カテゴリー:

おもしろ体験談

研修の休み時間にひとり離れて珈琲飲んでいたら嫁が誘ってくれた

珈琲サーバー前で

嫁「こちらで珈琲飲みませんか?」

俺「どうも、すいません。遠慮無く。」

研修は、市民対象だったんが1.5時間×3セットくらいのわりとヘビーなのが
2週間に1回程度、半年くらい続くようなやつ。

最初の研修の休み時間に、会場のロビーで。
嫁と何人かが集まって話していたんだけど、俺がひとり離れて珈琲飲んでいたら、誘ってくれた。

ぶっちゃけその時には何の印象も無かったんだが、不思議のご縁で数年後結婚することになった。



当時俺33妻帯者、嫁31未婚。
嫁のルックスは、古典的な地味美人。
天海祐希を醤油くさくして中肉中背にさせたみたいな。

あんまり無いレベルの偶然が重なって、最初からレールが敷かれていたみたいに、結婚することになった、という感じです。

自分はオカルトとかスピリチュアルとか信じてないんだが(縁がない)
この件についてだけは不思議だなぁと思う。
あたかも誰かが意志的に操作してるような感じを受けたよ。

まぁ、自分にそういう感性は無いのでホントの所はわからないけど(笑)。

半年の研修で参加者同士が仲良くなって、研修後もちょくちょく集まってはBBQとかしてたわけ。

仲間づきあいの一部に彼女とのやりとりもあったんだが、当時オレは職場の上司からのいじめと
うまくいかないケコーン生活でボロボロになりつつあり、余裕無くて次第に誰とも疎遠になっていった。

数年後オレは離婚して自炊とか定食屋通いなんかしてたら
たまたまその時期に、嫁が職場の研修だった。
その研修所のある地域がオレの居住エリア。
で、何故かしょっちゅう出逢うわけですよ。
スーパーや店で。
挨拶して再び連絡取り合うようになって、時々メールなんかしてた。

そのエリアは女性のひとり暮らしにはちょっと物騒な地区で
彼女の周りに事件がいろいろ起こるんだけど、成り行きでそのヘルプをやっているうちに親しくなり、結婚(オレは再婚)という感じです。

嫁は某公機関で激務のお仕事なんだけど、研修期間はそれに較べれば
はるかに楽なスケジュールらしく、時間に余裕があり俺の相手が
出来たということ。
なにかある度に図ったように事件が起こって、俺が彼女を助ける状況
になったこと。
何よりも、同じ地域とはいえ、しょっちゅう出逢う偶然。
正式につきあおうかとなったときに、彼女の両親や恩人に相談したら、
もう結婚した方が良いとなったこと。
結婚を決めたあと、何の障害も無く、誰も反対せず、ころがるようにひと月で入籍・結婚式。

当時嫁には、見合いの話やアプローチしてくる男が複数あったそうだけど、俺が(何でもない用で)電話したり連絡したり会ったりしていることによって、うまい具合にタイミングを外されて沙汰無しになってしまったこと。

俺はその時自分の両親とトラブルがあり絶縁状態だったんだけど、それも解消された。

いまだにいろいろ見事な流れで信じられないです。

コメントの数(6)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:v8ONRCQJ0編集削除
詳細伏せ過ぎでつまらない
2 . 名無しさん  ID:Q4w2YcTh0編集削除
※1 これ
3 .  名無しさん  ID:b8QuNkUA0編集削除
不思議なご縁でもう嘘臭くて読むのやめた
カルト野郎はビョーキだな
4 . 名無しさん  ID:tTMu0f.h0編集削除
This is the 縁 !
5 . 名無しさん  ID:wGkcx1460編集削除
※3 不思議な頭髪でもう嘘くさくて君を見るのをやめたい
ハゲ野郎はビョーキだよ
6 . 名無しさん  ID:CMOoquAa0編集削除
書くとものすごい長文になったり特定されたりするからだろうが
そこが一番面白いとこなんじゃないか。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ