カテゴリー:

感動体験談

まだ子供の頃の話です。 


実家はマンションを経営してるんですが、そこのひと部屋に、893が事務所を構えてしまいました。 

毎晩大騒ぎをして、近所迷惑この上なしだったんですが、893なだけに文句を言える人もなく、周囲は空き部屋に。 

当然の事ながら、入居者は激減。 

このままでは、家族揃って食っていけなくなる…と本気で困っていました。 




ある日、父が真剣な顔をして私と弟、母を呼び、1人ずつぎゅっと抱きしめた後 

893事務所へ乗りこんでいってしまいました。 

怖くて怖くて、どうしようかと思いましたが、泣いていても仕方ありません。 

父が危なくなったら飛び込んでやる!と、子供心に決心して 

木刀を持ってコッソリ家を抜け出し、弟と一緒にて父の後をつけました。 


父は堂々と事務所に入っていき、しばらく出てきませんでした。 

相変わらずやかましい事務所内で、父が何を話したかは解りません。 

私と弟は事務所のドアの前で、木刀握り締めて父を待っていました。 

暫くして、ドアが開き、父が出てきました。 

私達の姿を見て、びっくりした様子でしたが、何も言わずドアを閉めようとした瞬間、893のドスをきかせた声がしました。


「あんたの言いたい事は解ったよ、でもなぁ、あんたと家族、これから何があるかわかんねぇよ?」


咄嗟に父の足にしがみつき、隙間から見える893を睨むと

本物かどうかは知りませんが、チャカを構えていました。

たぶん、ずっと父に突き付けていたのでしょう。

私の姿が目に入ったのか、893はさらに続けて


「お嬢チャン可愛いよなぁ?オーナーさん?」


と、ニヤニヤしつつ父に言い放つと、その途端、父の形相が変りました。


「ああ?ふざけんな!てめぇ殺すぞ!」


「ははは、ヤクザを脅すんかい、オーナーさん」


「おまえらはヤクザだが、俺は親父だ!」


「オーナーさん、こっちはコレ(チャカ)持ってるんだよ?」


「その程度で俺は殺れねぇ!俺は親父だ!こいつらの親父だ!ふざけんな!」


「・・・わかった、俺の負けだ」


そう言うとヤクザはドアを閉め、翌日出ていきました。

普段、ひょうきんで明るい優しい父が、あれほど凄まじく怒りをあらわにしたのは

後にも、たぶんこれから先もないと思います。


あの後、


「お父さん、お父さん」


と泣きじゃくる私と弟を、


「うん、お父さんだよ」


と、優しく抱っこしてくれた父。

この人の娘で本当に幸せです。


当時子供でしたし、見ていた事しかハッキリとはわかりませんが、あの時見たことは本当ですし、私が父を誇りに思っているのも事実です。


893は実際に翌日荷物を纏めて出ていきました。

その時に滞納していた家賃も纏めて払っていったと、母から聞いています。

まがい物なのか、本当のヤクザなのかは知りませんが

イレズミが袖から見える人達が出入りしていたのでヤクザと書きました。

すぐ出ていった事は驚きましたが、父曰く


「そこはあっちもプロなんだろ」


との事です。 

 


コメントの数(4)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 .   ID:63j0ltVE0編集削除
覚悟決めた一般人と事を構えるよりかは…さっさと次に行くかって事なのかね。
2 . 名無しさん  ID:Tj.MbD6u0編集削除
次の住居の契約が必要なんだからいくらなんでも次の日には出て行かないよ。
893は住居の契約取るの大変なんだから。
3 . 名無しさん  ID:ubCF1Kvc0編集削除
突っ込みどころしかねぇ!
4 . 名無しさん  ID:vBOU3ObL0編集削除
※3 おっ?

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ