・・だが、コイツが危険な存在には変わりない・・!!)」


悟空「ストーップ!みんな一回オラの話しを聞いてくれー!!」


トランクス「・・し、しかし・・・」


フリーザ「・・僕は君と戦う気はないよ」


トランクス「・・・」


悟空はこれまでの事は全員に詳しく説明した・・・


悟空「ってわけだ・・」


フリーザ「・・・・」


ピッコロ「信じられんな・・・あのフリーザが・・・」


ベジータ「・・・・」


クリリン「一応・・安心していいんだな・・」


トランクス「(俺が知ってる歴史と違う・・。一体何故・・?)」


悟空「とりあえず、今のフリーザはあん時とは違うんだ。信じてやってくれ」


フリーザ「僕はフリーザとして、この男とただ決着がつけたいだけさ」


悟空「あれ・・?そういや天津飯とか餃子やヤムチャは?」


クリリン「あの3人はあの大王とかいう奴に殺されちゃったんだ・・。

  俺達も応戦したんだけど、歯が立たなくて・・そこにこの人が来てくれたんだ」


悟空「おめぇ、さっきスーパーサイヤ人になってたけど・・」


フリーザ「(サイヤ人にまだ生き残りがいたのか・・・?)」


トランクス「・・すみません、皆さんの前ではちょっと・・・」


ブルマ「なんか孫君に大事な話があって来たみたいなの」


悟空「オラにか?」


フリーザ「・・・サイヤ人、そろそろいいか?」


悟空「・・あ、そうだな・・・」


クリリン「・・え・・そろそろって・・・」


ピッコロ「ここで決着をつける気なのか?」


悟飯「そ、そんな・・せっかく帰って来たのに・・いきなりなんて・・・」


フリーザ「・・大丈夫、地球への被害は最小限に食い止めますから・・・」


悟空「ま、そういう事だな」


トランクス「(このフリーザに悪意は感じられない・・・だが、コイツを生かしておいてはいけない・・・。

  悟空さんがダメな時は俺が・・・)」


悟空「場所はここでいいか?」


フリーザ「ええ、かまいませんよ・・」


悟空「皆はもっと離れててくれー」


クリリン「わ・・わかった・・・悟空、気をつけろよ・・!」


悟飯「お父さん・・・」


ピッコロ「・・孫、負けるなよ・・・」


トランクス「貴方は下がらないんですか?」


ベジータ「フン、俺に話しかけるな。」


トランクス「・・・すみません」


ベジータ「・・おい、一つだけ言っておくぞ」


トランクス「・・はい?」


ベジータ「どんな状況になろうと、絶対に邪魔に入るな」


トランクス「・・・わかっていたのですか・・・」


悟空「ん〜っと・・いっちにーさんしー・・・」


フリーザ「柔軟体操ですか・・」


悟空「おう、やるのとやらないのじゃ全然違うぞ。おめぇもやってみろよ。」


フリーザ「・・ふふ、そうですね・・。」


ピッコロ「あのフリーザが柔軟体操している・・?」


クリリン「フリーザ・・あんなキャラじゃなかったよな・・・?」


悟空「んっとー・・さて・・・」


フリーザ「・・・ふぅ」


悟空「いいか?フリーザ?」


フリーザ「ふふ・・いつでもどうぞ・・」


悟空「はあああぁあっ!!!!!!」


ドギャアッ


フリーザ「ほああぁぁっ!!!!!」


ドギャァッ


ピッコロ「!」


ベジータ「む・・・これは・・!」


トランクス「・・!!」


クリリン「ちょ、ちょっと・・これどっちが上なんだ!?」


悟飯「わ、わかりません・・!!!」


ベジータ「(互角・・?いや・・・・)」


悟空「今度は限界無しのフルパワーか?」


フリーザ「ええ・・、思いの他心も落ち着いてますよ・・」


悟空「そうか・・・。フリーザ・・おめぇにこんな事言うのも可笑しいけどよ・・感謝してるぜ・・。

お前がいなかったらオラはここまで強くなれなかったのかもしれねぇ・・・」


フリーザ「・・・礼を言うのはこちらの方ですよサイヤ人・・・いえ、孫悟空・・・」


悟空「本当ならありえねぇ再戦だ・・・」


フリーザ「存分に楽しみましょう・・・」


シャシャッ


ピッコロ「消えた!」


ベジータ「!(ちぃ・・早すぎる・・)」


トランクス「(俺の目でも追うのがやっとだ・・!悟空さんはともかくフリーザは何故ここまで強く・・復讐心だけでここまで強くなれるのか・・?)」


シュバババッ!!バギキッ!!


クリリン「お、音だけしか聞こえねぇ・・・」


悟飯「お父さん・・頑張って・・!!」


悟空「(すげぇ・・!フリーザ・・!!おめぇがこんなに強くなってるなんて・・!!予想外だ・・!!)」


フリーザ「(重い一撃だ・・!サイヤ人・・!流石に手こずらされただけある・・!!!)」


シャッ

クリリン「あ!あそこだ!!」


悟空「か・・め・・は・・め・・!」


フリーザ「!」


悟空「波ああぁぁぁーーーー!!!!」


フリーザ「デスビーム!!!」


ドッグオオオオォォン!!


ベジータ「ぐぬっ!」


クリリン「うわわわわっ・・!!」


悟空「・・!!!!!(フリーザ・・なんでおめぇとは同じ星で出会えれなかったのかな・・・。

オラはもっとおめぇと戦いたかったぞ・・)」


フリーザ「・・・!!!(俺は・・負けるわけにはいかない!!宇宙一の一族の一人として・・・!!俺を待ってる者のためにも!!!)」


ゴゴゴゴゴゴゴ・・・


トランクス「(な、なんて気と気のぶつかりあいだ・・!)」


ベジータ「(カカロット・・!フリーザなんかに負けやがったら許さんぞ!)」


ゴゴゴゴゴゴ・・・


悟空「ぐぎぎぎぎ・・!!」


フリーザ「!!ぎ・・ぎぎ・・!!!」


ピッコロ「悟空が僅かに押している!!」


クリリン「悟空ー!!ふんばれーーー!!」


悟空「うおああああああーーーー!!!」


ズドゥッ!!


フリーザ「!!!ぐわあああああーーーー!!!!」


ッッッズボォゥッ!!!!


悟空「はぁ・・はぁ・・」


トランクス「!(やったか!)」


ピッコロ「いや・・まだだ!フリーザは生きている!!」


ベジータ「相変わらずしぶとい野郎だ・・・」


フリーザ「はぁっ・・!はぁっ!!」


フリーザ「・・れられん!負けられん・・!!俺は・・俺は・・!!!」


悟空「フリーザ・・・・わかった・・・」


スッ・・


フリーザ「!」


クリリン「え!」


悟飯「ま、まさか・・・」


ベジータ「あれは・・?」


ピッコロ「げ、元気玉・・!?こ、こんな時にか!!」


トランクス「(元気玉・・?)」


悟空「フリーザ・・これがオラの全身全霊をかけた技だ・・・」


フリーザ「・・・にぃ・・流石はサイヤ人・・そうこなくてはな・・」


ピッコロ「バカな・・!そんな隙を見せられる相手ではないだろう!!」


悟飯「い、いえ!ピッコロさん・・!フリーザを見てください!」


ピッコロ「・・・笑っている・・?」


クリリン「アイツ・・・、正面からやりあう気かよ・・!」


悟空「地球の皆・・近くにいる惑星達よ・・オラに元気をわけてくれ・・・」


グゴゴゴゴゴ・・・・・・・


フリーザ「デスソーサー・・・」


ボッボッボッボッボッ


クリリン「ああっ!俺のパクりだぁ!!」


ピッコロ「5個も同時にか・・!!!」


ベジータ「・・・っ!」


悟空「・・・・・・!・・で、できた・・!!」


ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・


トランクス「(な、なんだあのエネルギーの塊は・・!?)」


クリリン「す、すげぇ・・!ナメック星よりも何倍もでかい・・!!!!」


悟飯「お父さん・・本気でフリーザを倒すんですね・・・」


悟空「フリーザ・・・」


フリーザ「孫悟空・・・」


悟空「おめぇはスゲェよ・・生まれ変わったら、また会えるといいな・・・!」


フリーザ「俺は宇宙一なんだ・・・!!だからお前はこの俺の手によって死ななければならない・・・!!!!」


ゴゴゴゴゴゴゴ・・・


悟空「だああありゃあああーーーー!!!」


グオウッ


フリーザ「俺に殺されるべきなんだーーーーーー!!!!!!」


シュババババババッ!!!


クリリン「ふ、伏せろーーー!!!」


悟飯「!!!」


ピッコロ「くっ!!!」


トランクス「うわっ!」


ベジータ「ぬうっ!!!」


悟空が放った特大元気玉はまっすぐフリーザに向かって落ちていった


フリーザが放った5つのデスソーサーが元気玉を切り刻んだ・・


フリーザの本命はここからだった


切り刻まれた元気玉は四方に散り、悟空の姿を丸見えになった


フリーザはすぐさまデスボールを悟空目掛けて放った・・・


フリーザ「(俺の為にも!!俺を待つ者の為にも!!!消えてなくなれ!!サイヤ人!!!)」


デスボールが悟空に着弾したかと思った瞬間・・


悟空の姿は消え、フリーザの背後から声がした


悟空「・・じゃあな・・・フリーザ・・」


フリーザ「・・!!(瞬間移動かめはめ・・・・


悟空「波ぁぁぁぁーーーーーーー!!!!」


ズッッドオオオウウウウゥウゥ!!!!!


ゴゴゴゴゴゴ・・・・・・


クリリン「・・ごほっ・・ごほっ・・」


ピッコロ「ど、どうなった・・?」


悟飯「・・お父さん・・?」


ベジータ「・・・・」


トランクス「悟空さん・・・」


悟空「・・・・・・・」


クリリン「悟空!」


ピッコロ「・・やったか・・!フリーザを・・・!」


ベジータ「・・・・」


トランクス「よかった・・・」


悟飯「お父さん・・・」


悟空「・・・・はぁ・・はぁ・・・」


ドサッ


ピッコロ「!」


クリリン「ご、悟空ー!」


カメハウス


悟空「・・・・・」


悟空「・・ん?」


チチ「あ!悟空さ!!みんなー!悟空さが目を覚ましたぞー!!」


悟空「チチ・・」


クリリン「悟空!」


悟飯「お父さん!!」


ピッコロ「・・ふん、随分と長く眠っていたんだぞ」


悟飯「よぉみんな・・。そうか・・どうりで腹が減ってるわけだ・・」


グウウゥゥ〜・・・


亀仙人「おぉ、悟空!」


悟空「おお、じっちゃん久しぶり・・!」


ブルマ「孫くん、お疲れ様!」


悟空「ああ・・ありがとな・・あれ?ベジータは?」


ブルマ「ベジータは今、離れの島にいるわよ。あの紫髪の子と一緒に」


悟空「そうか・・行ってみっか」


離れの島


トランクス「!」


ベジータ「!」


悟空「よぉ、二人とも」


トランクス「悟空さん、ご無事で何よりです!」


ベジータ「フン、これでまた戦闘力をグッと上げやがったか・・」


悟空「いやぁ・・全身が痛ぇや・・・。・・ところで、えーと名前は・・・」


トランクス「トランクスです。実は悟空さんにあるものを渡しに来たんです」


悟空「なんだ?食い物か?」


ベジータ「馬鹿か貴様は・・」


トランクス「これです・・身体に異変を感じたらすぐ飲むようにしてください」


悟空「なんだこりゃぁ?薬か・・・?」


ベジータ「・・それで、お前は一体何者なんだ?いい加減に言え」


トランクス「・・すみません。今はまだ・・」


ベジータ「ちっ・・」


トランクス「・・でも、お二人に・・皆さんに説明出来る日もそう遠くはないと思います」


悟空「そっか・・、ならそん時に聞かせてもらおっかな!」


ベジータ「・・・」


トランクス「では、俺は失礼します・・。・・必ず生き延びてください・・・」


ドシュッ


悟空「なんか落ち着かない奴だなぁ・・・」


ベジータ「・・・・」


悟空「ベジータ、なにさっきから黙ってるんだよ?」


ベジータ「・・・貴様の甘さには相変わらず反吐が出るぜ・・・」


悟空「え?(ドキッ)」


ベジータ「・・フン、他の奴らは出し抜けたかもしれんが、俺はそうはいかん・・・」


悟空「ま、まぁ・・これが一番の選択だったとオラは思う。皆には黙っててくれないか・・?」


ベジータ「フン、呆れて言う気も起きんわ・・。・・・くだらねぇ、俺も帰る」


悟空「え?飯食ってかないのか?」


ベジータ「歴然たる差をつけられてのほほんとなんかしていられるか!!見ていろカカロット!!すぐに追いついてみせるからな!!」


ドギャッ・・


悟空「やれやれ・・・」


悟空「・・・フリーザ・・・怒ってねぇかな?・・ベジータの言うとおり、オラは本当に甘いかもしんねぇ・・」


悟空「でも・・孫悟空として・・戦闘民族として・・この選択しか思いつかなかったんだ・・・」


悟空「あ〜・・怒ってるだろうな〜フリーザ・・・」


宇宙空間


フリーザ「・・はははは・・・!げほっ・・!」


フリーザ「やれやれ・・あのサイヤ人の甘さには血反吐が出ますね・・・」


フリーザ「私を死んだ事にし、さらにヤードラット星の前にまで吹っ飛ばしてくれるとは・・・」


フリーザ「・・少女はこんな姿を見たらなんて言うでしょうね・・・。」


フリーザ「・・・・まぁ、約束を破るよりいいでしょう・・。さて、意識がなくなる前に・・ヤードラットへ瞬間移動しますか・・」


フリーザ「・・・孫悟空・・貴方こそ、私が最も恐れた最強のサイヤ人です・・・。このフリーザを倒したんです・・。

   そこらの雑魚に負ける事は許しませんよ・・!」


フリーザ「ほーっほっほっほっほ!!ほーっほっげほっ!!


シュンッ


シュンッ


ヤド少女「!!」


フリーザ「・・はは・・・こんな姿で情けない・・・」


ヤド少女「よかった・・!約束・・守ってくれたんだね・・・」


フリーザ「ええ・・ギリギリ・・でしたが・・」


ヤド少女「もう会えないと思ってた・・、ありがとう・・約束守ってくれて・・・」


フリーザ「・・どういたしまして・・・それより・・・ごほ」


ヤド少女「?」


フリーザ「この、傷・・・治してくれません・・・?意識が・・・も・・・」


ヤド少女「ああ!!ごめんなさいごめんなさい!!!」


FIN 

 

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


コメントの数(5)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:95dd8l5n0編集削除
フリーザの1人称が「俺」の時点で読むのをやめた。
2 . 名無しさん  ID:xDyC1Ra30編集削除
FINの後に「続きを読むならログイン」
どういうことなんだ・・・
3 . 名無しさん  ID:O3DWoHG30編集削除
※1
ナメック星崩壊時の追いつめられた状態では俺といったろ
まぁ長引きすぎではあるが
4 . 名無しさん  ID:cTuHOfw90編集削除
米2

「もうちょっとだけ続くんじゃ。」
5 . 名無しさん  ID:cSpFqsBj0編集削除
フィン!

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ