カテゴリー:

感動体験談

まずスペック
俺 25歳 会社員
嫁 26歳 主婦
結婚4年で小梨

まず前提として、俺は嫁にほとんど愛の言葉なんぞ送らん。
恥ずかしがり屋なんだよ。
それで、結婚した当初は毎日家で談笑していた。
まあ当然だけど。
でも、3年くらい前に会社の企画が色々相重なって、殺人的スケジュールになっていたことがある。
その時は家に帰ると、飯を食う、風呂入る、寝るという動作しかしてなくて、それを30分くらいで済ましてたからほとんど会話出来てなかった。
正確には、疲れすぎて会話すら出来なかった。


嫁もかなりストレスが溜まってたみたい。
それが終わってからも、なんか夫婦の会話がかなり減ったんだ。
俺的には倦怠期って奴かな?みたいに捉えてたけど、嫁はそうじゃなかった。
ぶっちゃけ、内部崩壊寸前だったみたい。
これが前置き。

今から半年くらい前、会社内既婚者の中で、配偶者に愛してると言ってみるってのが流行った。(発端はチャネラーの男)
それで仲がいい上司と話してた時も、当然その話題になった。
なんでも上司は、言葉で言うのが恥ずかしいから、手紙を家の机にそっと置いて行ったらしい。
それでも効果てきめんだったとか。
おお!それなら俺も出来る!!と思い立った俺は、休憩時間に手紙を書いてみた。

嫁へ。
いつも仕事の時に、家のことを全力でやっていてくれて助かってます。
家事全般が全く出来ない俺は、嫁に怒られてますね。
でも、口では言えないけど、心の中ではいつも感謝しています。
感謝してもしきれないほど、尊敬をしています。
今度仕事の休みをもらえます。
その時に、前に見たいと言っていた映画を二人で見て、おいしいご飯を食べようか。
僅かばかりだけど、頑張り屋さんの嫁への感謝の気持ちです。
苦労ばかりかけているけど、俺には嫁が必要だし、今の俺があるのは全て嫁のおかげです。
いつもありがとう嫁。心から愛してるよ。

内容はこんな感じ。
作りながら一人悶えてた。
これを封筒に入れて、映画のチケットを事前購入し同封。
準備が整い、さっそくその日は仕事を早めに切り上げて嫁に電話した。

俺「早く終わったから帰るね〜。あ、ちょっと話があるから〜(*´ω`*)」

嫁「・・・そう、ちょうど私も話があるの」

俺「あ、そうなんだ。とにかく帰るね〜(*´ω`*)」

こんな感じで切断。
心なしか、嫁の声が暗かったのを覚えている。
しかし当時の俺は「嫁、きっと喜ぶぞ〜」と地面から10僂曚鰭發くらい浮かれながら帰宅した。

家に帰ると、いつも居間にいる嫁が、なぜか台所のテーブルに座ってた。
しかし俺はウキウキしながら嫁に声をかける。

俺「ただいま〜(*´ω`*)」

嫁「・・・お帰りなさい」

俺(んん?ちょっと暗いぞ?)
そうは思っても、俺はしっかりと計画を実行した。
俺は自分でも分かるくらい気持ち悪いくらい笑いながら嫁に封筒を差し出す。
嫁は怪訝な目で封筒を手に取った。
それでも「“後で”読んでみる」って言いながら机に置く。
そこで俺、渡したら自分で書いた手紙を思い出し、無性に恥ずかしくなってきた。
だから逃げるように嫁に軽く言葉を告げ、近くのコンビニまでタバコを買いに行った。
買う時も、なんか一人で色々妄想しながら浮かれまくり。
それで家に帰った。
そしたら、嫁はどっかに出掛けてた。
そう言えば話があるとか言ってたとようやく思い出した俺。
ふと気が付くと、嫁が座っていたテーブルの上に茶封筒があった。
表には、“俺くんへ”と書いてあった。
なんだろうかと中を見たら、手紙が入ってた。
そん時は、「おお!嫁とフーチャリングしてる!!」とか呑気に考えてた。
それで、手紙を読んでみた。
内容はこんな感じだった。

俺くんへ。
まず、こういう形でしか伝えられないことを謝ります。
俺くんと出会った時は、毎日が楽しかったです。
結婚してからも、家の中はいつも明るく、私は本当に幸せでした。
でも、ここ数年は会話が減り、重い空気が漂っていました。
それでも俺くんを信じようと思ったけど、俺くんは何も言ってくれません。
会話もなく、ただ時間だけが過ぎていく日々。
私には、それが耐え切れなくなりました。
私達は、一度距離を置いたほうがいいのかもしれません。
だから、私も一人で今後を考えてみます。
もし俺くんに私への愛情がなくなっているなら、そう言って下さい。
その時は、私は何も言わずに離婚に応じます。
嫁より

俺、それ読んだ瞬間(*´ω`*)な顔から、一気に( ゚Д゚)に変わって固まってしまった。

それからしばらく呆然と立ってた。
もう一度読み返したけど、やっぱりそれは、嫁からの別居宣言。
俺、また呆然とした。
頭は絶賛混乱中。
でも、思い当たる節はけっこうあった。
確かにあの殺人的スケジュール以降は会話も減ってたし、なんか不機嫌な嫁に積極的に話しかけるのも控えてた。
気を使ったつもりでそっとしてたのが、かえって嫁を追い詰めてたと思い知った。
それからしばらく立ち尽くしてたけど、なぜか急に思い立った。
「俺も出ていこう」と。
自分でも何でそう思ったのか分からんけど、なんか無性に家にいるのが嫌になった。
とにかくすぐにでも家を出たかった。
それですぐに会社の上司に連絡。

「なんだ?嫁に逃げられでもしたか?www」

と冗談を言って来る上司に

「そうっす・・・」

と答えると、電話口で上司が慌てまくってた。
とりあえず、3日程休みを貰った。
そっからはよくあんまりよく覚えてない。
駅までフラフラと歩いて、よく分からん駅の切符を買って、電車に乗ってた。
なんかよく頭が働かない中で、ぼけーっと電車に釣り下がった広告見てた。

そっからいくつか電車を乗り継いだ。
乗り継いだというか、駅に止まって、そのプラットホームに止まってる他所行きの電車を見たら、何も考えずに乗り換えてた。
結局、終電近くまで電車に揺られ、聞いたこともない駅に降り立った俺。
乗り越し料金を精算し、初めての街をフラフラと歩いた。
頭の中では嫁との生活を思い出していて、ニヤニヤしたり泣きそうになったり、自分でも良く分からん状態だった。
その夜は公園のベンチで寝た。

翌朝、携帯の着信音で目覚める。
見れば嫁から凄まじいほどの着信があってた。
でも俺、ディスプレイに嫁の名前が映ってるのをぼーっと見て、これまたなぜか携帯を逆パカ。(そん時はガラケーだった)
そのまま近くの空き缶のゴミ箱にポーイした。
またフラフラと歩き始めた。
どこへ行きたいとかは全くなし。ただ目の前にある道を黙々と歩く感じ。
そしたら、そのうち山の袂の結構な田舎に入った。
田んぼ道を歩いていると、足を踏み外してすっ転び、田んぼに落ちる。
田んぼは雨水かなんかが溜まってて、俺泥だらけ。
なんか笑えてきて、そっから一人ヘラヘラ笑ってた。はたから見たら基地外だっただろう。
そんな俺に、

「あんた、何してんだ?」

と声がかかる。
見れば農作業してた感じの服装の爺ちゃん婆ちゃんが俺を見てた。
すみませんと謝って、再び歩こうと立ち上がると、爺ちゃんから止められる。
なんでも、そんな恰好の人を放っておけないとかなんとか言ってた。
そっから、なぜか老夫婦の家に行く。

爺ちゃんの家で、風呂に入るように言われた。
断ると爺ちゃんに

「人の好意は何も言わずに受けろ」

と怒られる。
すみませんと謝って大人しく風呂に入る。
上がると服と暖かい緑茶が用意されてたから、俺素直に着替えて飲んだ。
そしたら、婆ちゃんが神妙な顔つきで何があったかと聞いてきた。
たぶん、吐き出したかったんだと思う。
初めて会ったはずのその夫婦に、洗いざらい全部話した。
爺ちゃんたちは何も言わずに聞いていた。
話しながら、なんか無性に泣けてきて泣きまくった。
しばらく泣いたら、爺ちゃんが俺に言ってきた。

夫婦と言うものは、時にぶつかるもの。
その時に大切なのは、相手に向き合うことだ。
こう言うのもなんだが、今のアンタは色んなことから逃げている。
それでは本当に言いたいことは伝わらないし、手遅れになった時に後悔しかしない。
私も婆さんとよくケンカをした。
でも、その度にじっくり話して二人で解決してきた。
夫婦は年齢に関係なく、相手とは通じるものがある。
しっかりと相手と話せば、きっと相手にもアンタの気持ちが伝わるし、相手の気持ちも分かるはずだ。
そのお茶を飲んだら、奥さんのところに帰りなさい。
そして、後悔しないようにとことん話し合いなさい。

だいたいこんな感じの内容。
それ聞いて、俺はまた泣いた。
ちなみに、後から知ったけど、その爺さんは元学校の先生だったらしい。

外はもうすぐ夜だったので、その老夫婦が家に泊めてくれた。
あったかい飯と布団を用意してくれた。
至れり尽くせりって感じ。
それで翌朝、爺ちゃんに駅まで送ってもらった。
そっから丸一日かけて、自宅に帰った。
自宅に帰ると、なんか嫁が帰ってた。
テーブルに座って一人で泣いてた。
それで玄関を入った俺に気付くと、嫁が更に泣きじゃくって猛烈な勢いで俺に抱き付いてきた。
ひたすら

「ごめんなさい」

って泣いてた。
嫁が実家に帰って一泊した翌朝、俺からもらった封筒を思い出して開けてみたらしい。
そこでようやく、俺のパルプンテが届いたみたい。

聞けば、両親、義両親が総動員で俺を探してて、見つからないから捜索願いって段階だったらしい。
俺は両親に凄まじく怒られた。
義両親にも頭を下げた。
そっから爺ちゃんに言われたとおり、嫁とひたすら話し合った。
そこで、嫁がどれだけ寂しかったかがよく分かった。

翌日、嫁と一緒に老夫婦の家にお礼を言いに行った。
嫁と仲直りしたことを言うと、自分のことみたいに喜んでいた。
そこで、婆ちゃんにこそっとどうしてあそこまでしてくれたのかを聞いてみた。
何でも、昔爺ちゃんが教師だったころ、とある生徒が色んな理由で自害したらしい。
その時に爺ちゃんは激しく後悔して、俺を見かけた時の顔が、その生徒の顔とかなり似ていたとか。
つまり爺ちゃんは俺が自殺すると思い、何とか引き留めようとしたらしい。
はたから見たら基地外だと思ってたけど、はたから見ると自殺企図者だったようだ。
何度も爺ちゃん婆ちゃんに頭を下げて、俺達は帰った。

まあそれから別居はなくなったし、俺と嫁の夫婦仲はそれまで以上に良くなった。
おかげで半年経った今でも毎日ラブラブ状態。
あれから俺は、極力嫁と色んな話をするようにしている。
嫁もまた、俺に色んな話をしてくる。
あの日ラブレター作戦を決行していなかったら、今頃どうなってたか分からん。
あのおかげで、俺と嫁はやり直せたと言っても過言じゃないだろうし。
とにかく、結果として俺のパルプンテはいい方向に作用してくれたわけだ。

ちなみに、嫁の実家に住む嫁妹が後日こそっと教えてくれた。
朝不機嫌そうな顔をしてた嫁が、俺からの手紙を見た瞬間にボロボロ涙を流して、とても大事そうに手紙を抱きかかえながら

「私も愛してます」

って泣き叫んでたとか。
それは俺は知らないことになってる。www

一歩間違えたらじゃくて、一ミリでも違ってたら色々アウトだっただろうな。
運が良かっただけの話だな。

昔から俺は何もないんだよ。
これと言った特技はないし、何の才能もない、頭も悪い。
カッこいいわけないし、性格も微妙だと思う。
仕事も効率が悪いってよく言われるし、いてもいなくても変わらんだろう。
それでも嫁っていう最高の女と結婚出来て、職場の上司は時々冗談いうけどホントにいい人ばかり。
今回のパルプンテで、改めて周りの人に心から感謝出来てるよ。

愛してるとは言ってないという凡ミス。
てことで、昨日の夜さっそく言ってみた。
腰痛い・・・。


コメントの数(4)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:k.HdY.BB0編集削除
これから腰が痛くならないように、、、

彡(^)(^) もげてええんやで(ニッコリ
2 . 名無しさん  ID:wPDE9kMY0編集削除
(*´ω`*)モゲル
3 . 名無しさん  ID:zQ304R2.0編集削除
くそが(泣)
4 . 三沢岳明  ID:HivnWzMX0編集削除
臭うな・・・
あのラノベよりももっと妄想臭い・・・

ジャキッ!バァンッ!

答えろ!お前は何なんだ!

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ