カテゴリー:

ほのぼの体験談

結婚してすぐの頃の話

恥ずかしいことだが、免停になり自転車で通勤するハメになった
仕事帰りに自転車を走らせていると、ものすごく小さい声で

「にゃー」

間違いなくご主人様がどこかにいると確信したが
いくらさがしても見つからない


嫁に電話したら

「見つけるまで帰ってくるな!生まれたばかりの子猫なら絶対救出!」

との命令が出た

とぎれとぎれに

「にゃー」

としか言わないご主人様
ふと、気づいた、側溝じゃないかな?でもコンクリートの蓋あるな・・・って
でも嫁の命令もあるし、側溝の蓋をめくりはじめた

「にゃー」

の声ははっきり聞こえるようになった
そこで突然まぶしい光が、警察だった、もちろん職務質問

「にゃー」

って聞こえるんですと説明するも、身元照会で免停中もばれる
しかし、その警察官は猫様信者だったw

「にゃー」

を聞いたKは側溝の蓋めくりに必死になってくれた
20枚ほどめくってご主人様発見、生後数日の小さな小さな子猫

俺の自転車のカゴにKが持ってたタオルをひいて猫様にくつろいでもらい
Kと一緒によかったね、などと話しながら側溝の蓋を戻す作業が大変すぎて修羅場

ご主人様はこれを書いてる時も俺の膝の上にいます
もう今は老猫ですけどね


コメントの数(8)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 .    ID:91DpD4wQ0編集削除
流されたのは下水ではなく、情だった。
2 . 名無しさん  ID:cqbL7gES0編集削除
※1ちゃんうまいこと言った
3 . 名無しさん  ID:IW.DDZN80編集削除
猫のご主人探しかと思ったら猫がご主人様だったのね。奴隷乙!
4 . 名無しさん  ID:.KAiqhcL0編集削除
Kもたまには
良い仕事してますねぇ〜
5 . 名無しさん  ID:znuOcxqU0編集削除
※4
お前さんはKが無いなぁ〜
6 . 名無しさん  ID:uJ7J0VER0編集削除
とうとうネコ科動物より下等な種族の人類亜種が誕生してしまったか。
7 . 名無しさん  ID:Zo6wEdZq0編集削除
そういう6はチョウセンヒトモドキだろうが
人類亜種も人だがお前は人ですらない
黙ってろ、な?
8 . 名無しさん  ID:2AQRoS8I0編集削除
警官が暇なのは町が平和な証拠。(^-^)

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ