カテゴリー:

ほのぼの体験談

初対面の時に遠まわしに最初は

「女は云々〜嫁なら云々〜」

と、こっちの様子を伺いつつ、私が黙ってるのをいい事に白熱してきて
最後はなんか興奮して

「わかったかー○(私の名)子〜!!」

と立ち上がって、こっちに拳振り下ろす真似してきた。


旦那は「親父酒ぐせ悪くてゴメンね、ちょっと我慢してくれる?」って感じだったけど
私は酔っ払いが大嫌い。そして威嚇された瞬間は確かに旦那は私を反射的に庇ってくれた。
だが、私は旦那を突き飛ばし無言でおもいきり目の前の机をダン!!と叩いて

「で?」

とだけ言ってウトを静かに見つめてあげた。
あっちも必死にブルブルしながら睨み返してきたけど、こっちも目をそらさなかった。

「女は糞ですが初対面ですよね?ところで私が段持ちなのはご存知ですか?」

と言うと、やっと目を離して無言でへたりこんだウト。
漫画みたいだった。
そして立ち上がって小声で

「すまんかった」

とだけ言って部屋出て行った。
帰りの車内で旦那に

「お前、段持ちなんだ・・知らなかった」

と言われたので

「うん、ソロバン持ってる」

と答えると
大爆笑しやがったので、とりあえず酔っ払い相手に我慢させたお前が一番悪いんじゃと〆といた。
以後ウトはなぜか私に優しい。
元々よその女には優しいクチらしく、嫁ではなく他人の娘として接してくれてる。
初孫が女の子だったせいか、今度は女マンセーとなって、旦那に育児・家事をがんばれと叱ってくれる。
今では冗談もいいあえる仲になったけど、以後一切私の前では酒は飲まなくなった。

「残念、今度は私も酔ったふりしてウトさんに色々・・・とか、なーんてね」

と笑って言った時、子犬のような目でフルフルされたw

コメントの数(5)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:g8Vg8HAh0編集削除
邪っチぇりぃぃぃぃぃぃぃ!!!
2 . 名無しさん  ID:eyQuKmxQ0編集削除
酒の勢いを狩りたフリをして、何をするつもりなのかしら、この嫁は。
3 . 名無しさん  ID:pKJIrF540編集削除
ほのぼのじゃない件
4 . 名無しさん  ID:xCUEi6oc0編集削除
>そろばん
5 . 名無しさん  ID:2OwXRMcE0編集削除
算盤、小学3年の時3級で止めたから段持ってるだけで凄いと思うわ。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ