カテゴリー:

衝撃体験談

俺はバイオ系の大学院を出て
博士号取得後に大学に勤めたが
パワハラで精神を病んでニートになってしまった

ピペドという言葉を聞いたことがあるだろうか
俺はまさにそれで
探しても中々就職は見つからなかった

そんな俺だが、1年のニート期間を経て中小企業に勤めることが出来た


希望に燃えて初出勤
バイオ系と工業系の部署がある企業だったんだが
工業系の先輩に

「お前なんでバイオ系なんて行っちゃったの?」
「工学系にすればよかったのにwww東大まで出てこんな会社かよwww」
「まあバイオなんて(この会社から)すぐに無くなると思うけど頑張ってねwww」

なんてからかわれた

なんでそんなこと言われなければならないのかと
それなりに努力してきた自身が情けなくなったが
それ以上に怒りがわいてきて
コイツに復讐することを決意した

それから俺は復讐として仕事を頑張った
企画・営業・実験・報告・知財・予算管理などなど
国の補助金を取りに行ったり
他の先輩を巻き込んでチームで全力で頑張った

毎日吐いて180センチ50キロまで体重が落ちたり
かと思えば90圓泙蚤世辰燭
心臓が止まって倒れたり
色々有ったが、このころは本当に楽しかった。

その甲斐あって、3年後にはバイオ系が会社のメインになり
俺は仕事で責任者を任されるようになった
先述の先輩もバイオ系に移動になり、俺の部下になった。
そいつは他の仲間と上手くやれず邪魔なので
無駄な資料整理とかをやらせておいた

しかし給料は年俸300万のまま
1円も上がらなかった
純利益でも10倍どころじゃなく稼いでたはずなんだが…

俺は仕事が楽しかったし
なにより先述の先輩が肩身狭そうにしているのが笑えたので
基本的に満足していたが
他の仲間は昇級していたらしいので
流石におかしいと思い始めていた

そんな折、後輩の女の子が
上司(50代女)のうわさ話を聞いたと言ってきた
要約すると

「俺さんは履歴書が汚いし、バイオ系だし余所には行きにくいだろう
 そういう人は安く使えていいのよね」

と言うようなことをトイレで言っていたらしい
その子もバイオを馬鹿にされて悔しいのだろう、泣いていた。

俺は再度復讐を決意した。

俺は転職活動を始めた
しかし俺を取ってくれる会社は無かった
中には

「お前もう33でしょ?勉強はできたはずなのに何してるの?
 普通は結婚して家庭を持ってる年だよ?
 ちゃんと生きてこなかった奴は顔見りゃわかるよ
 なんか童顔で赤ん坊みたいな顔してるもん」

なんて言ってくる面接官も居た
コイツにも後日復讐はしたが、それはまた別の話。

仕方がないから、俺は資格を取得した。
チームの仲間に、資格を取ったので転職活動を始める事を伝えると
上記の女の子や他の先輩も転職するというので
皆で励ましあいながら転職活動を頑張った。

その後チーム5人とも転職を決め、復讐を開始した

方法は簡単で
仕事を完全に放り投げて辞めることにした。
シンプルで一番ダメージがでかいと思ったから。
女上司には、上記の5人で同じ日の1時間おきに辞めると伝えに行った
俺は3人目だったが、怒鳴り散らし始めたので
全く話を聞かずに無表情のまま
退職届の封筒で鼻をツンツンしてやった。
30分間くらい。
5人目だった奴はペンをぶつけられたと聞いている。

奇しくもその日は女上司の誕生日だったので
5人目の奴と話し終えた女上司が、会議室から事務室に戻ってくる際
電気を消してケーキにろうそくをつけて
ハッピーバースデーを歌ってあげた
多分感動したんだろう。
プルプル震えていた。

そして俺達は、最初に出てきた先輩に仕事を全て引き継いで辞めた。
5人分の仕事をすることになった彼は大変そうだったが
やりがいのある仕事なので頑張ってほしいなと思った。

数か月後、先輩は機械を壊して辞め、女上司は離婚し
会社はやはり儲かってはいないようだと聞いた。
仲間の中の一人が、取引先に転職したんだけど

「もうあそこ空気最悪っすよww」

と笑っていた

俺は後輩の子に告白され

「いや俺童貞だから」

と断ったせいで気まずくなり
他の3人にも会えずにいる。

最後に一言
バイオ系(生物、生化学、生理学、農学など)の院には行くな。マジで。

面接官への復讐
登場人物が多いのでまとめておきます

俺が居たチームは5人とクズ1人
俺 チームリーダー 良くも悪くも器用貧乏
A先輩 先輩男 実験計画のプロ。いつもニコニコ優しい。趣味数学。
B先輩 先輩女 英語中国語ができてコミュ力が異常。営業のプロ
C 後輩男 仕事中にポケモン。仕事は手抜きだが普通にできるので文句も言えない。
Dさん 後輩女 実験作業のプロ。良く喋る。お菓子好き。
クズ 先輩男 上述のクズ先輩。いらないけど押し付けられた。雑用係。

B先輩は産休を取っていたため、A先輩は社長と揉めた過去が有るため
年下だけど俺がリーダーでした。

加藤 上述の面接官

俺の会社はバイオの研究をする会社で
加藤の会社(K社とする)はそういった研究の一部を請け負うような会社だった
つまり加藤にとって俺は客なわけで
(どうせあいつ履歴書もロクに見てなかったんだろうな)
面接の復讐を行うことにした…

まずは、過去にK社からうちの会社が受け取ったデータを見直した
試験責任者に加藤という苗字の奴を発見
こいつ人事じゃなくて現場の立場から面接に参加してたんだな

結果として、加藤が責任者だった報告書から
捏造に近いくらいの無茶なデータがたくさん見つかった。

これを突き付けて追い込んでやろうかとも思ったんだけど
うちみたいな小さい会社から切られたところで、大した痛手でもないだろう

だから俺はK社のメインの取引先を探した
業界大手のY社だ。

俺は、Y社の得意分野について勉強して
Y社に共同での仕事を持ちかけることにした。

たまたま、A先輩がその分野に滅茶苦茶強かったため
一緒に計画書を作った。
俺が多少無理やりにK社の出番を作るような計画を立てたため
少し不審がられたが、概ね満足のいく計画が出来た。

そしてB先輩と一緒に営業に行った。
B先輩のおかげで、仕事を取ることが出来た。
この人凄いわやっぱり。

帰り道、B先輩と飲みに行った

B先輩「仕事とれてよかったねー」

俺「もう完全に先輩のおかげですよ」

B先輩「計画が良かったからだよ。俺君もA君も頑張ってたもんね」

俺「やっぱA先輩は凄いですよ。Y社の人も感心してましたよね」

B先輩「でも、なんか今回の計画書、いつもと違ったよね。」

俺「(マジか!?)えー、慣れない分野だから…どの辺ですか?」

B先輩「どことは言えないけど、全体的に余計な実験が多い気がする
         いつもならもっと真っ直ぐに目的に向かうのに。」

妙に勘が鋭くて、全てバレてしまった
加藤とのことを全て話し、今後はB姐さんにも協力してもらうことになった

色々有って数か月後、うち、Y社、K社の3社で研究がスタートした
顔見せのミーティングで久々に加藤を見つけたが
向こうは俺の事なんて覚えていないようだった

更に数か月後、俺たちはK社が提出してきたデータを洗っていた
加藤にY社の前で恥をかかせてやるつもりだった。
ボロクソに叩いてK社を共同開発から外してやりたかった。

だが、K社はY社に対してはきちんとしたデータを出していた
重箱の隅を突けばミスも見つかるが、致命傷には程遠かった

そして、B先輩とK社のデータを見ていたある日の事

C「なんか楽しそうっすね。俺も混ぜてくださいよ」

Bさん「話しかけてくるの珍しいね?どうする俺君?話しても良い?」

俺「ああ、俺から話しますよ。実はこういうわけで…」
(K社を共同開発から抜きたいのでデータの矛盾を探してる、とだけ伝える
 この頃、A先輩とCはまた別の仕事をしていて、こちらにはノータッチだった)

C「あー俺、ミスや矛盾を指摘された研究者の顔大好きっすわ」

俺「(多分コイツ、こういうところの性格悪すぎて大学の研究職クビになったんだろうな…)」

Bさん「でも流石に中々ボロを出さなくてさ。普段の感じだとすぐ潰せると思ったんだけどね」

俺「この研究にはK社も結構本気だろうしなあ」

C「確かにウチに来る報告書とは違うっすねw紙質からしてw」
C「あーこれ、ウチが頼んだあの実験データと矛盾してるっすよね?」

俺「(良く覚えてんな)うん、でも条件が色々違うから
     今回の結果と直接比較しても言い逃れは可能だよね」

C「このデータは既にウチの資産なんだからY社にも提出可能だし
  試験を変更…いや追加かな?して、このおかしなデータを
  更に掘り下げさせる方向に持っていけばいいんじゃないっすか?」

俺・Bさん「ん、どういうこと?」

C「そうっすね、この薬剤はこの酵素を阻害するんだから
  この臓器のこういう病気にも効果が有る可能性が十分系っすよ
  (中略)こういう方向で試験系組めば、以前のデータと矛盾しないためには
  K社は多分こういうデータを出さざるを得なくなるから
  うちで××の試験をやれば、矛盾に突っ込めまくりっすよ
  とりあえず参考文献出力しましょうか?」

俺・Bさん「すげえ…でもお前普段から働けよw」

そこからのCの仕事は見事だった
素直に、ポケモンマスターは凄いと思った。
Cと仲間になれた気がして嬉しかった。

そうこうするうちに、中間報告の日。
ウチ、Y社、K社の人たちが集まって結果を報告して
今後の計画を細かく詰める日だ。
俺はK社の過去のデータを出して、こういうアプローチはどうかと提案
(Cの)計画は皆に絶賛され、研究の方向はCの思惑通りに修正された
加藤もなぜか嬉しそうだった。
まあパッと見ではお前らの仕事や貢献度=利益が増えるように計画されてるからなw

ちなみにクズ先輩はその頃、パートのおばさん達と洗い物をするのがメインの仕事だった

「大学まで出てなんで洗い物大臣やってるんすかw」

と言っておいた。

そして俺たちは全力で実験をやり、中間報告の日
K社からは試験責任者加藤とその上司。
こちらからは俺と、A先輩と、女上司と、初参加のC
Y社からも偉いおっさん数名が参加

加藤からの試験の報告後

俺「ん?これだと以前のデータとは少し矛盾してないでしょうか。」

加藤「以前っていつですか?」

俺「1年半前のこの試験です。これが報告書です。」

加藤「この時とは条件が違いますよ」

俺「確かにそうですね。一応説明お願いできますか?」

加藤「この時は×××で、今回は○○○だから…」

俺「ところで、うちで追実験してみたのですが、こういう結果でした」

加藤「いやこれは…こういう理由で…特殊な場合には…」

俺「あー…だとするとこの化合物は特殊な場合にしか使えないのかもしれないですね(嫌味)」

加藤「いやそんなことは…うちの試験系が悪かった可能性も…やり直させてください…」

かなり苦しい言い訳だが、一応の筋は通っていた。
このままでは再実験などの多少のペナルティと共に
捏造ではなくミスとして終わってしまう感じだった。
情けない話だが、俺は加藤を追い詰めることが出来なかった…

しかしそこに救世主が。

C「それはおかしいっすよ。
   以前のデータで△△ってのも有ったっすから…これも今回と矛盾っすよね
   あとあれも…これも…どれもこれも…
   そして、3年前のデータでは、全く逆のことを言ってやり直してるんすよ?
   来週証拠を提出するっすわ」

Cが完璧に論破してくれた。
俺との受け答えの際には苦い顔をしていた加藤だが
みるみる青ざめていく…

コイツは過去5〜6年分の200件以上の件の実験データをほぼすべて覚えていた。
自分が入社する前のものまで。
月に2回は旧型のシュレッダーにクリップ付きの書類を詰まらせるくせに。

俺「これはマズイですよね。加藤さんが故意にやったとは思いたくないんですが…
  うちとY社さんも何か月も費やしているわけですし
  流石にこのまま再実験をお願いして終わりというわけには…」

Y社の人「ちょっとこれは酷過ぎるね。社内で相談するので一旦持ち帰らせてください。」

加藤「ハイ…うちからも再度報告書を提出します…」

ミーティング終了後、加藤の近くに行き

「お前もう42でしょ?何してるの?
 嘘に嘘を重ねて生きてきた奴は顔見りゃわかるんだよ
 なんか色白で顔中に赤いブツブツだらけでさ
 イチゴババロアをベニヤに叩きつけたみたいな顔してるもん」

と言ってみた

加藤は無視して帰って行ったが
エアコンが効き過ぎて肌寒かったのか、足が震えていた。

以上で復讐は終わり。
しょぼい復讐でゴメン。
あと一応、この話はフィクションです、っと。

その後開発からはK社が抜け、うちはある程度の賠償をしてもらい(正確には知らない)
…このあたりの事はあまり詳しく書けないが
うちの会社はY社との付き合いも始まり、色々と得をした。

Y社はK社との取引を切ったらしい
俺からもY社の担当者にK社の代わりになるような会社を薦めておいた

うちとK社との付き合いは多少続いたが
(お詫びの意味で安くしてくれたからね)
加藤は、試験責任者の欄から名前が消えた。

全て終わった後、俺はCに事情を全て話した

C「そんなことが有ったんすか。まあ楽しかったっすわ」

と言い、以前の通りの、社内ニートとまでは言わないが
全力で手抜きしながら言われた仕事をそこそこに仕上げるだけのCに戻った。

ちなみにCはその後、Y社に入社した。
ミーティングに同席したお偉いさんに気に入られていたらしい
そして、Cはウチの会社との取引を終わらせたそうだ。
皆がもう辞めた後の話だけどね。 

 


コメントの数(7)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:vTRRNAzT0編集削除
とにかく全力で能力を無駄遣いしてる感じ、嫌いじゃない。
2 . 名無しさん  ID:6ZWzsRsT0編集削除
バイオ系研究者の復讐つったらバイオテ〇でしょうが!!
加藤がドロドロのぐちゃぐちゃにならなきゃ駄目でしょうが!!

ちなみに加藤への復讐話は最初の会社(女上司のいる会社)に在籍中の話って事でおk?
3 . 名無しさん  ID:OhM6wADx0編集削除
文章見ていても幼稚な感じがするから面接官は見る目あるな。
4 . 名無しさん  ID:tWd6dWPm0編集削除
アンブレラにでも入社したのかな?
5 . 名無しさん  ID:VbU2vg1F0編集削除
うーん、、、全部が全部フィクションとは言わんけど(言ってるかwww)、幼稚というか願望的というか、妄想っぽいなぁ。。。
6 . 名無しさん  ID:uqUD0bws0編集削除
バイオテ○とは「この先通り過ぎた窓からゾンビ犬が飛び込んでくる」とかいうネタバレの事
7 . ahg  ID:r0wKs5M40[評価:1 ]編集削除
cが研究者として優秀で、加藤が面接官として優秀ってことでOK?

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ