カテゴリー:

ほのぼの体験談

家の娘はもうすぐ三歳。

最近会話もだいぶ成り立つようになってきたので、職場で辛いことがあったときはすぐ家に電話をかけている。
するとカミサンと娘が俺のことを励ましてくれるのだ。
(一応娘が電話を使うという理由のみで、今では傾きかけてしまったウィルコムのPHSを使い続けている。低電磁波だからね。)

先日は久しぶりに定時で仕事が終わり、家から最寄の駅の改札を出た後、

「もうすぐ家に着くよ」

と電話を掛けた。


カミサンが伝言ゲームのように、娘に

「パパがもうすぐ帰ってくるんだって」

と伝えたのが聞こえた後、

「きゃ〜!!! やった〜、やった〜、パパが帰ってくるぅ〜!」

と大騒ぎ。

その直後、カミサンと娘がなにやらギャーギャーもみ合っているのが聞こえ、受話器から遠いところで、二人の大騒ぎする声がしてから数秒後、「ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ…。」という妙な周期の摩擦音が聞こえ始めた。

『あれ? 電話機が壊れたのかな?』と思いながらも

「もしもし〜? 聞こえてる〜? もしもし〜。」

と呼びかけたのだが、「ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ…。」という音がひたすら聞こえてくるだけ…。
一旦電話を切ろうかと思ったのだが、うっすらと部屋の様子は聞こえてくるし、切ろうか否かで悩んでいると、突然カミサンが爆笑する声が聞こえてきて、ようやく電話口に出た。

俺:「今変な音がずっと聞こえてたんだけど、何の音?」

妻:「何の音だと思う?」(←必死に笑いをこらえながら…。)

俺:「う〜ん…。よくわからないんだけど…。」

その後、話を聞いてみたら、カミサンから電話を無理やり奪い取った娘が、電話を奪い返されないよう
部屋の隅のほうへ逃げ、受話器に向かって「ちゅっ、ちゅっ…。」とキスをしていたらしい。
つまり俺が帰ってくるのがすごく嬉しくて、俺にキスをするつもりで、受話器にキスをしていたというわけだ。
あの時の「ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ…。」というキスの音が耳から離れない…。


コメントの数(4)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:7ThoB6LR0編集削除
嫁が浮気相手とちゅっちゅしてたんだろ
2 . 名無しのウホッ!  ID:RXqUp6v10編集削除
ただ帰るだけでそこまで喜ばれるから子どもっていいよな。
さぁ、嫁探しからがんばるか…


…あ、男しか愛せねーんだった。
3 . 名無しさん  ID:mQKG1SoN0編集削除
はいはい
げんきなむすめさんですね。
4 . だむす  ID:zlA9.qLH0編集削除
はわわわわ!

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ