カテゴリー:

おもしろテキスト

ズギャオッ  シュインシュインシュイン

悟空「!?」

ベジータ「!?」

ナッパ「な、なんだこりゃあ!!?」

悟空「な、なんだコイツ?いきなり金色に…」

ベジータ「ナ、ナッパ!な、なにをした!?」

ナッパ「な、なんもしてねえよ。だが…よくわからねえが力が沸き出て来るぜ……!」

悟空(な、なんちゅう気だ……!)

ベジータ「よくわからんが、戦えるのならさっさと戦え!」

ナッパ「おうよ!へっへっ、行くぜカカロット!!」ドギャッ

悟空「!?消え…」

ナッパ「おらああっ!!」

バキッ
悟空「」

ドサッ

ナッパ「え!?」

ベジータ「!?い…一撃だと……?」

ナッパ「………」

ベジータ「…」


ナッパ「お、おいベジータ…」

ベジータ「……よくわからんが、お前は一瞬でカカロットを上回る戦闘力を手に入れたようだ」

ナッパ「あ…ああ……」

ベジータ「……。とにかく、目的は果たした。一旦、惑星フリーザに戻るぞ」

ナッパ「…お、おう」

ベジータ「ポッドを呼び寄せる。お前はそこのチビ二匹を始末しておけ」

ナッパ「わ、わかったぜ」

惑星フリーザ

ベジータ「…」

ナッパ「ベ、ベジータ。さっきから何を黙ってんだよ」

ベジータ「お前が地球でなったあの金色の姿………」

ベジータ「あれはもしかすると、伝説と言われたスーパーサイヤ人なのかもしれん」

ナッパ「ス、スーパーサイヤ人だと!?お、俺がか!??」

ベジータ「スーパーサイヤ人になったサイヤ人は爆発的に戦闘力が上がると聞いた事がある。
手玉に取られていたカカロットを瞬殺出来たのも納得がいく」

ナッパ「………」

ベジータ「…ナッパ、スーパーサイヤ人にはなれるか?」

ナッパ「ここでかよ?ま、まぁ、なんとなくだが出来る感じはするぜ…」グッ

ベジータ「待て!ここでスーパーサイヤ人になったら大事だ!フリーザの星なんだぞ!!」

ナッパ「そ、それもそうだな…!すまねえ、ベジータ」

ベジータ「馬鹿が……(あれが本当にスーパーサイヤ人だとしたら、コイツの戦闘力は俺をも超えているかもしれん…)」

ベジータ「…どれ」カチャ

ナッパ「?スカウター?」

ベジータ「技術部から貰った新型のスカウターだ。ギニュー特戦隊クラスの戦闘力も計る事が出来る」ピピピ…

ベジータ「カカロットとの戦いで少しは戦闘力が上がっただろう。もしかしたら戦闘力に鍵があるのかも知れ……」ピピピ
ナッパ「ど、どうだベジータ」

ベジータ「……!?(戦闘力11000!?お、俺と大差ないだと!?)」

ナッパ「な、なんだよ。どうしたんだよ」

ベジータ「………………戦闘力8500だな。」

ナッパ「8500!?マ、マジかよ!!」

ナッパ「へっへっへ、もう少しでベジータに追い付けるんじゃねえか!?」

ベジータ「チッ…調子に乗るな」

ベジータ(素の戦闘力で11000…ではスーパーサイヤ人化した時の戦闘力は………少なくとも大猿化した俺以上…?)

ベジータ(しかし、ナッパごときが何故スーパーサイヤ人に…!?俺だって戦闘力は10000を超えている……奴になれるなら俺だってなれる筈……!)

ナッパ「8500か……カカロットに感謝しねえとなぁ…」

ベジータ(この単細胞に出来て俺に出来ない筈がない!何かしらの条件がある筈だ!!)

キュイ「よう、久しぶりだな。お前ら」

ナッパ「!…ち、キュイ……」

ベジータ「…」

キュイ「なんだよ、久しぶりに会ったってのに、ンな顔する事ぁねえだろ」

ベジータ「失せろ、お前と話す暇などない」

キュイ「まあ待てよ。ラディッツはいねえようだが、便所にでも行ったのか?」

ベジータ「……ラディッツは死んだんだ。地球でな」

キュイ「え………………ぷはははは!マジかよ!?無敵のサイヤ人様があんなゴミみてえな星の奴にか!?」

ナッパ「ち……また始まりやがった」

キュイ「ははははは!いやぁ悪ぃ、悪ぃ!!笑うつもりはないんだけどよ、つい…」

ベジータ「話は終わったな。行くぞ、ナッパ」

ナッパ「お、おう」

キュイ「!ちょっと待てよ。何処に行く気だ?」

ベジータ「チッ…何処だっていいだろう。てめえのいない場所にだ」

キュイ「へっ、それがそうもいかねえんだなぁ」

ナッパ「あ?」

ベジータ「?」

キュイ「お前ら、惑星シャーツを落とした後、帰還命令を無視して地球に向かっただろ」

ベジータ「…」

キュイ「その事にフリーザ様は大変お怒りだ。…そこで俺がお前らのお仕置きに来たのよ」

ナッパ「な、なにぃ…?」

ベジータ「…」

トレーニングルーム

キュイ「へっへ、ラディッツが死んじまったのは残念だったな……たっぷり可愛がってやろうと思ったのによ」コキコキ

ベジータ「…」

ナッパ「ち…舐めやがって……」

ベジータ「ナッパ、ここにこれたのは好都合だ」

ナッパ「?ど、どういう事だ、ベジータ?」

ベジータ「このトレーニングルームは特殊な構造で出来ている。この星よりも頑丈だ」

ナッパ「……………?」

ベジータ「馬鹿め、わからないのか!ここでならスーパーサイヤ人になっても問題ないと言う事だ!!」

ナッパ「!」

キュイ「なにコソコソ喋ってんだ?」

ベジータ「それに、ここは監視される機器もない。思う存分やれる」

ナッパ「そ、そうか……!」

ベジータ(…これでナッパの真の戦闘力を計る事が出来る……)

キュイ「覚悟はいいのか、お前ら?」

ナッパ「…キュイ、てめえの相手は先ず俺だ」

キュイ「……は?」

ナッパ「てめえの相手は俺一人で十分だって事だ」

キュイ「………ははは!!大した自信じゃねえか!戦闘力4000が限界のサイヤ人がよ!!!」

ナッパ「スカウターで計ってみるんだな……!今の俺の戦闘力をよ…!」グッ

キュイ「ケッ、馬鹿らしい…………………ん?」ピピピ…

ナッパ「はあああああ……!」

ゴゴゴゴ…

ベジータ「……!」ピピピピピピ

キュイ(…!?せ、戦闘力11000……)ピピピ…

ナッパ「ずああああぁっ!!!」

ズギャオッ 

ピピピピピピー ボンッ

キュイ「ぐわっ!?」

ベジータ「うおっ!」ピピピ- ボンッ

シュインシュインシュイン…

ナッパ「へっへっへ……旧式スカウターが爆発したって事ぁ、10000は超えられたって事か…」

ベジータ「……………!!?」

ベジータ(新型スカウターが爆発する直前に捉えた奴の戦闘力………ご…550000だと…!?)

キュイ「あ……ああ………!」

ナッパ「…そんじゃあ、行くぜ。いいよな、ベジータ?」

ベジータ「……………」

ナッパ「?おい、ベジータ!」

ベジータ「!」ビクッ

ベジータ「か………構わん!前々から鬱陶しかった奴だ!!殺してしまえ!!!」

ナッパ「おう!!」ギャオッ

キュイ「ひ……!待っ…………」

ナッパ「キュイ!くたばりやがれえええぇ!!!」ブンッ

ドグチャッ
キュイ「」ドサッ

ナッパ「へっ、汚ねえ花火だぜ……」

ベジータ「………」

ナッパ「この力は本物だな……キュイをあっさりと片付けちまった………」

ベジータ(550000………ナッパごときが………ギニュー特戦隊……いや、もしやフリーザ並の戦闘力を…!?)

ナッパ「ベジータ、どうしたんだよ」

ベジータ「…はっ。い、いや、なんでもない…」

ナッパ「ん?あれ、新型のスカウターはどうしたんだ?」

ベジータ「あれは爆は………じゃなくて、お前がスーパーサイヤ人になった時の衝撃波で壊れたんだ!馬鹿め!!!」

ナッパ「す、すまねえ…力加減が難しくてよ………」

ナッパ「ベジータは・・・・・俺が守る!」

ベジータ(おのれ……何故、俺がナッパごときに怯えなければならん……!基礎能力は俺の方が上なんだ……!俺がスーパーサイヤ人になれさえすれば………!)

ナッパ「…ベジータ、これからどうするんだ?」

ベジータ「……キュイを殺してしまったからな。とりあえず、フリーザに報告をしとこう。行き過ぎた処罰をしてきた為に正当防衛で奴を殺した、とな」

ナッパ「そ、そうだな。さすがにフリーザは怒らせたくねえしな……」

ベジータ(この単細胞をどうにか上手く使ってフリーザを倒せないものか…………)

フリーザ『……そうですか。そのような事が…』

ベジータ「申し訳ありません」

フリーザ『やれやれ、一足連絡が遅かったようですね』

ベジータ「?…遅かった?」

フリーザ『ええ。帰還命令を無視した罰はあなた方の発見したドラゴンボールの事で帳消しにしようとしたのですよ』

ベジータ「!!ド、ドラゴンボール…!?」

フリーザ『私の船は今、ナメック星へと向かっているんですよ。本場のドラゴンボールを手にいれる為にね』

ベジータ「……!そ、そうでしたか…」

フリーザ『私はドラゴンボールで永遠の命を手に入れ、この宇宙を未来永劫、守って行くのです。』

ベジータ「…素晴らしいお考え、さすがはフリーザ様…!(くそ……!冗談じゃない!)」

ナッパ「ベジータ遅ぇなぁ……言い訳が長引いてんのか?」

タッタッタッタ…!

ベジータ「ナッパ!来い!!ナメック星へ向かうぞ!!!」

ナッパ「…え?な、なんだよいきなり。どうしたってんだ?」

ベジータ「いいから黙ってついてこい!話は外でしてやる!!」

ナッパ「???」

ベジータ「さっさと来い!俺を起こらせたいか!!!」

ナッパ「わ、わかったぜ…」

ナッパ「なにぃ?フリーザがナメック星に!?」

ベジータ「そうだ!あの野郎もラディッツの通信を聞いてやがったんだ!!」

ナッパ「マジかよ……!」

ベジータ「奴はドラゴンボールで不老不死を得ようとしている!奴が不老不死になったら俺達はいつまでも奴等の飼い犬だ!!」

ナッパ「なんてこった……それじゃあサイヤ人の再興も望めねえ………!」

ベジータ「その通りだ。だから、俺達もナメック星へ行き、奴より先に願いを叶えなければならない!」

ナッパ「で、出来るのかよ?俺達二人だけで!?」

ベジータ「出来る出来ないじゃない!やるしかないんだ!!」

ベジータ「幸い、ギニュー特戦隊は他星を攻めている。ナメック星に向かったのはフリーザとザーボン、ドドリア、あとは雑魚だ」

ナッパ「ザーボンとドドリアの戦闘力は俺達を上回ってるじゃねえか!10000ちょっと超えの俺でどうにかなるのかよ!!」

ベジータ「……っ」

ベジータ「…………550000だ」

ナッパ「………?」

ベジータ「お前の戦闘力は550000なんだよ!!」

ナッパ「……………………はぁ?」

ナメック星

ギューーーーーン

ドゴーーン ドゴーーン

ザーボン「ん…?」

ドドリア「宇宙ポッドか?増援を手配した覚えはねえよな?」

ザーボン「ああ…」

フリーザ「……恐らく、ベジータとナッパでしょうね」

ザーボン「え?」

ドドリア「あの二人が?……そうか、さてはこのドラゴンボールを横取りしようって腹だなぁ!?」

ザーボン「愚かな……」

フリーザ「ほっほっほ、飼い犬に手を噛まれるような躾をした覚えはないんですがね……」

ナッパ「…ここがナメック星か」

ベジータ「……いいか、ナッパ。先程も話したが、短期決戦だ」

ナッパ「ああ、わかってるぜ。俺がスーパーサイヤ人になって奴等を皆殺しにすりゃいいんだな」

ベジータ「フリーザの戦闘力が不明なのが一つの不安だが、奴を討つ機会は今をおいてない!」

ナッパ「わかってるぜ、ベジータ。はあああっ!!」

ズギャオッ シュインシュインシュイン……!

ベジータ「…」

ナッパ「へっへっ、さぁ、行こうぜベジータ」

ベジータ「…ナッパ」

ナッパ「あ?」

ベジータ「…戦う前に聞きたい。何故、お前はそれほどの戦闘力を手に入れた事を理解したのに、俺を殺さない?」

ナッパ「…」

ベジータ「俺はガキの頃からお前を侮辱し、痛めつけてきた。俺に恨みを持たなかったのか?」

ベジータ「俺がお前だったら、迷わず殺していた事だろう。……何故だ?」

ナッパ「………?なに言ってんだ、ベジータ」

ベジータ「…?」

ナッパ「俺はお前の手下だろうが…ガキの頃からな。星が消滅しようが、その関係に変わりはねえ」

ベジータ「……!?」

ナッパ「俺達の目標はサイヤ人の再興だろう?年寄りの俺だけが生き残ってどうする。俺に王様をやれってのか?…へっ、そりゃ似合わないぜ」

ベジータ「ナッパ…お前……」

ナッパ「俺ぁ、馬鹿だからな。戦う事しか能がねえ…」

ナッパ「上に立つのはベジータ、やっぱ王子であるお前なんだよ」

ナッパ「俺はただ、戦うだけだ。俺達の邪魔をする奴全てとな」

ベジータ「…………ふっ…この単細胞が…」

ナッパ「へっへ、そりゃ誉め言葉だな」

ベジータ「…行くぞ、ナッパ」

ナッパ「おう、ベジータ」

ピピピピピピ…

フリーザ「む?」

ザーボン「な、なんだ?ナッパの戦闘力がいきなり……」ピーーー ボンッ

ドドリア「おわっ!?」ボンッ

フリーザ「!」ボンッ

ゴオオオォォ…

兵士「フ、フリーザ様!!何かが高速でこちらに……!!!」

ナッパ「フリィィィィザアアァァァァ!!」カパッ

ザーボン「奴は……ナッパ!?」

ナッパ「ごああああぁぁーーー!!!!」ズァボッ

フリーザ「!」

チュドオオオオオォォンッッッ

ゴゴゴゴゴ……

パラパラパラ…

ナッパ「へっへっへ……すげえ威力だな…自分でも驚きだぜ」

「――確かに、驚きましたよ」

ナッパ「!」

ザッ

フリーザ「サイヤ人ごときが私に埃を被せるんですからね…ほっほっほ……」

ナッパ「ち……やっぱ生きてやがったか…」

フリーザ「…よくも大事な部下を殺してくれましたね。優れた部下を得るのは難しいんですよ……」

ナッパ「何言ってやがる。俺の攻撃が当たる直前にドドリアとザーボンを盾に使ったクセによ」

フリーザ「…!ほう、見えていたのですか」

フリーザ「少し見ない内に随分と変わられたようですね。ナッパさん」

ナッパ「おうよ、コイツはてめえが最も恐れていた力だぜ、フリーザ」

フリーザ「…!」

フリーザ「まさか………まさか、それが…?」

ナッパ「そうだ……てめえはサイヤ人が皆、こうなる事を恐れた…だから、惑星ベジータを消したんだろう?」

フリーザ「……」

ナッパ「へへ、ベジータの言ってた事をそのまま言っただけだけどな」

フリーザ「……そういえば、ベジータさんの姿が見えませんね」

ナッパ「おうよ。ベジータはきっと来ねえさ」

フリーザ「…?」

ナッパ「奴が到着する頃には俺がてめえを倒しちまってるからな!」

フリーザ「貴様……!」ピクッ

ナッパ「ベジータには…奴には生きててもらわなきゃ困るのよ。サイヤ人の未来の為にもなぁ」

フリーザ「…ほほほ、野蛮なサイヤ人がこれ以上増えては宇宙の、銀河の為にならないのですよ。…その理想…いや、幻想、私が粉々に打ち砕いてやりましょう」

ナッパ「へっへ……行くぜ、フリーザ」

フリーザ「……ふふ、戦う前にいい事を教えてあげましょう」

ナッパ「…?」

フリーザ「私の戦闘力は530000です。…本気でやらせてもらいますよ」

ナッパ「……へっ、安心したぜ。たった20000の差でよ…!」

ギュオオオオォォ…!

ベジータ「ちっ…!ナッパの野郎……!俺を出し抜きやがって……!!」

ズズズズズン…!

ゴゴゴゴゴゴ……!

ベジータ「!」

ベジータ「もう始めてやがる…!くそ……!もっと飛ばせ!!このくそったれめ!!!」

フリーザ「デスビームッッ!!!」

ピピピピッ

ナッパ「!!」

ドドドオォンッ!

ナッパ「ぐ…!そんなモンかよ、フリーザぁ!!」

フリーザ「馬鹿な…!?私のデスビームに耐えただと……」

ナッパ「」シャッ

フリーザ(!消えた…

ナッパ「後ろだよ!!」ブンッ

ズドッ
フリーザ「が……はぁ!?(こ、この一撃は…!?)」ガクッ

ナッパ「はぁ、はぁ………へへ、情けねえなフリーザ…!サイヤ人の攻撃に膝をつけるなんてよ!」

フリーザ「ぐ………おのれ……おのれぇぇ………!!サイヤ人ごときがぁ…!」ググッ

ナッパ「…っと、まだやる気かよ。さすがだぜ……」

フリーザ「……ふふ…ふ…ほほほほほほ………!」

ナッパ「?」

フリーザ「許さん…!貴様は絶対に許さんぞ!!!」

フリーザ「はああああああっ!!!」ボコッボコボコボコッ

ナッパ「!?な、なんだ!?フリーザの身体がでかく………!」

ズズズズ… ズンッ

フリーザ(第二)「はあっ…はあっ……」

ナッパ「な…なんだこりゃあ……!?」

フリーザ「……恐るべし、スーパーサイヤ人…!この俺に変身をさせるとは……」

ナッパ「変身、だと…?」

フリーザ「そうだ……お前がスーパーサイヤ人になって力をつけたように、俺も変身をする事で戦闘力が爆発的に上昇する!!」

ナッパ「…!」

フリーザ「くっくっく……戦闘力にしたら、100万以上は確実か…」

ナッパ「……へっへ…、わ、笑えねえ冗談だぜ………」

フリーザ「気をつけろよ………こうなってしまっては前より優しくはないぞ!!!」

ゴオオオォォ…!

ベジータ「!あ、あれは……!?」

ナッパ「おりゃあああっ!!!」ブンッ

パシッ
フリーザ「なんだ、これは?パンチのつもりか?」

ナッパ「…!」

フリーザ「いいか…教えてやる。パンチってのはこうやって打つんだっ!」

ズドッ
ナッパ「がっ…!」

ギューーーーーン ドゴオォン!!!

ベジータ「ナ、ナッパーーー!?」

フリーザ「ん?……ベジータか」

ベジータ「なんだアイツは…?フリーザ……なのか!?」

ナッパ「ぐ……畜生がぁ…!」ガラガラ…

フリーザ「!生きていたのか……さすがに、タフさは並ではないな」

ナッパ「く……なんて、馬鹿力だ…」

ベジータ「ナッパ!大丈夫かっ!?」

ナッパ「げ…!ベジータ………!す、すまねえ…死ぬかもしれねえ」

ベジータ「見ればわかる!俺も加勢する!!」

フリーザ「はっはっは!!ナッパより戦闘力が劣るお前が加勢してどうなる!?まさか、お前もスーパーサイヤ人になるつもりか!?」

ベジータ「……く!」

フリーザ「ふん…その顔ではなれないようだな」

ナッパ「ベ、ベジータ……逃げろ…!」

ベジータ「く……くそったれめ……!俺は…俺は………!!!」

フリーザ「ふっふっふ………死ぬ前に、お前達に更なる絶望を与えてやろう」

ナッパ「なに!?」

ベジータ「!?」

フリーザ「このフリーザは変身する度に戦闘力が爆発的に上がる。…そして、俺はまだ変身を二つ残している……!どういう意味か、わかるな?」

ナッパ「な…………!?」

ベジータ「そ……そんな………!?」

フリーザ「ふふふ…いい顔だ。まあ、お前達はこれ以上、先を見る事なく終わりを迎えるがな………」ザッ

ベジータ(フ、フリーザの奴はまだ変身を二つ残している…!?)

ベジータ(これ以上、変身をさせては完全に手がつけられなくなる…!だがどうやって………………………!?……………変身…だと?)

ナッパ「畜生………ここまでかよぉ…行けると思ったのによ…………」

ベジータ「諦めるな、ナッパ!!」

フリーザ「!?」

ナッパ「え?」

ベジータ「俺達サイヤ人には切り札がある事を忘れたか!!」ボウッ

ナッパ「パ、パワーボール…………?………!そ、そうか!わかる、わかるぜ!ベジータ!!!」

フリーザ「切り札だと…?……あのパワーボール…!?まさか!!!!」

ベジータ「サイヤ人は戦闘民族だ!!なめるなよぉーーーー!!!!」

ドシュッ

フリーザ「しまっ……!」

ベジータ・ナッパ「弾けて、混ざれ!!!」」

ベジータ「うおおおおおおお!!!」

ナッパ「ぐおおおおおおお!!!」

フリーザ「し……しまったぁ!!!」

グゴゴゴゴゴゴ…

メキメキメキメキ

大猿ベジータ「グルルル…」

大猿ナッパ「グアオオオオオ!!!!」

フリーザ「…!!!!」

大猿ナッパ「グオオオー!!!」シャッ

フリーザ「速い…!だが弱点が丸見えだ!!このデスソーサーで…

大猿ベジータ「グオオー!!!」ズドウッ

チュドオオオォンッッ
フリーザ「ぐわっ!?…この猿が!邪魔をす……

大猿ナッパ「ギャオオオ!!」

ガシッ

フリーザ「!!し、しまった…!」

大猿ナッパ「グオオオオオ…」メキメキメキメキメキメキ

フリーザ「が…!?ぐ………あがが…!」ビキビキビキビキ

フリーザ「は……離せ…!貴様…ぁ……!」ミキッ ミキキッ…

大猿ナッパ「ゴオオ…」メキメキ… メキ…

フリーザ「だから………貴様らのような…野蛮な猿は………この宇宙に……不必要…な………」

ベギベギベギッッ

プシャーッ……

大猿ナッパ「グオオオオオ!!!!」

大猿ベジータ「ガオオオオオ!!!」

ネイル「…汚い花火だ」

ネイル「良し!フリーザは死んだ!!奴等が油断している隙に尻尾を切り落とすんだ!!!」

若者達「おうっ!!!」

ザザザザザザッッ

最長老の家

最長老「……………!…ネイル達が尻尾の切断に成功したようです」

界王『おお、良かった良かった。これでこの星も安全じゃな』

最長老「まさか、スーパーサイヤ人にこの星の危機を救われるとは……わからないものですな」

界王『ワシの想像していた結末とはちょっと違うが、これも運命。フリーザが倒された事で結果オーライじゃ』

ベジータ「…」

ナッパ「…」

ネイル「…かつては様々な星を荒らし回っていた戦闘民族サイヤ人……フリーザを倒してくれた事には感謝をするが…やはり……!」

最長老『待ちなさい、ネイルよ』

ネイル「!最長老様…」

最長老『お前の気持ちもよくわかる。しかし、ここで命を奪う事は私が許しません』

ネイル「…承知しました」

最長老『彼等を私の家に連れてくるのです。』

ネイル「承知しました」

ナッパ「う……」

最長老「目覚めましたか。サイヤ人の戦士達よ」

ナッパ「な、なんだぁ!?」ビクッ

ベジータ「ナメック星人!?ここは…」

ネイル「…最長老様の家だ」

ナッパ「最長老?」

最長老「よくぞ、フリーザを倒し、この星を救ってくれました。一族を代表して、お礼をのべさせて頂きます」

ベジータ「礼…だと?フン、別に貴様達の為に戦ったのではない」

ナッパ「…ありゃ?あんだけあった傷が治ってやがる……?」

最長老「それはそこにいるデンデが治してくれたのです」

デンデ「…」

ベジータ「…こんなチビが……」

ナッパ「…へへ、ありがとよ、坊主」

最長老「あなた方には私からささやかなお礼の品をご用意しております」

ベジータ「?」

最長老「…ネイル」

ネイル「は…!……入ってきてくれ」

若者「…」ゾロゾロ…

ゴトゴトゴトゴト…

ベジータ「……!これは…」

ナッパ「なんだこりゃ?」

最長老「ドラゴンボールという物です。全てを揃えば願いが叶う…ナメック星の至宝です」

ベジータ「これがドラゴンボール…!」

ナッパ「…予想外だな。こんな形で手に入るなんてよ」

最長老「これから、ドラゴンボールを使い、あなた方の願いを3つ、叶えて差し上げましょう。どのような願いでも構いません」

ベジータ「………」

ナッパ「…ベジータ、どうする?」

ベジータ「……………」スッ

ベジータ「ナッパ、お前が決めろ」

ナッパ「お…俺がかよ?」

ベジータ「フリーザを倒せたのも、お前の力による所が大きい。お前が決めろ」

ナッパ「し、しかしよ…本当にいいのか、ベジータ?俺が…」

ベジータ「二度も言わせるな!!俺を怒らせたいか!!!」

ナッパ「うっ。す、すまねえ、ベジータ…」

ベジータ「ふんっ…」

ナッパ「……じゃあ、俺が決めさせてもらうぜ。最長老さんよ」

最長老「わかりました。それでは準備をしましょう」

………………

シュオオオオーー

ポルンガ「ドラゴンボールを揃えし者よ。どんな願いも3つ叶えてやろう」

ナッパ「で、でけえな……」

ベジータ「…」

最長老「さあ、ナッパさん。どうぞ」

ナッパ「あ、ああ。…へへっ、なんだか緊張するぜ」

ベジータ「…さっさと言え」

ナッパ「おう。……まず一つ目の願いだ。地球で死んだ仲間、ラディッツを生き返らせてくれ!」

ベジータ「!ナッパ…お前……」

ナッパ「へっへ……文句は言わせないぜ、ベジータ。俺に任せたんだからな」

ポルンガ「ラディッツと言うものは生き返ったぞ」

ナッパ「あ?…でも、いねえじゃねえか」

最長老「ドラゴンボールで生き返る者は最期を迎えた場所で復活するのです」

ナッパ「そ、そうか!じゃあ二つ目の願いだ!!ラディッツをここに連れてきてくれ!」

最長老「……………」

ポルンガ「わかった、叶えよう」

シュインッ

ラディッツ「え……?…あれ?」

ナッパ「へっへ…よぉ、弱虫ラディッツ」

ベジータ「…ふん、久しぶりだな」

ラディッツ「ベ、ベジータ…?……にナッパ…?え…」

ポルンガ「二つ目の願いは叶えた。最後の願いを言うがいい…」

ナッパ「………」

最長老「…ナッパさん?」

ベジータ「……?どうしたナッパ、さっさと最後の願いを言え」

ラディッツ「……??」

ナッパ「…へへ、それがよ。思いつかねえんだ」

ベジータ「…なに?」

ナッパ「ラディッツを生き返させる事しか頭になくてよ」

ベジータ「………はっ……」

ラディッツ「??…俺?」

ナッパ「最後の願いはベジータ、お前に譲ってやるよ」

ベジータ「…!」

ナッパ「お前があの時、パワーボールを使ってくれなきゃ、結局フリーザにやられてたからな。お前にも願いを叶える資格はあるぜ」

ベジータ「ナッパ…」

ポルンガ「どうした、最後の願いはまだか」

ナッパ「ベジータ!」

ベジータ「ちっ…仕方ねえ……」スッ

ベジータ「…」

ポルンガ「さあ、願いを言うがいい」

ベジータ「……………」
ベジータ(俺は………)

ネイル「…待て!何かが……邪悪な気がこの星に近づいてくる!!」

ナッパ「あぁ?」

ベジータ「なに?」

ラディッツ「キ?」

ゴオオオオオォォ…

ベジータ「!」

ナッパ「あ、あの宇宙ポッド…!ギニュー特戦隊のじゃねえか!!」

ラディッツ「ギ、ギ……ギニュー特戦隊!!?」

ベジータ「…なるほど、フリーザと連絡が取れなくなったから直接来たわけか……!」

ナッパ「ち、いい所で邪魔しに来やがって…!俺が片付けてやるぜ」

ベジータ「…」

ベジータ「!」

ベジータ「待て、ナッパ!」

ナッパ「!?なんだよ、ベジータ?」

ベジータ「奴等など、俺達が相手をするまでもない」

ナッパ「…?ど、どういう事だ?」

ベジータ「最長老、最後の願いだ!先頭の宇宙ポッドの進路を太陽へ強制的に変更しろ!!」

ナッパ「!?」

最長老「そ、それが最後の願いでいいのですか?」

ベジータ「ああ」

ナッパ「どういう事なんだ、ベジータ?」

ベジータ「先頭のポッドは恐らくギニューの乗るポッドだろう。他の奴等もギニューの乗るポッドについていくようプログラムされている筈だ」

ナッパ「そんなに都合良く行くのかよ!?」

ベジータ「駄目だったらお前が倒しに行けばいいだけの話だろう!!いちいち俺を怒らせるな!!」

ナッパ「す、すまねえ……?」

ポルンガ「わかった、最後の願いを叶えよう」

ベジータ「さあ、どうなる!」

ナッパ「…」

ゴゴゴゴゴゴ…

クルッ

ナッパ「!?」

ラディッツ「!?」

ベジータ「見ろ!やったぞ!!」

ゴゴゴゴゴゴ…

ネイル「ポッドが引き返していく……」

ポルンガ「願いは全て叶えた。さらばだ」

シュオオオオーー…

ナッパ「……」

ナッパ「なあ、ベジータ」

ベジータ「なんだ」

ナッパ「あんなのが最後の願いで良かったのか?お前だって叶えたい願いがあったんじゃねえのか?」

ベジータ「…フン、フリーザを見てると不老不死という願いも馬鹿馬鹿しい物だと思っただけた」

ベジータ「俺達は戦闘民族サイヤ人だ。こんな物に頼らなくとも、願いは叶えられるだろう?」

ナッパ「ベジータ……へへ、そうだな…」

ラディッツ「…?」

ネイル(最長老様…やはり、こいつらは……)

最長老(大丈夫。大丈夫ですよ、ネイル)

ベジータ「さて、これからの目標だが…」

ナッパ「おう。勿論、サイヤ人の復興だよな」

ベジータ「こんな殺風景な星など、早く立ち去りたいがそうもいかん」

ナッパ「?何でだ?」

ベジータ「ラディッツの宇宙ポッドが無いからだ」

ラディッツ「え、俺…?あ……あぁ」

ナッパ「そういやそうだな。ここに置いてく訳にもいかねえしな」

ベジータ「不本意だが、移動手段を手に入れるまでは、この星に住むしかあるまい」

ナッパ「いいんじゃねえか?もしかしたらフリーザの残党が来るかもしれねえからな。ポッドはその時にでも奪えばいい」

ベジータ「それまでの間は、トレーニングだ。結局、スーパーサイヤ人になる条件は謎のままだしな」

ナッパ「そういやそうだったな。すっかり忘れてたぜ」

ラディッツ「……」

ベジータ「ラディッツ、お前もトレーニングだ。俺がマンツーマンで特訓してやる」

ラディッツ「な、なに!?ベジータと特訓?」

ベジータ「戦闘力1000ちょっとの奴にやられて恥ずかしくないのかお前は。それこそ、死んだ方がマシだと思える内容にしてやる」

ラディッツ「なんてこった…」

ナッパ「へっへ、たっぷり可愛がってやるぜ、ラディッツ」

ラディッツ「くそ…何がなんだかもわからずに………ん?」

キラッ キラッ キラッキラッキラッ

ラディッツ「お、おい!あれを見ろ!!」

ナッパ「ん?」

ベジータ「む…!」

チカチカッ ドコオオォォン…

ベジータ「…奴等のポッドが太陽に接触したようだな」

ナッパ「へっ……最期に綺麗な花火を上げたじゃねえか」

ベジータ「いや…奴等にそんな言葉は勿体無い」

ナッパ「そうだな……汚ねえ……汚ねえ花火だぜ…へへっ」

終わり

 


コメントの数(4)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:YqYgrSSm0編集削除
誰か三行で。
2 . 名無しさん  ID:bzdMK1FP0編集削除
ナッパ超サイヤ人化SS。
さして
面白くもなし
3 . 名無しさん  ID:YqYgrSSm0編集削除
>>2 ありがとうございます。
4 . 名無しさん  ID:Lir.YBOt0編集削除
三行読んだだけでパスして正解だった。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ