カテゴリー:

おもしろ体験談

私には、十歳ほど年が離れた従妹がいる。
素直で利発でお手伝いも良くする子で、私も両親もその子を大変に可愛がっていた。
そんなある日、当時小学生の従妹が両親のもとを訪れ、

「おじさん、偉くないの?」

と、目に涙を浮かべながら聞いたという。
それだけではどういう意味か良く解らないので、詳しく話を聞いてみると、従妹にはAという友達がいるのだが、その子に、

「お前のおじさん下っ端w」

と嘲笑されたそうだ。


私の父はとある一部上場企業に勤めていたが、Aパパも同じ会社で働いていた。
Aパパの職位は課長。
一部上場企業の本社勤務の課長を親に持っているというのがAの自慢の種。
あまりにも自慢を繰り返すし、時々他人の親を見下すような発言もするので、たまらなくなった従妹が、

「私のおじさんだって、同じところに勤めているよ。」

と反論したそうだが、数日後にAから上記の台詞を返されたという。
そこまで聞いて母が思い出したのが、Aママの存在である。
私の母は、Aママを時々近所のスーパーで見かける事があった。
ご近所さん情報で、Aパパが私の父の同僚であるとは知っていたが、夫の会社の関係を持ち出してどうこうする気の無い母は、Aママに話しかけるような事もなかった。
ところが、先日Aママが向こうから寄ってきて、父の事を根掘り葉掘り聞いてきたという。
おそらくは、従妹から聞いた話がAから伝わって、自ら「品定め」に来たのだろう。

特にAママがこだわったのが転勤の話。
その企業では、新卒はもれなく地方の営業所からスタートし、その後転勤する場所によって、本社に戻った後の出世の度合いが違う。
大都市勤務が続いた人ならば、その人は有望な出世株と判断できるわけだ。
ちなみに、私の父の転勤回数は0。
それを聞いて「転勤なし→転勤すらさせてもらえない人→いい年なのに使えない下っ端」とAママの脳内では変換されてしまったようだ。
それがAママからAに伝わって、Aの発言に繋がったのだろう。
「転勤が無いという事=私の父のキャリアが本社から始まってそのまま変わっていない」
という例外に気付かなかったのが、Aママの頭の残念なところ。

話を聞き終えて、父がとった行動は二つ。
一つは、小学生の従妹に理解できるように言葉を尽くしながら、自分の立場を説明した事。
もう一つは、会社でAパパに対して、

「お前、女房の躾が悪いな。」

と言った事。

実は父の職位は上席部長。
職位で言えば、課長よりは3ランクは上であり、その企業には表ではあまり知られていない部署があるのだが、父はその部署のトップ。
日本で知らない人がいないレベルの企業を数社担当していた。
父に転勤が無かったのは、そういう特別な部署にずっと所属していたからであって、無能どころか父が居なければその部署はやっていけない。
そういう事なので、役員の方々も父には一目置いていた。
Aパパは、そんな人から突然に自分の妻の事で咎められて混乱した。
父がそれ以上の言葉を続けなかったので、慌てて妻子から事情を聞きだし、おそらく真っ青になっただろう。
父は、本社の工場のキャパが足りない場合に、父の部署で契約している工場を使って一部を引き受けたりする事も少なくないので、それを恩に感じている人は多かった。
その中にはAの現在の上司もいれば、かつて助けられた元の部課長、現在では役員クラスもいる。
下手をすれば、社内の怒りが一斉に自分に向かう事に、Aパパは気付いたのである。
Aパパは、妻子が二度とこのような事を起こさないように、徹底的に締め上げたそうな。
後にAパパから私の父に対して謝罪があり、Aママは二度と私の母に近寄らず、従妹が事情を知っている為に、友人内でのAの自慢と見下しは一切無くなった。
という事で、めでたしめでたし。

以上父の武勇伝?です。

まあ、確かに印籠って言えば印籠。
父の自慢って言えば、自慢。
思い出話と老人の記憶から繋いだ話だから、推測の部分もあるし、オーバーになってるかもしれない。
父は子供同士の関係などには「なるようになる」的に無関心だったから、私がいじめられて泣いて帰ってきても、話すら聞こうとしなかった。
それが、可愛い従妹の為とはいえ行動を起こしたと知って驚いたし、それ以上に何か複雑な、もやもやした気分になったものだったよ。
正直に言えば、気持ちの整理的に投下してみたけど、GJでも叩かれてもどちらでも良かった。

文にしてみてからふと思ったのだが、結局父は従妹の為に動いたのではなかったのかもしれない。
会社の名前を出して騒いでいるA母娘を放置すれば、やがては会社の名前に傷をつけると思ってAパパに釘を刺しただけで、ただ単に従妹が苛められているだけだったらスルーだったかも。
こんな事は従妹には言えないけど。
大人気なくも溺愛する姪を助けた話でいいじゃないか。
父が従妹を可愛がっていたのは事実なのに。
こういう思いを抱く自分は健全ではないなと思う。
いずれにしても、それを確かめる術はもう無いのが残念です。

 


コメントの数(6)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:czM0b3WN0編集削除
ママ友会とかも似た感じだろ?
女ってバカだなあって見られる行動だって気付かないと
2 . 名無しさん  ID:IuBMXZ.o0編集削除
いじめられて泣いて帰ってきた子を放置するのは糞親だな
おそらく自分の立場を守りたかっただけだろう
地位に立てたのも他人を蹴落としての上でだろ
3 . 名無しさん  ID:UIOv9h0J0編集削除
自身では何の功績も持たず、男に依存して生きているから、
男やその他の付属物の勝ち負けで他人にマウンティングするしか自尊心とか虚栄心を満たせないんだよ。

本来、フェミ活動家はこういうクソ女を叩き潰して再教育して回るはずなんだが、一切不問なんだよな。
4 . 名無しさん  ID:X5KRI.nb0編集削除
最後の節に書かれている通り、父親はAママの行動を咎めたかったのだろうな。
もしAママとは無関係にAが従妹をいじめたのであれば、父親は何もしなかっただろう。
5 . 名無しさん  ID:goxONpGT0編集削除
>家庭に無関心
古い人なんだからそらそうだとしか
男は外で命一杯働いて、嫁子供を食わせていく事が至上命題って時代でしょ
育児は嫁が管理する範疇だから口出しも手出しもしない
当然、嫁からの相談に乗ったりはしてただろうが、それを子供たちに見せる事はしなかったんだろうね
6 . 名無しさん  ID:86vFeUhy0編集削除
マウンティングってやつかね。女っていやだわ。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ