カテゴリー:

感動体験談

嫁と初めて会ったのは幼稚園年中の頃。
幼稚園バッグを親の車の中に忘れて、園門の前で泣いていた俺に声をかけてくれたのが始まりだった。
クラスは別でその時はそれで別れたんだけど、実は兄同士が小学校で友達同士だったので、そこそこ遊んだりするようになった。
まあ、俺は彼女をすぐに好きになったせいで意地悪したりするようになったもんだから
良い関係とは言えなかった。
小学校の最初のうちは同じクラスだったけど、以降はクラスは別々になりだんだん疎遠になっていった。
中学でクラスが一緒になった年もあったけど、あまり話さないまま卒業まで行ってしまった。
ここまでが前提。



卒業してから十年後ぐらい。俺は大学を出たけど
なんとなく地元でフリーターをやっていた。
20代も半ばで出会いもなかったから結婚も諦め始めてた。
まあ、その頃やたらと嫁の夢を見るような時期があったの。
別に気にもとめてなかったんだけど。

ある日のこと、嫁の母親がバイト先に来た。
久しぶりだったのでそこそこ話をした。
普通に世間話をしてたけど、嫁がすでに結婚したみたいな話が出てくるんじゃないかってヒヤヒヤしてた。
俺はまだ嫁のことが好きだったのだ。
しばらくすると、嫁の母親が嫁について話し始めた。
どうも嫁は高校卒業後、専門に行って就活したらしいんだけど、いろいろうまくいかなくて引きこもりになってた。
それで何故か、嫁母が俺に一度嫁に会ってほしいみたいなことを言い出した。
俺もいい年してフリーターしてたしピザってたから情けなくて一度は断ったんだけど、どうしてもって言うから後日
会いに行った。

引きこもりというから部屋に閉じこもってるのかと思ったが、家から出ないというだけだったので割とすんなり会えた。
でも会った瞬間ショックを受けたね。
嫁、かなり太ってた。
当時身長175cm体重95kgの俺が普通に見えるぐらい。

嫁は中学当時ほっそりした美人でね、見る影もなかった。
で、俺が誰かわかった時点で何故か泣き出した。
実は嫁も昔から俺のことが好きで、俺に情けない姿を見られたのが恥ずかしくてたまらなかったらしい。
俺はここで嫁母に呼ばれた理由を理解した。

その後、外に出て少しだけど話をした。
最近嫁の夢をよく見ることや、俺も昔から好きだったということ。俺の恋心は複雑だったが、あっちは大層喜んでくれて、とりあえずまずはお互い痩せて社会復帰しようということになった。
まあ、このへんは勢いだったけど。

翌日から、バイトの時間以外食っちゃ寝してた自分の生活は、朝・嫁とランニング、昼・就活、夜・バイトという風に規則正しく修正された。
その数ヵ月後、お互い何とか定職に就くことができた。
それでもランニングは続け、再会してから一年ちょいかかってお互い標準体重までこぎつけた。
それで、その後プロポーズして結婚に至りました。

嫁さんがオメデタ発覚した。

コメントの数(5)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:wmxJ51GT0編集削除
30越えたら両親共にデブ、子共もデブ
底辺デブ一家のできあがり
2 . 名無しさん  ID:OpWdm7wq0編集削除
デブを貶めてもハゲは直らないよ
3 . 名無しさん  ID:Y9Sr.9Vg0編集削除
最後の一文で、元に戻ることが予想できるのだが
4 . 名無しさん  ID:eyQuKmxQ0編集削除
※2
お前、私が書こうと思ったのに…。おのれ…
5 . 名無しさん  ID:5pSwSnVg0編集削除
>>2・4


           |
            |  彡⌒ミ
           \ (´・ω・`)また髪の話してる
             (|   |)::::
              (γ /:::::::
               し \:::
                  \

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ